>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【相手に伝わる!】自己PRを構成する3つの要素 | 例文,コツ3つも

この記事でわかること
  • 自己PRの質問意図は、自社が求める人材であるかどうか判断するため
  • 自己PRは構成に沿って文章を作成すれば上手く伝わりやすい
  • 自己PRを考えるときに意識するコツ3つ

 

就活生のみなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の中村です。

この記事では、自己PRの構成について説明します。

就活生のみなさんは、エントリーシートや面接で「自己PRをしてください」と言われて困った経験はありますか?

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

僕はエントリーシートで自己PRを書く時に、どんな風に書けば評価されるのかわからなくて、いつも自信がないです。

どんな構成で自己PRの文章を書けばいいんだろう・・・

就活生ちゃん

エントリーシートでは、結局どういう構成で自己PRを書けばいいのかわからないな・・・

どうすれば、上手く自己PRができるんだろう・・・

その気持ち分かります。

私もエントリーシートや面接で自己PRを聞かれて、どう答えようか悩んだことがあります。

調べているうちに、結局どんな自己PRがいいのか分からなくなった経験もありますよ。

しかし、安心してください。

この記事で取り上げる自己PRの構成を抑えれば、自信を持って自己PRができますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

この記事では、自己PRの上手な答え方の構成を紹介します。

合わせて、自己PRの質問意図や例文、自己PRを考える際に意識するコツ3つも解説します。

この記事を読めば、自己PRに対する不安が減り自信を持てますよ。

「自己PRって結局どんな風に伝えれば上手く伝わるんだろう・・・」と悩んでいる就活生は読んでみてくださいね。

 

 

自己PRの質問意図とは?

就活生くん

そもそも、自己PRってどうして聞かれるんですか?

自己PRの質問意図がわかっていないので、自己PRでどんなことを伝えていいか分かりません・・・

では、簡単ではありますが自己PRの質問意図を明確にしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 中村

 

企業が自己PRを聞く理由は、「自社が求める人材であるかどうか判断するため」です。

もう少し具体的にいうと、以下の2つの視点で自己PRを聞いています。

  • 視点①:「自社が求める強みや能力を持っており、入社後に活躍できそうかどうか」
  • 視点②:「あなたの価値観が、自社の価値観や雰囲気と合うかどうか」
自己PRでは、以上の2つの視点で企業があなたを採用するメリットがあるかどうか決めているのです。

自己PRの質問意図は理解できましたか?

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

企業は自己PRを聞くことで、自社が求める人材かどうかを判断していることが分かりました!

だから、自己PRでは企業に自分を採用したいと思ってもらえるようなメリットを伝えることが大事なのかな

 

自己PRの上手な答え方の構成

就活生くん

自己PRの質問意図は理解しました。

だけど、実際に自己PRを考えるとなるとどんな風に伝えると上手く伝わるのか分からないです・・・

自己PRを上手く答えるにはどんな構成がいいですか。

そうですよね。

それでは、自己PRを上手く答えるための構成を紹介します。

紹介する構成を見本に、自己PRを考えてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

自己PRの上手な答え方の構成
  • 構成①:結論
  • 構成②:具体的なエピソード
  • 構成③:アピールする強みの入社後の活かし方
それでは、自己PRの上手な答え方の構成について1つずつ説明していきます。

より詳しく説明するので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

 

構成①:結論

自己PRの上手な答え方の構成1つ目は、結論です。

はじめに、あなたが企業にアピールしたい強みや性格を伝えましょう

最初に一番伝えたいアピールポイントを伝えることで、聞き手が理解しやすくなりますよ

例えば「私は何事に対しても積極的に行動にうつす人間です」や「私の強みは常に高い目標を掲げて努力するところです」のように伝えましょう。

特にエントリーシートで自己PRを書くときは、「自分のアピールしたい強み」をはじめに伝えることを注意しましょう。

人事の方はすごい量のエントリーシートを見るので、最初に伝えたいことをかけているかどうかで理解度が違いますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

構成②:具体的なエピソード

自己PRの上手な答え方の構成2つ目は、具体的なエピソードです。

あなたのアピールしたい強みを発揮した経験やエピソードを交えて伝えましょう。

なぜなら、ただ「私の強みは〇〇です」と伝えるだけでは説得力が全くないからです。

そのため、あなたがアピールしたい強みを活かした経験やエピソードを根拠として伝えましょう。

就活生ちゃん

なるほど。私はこれまでエピソードをあまり意識してこなかったけど、根拠として必要なんですね。

だけど、エピソードっていってもどんな内容を具体的に伝えればいいんだろう・・・

自己PRで具体的なエピソードを伝える際には、以下の内容を意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 中村

自己PRで具体的なエピソードを伝える際に意識する内容

①エピソードのあらすじ:その強みを発揮した経験は〜です

②課題:〜という課題がありました

③課題解決に向けてとった行動:課題解決のために私は〜をしました

④行動した結果:その結果、〜することができました

自己PR中の具体的なエピソードは、この流れに沿って課題・行動・結果を必ず伝えましょう

自己PRをするときに、エピソードはざっくりではなく具体的に伝えることで説得力がアップしますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

構成③:アピールする強みの入社後の活かし方

自己PRの上手な答え方の構成3つ目は、アピールする強みの入社後の活かし方です。

自己PRの質問意図で「自社が求める強みや能力を持っており、入社後に活躍できそうかどうかを判断する」があります。

そのため、強みを伝えるだけではなく、入社後にあなたがどのように活躍するのかまで人事の方にイメージさせることが大事です。

例えば「御社では、この向上心を活かして現状に満足せず努力し続けることで売上に貢献したいと考えております」のように答えましょう。

志望企業の業務内容をきちんと理解していないと、仕事への活かし方が分からないので企業研究が必要です。

企業研究のやり方が分からない就活生は、この記事を読めば、企業研究のやり方やポイントがわかるので読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

アピールしたい強みは同じでも志望企業によって仕事の内容も違いますよね。

だったら、入社後の強みの活かし方は企業ごとに変えた方がいいんですか?

そうですね!悩みますよね。

業務内容を理解していることで志望度の高さもアピールできるので、企業に合わせて仕事での強みの活かし方を考えることはおすすめですよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

自己PRを答えるときの例文

ここでは、自己PRを答えるときの例文を紹介します。

ここまでに説明してきた自己PRの上手な答え方の構成をもとに作成しています。

「就活の教科書」編集部 中村

自己PRを答えるときの例文

私は「目標達成に向けてポジティブに周りを巻き込むことができる」人間です。

その強みを活かしたのは、学生時代に学生団体が主催するファッションショーでモデルチームのリーダーを努めた経験です。

私たちのチームは30チーム中3チームが出演できる選抜ステージを目標に掲げていました。

しかし、私とリーダー以外のメンバーのイベントに対する熱量が低い事によるチームワークの乱れが課題でした。

そこで、私は熱量の低いメンバーの意識をどう変えるか考えました。

具体的には3点を意識しました。

1点目は自分が練習に励む姿を見せる。

2点目は口数が少ないメンバーの想いにも気を配り、話しかける。

3点目はアドバイスするときは共感を意識し、小さな成長もこまめに伝える。

その結果、全員の自主練習の時間や「もっとこうした方がいい」という積極的な発言が増え、パフォーマンスが向上しました。

また、目標の選抜ステージに出演することもできました。

貴社では、このように自分の強みを発揮することに加え、周りの強みも活かしチームとして生産性を上げることで貢献したいと考えております。

この例文は、これまで説明してきた自己PRを上手く答えるときの構成にしたがっています。

自分のアピールしたい強みを自己PRを上手く伝えるための構成に当てはめて考えてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中村

就活生くん

例文ありがとうございます。

構成を意識して、自己PRを作ると例文のように伝わりやすくなるんですね。

僕も構成に合わせて自己PRの文を作ってみます!

ぜひ自己PRを考えてみてください!

こちらの記事を読めば、エントリーシートでの自己PRの書き方や注意点がわかりますよ。

「就活の教科書」編集部 中村

 

自己PRを考える際に意識するコツ3つ

就活生くん

自己PRを上手く答えるためには、具体的なエピソードを交えることが必須なんですね。

実際に自己PRを考える時に意識することがあれば教えてください。

自己PRを考える際に注意することは3つあります。

「就活の教科書」編集部 中村

自己PRを考える際に意識するコツ3つ
  • コツ①:アピールしたい強みは1つにする
  • コツ②:本当に具体的にできているか確かめる
  • コツ③:キャッチコピーを考える

 

コツ①:アピールしたい強みは1つにする

自己PRを考える際に意識する1つ目のコツは、「アピールしたい強みは1つにする」です。

自己PRというと、自分を企業に対して売り込むわけなので、ついつい自分のいいところを複数盛り込んで伝えようとしてしまう就活生も多いです。

しかし、複数のアピールポイントがあると人事の方は「結局何を伝えたいんだろう・・・」と分からなくなってしまいます。

なので、自己PRでは自分がアピールしたい強みは1つに絞って伝えましょう。

就活生ちゃん

自己PRは自分を採用するメリットを企業に伝えるものだから、何個かアピールポイントを盛り込んでもいいと思ってました!

自己PRを考えるときには、受け手である人事の方の気持ちにもなってアピールする強みは1つにした方がいいんですね。

 

コツ②:本当に具体的にできているか確かめる

自己PRを考える際に意識する2つ目のコツは、「本当に具体的にできているか確かめる」です。

自分は具体的だと思っていても、聞き手である面接官がイメージできなければ具体的だとは言えません

就活生ちゃん

例えば「全員で取り組むことが大事だと思い、チームで協力し目標に向けて頑張りました」というのは具体的に当てはまりますか?

これは、具体的にどういう状況で何のためにどんなことをしたのかが抽象的すぎて伝わりにくいです。

そのため、人事の印象に残らず他の就活生と差別化ができません!

「就活の教科書」編集部 中村

聞き手がイメージしやすくするためには「メンバー間の意見交換が少なく、1人で悩みを抱えるメンバーが多いことが課題でした。

そこで、チームで話合う機会を毎週水曜日に1時間設けて、メンバー間で悩みを共有し解決するようにしました。

結果的に全員が意見を言いやすい環境作りができ、パフォーマンスは向上しました 」のように具体的にしましょう。

 

コツ③:キャッチコピーを考える

自己PRを考える際に意識する3つ目のコツは、「キャッチコピーを考える」です。

なぜなら、人事に少しでもあなたの印象を残すことが大事だからです。

大量のエントリーシートを読まないといけない人事の方の立場で考えてみてください。

すごい数のエントリーシートを読まなきゃいけなくて疲れるから、注意して読む一文目のインパクトは大事だよ。 

人事さん

例えば、多くの就活生と同じように「私の強みはコミュニケーション力です」と伝えてしまうと、埋もれてしまいますよね。

就活生ちゃん

では「私は潤滑油のような人間です。意見衝突のトラブルが起きたとき、中心になり意見をまとめ物事を円滑に進めることができます。」はどうでしょう?

すごくいいキャッチコピーですね。

キャッチコピーを意識することで、分かりやすく印象に残る自己PRになります。

「就活の教科書」編集部 中村

 

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。

就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>適性検査AnalyzeU+で長所や強みを調べてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

まとめ:自己PRは構成に沿って考えれば、伝わりやすい

「【相手に伝わる!】自己PRを構成する3つの要素 | 例文,コツ3つも」は、いかがだったでしょうか。

この記事では、自己PRの上手な答え方の構成を紹介しました。

合わせて、自己PRの質問意図や例文、自己PRを考える際に意識するコツ3つも解説しました。

それでは、この記事を簡単におさらいしますね。

この記事のまとめ

自己PRの質問意図は、自社が求める人材であるかどうか判断するため

  • 視点①:「自社が求める強みや能力を持っており、入社後に活躍できそうかどうか」
  • 視点②:「あなたの価値観が、自社の価値観や雰囲気と合うかどうか」

自己PRの上手な答え方の構成

  • 構成①:結論
  • 構成②:具体的なエピソード
  • 構成③:アピールする強みの入社後の活かし方

自己PRを考える際に意識するコツ3つ

  • コツ①:アピールしたい強みは1つにする
  • コツ②:本当に具体的にできているか確かめる
  • コツ③:キャッチコピーを考える

自己PRは構成に合わせて作成すれば、人事の方に伝わりやすい自己PRができますよ

また、キャッチコピーを考えたり、客観的に聞いて具体的かどうか確かめたりすれば上手な自己PRができると解説しました。

あなたが上手く自己PRをできて納得内定できることを願っています。

この記事がいいな!と思った就活生はお友達や就活仲間にぜひシェアしてくださいね。

「就活の教科書」には、他にも面接に役立つ記事がたくさんあるのでぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 中村