【活躍できる?】数学が得意な人におすすめの仕事/職業一覧|活かせる仕事、特徴も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 数学が得意な人におすすめの仕事・職業
  • 数学を仕事で活かせる資格は、「①:アクチュアリー②:公認会計士・税理士③:電気主任技術者」
  • 数字に強い人の特徴は、「①:数字から背景を読み解ける人②:要約をするのが得意な人③:優先順位をつけるのが上手い人」
  • 数学関係の仕事/職業に関するよくある質問
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

こんにちは!「就活の教科書」編集部の渋谷です。

この記事では、数学が得意な人におすすめの就職先を紹介します。

数学が得意な就活生の皆さんは、「数学関係の仕事は何があるの?」と悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 渋谷

就活生くん

数学の知識が活かせる職業って数学者くらいなのかなあ。

ほかに数学の知識を活かせる職種を知りたい…。

就活生ちゃん

先輩が数学が得意であることは就活で活せないと言っていたけど本当なのかなあ…。

どうやったら就活を有利に進められるんだろう。

数学が得意であることを就活で活かせる場面はあります。

数学の知識や能力を活かせる職業はたくさんあります。

「就活の教科書」編集部 渋谷

そこでこの記事では、数学が得意な就活生におすすめの就職先について紹介します。

合わせて、数学が得意な人の特徴も紹介します。

この記事を読めば、数学を仕事に活かす具体的なイメージができますよ。

数学が得意な就活生で就活に悩んでいる方や数学が得意な中高生の方は、ぜひ最後まで読んでください。

 

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

 

【IT系】数学が得意な人におすすめの仕事/職業一覧

まずは、数学が得意な人におすすめのIT系の職業を4つ紹介します。

数学が得意な人は、どのようなものがあるかを知りましょう。

「就活の教科書」編集部 渋谷

数学が得意な人におすすめのIT系の職業

仕事①:データサイエンティスト
仕事②:システムエンジニア
仕事③:プログラマー
仕事④:システムアナリスト

仕事①:データサイエンティスト(平均年収:697万円)

数学が得意な人におすすめするIT系職業1つ目はデータサイエンティストです。

データサイエンティストは、意思決定をする際に、データに基づいた合理的な判断を行うことが主な仕事です。

また、様々なデータを可視化できるようにグラフ化し、ほかの企業が生かせるようにしたりもします。

データサイエンティストの仕事をするためにはプログラミングや数学の知識が必要ですが、数学が得意な人はこの勉強も楽に進められると思います。

この職業は、ある問題に対して、好奇心や探求心を持ち、自ら仮説を立てて、検証を実施し、課題解決できるという人に向いています。

数学が得意な人は論理的に問題を考える傾向にあるためピッタリの職業だといえます。

現在需要が増えている職業です。

アメリカでは最もニーズが高い職業といわれているようです。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

仕事②:システムエンジニア(平均年収:501万円)

数学が得意な人におすすめするIT系職業2つ目は、システムエンジニア(SE)です。

システムエンジニアの仕事は、顧客の要求から仕様を決定し、情報システム開発における大まかな設計をすることです。

また、その仕事をする中で予算管理やマネジメント業務も行います。

そのため、プログラミングの能力だけでなくコミュニケーション能力も必要とされます。

顧客の要求を理解し設計に落とし込むためには論理的思考力が必要です。

これは、数学が得意な人が身についている能力の一つであるため向いているといえます。

たくさんの人とかかわる仕事なので人脈が広がり自分自身の成長にもつながります。

「就活の教科書」編集部 渋谷

仕事③:プログラマー(平均年収:437万円)

数学が得意な人におすすめするIT系職業3つ目はプログラマーです。

プログラマーの主な仕事は、「プログラミング言語」というコンピューターを動かすための言語を活用して、さまざまなシステムやアプリケーションを作ることです。

システムエンジニア(SE)はシステムを設計することが仕事ですが、プログラマーはその設計をもとにプログラミングを行います。

プログラミング言語は覚えることは難しいですが、世界共通であるため、英語力があれば海外で働くこともできます。

システムエンジニアと同じく論理的思考力が必要です。

そのため数学が得意な人に向いているといえます。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

仕事④:システムアナリスト(平均年収:695万円)

数学が得意な人におすすめするIT系職業4つ目は、システムアナリストです。

システムアナリストは、情報システム関連の開発や分析、現状の評価など幅広いプロセスに責任をもち、社内システムの最上流工程を担当しています。

そのため、クライアントである企業の責任者とヒアリングし、課題を解決するために提案を行います。

また、システムエンジニアやプログラマーとしての経験を生かしてシステムアナリストへ転職する人も多いです。

企業の責任者の人と仕事ができるため、刺激のある仕事ができます。

また、以下の記事でIT業界の就職先についても紹介しているので、ぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

【金融系】数学が得意な人におすすめの仕事/職業一覧

次に数学が得意な人におすすめの金融系の職業を6つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渋谷

数学が得意な人におすすめの金融系の職業

仕事①:アクチュアリー
仕事②:ファンドマネージャー
仕事③:公認会計士
仕事④:税理士
仕事⑤:ファイナンシャルプランナー
仕事⑥:証券アナリスト

 

仕事①:アクチュアリー(平均年収:774万円)

数学が得意な人におすすめする金融系職業1つ目は、アクチュアリーです。

アクチュアリーの仕事は、「保険」や「年金」の制度を数理的側面から支えることです。

また、確率や統計学の数学的手法を駆使するプロフェッショナルです。

そのため、確率や統計の分野を多く使うため数学が得意な人は向いているといえます。

しかし、アクチュアリーになるためには難関試験に合格しなければいけないため長期的な勉強は必須です。

あまり聞きなじみはありませんが数学の知識が多く必要な仕事です。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

仕事②:ファンドマネージャー(平均年収:748万円)

数学が得意な人におすすめする金融系職業2つ目は、ファンドマネージャーです。

ファンドマネージャーの主な仕事は、顧客から預かった資産の運用計画を立案し、実際に運用することです。

運用による利益を出すためには、マーケットの情報を分析する能力が必要となります。

この分析力は、数学が得意な人の多くが持ち合わせているため向いているといえます。

日本でも投資への関心が高まっているためさらに需要が増えそうです。

「就活の教科書」編集部 渋谷

仕事③:公認会計士(平均年収:892万円)

数学が得意な人におすすめする金融系職業3つ目は、公認会計士です。

公認会計士の主な仕事は、監査・会計のスペシャリストとして、独占業務である「監査」を行うことです。

また、コンサルや会計、税務を行っている公認会計士もいます。

企業の監査をするときはたくさんの数値を扱うため、数学が得意な人のほうが仕事の際に有利となります。

資格試験はかなり難しいですが挑戦してみてはいかがでしょうか?

「就活の教科書」編集部 渋谷

仕事④:税理士(平均年収:716万円)

数学が得意な人におすすめする金融系職業4つ目は、税理士です。

税理士の主な仕事内容は、税金の申告を納税者に代わって行うことやその相談を受けることです。

また、公認会計士が決算書をチェックする(監査)のに対し、税理士は決算書を作ることも仕事にしています。

前述の公認会計士と同じように多くの数値を扱うため数学が得意な人のほうが仕事の時に有利です。

税理士の資格試験を受けるためには、簿記1級の資格や学識などのいずれかの条件を満たす必要があるためより計画的な準備が必要です。

「就活の教科書」編集部 渋谷

仕事⑤:ファイナンシャルプランナー(平均年収:634万円)

数学が得意な人におすすめする金融系職業5つ目は、ファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーの主な仕事は、顧客のライフプランに応じて必要な資金を計算したり、資産設計の提案や助言を行ったりすることです。

これらの仕事では、統計データを利用したりして情報収集や分析をすることが多いです。

そのため、数学が得意な人に向いている職業であるといえます。

IT化が進み金融商品が複雑になっていくことが予想されるため、将来性のある仕事です。

「就活の教科書」編集部 渋谷

仕事⑥:証券アナリスト(平均年収:651万円)

数学が得意な人におすすめする金融系職業6つ目は、証券アナリストです。

証券アナリストの主な仕事は、所属している企業が行う投資に関する情報収集や分析をすることです。

数理的手法が必要であり、経済学に関する深い知識が必要です。

そのため、数学が得意な人には向いている職業です。

まず銀行に勤めてから証券アナリストに転職する人も多いようです。

また以下の記事で金融系の就職先について紹介しているのでぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

【研究・教育系】数学が得意な人におすすめの仕事/職業一覧

次に数学が得意な人におすすめの研究・教育系の職業を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渋谷

数学が得意な人におすすめの研究・教育系の職業

仕事①:数学者
仕事②:物理学者
仕事③:教師

 

仕事①:数学者(平均年収:635万円)

数学が得意な人におすすめする研究・教育系の職業1つ目は数学者です。

数学者の主な仕事は、数学の未解決の問題を解いて論文として発表することです。

また、大学で教員となったり書籍の執筆を行う人もいます。

常に数学と向き合う仕事なので数学が好きな人にはぴったりの職業です。

仕事②:物理学者(平均年収:635万円)

数学が得意な人におすすめする研究・教育系の職業2つ目は物理学者です。

物理学者の主な仕事は、自然界の様々な現象に対する法則性を研究することです。

物理学は、特に数学と密接にかかわっている学問です。

また、物理学者は、一つの問題を何年も研究するため、疑問を徹底的に考える能力が必要です。

この能力は数学が得意な人の多くが持っています。

数学者も物理学者もそれぞれの分野の大学院を修了してからなる人が多いです。

「就活の教科書」編集部 渋谷

仕事③:教師(平均年収:408万円)

数学が得意な人におすすめする研究・教育系の職業3つ目は、教師です。

教師の主な仕事は、学校で生徒に勉強や社会のルールを教え、成長を促すことです。

大学では、教育学部だけでなく、数学科でも数学の教育免許を取ることが可能です。

数学教師は、常に数学とかかわることができる仕事なので数学が好きな人は向いているといえます。

数学も子供も好きな方は目指してみてはいかがでしょうか。

「就活の教科書」編集部 渋谷

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【技術系】数学が得意な人におすすめの仕事/職業一覧

次に数学が得意な人におすすめの技術系の職業を2つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渋谷

数学が得意な人におすすめの技術系の職業

仕事①:建築士
仕事②:技術系エンジニア全般

仕事①:建築士(平均年収:691万円)

数学が得意な人におすすめする技術系の職業1つ目は建築士です。

建築士の主な仕事は、あらゆる建物を設計し、設計図を作成したり、建設現場の監督を行うことです。

建物を設計するためには、構造力学に関する物理知識が必要となります。

そのため、数学が得意であることは有利となります。

建築士は、建物の外観に関する芸術的なセンスも必要になるようです。

「就活の教科書」編集部 渋谷

仕事②:技術系エンジニア全般(平均年収:542万円)

数学が得意な人におすすめする技術系の職業2つ目は、技術系エンジニア全般です。

技術系エンジニアとは、IT系や機械系、電気系などの専門的な技術や知識を持っている人です。

特にコンピューターやプログラミングに関する技術を持ったエンジニアの需要が高まっています。

また、これらの技術は、理系の人たちでないと習得する機会が少ないため、理系の人の強みを生かすことができます。

エンジニアといっても様々な仕事があるので自分に合った仕事を探してみてください。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

数学を仕事で活かせる資格

就活生ちゃん

数学を扱う職業はわかりました。

今度は数学を仕事で生かせる資格を教えてください。

わかりました。

数学を仕事で生かせる資格を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渋谷

数学を仕事で生かせる資格

資格①:アクチュアリー
資格②:公認会計士・税理士
資格③:電気主任技術者

資格①:アクチュアリー

数学を仕事で生かせる資格1つ目は、アクチュアリーです。

アクチュアリーになるためには、日本アクチュアリー協会の資格試験に合格しなければなりません。

難易度は非常に高く、かなりの勉強時間が必要です。

しかし、数学の知識が求められる資格であるため、数学の力を生かすことができます

資格②:公認会計士・税理士

数学を仕事で生かせる資格2つ目は、公認会計士・税理士です。

公認会計士や税理士の資格を取得するためには、様々な分野を幅広く学ばなければいけません。

そのため難易度も非常に高く、合格率も10%前後とかなり低くなっています。

計算分野では、たくさんの数字を扱うことになるため数字が得意でないと勉強がきついと感じてしまうでしょう。

また、分野によっては数学の知識を生かすことができます。

資格③:電気主任技術者

数学を仕事で生かせる資格3つ目は、電気主任技術者です。

電気主任技術者の資格は1種から3種まであり、それぞれ扱える電圧が違います。

難易度がどれも高いので計画的な勉強が必要です。

しかし、試験問題では計算の割合が多いため数学の得意であることを生かすことができます

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【仕事ができる!】数字に強い人の特徴

就活生くん

私は、あまり数字に強くありません・・・

数字に強い人はどんな特徴があるんですか?

わかりました。

ここからは、数字に強い人の特徴を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渋谷

数字に強い人の特徴

特徴①:数字から背景を読み解ける人
特徴②:要約をするのが得意な人
特徴③:優先順位をつけるのが上手い人

特徴①:数字から背景を読み解ける人

数字に強い人の特徴1つ目は、「数字から背景を読み解ける」ことです。

数字に強い人は、株価やExcelの集計表のような数字の羅列を見た時、「何が原因で数字が変化したのか」を理解できます。

つまり、数字から背景を読み解くことができるのです。

この能力は、マーケティング関係の仕事で生かすことができますね。

「就活の教科書」編集部 渋谷

特徴②:要約をするのが得意な人

数字に強い人の特徴2つ目は、「要約をするのが得意」です。

文章を要約するときは、具体的な数字が入っているかどうかで説得力が変わります

そのため、数字に強い人は、要約をするのが得意といえます。

要約のうまさは営業をするときに生かすことができます。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

特徴③:優先順位をつけるのが上手い人

数字に強い人の特徴3つ目は、「優先順位をつけるのが上手い」ことです。

数字に強い人は、多くの仕事や課題を抱えている場面でも何から始めればいいかを判断することができます

そのため、期限ぎりぎりまで仕事が終わらないという事態に陥りません。

このことから、優先順位をつけるのがうまいことは数字に強い人の特徴といえます。

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

数学関係の仕事/職業に関するよくある質問

ここからは、数学関係の仕事/職業に関するよくある質問について解説します。

「就活の教科書」編集部 渋谷

数学関係の仕事/職業に関するよくある質問

質問①:数学関係の仕事に就くためのおすすめの大学・学部・学科は?
質問②:数学ができる人は仕事ができる人なの?
質問③:仕事では数学が必要なの?

質問①:数学関係の仕事に就くためのおすすめの大学・学部・学科は?

数学関係の仕事/職業に関するよくある質問1つ目は、「数学関係の仕事に就くためのおすすめの大学・学部・学科は?」です。

まず、数学関係の仕事に就くためのおすすめの大学を紹介していきます。

数学関係の仕事に就くためのおすすめの大学は以下の通りです。

おすすめの大学
  • おすすめの大学①:電気通信大学

    おすすめの大学1つ目は、電気通信大学です。

    電気通信大学の有名企業への実就職率は、39.5%となっていて非常に高い値となっています。

    また、メーカーや通信系の企業へ就職している人が多いです。

  • おすすめの大学②:東京工業大学

    おすすめの大学2つ目は、東京工業大学です。

    東京工業大学の有名企業への実就職率は57.4%と日本の大学で最も高い値となっています。

    また、大学院に進む割合も高く、研究職につく道もありそうです。

  • おすすめの大学③:群馬大学(社会情報学部)

    おすすめの大学3つ目は、群馬大学です。

    群馬大学の社会情報学部では日本では珍しいプログラミングを学ぶことができる国公立大学となっています。

    そのため、就職先もプログラミングにかかわるところが多いようです。

次に、数学関係の仕事に就くためのおすすめの学部学科です。

数学関係の仕事に就くためのおすすめの学部学科は、以下の通りです。

おすすめの学部・学科
  • おすすめの学部①:理学部

    おすすめの学部1つ目は、理学部です。

    理学部の多くは数学科があり、数学を専門に学ぶことができます。

    また、就職先も情報通信系が多くなっているようです。

  • おすすめの学部②:工学部

    おすすめの学部2つ目は、工学部です。

    工学部はモノづくりを専門にしている学部となっています。

    そのため、建築関係といった技術系の専門職に就職に有利となるようです。

質問②:数学ができる人は仕事ができる人なの?

数学関係の仕事/職業に関するよくある質問2つ目は、「数学ができる人は仕事ができる人なの?」です。

結論から言うと、数学ができる人は仕事ができる人であると言えます。

数学が得意な人は、仕事の優先順位をつけるのがうまいため、効率よく仕事を行うことができます

また、数学ができる人が身に着けている論理的な思考力は、多くの仕事で役に立ちます

このことから、数学ができる人は、仕事ができるといえます。

数学を直接利用しているわけではありませんが、数学を勉強するうえで身につく能力は仕事で生きてきます。

「就活の教科書」編集部 渋谷

質問③:仕事では数学が必要なの?

数学関係の仕事/職業に関するよくある質問3つ目は、「仕事では数学が必要なの?」です。

結論から言うと、数学の知識や経験が必要な仕事は、そこまで多くありません。

しかし、数学の知識は使わずとも数字に関してはほとんどの仕事で扱います

また、AIの影響で需要が多い職業は、数学の知識や経験を使うものがほとんどです。

今後もAI化によって数学に関連する仕事は、増えていきそうです。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:得意な数学を活かせる仕事/職業を見つけよう

本記事、「【活躍できる?】数学が得意な人におすすめの仕事/職業一覧|活かせる仕事、特徴も」はいかがだったでしょうか。

この記事では数学が得意な就活生におすすめの仕事/職業について解説しました。

併せて、数学が得意な人におすすめの資格、数字に強い人の特徴、数学関係の仕事/職業に関するよくある質問についても解説しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【IT系】数学が得意な人におすすめの仕事/職業一覧

  • 仕事①:データサイエンティスト(平均年収:697万円)
  • 仕事②:システムエンジニア(平均年収:501万円)
  • 仕事③:プログラマー(平均年収:437万円)
  • 仕事④:システムアナリスト(平均年収:695万円)

◆【金融系】数学が得意な人におすすめの仕事/職業一覧

  • 仕事①:アクチュアリー(平均年収:774万円)
  • 仕事②:ファンドマネージャー(平均年収:748万円)
  • 仕事③:公認会計士(平均年収:892万円)
  • 仕事④:税理士(平均年収:716万円)
  • 仕事⑤:ファイナンシャルプランナー(平均年収:634万円)
  • 仕事⑥:証券アナリスト(平均年収:651万円)

◆【研究・教育系】数学が得意な人におすすめの仕事/職業一覧

  • 仕事①:数学者(平均年収:635万円)
  • 仕事②:物理学者(平均年収:635万円)
  • 仕事③:教師(平均年収:408万円)

◆【技術系】数学が得意な人におすすめの仕事/職業一覧

  • 仕事①:建築士(平均年収:691万円)
  • 仕事②:技術系エンジニア全般(平均年収:542万円)

◆数学を仕事で活かせる資格

  • 資格①:アクチュアリー
  • 資格②:公認会計士・税理士
  • 資格③:電気主任技術者

◆【仕事ができる!】数字に強い人の特徴

  • 特徴①:数字から背景を読み解ける人
  • 特徴②:要約をするのが得意な人
  • 特徴③:優先順位をつけるのが上手い人

◆数学関係の仕事/職業に関するよくある質問

  • 質問①:数学関係の仕事に就くためのおすすめの大学・学部・学科は?
  • 質問②:数学ができる人は仕事ができる人なの?
  • 質問③:仕事では数学が必要なの?

◆まとめ:得意な数学を活かせる仕事/職業を見つけよう