【優良企業!】SEのホワイト企業ランキング一覧 | 優良企業の見分け方,就職方法も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めば分かること
  • システムエンジニア【SE】のホワイト・優良企業の基準
  • 新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング1位はレバレジーズ株式会社
  • SEのホワイト・優良企業の見分け方5
  • 新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法3「IT業界の優良企業に就職したい!」という方はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめ

皆さんこんにちは!

「就活の教科書」編集部の足立です!

「就活の教科書」編集部 足立

この記事では「新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング」「SEのホワイト・優良企業の見分け方」さらには「新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法」について解説します。

システムエンジニアのホワイト・優良企業に就職しようと考えている就活生の皆さんは「SEのホワイト企業でおすすめの企業はどこ?」「SEのホワイト企業の見分け方って何?」と悩んでいませんか?

就活生くん

僕はシステムエンジニア【SE】のホワイト企業に就職したいと考えているのですが、SEのホワイト企業について詳しくないので教えて欲しいです。

就活生ちゃん

私もSEの優良企業に就職したいと考えているのですが、「SEのホワイト・優良企業の見分け方や探し方」が分からないので、教えて欲しいです。

確かにSEのおすすめホワイト企業や優良企業を見つけるのは難しいですよね。

ですが、新卒の皆さんにおすすめできるSEのホワイト・優良企業は多くあるので、これから紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 足立

そこで、この記事では新卒におすすめできるシステムエンジニア【SE】のホワイト・優良企業をランキング形式で紹介していきます。

また、「SEのホワイト・優良企業の見分け方5選」「新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法3選」についても解説していきます。

この記事を読めば、SEのホワイト企業が分かり、就活の志望企業の候補が見つかることに加え、SEのホワイト企業の見分け方が分かること間違いなしです!

「SEでおすすめのホワイト企業はどこ?」「SEのホワイト・優良企業はどうすれば見分けることができるの?」と悩んでいる就活生はぜひ最後までこの記事を読んでくださいね。

「IT業界に就職したいけど、ブラック企業は避けたい…」という方はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

「レバテックルーキー」を使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良IT企業を紹介してもらえるので、学歴に自信が無くてもホワイトIT企業に出会えます。

また、IT企業の選考に特化したES添削・面接対策をしてもらえるため、選考でかなり有利になりますよ。

就活アドバイザー 京香

>> 「レバテックルーキー」を見てみる

 

目次

 

システムエンジニア(SE)のホワイト・優良企業の基準とは?

就活生ちゃん

私はシステムエンジニア【SE】のホワイト・優良企業に就職したいと考えているのですが、そもそもSEのホワイト・優良企業の基準って何ですか?

確かにホワイト企業の基準って意外に分からないですよね。

以下に簡単にSEのホワイト・優良企業の基準についてまとめておきますので、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

システムエンジニア【SE】のホワイト・優良企業の基準
  • 基準①:有給取得率が高い
  • 基準②:離職率が低い
  • 基準③:福利厚生が整っている
  • 基準④:ホワイト企業の認定マークがある
  • 基準⑤:客先常駐がない

上の5つの基準に関しては後の「SEのホワイト企業の見分け方」でさらに詳しく解説するので、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

 

また「IT系企業の就職偏差値」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【NTTはFラン?】IT業界の就職偏差値まとめ一覧【就活:転職】

 

新卒におすすめできるSEのホワイト・優良企業ランキング

就活生くん

僕はSEのホワイト・優良企業への就職を考えているのですが、あまりSEのホワイト企業に関して詳しくありません。

僕たち新卒の就活生におすすめできるSEのホワイト・優良企業はどこかありますか?

確かにSEだけに限らずホワイト・優良企業を探すのは難しいですよね。

そこで、ここからは上の5つの基準を満たすSEのホワイト企業10社をランキング形式で紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 足立

 

また「IT系企業の年収」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【退職金2000万円!?】IT業界の超高収入企業ランキングTOP50【就活:転職】

 

ホワイト企業①:レバレジーズ株式会社

レバレジーズ株式会社の会社情報 - Wantedly

新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング1位は「レバレジーズ株式会社」です。

レバレジーズはITと人材に特化したメディア・マーケティング事業、人材アウトソーシング事業、転職エージェント事業などを行う会社です。

以下にレバレジーズ株式会社の特徴をまとめたので参考にしてください。

レバレジーズ株式会社の特徴
  • 働きがい:自ら情報を取得し、施策の企画や提案が行える環境が整っているため、働きがいは大きい。
  • 企業の強み:挑戦的な社風で最先端技術を積極的に取り入れようとする傾向が強いこと
  • 企業の弱み:組織としてまだ制度が完成していないこと
  • 残業時間(月):46.6時間
  • 女性の働きやすさ:ベンチャー企業の中では産休育休制度や復帰後の支援が整っている
  • 客先常駐の有無:基本的には客先常駐がある

以下に会社の概要もまとめたのでこちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

会社概要
会社設立 2005年4月6日
代表者名 岩槻 知秀
売上高 56,100百万円
従業員数 1200名
平均年齢 26.8歳
平均年収 483万円
平均勤続年数 3.0年
有給取得率 76%

レバレジーズは「関係者全員の幸福の追求」という企業理念に沿って、1人ひとりの成長スピードを加速させつつ、ライフ・ワーク・バランスを保ち安心して長く働ける環境を整えていることが分かります。

「就活の教科書」編集部 足立

 

ホワイト企業②:KDDI株式会社

KDDI Logo Download - AI - All Vector Logo

新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング2位は「KDDI」です。

KDDIはauでもおなじみの電気通信事業者です。

以下にKDDIの特徴をまとめたので参考にしてください。

KDDIの特徴
  • 働きがい:自身が何をするべきなのか明確になっており、目標に向けて取り組むことが出来る
  • 企業の強み:競合他社と比べても、海外の拠点数が圧倒的に多いこと
  • 企業の弱み:非通信事業の成長スピードが遅いこと
  • 残業時間(月):26時間
  • 女性の働きやすさ:近年、女性管理職も増えており、男女平等である
  • 客先常駐の有無:ほとんどの案件が客先常駐案件

以下に会社の概要もまとめたのでこちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

会社概要
会社設立 1984年6月1日
代表者名 高橋 誠
売上高 5,240,000百万円
従業員数 10,968名
平均年齢 42.5歳
平均年収 952.8万円
平均勤続年数 17.7年
有給取得率 63.8%

KDDIは週1のノー残業デーも徹底されており、ワークライフバランスは整っている会社です。

また、完全実力主義の会社ですので、高いモチベーションを持って働くことも出来ます。

「就活の教科書」編集部 足立

 

ホワイト企業③:富士通株式会社

ファイル:Fujitsu-Logo.svg - Wikipedia

新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング3位は「富士通株式会社」です。

富士通は日本の総合エレクトロニクスメーカーで、総合ITベンダーです。

以下に富士通株式会社の特徴をまとめたので参考にしてください。

富士通株式会社の特徴
  • 働きがい:社内の部署異動制度も整っているため、様々なことに挑戦できる
  • 企業の強み:ICTサービス市場で国内No.1の実績を誇っていること
  • 企業の弱み:自ら稼げる自社サービスを持っていないこと
  • 残業時間(月):26時間
  • 女性の働きやすさ:制度面(産休育休制度、時短勤務等)は充実しており、テレワークも推進しているので、子持ちの女性でも働きやすい
  • 客先常駐の有無:2020年7月から客先常駐が見直され、テレワークへの移行を進めている

以下に会社の概要もまとめたのでこちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

会社概要
会社設立 1935年6月20日
代表者名 砂田 敬之
売上高 3,589,702百万円
従業員数 32,026名
平均年齢 43.6歳
平均年収 803.7万円
平均勤続年数 19.6年
有給取得率 52.9%

富士通は「健康経営優良法人2021 大規模法人部門 ホワイト500」にも認定されているので、比較的ホワイトな企業だということが分かりますね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

「SEのホワイト企業に就職したいけど、どの企業がいいかわからない…」という方は、「OfferBox(オファーボックス)」を使うのが一番おすすめです。

「OfferBox」を使うと、プロフィールを入力するだけで優良企業からスカウトが来るので、SEの隠れ優良企業を見つけられます。

「SEの難関企業は難しいけど、優良企業に就職したい!」という方は、「OfferBox」も合わせて使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 足立

>>「OfferBox」でSEの優良企業を見つけてみる

 

ホワイト企業④:株式会社NTTドコモ

コーポレートアイデンティティ | 企業情報 | NTTドコモ

新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング4位は「株式会社NTTドコモ」です。

NTTドコモは携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大手の移動体通信事業者で、日本電信電話【NTT】の完全子会社です。

以下に株式会社NTTドコモの特徴をまとめたので参考にしてください。

株式会社NTTドコモの特徴
  • 働きがい:7000万人のドコモユーザーに対し、入社間もない段階からスケールの大きい仕事に携わることが出来る
  • 企業の強み:顧客基盤が盤石で資金力があること
  • 企業の弱み:通信事業以外の柱を作ることができず、通信事業に頼ってしまっていること
  • 残業時間(月):20.8時間
  • 女性の働きやすさ:女性の管理職も多く、性別を問わず同じ業務を同じ待遇で行うため、非常に働きやすい
  • 客先常駐の有無:無し

以下に会社の概要もまとめたのでこちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

会社概要
会社設立 1991年8月14日
代表者名 井伊 基之
売上高 4,651,300百万円
従業員数 7,884名
平均年齢 40.2歳
平均年収 870.4万円
平均勤続年数 17.2年
有給取得率 92.4%

NTTドコモは非常にワークライフバランスが優れています。

何と言っても住宅手当は独身の場合3万円、家族がいれば7万円と高額で、かなり手厚いです。

客先常駐も無いので、かなりのホワイト企業ですね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

ホワイト企業⑤:西日本電信電話株式会社(NTT西日本)

新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング5位は「NTT西日本」です。

NTT西日本は持株会社である日本電信電話【NTT】の100%出資により設立された地域電気通信事業を主軸とする日本の大手電気通信事業者です。

以下にNTT西日本の特徴をまとめたので参考にしてください。

NTT西日本の特徴
  • 働きがい:若いうちから大きなプロジェクトの一員として働くことが出来る
  • 企業の強み:膨大な顧客基盤が根付いていること
  • 企業の弱み:インフラ以外で収益となる柱が無いこと
  • 残業時間(月):18.1時間
  • 女性の働きやすさ:働いている女性の比率が高く、管理職も多いため、働きやすい
  • 客先常駐の有無:無し

以下に会社の概要もまとめたのでこちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

会社概要
会社設立 1999年7月1日
代表者名 澤田 純
売上高 1,505,900百万円
従業員数 3,000名
平均年齢 41.1歳
平均年収 922万円
平均勤続年数 16.7年
有給取得率 93.5%

NTT西日本はやはり「残業時間の少なさ」と「有給取得率の高さ」からホワイト企業だといえます。

SE職に関しても客先常駐は無いので、働きやすい環境が非常に整っています。

「就活の教科書」編集部 足立

 

ホワイト企業⑥:東日本電信電話株式会社(NTT東日本)

NTT東日本 (@NTTeastofficial) | Twitter

新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング6位は「NTT東日本」です。

NTT東日本はNTT西日本と同様に、日本最大手の電気通信事業者です。

以下にNTT東日本の特徴をまとめたので参考にしてください。

NTT東日本の特徴
  • 働きがい:たくさんの職種、職場があるため、自分なりの働きがいを確実に見つけることが出来る
  • 企業の強み:土日祝、夏期休暇、年末年始の休みと有給を合わせると年間150日は休みが確保できること
  • 企業の弱み:会社のスピード感が他のNTT系会社と比べて遅いこと
  • 残業時間(月):25.7時間
  • 女性の働きやすさ:産休育休だけでは無く、妊娠期間にも使うことが出来る制度まで整っている
  • 客先常駐の有無:無し

以下に会社の概要もまとめたのでこちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

会社概要
会社設立 1999年7月1日
代表者名 井上 福造
売上高 1,726,100百万円
従業員数 5,085名
平均年齢 41.1歳
平均年収 905.4万円
平均勤続年数 16.8歳
有給取得率 95.8%

NTTグループ全体に言えることですが、NTT東日本も有給取得率がかなり高く、残業代も「分単位」で支給されます。

ワークライフバランスが非常に優れたホワイト企業であること間違いないです。

「就活の教科書」編集部 足立

 

ホワイト企業⑦:日本マイクロソフト株式会社

マイクロソフト企業ロゴ使用ガイドライン - 法律やライセンスに関する情報 - Mscorp - Microsoft

新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング7位は「日本マイクロソフト株式会社」です。

日本マイクロソフトはソフトウェアを開発、販売するマイクロソフトの子会社です。

以下に日本マイクロソフト株式会社の特徴をまとめたので参考にしてください。

日本マイクロソフト株式会社の特徴
  • 働きがい:各企業のエンジニアが解決できない複雑な問題まで解決できるような優秀な人材が揃っている
  • 企業の強み:非常に強力な自社商品があること
  • 企業の弱み:WindowsやOffice以外の新製品が開発できていないこと
  • 残業時間(月):37.7時間
  • 女性の働きやすさ:性別・国籍関係なく多様性を重んじた誰もが働きやすい職場環境
  • 客先常駐の有無:客先常駐は基本的にはある

以下に会社の概要もまとめたのでこちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

会社概要
会社設立 1986年2月17日
代表者名 吉田 仁志
売上高 742,900百万円
従業員数 2,280名
平均年齢 40.9歳
平均年収 1299万円
平均勤続年数 4.7年
有給取得率 59.6%

日本マイクロソフトは「フリーアドレス制」といって働く場所が決められていないので、非常に働きやすい環境が整っていることが分かりますね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

ホワイト企業⑧:NTTコムウェア株式会社

NTTコムウェア | NTTコムウェア、第二章はじまる。

新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング8位は「NTTコムウェア株式会社」です。

NTTコムウェアはNTT主要8社のひとつであり、企業のニーズや課題をインターネットを用いて解決するSIer企業です。

以下にNTTコムウェア株式会社の特徴をまとめたので参考にしてください。

NTTコムウェア株式会社の特徴
  • 働きがい:NTTグループ向けのシステムを開発するため、社会的インパクトの大きい仕事に携わることが出来る
  • 企業の強み:NTTというネームバリューとブランド力があること
  • 企業の弱み:NTTグループ向けの仕事が多く、雑務や調整の仕事が多いこと
  • 残業時間(月):22.2時間
  • 女性の働きやすさ:女性の働きやすさには会社全体として気を遣っている
  • 客先常駐の有無:グループ内の仕事を請け負うことが多いが、グループ外の企業に常駐して働くこともある

以下に会社の概要もまとめたのでこちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

会社概要
会社設立 1997年9月1日
代表者名 黒岩 真人
売上高 166,605百万円
従業員数 5,766名
平均年齢 34.9歳
平均年収 576万円
平均勤続年数 25.5年
有給取得率 96.0%

NTTコムウェアは何と言っても「平均勤続年数の長さ」が特徴的です。

平均勤続年数が長いと言うことは会社に不満をもっこと無く働くことが出来ている社員さんが多いのですね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

ホワイト企業⑨:三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社

三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社 - connpass

新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング9位は「三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社」です。

三菱UFJインフォメーションテクノロジーは三菱UFJ銀行をはじめとする三菱UFJフィナンシャル・グループ各社のシステム開発・運用の全工程・全領域を担当する会社です。

以下に三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社の特徴をまとめたので参考にしてください。

三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社の特徴
  • 働きがい:金融システムという大規模なシステム構築が可能となるため、働きがいは大きい
  • 企業の強み:1つ1つの案件規模が大きく、ユーザーとの接点も多いこと
  • 企業の弱み:親会社頼みになってしまい、利益を上げようとする心意気が足りていないこと
  • 残業時間(月):31.7時間
  • 女性の働きやすさ:意欲さえあれば女性でも昇進していく人が多い
  • 客先常駐の有無:100%MUFG向けのシステム開発を行うため、客先常駐は無い

以下に会社の概要もまとめたのでこちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

会社概要
会社設立 1988年6月
代表者名 亀田 浩樹
売上高 101,900百万円
従業員数 1,972名
平均年齢 37.6歳
平均年収 703万円
平均勤続年数 不明*新卒3年以内の離職率は2%以下で非常に低い*
有給取得率 72.4%

三菱UFJインフォメーションテクノロジーは基本的に20時以降の残業は禁止されているほど、社員の働き方に気を遣っている会社です。

有給取得率も高いので、非常におすすめのSEホワイト企業です

「就活の教科書」編集部 足立

 

ホワイト企業⑩:Google

マニアにはたまらない!GoogleロゴデザインDoodleアーカイブ | ファイブスターコーポレーション

新卒におすすめできるSEのホワイト企業ランキング10位は「Google」です。

Googleは世界最大の検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業を担う会社です。

以下にGoogleの特徴をまとめたので参考にしてください。

Googleの特徴
  • 働きがい:世界中の優秀な人達と働くことが出来る
  • 企業の強み:Googleという圧倒的ブランド力を持つこと
  • 企業の弱み:大企業であるが故に多くの仕事が細分化されてしまっていること
  • 残業時間(月):20.2時間
  • 女性の働きやすさ:エンジニア職の管理職は男性の方が多いが、ビジネス職の管理職は男女同数となってきている
  • 客先常駐の有無:基本的には客先常駐での作業になる

以下に会社の概要もまとめたのでこちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

会社概要
会社設立 2001年8月1日
代表者名 奥山真司
売上高 600,000百万円
従業員数 1,300名
平均年齢 30.4歳
平均年収 1,393万円
平均勤続年数 不明
有給取得率 83.7%

Google合同会社には日本中のエリートが集まります。

入社難易度は非常に高いですが、入社を果たすことが出来ればトップクラスの高年収や充実した福利厚生などが期待できます。

「就活の教科書」編集部 足立

 

その他のSEのホワイト企業ランキング

ここからは惜しくもランキングトップ10には入らなかったものの、皆さんにおすすめしたいSEのホワイト企業ランキング11位~30位を紹介します。

「就活の教科書」編集部 足立

順位 会社名 平均年収
11 NTTデータ 828万円
12 大塚商会 851万円
13 SCSK 726万円
14 ソフトバンク 733万円
15 日本ユニシス 825万円
16 NECネッツエスアイ 755万円
17 TIS 681万円
18 伊藤忠テクノソリューションズ 871万円
19 日本電信通話【NTT】 911万円
20 都築電気 880万円
21 テレビ朝日ホールディングス 1387万円
22 TKC 729万円
23 日鉄ソリューションズ 836万円
24 富士ソフト 590万円
25 NSD 636万円
26 ゼンリン 569万円
27 JFEシステムズ 717万円
28 DTS 603万円
29 オービック 901万円
30 アルファシステムズ 575万円

上の20社や今回紹介しきれなかったSEのホワイト・優良企業についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

 

高年収のSEホワイト企業の選考はかなり難しいので、他の就活生よりも有利な情報をゲットしなければなりません。

そこでおすすめなのが、「unistyle(ユニスタイル)」です。

「unistyle」を使うと、難関企業内定者のES・面接質問と回答が53,305枚無料で好きに見れるので、ESや面接での正しい回答が丸わかりになります。

「年収が高いSEホワイト企業に就職したい!」という方は、「unistyle」を使うと就活で有利になれますよ。

「就活の教科書」編集部 足立

>>「unistyle」で内定者のESを見てみる

 

就活アドバイザー 京香

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

 

また、同じSEの中にも顧客向けのシステムを担う「SE」と社内システムの開発や運用を担う「社内SE」があります。

文系の学生で社内SEも視野に入れている人は以下の記事で「文系学生におすすめできる社内SE企業ランキング」を紹介しているので、参考にしてください。

そして、システムエンジニアを目指している人はIT企業やSIer企業を視野に入れている人も多くいます。

そこで、皆さんにおすすめしたい「IT業界のホワイト企業ランキング」や「大手SIerのおすすめ企業ランキング」も以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください!

 

SEのホワイト・優良企業の見分け方

就活生くん

先ほど足立さんからSEのホワイト・優良企業の基準に関して解説があったと思うのですが、まだ正直理解が出来ていません。

どうすればSEのホワイト・優良企業を見分けることが出来るのでしょうか?

任せてください!

ここからはさらに詳しく「SEのホワイト・優良企業の見分け方」について解説してきますね。

「就活の教科書」編集部 足立

SEのホワイト・優良企業の見分け方5選
  • 見分け方①:有給休暇取得率が高い
  • 見分け方②:離職率が低い
  • 見分け方③:福利厚生が整っている
  • 見分け方④:ホワイト企業の認定マークがある
  • 見分け方⑤:客先常駐がない

 

見分け方①:有給休暇取得率が高い

SEのホワイト・優良企業の見分け方5選の1つ目は「有給休暇取得率が高い」ことです。

日本では労働基準法で有給休暇取得の義務付けがされており、誰もが使用できる権利を持っています。

しかし、実際のところ、厚生労働省の「就労条件総合調査」によると、2019年の平均有給休暇取得率は52.4%しか取得されていません。

そのため、積極的に有給消化を促していたり有給消化率が80%以上の企業は、社員のワークライフバランスや働きやすさを尊重してくれるホワイト企業といえます。

上で紹介したSEのホワイト・優良企業ランキング上位10企業のうち6企業は70%以上の有給休暇取得率を誇っているので、全体的にホワイト企業が多いことが分かりますね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

見分け方②:離職率が低い

SEのホワイト・優良企業の見分け方5選の2つ目は「離職率が低い」ことです。

離職率の数字は企業の優良度やホワイト度を客観的に認識できる分かりやすい指標であるため、離職率が低い企業はホワイト企業である可能性です。

具体的な離職率のチェック方法としておすすめなのは「就職四季報」という本に掲載されている、「新卒3年後以内の離職率」の項目をチェックすることで企業の離職率を確認することが出来ます。

2023卒就活生必見】ネット上の平均年収データに騙されるな! 就活四季報を使った平均年収の正しい把握法 - ゴーゴーユートピア

「就職四季報」はもちろん企業の離職率を知る上でも役に立ちますが、それ以外にも企業研究を進めていく上で非常に役に立つツールですので、ぜひ有効活用してください。

「就活の教科書」編集部 足立

 

見分け方③:福利厚生が整っている

SEのホワイト・優良企業の見分け方5選の3つ目は「福利厚生が整っている」ことです。

ホワイト企業は社員がより働きやすい環境を整えるために、福利厚生を充実させている傾向があります。

健康保険や労災保険以外に以下のような法定外の福利厚生がある企業はホワイト企業の特徴です。

ホワイト企業の福利厚生
  • 福利厚生①:住宅手当
  • 福利厚生②:通勤手当
  • 福利厚生③:社員食堂
  • 福利厚生④:育児休暇・産前産後休暇
  • 福利厚生⑤:宿泊施設・レジャー施設などの割引制度

企業選びをする上では、額面上の給与だけではなく福利厚生にも注意しておくとその企業のホワイト度が分かりますね!

「就活の教科書」編集部 足立

 

見分け方④:ホワイト企業の認定マークがある

SEのホワイト・優良企業の見分け方5選の4つ目は「ホワイト企業の認定マークがある」ことです。

ホワイト企業の認定マークとは厚生労働省がホワイト企業であると認めた企業に贈られる印のことを指します。

厚労省の「ホワイト企業」認定マーク、取得はどのあたりが難しいのか - エキサイトニュース

このホワイトマークは厚生労働省が定めた約80もの認定基準・評価項目をクリアした企業にのみ贈られるので、このマークを持っていれば間違いなくホワイト企業だと確信できます。

1つ注意しておきたいのはこのホワイトマークは取得難易度が非常に高い!ので、マークがないからといって「ホワイト企業じゃない!」と決めつけずに、あくまで企業選びの1つの指標として参考にしましょう。

「就活の教科書」編集部 足立

 

見分け方⑤:客先常駐がない

SEのホワイト・優良企業の見分け方5選の5つ目は「客先常駐がない」ことです。

客先常駐とは自分が所属する会社のオフィスではなく、別の会社【客先】に常駐して働く勤務形態のことを指します。

SE職には客先常駐が基本的につきものですが、よく「客先常駐がない企業の方が良い」と言われることが多いです。

客先常駐がない企業の方が良いと言われる理由を以下にまとめたので参考にしてください。

客先常駐がない企業の方が良いと言われる理由
  • 理由①:下流工程を多く担当するため、上流工程に携わることが出来ないから
  • 理由②:自社に対する帰属意識が持てないから
  • 理由③:仕事量と給与が合わないから

こういった理由で「客先常駐がない企業の方が良い」と言われる一方で、客先常駐として働くメリットもあります。

以下に客先常駐として働くメリットについてまとめたので参考にしてください。

客先常駐として働くメリット
  • メリット①:大手企業で働くことが出来る
  • メリット②:様々な企業のシステムを知ることが出来る
  • メリット③:人脈が広がる

客先常駐がない企業で働く方が働きやすさは大きいですが、しっかりと客先常駐先での働きぶりを評価してくれる企業であれば、客先常駐として働くメリットも多く得られると思いますよ!

「就活の教科書」編集部 足立

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法

就活生ちゃん

私はSEのホワイト・優良企業に就職したいと思っているのですが、実際のところ新卒でSEのホワイト・優良企業に就職するにはどうしたら良いのでしょうか?

確かにSEのホワイト・優良企業に就職したいと思っていても、具体的にどうしたら就職することが出来るのか分からないですよね。

ここからは新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法3選を紹介していくので、ぜひ最後まで読んでください。

「就活の教科書」編集部 足立

新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法3選
  • 方法①:企業研究を徹底的に行う
  • 方法②:ES・面接対策を本気で行う
  • 方法③:インターンシップに参加しておく

 

方法①:企業研究を徹底的に行う

新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法3選の1つ目は「企業研究を徹底的に行う」ことです。

「企業研究」とは名の通り、どのような企業であるかを研究し、把握することです。

企業研究を徹底的に行った方が良い1番の理由は、「面接の志望動機に備えるため」です。

企業の面接では必ずと言って良いほど「志望動機」を聞かれます。

その際に企業研究を徹底的に行っておくと、「他の企業ではなくなぜこの企業なのか?」「自分がこの企業で働くイメージはついているか?」などの質問にもすらすらと答えることが出来ます。

企業研究を行う際の4つのポイントも紹介しておくので、こちらも参考にしてください。

企業研究を行う際の4つのポイント
  • ポイント①:会社の基本をおさえる
  • ポイント②:会社の数字【IR情報】をおさえる
  • ポイント③:会社のサービスをおさえる
  • ポイント④:会社【経営層】の考えをおさえる

上の4つのポイントに着目して皆さんもぜひ企業研究を行ってみてください。

さらに、企業研究について詳しく解説している記事も載せておきますので、こちらも参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

 

方法②:ES・面接対策を本気で行う

新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法3選の2つ目は「ES・面接対策を本気で行う」ことです。

ESや面接は企業に入社するためには必ず突破しなければならない壁です。

さらにシステムエンジニア【SE】職のESや面接は、文系の営業職の選考とは見られているポイントも多少異なります。

以下にシステムエンジニア【SE】職のESや面接で見られているポイントについてまとめたので参考にしてください。

システムエンジニア【SE】職のESや面接で見られているポイント
  • ポイント①:PDCAのスピード感
  • ポイント②:顧客課題を解決した経験や実績と実務で活かせそうなスキルの有無
  • ポイント③:社内調整力
  • ポイント④:客先常駐への適性
  • ポイント⑤:論理的思考力

SEのホワイト・優良企業に就職したいと思っている就活生は上の5つのポイントを意識して、SE職のESや面接に臨んでみましょう!

「就活の教科書」編集部 足立

 

方法③:インターンシップに参加しておく

新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法3選の3つ目は「インターンシップに参加しておく」ことです。

SEのインターンには短期長期があり、それぞれ特徴が異なります。

短期インターン:

  • 期間:1日から1週間程度
  • インターン内容:普段の仕事内容やインターン先企業の業界説明
  • 対象者:長期のSEのインターンに参加する前に短期で業界知識などを積みたいという人

長期インターン:

  • 期間:1ヶ月以上
  • インターン内容:実際の開発の一部を取り扱い、実務に近い経験を行う
  • 対象者:SE関連の経験やスキルがあり、実務に近い形でインターンに参加したい人

最後にSEのインターンに参加するメリットを3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 足立

SEのインターンに参加するメリット3つ
  • メリット①:実務経験を得られる
  • メリット②:使用機器を把握できる
  • メリット③:給与が得られる

実務経験が大きく採用を左右するSE職の選考では、インターンに参加しておくと非常に有利になります。

機会がある就活生はぜひインターンに参加しましょう!

「就活の教科書」編集部 足立

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

SEに関するよくある質問3選

最後にSEに関してよくある質問を3つ紹介するので、SEを目指している就活生は参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

質問①:文系SEはキャリアアップしやすい?

SEに関するよくある質問1つ目は「文系SEはキャリアアップしやすい?」です。

まず結論から言うと文系SEはキャリアアップしやすいです!

キャリアアップしやすいと言うよりかキャリアパスが豊富にあると言った方が正しいかもしれません。

前提として文系SEは顧客やユーザー部門との接点、あらゆるIT職種との接点があるので、人脈も多く、仕事の幅が広いのが特徴だと言えます。

また、活躍範囲も広いので、他の職種と比較して文系SEはキャリアパスが豊富にあり、キャリアアップも狙いやすい職種だと言えます。

これは文系SEでも関係ありません!

ただ、文系SEになったことをゴールとせずに日々スキルを身につける努力をしないとキャリアアップは果たせません!

「就活の教科書」編集部 足立

 

質問②:「文系SEはやめとけ」と言われるのはついていけないから?

SEに関するよくある質問2つ目は「文系SEはやめとけ」と言われるのはついていけないから?です。

「文系SEはやめとけ」と言われる理由は大きく2つあります。

1つ目の理由は「勤務時間が長いから」です。

一般的な企業のサラリーマンとは異なり、SEは納期厳守です!

何かクライアント側から突然の仕様追加やトラブル対応を求められた場合、残業や休日出勤は当たり前です。

そのため、勤務時間が長くなり、プライベートな時間が確保できないので、「文系SEはやめとけ」と言われてしまいます。

2つ目の理由は「文系SEはITスキルが不足していてついていけないから」です。

やはり文系学生は最低限のPCスキルは持っているかもしれませんが、プログラミング言語まで習得した状態で、文系SE職になる人は多くありません。

そのため、理系学生などと比較するとITスキルが圧倒的に足らず、就職後もついていけないことが多々あります。

それが苦しくしんどいと感じる人が文系SEには多いので、やめとけと言われています。

いくら会社の研修などで学ぶ機会があってもプログラミング言語はそう簡単には習得できないですよね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

質問③:未経験でもSEに就職できるの?

SEに関するよくある質問3つ目は「未経験でもSEに就職できるの?」です。

結論、未経験でもSEになることは可能です!

ただ、これは新卒の場合です。

企業も将来的なIT人材を採用しているので、皆さんのようなまだ20代前半の若手人材しか未経験での採用を行いません。

今しか未経験でSEになることはできないと思っておいても良いぐらいですね!

新卒カードって大事ですよね!

「新卒」ってだけでかなり選択肢が広がります!

「就活の教科書」編集部 足立

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:SEのホワイト・優良企業に就職するために企業研究を深く行おう

本記事SEのホワイト・優良企業ランキング」はいかがだったでしょうか?

SEのホワイト・優良企業に就職を考えている就活生の力に少しでも慣れたら嬉しい限りです!

「就活の教科書」編集部 足立

この記事ではシステムエンジニア【SE】のホワイト・優良企業をランキング形式にして紹介してきました。

併せて「SEのホワイト・優良企業の基準や見分け方」「新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法」についても紹介しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆システムエンジニア(SE)のホワイト・優良企業の基準とは?

◆新卒におすすめできるSEのホワイト・優良企業ランキング

  • ホワイト企業①:レバレジーズ株式会社
  • ホワイト企業②:KDDI株式会社
  • ホワイト企業③:富士通株式会社
  • ホワイト企業④:株式会社NTTドコモ
  • ホワイト企業⑤:西日本電信電話株式会社(NTT西日本)
  • ホワイト企業⑥:東日本電信電話株式会社(NTT東日本)
  • ホワイト企業⑦:日本マイクロソフト株式会社
  • ホワイト企業⑧:NTTコムウェア株式会社
  • ホワイト企業⑨:三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社
  • ホワイト企業⑩:Google
  • その他のSEのホワイト企業ランキング

◆SEのホワイト・優良企業の見分け方

  • 見分け方①:有給休暇取得率が高い
  • 見分け方②:離職率が低い
  • 見分け方③:福利厚生が整っている
  • 見分け方④:ホワイト企業の認定マークがある
  • 見分け方⑤:客先常駐がない

◆新卒でSEのホワイト・優良企業に就職する方法

  • 方法①:企業研究を徹底的に行う
  • 方法②:ES・面接対策を本気で行う
  • 方法③:インターンシップに参加しておく

◆SEに関するよくある質問3選

  • 質問①:文系SEはキャリアアップしやすい?
  • 質問②:「文系SEはやめとけ」と言われるのはついていけないから?
  • 質問③:未経験でもSEに就職できるの?

◆まとめ:SEのホワイト・優良企業に就職するために企業研究を深く行おう