【12選】心配性な人に向いている仕事一覧 | 向いてない仕事,心配性の特徴,強みも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 心配性な人に向いている仕事は、「購買担当」「秘書」など一覧はこちら
  • 心配性な人に向いている仕事の特徴は、「慎重さ・正確さが求められる仕事人をサポートする」など
  • おすすめの仕事・向いていない仕事は、
    ①営業 ②接客 ③FP ④銀行員 ⑤運転手 
  • 心配しすぎてしまう時の対処法は、
    ①人を信頼する ②ポジティブに考える ③心配事を紙に書いてみる
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では心配性な人に向いている仕事について解説します。

あわせて、心配性な人の強みについて紹介していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば心配性な人に向いている仕事に関する理解が深まります。

心配性な部分を就活でアピールするにはどうしたら良いのかなどについて悩んでいるはぜひ最後まで読んでください。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

心配性な人に向いている仕事の特徴

就活生くん

心配性な性格なのですが、そんな自分に向いている仕事がわかりません。

心配性な人に向いている仕事の特徴は、どのようなものなんでしょうか?

確かに、心配性な性格に向いている仕事はどのようなものか気になりますよね。

それでは心配性な人に向いている仕事の特徴について紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 芥川

心配性な人に向いている仕事の特徴
  • 特徴①:慎重さ・正確さが求められる仕事人をサポートする仕事
  • 特徴②:人をサポートする仕事
  • 特徴③:お客さんとの信頼関係が大切な仕事

それでは詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部 芥川

特徴①:慎重さ・正確さが求められる仕事人をサポートする仕事

心配性な人に向いている仕事の特徴1つ目は、「慎重さや正確さが求められる仕事人をサポートする仕事」であることです。

慎重さや正確さが求められる仕事人をサポートする仕事は、その仕事自体も正確性が求められると考えられます。

「ミスをしていないか」と何度も確認しがちな心配性な人には相性の良い仕事であり、向いている仕事の特徴だと言えます。

「正確性」をアピールすることについて詳しく知りたい人は、、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 芥川

特徴②:人をサポートする仕事

心配性な人に向いている仕事の特徴2つ目は、「人をサポートする仕事」であることです。

人をサポートする仕事は、サポートをする人を支えるうえで、その人がより良い環境や仕事を得られるように慎重に、献身的に仕事をすることが求められます。

様々なことを熟考して行動しがちな心配性の人には、相性の良い仕事の特徴であると言えます。

特徴③:お客さんとの信頼関係が大切な仕事

心配性な人に向いている仕事の特徴3つ目は、「お客さんとの信頼関係が大切な仕事」であることです。

人との信頼関係の構築には、コミュニケーションをマメにとったり、その人との仕事をしっかり果たしたりすることが大切です。

心配性な人は、相手との認識に違いが生まれないよう積極的に連絡を取ったり、念入りに仕事の準備をしたりする特徴があると考えられるので、お客さんとの信頼関係が大切な仕事は、相性の良い仕事であると言えます。

心配性な人には、解説してきた以上のような特徴のある仕事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 芥川

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

心配性な人に向いている仕事一覧12選

就活生くん

心配性な人に向いている仕事の特徴は分かりました!

具体的にはどのような職業が向いているのでしょうか?

それでは、心配性な人に向いている仕事の特徴を知ったうえで、具体的な職業を見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 芥川

心配性な人に向いている仕事
  • 仕事①:プログラマー・エンジニア
  • 仕事②:経理
  • 仕事③:法務
  • 仕事④:一般事務職
  • 仕事⑤:品質管理
  • 仕事⑥:購買担当
  • 仕事⑦:秘書
  • 仕事⑧:心理カウンセラー
  • 仕事⑨:クリエイティブ職
  • 仕事⑩:コンサルタント
  • 仕事⑪:WEBディレクター
  • 仕事⑫:証券アナリスト
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:プログラマー・エンジニア

心配性な人に向いている仕事1つ目は、「プログラマー・エンジニア」です。

プログラマーやエンジニアは、ITを用いてシステム開発やコードの記述などを行う仕事です。

繊細な業務であると言え、ミスを多くすると業務が進まないことも考えられるので、物事を何度も確認する心配性な人にはおすすめの職業です。

プログラマー・エンジニアについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 芥川

ITエンジニアは年収が比較的高く、自由に働けることが多いためおすすめの職種です!

エンジニア就職ではポートフォリオの作成など、一般的な就活とは異なる選考があるため、就活エージェントの利用がおすすめです。

「レバテックルーキー」を利用すれば、プロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

「レバテックキャリア」では専任の担当者からサポート(職務経歴書添削、面接対策など)が受けられ、希望するIT企業への転職成功率がアップします!

就活アドバイザー 京香

仕事②:経理

心配性な人に向いている仕事2つ目は、「経理」です。

経理とは、企業などでお金の管理をする部署の仕事です。

お金を管理することは大きな責任を伴う仕事で、ミスをしてしまうと信用にかかわる問題になってしまいます。

日ごろから入念に確認をする心配性の人だからこそ適役な仕事であると言えます。

ちなみに「自分の長所を活かせる仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:法務

心配性な人に向いている仕事3つ目は、「法務」です。

法務とは、主に企業内で、法律に関わる専門的な知識を用いて、事業や商品などが法律に違反していないかを確認したり、特許の取得などを検討したりする仕事です。

法律は様々なルールを定めており、法務の仕事としては細かく正確に審査・確認していく必要があります。

したがって心配性な人だからこそ、正確さや繊細さを生かした仕事ができる法務の仕事は相性が良いと考えられます。

また、「この職業の他に自分が向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

仕事④:一般事務職

心配性な人に向いている仕事4つ目は、「一般事務職」です。

一般事務職の中でも多様な職種・業務がありますが、一般的には資料作成や電話対応などが主な業務であることが多いです。

心配性な人は、先の不安を減らすために計画をしっかり立てる人が多いのではないでしょうか。

一般事務職は、計画的に・効率的に業務をこなすことが求められることが多いので、計画性のある心配性な人には相性が良いと言えます。

事務職については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 芥川

仕事⑤:品質管理

心配性な人に向いている仕事5つ目は、「品質管理」です。

品質管理とは、商品・製品の品質維持や効率性を考えた工程を考え、実行する仕事です。

品質維持や効率を考える時、実際に起こりうるリスクを考える必要があります。

心配性な人は、日ごろからリスクを考えがちになるために心配になる人が多いのではないでしょうか。

品質管理の仕事は、そういった心配性の人の特徴を生かせる仕事であると言えます。

仕事⑥:購買担当

心配性の人に向いている仕事6つ目は、「購買担当」です。

購買担当は、企業に必要な原材料や備品などを購入する仕事を行います。

納期や数量に関してミスをすると会社に大きな影響が出てしまう点で、大きな責任を持つ仕事のため、業務を慎重に行える心配性の人には相性の良い職種だと言えます。

仕事⑦:秘書

心配性な人に向いている仕事7つ目は「秘書」です。

秘書の仕事内容は、会社の社長や上層部の人のスケジューリングや電話対応、メールの返信などにおいてサポートをする業務です。

秘書は、付いている人が何を必要としているのかを常に把握し、すぐ行動する能力を必要とされます。

したがって準備を入念に行ったり慎重な姿勢で業務ができたりする心配性な人は、相性の良い職種であると考えられます。

ちなみに「自分の長所を活かせる仕事をして、もっと活き活きと働きたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑧:心理カウンセラー

心配性な人に向いている仕事8つ目は「心理カウンセラー」です。

心理カウンセラーは、相談者とのカウンセリングを通じ、抱える課題や悩みを解決・払拭する手助けを行う仕事です。

心理カウンセラーは相談者に信頼してもらうことが大切なので、慎重で細かいことによく気が付く心配性な人に向いている仕事であると言えます。

仕事⑨:クリエイティブ職

心配性な人に向いている仕事9つ目は「クリエイティブ職」です。

クリエイティブ職は、デザイナーイラストレーター、ライターなどが当てはまります。

心配性な人は、実は言語能力や感受性が高いことが多いです。

したがって文章に表すライターや、イラストや絵を描くことが好きな人はデザイナー・イラストレーターを目指すことも良いでしょう。

仕事⑩:コンサルタント

心配性な人に向いている仕事10個目は「コンサルタント」です。

コンサルタントとは、企業などが抱える問題の打開策・解決策を考え、提示し実行する仕事です。

例えばセキュリティーコンサルタント職はリスクマネジメントが必要なので、日ごろからリスクを考えがちな心配性の人に相性が良いと言えます。

コンサルタントの就活については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 芥川

仕事⑪:WEBディレクター

心配性な人に向いている仕事11個目は「Webディレクター」です。

Webディレクターの仕事は、Webの制作・運営において、プロジェクトを管理・進行をすることです。

Webディレクターの案件の運営管理において、事前の準備はとても大切です。

したがって心配性な人はしっかり準備をする人が多いので、向いている仕事であると言えます。

仕事⑫:証券アナリスト

心配性な人に向いている仕事12個目は「証券アナリスト」です。

証券アナリストとは、証券投資において企業の価値を分析する、いわば金融業界のプロフェッショナルです。

企業について多くの情報を収集し、ち密な分析をすることが求められます。

心配性な人は細かなところまでチェックや分析を怠らない人が多いため、心配性な人に向いている仕事であると言えます。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

心配性な人に向いていない仕事5選

就活生くん

心配性な人に向いている仕事は分かりました。

一方で、向いてない仕事はどんな職種があるのでしょうか…。

それでは次に、心配性の人にはおすすめしにくい仕事を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 芥川

心配性な人に向いていない仕事
  • 仕事①:営業
  • 仕事②:接客
  • 仕事③:ファイナンシャルプランナー(FP)
  • 仕事④:銀行員
  • 仕事⑤:運転手

仕事①:営業

心配性な人に向いていない仕事1つ目は「営業職」です。

営業職は臨機応変に対応することが必要となる仕事です。

心配性な人は予想外なことに対して対応することが苦手な人が多いので、向いているとは言いにくいです。

しかし、常にリスクを考え心配になっているからこそ、予想外の事態でも対応することが出来るとも考えられるので、人によっては相性の良い職種であるとも言えます。

仕事②:接客

心配性な人に向いていない仕事2つ目は「接客」です。

接客業も営業職同様、臨機応変な対応や迅速さを求められます。

一方で、心配性特有の慎重な姿勢はあまり求められないので、心配性の人が持つせっかくの良い点を生かすことが難しいです。

したがってあまり相性の良い職種とは言い難いでしょう。

仕事③:ファイナンシャルプランナー(FP)

心配性な人に向いていない仕事3つ目は「ファイナンシャルプランナー(FP)」です。

FPは、マイホームの購入や子育てなど人生のターニングポイントにおいて必要なお金などの、計画を立てるためのアドバイスやプランニングなどを行う仕事をします。

FPの仕事は、お客様の人生をプランニングことなので、心配性の人にとっては重すぎる責任感を感じてしまう場合があり、注意が必要です。

仕事④:銀行員

心配性の人に向いていない仕事4つ目は「銀行員」です。

銀行員は、顧客の預金を集めてお金の足りないところに融資をするなど、経済を支える仕事をします。

銀行は顧客との関係性を築き、信頼をし合うことでお金の貸し借りを実行します。

「いくら信頼しててもこんなに多くのお金を貸して平気だろうか…」と心配になってしまう人は、銀行員本来の業務と相性が良くないかもしれません。

仕事⑤:運転手

心配性な人に向いていない仕事5つ目は「運転手」です。

運転士は、バスやタクシー、また飛行機の操縦士なども似たような仕事内容ですが、どれも乗客の命を預かって仕事をします。

いくら自分が安全に運転していても、万が一の事故は誰にでも起こりうるので、心配性な人には気が重い仕事かもしれません。

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

心配性な人に向いている仕事に簡単に就職する方法

心配性な人に向いている仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、心配性な人に向いている仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、心配性な人に向いている仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

心配性な人の強み・メリット5選

就活生ちゃん

心配性な人の向き不向きの仕事は分かりました。

そもそも心配性な人の強みやメリットはどんなところなのでしょうか?

就活において、自分の性格の強みやメリットを知ることは大切なことです。

それでは、心配性な人の強みやメリットについて紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 芥川

強み・メリット
  • 強み①:リスクマネジメントが得意
  • 強み②:細かく計画を立てることができる
  • 強み③:責任感が強い
  • 強み④:よく周りを見ている
  • 強み⑤:人から信頼される

強み①:リスクマネジメントが得意

心配性な人の強み1つ目は「リスクマネジメントが得意」であることです。

先々のことが不安になりがちな心配性の人は、言い換えれば、のちに起こりうるリスクを事前に予測する能力に長けています。

したがって、「起こりうるリスクをどうしたら回避できるのか」「起こりうるリスクはどのようなものなのか」を人より深く考えられるという点で、強みであると言えます。

強み②:細かく計画を立てることができる

心配性な人の強み2つ目は「細かく計画を立てることができる」ことです。

先述した「リスクマネジメントが得意である」ことに繋がりますが、先々に不安を感じがちな心配性な人は、あらかじめ計画を立てて行動することが多いです。

また、分らないことを事前に把握しておくために、普通の人より細かく計画を立てる人も多いです。

したがって、心配性な人は「細かく計画を立てることができる」人が多く、強みであると言えます。

強み③:責任感が強い

心配性な人の強み3つ目は「責任感が強い」ことです。

心配性な人は、自分だけでなく周りの人にも迷惑が掛かってしまうことを心配する人が多いです。

したがって、周りの人に迷惑をかけないために動ける能力があるという点で、責任感が強いと言えるので、強みであると考えられます。

責任感が強い人に向いている仕事に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 芥川

強み④:よく周りを見ている

心配性な人の強み4つ目は「よく周りを見ている」ことです。

心配性な人は、様々なことに不安を感じたり、注意をしたりする性格のため、「周りの人はどうしているのだろう」と気になる人が多いです。

この特徴は、一見「積極性がない」と思われがちですが、注意深く周りを観察することで、他の人は気が付かない点にも気が付けるという強みであると言えます。

新たな発見や発想を必要とされる会社であれば、なおさら強みとしてアピールできそうです。

強み⑤:人から信頼される

心配性な人の強み5つ目は「人から信頼される」ことです。

心配性な人は、アクションを起こす時、慎重になる人が多いです。

誰とでも付き合う人ではなく、しっかりと人を見極めて人間関係を築いている人であれば、周りにいる人からも信頼されやすいです。

また、心配性である人はマメである人も多いので、誠実な姿勢を垣間見られれば、より信頼度は高まりますね。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

心配性な人の弱み・デメリット

就活生くん

心配性でも、多面的にみると多くの強みがあることが分かりました。

しかし、弱みもしっかりと分かっていたいです…

確かに、心配性が時に弱みになりうることは考えられます。

以下で、心配性の人の弱みを3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 芥川

弱み・デメリット
  • 弱み①:決断に時間がかかる
  • 弱み②:慎重すぎてチャンスを逃すことがある
  • 弱み③:想定外のイレギュラーに戸惑う

弱み①:決断に時間がかかる

心配性な人の弱み1つ目は「決断に時間がかかる」ことです。

心配性な人は、慎重になるあまり物事の決断までに人より多くの時間がかかることがあります。

様々なリスクや影響を考え決断に時間をかけてしまうと、仕事がスムーズにいかなかったり、周りの人の仕事効率も落としてしまったりする可能性があります。

自分の中でタイムリミットを決めたうえで、選択肢を考えることが大切です。

弱み②:慎重すぎてチャンスを逃すことがある

心配性な人の弱み2つ目は「慎重すぎてチャンスを逃すことがある」ことです。

弱み①と重複しますが、心配性な人は、慎重になるあまり決断まで時間をかけすぎてしまうことがあります。

リスクや影響を考えることは大切なことですが、その時しかないチャンスのタイミングを逃してしまうことも考えられます。

時には「気持ちのままに」「とりあえずやってみる」というマインドでいることも良いかもしれません。

弱み③:想定外のイレギュラーに戸惑う

心配性な人の弱み3つ目は「想定外のイレギュラーに戸惑う」ことです。

心配性な人は事前に多くの準備をする人が多いですが、その準備から想定外のことが起こってしまうと、必要以上に緊張したり焦ったりする人も多いです。

仕事によっては臨機応変な対応を求められる場面も多いので、多少不安があっても自信をもって自分の意見を持つことが大切です。

しかし、臨機応変な対応は日ごろの経験や準備の積み重ねから出来るようになります。

想定外のイレギュラーに戸惑ってしまうことは、「計画性をもっている」「準備をしっかりする」という心配性ならではの強みを生かして克服することが出来そうですね。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

心配性な人の適職に関するよくある質問

就活生ちゃん

心配性な人について向いている仕事やメリット・デメリットを、詳しく知ることが出来ました!

このほかに知っておくべきことはありますか?

それでは、心配性の人に関するよくある質問を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 芥川

心配性に関する よくある質問
  • 質問①:心配性な人は優秀なの?
  • 質問②:心配性の人は仕事が遅い?
  • 質問③:心配しすぎてしまう時の対処法は?

質問①:心配性な人は優秀なの?

心配性に関するよくある質問の1つ目は「心配性な人は優秀なのか」についてです。

心配性である人は、優秀な人が多いと考えられます。

なぜなら様々なリスクや可能性を考えられる人だからです。

しかし、弱みにも挙がっていた通り、チャンスを逃してしまったりスムーズな仕事が出来なかったりすることは優秀であるとは言えません。

心配性ならではの強みや弱みを理解し、バランスよく自分の性格を生かしていくことが「優秀な人」であるための大切なことでしょう。

質問②:心配性の人は仕事が遅い?

心配性に関するよくある質問2つ目は「心配性の人は仕事が遅いのか」についてです。

確かに、心配性の人は、物事を慎重に考えるあまり決断まで時間がかかってしまうことで、「仕事が遅い」と思われてしまうかもしれません。

しかし、熟考しながら決断していくことは、結果的に効率的な行動に繋がり得るとも考えられます。

周りの人とコミュニケーションをとりながら、自分の強みを生かし、弱みを意識して仕事をすることで、「仕事が遅い」というレッテルは剥がせるのではないでしょうか。

質問③:心配しすぎてしまう時の対処法は?

心配性に関するよくある質問3つ目は「心配しすぎてしまう時の対処法」についてです。

心配しすぎてしまう時の対処法・克服法について、以下にまとめました。

心配性の対処法
  • 人を信頼する

⇒人間関係において心配しすぎている場面で、相手が自分のことをどう思っているか心配になることがあるのではないのでしょうか。しかし、自分がどう思われているかは考えてもわからないことなので、相手を信頼して、「きっとこう思ってくれているだろう」と思うようシフトするのが良いでしょう。

  • ポジティブに考える

⇒「失敗しないか」「ミスをしないか」と不安になっている場面では、あえてうまく言ったシーンをイメージしたり、意識的に前向きなことを口に出したりして、ポジティブに考えると良いでしょう。

  • 心配事を紙に書いてみる

⇒不安に思うことを具体的に紙にかき、「心配すべきことか」「心配してもどうしようもないことか」を判断してみましょう。心配すべきことは、心配することで結果が良くなることなので、しっかり熟考し、そうでないことは考えないようにするなど、気持ちの整理が出来ます。

参考:医療法人 社団平成医会

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:心配性な性格をいかして就活を進めよう

今回は心配性な人の適職について解説しました。

また、心配性な人ならではの強みや弱みも紹介しました。

心配性な性格を活かして、就活でアピールできるよう準備しておきましょう。

以下に、この記事のまとめを掲載しておきます。

この記事のまとめ

◆心配性な人に向いている仕事の特徴

  • 特徴①:慎重さ・正確さが求められる仕事人をサポートする仕事
  • 特徴②:人をサポートする仕事
  • 特徴③:お客さんとの信頼関係が大切な仕事

◆心配性な人に向いている仕事一覧12選

  • 仕事①:プログラマー・エンジニア
  • 仕事②:経理
  • 仕事③:法務
  • 仕事④:一般事務職
  • 仕事⑤:品質管理
  • 仕事⑥:購買担当
  • 仕事⑦:秘書
  • 仕事⑧:心理カウンセラー
  • 仕事⑨:クリエイティブ職
  • 仕事⑩:コンサルタント
  • 仕事⑪:WEBディレクター
  • 仕事⑫:証券アナリスト

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆心配性な人に向いていない仕事5選

  • 仕事①:営業
  • 仕事②:接客
  • 仕事③:ファイナンシャルプランナー(FP)
  • 仕事④:銀行員
  • 仕事⑤:運転手

◆ 心配性な人の強み・メリット5選

  • 強み①:リスクマネジメントが得意
  • 強み②:細かく計画を立てることができる
  • 強み③:責任感が強い
  • 強み④:よく周りを見ている
  • 強み⑤:人から信頼される

◆心配性な人の弱み・デメリット

  • 弱み①:決断に時間がかかる
  • 弱み②:慎重すぎてチャンスを逃すことがある
  • 弱み③:想定外のイレギュラーに戸惑う

◆心配性な人の適職に関するよくある質問

  • 質問①:心配性な人は優秀なの?
  • 質問②:心配性の人は仕事が遅い?
  • 質問③:心配しすぎてしまう時の対処法は?

◆まとめ:心配性な性格をいかして就活を進めよう