【勝ち組!】20代で年収600万円稼げる仕事/職業一覧| 高年収の業界/勝ち組企業ランキングも

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • 20代で年収600万円は勝ち組
  • 20代で年収600万円を超えている人の割合は2.2%
  • 20代で年収600万円を目指せる勝ち組業界/業種ランキング
  • 【新卒必見!】20代で年収600万円を超える勝ち組企業に就職するための対策法
  • 20代で年収600万円を目指すなら勝ち組の大手企業に就職する
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

こんにちは。「就活の教科書」編集部の本間です。

今回は、20代で年収600万円について解説していきます。

皆さんは、20代で年収600万稼いでいる人にどのような印象を抱きますか?

「就活の教科書」編集部 本間

就活生くん

20代で年収600万円はなかなかいないんじゃないかな?

僕も20代で年収600万円稼げる企業に入社したいのですが、どんな企業に入社すればいいんですか?

就活生ちゃん

20代で年収600万円はエリートだなって思います…。

どうすれば私も年収600万円稼げるようになりますか?

確かに、20代で年収600万円はハードルが高いイメージがありますよね。

「就活の教科書」編集部 本間

この記事では20代で年収600万円はどのくらいのレベルなのかについて解説します。

また、20代で年収600万円の仕事、企業、業界を紹介します。

最後に、20代で年収600万円稼げる企業に就職するための対策方法について解説します。

この記事を読めば、20代で年収600万円稼ぐにはどうすべきなのかが分かるようになります。

20代年収600万円は勝ち組なの?」「20代で年収600万円を稼ぐ方法が知りたい!」そんな就活生はぜひ最後まで読んでみて下さい!

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

【勝ち組?】そもそも年収600万円の人はどれくらいいるの?

就活生くん

そもそも20代関係なく、年収600万円稼ぐ人ってどれくらいいるんですか?

労働者全体で見たときに年収600万円を超えている人は20.5%、年収601万円~700万円稼いでいる人の割合は6.5%です。

約16人に1人が年収が600万円台です。

「就活の教科書」編集部 本間

給与所得者一人当たりの平均年収436万円に対して、年収が600万円というのはかなりレベルが高いと言えるでしょう。

年収600万円を稼いでいる人の平均年齢は44.3歳が中心であり、役職に就いていることが多いことから、給与が待遇されていると考えられます。

この事から、20代で年収600万円を目指すのはかなりハードルが高いと考えられます。

 

【実態!】年収600万円の20代はどれくらいいるの?

就活生ちゃん

そもそも年収600万円稼いでいる時点で、すごい事なんですね…。

やっぱり、20代で年収600万円稼ぐ人は勝ち組ですか?

はい。20代で年収600万円ある人は勝ち組と言えます。

「就活の教科書」編集部 本間

 

結論:年収600万円の20代はほんのひと握りしかいないから勝ち組

20代で年収600万円ある人はエリートで、将来有望です。

国税庁が発表した「民間給与実態統計調査」によると、20代前半平均給与は年収248万円、20代後半でも年収328万円です。

これを合わせると20代の平均年収は288万円となります。

このことから、20代で年収600万円に達している人は少ないでしょう。

ちなみに、年収600万円の手取りは約470万円です。

「就活の教科書」編集部 本間

 

実態①:20代で年収600万円の人の割合

求人情報サイトであるdodaの「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報)【最新版】」によると、20代で年収600万円を超えている人の割合は3.5%で、年収600万円~700万円ある人の割合は2.2%です。

以下の表は、年収毎の20代該当者の割合を示した表になります。

年収毎の20代該当者の割合
年収 割合
300万円未満 30.8%
300〜400万円未満 39.2%
400〜500万円未満 19.5%
500〜600万円未満 7.1%
600〜700万円未満 2.2%
700〜800万円未満 0.7%
800〜900万円未満 0.3%
900〜1,000万円未満 0.1%
1,000万円以上 0.2%

また、20代で年収600万円~700万円ある人の割合を男女別で見てみると、男性は9.0%、女性は3.0%と偏りがあることが分かります。

この結果から見ても、やはり年収600万円ある人はかなりの少数派で、特に女性が年収600万円稼ぐことはかなりハードルが高そうです。

 

実態②:20代で年収600万円の暮らし

先ほども述べましたが、年収が600万円と言っても手取りにすると、およそ470万円。

保険料や税金などを合わせた130万円が天引きされており、年収600万円を最初に想定していると案外少なく感じますね。

それを踏まえると、月々の手取り収入は約30-39万円です。

この結果から、どのような暮しを行えるか考えてみました。

一人暮らしで独身の場合:月収39万
  • 家賃ー8万円
  • 食費ー6万円
  • 光熱費ー1万5千円
  • 通信費ー1万5千円
  • 交際費ー3万円
  • 保健/医療ー1万円
  • 衣服/理美容費ー2万円
  • 娯楽費ー2万円
  • 交通費ー5千円
  • 雑費ー2万5千円
  • 貯金ー11万円
実家暮らしで独身の場合:月収30万
  • 家賃ー3万円(食費等)
  • 光熱費ー7千円(実家へ)
  • 食費ー5万円(外食)
  • 通信費ー7千円
  • 衣料費ー1万5千円
  • 医療費ー5千円
  • 交通費ー5千円
  • 交際費ー1万円
  • 趣味等ー1万円
  • ローンや奨学金返済等ー1万5千円
  • 貯金ー14万6千円

このように、状況によって多少の条件は変わりますが、月々十分な貯金をすることが出来ます

 

20代で年収600万円を目指せる勝ち組業界/業種ランキング一覧

就活生くん

20代で年収600万円ある人は、ほんの一握りだという事がわかりました。

しかし、実際に20代で600万円稼いでいる人はどのような業種に就いていることが多いのですか?

20代で年収600万円を超える業種は以下の5つです。

「就活の教科書」編集部 本間

年収600万円を目指せる勝ち組業界/業種ランキング
  • 証券会社
  • 大手医薬品メーカー
  • 大手商社
  • 保険会社
  • 不動産会社

それでは、一つずつ解説していきます!

「就活の教科書」編集部 本間

 

業種①:証券会社(平均年収:760万円)

年収600万円を目指せる勝ち組業界/業種1つ目は証券会社です。

大手企業の場合、年収1000万円を超える事もあり、20代でも高い年収になる可能性が高くなります。

ただ、証券会社では基本的に「資金導入」と「手数料収益」のノルマがあり、毎月達成する必要があります。

そのため、激務であり、プレッシャーもかかるため、精神的にタフな人が向いていると考えられます。

専門的な知識を覚える必要があるため、向上心と地頭の良さが見られます。

「就活の教科書」編集部 本間

 

業種②:大手医薬品メーカー(平均年収:600万円)

年収600万円を目指せる勝ち組業界/業種2つ目は大手医薬品メーカーです。

医薬品メーカーで働くためには専門性の高い知識が必要であるため、限られた人材を必要とします。

そのため、大手医薬品メーカーは人材を確保するためにも高額な年収を設定していると考えられます。

また、有給休暇や特別手当などの福利厚生が手厚いことから、就活生に人気な業界の一つです。

人気である分、倍率も高く、製薬会社のエントリー倍率は50~100倍になることも。

「就活の教科書」編集部 本間

 

業種③:大手商社(平均年収:1330万円)

年収600万円を目指せる勝ち組業界/業種3つ目は大手商社です。

貿易や国内企業から調達した製品を販売する商社は非常に年収が高いです。

商社は基本的に在庫を持たないため、かかるコストが少なく、利益を人件費に回すことが可能になります。

大手総合商社内でも企業によって年収の差はありますが、どの企業も年収1000万を超えています。

年収が高いが故に、就活生からの人気も高い業界の1つです。

「就活の教科書」編集部 本間

 

業種④:保険会社(平均年収:637万円)

年収600万円を目指せる勝ち組業界/業種4つ目は保険会社です。

保険会社が高級な理由の1つとして、とにかく激務であることが挙げられます。

特に営業職はノルマがあり、達成のために精神的にも時間の削られることがあるようです。

また、成績によっては収入が左右されるため、常に不安を感じる状態になります。

同じ会社でも部署によっては、2年目までは固定給で3年目より完全歩合制となる制度で、契約が1件も取れず最低賃金だったことも。

「就活の教科書」編集部 本間

 

業種⑤:不動産会社(平均年収:413万円)

年収600万円を目指せる勝ち組業界/業種5つ目は不動産会社です。

不動産業界は職種によって歩合制固定給が異なり、年収が大きく異なります。

管理業や不動産業務の場合は固定給が多く、不動産売買仲介を主軸として行っている企業の場合は歩合給が多いです。

一概にどちらが、稼げるかは言えませんが、歩合制は成果を挙げれば挙げるほどリターンとして返ってきます。

しかし、その分給料に波があり、不安に感じてしまう人もいるかもしれません。

安定を求めたい人は固定制、チャレンジ精神がある人は歩合制を採用している企業が良いですね。

「就活の教科書」編集部 本間

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

20代で年収600万円を目指せる勝ち組企業ランキング一覧

就活生くん

20代で年収600万円を目指せる勝ち組業界については分かりました!

今度は、20代で年収600万円を目指せる企業について知りたいです。

20代で年収600万円を目指せる企業は以下の通りです。

※()内は平均年収

「就活の教科書」編集部 本間

20代で年収600万円を目指せる勝ち組企業ランキング
  1. サンリオ(平均年収698万)
  2. レンゴー(平均年収697万)
  3. ジャパンディスプレイ(平均年収696万)
  4. 日立ソリューションズ(平均年収696万)
  5. 協和エクシオ(平均年収695万)
  6. ダイキン(平均年収694万)
  7. 昭和電工(平均年収693万)
  8. 日本ゼオン(平均年収693万)
  9. タカラトミー(平均年収693万)
  10. ヒロセ電機(平均年収692万)
  11. SCSK(平均年収691万)
  12. ntn(平均年収690万)
  13. 日本ガイシ(平均年収690万)
  14. 水ing(平均年収689万)
  15. 住友電工(平均年収689万)
  16. セイコーエプソン(平均年収689万)
  17. 三菱化学(平均年収689万)
  18. JR東日本企画(平均年収688万)
  19. DMG森精機(平均年収688万)
  20. 第一実業(平均年収688万)
  21. ダイヘン(平均年収688万)
  22. JR東日本(平均年収687万)
  23. ブラザー工業(平均年収687万)
  24. トッパン・フォームズ(平均年収687万)
  25. 大阪ガス(平均年収686万)
  26. 水戸証券(平均年収686万)
  27. 日本パーカライジング(平均年収686万)
  28. みずほ証券(平均年収685万)
  29. NOK(平均年収684万)
  30. テルモ(平均年収684万)

有名な会社がたくさん見られますね!

「就活の教科書」編集部 本間

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【20代も目指せる!】女性の年収600万円勝ち組職業/仕事ランキング一覧

就活生ちゃん

20代で年収600万円を超える企業については分かりました!

今度は、20代女性が年収600万円を超える職業/仕事について知りたいです。

20代女性で年収600万円を超える職業/仕事は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 本間

20代女性で年収600万円を超える職業/仕事一覧
  • 戦略・経営コンサルタント
  • 業務改革コンサルタント
  • リスクコンサルタント
  • 営業職
  • MR
  • 法務
  • 企画・管理職
  • 会計士
  • プロジェクトマネージャー
  • エンジニア
  • 投資銀行業務

以上の11種類の職業が挙げられます。

コンサル系や専門知識が必要な職業、金融などが年収が高い傾向にあります。

「就活の教科書」編集部 本間

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【新卒必見!】20代で年収600万円を超える勝ち組企業に就職するための対策法

就活生くん

20代で年収600万円稼げる企業や業種は分かりました!

とはいっても、どれも人気な業界ばかりで就職できるか不安です…。

20代で年収600万円稼げる企業に就職するにはどうすればいいですか?

20代年収600万円を超える企業に就職するための対策法は以下の5つです。

「就活の教科書」編集部 本間

20代で年収600万円を超える勝ち組企業に就職する対策法
  • 早くから就活を始める
  • 自己分析をして自分を理解する
  • インターンシップに参加しておく
  • 業界・企業研究を徹底的に行う
  • ES/面接対策を誰よりも行う

では、一つずつ解説していきます!

「就活の教科書」編集部 本間

 

対策法①:早くから就活を始める

20代でも年収600万円を超える勝ち組企業に就職する対策法1つ目は、早くから就活を始めるです。

世間的な就活のイメージとして、大学3年の冬から大学4年の春ぐらいから動き始めるものだというイメージがあるかもしれませんが、それよりも早い大学3年の春ぐらいから動き始める必要があります。

理由としては、早くから始めることで、就活に慣れたり、早期選考に対応したりする事が出来るからです。

面接やテストは場数を踏めば踏むほど、習得する知識や反省を得ることが出来るので、難関企業を受ける前に慣れておくと非常に有利です。

また、大学3年の4月から6月にはインターン前面接、7月から9月にはインターン、そして企業の人に認められれば、内定に繋がる場合もあります。

このように、なるべく早い段階で就活を始めることが20代で年収600万円稼ぐための対策の一つとして挙げられます。

難関企業を目指している人は早い時期から就活を意識する事が重要です!

もし、就活を始めたいけど始め方が分からない就活生は、以下の記事で就活のやり方について解説しているので、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 本間

 

対策法②:自己分析をして自分を理解する

20代でも年収600万円を超える勝ち組企業に就職する対策法2つ目は、自己分析をして自分を理解するです。

自己分析は自分の特徴や性格を明確に言語化しておくことで、企業の社員さんに自分のことを説明することが出来ます。

面接の際に丸暗記をしていて、想定外の質問が来ても、自分の特徴を本質から理解していれば、答える確率が上がります。

さらに、自分に合っている企業を選ぶことが出来るので、年収600万稼げる且つ、自分が働きやすい企業を見つけやすくなるのです。

面接を通過して、20代で年収600万円稼ぐためにも、自己分析を行う事は非常に重要です。

企業の情報ばかりを重視し、自己分析を怠っている人は結構多いです。

自分を理解できないと、自分のことを面接で聞かれたときに対応できなくなるので、しっかり対策しておきましょう!

自己分析のやり方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 本間

 

対策法③:インターンシップに参加しておく

20代でも年収600万円を超える勝ち組企業に就職する対策法3つ目は、インターシップに参加しておくです。

インターンシップに参加することで、仕事現場を経験し、社会人都市て働くイメージが付きやすかったり、価値観や年代が異なる人たちと出会えたりすることがメリットとして挙げられます。

長期インターンに参加した場合は、そこで培った経験が就活の場で有利に働くこともあります。

もし、20代で年収600万円を目指すのであれば、インターンシップに参加することも視野に入れるべきです。

企業によっては、インターンに参加した学生に限り早期選考を行う場合があるので、要確認です!

「就活の教科書」編集部 本間

 

対策法④:業界・企業研究を徹底的に行う

20代でも年収600万円を超える勝ち組企業に就職する対策法4つ目は、業界・企業研究を徹底的に行うです。

業界・企業分析を行う事で、志望する業界・企業の知識を得たり、その過程で志望する業界を絞ったりすることが出来ます。

基礎中の基礎ですが、業界・企業のことを熟知していると比較的に詰まらず話せることが出来ます。

そのため、業界・企業研究を徹底的に行う事は20代で年収600万円稼ごうとしている人にとっては欠かせない要素の一つです。

業界・企業分析の方法として、業界団体・企業のホームページで確認するのに加え、新聞・ニュースなども活用すると、タイムリーな情報も得ることができます。

また、企業研究や業界研究のやり方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 本間

 

対策法⑤:ES・面接対策を誰よりも行う

20代でも年収600万円を超える勝ち組企業に就職する対策法5つ目は、ES・面接対策を誰よりも行うです。

ES・面接は難関企業に限らず、どの企業も必須です。

そのため、一般的に言われている面接やES対策を行うのに加えて、その業界に合わせた質問の答えを用意しておく必要があります。

業界よって、就活生の着目している点は異なるので、より面接・ESの通過率は上がります。

ESを添削してもらうことも重要です!

可能であれば、自分が志望している業界関係者に添削してもらうとより良いでしょう。

面接対策については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 本間

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

年収600万円の20代に関するよくある質問

就活生ちゃん

20代で年収600万円を超える企業に就職するための対策はわかりました!

あとは、他の就活生がどんな疑問を抱いているのか知りたいです。

年収600万円の20代に関するよくある質問は以下の2つです。

「就活の教科書」編集部 本間

年収600万円の20代に関するよくある質問
  • そもそも年収600万円の難易度はどれくらい?
  • 20代で年収600万円あれば女性が求める結婚条件はクリアできる?

では、一つずつ解説していきます!

「就活の教科書」編集部 本間

 

質問①:そもそも年収600万円の難易度はどれくらい?

年収600万円の20代に関するよくある質問1つ目は、「そもそも年収600万円の難易度はどれくらい?」です。

結論から言うと、男女によって難易度が異なります

One Careerによると、年収600万を超えている人の割合は男性は30%、女性は7.1%という結果でした。

男性は自分の努力次第で、達成できる範囲であり、女性は不可能ではありませんが、かなり難易度が高いと言えるでしょう。

20代で年収600万円を稼ぐために、早いうちから対策を打ちましょう!

「就活の教科書」編集部 本間

 

質問②:20代で年収600万円あれば女性が求める結婚条件はクリアできる?

年収600万円の20代に関するよくある質問2つ目は、「20代で年収600万円あれば女性が求める結婚条件はクリアできる?」です。

年収が600万円以上あれば、8割の確率でクリアできます。

働く女のワーク&ライフマガジン「Woman type」によると、「結婚相手に求める最低年収は?」という質問に対し、回答者575名のうち600万円~700万円未満を選んだ割合が15.1%という結果になりました。

年収600万円以下を選択した人は8割に達するので、年収600万円を超えていれば、大体の女性の結婚条件をクリアできていると思われます。

自分よりも高い年収の人と結婚したいと思う傾向にあります。

「就活の教科書」編集部 本間

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:20代で年収600万円を目指すなら勝ち組の大手企業に就職しよう

本記事、「【勝ち組!】20代で年収600万円稼げる仕事/職業一覧| 高年収の業界/勝ち組企業ランキングも」はいかがだったでしょうか?

この記事では、20代で年収600万円を稼いでいる人の実態実際に年収600万円稼ぐことが出来る企業や職種について解説しました。

あわせて、20代で年収600万円超える勝ち組企業に就職するための対策方法などについても解説しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

本記事のまとめ

◆【勝ち組?】そもそも年収600万円の人はどれくらいいるの?

 

◆【実態!】年収600万円の20代はどれくらいいるの?

  • 結論:年収600万円の20代はほんのひと握りしかいないから勝ち組
  • 実態①:20代で年収600万円の人の割合
  • 実態②:20代で年収600万円の暮らし

◆20代で年収600万円を目指せる勝ち組業界/業種ランキング一覧

  • 業種①:証券会社(平均年収:760万円)
  • 業種②:大手医薬品メーカー(平均年収:600万円)
  • 業種③:大手商社(平均年収:1330万円)
  • 業種④:保険会社(平均年収:637万円)
  • 業種⑤:不動産会社(平均年収:413万円)

◆20代で年収600万円を目指せる勝ち組企業ランキング一覧

◆【20代も目指せる!】女性の年収600万円勝ち組職業/仕事ランキング一覧

◆【新卒必見!】20代で年収600万円を超える勝ち組企業に就職するための対策法

  • 対策法①:早くから就活を始める
  • 対策法②:自己分析をして自分を理解する
  • 対策法③:インターンシップに参加しておく
  • 対策法④:業界・企業研究を徹底的に行う
  • 対策法⑤:ES・面接対策を誰よりも行う

◆年収600万円の20代に関するよくある質問

  • 質問①:そもそも年収600万円の難易度はどれくらい?
  • 質問②:20代で年収600万円あれば女性が求める結婚条件はクリアできる?