>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【例文あり】「学生と社会人の違い」面接での答え方,箇条書き一覧 | 質問意図やNG回答も

【例文あり】「学生と社会人の違い」面接での答え方,違い一覧 | 質問意図やNG回答も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 「学生と社会人の違い」の回答例文
  • 一般的に言われる「学生と社会人の違い」一覧
  • 「学生と社会人の違い」を面接で答える時は論点をそろえる
  • 「学生と社会人の違い」を面接で答える時の注意点
  • 「学生と社会人の違い」の面接官の質問意図

皆さんこんにちは。

就活の教科書 編集部の木村ヒロシです。

今回は、就活の面接における「学生と社会人の違い」を聞かれた時の答え方を解説します。

就活生の皆さんは、面接で「学生と社会人の違い」を聞かれて困った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生くん

そういえばこの前の面接で、「学生と社会人の違いはなんですか?」って聞かれて答えられなかったなぁ…

そもそもなんで「学生と社会人の違い」なんて質問されたのだろう…

就活生ちゃん

「学生と社会人と違い」なんてしっかり考えたことがなかったから、面接で聞かれた際に何を言えば良いのか分からない。

例文があれば知りたいな…

確かにそうですよね。

面接で緊張しているのに、いきなり「学生と社会人の違い」を聞かれても返事に困るし、なんで面接官がそんなことを質問してきたのか気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では、面接で「学生と社会人の違い」を聞かれた時の答え方を例文付きで解説していきます。

合わせて、「学生と社会人の違い」の箇条書き一覧「学生と社会人の違い」の質問意図やコツについても紹介していきます。

この記事を読めば、面接での「学生と社会人の違い」の答え方が分かり、面接に臨むときの不安が一つ減りますよ!

面接に不安がある就活生はぜひ一度この記事を読んでみて下さい!

また「学生と社会人の違い」の記事は、Youtube動画でも解説しています。お好きな媒体で学んでくださいね。

⇒ 【就活】「学生と社会人の違いは?」面接で聞かれたときの答え方3選‼︎

 

【簡単丸わかり】学生と社会人の違いとは?

就活生ちゃん

面接で学生と社会人の違いを聞かれたんですが、上手く答えることが出来ませんでした・・・

結局、学生と社会人の違いってなんだったんでしょうか?

企業は学生の仕事に対する価値観や、意欲を測るために「学生と社会人の違い」を聞いてきます。

ですが、いきなり違いを聞かれてもなかなか答えられませんよね。

そこでまず、学生と社会人は何が違うのか一覧表で解説しますね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

項目 学生 社会人
金銭面 お金を払う(授業料) お金を貰う(給料)
責任の大きさ 自分の責任
親の責任
会社としての責任
他人の責任も負う
時間の使い方 自由時間が多い
ルーズでも大丈夫
遅れても大丈夫
自由時間が少ない
納期遅れはNG
10分前行動
評価基準 明確な基準がある 会社によって基準が違う
人間関係 年齢・価値観が近い
友達を選べる
「ヨコ」社会
年齢・価値観がバラバラ
同僚・上司は選べない
「タテ」社会
決断力の重要性 親・教師の言うことを聞けばいい 自分で決断
言葉遣い 基本的に自由
間違えてもOK
正しい敬語

各項目を押すと詳しい解説に飛ぶので、先に解説を読みたい人は項目を押してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

学生と社会人の違いといえばお金ぐらいだと思ってたんですが、ほかにもいろいろと違いがあるんですね・・・

学生と社会人がどのように違うのかはわかったのですが、面接で聞かれた場合にはどのように答えればいいのでしょうか?

それでは、「学生と社会人の違い」を面接で聞かれた時の答え方を解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

「学生と社会人の違い」を聞く面接官の3つの意図

面接官に質問された時に、うまく回答するためには、面接官の質問意図を理解しておく必要があります。

面接官が「学生と社会人の違い」を聞く質問意図は、主に3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

学生と社会人の違いを聞く質問意図
  • 質問意図①:社会人としての意識や自覚を確認するため
  • 質問意図②:仕事に対する価値観を見るため
  • 質問意図③:仕事への意欲を測るため

それでは、「学生と社会人の違い」の質問意図について一つずつ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

質問意図①:社会人としての意識や自覚を確認するため

面接での「学生と社会人の違い」を聞く理由の1つ目は、「社会人としての意識や自覚を確認するため」です。

「学生と社会人の違い」を聞くことで、就活生が学生と社会人の違いを認識し、社会人として働けるかを知れます。

そのため、面接官としても、最低限の「社会人としての意識や自覚が備わっているか」を確認する必要があるようです。

面接官は「学生と社会人の違い」を質問することで「社会人として働く自覚」を判断しているようです。

就活中から社会人としての自覚を持って行動していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

質問意図②:仕事に対する価値観を見るため

面接での「学生と社会人の違い」を聞く理由の2つ目は、「仕事に対する価値観を見るため」です。

面接官は「学生と社会人の違い」を質問することで、社会人をどのように捉えているかを知り、仕事に対する価値観を判断しています。

就活生と企業がミスマッチを起こさないように、仕事に対する価値観も見られています。

時間や場所に囚われずに仕事をしたいと思う就活生が、毎日オフィスで定刻の朝礼から仕事を始める企業で仕事をするは難しいですよね。

そのため、自分なりに仕事の価値観を明確に持っておく必要があります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

質問意図③:仕事への意欲を測るため

面接での「学生と社会人の違い」を聞く理由の3つ目は、「仕事への意欲を測るため」です。

社会人としての自覚がなく、仕事の価値観も不透明であれば、意欲も感じられません。

企業は「学生と社会人の違い」を確認し、社会人としての自覚意欲を持っている人と一緒に仕事がしたいと考えています。

学生は、将来性があるため、仕事に対して意欲があるかがとても重要です。

面接官は、「学生と社会人の違い」を聞くことで、学生の将来的な可能性を判断しているようです。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

【例文あり】「学生と社会人の違い」を聞かれた時の答え方

就活生ちゃん

この前の面接で、「学生と社会人の違い」について聞かれたんだけど、いまいち説得力のある回答ができなかった…。

多くの人は、「学生と社会人の違い」を聞かれたときに、すぐに答えられなくて困った経験があるんじゃないでしょうか。

そこで、面接で「学生と社会人の違い」を質問された時に、実際にどんな風に答えたら良いのかを例文を使って説明していきますね。

ここでは、「学生と社会人の違い」についての2つの回答例を紹介します。

それでは、一つずつ見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

回答例①:「責任の大きさ」

それでは、「学生と社会人の違い」の例文を紹介していきます。
1つ目の例文は「責任の大きさの違い」です。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

例文:責任の大きさ

学生と社会人の違いは仕事においての責任の大きさの違いだと考えます。

学生のアルバイトの場合は、最終的な責任は自分以外のところにありますが、社会人の場合は、自分一人で責任を取ることも多いです。

社会人で正社員として働いている場合は、自分のミスはもちろん、他人のミスまでも自分の責任になることがあります。

学生と社会人の違いでは責任の範囲が違い、社会人は仕事に対してより大きな責任が伴うと考えます。

私は仕事の大小関係なく、しっかりと責任を持ち、ミスを減らし仕事を進めることで、御社に貢献したいと考えています。

この文章では、「学生と社会人の違い」を「責任の大きさの違い」の考え方を踏まえ、どのように企業に貢献していくかが伝わりますね!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

回答例②:「時間の使い方」

2つ目の例文は、「時間の使い方の違い」です

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

例文:時間の使い方

学生と社会人の違いは時間の使い方の違いだと考えます。

学生の場合は、比較的自由な時間が多く、自由に行動できる時間も多いですが、社会人の場合は、一日の多くの時間を仕事に費やします。

社会人は就業時間が決められており、その時間内で結果を出すことが求められます。

また、残された時間で、自分の時間を確保する必要があります。

学生と社会人では時間の使い方が違い、社会人は限られた時間を管理し、有効活用する必要がある考えます。

私は、時間の管理をはっきりと行い、自分の時間と仕事の時間を区別することで、仕事を効率的に進め、御社に貢献したいと考えています。

この文章では、「学生と社会人の違い」として、社会人は時間の管理が大切であると述べた上で、仕事を効率的に進めるという意志を伝えています。

皆さんもぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

ちなみに面接で人事の印象をあげたいなら、面接練習の他に「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」で、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、面接を突破しましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「面接戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても面接で落ちてしまう学生が毎年多くいます。

原因の1つとしては、自分の面接戦闘力が分からないまま、レベルの高い企業を受けていることにあります。

自分の面接戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEのアンケート回答後にできる「面接力診断」が便利です!

「面接力診断」では、あなたの今、取り組むべき面接対策が分かり、内定に近づけるのでぜひ気軽にこちらから診断してみてください。

>> 面接力診断をしてみる

 

一般的に言われる6つの「学生と社会人の違い」

就活生くん

例文では、「学生と社会人の違い」について話したうえで、どう企業に貢献するかまで回答しているんだね!

就活生ちゃん

でも、2つだけだと他の就活生と同じ回答をしてしまいそう。

例文の他にも、「学生と社会人の違い」があるなら、知っておきたいなあ…

確かに、みんな同じ回答をしていては自分の個性や価値観を伝えることは難しいですよね。

他にも「学生と社会人の違い」で考えられるものはあります。

知識を付けて置き、自分が一番回答しやすいものを考えておきましょう!

「学生と社会人の違い」の質問をされた時に、一般的に言われる違いは5つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

一般的に言われる「学生と社会人の違い」
  • 違い①:責任の大きさ
  • 違い②:時間の使い方
  • 違い③:評価基準
  • 違い④:人間関係
  • 違い⑤:決断力の重要性
  • 違い⑥:言葉遣い

それでは、「学生と社会人の違い」として一般的に挙げられるもの1つずつ確認していきましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

違い①:責任の大きさ

学生と社会人の違い1つ目は、責任の大きさの違いがあります。

仕事において、ミスや失敗をした時に、社会人は責任を全て負うことになります。

社会人で正社員だと、アルバイトがミスをした場合ですら、責任を負う必要があるのです。

また、場合によっては、処分が下されることがあるため、常に責任を持って仕事に取り組む必要があります。

やはり「学生と社会人の違い」で仕事に対する責任の大きさは大きく違いますね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

違い②:時間の使い方

学生と社会人の違い2つ目は、時間の使い方の違いがあります。

社会人は、決められた時間内に効率的に仕事を進め、結果を出す必要があります。

学生は多くの時間を自由に使うことができましたが、社会人は一日のほとんどを仕事に費やし、同時に、プライベート時間を確保する必要もあります。

よって、社会人は仕事とプライベートの時間の管理が大切になります。

学生と社会人の違いでは、自由な時間が大きく違うため、必然的に時間の使い方が違うのです。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

違い③:評価基準

学生と社会人の違い3つ目は、評価基準の違いがあります。

学生は、課題を与えられ、それが点数で評価されるという明確な評価基準がありました。

しかし、社会人になると、必ずしも正解があり、平等で明確な評価基準が存在するとは限りません。

学生の成績は平等で明確な評価基準により点数でつけられていましたが、社会人は売上数、商談数、契約数…と企業や環境によっても評価基準が様々です。

正解がなく、明確な評価基準がない中で常に結果を出し、評価をされることになるのです。

学生と社会人の違いにおいて、評価基準は大きく異なるので、その点を理解した上で、就活を進めていきたいですね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

違い④:人間関係

学生と社会人の違い4つ目は、人間関係の違いがあります。

学生時代では、年齢や価値観が近いコミュニティで過ごす機会が多いですが、社会人になると、年齢や価値観が様々です。

場合によっては、使用言語や国籍まで違います。

学生時代は、自分で部活動やサークルを選び、周りの環境も自分次第な部分が多いです。

しかし、社会人になると、企業に配属などの所属するコミュニティを自動的に決定されるため、自分で周りの人間関係を取捨選択することが難しいです。

そんな混沌とした環境の中で、うまく人間関係を築き、仲間と結果を出すことが求められるのです。

「学生と社会人の違い」として、所属するコミュニティを自由に決められていた学生時代と、会社によって自動的にコミュニティが決められる社会人では周りの人間関係が大きく違いますね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

違い⑤:決断力の重要性

学生と社会人の違い5つ目は、決断力の重要性の違いがあります。

学生時代は、学校、教師、親などに決断を委ねる機会が多いですが、社会人は全て自分1人で決断する必要があります。

社会人になると、仕事だけでなく、結婚、出産などのプライベートでも決断する機会が多くなります。

そのため、決断力が重要になってきます。

学生までは、周囲の大人に決断を委ねていましたが、社会人になると、決断をする側の立場に変わるので、当然「学生と社会人の違い」として決断力の重要性が上げられます。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

違い⑥:言葉遣い

学生と社会人の違い6つ目は、言葉遣いの違いがあります。

学生時代でも部活動などで敬語を話す機会があったと思いますが、社会人では敬語にも正誤があります。

社会人で間違った敬語を話していては非常に恥ずかしい思いをする可能性があります。

そのため、言葉遣いや敬語の知識をつけて話すようにしましょう。

社会では言葉遣い一つであなたのイメージや会社のイメージに影響を与えてしまう可能性がありますので、言葉遣いは仕事ができる、できない以前の問題であると捉えることができます。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

「学生と社会人の違い」を面接で答えるコツ3つ

ここまでは、「学生と社会人の違い」の質問意図や違いの内容について考えてきました。

次に、実際に面接で答える時に、上手く「学生と社会人の違い」について回答するコツをお話したいと思います!

「学生と社会人の違い」を面接で答えるコツは3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

「学生と社会人の違い」を面接で答えるコツ
  • コツ①:明確に違いを提示する
  • コツ②:論点を揃える
  • コツ③:仕事との向き合い方を伝える

それでは、学生と社会人の違いについて回答する時に、上手く答えるコツを1つずつおさらいしていきましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

コツ①:「学生と社会人の違い」を明確に提示する

的確に回答するために、「学生と社会人の違い」について明確に違いを提示する必要があります。

明確な違いを持っていないと、面接官へ不安を与えてしまいます。

逆に、明確な違いを提示することが出来れば、仕事への価値観や意欲を伝えることが出来ます。

明確な違いを伝えるために、「学生は~ですが、社会人は~です。したがって、学生と社会人の違いは~です。」のように、理由と結論がはっきりとわかるように伝える必要があります。

学生と社会人の特徴をしっかりと述べた上で、論理的に明確な違いを提示しましょう。

まずは、質問されていることに理路整然と答える必要がありますね!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

コツ②:学生の論点と社会人の論点を揃える

「学生と社会人の違い」を回答する時に、論点を揃えることも、的確な回答には必要不可欠です。

学生と社会人の違いを比較する上で、論点がずれていると、違いが伝わりづらくなってしまいます。

面接官は、社会人を「仕事」という枠に当てはめて、考えているため、学生も「仕事」という比較対象を揃える必要があります。

例えば、「学生の仕事は学業ですが、社会人の仕事は企業の利益を上げつつ、社会に貢献することです。」のように、仕事に焦点を合わせるとより伝わりやすいです。

学生と社会人の違いに対して論点を揃えることで、より面接官に伝わりやすい工夫をしましょう。

比較しながら話を進めるには、比較対象を揃え、論点がずれることなく話を進めていく必要がありますよね!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

コツ③:仕事との向き合い方を伝える

単に「学生と社会人の違い」を述べるだけでなく、仕事との向き合い方を伝えましょう。

面接官が、「学生と社会人の違い」の質問意図として、仕事の価値観や意欲を判断しているため、自分の仕事との向き合い方を伝える必要があります。

社会人の自覚を持っていること示したうえで、仕事をどのように捉えているか、仕事への意欲や、どのように企業に貢献できるかということを伝られるといいですよね。

「学生と社会人の違い」を聞かれると、違いに加えて、仕事との向き合い方を伝えましょう。

しっかりと質問意図を考えて、学生と社会人の違いを答えるだけでなく、仕事との向き合い方まで伝えらえると、面接官の納得感も増すと考えられます!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

また、以下の記事で「学生と社会人の違い」と似ている、仕事に対する取り組み方を聞き出すような面接での質問を紹介します。

面接では聞かれやすい質問ばかりなので、一通り答え方を抑えておきたいという人は、ぜひ読んでみてください。

 

「学生と社会人の違い」NG回答の特徴2つ

就活生ちゃん

これで、「学生と社会人の違い」の質問意図も違いの内容も上手く回答するコツも学べたわね!

就活生くん

これで完璧なのかなあ…

緊張で間違った回答をしてしまうかもしれない…

安心するのは、まだ早いです。

「学生と社会人の違い」を面接で回答する時に気を付けなければならないNGな回答もありますよ!

ここまで考えることができたら、もう怖いものなしですね!

「学生と社会人の違い」についてのNGな回答は2つです。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

「学生と社会人の違い」NG回答の特徴
  • NG回答①:一般論だけを述べる
  • NG回答②:仕事への意欲が伝わらない

それでは最後に、NGな回答について1つずつ見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG回答①:一般論だけを述べる

学生と社会人の違いについて回答する時に、一般論だけ述べるのは、あまりよくありません。

なぜなら、学生と社会人の違いを聞かれている時は、単に社会人としての自覚が備わっているかどうかを確認するだけではなく、その人の仕事に対する価値観や企業とのマッチング度も測ろうとしています。

もし仮に、一般的に考えられることだけを答えた場合、面接官に自分の個性を伝えることが出来ないかもしれないです。

そのため、しっかりと学生と社会人の違いについて一般論を踏まえた上で、自分の個性でどのように企業に貢献していくのかまでを回答できるようにしましょう。

それでは具体的にどのような答え方をするのかNGなのか、例文を見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

NG例①:一般論だけを述べている

学生と社会人の違いは、責任の大きさだと考えています。

学生は社会的に保護された立場であり、最終的な責任は自分の親が背負う場合が多く、仕事においても実際に責任を負うのは社員です。

一方で、社会人はどのような問題・ミスを起こしても自分の責任であり、仕事においては他人のミスも自分の責任になります。

以上の点から、学生と社会人の違いは責任の大きさだと考えています。

言っていることは正しいのですが、「社会人になったらどうするのか」という具体的な話をしていません。

面接では「一般例」を聞いているわけではないので、注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG回答②:仕事への意欲が伝わらない

「学生と社会人の違い」を回答する時に、仕事への意欲が伝わらない回答もNGであると考えられます。

学生と社会人の違いを聞くときに、同時に、仕事に関してどのように考えているのかを知りたい面接官にとって、仕事への意欲が伝わらない回答をしてしまうと印象が悪くなってしまいます。

例えば、「社会人として責任を持って、仕事もミスが少なくなるよう努めます。」と回答する人と、「アルバイトの時のように、先輩についていけるよう、自分なりに頑張ります。」と回答する人では、イメージが全然違いますよね。

だから、仕事への意欲が伝わらない回答は避けるようにしましょう。

それでは具体的にどのような答え方をするのかNGなのか、例文を見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

NG例②:仕事への意欲が伝わらない

学生と社会人の違いは、人間関係だと考えています。

学生は主に同年代の人と交流しており、また交流する人を自分で選べる立場にあります。

一方で、社会人は様々な年代・価値観の人と交流するだけでなく、だれと交流するかを選べません。

私は、社会人になり仕事をする上では自分と合わない人であっても、感情を表に出すことなく円滑に仕事を進めたいと考えています。

学生と社会人の違いを人間関係としているのは間違いではないのですが、最後の「社会人になったらどうするか」の部分がNGです。

社会人になれば「合わない人」とも円滑に仕事をするのは当たり前の事であり、むしろそれができないようでは「社会人」として働けません。

「当たり前のことを頑張ります」と言われても、仕事への意欲は感じられませんよね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生くん

確かに、やって当たり前のことを頑張ると言われてもやる気は感じられないですよね・・・

企業の人から見て、新社会人に一番求めている点は、仕事に対する意欲です。

「学生と社会人の違い」を回答する時に、自分は、可能性を秘めており、これからも成長するというイメージを伝えられるようにしましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接を突破するためには、自分の強みを知っておくことが必須です。

自己分析診断の「キミスカ適性検査」を利用すると、職務適性やビジネス戦闘力といった9つの観点から自分の強みがわかります。

5分で診断できるので、自分の強みを知りたい人は試してみてくださいね。

人事さん

>> キミスカ適性検査で診断してみる

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

 

まとめ:「学生と社会人の違い」の質問意図を理解して、社会人の自覚と同時に、仕事への価値観を伝えよう!

この記事の、「【何が聞きたいの?】学生と社会人の違いを聞く3つの理由 | 回答のコツ,NGな回答,例文も」はいかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部の木村ヒロシが、「学生と社会人の違い」について解説しました。

合わせて、面接で上手く回答するコツやNGな回答についても説明しました。

それでは、最後にもう一度、この記事のまとめをおさらいしましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

この記事のまとめ

「学生と社会人の違い」の回答例2選

  • 回答例①:「責任の大きさ」
  • 回答例②:「時間の使い方」

一般的に言われる「学生と社会人の違い」5つ

  • 違い①:責任の大きさ
  • 違い②:時間の使い方
  • 違い③:評価基準
  • 違い④:人間関係
  • 違い⑤:決断力の重要性

「学生と社会人の違い」を面接で答えるコツ3つ

  • コツ①:「学生と社会人の違い」を明確に提示する
  • コツ②:学生の論点と社会人の論点を揃える
  • コツ③:仕事との向き合い方を伝える

「学生と社会人の違い」NG回答の特徴2つ

  • NG回答①:一般論だけを述べる
  • NG回答②:仕事への意欲が伝わらない

「学生と社会人の違い」の面接官の質問意図

  • 質問意図①:社会人としての意識や自覚を確認するため
  • 質問意図②:仕事に対する価値観を見るため
  • 質問意図③:仕事への意欲を測るため

あまり考えていなかった、質問がされた時は、驚きますよね。

就活で大切な面接を乗り切るためにも、「学生と社会人の違い」の質問意図を知りましょう。

そして、しっかりと明確に違いを答え、仕事に対する価値観や、自分の個性まで伝えられる工夫をしていきましょう。

「学生と社会人の違い」について悩みのある就活生の方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ