>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】「モチベーションの源泉」面接での答え方,例文 | 質問意図は?

この記事でわかること
  • 「モチベーションの源泉」から企業とのマッチ度や入社後の未来を判断される
  • 「モチベーションの源泉」は一貫性を持ち、感情的かつ論理的に伝える
  • 「モチベーションの源泉」は自己分析ツールを使って見つける
  • 「モチベーションの源泉」を伝える時にやってはいけないこと

 

みなさん、こんにちは。

「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

今回は、就活の面接質問で「モチベーションの源泉」について上手く伝える方法で悩んでいる人に、コツや注意点を解説していきます。

みなさんは面接の質問で「モチベーションの根源」について聞かれ、困った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生くん

この前、一次面接の質問であなたの「モチベーションの根源」は何ですか?という質問を受けました。

面接官が「モチベーションの根源」を知ることでなにが知りたいのかが分からなかったです。

就活生ちゃん

私は自己分析をしている段階なので、面接質問としてよくある「モチベーションの根源」について知識を付けておきたいです。

そして、就活の面接質問に対する不安を少しでも減らしたいです。

そうですよね。

就活の面接質問でよく聞かれる「モチベーションの源泉」はとても奥が深いんです。

でも、この記事を読めば面接質問の「モチベーションの源泉」について詳しく分かりますよ。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

この記事では、面接質問での「モチベーションの源泉」を上手く伝える例文やコツを紹介しています。

合わせて、面接質問での「モチベーションの源泉」の質問意図や「モチベーションの源泉」の見つけ方なども紹介しています。

この記事を読めば、面接質問で「モチベーションの源泉」を聞かれた時に、自信を持って答えられるようになりますよ。

安心して就活の面接を乗り切るためにも、是非最後まで読んでみてくださいね。

 

画像タップでページ内に飛びます

モチベーションの源泉 例文>> 上手く伝える例文

モチベーションの源泉 コツ>> 上手く伝えるコツ

 

面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図

就活生くん

就活の面接では、質問意図を理解した上で質問に答えることが重要だと聞きました。

なので、面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図についても理解しておきたいです。

そうですね。質問意図を理解した上で答えることは重要です。

それでは、就活生が面接官に求められた返答ができるよう、面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図について解説していきたいと思います。

面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図
  • 質問意図①:会社で長く働いてくれそうかを判断する
  • 質問意図②:企業についての理解度を確認する
  • 質問意図③:大切にしている価値観や考え方を知る

本番の面接で困らないために、1つずつ確認して理解していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

質問意図①:会社で長く働いてくれそうかを判断する

面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図1つ目は、会社で長く働いてくれそうかを判断するです。

会社でモチベーションを上げるきっかけを与えることが出来るかどうかで、入社後に長く会社にコミットしてくれるかが分かるからです。

私たちが求めている人材は、会社に長く熱心にコミットしてくれる人材です。

そのために面接質問で「モチベーションの源泉」を質問し、モチベーションが上がるきっかけを会社で作り出すことが出来るかを判断しています。

人事さん

面接質問で「モチベーションの源泉」の答えと企業の方針が一致していたら、長期的にモチベーション高くコミットしてくれると期待できます。

そのため、面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図1つ目は、会社で長く働いてくれそうかを判断するです。

「モチベーションの源泉」が企業の提供できる範囲外なら、ミスマッチが起こる可能性がありますよね。

だから、就活生も面接官も「モチベーションの源泉」を深く考える必要があるのです。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

質問意図②:企業についての理解度を確認する

面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図2つ目は、企業についての理解度を確認するです。

就活生の「モチベーションの源泉」が企業の方針と一致しているかどうかで、企業への志望度が分かるからです。

例えば、就活生のモチベーションの源泉が一人で黙々と試行錯誤し困難を達成することであり、会社がチームで課題解決することを重要視していたら完全にミスマッチです。

これは就活生の企業についての理解度が低いということになってしまいます。

よって、面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図2つ目は、企業についての理解度を確認するです。

就活生が「モチベーションの源泉」を持っているのと同様に、会社も大切にしている理念や方針があります。

就活生は、企業研究段階で自身の「モチベーションの源泉」と企業理念や方針がマッチしているかを確認する必要がありますね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

質問意図③:大切にしている価値観や考え方を知る

面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図3つ目は、大切にしている価値観や考え方を知るです。

「モチベーションの源泉」を生み出したエピソードから就活生の大切にしている価値観や考え方を知り、企業とマッチしているかの確認ができるからです。

具体的には、スポーツの経験から一緒に頑張れる仲間がいることをモチベーションの源泉としている就活生は、チームで目標に向かって仕事をする環境があっていると判断することが出来ます。

ここで企業とのマッチ度を測っているのです。

したがって、面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図3つ目は、大切にしている価値観や考え方を知るです。

「モチベーションの源泉」を聞くことで就活生がどのような人なのかもしっかりと見ているのです。

きちんと「モチベーションの源泉」を生み出したエピソードを深堀りしておく必要がありますね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

つまり、面接質問で「モチベーションの源泉」を聞くことで面接官は、企業と方針や価値観がマッチし、長く働くことのできる人材かどうかを確認しているということですね。

「モチベーションの源泉」って奥が深いんですね・・・

その通りです。

そのため、面接質問の「モチベーションの源泉」はきちんと準備しておく必要があるのですよ。

では、実際にどのように面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えられるかを理解するために、面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝える例文を参考にしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝える例文

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝える例文

今回は、「自分にしか生み出せない付加価値を生み出す」ことがモチベーションの源泉である人の例文を見ていきたいと思います。

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるためにも、是非こちらの例文を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

私のモチベーションの源泉は、自分にしか生み出せない付加価値を生み出すということです。

私は、小学生のころからサッカーをしており、チームとして活動することが多かったです。

その中で常に自分にしかできないことをして、チームに貢献するということを心がけていました。

例えば、チームが負けている時に雰囲気にのまれることなく、笑顔で大声を出してチームを鼓舞します。

すると状況が一変して、勝利をすることや他の選手のモチベーションがさらに上がることがありました。

結果的に、目標達成や評価、尊敬されることに、とても幸せを感じました。

その経験から、どんな場面でも常に自分にしかできないことをすることで貢献しようと決めました。

御社は、新しいモノやサービスを多く作り上げているため、自分にしかできないことを自分で作り上げることが出来る環境が整っており、私のモチベーションの源泉と適合していると考えています。

このように面接質問で「モチベーションの源泉」を聞かれた時は、論理的かつ感情的なエピソードを織り交ぜながら伝えます。

そしてその「モチベーションの源泉」がどう企業と繋がっているかまで伝えることを意識してくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

一貫性を持っている内容を伝えるということですね!

全体的なイメージを掴むことはできましたが、私がいざ伝えるとなると具体的に何に気を付ければよいかがわかりません。

この例文の中で、具体的に注意している点を教えていきたいです。

その通りです。

例文だけでは、どこに注意して伝えていけば良いか完全には分からないですよね。

次に、面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるコツを詳しく解説していきます。

コツをしっかり確認して、体系的に上手く伝える方法を習得していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるコツ

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるコツ

面接質問で「モチベーションの源泉」を聞かれた時に、上手く伝えられるために、面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるコツについて説明していきます。

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるコツは3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるコツ
  • コツ①:入社後に繋がることを論理的に伝える
  • コツ②:モチベーションの源泉が生まれたエピソードを具体的に伝える
  • コツ③:ロールモデルを設定し、具体例を使いながら伝える

それでは1つずつ確認し、「モチベーションの源泉」を面接での武器にしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

コツ①:入社後に繋がることを論理的に伝える

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるコツ1つ目は、入社後に繋がることを論理的に伝えるということです。

就活生は受ける企業でモチベーション高く働き続けることが出来るということを伝えるべきだからです。

組織で働いている会社に入社をしたい就活生がいたと思います。

就活生くん

私のモチベーションの源泉は、目標に向かってチームで達成するということです。

これまでサッカーの経験の中で、常にチームで団結し、勝つという目標を大切にしていたからです。

個人的な成果を出すことよりも、仲間と困難を乗り越えて目標達成するということを重要視してきました。

それらの経験を通して、目標に向かってチームで達成することという私のモチベーションの源泉が誕生しました。

御社は、組織で働き、チームで成果を出すということを大切にしている会社なので、常にモチベーションを高く保ち、結果にコミットすることができると考えています。

このように受ける企業の業務と「モチベーションの源泉」がマッチしているということを過去のエピソードから論理的に伝えると、より面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えることが出来るのです。

入社後に繋がることを論理的に伝えると企業側も長期的にコミットしてくれる可能性が高い人だと感じやすくなるのですね。

しっかりと「モチベーションの源泉」と企業の方針や考え方がマッチしているということを伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

コツ②:モチベーションの源泉が生まれたエピソードを具体的に伝える

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるコツ2つ目は、モチベーションの源泉が生まれたエピソードを具体的に伝えるということです。

面接官にとって企業の業務でも同じような状況を作り出せるかが具体的に判断できるからです。

例えば、過去のエピソードで他者と競争をすることでモチベーションを保ってきた人なら、社内競争の激しい業務や部署で働くことが適正です。

他にも、誰も成し遂げたことのないものを生み出すことにモチベーションを保ってきたなら、スタートアップの仕事やクリエイティブな仕事が適正だと考えられます。

このように、モチベーションの源泉が生まれたエピソードを具体的に伝えることで、より企業とマッチしていることを伝えられるのです。

「モチベーションの源泉」は幼少期などに秘められていることが多いです。

何か大きな出来事があり価値観が変わるタイミングもあるため、その場合は変化前と変化後を具体的にどこがどう変わったのかを伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

コツ③:ロールモデルを設定し、具体例を使いながら伝える

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるコツ3つ目は、ロールモデルを設定し、具体例を使いながら伝えるということです。

ロールモデルとは、「お手本となる人物」のことを指します。

「〇〇のような人になることがモチベーションの源泉」と具体的に伝えると、より面接官に明確なイメージを与えることが出来るからです。

例えば、イチロー選手のようになることがモチベーションの源泉と伝えると、面接官はイチロー選手を頭の中でイメージします。

そして、計画的に目標を達成するためのロールモデルとしている点や理由を伝えられたら、より説得力のある伝え方が出来ます。

なので、「モチベーションの源泉」を伝える際にロールモデルを設定し、理由付きで具体的に伝えると説得力のある伝え方ができるのです。

ただ、「〇〇のような人になりたい」ではなくて、きちんと「モチベーションの源泉」と論理的に繋がっているかを判断した上で、具体例としてロールモデルを設定して、伝えることを心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

とにかく入社後にモチベーションを保つことが出来るということを具体例を用いながら伝えるということが大切なんですね!

これで面接質問で「モチベーションの源泉」を聞かれた時は安心して答えられる気がしてきました。

その通りです。

面接質問で「モチベーションの源泉」を聞かれた時は、具体例を用いながら、論理的×感情的に伝えることを心がけてくださいね。

しかし、安心するのはまだ早いですよ!

面接質問で「モチベーションの源泉」を答える時にやってはいけないこともあるので、「モチベーションの源泉」に万全の準備をして自信を持って答えられるよう、最後まで確認してくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

面接質問で「モチベーションの源泉」を答える時にやってはいけないこと

就活生くん

就活生が面接質問で「モチベーションの源泉」を答える時によくやってしまうNGなことにはどんなものがありますか?

最後に、多くの就活生がしてしまう失敗をあなたがしないよう、面接質問で「モチベーションの源泉」を答える時にやってはいけないことを解説します。

面接質問で「モチベーションの源泉」を答える時にやってはいけないことは2つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

「モチベーションの源泉」を答える時のNG
  • NG①:企業が求めていないことを伝える
  • NG②:他の話との一貫性がない

就活生あるあるの失敗を把握し、あなたは面接質問の「モチベーションの源泉」をきちんと答えられるようにしてくださいね。

それでは1つずつ確認していきましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG①:企業が求めていないことを伝える

面接質問で「モチベーションの源泉」を答える時にやってはいけないこと1つ目は、企業が求めていないことを伝えるということです。

面接官に、この企業ではモチベーションを保っていくことが難しいと判断されると、落ちてしまうからです。

組織で課題を解決し、成長をしていくことを大切にしている会社で、「モチベーションの源泉」が1人で目標を設計し達成することと伝えてしまうと、企業との相性が悪いと判断されてしまいます。

この企業が提供できるものと「モチベーションの源泉」を合わせるためにも、企業が求めていないことを伝えることは避けましょう

企業分析の段階で、自分の価値観や性格に合っているかをきちんと判断していればこのようなことは起こりません。

もし「モチベーションの源泉」と受ける企業のビジョンやカルチャーがズレていれば、再度企業分析をすることをおすすめします。

企業分析の仕方が分からない人は、企業分析のやり方が詳しく分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG②:他の話との一貫性がない

面接質問で「モチベーションの源泉」を答える時にやってはいけないこと2つ目は、他の話との一貫性がないということです。

「モチベーションの源泉」は人生の一番の根幹であることから、どの話にも一貫していないと、説得力がなくなってしまうからです。

例えば面接質問で「モチベーションの源泉」はチームで目標を達成することと伝えたのに、ガクチカや過去のエピソードで個人としての活動しか話さなければ、矛盾が生じます。

自己分析を正しくできていれば、「モチベーションの源泉」とガクチカや志望理由が大きくずれている可能性は低いです。

より面接質問で「モチベーションの源泉」を聞かれた時に説得力のある回答をするためにも、他の話との一貫性がないということは注意しなければいけません。

話の一貫性がないというのは、自己分析が出来ていない可能性があります。

もし「モチベーションの源泉」とガクチカや志望理由がズレていれば、再度自己分析をすることをおすすめします。

自己分析ができないと悩んでいる人は、自己分析をするコツや対策が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

ここまでで自分の「モチベーションの源泉」がはっきりしていないと感じている人は、「モチベーションの源泉」の見つけ方についておすすめの方法を説明しますので、最後まで確認してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

「モチベーションの源泉」の見つけ方

就活生ちゃん

話を聞いているうちに、もう一度「モチベーションの源泉」について1から考え直そうと思いました。

どのようにすれば「モチベーションの源泉」を見つけることができますか?

それでは最後に、面接質問で「モチベーションの源泉」を聞かれた時に困らないように、「モチベーションの源泉」の見つけ方を解説します。

「モチベーションの源泉」の見つけ方は2つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

「モチベーションの源泉」の見つけ方
  • 見つけ方①:自己分析診断ツールを用いる
  • 見つけ方②:モチベーショングラフを用いる

それでは「モチベーションの源泉」の見つけ方を1つずつ理解して、安心して就活に臨める準備をしましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

見つけ方①:自己分析診断ツールを用いる

「モチベーションの源泉」の見つけ方1つ目は、自己分析診断ツールを用いるということです。

自己分析を正しい方法で行っていれば、必ず「モチベーションの源泉」を見つけることが出来るからです。

自己分析ツールをあまり知らないという人は、自己分析診断ツールのおすすめや使う上でのコツがわかりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

これらの自己分析診断ツールを用いることで、より簡単に「モチベーションの源泉」を見つけられるのでおすすめです。

「モチベーションの源泉」は「頑張れた理由」や「やる気の根源」などと言い換えられることがあるので注意してくださいね。

また、自己分析についてもっと詳しく知りたいという人は、自己分析のやり方やコツがわかりますので、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

見つけ方②:モチベーショングラフを用いる

「モチベーションの源泉」の見つけ方2つ目は、モチベーショングラフを用いるということです。

モチベーショングラフを用いることで、今までの人生でどこでモチベーションが上下しているかがわかるためエピソードと一緒にその時の心情を考えることができるからです。

例えば、モチベーショングラフがV字回復をしているところを見ると、何か共通点があるはずです。

そこにあなたの「モチベーションの源泉」が隠されているのです。

このようにモチベーショングラフを用いることで、「モチベーションの源泉」を見つける方法はおすすめなので試してみてください。

自分のモチベーションが視覚的に捉えることができるため、「モチベーションの源泉」が見つけやすいのですね。

逆にモチベーションが上がらない点を見つけることもできますので試してみるといいかもしれません。

モチベーショングラフの書き方が分からないという人は、モチベーショングラフの書き方や実例を参考にできますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

様々なツールを駆使し、「モチベーションの源泉」を見つけてくださいね。

また「モチベーションの源泉」が見つかれば、自分がどんな時にやりがいを感じるのかが分かります。

そこで、実際に面接で「やりがいを感じるとき」をどう答えればいいか分からない就活生は、答え方のコツや注意点が分かるので、こちらの記事をぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

メモ

就活の教科書がおすすめする面接の練習方法は、就活エージェント「キャリアチケット」の活用です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、面接練習に加えて、就活相談やES添削などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

まとめ:「モチベーションの源泉」は一貫性を持ち、論理×感情で具体的に伝える

この「【内定者が教える】面接質問で「モチベーションの源泉」の伝え方 | 例文,質問意図もの記事はいかがでしたか?

この記事では、面接質問での「モチベーションの源泉」を上手く伝える例文やコツを紹介しました。

合わせて、面接質問での「モチベーションの源泉」の質問意図や「モチベーションの源泉」の見つけ方なども紹介しました。

それでは、最後にこの記事のまとめをおさらいしておきましょう。

この記事のまとめ

面接質問で「モチベーションの源泉」の質問意図

  • 質問意図①:会社で長く働いてくれそうかを判断する
  • 質問意図②:企業についての理解度を確認する
  • 質問意図③:大切にしている価値観や考え方を知る

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるコツ

  • コツ①:入社後に繋がることを論理的に伝える
  • コツ②:モチベーションの源泉が生まれたエピソードを具体的に伝える
  • コツ③:ロールモデルを設定し、具体例を使いながら伝える

面接質問で「モチベーションの源泉」を答える時にやってはいけないこと

  • NG①:企業が求めていないことを伝える
  • NG②:他の話との一貫性がない

「モチベーションの源泉」の見つけ方

  • 見つけ方①:自己分析診断ツールを用いる
  • 見つけ方②:モチベーショングラフを用いる

まとめ:「モチベーションの源泉」は一貫性を持って、論理×感情で具体的に伝える

面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝えるには、一貫性を持ち、論理×感情で具体的に伝えるということが大切でしたね。

他のエピソードとズレが無いように意識しながら、なぜ「モチベーションの源泉」が生まれたのかを論理的且つ感情的に伝えるようにしましょう。

そして、「モチベーションの源泉」が企業後に繋がることを心がけてくださいね。

あなたが面接質問で「モチベーションの源泉」を上手く伝え、就活を満足のいく形で終えられることを心から願っています。

「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ記事を公開しています。

是非、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ