>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【覚えられない!】「志望動機/自己PR」を簡単に覚える方法 | 丸暗記がNGな理由も

こんにちは、「就活の教科書」編集部のゆきです。

この記事では、面接で失敗しない為に志望動機を覚える方法について解説します。

就職活動中の皆さんなら、一度は面接があるのに志望動機覚えられない!ってなった経験ありませんか?

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

せっかく丸暗記して行ったのに、本番で忘れて頭が真っ白になって答えられませんでした…

就活生ちゃん

志望動機を覚えようにも、長すぎて覚えられないです…

僕自身も、「志望動機・自己PR」を覚えられなくて面接で失敗した経験があります。

しかし、これから紹介する対処法を使えば、論理的に考えることができ、志望動機を覚えてスラスラ答えられるようになりました。

そこで、僕が実践した「志望動機・自己PR」を覚えられるように工夫した点を紹介します!

「就活の教科書」編集部 ゆき

この記事では、「志望動機・自己PR」を覚えられない原因や覚え方についてご紹介します。

「「志望動機・自己PR」を覚えるって丸暗記していいの?」といった悩みや「「志望動機・自己PR」を覚える方法がわからない」という悩みが解消できますよ。

「志望動機は書けたけど、面接で答えられるか不安」「志望動機を覚えられる気がしない…」そんな就活生は、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

 

「志望動機・自己PR」を覚えられない理由とは?

就活生のみなさんは「志望動機・自己PR」を覚えられなくて悩んだ経験はありますか?

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

面接で頭が真っ白になって、「志望動機・自己PR」が言えなくて失敗した事あります…

就活生ちゃん

私は、ES(エントリーシート)が通ってこれから面接が控えて必死に覚えようとしてるのに、「志望動機・自己PR」を覚えられてないです…

もしかするとこれから紹介する覚えられない4つの理由に当てはまっているかもしれません。

「志望動機・自己PR」を覚えられない4つの原因に当てはまっているかどうか注意して見てくださいね!

「就活の教科書」編集部 ゆき

「志望動機・自己PR」を覚えられない4つの理由
  • 理由①:文章をそのまま覚えようとしている
  • 理由②:ただ読んで暗記しようとしている
  • 理由③:本心と全く違うことを言おうとしている
  • 理由④:思い出す練習をしていない

それぞれについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由①:文章をそのまま覚えようとしている

「志望動機・自己PR」を覚えられない1つ目の理由は、文章をそのまま覚えようとしているからです。

それぞれ400字程度の「志望動機・自己PR」を覚えようとするのは現実的に難しいです。

書いてある内容をそのまま言えたからと言って、丸暗記して来たと思われるだけで、評価が高くなる訳ではありません。

400字の文章を覚える労力を払って面接官からの評価が高くならないのでは、丸暗記する意味がないですよね。

丸暗記するのではなく、面接中は自分の言葉で話すよう心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由②:ただ読んで暗記しようとしている

「志望動機・自己PR」を覚えられない2つ目の理由は、ただ読んで暗記しようとしているからです。

ES(エントリーシート)で書いた文章をひたすら読み直して暗記をしようとしていませんか。

歴史の教科書で経験があると思いますが、ただの暗記ほどしんどいものはありませんよね。

先ほども言ったように、そもそも文章を丸暗記する事自体が非効率的ですが、その上ただ読んで暗記しようとしているならばより非効率的です。

もしあなたがただ読んで覚えようとしているならば、少しやり方を工夫してみる必要があります。

やり方の工夫の仕方としては、(1)暗記方法を変える(2)暗記内容を変えるの2つが挙げられます。

(1)暗記方法を変える

  • 書いて覚える
  • 音読して覚える

(2)暗記内容を変える

  • 要点だけを覚える
  • 話の流れを覚える

基本的には、丸暗記しようとしているなら(2)暗記内容を変える事をおすすめします。

人は五感を使いながらだとより効率的に記憶する事ができると言われています。

なので「どうしても丸暗記したい!」就活生は、音読したり書いたりして五感を駆使する暗記方法にすれば、効率的に覚えることができますよ。

文章をただ読んで覚えるのはなかなか難しいですよね。

暗記内容を変える方法については、後で紹介する志望動機を覚える為の3つの対処法を見てみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由③:本心と全く違う事を言おうとしている

「志望動機・自己PR」を覚えられない3つ目の理由は、本心と全く違うことを言おうとしているからです。

本心と違うことを言おうとすると、嘘を考える思考の時間を要するのでスムーズに会話ができなくなり、印象が悪くなります。

例えば、志望動機で御社の魅力として話そうとしている事が、本当は全く魅力的だと思っていない部分だった場合、覚えるのは難しくなりますよね。

また、たとえスラスラ答えられて選考を通過でき、入社する事ができたとしても、自分にマッチしている企業である確率は低くなります。

単に覚えられないだけでなく、より大きな失敗の原因になりかねないので、全くの嘘をつくのはやめた方が賢明です。

企業の求める人物像に寄せすぎると、企業側も就活生が求める人物に寄せてきているのがわかりますよ。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由④:思い出す練習をしていない

「志望動機・自己PR」を覚えられない4つ目の理由は、思い出す練習をしていないからです。

多くの場合、覚えることに集中して覚えた内容を話す練習が疎かになってしまいます。

いくら必死に覚えても、実際に話す練習をしないと面接の際に話すことはできません。

アウトプットの経験が不足していると、覚えた内容を思い出して話す経験が不足し、いざという時に言葉が出てこなくなってしまいます。

なので、単に暗記するのではなく、覚えた内容を思い出す練習や、覚えた内容を人に話す練習が重要です。

暗記するだけではなく、アウトプットの練習もしっかりしておきましょう。

「志望動機/自己PR」を話す一次面接で落ちてしまっている就活生は、下記の記事も合わせて見ることで一次面接を突破しやすくなります。

一次面接を突破したい就活生は下記の記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

【覚えられない!】「志望動機・自己PR」を覚えられない時の3つの対処法

就活生くん

「志望動機・自己PR」を覚えられない理由はわかったんですが、覚える為にはどうしたらいんでしょうか?

志望動機や自己PRを覚えたいときに、この3つの対処法を使うと「志望動機・自己PR」を覚えやすくなり相手に伝える能力も上がりますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

「志望動機・自己PR」を覚える為の3つの対処法
  • 対処法①:ハッシュタグで考える
  • 対処法②:マインドマップを使う
  • 対処法③:友達に話して教える

この3つの対処法をうまく駆使すれば、要点を覚えて面接で話せるようになりますよ。

では、「志望動機・自己PR」を覚える為の3つの対処法を1つずつ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対処法①:ハッシュタグで考える

「志望動機・自己PR」を覚える為の1つ目の対処法は「ハッシュタグで考える」です。

志望動機は約200~600字程度で書く事が多いと思いますが、その文章を一言一句すべて覚えるのは困難です。

また、1社に割く時間がどうしても増えてしまいます。

そこで、志望理由をハッシュタグのように抜き出して覚える事で、話の概要と要約だけを覚える事ができます。

話を深堀された時や突拍子もない質問をされた時でも、自分のアピールポイントをハッシュタグにしてそれを基にして答えれば、ブレが少なく自分のアピールしたいポイントを的確に答える事ができますよ。

このハッシュタグで覚えるという考え方は、自己PRの覚え方としてもとても有効です。

自分の強み・アピールポイントをハッシュタグにして覚えておく事で、「軸」ができるので話しやすくなるんです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対処法②:マインドマップを使う

「志望動機・自己PR」を覚える為の2つ目の対処法は「マインドマップを使う」です。

マインドマップとは、中心となるキーワードから連想ゲームのように放射状にキーワードを広げていく思考法の事です。

まず企業の面接で過去質問された項目を検索しマインドマップに追加していき、その答えを1センテンスでさらに追加していくというものです。

例としてはこんな感じです。

マインドマップの画像

この様に、質問事項→回答→深堀→回答といった感じで、1センテンスで回答するのを繰り返していくと、深堀りに対応できる回答の要点だけを覚える事ができます。

マインドマップを使うと単に自分の「志望動機・自己PR」の要点を視覚化できるだけでなく、質問の回答に自分で突っ込みを入れて深堀りし、さらに回答を用意できます。

1センテンスに絞る事で要点だけを覚えて、更に深堀に対応する事もできるんですね

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対処法③:友達に話して教える

「志望動機・自己PR」を覚える為の3つ目の対処法は、「友達に話して教える」です。

先ほど「志望動機・自己PR」を覚えられない原因で述べたように、ただ覚えてインプットをするのではなくアウトプットも重要です。

友達に志望動機や自己PRを繰り返し話す方法では、気軽にアウトプットの回数を重ねる事ができます。

しかし、1つ注意点があります。

自分が一方的に話すのではなく、友達に質問してもらうようにしてください。

模擬面接と同じように「なぜ?」の部分を深堀りしてもらう事で、単純にアウトプットとして話すだけでなく、深堀りの質問にも慣れる事が出来ます。

どうせアウトプットの練習をするなら、暗記できるだけでなく深堀りにも対応できるる方がお得ですよね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

「志望動機・自己PR」の丸暗記がNG!その5つの理由

ここでは、「志望動機・自己PR」を覚える際に丸暗記がNGな理由について説明します。

就活生くん

話を要約して覚える方法は分かったんですが、丸暗記したらダメなんですか?

丸暗記がなぜダメなのか、まだいまいちわからないですよね。

そこで、「志望動機・自己PR」の丸暗記がNGな5つの理由についてお話ししますね!

「就活の教科書」編集部 ゆき

「志望動機・自己PR」の丸暗記はNGな5つの理由
  • 理由①:一部を忘れると全部飛んでしまう
  • 理由②:コミュニケーションが取れない
  • 理由③:棒読み感が出てしまう
  • 理由④:アドリブが効かない
  • 理由⑤:時間がかかり過ぎる

それぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由①:一部を忘れると全部飛んでしまう

「志望動機・自己PR」を丸暗記してはいけない理由の1つ目は、一部を忘れると全部飛んでしまうからです。

丸暗記をすると丸暗記の内容すべてが1つの記憶として処理されてしまうので、どれかが思い出せないだけで連鎖的に全て思い出せなくなってしまいます。

就活生の皆さんテストに丸暗記で挑んだものの、いざテストが始まって最初で詰まると後の内容が思い出せなくなった経験はありませんか?

面接でも同じ事が起こります。特に面接では緊張するので、普段より思い出せなくなるリスクが高くなります。

なので、丸暗記はせっかく覚えた内容が全部飛んでしまうとてもリスクの高い行為なのです。

丸暗記したことで全部思い出せない可能性があるので、むしろ丸暗記の方が飛んだ時のアドリブ力が必要かもしれませんね。

思い出せない原因のひとつに緊張しているからもあります。

緊張して普段の力が出せない就活生のために下記の記事を紹介しますので、緊張を抑えたい就活生は下記の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由②:面接官とコミュニケーションが取れない

「志望動機・自己PR」を丸暗記してはいけない理由の2つ目は、面接官とコミュニケーションが取れないからです。

前提として、面接は面接官とのコミュニケーションの場です。

そのコミュニケーションの場で、皆さんが面接官だったら、「志望動機・自己PR」を聞いた時にESに書いてある事をそっくりそのまま読み上げる学生が居れば、評価を上げるでしょうか?

記憶力が良いと思われる事はあるかもしれませんが、コミュニケーション能力があるとは感じませんよね。

あくまで面接がコミュニケーションの場だと考えると、丸暗記が良い方法とは言えないですね。

話の流れで志望動機や自己PRの聞かれ方のニュアンスは違うのに、丸暗記だと対応できないですよね。

丸暗記だと、面接官に人柄やコミュニケーション力をアピールする事は難しそうですね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由③:棒読み感が出てしまう

「志望動機・自己PR」を丸暗記してはいけない理由の3つ目は、棒読み感が出てしまうからです。

丸暗記した状態だと、どうしても文章を思い出して間違えない事に集中してしまい、棒読み感が強くなります。

ゼミや講義で、文章を読み上げて棒読みになっている人の発表を聞いてうんざりした経験はありませんか?

就活生の皆さんが棒読みの発表を聞いた時にうんざりして興味を失うように、面接官も棒読みの「志望動機・自己PR」を聞けばうんざりしてしまいます。

丸暗記してもすらすらと喋れる人ならいいですが、棒読み感が出てしまう人だとロボットみたいになりがちですね。

面接官からすれば、ロボットみたいに志望動機や自己PRを読み上げられても何も伝わって来ないですよね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由④:アドリブが効かない

「志望動機・自己PR」を丸暗記してはいけない理由の4つ目は、アドリブが効かないからです。

丸暗記すると、面接官からの深堀りや想定していない質問に対応できなくなります。

深堀り質問に丸暗記で対応しようとすると、深堀りの回答やさらにその回答の深堀りの回答といった風に、無限に丸暗記する内容が増えてしまいます。

そして丸暗記する事が現実的でなくなってしまいます。

また、先ほどまですらすらと答えていた学生がアドリブが必要な質問に全く答えられていなければ、面接官は丸暗記してきただけでアドリブ力のない人であると判断します。

こうしてみると、丸暗記が現実的には厳しいことが分かりますね。

暗記力に相当の自信がある人以外は、アドリブに対応できる覚え方の方が良さそうですね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由⑤:時間がかかり過ぎる

「志望動機・自己PR」を丸暗記してはいけない理由の5つ目は、時間がかかり過ぎるからです。

面接を丸暗記で乗り切ろうとすると、膨大な量の文章を覚えなくてはいけません。

ただでさえ丸暗記は1社に割く時間が多くなるのに、複数社の志望動機や自己PRを丸暗記するとなれば、どうしても時間が不足します。

複数の選考を受けており時間が限られている場合、全ての面接を丸暗記で乗り越えようとするのは至難の業ですよね。

なので、丸暗記をお勧めする事はできません。

できるだけ1社に割く時間を削りたいのが現実ですよね。

なので時間のかかる丸暗記はお勧めできないです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

【最終手段・・・】「志望動機・自己PR」を覚えられない時はカンペを使う

就活生ちゃん

お勧めの対処法を使ってぎりぎりまで頑張ったけど、どうしても志望動機が覚えられないです。

もう面接受けないでおこうかな…

面接を受けないぐらいならば、本当に最後の非常手段があります。

決してお勧めはしませんが、面接を受けないよりは可能性があるので、手段の1つとして考えてみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

面接の日が近いのに「志望動機・自己PR」が覚えられない、もう面接を飛んでしまおうかと思っている時に、最後の最後の手段としてカンペを使うという物があります。

しかし、カンペを使うのは基本的にはお勧めしません。

面接官からすれば、カンペを使用しているのは基本的にすぐわかるからです。

カンペを使う場合、皆さんはZoomやGoogle meetと同時にWordやGoogleドキュメントを開くことでカンペを使用すると思います。

しかし、面接官からすれば、目線が泳いだり、目が高速で左から右へ移動したりと、カンペを使用している事はこれ以上なくわかりやすいものです。

その為、カンペを使用すれば基本的に相手にわかってしまうという前提の上で、それでもなおカンペを使わざるを得ない場合だけ、カンペを使うことを検討してみてください。

面接官からすれば、目が高速で左から右に移動しながら喋っている人は、もはやホラーですよね。

カンペを使わないといけない就活生は、面接の前準備からもう一度確認することをおすすめします。

下記の記事で、面接に準備すべきことを紹介していますので、合わせてぜひチェックしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

まとめ:「志望動機・自己PR」が覚えられないときは、要約して覚えやすくしよう!

「【覚えられない!】「志望動機/自己PR」を覚える対処法 | 覚えられない理由と丸暗記NGな理由も紹介」はいかがだったでしょうか。

この記事では、「志望動機・自己PR」が覚えられない原因と、覚える方法についてお伝えしました。

また、丸暗記がNGな理由についてもお伝えしました。

このページでご紹介したことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

この記事のまとめ

◆「志望動機・自己PR」を覚えられない原因とは?

  • 理由①:文章をそのまま覚えようとしている
  • 理由②:ただ読んで暗記しようとしている
  • 理由③:本心と全く違う事を言おうとしている
  • 理由④:思い出す練習をしていない

◆「志望動機・自己PR」を覚える為の3つの対処法

  • 対処法①:ハッシュタグで考える
  • 対処法②:マインドマップを使う
  • 対処法③:友達に話して教える

◆「志望動機・自己PR」の丸暗記はNG!その5つの理由

  • 理由①:一部を忘れると、全部飛んでしまう
  • 理由②:面接官とコミュニケーションが取れない
  • 理由③:棒読み感が出てしまう
  • 理由④:アドリブが効かない
  • 理由⑤:時間がかかり過ぎる

◆「志望動機・自己PR」を覚えられない時の対処法

  • 本当に最後の非常手段、カンペ

良い「志望動機・自己PR」が書けても、面接で相手にそれを伝える事ができなければもったいないですよね。

努力を無駄にしない為にも、「志望動機・自己PR」の要約と流れだけを覚えて、論理的に相手に話せるようになりましょう。

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき