>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【ES例文あり】志望動機「安定性」面接,ESでの魅力的な伝え方 | 言い換え,コツ,注意点も

この記事を読めばわかること
  • 志望動機「安定性」は表現方法が大切
  • 志望動機「安定性」を伝える言い換え表現10選
  • 志望動機「安定性」は将来成し遂げたいことを伝えるのが重要
  • 志望動機「安定性」面接官の印象に残る例文3つ
  • 志望動機「安定性」を上手に伝える3つのコツ
  • 志望動機「安定性」を伝える時の3つの注意点

こんにちは。「就活の教科書」編集部の古田です。

この記事では、志望動機で「安定性」を伝えたい就活生の悩みを解決します。

就活生の皆さんは、志望動機で「安定性」を伝えたいと考えたときに悩んだ経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 古田

就活生ちゃん

私は、この間提出したエントリーシートの志望動機欄で「安定性」を推したのですが書類で落とされてしまいました。

やはり志望動機で「安定性」を推すのは印象が悪いのでしょうか・・・。

就活生くん

僕は今度の面接で志望動機に話すことを考えているのですが、「安定性」以外に話すことが思いつきません・・・。

志望動機で上手く「安定性」を推して好印象を与える方法はないものでしょうか。

安定した企業に就職したいと思うのは就活生の多くに共通する感情だと思います。

志望動機で「安定性」を伝えるときに気をつけた方がいいことを押さえて、志望動機で他の就活生と差をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

この記事では、志望動機で「安定性」を伝える例文や、「安定性」の言い換え一覧を紹介しています。

合わせて、志望動機で「安定性」を伝えるときのコツや注意点も解説しています。

この記事を読めば、「志望動機で安定性を上手く伝える方法が分からない・・・。」という悩みを解決できます。

志望動機で「安定性」を推して就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

志望動機で「安定性」は使っても良い!

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機欄で「安定性」が理由と伝えても、全て落とされてしまいます・・・。

やはり志望動機で「安定性」はナシなのでしょうか?

結論から言うと、志望動機で「安定性」を使うのはアリです。

ただし、「安定性」を志望動機にしたいのであれば、必ず何らかの言い換えや具体的な表現を入れる必要があります。

「就活の教科書」編集部 古田

エントリーシートの志望動機欄で「安定性」をそのまま伝えた瞬間、他の項目は関係なく落とされてしまうという場合もあります。

志望動機で「安定性」を使うことはできますが、「安定性」をそのまま伝えるのは採用担当者の目に消極的に映るのです。

エントリーシートや面接の志望動機で、「安定性があるから志望した」という伝え方をしないように気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

志望動機で「安定性」を伝えたときに面接官が感じること

就活生くん

志望動機で「安定性」をそのまま使うのはNGということでしたが、何故ですか。

志望動機で「安定性」をそのまま伝えたときに面接官がどう感じているのか教えて欲しいです。

志望動機で「安定性」をそのまま伝えたときに面接官は様々なマイナスのイメージを抱いています。

以下の3つを押さえれば、志望動機で「安定性」をそのまま使ってはいけない理由が分かりますよ。

「就活の教科書」編集部 古田

志望動機で「安定性」を伝えたときに面接官が感じること
  • 面接官の反応①:他業界や同業他社でもいいのではないか?
  • 面接官の反応②:仕事への熱意を持っていないのではないか?
  • 面接官の反応③:安定性が崩れたら辞めてしまうのではないか?

それでは、志望動機で「安定性」をそのまま伝えたときに面接官が感じることについて、以下で1つずつ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

面接官の反応①:他業界や同業他社でもいいのではないか?

志望動機で「安定性」を伝えたときに面接官が感じることの1つ目は、「他業界や同業他社でもいいのではないか?」ということです。

安定性が高い企業に就職したいだけであれば、業種や企業にこだわりはないのではないかと判断されてしまうのです。

その場合、「志望度が低い就活生は入社しても社風に合わずに辞めてしまい、採用コストの無駄」と思われ、落とされる可能性が高いです。

そのため、志望動機で「安定性」を伝えるときには、加えて業界や企業を選んだ必然性を伝える必要があるのです。

業界や企業への熱意を伝えられるように、志望し始めたきっかけなどを思い出してみましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

面接官の反応②:仕事への熱意を持っていないのではないか?

志望動機で「安定性」を伝えたときに面接官が感じることの2つ目は、「仕事への熱意を持っていないのではないか?」ということです。

安定した企業に就職したいだけであれば、仕事の中で実現したいことが存在しないのではないかと判断されてしまうのです。

その場合、「採用コストに見合う働きをしてくれないだろう」と判断され、落とされる可能性が高いです。

そのため、志望動機で「安定性」を伝えるときでも、その企業で自分が成し遂げたいことを伝える必要があるのです。

あなたが企業で成し遂げたいことは何か、伝えるのを忘れないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

面接官の反応③:安定性が崩れたら辞めてしまうのではないか?

志望動機で「安定性」を伝えたときに面接官が感じることの3つ目は、「安定性が崩れたら辞めてしまうのではないか?」ということです。

安定した企業に就職したいだけであれば、「安定性」が崩れたら会社のために働いてくれないのではないかと判断されてしまうのです。

企業が低迷したときに企業のためにならない人物はコストになりますから、落とされてしまう可能性が高いです。

志望動機で「安定性」を伝えるときでも、業界や企業へのこだわりを伝えて、低迷時に辞めてしまう懸念を払拭しましょう。

この人は企業のために働き続けてくれるだろう、と思わせる熱意を伝えることも忘れないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

志望動機で「安定性」をうまく伝える3つの例文

就活生ちゃん

志望動機で「安定性」をそのまま伝えてはいけないことは分かりました。

実際に「安定性」を上手く言い換えて志望動機を伝えている例文を見て、エントリーシートや面接で志望動機を伝える参考にしたいです。

では次に、志望動機で上手く「安定性」を伝えている例文を紹介します。

エントリーシートや面接で志望動機を伝えるときの参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田

志望動機で「安定性」をうまく伝える3つの例文
  • 例文①:公務員の志望動機
  • 例文②:インフラ業界の志望動機
  • 例文③:IT業界の志望動機

それでは、志望動機で「安定性」を上手く伝えている例文を、以下で1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文①:公務員の志望動機

不況時にもサービスで国民の生活を支えられる、国の仕事に魅力を感じたからです。

小学校の時、不況の煽りで父が失職し家計が不安定になったことがありました。

父が再就職するまでの間、生活費の支援を受け、生活が苦しい時に国が助けてくれる仕組みが働いているのだな、と感じました。

私は新型コロナウイルス感染拡大のような、国全体の経済状況が苦しい状況において、人々の生活を支える政策に携わりたいと思っています。

特に不況によって煽りを受ける、働く人々を助けるために、私は御省に入省したいです。

自分の子供の頃の体験を基に、「安定性」は「不況時にもサービスで国民の生活を支えられる」と言いかえています。

「不況時に人々を支える」ことができる「安定性」は市町村や都道府県、国家公務員の志望動機で推しやすいですね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文②:インフラ業界の志望動機

安定した資金力を海外のインフラ事業への投資に活用されている御社で、発展途上国のインフラ整備を実現したいからです。

私は大学のフィールドワーク講義で、2年生の夏にフィリピンを訪れました。

そこでき電気や水道すらまともに通っていない現状を目の当たりにし、まずは途上国の基本的なインフラの整備に関わりたいと思うようになりました。

御社は電力会社の中では特に資金面で安定しており、海外投資への熱量も高いと見受けられます。

御社の海外事業部で、途上国のインフラ整備を実現していきたいと考えています。

この例文では「安定性」が「資金面で安定している」と言い換えられ、実現したいことも明確に述べられています。

資金力が高いという「安定性」はそれだけ事業への投資ができることに繋がり、特にインフラや金融業界の志望動機で推しやすいですね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文③:IT業界の志望動機

今や人々の生活に欠かせないものである、インターネットサービスの安定供給に携わりたいからです。

私は子供の時に岩手県に住んでおり、東日本大震災で被災しました。

状況が刻一刻と移り変わる中、家族とはぐれ、回線が混み合って連絡も取れなくなってしまいました。

あとで家族とは再会できたのですが、当時もっと安定した連絡手段が存在していればと思い、インターネットサービスの供給に関わりたいと思うようになりました。

インターネットは人の移動が増えた現代で、各々連絡を取り合うために必要不可欠のものとなっています。

絶対的に必要とされるインターネットを、今よりももっと安定して供給することで、常に人々の必要とされる人間になりたいと思っています。

最も通信拠点を拡大し、常にインターネットサービスの安定供給を目指している御社で自分の目標が達成できると考えました。

この例文では「安定性」が「サービスの安定した供給」と言い換えられています。

常に安定してサービスを提供するという「安定性」は、インフラや通信などの業界の志望動機では推しやすいですね。

ここまで、例文を3つ紹介しましたが、志望動機の書き方について自信がない人は下記の記事を読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 古田

 

志望動機で「安定性」を伝える言い換え表現一覧

就活生くん

志望動機で「安定性」を言い換えて伝える表現が他にもあれば教えていただきたいです。

自分の志望動機に当てはまるものがないか、参考にしてみます。

では次に、志望動機で「安定性」を言い換えて伝える表現を紹介していきますね。

面接やエントリーシートの志望動機で「安定性」を伝える時に、自分に当てはまる表現があれば使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田

  • 将来性がある
  • ビジネスチャンスが多い
  • 資金力が高く投資を行える
  • 収益構造が安定している
  • ブランド力が強い
  • ガバナンスが強い
  • 市場のシェアが大きい
  • サービスの安定供給ができる
  • 常に人々の生活を支えられる
  • 社会の信頼を得ている
他にも、志望動機の書き方や志望動機で使える表現については下の記事でまとめられているので合わせて読んでみてくださいね!

「就活の教科書」編集部 古田

 

志望動機で「安定性」を伝えるときの3つのコツ

就活生ちゃん

どうすれば志望動機で「安定性」を上手に伝えられるか、分からずに困っています・・・。

志望動機で「安定性」を伝えるときのコツなどがあれば教えていただきたいです。

では次に、志望動機で「安定性」を上手に伝えるコツを紹介していきます。

以下の3つのコツを押さえて、他の就活生と差をつける志望動機を作ってみましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

志望動機で「安定性」を伝えるときの3つのコツ
  • コツ①:安定性を活かして成し遂げたいことについて話す
  • コツ②:安定性を感じた具体的な点や安定要因について話す
  • コツ③:同程度の安定性の競合社との比較ができるようにする

それでは以下で、志望動機で「安定性」を伝えるときのコツについて1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ①:安定性を活かして成し遂げたいことについて話す

志望動機で「安定性」を伝えるときのコツの1つ目は、「安定性を活かして成し遂げたいことについて話す」ことです。

志望動機が「安定性」が高い企業に就職したいだけで、仕事への意欲がないと思われてしまうと、落とされてしまう可能性が高いです。

仕事を通じて成し遂げたいことと組み合わせることで、あなたの積極性をアピールする志望動機にしましょう。

例えば「資金面で安定しており、海外投資への熱量も高い御社で途上国のインフラ整備を実現したい」というように実現したいことを具体的に伝えましょう。

「安定性」の高い企業に就職することは、あくまでも成し遂げたいことのための手段として伝えるようにしましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ②:安定性を感じた具体的な点や安定要因について話す

志望動機で「安定性」を伝えるときのコツの2つ目は、「安定性を感じた具体的な点や安定要因について話す」ことです。

大企業や官公庁について「安定性が高い」ということは誰でも言えるため、印象に残らない志望動機になってしまうからです。

自分の過去の経験や企業研究によって、具体的にどのような点で安定しているのか、またはなぜ安定しているのかといったことを伝えましょう。

例えば、「父が失職した際、生活保護を受け、生活が苦しいときに国は助けてくれるのだと知った」というように具体的に述べると良いです。

「安定性」についてできる限り具体化して、あなたのオリジナルの志望動機を作りましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ③:同程度の安定性の競合社との比較ができるようにする

志望動機で「安定性」を伝えるときのコツの3つ目は、「同程度の安定性の競合社との比較ができるようにする」ことです。

志望動機が「安定性」の高い企業に就職することだけで、どの企業でもいいと思っているのではないか、と判断されると、落とされる可能性が高いです。

競合他社の中で、なぜその企業を選んだのかが明確になるように心がけましょう。

「最も通信拠点を拡大し、サービスの安定供給を目指す御社で自分の目標が達成できる」というように、企業の強みを挙げて自分の成し遂げたいことと結びつけると良いです。

競合他社ではなくその企業を選んだのは必然であることを伝えて、志望度の高さをアピールしましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

志望動機で「安定性」を伝えるときの注意点

就活生くん

志望動機で「安定性」を伝える方法は分かりました。

最後に、志望動機で「安定性」を伝える上で、何か気をつけておいた方がいいことはありますか。

志望動機で「安定性」を伝える上で気をつけておいた方がいいことはいくつかあります。

以下の3点に注意して、志望動機を作るようにしてみましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意①:志望動機で待遇としての「安定性」はNG

志望動機で「安定性」を伝えるときの注意点の1つ目は、「志望動機で待遇としての安定性はNG」ということです。

志望動機で「安定性」を伝えるときは、あくまでも成し遂げたいことのための手段として「安定性」を伝える必要がありました。

待遇としての「安定性」は自分の待遇についての「安定性」という目的でしかないため、志望動機としては使えません。

志望動機で話す「安定性」は、給与や終身雇用についてではなく、業務や会社としての安定性についてのみにしましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意②:安定性だけを動機にしない

志望動機で「安定性」を伝えるときの注意点の2つ目は、「安定性だけを動機にしない」ということです。

成し遂げたいことについて話せていても、やはり「安定性」についてしか話さないのでは志望度を疑われてしまいます。

公務員であれば安定性に加えて手掛けている政策、インフラ企業であれば所在地や採用している技術など様々な特色があるでしょう。

こうした特色にも言及して、志望度を疑われないような志望動機を心がけましょう。

志望動機で「安定性」について話すときは、他の志望動機と組み合わせて使うようにしましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意③:安定性に甘んじて挑戦心を伝え忘れない

志望動機で「安定性」を伝えるときの注意点の3つ目は、「安定性に甘んじて挑戦心を伝え忘れない」ということです。

営利企業も国家も基本的には経済的な成長を目指しているため、常に同じ業務だけを続けているわけではありません。

そのため、志望動機で「安定性」を伝えようとするあまり、既存の事業や政策についてしか話さないのでは落とされる可能性が高いです。

志望動機で「安定性」を伝えるときは、既存の事業や政策を踏まえて、新しいことに挑戦しようとする挑戦心も合わせて伝えるようにしましょう。

どんなに安定した企業の志望動機でも、新しいことに取り組もうとする姿勢はアピールし忘れないようにしましょう!

 

[matomeue]

 

まとめ:志望動機で「安定性」を伝えるときは、必ず別の表現に言い換えて伝える!

[say name="「就活の教科書」編集部 古田" img="https://reashu.com/wp-content/uploads/2020/07/profile_kakekawa.jpg" from="right"]

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部の古田が、志望動機で安定性を伝える例文や、「安定性」の言い換え一覧について解説しました。

合わせて、志望動機で安定性を伝えるときのコツや注意点も紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 古田

今回の記事で学んだこと

◆ 志望動機で「安定性」は、必ず別の表現に言い換えて伝える!

◆ 志望動機で「安定性」を伝えたときに面接官が感じること

  • 面接官の反応①:他業界や同業他社でもいいのではないか?
  • 面接官の反応②:仕事への熱意を持っていないのではないか?
  • 面接官の反応③:安定性が崩れたら辞めてしまうのではないか?

◆ 志望動機で「安定性」を伝えるときの3つのコツ

  • コツ①:安定性を活かして成し遂げたいことについて話す
  • コツ②:安定性を感じた具体的な点や安定要因について話す
  • コツ③:同程度の安定性の競合社との比較ができるようにする

◆ 志望動機で「安定性」を伝えるときの注意点

  • 注意①:志望動機で待遇としての「安定性」はNG
  • 注意②:安定性だけを動機にしない
  • 注意③:安定性に甘んじて挑戦心を伝え忘れない

志望動機で「安定性」を伝えたいときは、「安定性」という単語をそのまま使わず必ず言い換えをしましょう。

志望動機で「安定性」を言い換えた後は、成し遂げたいことと合わせて話すことで積極的な志望動機になります。

また、競合他社と比較してその企業を選んだ理由も話せるよう、企業の「安定性」以外の強みにも言及するといいです。

あなたが志望動機で「安定性」を上手に伝えて、納得のいく内定を勝ち取ることを心から祈っています。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田