>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【ガクチカと自己PRの違い】エピソード同じでも良い? 内定者の例文も

この記事で紹介する内容
  • ガクチカと自己PRの違いは、面接官の質問意図
  • ガクチカと自己PRのエピソードって被っていいの?
  • 内定者のガクチカ/自己PRの例
  • ガクチカ/自己PRは”話し方”で簡単に区別できる

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。
この記事では、ガクチカと自己PRの違いについて紹介します。
就活生の皆さんは、ガクチカと自己PRの違いについて、きちんと理解できていますか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

ガクチカと自己PRって何が違うんですか?

就活生ちゃん

私は、ガクチカと自己PRの内容が同じになってしまいます。
ガクチカと自己PRの内容って、一緒でも良いんですか?

ガクチカと自己PRの違いって、いまいち分からないですよね。
実際、ガクチカと自己PRが同じになってしまう就活生は多いです。
ガクチカと自己PRの違いについて、この記事で詳しく紹介していきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

そこでこの記事では、ガクチカと自己PRの違いについて徹底的に調査した西川が、
ガクチカと自己PRの違いについて解説します。

合わせて、ガクチカと自己PRの内定者が書いた例文や、区別の仕方も紹介します。

この記事を読めば、ガクチカと自己PRの違いがわかり、面接官の質問意図に合った返答ができるようになりますよ。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

ガクチカと自己PRの違い:面接官の質問意図

就活生くん

ガクチカと自己PRって、具体的に何が違うんですか?
具体的な違いが分からないので、ガクチカと自己PRが似たような内容になってしまいます。

それでは、この項目でガクチカと自己PRの具体的な違いについて紹介します。
ガクチカと自己PRの具体的な違いは、「面接官の質問意図」です

「就活の教科書」編集部 西川

ガクチカと自己PRの具体的な違い
  • ガクチカでは「困難の乗り越え方」を求められている
  • 自己PRでは「自分の強み」を求められている

 

ガクチカでは「困難の乗り越え方」を求められている

面接官がガクチカを質問する理由は、主に就活生の「困難の乗り越え方」を知りたいからです。

そのため、ガクチカを聞かれた場合は、学生時代の困難を乗り越えたエピソードが伝わるように話しましょう。

例えば、「学生時代には、◯◯に取り組み、~〜の課題を、このように乗り越えました」というようにガクチカを答えましょう。

具体的なガクチカの話し方については、下の項目で詳しく解説しています。

ガクチカについては、以下の記事で紹介しているので、合わせて読んでみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

自己PRでは「自分の強み」を求められている

面接官がガクチカを質問する理由は、主に就活生の「自分の強み」を知りたいからです。

そのため、自己PRを求められた際には、あなたの強みが伝わるように話しましょう。

例えば、「私の強みは、◯◯です。大学時代には~~」のように話し、あなたの強みが伝わるように意識しましょう。

自己PRの話し方については、下の項目で詳しく紹介しています。

また自己PRの見つけ方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカと自己PRのエピソードは被っても良いの?

就活生ちゃん

ガクチカと自己PRでは、面接官の質問意図が違うんですね。
そこで質問なのですが、私はガクチカと自己PRのエピソードのテーマが同じです。
ガクチカと自己PRのエピソードって、被ってもいいんですか?

ガクチカと自己PRのエピソードって、被りがちですよね。
そこでこの項目では、ガクチカと自己PRのエピソードは被ってもいいのか紹介します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

できれば別のエピソードが望ましい

結論から言うと、ガクチカと自己PRのエピソードは変えた方が良いです。

ガクチカと自己PRは、別のエピソードを用意した方が、経験が豊富だと面接官に判断され、高評価をされやすいです。

反対に、ガクチカと自己PRが同じテーマのエピソードだと、経験が少ないと判断され、評価されにくいです。

そのため、ガクチカと自己PRのエピソードは違うものを用意しましょう。

例えば、ガクチカで「アルバイト」での経験を話す場合は、自己PRでは「サークル」「学業生活」などの経験を話してみましょう。

次の項目で、内定者が実際に使っていたガクチカと自己PRを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカと自己PRの例文

就活生くん

ガクチカと自己PRについて、なんとなく理解できてきました。
内定者が実際に使っていたガクチカや自己PRの例も知りたいです!

それではこの項目で、内定者が実際に就活で使っていたガクチカと自己PRを紹介します。
ガクチカは「学生時代に困難を乗り越えた経験」を、自己PRでは「自分の強み」が伝わるように構成しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

内定者のガクチカ例文

では初めに、内定者のガクチカから紹介します。
ガクチカでは、「学生時代の困難を乗り越えた経験」を話します。

「就活の教科書」編集部 西川

内定者が実際に使っていたガクチカ

【タイトル】「類は友を呼ぶ」を本気で実行してみたら。

スポーツサークルを立ち上げ、設立から5カ月で入会者300人を達成した経験があります。

まず規模拡大を目指しましたが、寄せ集めの集団には求心力が無く、入会率が低いという問題がありました。その解決のため入会率を高めるという目標を設定し、2点の施策を行いました。

1点目はビジョンの設定によるサークルのブランディングです。多様な人たちを一つの団体に纏めるには、まずサークルと加入者に共通する軸が必要だと考え、サークルの加入者に調査を行った上で「最も友達ができるサークル」をビジョンとしました。

2点目は広報の集中化です。SNSを用いて設定したビジョンを意識した広報をする事で、サークルにマッチした人たちを集客する事に成功し、その入会率を高める事が出来ました。これらの施策は入会率を向上させただけでなく、メンバーの満足感にも繋がり、サークルが大学生活に欠かせない存在だと言って頂けるようになりました。

このガクチカでは、状況を簡潔に紹介できる、STAR法を用いています。
STAR法については、下の項目で詳しく紹介しています。
ガクチカの話し方に困っている就活生は、ぜひSTAR法を参考にしてみてくださいね。

 

また、他にもガクチカのエピソードが知りたいという人は、以下の記事がを参考にするのがおすすめです。

内定者が実際に企業に提出した様々なジャンルのガクチカを紹介しているので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

内定者の自己PR例文

次に、内定者が実際に就活で使っていた自己PRを紹介します。
自己PRでは、自分の強みが伝わるように紹介し、企業に自分を雇うメリットを提示しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

内定者の自己PR

私の強みは「自己評価の向上にひたすら貪欲なところ」です。

私は、自分のことを優れた人間だと思えません。

しかし、とてつもなく優秀な父親に幼少期から「お前も優れた人間になれ」と叩き込まれている影響で、自分を少しでも成長させたい、成長したいという強い意志と欲求があります。

そのため学生時代には常に現状に満足せず、主に新しい3つの事柄に挑戦し、少しでも理想の自分に近づけるように自分を高めて参りました。

新しい3つの事柄とは、サークル設立運営・ミスコンの企画開催・モデル活動です。

サークル立ち上げ、3か月で300人のメンバーを集めて運営した経験からは、成果を出すのに必要な努力量や責任感を学び、ミスターコンテストの企画運営ではアドビを用いた動画編集を学び、モデル事務所での活動では、人のニーズを理解するリスニング能力、そして「自分が仕事を通じて本当にしたいこと」を理解しました。

これらの経験から私は、自らの強みを「自己評価の向上にひたすら貪欲なところ」だと、理解しています。

この自己PRでは、状況を簡潔に紹介できる、PREP法を用いています。
PREP法については、下の項目で詳しく紹介しています。
自己PRの話し方に困っている就活生は、ぜひ参考にしてくださいね。

ここまで、内定者のガクチカと自己PRを紹介してきました。
ガクチカと自己PRは、話し方を変えることで自然と区別できます。
次の項目で、ガクチカと自己PRの話し方について、詳しく紹介していきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカと自己PRは「話し方」で区別できる

就活生くん

ガクチカと自己PRは、話し方で区別できると言っていましたが、具体的にはどのように区別したらいいんですか?

 

この項目では、ガクチカと自己PRの話し方の違いについて紹介しますね。
具体的には、ガクチカはSTAR法で、自己PRはPREP法で話すと区別できますよ。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカと自己PRは「話し方」で区別できる
  • ガクチカ:STAR法を用いる
  • 自己PR:PREP法を用いる

 

ガクチカ:STAR法で話す

ガクチカはSTAR法を使って話すことで、自己PRと簡単に区別できます。

STAR法とは、以下の順番で話す方法のことです。

STAR法
  • Situation:概要
  • Target&Task:課題
  • Action:行動
  • Result:結果

STAR法の4点を、上の項目で紹介した内定者のガクチカを用いて紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ガクチカの話し方①:Situation(概要)

STAR法の1つ目は、Situation(概要)です。
この概要では、学生時代に頑張ったことや、これから何の話をするのかを簡単に紹介します。
内定者のガクチカでは、以下の部分がSituation(概要)にあたります。

「就活の教科書」編集部 西川

ガクチカの話し方①:Situation(概要)

スポーツサークルを立ち上げ、設立から5カ月で入会者300人を達成した経験があります。

 

ガクチカの話し方②:Target&Task(課題)

STAR法の2つ目は、Target&Task(課題)です。
Target&Taskでは、自分が掲げていた目標や、その目標を達成するための課題を紹介します。
内定者のガクチカでは、以下の部分がTarget&Task(課題)にあたります。

「就活の教科書」編集部 西川

ガクチカの話し方②:Target&Task(課題)

まず規模拡大を目指しましたが、寄せ集めの集団には求心力が無く、入会率が低いという問題がありました。

その解決のため入会率を高めるという目標を設定し、2点の施策を行いました。

 

ガクチカの話し方③:Action(行動)

STAR法の3つ目は、Action(行動)です。
Action(行動)では、そのガクチカで実際にどのように・何を頑張ったのか紹介します。
内定者のガクチカでは、以下の部分がAction(行動)にあたります。

「就活の教科書」編集部 西川

ガクチカの話し方③:Action(行動)

1点目はビジョンの設定によるサークルのブランディングです。

多様な人たちを一つの団体に纏めるには、まずサークルと加入者に共通する軸が必要だと考え、サークルの加入者に調査を行った上で「最も友達ができるサークル」をビジョンとしました。

2点目は広報の集中化です。SNSを用いて設定したビジョンを意識した広報をする事で、サークルにマッチした人たちを集客する事に成功し、その入会率を高める事が出来ました。

 

ガクチカの話し方④:Result(結果)

STAR法の4つ目は、Result(結果)です。
結果では、ガクチカで行動した結果、どのような成果が得られたかを紹介します。
内定者のガクチカでは、以下の部分がResult(結果)にあたります。

「就活の教科書」編集部 西川

ガクチカの話し方④:Result(結果)

入会率を高める事が出来ました。

これらの施策は入会率を向上させただけでなく、メンバーの満足感にも繋がり、サークルが大学生活に欠かせない存在だと言って頂けるようになりました。

 

ここまで、ガクチカの紹介するのに便利なSTAR法を紹介してきました。
ここまで紹介してきたSTAR法を一度、おさらいしてみましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

ガクチカ:STAR法のおさらい

【タイトル】「類は友を呼ぶ」を本気で実行してみたら。

【Situation(概要)】
スポーツサークルを立ち上げ、設立から5カ月で入会者300人を達成した経験があります。

【Target&Task(課題)】
まず規模拡大を目指しましたが、寄せ集めの集団には求心力が無く、入会率が低いという問題がありました。その解決のため入会率を高めるという目標を設定し、2点の施策を行いました。

【Action(行動)】
1点目はビジョンの設定によるサークルのブランディングです。多様な人たちを一つの団体に纏めるには、まずサークルと加入者に共通する軸が必要だと考え、サークルの加入者に調査を行った上で「最も友達ができるサークル」をビジョンとしました。

2点目は広報の集中化です。SNSを用いて設定したビジョンを意識した広報をする事で、サークルにマッチした人たちを集客する事に成功し、その入会率を高める事が出来ました。

【Result(結果)】
これらの施策は入会率を向上させただけでなく、メンバーの満足感にも繋がり、サークルが大学生活に欠かせない存在だと言って頂けるようになりました。

 

自己PR:PREP法で話す

自己PRは、PREP法を用いて話すことで、ガクチカと区別できます。

PREP法とは、以下の順番でものごとを説明する話法です。

PREP法
  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論
自己PRの話し方について、それぞれ内定者の例文を用いて説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

自己PRの話し方①:Point(結論)

PREP法の初めに、まず自己PRで「一番PRしたい自分の強み」を説明します。
結論から話し始めることで、聞き手はこれから何の話をされるか理解でき、理解度が深まります。
内定者の例文だと、以下の部分がPoint(結論)に当てはまります。

「就活の教科書」編集部 西川

自己PRの話し方①:Point(結論)
私の強みは「自己評価の向上にひたすら貪欲なところ」です。

 

自己PRの話し方②:Reason(理由)

PREP法の2つ目に、Reason(理由)を説明します。
Reasonでは、自分が述べた強みを「どうして強みだと思うか」を説明します。
内定者の自己PRだと、以下の部分がReason(理由)に当てはまります。

「就活の教科書」編集部 西川

自己PRの話し方②:Reason(理由)

私は、自分のことを優れた人間だと思えません。

しかし、とてつもなく優秀な父親に幼少期から「お前も優れた人間になれ」と叩き込まれている影響で、自分を少しでも成長させたい、成長したいという強い意志と欲求があります。

そのため学生時代には常に現状に満足せず、主に新しい3つの事柄に挑戦し、少しでも理想の自分に近づけるように自分を高めて参りました。

 

自己PRの話し方③:Example(具体例)

PREP法の3つ目は、Example(具体例)です。
Exampleでは、自分の強みが活かされた具体的なエピソードを簡単に説明します。
内定者の自己PRだと、以下の部分がExample(具体例)にあたります。

「就活の教科書」編集部 西川

自己PRの話し方③:Example(具体例)

新しい3つの事柄とは、サークル設立運営・ミスコンの企画開催・モデル活動です。

サークルを立ち上げ、3か月で300人のメンバーを集めて運営した経験からは、成果を出すのに必要な努力量や責任感を学び、ミスターコンテストの企画運営ではアドビを用いた動画編集を学び、モデル事務所での活動では、人のニーズを理解するリスニング能力、そして「自分が仕事を通じて本当にしたいこと」を理解しました。

 

自己PRの話し方④:Point(結論)

PREP法の4つ目に、もう一度Point(結論)について説明します。
ここまで理由と具体例を説明してきたことで、聞き手はあなたが伝えたいことを理解しているはずです。
そこで最後に「結局、何を伝えたかったのか」を改めて伝えることで、聞き手の認識違いを防ぎ、話を理解をさせられます。
内定者の自己PRだと、以下の部分がPoint(結論)にあたります。

「就活の教科書」編集部 西川

自己PRの話し方④:Point(結論)

これらの経験から私は、自ら強みを「自己評価の向上にひたすら貪欲なところ」だと、理解しています。

 

ここまで、自己PRを「PREP法」で説明する方法について解説しました。
最後に内定者の自己PRで、PREP法のおさらいをしてみましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

自己PR:PREP法のおさらい

【Point(結論)】
私の強みは「自己評価の向上にひたすら貪欲なところ」です。

【Reason(理由)】
私は、自分のことを優れた人間だと思えません。

しかし、とてもつもなく優秀な父親に幼少期から「お前も優れた人間になれ」と叩き込まれている影響で、自分を少しでも成長させたい、成長したいという強い意志と欲求があります。

そのため学生時代には常に現状に満足せず、主に新しい3つの事柄に挑戦し、少しでも理想の自分に近づけるように自分を高めて参りました。

【Example(具体例)】
新しい3つの事柄とは、サークル設立運営・ミスコンの企画開催・モデル活動です。

サークル立ち上げ、3か月で300人のメンバーを集めて運営した経験からは、成果を出すのに必要な努力量や責任感を学び、ミスターコンテストの企画運営ではアドビを用いた動画編集を学び、モデル事務所での活動では、人のニーズを理解するリスニング能力、そして「自分が仕事を通じて本当にしたいこと」を理解しました。

【Point(結論)】
これらの経験から私は、自ら強みを「自己評価の向上にひたすら貪欲なところ」だと、理解しています。

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「ガクチカ」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートのガクチカをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガクチカで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートのガクチカを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事にガクチカを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「ガクチカ」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:ガクチカと自己PRは面接官の質問意図が違う

今回の「【ガクチカと自己PRの違いは?】エピソードは同じでも良いのか,区別する方法も | 内定者の例文アリ」はいかがだったでしょうか。

この記事では、ガクチカと自己PRについて徹底的に調査した西川が、
ガクチカと自己PRの違いや内定者の例文など、皆さんの疑問に完全回答してきました。

この記事で紹介してきた内容おさらいしていきます。

「就活の教科書」編集部 西川

記事で紹介してきた内容

①:ガクチカと自己PRの違いは、面接官の質問意図

  • ガクチカでは「困難の乗り越え方」を求められている
  • 自己PRでは「自分の強み」を求められている

②:ガクチカと自己PRのエピソードって被っていいの?

  • できれば別のエピソードが望ましい

③:内定者のガクチカ/自己PRの例

④:ガクチカ/自己PRは”話し方”で区別できる

  • ガクチカはSTAR法で話す
  • 自己PRはPREP法で話す

 

 

この記事であなたのガクチカと自己PRに関する疑問はすべて解消できたはずです。

当サイト「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ記事をたくさん更新しています。

また就活で困ったことがあれば、ぜひ読みに来てくださいね。

あなたの就職活動が上手くいくことを心から応援しています。

「就活の教科書」編集部 西川