>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】エントリーシート「研究内容」の書き方5ステップ | 例文,注意点も

【理系就活生に贈る】 (1)

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。

このページでは、理系就活生のために、エントリーシート(ES)の書き方を紹介します。

理系就活生の方は、エントリーシートの研究内容欄の書く内容に困っている人が多いと思います。

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

エントリーシートの分かりやすい書き方を理解した上で、研究内容を書きたいです。

就活生ちゃん

実際にエントリーシートの研究内容を書いてみたんですが、人事の人に理解できるとは思えません。
どうすれば人事の方にも分かりやすい研究内容を書けますか?

研究内容を知らない人にわかりやすく伝えるのって難しいですよね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

そこで今回の記事では、「就活の教科書」編集部の西川が、エントリーシートの「研究内容」の書き方を解説します。

合わせて、面接官が研究内容を聞く理由、「研究内容」を書く時の注意点実際の例文も紹介します。

この記事を読めば、研究内容について分かりやすく表現できるようになり、採用人事にきちんと伝わる表現方法をマスターできます。

研究内容の分かりやすい書き方で困っている人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

理系就活生の方には、以下の記事も役立つと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも、なんでエントリーシートで「研究内容」を聞かれるのか?

就活生くん

さっそく、エントリーシート「研究内容」の書き方について教えてください!

「研究内容」の書き方をお伝えする前に、そもそも面接官が見ているポイントをおさらいしておきましょう。

面接でもそうですが、質問に答える際に重要なのは、「面接官がその質問から何を知りたいのか」を見抜いた上での回答です。

そこでまずは簡単に、人事がエントリーシートで研究内容を質問する目的について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

エントリーシートで研究内容を聞く4つの目的

エントリーシート(ES)の中で研究内容を聞く目的は、大きく分けて4つの理由があります。

「就活の教科書」編集部 西川

研究内容を聞く理由
  • 理由①:研究成果を出すためにどう工夫するのか知るため
  • 理由②:コミュニケーション能力を知るため
  • 理由③:上手くいかない時ににどう対応するのか知るため
  • 理由④:集団の中でどんな活躍をしてくれそうか知るため

企業が就活生にエントリーシートを書かせるのは、「面接の質問のネタにする」のも大きな目的の1つです。

エントリーシートで研究内容を書く際は、深堀りを前提に「人事が知りたい注意点」を意識して書いてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

エントリーシート「研究内容」の例文2つ

それでは、本題のエントリーシート「研究内容」の例文を見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部のもりぴー君が、実際に出して通過させた文章を例文として見ていきます。

まずは、研究内容の「良い例」を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

研究内容の「良い例」

研究内容の良い例

私は化学反応を効率化するプロセスの研究をしています。

従来の化学製品をよりコストが低く、かつ環境に優しく生産できるようにすることで、より良い生活を人々に届けることが研究背景です。

具体的な研究内容としては、手のひらサイズの装置の上で化学反応を起こし、そのメカニズムを解明することです。そして、小さいサイズの結果を現場のサイズに拡張してうまく利用できるかどうかを検討しています。

研究を進めて行く中で、装置の設計に不備があり装置が動かなくなることがありました。装置のプログラムを解析し、コードを書き直すことで装置で化学反応を起こすことができました。

装置の設定や液体の成分を変えることで目標となる生成物質の収率を60%上昇しました。

私が行なっている研究は、前例が全くないため0から仮説を立てて、実験、検証のサイクルを繰り返しました。その結果、長期的に計画を立てる力や論理的思考力が身につきました。

このエントリーシート「研究内容」から、学生が何を頑張ったのか分かりやすいですし、何を学んだのか、どういう工夫をしたのかはっきりと理解できますよね。

研究内容を書くときは、自分の凄さをアピールするのではなく、自分のやってきたことを相手に分かりやすく丁寧に説明しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

研究内容の「悪い例」

次は、エントリーシート書き方の注意点を無視した「研究内容」の悪い例です。

研究内容の書き方の注意点は、この記事の後半で解説します。

この「悪い例」は、実際に企業に提出したものでなく、この記事の為に作ってもらいました。

研究内容の悪い例

私は振動板上におかれた液滴内の流動・混合特性の研究をしています。

従来のマイクロ流路型の反応器では圧力損失などの原因により過剰にコストがかかっています。その問題をナンバリングによりスケールアップして解消することを目指すのが研究背景です。

具体的な研究内容は、数値シミュレーションと実際の実験から各パラメータの相関関係を粒子法で分析することです。その結果をスケールアップすることを検討しています。

研究を進めていくうちに、装置のプログラムに不備があることがわかりました。そこでPythonを使ってアルゴリズムを改変し、エラーを直しました。その結果、装置で化学反応を起こすことができました。

レイノルズ数を上昇させることで液滴内部に乱流を起こし、目的物質の収率が60%上昇しました。

この研究内容の悪い例を読んでみて、採用人事はどう思うと思いますか?

おそらく、専門用語が多すぎて全く理解できないと思います。

文章の流れは綺麗ですが、内容を理解できないため、この学生が何を頑張ったのかよく分かりません。

「就活の教科書」編集部 西川

 

このエントリーシートが通過したとしても、面接で人事が質問を考える時に困ってしまうでしょう。

このままでは、内容を理解するために時間と頭を使ってしまうでしょう。

すると、あなたの人間性を理解するために時間を使えなくなってしまいます。

 

エントリーシート「研究内容」の書き方 5つ

エントリーシートの「研究内容」では、以下の順序で研究内容を書き上げると分かりやすくなります。

研究内容のおすすめの書き順
  1. 研究の成果、総論
  2. 研究をやろうと考えた背景
  3. 具体的な研究方法
  4. 研究の途中で起きた問題にどう対処したか
  5. 研究を通じた学び
各項目で具体的に何を書いたら良いのか説明していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ステップ①:研究の成果、総論

エントリーシート「研究内容」の書き方1つ目は、「研究の成果、総論」です。

まずは出だしとして、自身が行ってきた研究が何の研究なのか、またどんな成果が得られたのか、から書き始めましょう。

結論から伝え始めることを「結論ファースト」と言います。

初めに結論から述べることで、これから何の話をするか明確にできるため、受け手の理解をスムーズにできます。

研究内容からの学びを強調したい場合は、「私は〇〇の研究を通じて、△△を学びました。」と書き出すのが良いでしょう。

先程、紹介した「良い例」から引用すると、以下の部分に当てはまります。

「就活の教科書」編集部 西川

研究の成果、総論
私は化学反応を効率化するプロセスの研究をしています。

 

ステップ②:研究をやろうと考えた背景

エントリーシート「研究内容」の書き方2つ目は、「研究をやろうと考えた理由」です。

研究をやろうと考えたきっかけを簡単に分かりやすく書きましょう。

人事はあなたの価値観を知るために、この研究をやろうと考えた理由を必ず面接で質問してきます。

「研究をやろうと考えた理由」は、面接でも深堀りされます。
エントリーシートでは簡単に書いておきましょう。
先程、紹介した「良い例」から引用すると、以下の部分に当てはまります。

「就活の教科書」編集部 西川

研究をやろうと考えた理由
従来の化学製品をよりコストが低く、かつ環境に優しく生産できるようにすることで、より良い生活を人々に届けることが研究背景です。

 

ステップ③:具体的な研究内容

エントリーシート「研究内容」の書き方3つ目は、「具体的な研究内容」です。

どんな方法で、どんな研究に取り組んだのか、読み手がイメージできるように書きましょう。

具体的な研究内容で気をつけて欲しいのが、専門用語を多用しないことです。

どんな器具を使用して、どんなことをしたのか、知識がない人でもイメージできるように書きましょう。

先程、紹介した「良い例」から引用すると、以下の部分に当てはまります。

「就活の教科書」編集部 西川

具体的な研究内容
具体的な研究内容としては、手のひらサイズの装置の上で化学反応を起こし、そのメカニズムを解明することです。そして、小さいサイズの結果を現場のサイズに拡張してうまく利用できるかどうかを検討しています。

 

ステップ④:研究で起きた問題への対処法

エントリーシート「研究内容」の書き方4個目は、「研究で起きた問題にどう対処したか」です。

人事は、「上手く物事が進まなかった時どうするのか」も評価対象として重視しています。

実際にトラブルを乗り越えた経験がある人は、ここでアピールしていきましょう。

先程、紹介した「良い例」から引用すると、以下の部分に当てはまります。

「就活の教科書」編集部 西川

研究で起きた問題にどう対処したか
研究を進めて行く中で、装置の設計に不備があり装置が動かなくなることがありました。装置のプログラムを解析し、コードを書き直すことで装置で化学反応を起こすことができました。

 

ステップ⑤:研究を通して学んだこと

エントリーシート「研究内容」の書き方5つ目は、「研究を通して学んだこと」です。

最後は、研究を通して学んだことで文章を締めましょう。

文章の最初と最後を「自分が伝えたいこと」で挟むことで、受け手の理解をスムーズにできます。

先程、紹介した「良い例」から引用すると、以下の部分に当てはまります。

「就活の教科書」編集部 西川

研究を通して学んだこと
装置の設定や液体の成分を変えることで目標となる生成物質の収率を60%上昇しました。

私が行なっている研究は、前例が全くないため0から仮説を立てて、実験、検証のサイクルを繰り返しました。その結果、長期的に計画を立てる力や論理的思考力が身につきました。

そしてこれらの書き方を意識して文章を構成すると、以下のような文章なります。

「就活の教科書」編集部 西川

研究内容の良い例

私は化学反応を効率化するプロセスの研究をしています。

従来の化学製品をよりコストが低く、かつ環境に優しく生産できるようにすることで、より良い生活を人々に届けることが研究背景です。

具体的な研究内容としては、手のひらサイズの装置の上で化学反応を起こし、そのメカニズムを解明することです。そして、小さいサイズの結果を現場のサイズに拡張してうまく利用できるかどうかを検討しています。

研究を進めて行く中で、装置の設計に不備があり装置が動かなくなることがありました。装置のプログラムを解析し、コードを書き直すことで装置で化学反応を起こすことができました。

装置の設定や液体の成分を変えることで目標となる生成物質の収率を60%上昇しました。

私が行なっている研究は、前例が全くないため0から仮説を立てて、実験、検証のサイクルを繰り返しました。その結果、長期的に計画を立てる力や論理的思考力が身につきました。

エントリーシート「研究内容」の注意点 7つ

就活生くん

人事が研究内容から知りたいことは分かりました!

これらの注意点に注意しながらエントリーシートの「研究内容」を書いていきたいと思います。

そうですね。では次に、「研究内容」を書く際に意識して欲しい注意点について見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

エントリーシート「研究内容」の書き方の注意点は、7点あります。

研究内容の書き方で気をつけるべき注意点
  • 注意点① : 専門知識をできるだけ使わない
  • 注意点② : 結論・総論から書き始める
  • 注意点③:結果より「研究に取り組む姿勢・プロセス」を強調する
  • 注意点④ : 研究チームにおいて自分の役割を明らかにする
  • 注意点⑤ : 研究を実施した理由や今後の展望や反省点を明らかにする
  • 注意点⑥ : 研究から得た技術や能力をアピールしながら書く
  • 注意点⑦ : 質問されることを想定して書く
ここで紹介する注意点を意識して、エントリーシートの研究内容を構成することで、人事から特別な評価を得るエントリーシートを作り上げられますよ。

「就活の教科書」編集部 西川

 

注意点① : 専門知識をできるだけ使わない

エントリーシート「研究内容」の書き方の注意点1つ目は、「専門知識をできるだけ使わない」です。

この注意点で満たせる「人事が知りたい注意点」は、以下の1点です。

人事が知りたい注意点
  1. コミュニケーション能力を知るため

 

エントリーシートで研究内容を書くときは、学内で研究発表する時のように、受け手が自分と同じ知識量を持っていると考えてはいけません

あなたのエントリーシートを読む人事が、専門知識をまったく持っていないと前提として臨みましょう。

書いた内容に専門知識的が多く含まれていそうかは、文系の人に添削をしてもらい、確認してもらいましょう。
エントリーシート(ES)を書き上げたら、一度添削してもらうのがオススメです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

注意点② : 結論・総論から書き始める

エントリーシート「研究内容」の書き方の注意点2つ目は、「結論や総論から書き出す」です。

この注意点で満たせる「人事が知りたい注意点」は、以下の2点です。

人事が知りたい注意点
  1. コミュニケーション能力を知るため
  2. 成果を出すためにどう頑張れるのか知るため
エントリーシートで研究内容を書くときは、結論や総論から書き始めることで、以降の文章で何が説明されるかを感覚的に理解できるため、非常に効果的です。

エントリーシートを書く流れとしては、以下の記事も参考になりますので合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

注意点③ : 結果より「研究に取り組む姿勢・プロセス」を強調する

エントリーシート「研究内容」の書き方の注意点3つ目は、「結果より、研究に取り組む姿勢・プロセスを強調する」です。

この注意点で満たせる「人事が知りたい注意点」は、以下の2点です。

人事が知りたい注意点
  1. 成果を出すためにどう頑張れるのか知るため
  2. 上手くいかない時ににどう対応するのか知るため

 

企業は、あなたに入社後も活躍してもらうことを望んでいます。

この「入社後も活躍できるか?成果を出せるか?」の判断基準になるのは、学生時代に結果を出したか、ではなく「目標を達成するために、正しいプロセスを考え実行してきたか」です。

あなたが研究で凄い結果を出していたとしても、企業にとっては、その結果があなたの力なのかは判断がつきません。

優秀な教授が研究室にいたから結果を出せたかもしれないし、そもそも結果が出たのが偶然なのかも企業は判断がつきません。

 

一方、「正しいプロセスを踏める」かどうかは、学生が論理的に説明できるかで判断できます。

さらに「正しいプロセスを考え実行できる」ことは、ステージが変わっても活躍できる可能性が高いです。

だからこそ、研究内容を説明するときは、結果よりも研究に組んできた姿勢をアピールするべきです。

就活でよくある勘違いが、優秀な学生だと思われるには”凄い”実績がなければならないという勘違いです。

 

実際はそうではなく、企業にとって優秀な就活生とは、自分の人柄をしっかり理解し説明できる学生です。
「理解し、説明できるか」が最低ラインとしてあり、その上で”凄い”実績があれば、なお良しとされます。

研究結果の”凄さ”で自分を武装しようとしてはいけません。
結果よりも、あなたの姿勢や考え方をアピールしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

注意点④ : 研究チームでの役割を書く

エントリーシート「研究内容」の書き方の注意点4つ目は、「研究チームでの役割を書く」です。

この注意点で満たせる「人事が知りたい注意点」は、以下の点です。

人事が知りたい注意点
  1. 集団の中でどんな活躍をしてくれそうか知るため

人事は、自社がどのような人材を必要としているかを把握した上で、採用活動をしています。

人事はあなたが研究チームでどのように活躍したか知り、あなたがどのような人材なのか判断するのです

だからこそ、研究内容を説明するときは、あなたが研究チームでどのように活躍したかをアピールして欲しいのです。

企業が求める人材は、企業のホームページの「求める人物像」に記載されています。

エントリーシートを書くときや面接を受ける際は、企業が求める人物像の把握が大切です。

しかし気をつけて欲しいのは、企業が求める人物像になりきってはいけないという事です

あくまで、あなたはあなたらしく就職活動に望んでください。

就活生が嘘の人物像を演じることは、企業が最も求めていないです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

注意点⑤ : 研究をした理由や今後の展望や反省点を述べる

エントリーシート「研究内容」の書き方の注意点5つ目は、「研究を実施した理由や今後の展望・反省点を明らかにする」です。

この注意点で満たせる「人事が知りたい注意点」は、以下の2点です。

人事が知りたい注意点
  1. 成果を出すためにどう頑張れるのか知るため
  2. 上手くいかない時ににどう対応するのか知るため

 

その研究を実施した理由や今後の展望・反省点を質問することで、企業はあなたの価値感や興味のあること、頑張ろうと思う注意点を知ろうとしています。

企業はあなたの価値感や考え方を把握し、自社の求める人材とマッチするか判断しています。

研究を実施した理由や今後の展望は、エントリーシートに書かなくても面接で質問されます。

つまり、それだけ企業にとってあなたの価値観や考え方を重要視しているのです。

企業が重要視している点を無視するという選択肢は無いですよね。
むしろ研究の展望や反省を徹底的に言語化し、どんな角度からの深堀りにも対応できるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

注意点⑥ : 研究から得たものをアピールする

エントリーシート「研究内容」の書き方の注意点6つ目は、「研究から得た技術や能力をアピールしながら書く」です。

この注意点で満たせる「人事が知りたい注意点」は、以下の2点です。

人事が知りたい注意点
  1. 成果を出すためにどう頑張れるのか知るため
  2. 集団の中でどんな活躍をしてくれそうか知るため

 

たとえ文系就職をするとしても、それまでに研究で培ってきたスキルや身につけた知識はどこかで役に立つはずです。

企業もそれを分かっているので、あなたの経験が具体的にどこで活躍しそうか気になっています

例えば、目的を達成するために考えて行動した「実行力」は、あなたが研究を通して得た、立派なスキルの1つだと思います。

あなたが具体的にどういう能力を持っているのかできるだけ具体的に企業に教えてあげましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

注意点⑦ : 面接官からの質問を想定して書く

エントリーシート「研究内容」の書き方の注意点7つ目は、「質問を想定して書く」です。

この注意点で満たせる「人事が知りたい注意点」は、以下の4点です。

人事が知りたい注意点
  1. コミュニケーション能力を知るため
  2. 成果を出すためにどう頑張れるのか知るため
  3. 上手くいかない時ににどう対応するのか知るため
  4. 集団の中でどんな活躍をしてくれそうか知るため

 

「質問されることを想定する」は、全ての就活生がエントリーシートを書く際に意識してほしい注意点です。

冒頭にも述べましたが、エントリーシートとは面接の際に質問するためのネタとしても使われます

エントリーシートで書いたことはすべて、質問されても完璧に解答できるようにしましょう。

完璧に答えられないことは書かない方が良いですし、質問して欲しいことは、あえて質問したくなるような書き方をするのも1つの作戦です。

 

またエントリーシートの「ガクチカ」では、大学で取り組んだ研究などの勉強内容もアピールできます。

エントリーシートでガクチカをアピールする書き方は【伝え方が1番大事】ガクチカで勉強をアピールする書き方|例文,注意点もで詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

「研究内容」以外の、エントリーシートでよくある項目の書き方や例文

研究内容以外の、エントリーシートでよくある項目の書き方や例文は、以下の記事で解説していますので、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

エントリーシートを書いてみた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このエントリーシートで本当に選考通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事にエントリーシートを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:「研究内容」を上手く伝えて、エントリーシートを通過させよう!

いかがでしたでしょうか。

この記事では、エントリーシートの「研究内容」欄を書くための方法や注意点ついて紹介してきました。

あなたのエントリーシートに関する悩みが少しでも解消されていれば嬉しいです。

ここまで、研究内容を書く5ステップや、気をつける注意点を7点紹介してきました。

紹介した研究内容の書き方を参考にして、エントリーシートを書き進めてみてくださいね。

この記事のおさらい

研究内容のおすすめの書き順

  1. 研究の成果、総論
  2. その研究をやろうと考えた背景
  3. 具体的な研究方法
  4. 研究の途中で起きた問題にどう対処したか
  5. 研究を通して学んだこと

ES「研究内容」書き方の注意点

  • 注意点① : 専門知識をできるだけ使わない
  • 注意点② : 結論・総論から書き始める
  • 注意点③ : 結果より「研究に取り組む姿勢」を強調する
  • 注意点④ : 研究チームにおいて自分の役割を明らかにする
  • 注意点⑤ : 研究を実施した理由や今後の展望や反省点を明らかにする
  • 注意点⑥ : 研究から得た技術や能力をアピールしながら書く
  • 注意点⑦ : 質問されることを想定して書く

エントリーシートの「研究内容」が書き終わったら、専門知識の無い文系の人に添削してもらうのがオススメです。

自分では伝わると思った内容でも、他の人が見たらよく分からないなんてことは良くあります。

添削は必ずしてもらうようにしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

\ すでに400人以上の21卒が参加!! /
内定者が経験した就活情報をLINEにお届け
無料登録はコチラ