>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【内定者が教える】つまらないインターンシップを避ける3つの方法 | 理由,内容例も

【内定者が教える】つまらないインターンシップを避ける3つの方法 _ 理由,内容例も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本恵典です。
この記事では、つまらないインターンシップを避ける3つの方法について解説します。
あなたはインターンシップに参加して、「つまらないな…」と感じた経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

僕はこの前参加したインターンシップが、何のために行われているのか分からない、つまらない内容でした。
本当に時間の無駄に感じられて、早くインターンシップから帰りたかったです…

就活生ちゃん

私が今まで参加したインターンしっぷはすべて勉強になる内容だったので、つまらないと感じたことはありません。
つまらないインターンシップって、どんな内容なんですか?

インターンシップをつまらないと感じるかどうかは、人それぞれですよね。
しかし実際に、つまらない内容のインターンシップを実施している企業は多いです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

そこでこの記事では、つまらないインターンを避ける3つの方法について解説します。

合わせて、インターンシップをつまらないと感じる理由や、つまらないインターンシップでよくある内容例も紹介します。

この記事を読めば、「つまらないインターンシップばかりに参加して、時間を無駄にしてしまった…」と失敗することもなくなります。

「有意義なインターンシップに参加して、内定につなげたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

インターンシップの多くは「つまらない」と感じる

就活生くん

今までインターンシップに参加しても、つまらないと感じたことしかありません。
インターンシップがつまらないと感じているのって、自分だけなんでしょうか…?

インターンシップがつまらないと感じているのは、あなただけじゃありませんよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

インターンシップに参加した就活生の多くが、「インターンはつまらない」と感じています。

インターンシップを実施しているほとんどの企業が、企業に都合の良い内容しか実施しておらず、就活生にメリットを与えられていないからです。

例えば、1dayインターンシップという名目で、企業説明会を行なっている企業などが良い例です。

先に結論を伝えておくと、面白いと思えるようなインターンシップを見つけるには「OfferBox(オファーボックス)」や「ONE CAREER(ワンキャリア)」が本当におすすめです。
OfferBoxはプロフィールを登録するだけで、企業からインターンシップや本選考へのオファーが届く就活サービスです。
またONE CAREERは業界別・地域別にインターンシップを探せる就活サイトです。

OfferBoxとONE CAREERを並行して使うことで、本当に面白いと感じられるインターンシップに出会えますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

>> OfferBoxでインターンシップスカウトを受けてみる

>> ONE CAREERでインターンシップを見つけてみる

 

インターンがつまらないと感じる理由

就活生くん

そもそも、どうしてインターンシップがつまらないと感じるのでしょうか?
面白い企画のインターンシップに参加して、企業理解を深めたいと考えているのに…

インターンシップがつまらないと感じるのには、ちゃんとした理由があります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

インターンシップがつまらないと感じる理由
  • 理由①:企業が就活生にメリットを提供できていないから
  • 理由②:目的なくインターンに参加しているから
  • 理由③:そもそも興味のない業界・企業のインターンだから

それでは、インターンシップがつまらないと感じる理由をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

理由①:企業が就活生にメリットを提供できていないから

インターンシップがつまらないと感じる理由1つ目は、「企業が就活生にメリットを提供できていないから」です。

インターンシップを実施している企業が採用のことしか考えておらず、就活生にメリットを提供できていない場合、つまらないと感じやすいです。

先述した通り、「1dayインターンシップに参加してみたら、ただの1day企業説明会だった」のようなケースが当てはまります。

就活生にとってもメリットのあるインターンシップでないと、参加する意味を感じられないですよね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

理由②:目的なくインターンシップに参加しているから

インターンシップがつまらないと感じる理由2つ目は、「目的なくインターンシップに参加しているから」です。

目的を持たずインターンシップに参加している就活生は、つまらないと感じやすくなります。

「企業理解を深めるため」「早期選考を受けるため」など、どのような目的でも構わないので、インターンシップには目的を持って参加することが大切です。

インターンシップでは社員と話せる機会もあるので、会社の雰囲気も掴めます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

理由③:そもそも興味のない業界・企業のインターンシップだから

インターンシップがつまらないと感じる理由3つ目は、「そもそも興味のない業界・企業のインターンシップだから」です。

志望していない業界・企業のインターンシップに参加する場合も、つまらないと感じてしまいます。

しかし就活をするうえで、多くの業界を知っておくことは非常に大切です。
「インターンシップに参加してみたら、意外と面白い業界だった」なんて新しい発見もあります。
そのため、たまには興味のない業界・企業のインターンシップに参加してみるのも良いでしょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

つまらないインターンシップを避ける3つの方法

就活生ちゃん

インターンシップって、つまらない内容のものも以外とあるんですね。
つまらないインターンシップを避けるためには、どのようなことに気をつければ良いでしょうか?

つまらないインターンシップを避けるためには、次の3つを意識しましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

つまらないインターンシップを避ける3つの方法
  • 方法①:選考のあるインターンシップに参加する
  • 方法②:志望度の高い業界・企業のインターンシップに参加する
  • 方法③:インターンシップの日程を確認する

それでは、つまらないインターンシップを避ける方法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法①:選考のあるインターンシップに参加する

つまらないインターンを避ける方法1つ目は、「選考のあるインターンシップに参加する」です。

選考のあるインターンシップは、企業も力を入れているため、インターン内容も実際の業務に近くて評判が良いです。

またインターンシップ参加者も、難しい選考を通過してきた就活生なので、優秀な人が多く刺激を受けられます。

2日以上のインターンシップや、5日間のインターンシップなどは、選考があることが多いですよ。
選考を通過するのが難しい分、インターンシップでつまらないと感じにくくなるのでおすすめです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法②:志望度の高い業界・企業のインターンシップに参加する

つまらないインターンを避ける方法2つ目は、「志望度の高い業界・企業のインターンシップに参加する」です。

志望度の高い業界や企業のインターンシップでは、業界理解・企業理解が深まるため、つまらないと感じにくいです。

業界理解を深めるためにも、志望度の高い業界では3〜5社程度のインターンシップに参加するのが良いでしょう。

業界研究・企業研究をする目的については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法③:インターンシップの日程を確認する

つまらないインターンを避ける方法3つ目は、「インターンシップの日程を確認する」です。

参加するインターンシップの日程を確認することで、興味のある内容かどうかを事前に判断できます。

「周りの友達がインターンシップに参加しているから、自分も参加しないといけない…」という焦りから、適当にインターンシップに参加することは避けましょう。

インターンシップの日程は、インターンシップ募集サイトを見れば簡単に確認できますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

インターンシップでの悩みに関しては以下の記事で解説しているので、インターンシップに関して悩みを抱えている就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

つまらないインターンシップでよくある内容例

つまらないインターンシップと言っても、その内容は様々です。
最後に、つまらないインターンシップでよくある内容例を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

つまらないインターンシップでよくある内容例
  • つまらない例①:ただの企業説明会
  • つまらない例②:意味のわからないワーク
  • つまらない例③:社員同士が身内話をするだけの座談会

つまらないインターンシップを見分ける際の参考になれば幸いです。
それでは、つまらないインターンシップでよくある内容例をそれぞれ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

つまらない例①:ただの企業説明会

つまらないインターンシップでよくある内容例1つ目は、「ただの企業説明会」です。

1dayインターンシップと言いながら、企業説明会のみを実施する企業も存在します。

また2dayインターンシップのうち、1日目の日程を企業説明会で済ませてしまう企業もあります。

インターンシップと言うからには、何か実践できるワークなどが用意されていないと、つまらないと感じてしまいますよね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

つまらない例②:意味のわからないワーク

つまらないインターンシップでよくある内容例2つ目は、「意味のわからないワーク」です。

実際の業務で使うのかわからない、意味のわからないワークを実施するインターンシップもあります。

反対に、実際の業務で使えるようなワークを実施する企業は、企業理解を深められる良いインターンシップだと言えますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

つまらない例③:社員同士が身内話をするだけの座談会

つまらないインターンシップでよくある内容例3つ目は、「社員同士が身内話をするだけの座談会」です。

座談会の本来の目的は、社員と就活生が気軽に話して、企業や就職に関する疑問を解消することです。

しかし企業の中には、社員同士が身内話をしているだけの、つまらない座談会を実施するインターンシップもあります。

つまらないインターンシップでよくある内容例3つを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
みなさんがインターンシップに参加するうえで、つまらない内容を避けられる指標になれば幸いです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

インターンシップに関するよくある質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

内定者がおすすめするインターンシップに役立つサイト

就活生くん

インターンシップに参加してみたいけど、たくさんありすぎてどこから参加していいかわからないです・・・

インターンシップを見つけられるサイトがあれば教えてください。

インターンシップに役立つサイトとして「インターンシップガイド」と「OfferBox(オファーボックス)」が最もおすすめですね。

インターンシップガイドは全国47都道府県のインターン情報があり、日本最大の掲載企業数を誇るインターンシップサイトです。

インターン選考通過のノウハウや、体験記もあるので自分のいきたいインターンシップを見つけられます。

OfferBoxは7,600社以上の企業の中から、インターンシップ参加依頼があなたに直接届くスカウトサイトです。

プロフィール登録をするだけで、インターンシップへのスカウトが企業から届きますよ。

人事さん

>> インターンシップガイドでインターンを見つけてみる

>> OfferBoxでインターンシップスカウトを受けてみる

 

その他のインターンシップが探せるサイトはこちらの記事でまとめているので、あなたに合ったインターンシップを見つけてみてくださいね。

 

まとめ:つまらないインターンシップは事前に見分けて参加しよう

この記事では、つまらないインターンシップを避ける3つの方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、インターンシップをつまらないと感じる理由や、つまらないインターンシップでよくある内容例も紹介しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

つまらないインターンシップを避ける3つの方法まとめ

インターンシップがつまらないと感じる理由

  • 理由①:企業が就活生にメリットを提供できていないから
  • 理由②:目的なくインターンに参加しているから
  • 理由③:そもそも興味のない業界・企業のインターンシップだから

つまらないインターンシップを避ける3つの方法

  • 方法①:選考のあるインターンシップに参加する
  • 方法②:志望度の高い業界・企業のインターンシップに参加する
  • 方法③:インターンシップの日程を確認する

つまらないインターンシップでよくある内容例

  • つまらない例①:ただの企業説明会
  • つまらない例②:意味のわからないワーク
  • つまらない例③:社員同士が身内話をするだけの座談会

目的なくインターンシップに参加したり、志望度の低い業界・企業のインターンシップに参加する場合は、つまらないと感じることが多いです。
「企業理解を深めるため」「早期選考を受けるため」など、どのような内容でも良いので、目的を持ってインターンシップに参加することが大切です。
インターンシップに参加するメリットはたくさんあるので、つまらないと感じないような、有意義なインターンシップに参加して内定につなげましょう。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典