>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【例文あり】大学・学部・学科を選んだ理由をアピールするコツ | 質問意図,ない場合の対処法

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 「大学・学部・学科を選んだ理由」の質問意図
  • 「大学・学部・学科を選んだ理由」の例文5選(学部別)
  • 「大学・学部・学科を選んだ理由」をアピールするコツ
  • 大学を選んだ理由で評価されない例文10選

就活生の皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のハヅキです。

皆さんは、「大学・学部・学科を選んだ理由」という質問に対して、解答に少し迷ってしまう経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

就活生くん

前回の面接で「大学・学部・学科を選んだ理由」を聞かれた際に回答に詰まってしまって、面接官の方に良い印象を与えることができませんでした・・・

どのように答えれば面接官にアピールできるのでしょうか?

就活生ちゃん

「大学・学部・学科を選んだ理由」が正直ないんですよね・・・

他の就活生は本当に大学に入る前から理由があったのでしょうか?

大学を選んだ理由がはっきりしていない学生さんの方が多いかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

そこで、この記事では「大学・学部・学科を選んだ理由」の例文を学部別に解説します。

また、「大学・学部・学科を選んだ理由」の面接でのアピールするコツも解説していきます。

合わせて、「大学・学部・学科を選んだ理由」がない学生さんはどうすれば良いのかについても解説していきます。

この記事を読めば、「大学・学部・学科を選んだ理由」という困った質問にも自信をもって答えることができます。

ぜひ最後まで読んで、大学を選んだ理由を聞かれた際にはっきり答えられるようにしましょう。

「大学・学部・学科を選んだ理由」の質問意図

就活生くん

そもそも面接官の方は、「大学・学部・学科を選んだ理由」を聞いて何を見ているのですか?

実は、この質問で人事が見ていることは主に3つもあるのです!

「大学・学部・学科を選んだ理由」質問意図3つ
  • 意図①:好奇心などの内面を見たい
  • 意図②:計画的に目標を立てて行動した経験があるかをみたい
  • 意図③:勉学に力を入れているかを見たい
では具体的に、これらの大学を選んだ理由の意図を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

質問意図①:好奇心などの内面を見たい

「大学・学部・学科を選んだ理由」質問意図1つめは、好奇心などの内面を見たいことです。

どのような目標や思いがあって、その大学に入り、学部・学科を選んだのかを見ることで、あなたの興味のあるものや、その好奇心を見ることができるからです。

また、なぜその考えに至ったのかを見ることで、企業選びにどのように反映されるかも見ています

職場でも、あなたの好奇心が発揮されるかを見たいのです。

つまり、どんなことに興味や関心があって、その好奇心を活かしているかということが見たいのですね!

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

質問意図②:計画的に目標を立てて行動した経験があるかをみたい

「大学・学部・学科を選んだ理由」質問意図2つめは、計画的に目標を立てて行動した経験があるかを見たいことです。

どの大学に入って、どの学部や学科で学びたいかは、卒業後に何がやりたいことに沿って選択する人も少なくありません。

看護師になりたい学生さんは、看護学校にいきますし、外資系の企業で働きたい学生さんは、外国語学部が強い大学に決めると言ったものです。

面接官は、計画的に将来の目標を立てて行動できる人材は就職後も活かせるので、必要と考えます。

計画的に行動するのが得意という方は、このチャンスを生かしてアピールしてみて下さいね!

将来的な目標を魅力的に伝えたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

質問意図③:勉学に力を入れているかを見たい

「大学・学部・学科を選んだ理由」質問意図3つめは、勉学に力を入れているかを見たいことです。

学校には、それぞれの伝統や環境がありますが、その中で、どのように勉学に励んできたかを見ることによって、入社後の仕事に対する姿勢のイメージがつきます

第一志望の大学・学部で勉強できていなかったとしても、どのように取り組んだのかが大事になります。

入学当初、どのような意気込みを持って入学したのか思い出してまとめてみて下さい。

面接官は入社後も主体性を持って、仕事に自ら取り組んでくれる人材を探しているのですね。

自己PRなどで勉学について上手く話したい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

「大学・学部・学科を選んだ理由」の例文5選(学部別)

就活生くん

確かに、僕は色んなこだわりがあって、今の大学と学部を選んできましたが、どのように話したら良いのか分かりません・・・

では次に例文を紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

例文①:どの学部でも使える編

「大学・学部・学科を選んだ理由」の例文1つ目はどの学部でも使える編です。

私は、〇〇大学の〇〇部を選んだ理由は、自分の気になっていた学部学科に強かったからです。

その学部の知識はなかったのですが、〇〇がきっかけでもっと知ってみたいと思うようになりました。

私は何も知らないことを勉強をして、知識を増やすことがモチベーションを高める鍵となっています。

その好奇心旺盛な性格に基づいて学部学科を決めました

就活生くん

確かにどの学部でも絶対に些細なきっかけはありますもんね!
そうですね、しっかりと新しいことを学ぶことへの意欲も伝えられています!

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

例文②:経済学部編

「大学・学部・学科を選んだ理由」の例文2つ目は経済学部です。

私は、〇〇大学の経済学部を選んだ理由は、社会に出てから最も役に立ち、実用性があると考えたからです。

5大グローバル企業が全世界を独占するというニュースを見て、これからさらにビジネスが情報戦になると感じていました。

変化の激しいこの時代の、産業や経済の関係について学び、これから社会で働く上で生かしていきたいと考え、今の学部学科に決めました。

就活生ちゃん

ニュースからの情報も取り入れていて、好奇心を表現できている上に、志望理由にも説得力がありますね!
さらに、これからどう生かしていきたいかも述べていて素晴らしい文章だと思います!

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

例文③:文学部編

「大学・学部・学科を選んだ理由」の例文3つ目は文学部編です。

私が〇〇大学の文学部を選んだ理由は、中高時代に沢山の本を読んできた中で、答えのない文学の世界が好きなことに気づいたからです。

著者それぞれの考えや、日本語の表現の仕方でも伝わり方が違うことが面白いと感じます。

沢山の小説や哲学と触れ合うことで、人間と社会について深く理解する力がつき、また社会でも役立つと考えに基づき、学部学科を決めました。

自分の好きなことを学びたいという立派な姿勢が伝わってきます!

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

例文④:建築学部

「大学・学部・学科を選んだ理由」の例文4つ目は建築学部編です。

私が〇〇大学の建築学部を選んだ理由は、耐震設計を学びたいと思ったからです。

私は、東日本大震災で無惨に崩れてしまった実家を含めた沢山の建物を見て、地震に強い家づくりに興味を持つようになりました。

〇〇大学では△△教授による耐震構造研究が有名で、質の高い実験や研究の機会がある大学に決めました

この方は、学部から大学を決めたパターンですね。

学部に興味を持ったきっかけも述べられていて説得性があります

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

例文⑤:商学部

「大学・学部・学科を選んだ理由」の例文5つ目は商学部編です。

私が〇〇大学の商学部を選んだ理由は、マーケティングに興味があったからです。

高校時代に仕事体験の中で商品開発に携わる機会があったのですが、自分の関わった商品が店頭に並ぶことに感動を覚え、これを仕事にしたいと考えるようになりました。

その為には、市場調査など基本的な知識を含めて、マーケティングのノウハウを学びたいと強く思い、商学部に決めました。

マーケティングに興味のある理由が仕事と直結している為、面接官も理解しやすいですね!

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

ちなみに面接で人事の印象をあげたいなら、面接練習の他に「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」で、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、面接を突破しましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

あなたの現在の就活戦闘力で面接は突破できるのか?

自分の現状の就活戦闘力が知りたい学生は、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

就活力診断では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで、内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断をしてみる

 

「大学・学部・学科を選んだ理由」をアピールするコツ3つ

就活生ちゃん

「大学・学部・学科を選んだ理由」をどのようなことを話したら良いのかは分かってきました。

でも何かアピールするコツがあれば教えて欲しいです!

では、ここで三つのコツを紹介するので面接時に生かしてみて下さい!

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

「大学・学部・学科を選んだ理由」をアピールするコツ3つ
  • コツ①:高校生で考えていた目標について触れる
  • コツ②:仕事に直結しない学部の場合は「好き」を理由にしよう
  • コツ③:入学後に学んでいることを話す
具体的にどういうことなのか、順番にみていきましょう!

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

コツ①:高校生で考えていた目標について触れる

「大学・学部・学科を選んだ理由」をアピールするコツ1つ目は高校生で考えていた目標について触れることです。

そうすることによって、面接官の質問意図である、あなたの興味関心などの内面を見ることと、計画的に行動できる人かを見ることができるからです。

高校時代に祖母の看護をする上で、看護士になってもっと多くの方を助けたいと思うようになったから、看護学科を選んだなどと話しましょう。

高校時代に考えていた計画を話して、面接官の質問意図に基づくニーズを満たしましょう

私はアメリカの大学に通っていましたが、専攻学科を決めるのは二年目でも良いというメリットがありました。

そこで、ビジネス学部の様々な教科を取る中で、国際的なマーケティングの知識を身につけることで、様々な場面で活かせるのではないかと考え専攻に決めました。

高校生活で学んだことについて上手く伝えたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

コツ②:仕事に直結しない学部の場合は「好き」を理由にしよう

「大学・学部・学科を選んだ理由」をアピールするコツ2つ目は仕事に直結しない学部の場合は「好き」を理由にすることです。

「好き」を理由にそれについて詳しく知りたいという意欲は素晴らしいのことなので、仕事になりにくい学部でも、自信を持って話しましょう。

文学部には、中高時代にある作家の小説に熱中したから、深く学んでみたかったという理由で大学・学部を選んだ学生さんもいるでしょう。

何より大切なことは、好きなことを勉強することによって、どのようなことを学んだのか、それを入社してどう活かせるかを話しましょう

もちろん、「好きだったから」という理由だけでは計画性のない子と誤解されてしまう可能性もあるので気をつけましょう!

面接では好きな言葉も聞かれることもあります、好きな言葉を上手く伝えたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

コツ③:入学後に学んでいることを話す

「大学・学部・学科を選んだ理由」をアピールするコツ3つ目は入学後に学んでいることを話すことです。

学んでることが、入社後にどのように活かせるのかを面接官は知りたいのです。

マーケティングですと、顧客心理や販売促進など具体的にどのようなことを学んだのかを、仕事と直結する内容が話せたら好ましいです。

一つでも良いので、具体的に学んだことをしっかり言えるようにしておきましょう

就活生くん

こうなると、企業研究も必要になりますね。

その通りです。企業研究をして仕事内容を理解することも大事になります!

ただし、専門用語はあまり使わないように気をつけて下さい。

大学で学んだことについて、上手く伝えたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

「大学を選んだ理由」が思いつかない場合の対策

就活生ちゃん

私が大学を選んだ理由は、面接では言えない理由なのですがどうしたら良いでしょうか・・・
「大学を選んだ理由」という質問に困る学生さんがお多いみたいですで、その場合はどうしたらいいのか紹介します。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

大学・学部・学科を選んだ理由が特にない方は、実際に大学で学んだことを伝えましょう。

「大学在学中の勉学に対する姿勢を見たい」ということが質問意図にが含まれるためです。

上記で紹介したようなアピールにならない理由、もしくは特にない、と言ってしまうと面接官には響きません。

そこで、大学や学部を選んだ理由ははっきりしていなかったとしても、入学後に目標を持って〇〇学部でどのようなことを学んでいるのかをはっきり言えると良いです。

また、自分が学んだことを、入社後にどう活かせるのかを重点的に伝えるのも良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

「大学を選んだ理由」の評価されない例文10選

就活生くん

他に、答えないでおくべき回答はありますか?
以下に、面接で評価されない「大学を選んだ理由」の回答例をいくつか紹介しているので参考にして下さい。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

面接で評価されない「大学を選んだ理由」回答例10選
  • 例①:周りの人に言われたから
  • 例②:仲のいい友達が行くから
  • 例③:学力レベルが自分と合っていたから
  • 例④:親と離れて生活がしたかったから
  • 例⑤:平均年収が高い学部が多かったから
  • 例⑥:就職率が高い学部だったから
  • 例⑦:学んでいて損はない学部だったから
  • 例⑧:実家から近いから
  • 例⑨:嘘っぽい後付けしたような回答
  • 例⑩:なんとなくで決めた
全ての評価されない例文で共通しているのは、自分の意思がないということですね。

自分の意思を伝えられるように、意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 ハヅキ

 

まとめ:大学を選んだ理由を伝える時は、自分の興味関心を表現して面接官にアピールしましょう!

 

「【例文あり】大学・学部・学科を選んだ理由 | アピールするコツ3選,特にない場合は?」の記事はお役に立ちましたでしょうか?

この記事では「大学・学部・学科を選んだ理由」を学部ごとにいくつか例文を紹介しました。

合わせて、質問意図や伝える時のアピールするコツも紹介しました

最後にもう一度おさらいをして、実際に活用していきましょう。

この記事のまとめ

◆「大学・学部・学科を選んだ理由」の質問意図

  • 意図①:好奇心などの内面を見たい
  • 意図②:計画的に目標を立てて行動した経験があるかをみたい
  • 意図③:勉学に勤しんでいるかを見たい

◆「大学・学部・学科を選んだ理由」の例文5選

  • 例文①:商学部
  • 例文②:経済学部
  • 例文③:文学部
  • 例文④:建築学部
  • 例文⑤:どの学部でも使える

◆「大学・学部・学科を選んだ理由」をアピールするコツ3つ

  • コツ①:高校生で考えていた目標について触れる
  • コツ②:仕事に直結しない学部の場合は「好き」を理由にしよう
  • コツ③:入学後に学んでいることを話す

◆「大学を選んだ理由」が思いつかない方は学んだことをしっかり伝えたら大丈夫!

まとめ:大学を選んだ理由を伝える時は、自分の興味関心を表現して面接官にアピールしましょう!

「就活の教科書」では内定者ライターや現役の就活ライターがリアルな就職活動の情報を解説しています。

ぜひほかの記事も読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 ハヅキ