【ブラック企業とは?】ブラック企業の特徴/あるある25選 | 入らないための対策法も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事のまとめ
  • そもそもブラック企業とは?
  • ブラック企業の特徴/あるある一覧25選
  • ブラック企業の見分け方
  • ブラック企業の特徴を持つ企業に入らないための対策法
  • ブラック企業の特徴に関するよくある質問
  • 「なんとしてもブラック企業を避けたい!」という方はOfferBoxで優良企業を探すのがおすすめ

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の久保です。

この記事では、「ブラック企業の特徴について」徹底解説していきます!

就活生の皆さんの中には、「ブラック企業に入りたくないな・・・」「ブラック企業の特徴って何なんだろう?」など、様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 久保

就活生くん

僕は、ブラック企業に入りたくありません・・・

どうしたらブラック企業に入らないでしょうか?

就活生ちゃん

私もブラック企業に入りたくないです・・・

ブラック企業に特徴はあるんでしょうか?

確かに、ブラック企業に入りたくないですよね!

また、ブラック企業の特徴が気になる人もいると思います!

「就活の教科書」編集部 久保

そこでこの記事では、「ブラック企業の特徴」を徹底解説していきます。

合わせて、「ブラック企業の見分け方」や、「ブラック企業に入らないための対策法」も紹介します!

ブラック企業に入りたくない就活生や、ブラック企業の特徴が気になる就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んで今後に就職活動に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、ブラック企業について理解が深まります。

「志望している業界の中でホワイト企業に就職したい!」という方はOfferBox(オファーボックス)を使うのが一番おすすめです。

OfferBoxを使うと、プロフィールを入力するだけで隠れ優良企業からスカウトが来るので、あなたの志望業界の中でブラック企業を高確率で避けられます。

「ホワイト企業から内定が欲しい!」という方は、就活生の4人に1人が利用しているOfferBoxもぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBoxを使ってみる

 

目次

 

そもそもブラック企業とは?

就活生くん

そもそもブラック企業とは、どんな企業なんでしょうか?

久保さん、教えてください!

わかりました!

それでは、ブラック企業について簡単に解説していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

「ブラック企業」という言葉について、厚生労働省が定義していることはありません。

ですが、一般的には以下のような特徴があります。

ブラック企業の特徴
  • 特徴①:労働者に達成不可能なノルマを課す
  • 特徴②:賃金が安い/残業代が出ない
  • 特徴③:離職率が極端に高い

毎年、ブラック企業大賞も発表されているらしいですよ!

また、ブラック企業については以下の記事でも紹介しているので、興味のある方は是非ご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

 

ブラック企業の特徴/あるある一覧25選

就活生ちゃん

ブラック企業の特徴/あるあるってあるんでしょうか?

久保さん、ブラック企業の特徴/あるあるを教えてください!

わかりました!

それでは、ブラック企業の特徴/あるあるを紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

ブラック企業の特徴/あるある
  • 特徴①:残業時間が80時間以上
  • 特徴②:年間休日日数が100日以下
  • 特徴③:給料が低すぎる
  • 特徴④:入社3年以内の離職率が30%以上
  • 特徴⑤:残業代が出ない
  • 特徴⑥:精神論が多い
  • 特徴⑦:深夜でも窓が明るい
  • 特徴⑧:パワハラやモラハラが多い
  • 特徴⑨:有給休暇が取得できない
  • 特徴⑩:昇給しない
  • 特徴⑪:休日に頻繫に呼び出される
  • 特徴⑫:冠婚葬祭に出られない
  • 特徴⑬:過労死や自殺する人がいる
  • 特徴⑭:達成不可能なノルマを課せられる
  • 特徴⑮:年齢に偏りがある
  • 特徴⑯:試用期間が長い
  • 特徴⑰:なかなか辞めさせてくれない
  • 特徴⑱:外部の方とのつながりが少ない
  • 特徴⑲:強制の社員旅行がある
  • 特徴⑳:管理職になる時期が早い
  • 特徴㉑:常に求人票を出している
  • 特徴㉒:常に大量の人数を採用している
  • 特徴㉓:労働組合がない
  • 特徴㉔:人事部が労務の管理を行っていない
  • 特徴㉕:求人票に「アットホームな職場」と書かれてある

 

特徴/あるある①:残業時間が80時間以上

ブラック企業の特徴/あるあるの1つ目は、「残業時間が80時間以上」です。

月に80時間以上残業する月が続くのならば、ブラック企業の可能性が高いと言えます。

月の残業は45時間以内、超えるようであれば労使協定を結ぶ」という通称36協定というものが存在しています。

更に、日本には過労死ラインがあります。

日本の過労死ラインである、80時間以上の労働は、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

残業時間が極端に多いことは、従業員の身体にも負担がかかりますよね!

しかし、残業時間が多い企業がある一方、ほとんど残業がないような企業も存在します。

残業時間が少ない企業に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある②:年間休日日数が100日以下

ブラック企業の特徴/あるあるの2つ目は、「年間休日日数が100日以下」です。

ブラック企業の特徴/あるあるとして、休日が少ないことも挙げられます。

日本は、暦の「土日祝」休むと1年間で120日前後の休日があることになります。

そして、日本の平均的な年間休日数も120日程度と言われています。

なので、年間休日日数が100日以下であることは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

休日が少なくなることで、遊ぶ時間がなく、友達がいなくなるという悪循環に陥ることもあるようです。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある③:給料が低すぎる

ブラック企業の特徴/あるあるの特徴の3つ目は、「給料が低すぎる」です。

従業員の労働時間に対して、給料が低すぎることは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

もし、9時から17時の8時間、月に22日働いているとします。

すると、それだけで176時間は勤務していることになるのです。

月給が16万円だったとしたら、時給計算にすると16万円÷176時間=909円となります。

地方によって最低賃金は異なりますが、最低賃金から下回っている場合もあるのです。

このように、給料が低すぎることは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

残業時間が給料に入っているケースもあるので、しっかり確認しましょう!

また、給料が低い職業については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある④:入社3年以内の離職率が30%以上

ブラック企業の特徴/あるあるの4つ目は、「入社3年以内の離職率が30%以上」です。

ブラック企業は労働環境が悪く、長期間の勤務は難しいです。

それは、ブラック企業の離職率が高いことにつながります。

入社3年以内の離職率が30%以上であることは、ブラック企業/あるあると言えます。

離職率を公表していない企業もありますが、その際は、従業員の年齢層を見てみるのもいいかもしれません!

以下の記事では、業界毎の離職率や離職率が低い企業に関して詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑤:残業代が出ない

ブラック企業の特徴/あるあるの5つ目「残業代が出ない」です。

残業代が出ない企業は、残業してもただ働きになってしまいます。

それは、疲れやストレスにつながり、労働環境の悪化につながるのです。

今の日本の中でも、残業がある職種や業界は多くあります。

ですが、残業がある中で、残業代が出ないことは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

残業時間をごまかしたり、仕事を持ち帰らせて自宅で残業させることもあるそうです!

気を付けましょう!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑥:精神論が多い

ブラック企業の特徴/あるあるの6つ目は、「精神論が多い」です。

ブラック企業では、体育会系のような、精神論が多いことがあります。

上司が威圧的であったり、やればできると言われたりなど、精神論で仕事を指示されるようなことがあります。

「気合」や「根性」といった語句を頻繁に用いたり、大声を出したりさせることもあるのです。

精神論自体は、必ずしも悪いことではありません

ですが、精神論が多いことはブラック企業の特徴/あるあると言えます。

精神論は、ときには重要な役割を果たすことになります!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑦:深夜でも窓が明るい

ブラック企業の特徴/あるあるの7つ目は、「深夜でも窓が明るい」です。

ブラック企業は残業時間が長く、深夜になっても業務をこなさないといけないことが多いです。

そのため、深夜でも企業の窓が明るいことが多いのです。

なので、深夜でも窓が明るいことは、ブラック企業の特徴/あるあるの1つになります。

もし、就活する際に、気になる企業が近くにあるのならば、一度チェックしに行ってみてもいいかもしれません!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑧:パワハラやモラハラが多い

ブラック企業の特徴/あるあるの8つ目は、「パワハラやモラハラが多い」です。

上司から怒鳴られる、いじめに遭うなど、パワハラやモラハラ行為が横行している場合が多いことは、ブラック企業の特徴と言えます。

それは、会社全体で法令を遵守しようとする意識が低いためです。

もし、法令などを遵守しようとしている企業ならば、パワハラやモラハラは即対処されるはずです。

なので、パワハラやモラハラが多いことは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

ハラスメント系は、最近社会問題になっていますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑨:有給休暇が取得できない

ブラック企業の特徴/あるあるの9つ目は、「有給休暇が取得できない」です。

自分の希望通りに有給休暇が取得できないことは、ブラック企業の特徴といえます。

有給休暇に関しては、労働基準法の39条に以下の様に書かれています。

第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

5 使用者は、前各項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

参考:労働基準法

なので、もし時期以外に有給休暇が取得できない理由があることは、ブラック企業の特徴/あるあるのの1つといえます。

うちは、有給休暇が取れないから。といった対応をされた場合は、違法の可能性もあります。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑩:昇給しない

ブラック企業の特徴/あるあるの10つ目は、「昇給しない」です。

基本給が高くても、ほとんど昇給しないことは、ブラック企業の特徴といえます。

通常、業務の差定時や、昇進時などのタイミングで、給料はUPしていくものです。

ですが、ブラック企業の中には、基本給が全く上がらなかったなどの例もあります。

ブラック企業は、給料を安く済ませて、従業員を酷使するような傾向があります。

なので、昇進時や勤続年数が多くなっていっても昇給しないことは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

ボーナスが支給されない企業もあるそうです!

求職する際は、企業の給料について確認しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑪:休日に頻繁に呼び出される/仕事を振られる

ブラック企業の特徴/あるあるの11つ目は、「休日に頻繁に呼び出される/仕事を振られる」です。

ブラック企業は、そもそも休日が少ないと言われていますが、その少ない休日の中でも、上司に頻繁に呼び出されることは、ブラック企業の特徴といえます。

また、休日に呼び出されなくても、仕事を振られてしまうことがあります。

単なる仕事上の連絡であっても、労働基準法では休日出勤とみなして賃金を支払うよう義務付けられています

賃金がなく、休日に頻繫に呼び出される/仕事を振られることは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

休日に頻繫に呼び出されたり、仕事を振られることは、ストレスにもつながりますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑫:冠婚葬祭に出られない

ブラック企業の特徴/あるあるの12つ目は、「冠婚葬祭に出られない」です。

ブラック企業は、休暇を取ることが出来ず、冠婚葬祭に出られないことがあります。

また、出席を認められても、そのあと出勤しなければならないということもあります。

冠婚葬祭では、休暇を取らせなければならないという法律などはありません。

ですが、通常の企業ならば、冠婚葬祭時の休暇は認められることが多いのです。

なので、冠婚葬祭に出られないことは、ブラック企業の特徴/あるあるの1つと言えます。

冠婚葬祭に出られないのは、社会人としての品格を疑われますよね。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑬:過労死や自殺する人がいる

ブラック企業の特徴/あるあるの13つ目は、「過労死や自殺をする人がいる」です。

ブラック企業では、うつ病やノイローゼを含む病気から自殺をしてしまう人や、過労死してしまう人がいます。

毎月の残業時間が100時間を超えている月が何か月も続いていたり、パワハラやモラハラからのストレスたりで、過労になることがあります。

この過労は、過労死や自殺を引き起こしてしまいます。

なので、過労死や自殺する人がいることは、ブラック企業の特徴/あるあるの1つと言えます。

過労自殺も最近社会問題になっていますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑭:達成不可能なノルマを課せられる

ブラック企業の特徴/あるあるの14つ目は、「達成不可能なノルマを課せられる」です。

ブラック企業は、達成不可能なノルマを課され、達成できないと叱られてしまう。ということが多くあるようです。

ノルマを達成しようと残業を行うが、残業代が出ないという負の連鎖につながることもあります。

なので、達成不可能なノルマを課せられることは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

ノルマを達成できなかった場合には減給になるという場合もあるようです!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑮:年齢に偏りがある

ブラック企業の特徴の15つ目は、「年齢に偏りがある」です。

ブラック企業は、従業員を使い倒すことだけ考えて、育成などを考えていない傾向があります。

そのため、離職率が高く新入社員がすぐやめてしまい、年齢層が高くなってしまうのです。

なので、他の従業員を見た際に、年齢に偏りがることは、ブラック企業の特徴/あるあるの1つと言えます。

年齢層が偏っていることで、若い先輩などがいないことも辛いところかもしれません。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑯:試用期間が長い

ブラック企業の特徴/あるあるの16つ目は、「試用期間が長い」です。

入社後、社員に対して試用期間を設けている企業は多くありますが、試用期間が長い企業はブラック企業かもしれません。

試用期間という制度は、仕事の適性を確認して、本採用に問題がないかを確認するものです。

ですが、試用期間中は、正規の給料に比べて給料が低いことが多いです。

この試用期間を長くすることで、会社側にはコスト面でのメリットがあるのです。

また、試用期間なのをいいことに、社会保険に加入させてくれない企業もあります。

なので、試用期間が長く、半年から1年以上に及ぶことは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

試用期間が終わると同時に解雇される事例もあるようです!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑰:なかなか辞めさせてくれない

ブラック企業の特徴/あるあるの17つ目は、「なかなか辞めさせてくれない」です。

入社後、辞めたくても辞めさせてくれないというのもブラック企業の特徴です。

ブラック企業は、過酷な労働環境からか、従業員が追いつめられていきます

ですが、離職率が高いブラック企業は、人材不足に陥る可能性が高く、簡単には企業を辞めさせてもらえないのです。

なので、企業をなかなか辞めさせてくれないことは、ブラック企業の特徴/あるあるの1つと言えます。

従業員は、法律上2週間前に通知すれば、会社を退職できるようになっていますよ!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑱:外部の方とのつながりが少ない

ブラック企業の特徴/あるあるの18つ目は、「外部の方とのつながりが少ない」です。

ブラック企業は、他の企業と比べて待遇が悪かったり、職場環境が悪いことが多いです。

なので、他の企業と比べられることを恐れているのです。

そのため、ブラック企業は、従業員が外部の方とつながりにくい労働環境を作り上げます。

よって、外部の方とのつながりが少ないことは、ブラック企業の特徴/あるあるの1つと言えます。

ブラック企業は中途採用も比較的にせず、する場合にも社会人経験が少ない人を採用する傾向があります!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑲:強制の社員旅行がある

ブラック企業の特徴/あるあるの19つ目は、「強制の社員旅行がある」です。

ブラック企業は、社員旅行という名目で従業員たちを一同に集め、会社について延々と語ることがあります。

それは、一種従業員を洗脳する方法なのかもしれません。

本来、社員旅行は従業員同士の仲を深める場です。

ですが、ブラック企業の社員旅行は洗脳をする絶好の機会なのです。

なので、強制の社員旅行があることは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

社員旅行があっても楽しくなければ意味がありませんよね。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある⑳:管理職になる時期が早い

ブラック企業の特徴の20つ目は、「管理職になる時期が早い」です。

ブラック企業は早い段階で、従業員を管理職に昇進させる傾向があります。

これは管理職にすることによって、残業代を払う必要がなくなったりするからです。

管理職になると、通常の従業員とは違った働き方ができるようになります。

なので、管理職の条件を利用させるために、ブラック企業は管理職になる時期が速いことが、特徴/あるあるの1つと言えます。

管理職になっても昇級しない場合などがあることも、ブラック企業の特徴/あるあるの1つです。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある㉑:常に求人票を出している

ブラック企業の特徴/あるあるの21つ目は、「常に求人票を出している」です。

離職率の高いブラック企業は、常に人手不足であるため、求人票を常に出しています

離職率が低ければ常に求人票を出す必要はありません

採用したところでどんどん従業員が増えるだけなので、人手が有り余ってしまいまうからです。

なので、常に求人票を出していることは、ブラック企業の特徴/あるあるの1つと言えます。

求人票が常に出ていないか確認しておいた方がよさそうです!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある㉒:常に大量の人数を採用している

ブラック企業の特徴/あるあるの22つ目は、「常に大量の人数を採用している」です。

ブラック企業は、離職率が高いことから、常に従業員を補填しなければなりません

いわば、従業員の使い捨てをしている状態です。

また、会社の規模よりも多い人数を常に採用している企業は、ブラック企業の可能性があります。

辞めることを前提に、大量の人数を採用している場合があるからです。

なので、常に大量の人数を採用していることは、ブラック企業の特徴/あるあると言えます。

大量の人数を採用していても、ブラック企業ではない可能性も十分あります!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある㉓:労働組合がない

ブラック企業の特徴/あるあるの23つ目は、「労働組合がない」です。

ブラック企業には、労働組合がない場合が非常に多いです。

労働組合とは、下記のような団体になっています。

労働者が主体となって自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体又はその連合団体のこと

参考:労働組合法第二条より

もし、勤務先の企業に労働組合があれば、パワハラやモラハラ・残業代の未払いについて労働組合に相談することが出来ます

労働組合がない企業はブラック企業であるとは言えませんが、ブラック企業の特徴/あるあるとして、労働組合がないと言えます。

労働組合がないことは、ブラック企業につながりやすいことは確かですね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある㉔:人事部が労務の管理を行なっていない

ブラック企業の特徴/あるあるの24つ目は、「人事部が労務の管理を行っていない」です。

労務の管理とは、企業全体の賃金管理を意味しています。

人事部が労務の管理を行っていなければ、長時間労働や残業代未払いなどが横行してしまう可能性があるのです。

それは、企業がブラック企業と呼ばれる条件を満たしていくことになります。

なので、人事部が労務の管理を行っていないことは、ブラック企業の特徴/あるあるの1つと言えます。

人事部が労務管理を行っていないことは、従業員管理が上手くいかない原因になります。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴/あるある㉕:求人票に「アットホームな職場」と書かれてある

ブラック企業の特徴/あるあるの25つ目は、「求人票に「アットホームな職場」と書かれてある」です。

社員募集の広告などで、「アットホームな職場です」というキャッチコピーを見たことはありませんか?

これは、ブラック企業のサインかもしれません。

ブラック企業は、アットホームなことしかアピールすることがないのかもしれません。

小規模な経営体制で動いている企業は、アットホームと言い換えてキャッチコピーを出すことが多いです。

なので、求人票に「アットホームな職場」と書かれてあることは、ブラック企業の特徴/あるあるの1つと言えます。

アルバイトでもよくアットホームな職場というキャッチコピーを見かけますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

ちなみに、人気企業/ホワイト企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

就活力診断をしてみてください! 一気に企業の人事からの評価を上げることができます。

就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

ブラック企業の特徴を持つ企業の見分け方

就活生くん

ブラック企業の特徴を持つ企業をどうやって見分けたらいいんでしょうか?

久保さん、ブラック企業の特徴を持つ企業の見分け方を教えてください!

わかりました!

それでは、ブラック企業の特徴を持つ企業の見分け方を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

 

見分け方①:離職率が高いかどうか

ブラック企業の特徴を持つ企業の見分け方の1つ目「離職率が高いかどうか」です。

企業の離職率が高ければ、ブラック企業の可能性が高いと思われます。

それは、ホワイト企業と比べて職場環境が悪いことが原因です。

ホワイト企業の場合は、待遇が良く、職場環境が良いので、辞める方が少ないのです。

その結果、離職率は自然と低くなります。

離職率は、就職四季報に記載されています。

業界ごとの平均的な離職率(平成30年度)の平均は以下のようになります。

業界別の離職率
業界 離職率
建設業 9.2%
製造業 9.4%
情報通信業 11.8%
運輸業、郵便業 10.5%
卸売業、小売業 12.9%
金融業、保険業 11.1%
不動産業、物品賃貸業 13.7%
学術研究、専門・技術サービス業 10.1%
宿泊業、飲食サービス業 26.9%
生活関連サービス業、娯楽業 23.9%
教育、学習交換業 16.6%
医療、福祉 15.5%
複合サービス事業 9.3%
サービス業 19.9%

参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/19-2/dl/gaikyou.pdf

自分が志望している業界の離職率が、上記の平均的な離職率より明らかに高い場合は、ブラック企業の可能性があるのです。

離職率が高い=ブラック企業ではありませんが、ブラック企業を見分ける判断材料にはなります。

離職率が高いことは、やはりブラック企業を見分ける大きな指標になりますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

見分け方②:求人票が常に出ているかどうか

ブラック企業の特徴を持つ企業の見分け方の2つ目は、「求人票が常に出ているかどうか」です。

求人票が常に出ているのは、採用してもブラック企業なので辞めていく従業員が多いからです。

従業員を使い捨てしている可能性があります。

ですが、新卒採用の求人は時期によっては、ない場合があります。

なので、この時点では中途採用の求人票を探してみてください。

ずっと求人を出している企業すべてがブラック企業ではありませんが、ブラック企業の可能性が高いです。

求人票の有無は、就職・転職支援サイトを見ればわかります!

いくつかの就職・転職支援サイトを見て、企業を検索してみましょう!

「就活の教科書」編集部 久保

 

見分け方③:募集要項等の業務内容が抽象的かどうか

ブラック企業の特徴を持つ企業の見分け方の3つ目「募集要項の業務内容が抽象的どうか」です。

募集要項等の業務内容が抽象的すぎる場合は、ブラック企業の可能性が高いです。

ブラック企業の場合、具体的な仕事内容を説明してしまうと就活生側と企業側でミスマッチが発生してしまうのです。

募集要項の抽象的な気キーワードの例は、以下の通りです。

抽象的なキーワード
  • 若手から活躍できる
  • アットホーム
  • 成長と感動がある

内容が抽象的でありながら、魅力的な文章な場合もあります。

しっかり企業の情報を集めるようにしましょう!

また、ブラック企業の見分け方について以下の記事でも紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

ブラック企業の特徴を持つ企業に就職しないための対策法

就活生ちゃん

私は、ブラック企業に就職したくありません・・・

久保さん、ブラック企業の特徴を持つ企業に入らないための対策法を教えてください!

わかりました!

それでは、ブラック企業の特徴を持つ企業に入らないための対策法を紹介します!

「就活の教科書」編集部 久保

タイトル
  • 対策法①:早くから就活を始める
  • 対策法②:業界・企業研究を念入りに行う
  • 対策法③:企業の口コミを確認する
  • 対策法④:インターンシップに参加する
  • 対策法⑤:OBOG訪問を行う

 

対策法①:早くから就活を始める

ブラック企業の特徴を持つ企業に入らないための対策法の1つ目は、「早くから就活を始める」です。

就活生が就活を始める時期については色んな意見がありますが、大体は企業の情報解禁が行われる6月頃といわれています。

ですが、就職・転職支援サイトに登録したり、説明会に行くことだけが就活と勘違いする人もいます。

就職について考えながら、勉強やバイトを行うことも立派な就活の1つなのです。

就活は、ESやガクチカにもつながることになります。

なので、早くから就活を始めることは、ブラック企業の特徴を持つ企業に就職しないための対策法の1つです。

自分の中で、就活とは何かを考えながら早めに就活を始めておきましょう!

「就活の教科書」編集部 久保

 

対策法②:業界・企業研究を念入りに行う

ブラック企業の特徴を持つ企業に入らないための対策法の2つ目は、「業界・企業研究を念入りに行う」です。

業界研究は、自分が行きたい業界の特徴を理解することになります。

企業研究は、自分が行きたい企業の特徴を理解することになります。

これら2つを行うことで、少しづつ自分の働きたい企業の方向性を決めていくのです。

これらをあまり真剣に行わずに、企業を決定すると、業界や企業の特徴を知らずに就職することになるのです。

その場合、気づかないうちにブラック企業の特徴を持つ企業に就職してしまう可能性があります。

なので、業界・企業研究を念入りに行うことは、ブラック企業の特徴を持つ企業に入らないための対策法の1つです。

業界・企業研究は、自己分析と同じくらい大切なものの1つです!

また、業界研究や企業研究については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 久保

 

対策法③:企業の口コミを確認する

ブラック企業の特徴を持つ企業に就職しないための対策法の3つ目は、「企業の口コミを確認する」です。

ブラック企業は、掲示板や評価サイトで悪評が多くなっていきます。

インターネットが流通している世の中では、匿名で企業に関する口コミを投稿することが出来ます

匿名での投稿は、不満を含めて素直な意見が多い傾向にあるのです。

なので、企業の口コミを確認することは、ブラック企業の特徴を持つ企業に就職しないための対策法の1つです。

企業の口コミは確認する価値がありますが、主観的な意見には注意しましょう!

また、企業の口コミを確認できるサイトに関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 久保

 

対策法④:インターンシップに参加する

ブラック企業の特徴を持つ企業に就職しないための対策法の4つ目は、「インターンシップに参加する」です。

インターンシップに参加してみることによって、企業の内面を知ることが出来ます。

自分の第一志望の企業のインターンシップでなくても、企業の内面を知ることは大切です。

そして、様々な企業のインターンシップに参加することで、社会を経験するのです。

その経験は、自分の企業選びに必ず活きることになります。

なので、インターンシップに参加することは、ブラック企業の特徴を持つ企業に就職しないための対策法の1つです!

インターンシップは短期から長期まで様々あります!

まだ時間のある人は、インターンシップを探してみましょう!

以下の記事で、インターンシップを探せるサイトについて紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

 

対策法⑤:OB・OG訪問を行う

ブラック企業の特徴を持つ企業に就職しないための対策法の5つ目は、「OB・OG訪問を行う」です。

OBOG訪問を行うことで、自分の業界・企業研究に活かすことが出来ます。

業界・企業に関する情報は、口コミでも集めることが出来ます。

ですが、打ち込みは主観的な意見もあり信憑性がないこともあります。

OBOG訪問を行うことで、実際に働いている人から正確な情報をもらうことが出来るのです。

なので、OBOG訪問を行うことは、ブラック企業の特徴を持つ企業に就職しないための対策法の1つです!

OBOG訪問を行うことで、自己分析を深めることも出来ます!

また、OB・OG訪問のやり方に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 久保

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

ブラック企業の特徴に関するよくある質問

就活生くん

ブラック企業の特徴に関していくつか質問があるんですが・・・

久保さん、質問してもいいですか?

いいですよ!

それでは、ブラック企業の特徴に関するよくある質問にお答えしていきます!

「就活の教科書」編集部 久保

 

質問①:ブラック企業は中小企業に多いの?

結論から言うと、ブラック企業に規模の大きさは関係ないと言えます。

ブラック企業は中小企業に多いというイメージは、会社の規模が小さいことから起こるイメージによる要因が多いです。

また、中小企業は労働組合がない会社が多いことも要因といえます。

しかし、実際には小さな規模の会社でも社員を大切にするホワイト企業も存在するのです。

ブラック企業=中小企業というイメージは、変えたほうが良いかもしれませんね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

質問②:ホワイト企業の特徴は?

ホワイト企業とは、ブラック企業の対義語として存在してます。

そして、ホワイト企業には以下のような特徴があります。

ホワイト企業の特徴
  • 残業代がでる/残業が少ない
  • 給与が高い/昇級する
  • 福利厚生が手厚い
  • 有休を取得しやすい
  • 離職率が低い

ブラック企業の特徴の反対を思い浮かべると、ホワイト企業の特徴がわかりますね。

ホワイト企業の特徴は、ブラック企業の特徴の対角に存在します。

ホワイト企業の特徴について、以下の記事でも紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

 

質問③:大企業はブラックばかり?

結論から言うと、企業の規模ではブラック企業・ホワイト企業は決まらないと言えます。

ですが、大企業は昔ながらの悪しき風習が残っていたりすることも多いです。

社員数が多く規模が大きいこともあり、改善案を出してもすぐに社内風土や規則を変えることが難しい傾向にあるのです。

大企業・中小企業関わらずブラック企業は存在しますが、大企業はブラックばかりというイメージは持たないようにしましょう。

大企業は職務環境も整っていることが多いので、精神面でブラックが多いようです。

「就活の教科書」編集部 久保

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:ブラックな特徴を持つ企業を避けて就活をしよう

本記事「【ブラック企業とは?】ブラック企業の特徴/あるある25選 | 入らないための対策法も」いかがだったでしょうか?

就活生の皆さんの悩みを少しでも解決できたならば幸いです!

「就活の教科書」編集部 久保

この記事では、「ブラック企業の特徴」を徹底解説していきました。

合わせて、「ブラック企業の見分け方」や、「ブラック企業に入らないための対策法」も紹介しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆そもそもブラック企業とは?

◆ブラック企業の特徴/あるある一覧25選

  • 特徴/あるある①:残業時間が80時間以上
  • 特徴②:年間休日日数が100日以下
  • 特徴③:給料が低すぎる
  • 特徴④:入社3年以内の離職率が30%以上
  • 特徴⑤:残業代が出ない
  • 特徴⑥:精神論が多い
  • 特徴⑦:深夜でも窓が明るい
  • 特徴⑧:パワハラやモラハラが多い
  • 特徴⑨:有給休暇が取得できない
  • 特徴⑩:昇給しない
  • 特徴⑪:休日に頻繁に呼び出される/仕事を振られる
  • 特徴⑫:冠婚葬祭に出られない
  • 特徴⑬:過労死や自殺する人がいる
  • 特徴⑭:達成不可能なノルマを課せられる
  • 特徴⑮:年齢に偏りがある
  • 特徴⑯:試用期間が長い
  • 特徴⑰:なかなか辞めさせてくれない
  • 特徴⑱:外部の方とのつながりが少ない
  • 特徴⑲:強制の社員旅行がある
  • 特徴⑳:管理職になる時期が速い
  • 特徴㉑:常に求人票を出している
  • 特徴㉒:常に大量の人数を採用している
  • 特徴㉓:労働組合がない
  • 特徴㉔:人事部が労務の管理を行なっていない
  • 特徴㉕:求人票に「アットホームな職場」と書かれてある

◆ブラック企業の特徴を持つ企業の見分け方

  • 見分け方①:離職率が高いかどうか
  • 見分け方②:求人票が常に出ているかどうか
  • 見分け方③:募集要項等の業務内容が抽象的かどうか

◆ブラック企業の特徴を持つ企業に就職しないための対策法

  • 対策法①:早くから就活を始める
  • 対策法②:業界・企業研究を念入りに行う
  • 対策法③:企業の口コミを確認する
  • 対策法④:インターンシップに参加する
  • 対策法⑤:OBOG訪問を行う

◆ブラック企業の特徴に関するよくある質問

  • 質問①:ブラック企業は中小企業に多いの?
  • 質問②:ホワイト企業の特徴は?
  • 質問③:大企業はブラックばかり?

◆まとめ:ブラックな特徴を持つ企業を避けて就活をしよう