>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【就活して分かった】大企業に向いていない人の特徴7選 | 大企業の特徴・文化も

就活生くん

就活をしていて、大企業にあまり魅力を感じません。
もしかして僕って大企業向いてない?
大企業に向いていない人には、どんな特徴があるんだろう。

就活生ちゃん

大企業ならではの文化があるって聞いたのですが、本当にあるんですか?
なんとなく私、大企業は向いていないような気がして・・・

質問にお答えしましょう。
結論から言うと、大企業に向いていない人には特徴があります。

大企業には、入社するにあたって覚悟を決めておいた方が良い特徴があるのです。

人事さん

 

そこで、この記事では、多くの社会人を訪問してきた西川が「大企業に向いてない人」の特徴を、カテゴリごとに合計7つ紹介していきます。

 

記事の特性からも、この記事における「大企業」の定義を定めることが求められると思います。

しかし、この記事では「大企業の定義」を特に定めないことにします。

定義を定めない理由は、3点あります。

  • 企業の在り方が多様化してきていること
  • 全ての大企業に当てはまる特徴を抜き出すことは困難であること
  • この記事で挙げる特徴は、全ての大企業に当てはめられないこと

以上の3点の理由から、この記事で扱う「大企業の定義」は特に定めません。

自分が大企業への適正があるか気になる人も、この記事で挙げる特徴に当てはまるからといって、志望企業から大企業を外してしまうことは、まだやめておきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

しかし、この記事を読むことで、「大企業しか志望企業に考えられない」という人は、大企業に入ってからのデメリットを理解できるようになり、中小・ベンチャー企業も視野に入れた、より良い就活を計画できるようになるでしょう。

では、見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

大企業に向いていない人の特徴:仕事編

それでは、社会人訪問などで多くの大手企業の社会人と会話してきた西川が、「大企業の仕事における、大企業に向いていない人の特徴」を調査してきました。

「就活の教科書」編集部 西川

 

「大企業の仕事における、大企業に向いていない人の特徴」は以下の3点です。

  1. 言われたことを素直にできない人
  2. 作業の繰り返しが苦手な人
  3. 強い成長意欲がある人
それでは、「大企業の仕事における、大企業に向いていない人の特徴」を1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴①:言われた事を素直にできない人

大企業に向いてない人の特徴1つ目は、「言われたことを素直にできない人」です。

大企業での仕事は、効率の良さや新しさより上司の指示を忠実にこなした方が良いという文化がよくあります。

例えば、新人が効率の悪さを指摘しても大企業ではその状況が変わることはなかなかないでしょう。

上司は新人の教育に加えて自分の仕事もあるので、新人の注文にいちいち応えてくれることはあまりありません。

また、上司が部下の意見に応えようとしてくれても、大企業では変更の許可を取るために、いくつものプロセスを踏まなければならず、時間がかかります。

「自分で考えるよりも、人から言われたことを着実にこなしていきたい」という人は、大企業に向いています
反対に、改善のための長いプロセスを認めることができない人は、大企業には向いてないでしょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴②:作業の繰り返しが苦手な人

大企業に向いてない人の特徴2つ目は、「作業の繰り返しが苦手な人」です。

なぜなら、大企業は誰でもできるようなマニュアル作業やルーティンワークの仕事が多いからです。

ちなみに大企業での仕事に作業の繰り返しが多いのは、企業の性質上、社員に仕事が行き渡るようにビジネスを細分化し、分配しているからです。

決まったやり方を規定の流れで作業する仕事に自分の存在意義を見出すことができる人は、大企業に向いているでしょう

反対にマニュアル作業やルーティンワークの仕事をしたくない人は、大企業には向いてないでしょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴③:強い成長意欲がある人

大企業に向いてない人の特徴3つ目は、「強い成長意欲がある人」です。

なぜなら強い成長意欲がある人も、出世を目指す過程で派閥争いや社内政治など面倒事に巻き込まれてしまうことが多いためです。

それらの面倒事巻き込まれる内にパワーを失い、安定志向になってしまう人が多いと言われています。

 

さらに大企業では、仕事を忠実にこなし、失敗しない人材が評価され昇進します。

「失敗しない人材」とはすぐに得られる称号ではなく、長い時間をかけて多くの仕事を無難にこなすことで、評価される称号です。

さらに大企業の評価制度に多いのが年功序列制です。年功序列制の下では、年齢を重ねなければ昇進は難しいと考えらます。

そのため、大企業で昇進・成長しようと思ったら、20年ほどの長い時間をかけて着実にステップアップするしかないのです。

年功序列の確実な昇進に価値を見出すことができる人は大企業に向いているでしょう。

反対に、すぐに成果を出して昇進・成長したいという強い成長意欲がある人は、大企業に向いてないと言えます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

 

大企業に向いていない人の特徴:文化編

それでは次に、「大企業の文化における、大企業に向いていない人の特徴」を調査してきたので、紹介させて頂きます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

「大企業の仕事における、大企業に向いていない人の特徴」は以下の4点です。

  1. 協調よりも個性を大事にしたい人
  2. 団体行動が苦手な人
  3. 独特の文化に順応できない人
  4. 自分の仕事に直接価値を確かめたい人
それでは、「大企業の仕事における、大企業に向いていない人の特徴」を1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴④:協調より個性を大事にしたい人

大企業に向いてない人の特徴4つ目は、「協調より個性を大事にしたい人」です

なぜなら大企業では、中小企業・ベンチャー企業と比べて協調性が重要とされるからです。

個性は必要とされません。

 

大企業での仕事は1つの大きなビジネスを、多くの人間で細分化して1人1人に割り振っているため、1人がやるべき仕事は決まっています。

そのため、だれか1人が個性を発揮して、割り振り以外のことをしてしまうと、全体の流れがおかしくなってしまいます。

多くの人間で効率よくビジネスを回そうとすとき、社員の1人1人は割りふられたことだけをやってくれた方が、指示する側としては都合が良いのです。

 

指示された仕事だけを忠実にこなしたいという人は、大企業に向いているでしょう。

反対に、決められた通りにやるだけの仕事にやりがいを見いだせず、自分のカラーを出したいと考えてしまう人は大企業に向いていないでしょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴⑤:団体行動が苦手な人

大企業に向いてない人の特徴5つ目は、「団体行動が苦手な人」です

なぜなら大企業では協調性と共に、実際に団体で行動することが求められます。

例えば、残業において団体行動を求められる時があります。

大企業では、「先輩社員・同僚社員が残業している間は帰れない」という文化があったりします。

正しく言えば帰れはするが、帰ることで周りから「協調性の無いやつ」と白い目で見られてしまうのです。

そのため「協調性の無いやつ」だと思われないために、自分の仕事がないのにも関わらず、ただデスクに座って時間を過ぎるのを待つ新人社員が現れたりします。

全体の空気を読んで自分の行動を人に合わせることができる人は、大企業に向いているでしょう。

反対に、自分は自分のペースで行動したいという価値観を持っている人は、大企業に向いていないと言えます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴⑥:独特の人間関係に順応できない人

大企業に向いてない人の特徴6つ目は、「独特の人間関係に順応できない人」です

なぜなら大企業には、派閥争いや社内政治などの大企業独特の人間関係がつきものだからです。

大企業のビジネスは、社員の1人1人がそれなりに仕事をこなしていれば上手く回っていきます。

そのため社員はどうやって会社の売り上げるかよりも、どうやって自分が昇進するかに力を入れるようになります。

 

そこで注目されるのが、「力のある上司」に気に入られることです。

ここで言う「力のある上司」とは、自分が昇進にするために必要な、評価を下すことで人事権にプラスの影響を与えれるような人物です。

 

大企業では、個人でいかに仕事の効率や成果を出すことを考えるよりも、「力のある上司」に気に入られる方が、昇進できるかどうかの鍵になります。

このような大企業独特の人間関係がある以上、忖度や社内政治的などは大企業に所属する以上、避けては通れない問題でしょう。

忖度や派閥争いなどの人間関係を受け入れることができる人は、大企業に向いているでしょう。

反対に、派閥争いや社内政治などの面倒事が苦手な人は、大企業に向いていないと言えるでしょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴⑦:自分の仕事に直接価値を求めたい人

大企業に向いてない人の特徴7つ目は、「自分の仕事に直接価値を求めたい人」です

なぜなら、大企業でのビジネスは多くの社員の仕事の集合体と言えるからです。

自分の仕事に直接価値を求めたいとは、会社の一部として利益に貢献するよりも、頑張った分だけ直接、自分の価値や評価にしたいと考える人などが当てはまります。

 

大企業において、仕事で成果を上げることは、社内での評価に繋がります。

しかし、自分の仕事の価値を社外の人間からも認めてもらいたいなら、あなたが会社の一部として働く以上、直接個人の仕事として認めてもらうことは難しいでしょう。

 

会社の一部から抜け出すためには、起業・独立するしかありません。

もしくは、大企業に比べて社員の数が少ないベンチャー・中小企業ではあなたの働きがより濃く反映されるため、個人の成果がより評価されるはずです。

大企業に入社して、大きなビジネスの一部として働くことに意義を感じる人は大企業に向いています。

反対に、自分自身が社外からも評価されたい人は、大企業には向いていないかもしれません。

「就活の教科書」編集部 西川

 

 

まとめ:大企業に向いていない人の特徴を理解し、自分の行きたい企業の研究をしよう!

いかがでしたでしょうか。

この記事では、「大企業に向いてない人の特徴」を7つカテゴリごとに紹介してきました。

ここでは、よくある大企業の特徴にも言及して説明してきましたが、ここであげた特徴は全ての大企業に当てはまるわけではありません。

企業には、一社ごとにその特徴があります。

もし自分が「大企業に向いてない人」と思っていて、行きたい企業が大企業だとしても、一度しっかりと企業研究をした上で、判断しましょう。

就活の教科書では、就活に関する様々な記事を投稿しています。
ぜひ、他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川