【ニーズあり】Webデザイナーの就職先企業/会社一覧5選|必要なスキル、すべきことも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること

就活生の皆さん、こんにちは!

「就活の教科書」編集部の原田です。

この記事では、Webデザイナーの就職事情について解説していきます。

就活生の皆さんはWebデザイナーの就職先というとどんな業界を思い浮かべますか?

「就活の教科書」編集部 原田

就活生くん

Webデザイナーは、Webに関する仕事なので、IT業界なのでしょうか?

就活生ちゃん

Webデザイナーとは、よく聞くけれで、思い浮かぶ企業がありません。

Webデザイナーとしての就職は、狭き門なのでしょうか?

Webデザイナーとしての働くには、どの業界や企業があるのかよく分かりませんよね。

また、Webデザイナーとして就職できるか不安な就活生も多いはずです。

ちなみに、エンジニアとして難関IT企業の内定をもらうには、ITエンジニア特化の就活サポートをしてくれる「レバテックルーキー」などの支援サービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

そこで、この記事では、Webデザイナーの就職先について、紹介します。

この記事を読めば、Webデザイナーの就職先が分かるようになり、必要なスキルなども分かります。

Webデザイナーとして働きたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に結論をお伝えすると、「優良IT企業から内定をもらいたい!」という方にはレバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーを利用すれば、ITのプロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

また、IT企業への転職を目指している方にはレバテックキャリア未経験からIT業界を志望する方にはウズキャリITがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ エンジニア就職に役立つサービス /

\ エンジニア就活力を試そう /

レバテックルーキーをおすすめする理由

レバテックルーキー

ITエンジニアの特化度
(5.0)
選考サポートの質
(5.0)
紹介企業の優良度
(4.5)
相談のしやすさ
(4.5)
総合評価
(5.0)
レバテックルーキーの口コミ
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる

すでに多くの就活生がレバテックルーキーを利用していますので、充実した選考サポートを受けるなら、早めに登録しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる(無料)

目次

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

【職業研究】そもそもWebデザイナーとは?

就活生くん

そもそもWebデザイナーとは、何をする仕事なのでしょうか?

イメージが湧きません。。。

一般的には、あまり馴染みがありませんよね。

まずは、Webデザイナーついていくつか紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインを制作する職業

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインを制作する職業です。

クライアントが思い描いているWebサイトを作成するために、デザインを工夫をし、魅力的なWebサイトを提案します。

IT化が進んでいるため、Webデザイナーのニーズは高まってきています

Webデザイナーの労働条件(平均年収447万円・平均残業23.5時間時間)

Webデザイナーの労働条件(平均年収・平均残業時間)は、「DMM WEBCAMP」によると以下のような結果となっています。

Webデザイナーの労働条件
  • 平均年収:約447万円
  • 平均残業時間:一月当たり23.5時間

Webデザイナーに就いている人の声(Twitter)

Webデザイナーの需要も高く、残業も少なめでホワイトな職種を探している人には良いですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

Webデザイナーの就職先企業/会社一覧5選

就活生ちゃん

Webデザイナーの就職先の会社/企業が分かりません。

どのような会社や企業があるのか教えてください!!

分かりました。

それでは、Webデザイナーの就職先企業/会社について紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 原田

Webデザイナーの就職先企業/会社一覧5選
  • 会社①:Web制作会社
  • 会社②:広告代理店
  • 会社③:アプリ制作会社
  • 会社④:一般の事業会社
  • その他:フリーランスのWEBデザイナーになる

会社①:Web制作会社

Webデザイナーの就職先会社1つ目は、「Web制作会社」です。

Web制作会社は、Webサイトの構築Webアプリの開発を行うのが主な業務です。

その中で、サイトのデザインを作ったり、Webサイトのプログラミング言語を用いてコーディングしたりします。

以下に、Web制作会社の企業を集めました。

Web制作会社は、お客さんからの依頼により、Webサイトを作るということですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

会社②:広告代理店

Webデザイナーの就職先会社2つ目は、「広告代理店」です。

広告代理店とは、クライアント企業(広告主)の広告活動を代理で行い、新聞・テレビ・ラジオ・雑誌・Webメディアなどの広告媒体(メディア)への広告出稿をサポートする会社です。

その中で、Webデザイナーは、Webメディア部門で活躍できるでしょう。

以下に、広告代理店の企業を集めました。

広告代理店は、クライアント企業の宣伝をするため、Webサイトのデザインの工夫が大事ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

会社③:アプリ制作会社

Webデザイナーの就職先会社3つ目は、「アプリ制作会社」です。

アプリ制作会社は、アプリの企画開発アプリストアの公開までを行ってくれるシステム開発会社のことです。

アプリ内外のWebページの制作や、アプリのデザイン開発に携わります。

以下に、アプリ制作会社の企業を集めました。

アプリ制作会社は、これからも成長していく業界ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

会社④:一般の事業会社

Webデザイナーの就職先会社4つ目は、「一般の事業会社」です。

一般の事業会社とは、営利を目的として経済活動をする会社」のことです。

Webデザイナーは、企業の自社ホームページの制作時に活躍できます。

外部に、委託する場合もあるので、募集要項を必ずチェックしましょう。

以下に、一般の事業会社の企業を集めました。

私たちが、よく利用するような会社が、事業会社に当たるんですね!

「就活の教科書」編集部 原田

 

その他:フリーランスのWebデザイナーになる

Webデザイナーの就職先会社5つ目は、「フリーランスのWebデザイナーになる」です。

フリーランスのWebデザイナーとは、個人事業主としてWebデザイナーの仕事を引き受ける働き方のことです。

しかし、労働時間が長い、安価で高品質なテンプレートの登場などの理由に、今後なくなる可能性が高いといわれています。

フリーランスとして働く場合は、他との差別化を図り、独自のサービスを提供し続ける必要があります。

「就活の教科書」編集部 原田

 

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

Webデザイナーとして就職するために必要なスキル5選

就活生くん

将来、Webデザイナーとして、就職したいと考えています。

就職する際に、必要なスキルはあるのでしょうか?

Webデザイナーとして、求められるスキルはいくつかあります。

以下に、Webデザイナーとして就職するために必要なスキルを紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

Webデザイナーとして就職するために必要なスキル5選
  • スキル①:ディレクションスキル
  • スキル②:コーディングスキル
  • スキル③:企画力
  • スキル④:マーケティングスキル
  • スキル⑤:コミュニケーション力

 

スキル①:ディレクションスキル

Webデザイナーとして就職するために必要なスキル1つ目は、「ディレクションスキル」です。

ディレクションスキルとは、仕事の全体像を把握し、制作チームのスケジュール管理など総指揮をとり、現場で働くメンバーに的確な指示を出すことです。

そのため、メンバーを率いる統率力、予定の管理能力が重要になります。

ディレクションスキルは、Webデザイナー以外の仕事にも共通して必要なスキルのようですね。

「就活の教科書」編集部 原田

スキル②:コーディングスキル

Webデザイナーとして就職するために必要なスキル2つ目は、「コーディングスキル」です。

コーディングとは、プログラミング言語を使ってソースコードを作成することです。

プログラミングは、プログラムを作成する作業全般を指し、コーディングはプログラミングの作業の一部です。

Webサイトの見た目のデザインを変更することも、コーディング作業の一部であるので、Webデザイナーには必要なスキルです。

自分でコーディングすることにより、オリジナルなデザインを作れることは、魅力的ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

スキル③:企画力

Webデザイナーとして就職するために必要なスキル3つ目は、「企画力」です。

企画力とは、現状における課題の本質を見抜いたうえで、それを解決できるアイデアを発想する能力のことです。

クライアント企業が抱えている本質的な課題を見つけ、WEBデザインを通して解決するため、企画力が重要になります。

課題解決は、単なる思い付きではいけませんね。

「就活の教科書」編集部 原田

スキル④:マーケティングスキル

Webデザイナーとして就職するために必要なスキル4つ目は、「マーケティングスキル」です。

マーケティングスキルとは、簡単に言うと「売れる仕組み」を作ることです。

クライアント企業は、自社のWebサイトを通して様々な人に観閲してもらい、そこから商品やサービスを宣伝したいと考えいます。

そのため、そのWebサイトを作成を手掛けるWebデザイナーにマーケティングスキルが必要になります。

観閲されないWebサイトを作っても意味がないので、マーケティングスキルは重要ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

スキル⑤:コミュニケーション力

Webデザイナーとして就職するために必要なスキル5つ目は、「コミュニケーション力」です。

クライアント企業との相違ない意思決定を行うために、コミュニケーション力は重要です。

クライアント企業が、なぜWebデザインをして欲しいのか、それにより何を期待しているのかをヒアリングして、聞き出す必要があります。

Webデザイナーが作りたいデザインではなく、企業の意向に沿ったデザインを提案することが重要ですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

                                                   

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法

就活生くん

IT業界の自分に合う企業でエンジニアやデータサイエンティストとして働きたいのですが、どのように対策していけば良いのでしょうか?

ITエンジニアやデータサイエンティストになるためには、どのように就活をしていけば良いのか難しいですよね。

そこで、IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法を解説していきます。

先に結論を伝えておくと、IT業界/企業に特化した就活のプロと一緒に対策したり、優良企業を紹介してもらうのが一番おすすめですね!

就活アドバイザー 京香

タイトル
  • 対策法:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう
  • 対策法:自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう
  • 対策法:選考通過できるように内定者のESを確認しておく

それでは、それぞれ解説していきます。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう」ことです。

就活生はIT業界にどんな種類があって、どんな優良企業がどんなレベルの人材を求めているのかなど、わからないことがたくさんありますよね。

IT業界のことにかなり詳しい就活のプロから紹介してもらうことで、自分と合わないIT企業への就職を防げます。

そこで、プログラミング経験者で自分に合う隠れ優良IT企業を教えてもらうなら、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキー

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • レバテックルーキーを使うと、IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
\ 有名IT企業内定も可能! /
 お試しに適職を診断する
(レバテックルーキー)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

レバテックルーキー「8,000社以上の中からあなたに合う優良企業を紹介してくれて、ES通過率90%以上」という非常に良い実績があるので、信頼性も高いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう」ことです。

IT業界の企業に入社できたとしても、自分が希望する職種に就けなかったらモチベーションも下がる場合がありますよね。

そのため、「IT業界の優良企業で希望職種で働きたい!」という方は、自分の強みや専攻、希望職種などのプロフィールを入力するだけで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらえるOfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを使えばあなたの希望に合う優良企業から特別オファーGET

  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! /
 大手優良企業から特別スカウト
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

私もOfferBoxを利用していますが、かなり有名な企業の特別スカウトをもらったことが複数回あるので、就活生なら使っていて損はないサービスですね。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:選考通過できるように内定者のESを確認しておく

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「選考通過できるように内定者のESを確認しておく」ことです。

IT業界の企業では、自己PRやガクチカ以外にもIT系の分野に特化した内容を聞かれることがよくあるため、事前に内定者の回答を見ておくことで、ESを簡単に書けるようになります。

そこで選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESのおすすめポイント
  • 選考通過ES」なら有名企業や大手企業内定者のESが無料で見放題
  •  内定者のガクチカ、自己PR、志望動機を参考にすることでESや面接での伝え方が分かる
  • 選考通過ESを見れば、ES通過のための対策法が分かり、ESで落ちなくなる
\ すでに164,973人以上が利用中! /
 無料で選考通過ESを見てみる
(選考通過ES)

*公式LINEに参加後、30秒で無料受取できます

「面接に絶対受かりたい」「ESをどのように書けばいいか分からない」という就活生には、選考通過ESを参考にするのがおすすめです。

あなたが志望する企業の内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことで、ES/面接通過率が上がるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

Webデザイナーに就職するためにすべきこと3選

就活生ちゃん

Webデザイナーになるために必要なスキルは分かりました。

その他に、すべきことはありますか?

Webデザイナーに就職するために、すべきことはいくつかあります。

3つほど紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 原田

Webデザイナーに就職するためにすべきこと3選
  • 項目①:Webデザインソフトの使い方を学んでおく
  • 項目②:Webデザインに利用するプログラミング言語である「HTML・CSS」を学んでおく
  • 項目③:ポートフォリオを作成してみる
  • 項目④:Webデザイナーの仕事に活かすことができる資格を取得する
  • 項目⑤:多種多様な作品を見る

項目①:Webデザインソフトの使い方を学んでおく

Webデザイナーに就職するためにすべきこと1つ目は、「Webデザインソフトの使い方を学んでおく」です。

Webデザインソフトは、Webデザインをする際に必要なソフトです。

そのため、Webデザインソフトの使い方を学んでおくことで、仕事に対する意欲や能力をアピールすることが出来ます。

Webデザインソフトには、有料版・無料版があり、様々なサービスがあるので、選ぶ際には注意が必要です。

未経験の人は、無料版で使い方や考え方を学ぶと良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 原田

項目②:Webデザインに利用するプログラミング言語である「HTML・CSS」を学んでおく

Webデザイナーに就職するためにすべきこと2つ目は、「Webデザインに利用するプログラミング言語である「HTML・CSS」を学んでおく」です。

HTMLとは、Webページを作成するための言語のことです。

一方、CSSとは、主にWebページのデザインを変更するための言語です。

これら2つの言語を使いこなすことで、Webページを作成するため、学んでおくことは就職活動の際にアピールポイントとなります。

プログラミングを独学するのは難しいので、プログラミングスクールなどもおすすめです。

以下に、おすすめのプログラミングスクールを紹介した記事があるので、是非そちらも参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 原田

項目③:ポートフォリオを作成してみる

Webデザイナーに就職するためにすべきこと3つ目は、「ポートフォリオを作成してみる」です。

ここでいうポートフォリオとは、自分の職種における実績や力量を評価してもらうために作成する資料のことです。

ポートフォリオを作成する目的は、デザイナーとしての自分の実績、目指す方向性やセンス、スキルなどを、わかりやすく相手にアピールするためです。

そのため、様々なツールを利用して、ポートフォリオを作成してみると良いでしょう。

新卒採用はポテンシャル採用ですが、こういったところで他の就活生と差をつけ、実力をアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

項目④:Webデザイナーの仕事に活かすことができる資格を取得する

Webデザイナーに就職するためにすべきこと4つ目は、「Webデザイナーの仕事に活かすことができる資格を取得する」です。

Webデザイナーは資格必須の仕事ではありません。

ですが、Webデザインの資格は就職活動や入社後のアピール材料となるため、取得しておくことは有効だといえます。

以下に、Webデザイナーの仕事に活かすことができる資格を紹介します。

Webデザイナーの仕事に活かすことができる資格
  • Webデザイン技能検定(国家資格)
  • Webクリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • Photoshop®クリエイター能力試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • 色彩検定

項目⑤:多種多様な作品を見る

Webデザイナーに就職するためにすべきこと5つ目は、「多種多様な作品を見る」です。

Webデザイナーはクリエイティブな仕事です。

そのため、多種多様な作品を見ることで自分のアイデアの引き出しを増やすことが重要です。

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

Webデザイナーに向いている人の特徴

続いて、Webデザイナーに向いている人の特徴を紹介します。

Webデザイナーに向いている人の特徴
  • 特徴①:柔軟性がある
  • 特徴②:パソコン作業に苦手意識がない
  • 特徴③:流行や新しいものへのアンテナが高い

1つず解説していきます。

特徴①:柔軟性がある

Webデザイナーに向いている人の特徴1つ目は、「柔軟性がある」です。

Webデザイナーの仕事は、クライアントの要望を聞き取り、それに基づいてデザインをすることです。

そのため、デザイナーのこだわりが強すぎるとクライアントの意にそぐわないものになり望ましくないです。

また、クライアントによっては、デザイン・スケジュールについて細かい要望を出す場合もあります。

そのため、クライアントに合わせた柔軟な対応をすることが必要不可欠となります。

特徴②:パソコン作業に苦手意識がない

Webデザイナーに向いている人の特徴2つ目は、「パソコン作業に苦手意識がない」です。

Webデザイナーはパソコンを用いる仕事であるため、パソコン作業に抵抗があると続けることは難しいです。

また、デザインソフトやプログラミング言語を勉強する上でも、パソコンに対し苦手意識があるとなかなかスキルが身に付きません。

特徴③:流行や新しいものへのアンテナが高い

Webデザイナーに向いている人の特徴2つ目は、「流行や新しいものへのアンテナが高い」です。

様々な発想をするためには、常に視野を広く持ち物事に興味関心を持つことが重要です。

また、業界のトレンドを意識することはWebデザイナーにとって必要不可欠です。

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

Webデザイナーの就職先に関するよくある質問

最後に、Webデザイナーの就職先に関するよくある質問をまとめました。

「就活の教科書」編集部 原田

Webデザイナーの就職先に関するよくある質問
  • 質問①:Webデザイナーの将来性は?
  • 質問②:Webデザイナーは未経験でもなれるの?
  • 質問③:Webデザイナーにおすすめのプログラミングスクールは?

質問①:Webデザイナーの将来性は?

Webデザイナーの就職先に関するよくある質問1つ目は、「Webデザイナーの就職先に関するよくある質問」です。

Webデザイナーの需要は、インターネット広告や電子商取引の市場拡大に伴い、高まっています

しかし、ノーコードやローコードによるWeb制作・デザインツールの普及が進んでいるため、Webデザイナーの価値が薄れてきているのも現状です。

そのため、Webデザイナーとして、活躍し続けるためには他Webデザイナーとの差別化や、最新情報やトレンドを欠かさないなどの工夫が必要です。

自分にしかできないこと、簡単に真似できなことを意識すると良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 原田

質問②:Webデザイナーは未経験でもなれるの?

Webデザイナーの就職先に関するよくある質問2つ目は、「Webデザイナーは未経験でもなれるの?」です。

結論から言うと、Webデザイナーは未経験でもなれます。

Webデザイナーは免許や資格が必要な仕事ではないからです。

また、特定の学部を卒業していないとなれない職業でもありません。

ですが、デザインソフトやプログラミング言語を使いこなせないと仕事ができないので、未経験でWebデザイナーを目指す場合は自分で勉強をする必要があります。

すすめのプログラミングスクールは?

Webデザイナーの就職先に関するよくある質問3つ目は、「Webデザイナーにおすすめのプログラミングスクールは?」です。

おすすめの、プログラミングスクールとして、レバテックカレッジGeek Lounge(ギークラウンジ)などがあります。

その他にも、おすすめのプログラミングスクールを紹介しているので、以下の記事を参考にしてみてください。

プログラミングを独学での習得することは難しいので、プログラミングスクールを検討するのも良いと思います。

「就活の教科書」編集部 原田

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

まとめ:Webデザイナーに関する本をまず一冊読んでみよう

Webデザイナーの就職先に関してまとめた本記事は、いかがだったでしょうか?

この記事では、Webデザイナーの就職先必要なスキルについて紹介しました。

Webデザイナーとして働きたい就活生の、参考になりましたら幸いです。

それでは、最後に本記事をまとめました。

この記事のまとめ

◆【職業研究】そもそもWebデザイナーとは?

  • Webデザイナーとは、Webサイトのデザインを制作する職業
  • Webデザイナーの労働条件(平均年収・平均残業時間)
  • Webデザイナーに就いている人の声(twitter、2ch)

◆Webデザイナーの就職先企業/会社一覧5選

  • 会社①:Web制作会社
  • 会社②:広告代理店
  • 会社③:アプリ制作会社
  • 会社④:一般の事業会社
  • その他:フリーランスのWebデザイナーになる

◆Webデザイナーとして就職するために必要なスキル5選

  • スキル①:ディレクションスキル
  • スキル②:コーディングスキル
  • スキル③:企画力
  • スキル④:マーケティングスキル
  • スキル⑤:コミュニケーション力

◆Webデザイナーに就職するためにすべきこと3選

  • 項目①:Webデザインソフトの使い方を学んでおく
  • 項目②:Webデザインに利用するプログラミング言語である「HTML・CSS」を学んでおく
  • 項目③:ポートフォリオを作成してみる

◆Webデザイナーの就職先に関するよくある質問

  • 質問①:Webデザイナーの将来性は?
  • 質問②:Webデザイナーの資格はあるの?
  • 質問③:Webデザイナーにおすすめのプログラミングスクールは?

◆まとめ:Webデザイナーに関する本をまず一冊読んでみよう

「就活の教科書」では、高校生・大学生・就活生をターゲットに就活で役立つ様々な情報を発信しています。

ぜひ、他の記事も見てみてください。

以下では、Webデザイナーの志望動機を解説しています。

気になる方は、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 原田