>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】「食品業界」志望動機の魅力的な伝え方 | ポイント,注意点も

この記事でわかること
  • 食品業界は魅力的で人気が高い
  • 食品業界の志望動機3つの例文
  • 食品業界の志望動機で熱いこだわりを見せよう
  • 食品業界の志望動機で気をつけるべき注意点
  • 食品業界に向いている3つの特徴とは?
皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部のたくまです。

この記事では「食品業界の志望動機」について解説していきます。

みなさんは、「食品業界の魅力的な志望動機ってどんなもの?」と悩んだことはないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 たくま

就活生ちゃん

私は食品業界を志望しています。

しかし、周りにも食品業界を目指す人が多く、人気な業界だと聞いて不安です。

どうすれば食品業界から内定がもらえるのでしょうか・・・

就活生くん

僕も食品業界に興味を持ち始めました。

食品業界のインターンに応募しようと思うのですが、知識が少なく、魅力的な志望動機の作り方がわかりません・・・

不安な気持ちわかります。

たしかに食品業界は人気の業界です。

しかし、食品業界に向けて対策をしっかりすれば内定は夢ではありません。

食品業界から内定をもらうためにも、この記事をしっかりとご覧くださいね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

そこでこの記事では「食品業界の志望動機の魅力的な伝え方」を紹介します。

合わせて、食品業界の志望動機を魅力的に伝える例文やポイント、注意点、向いている人の特徴も解説しています。

この記事を読めば、「食品業界の魅力ある志望動機が書けない」なんて悩みが解決しますよ。

魅力的に志望動機を伝えて、食品業界で内定をもらいたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

食品業界の志望動機を書く前に知っておこう

就活生くん

食品業界に興味を持ち始めたのですが、詳しく知りません。

改めて教えていただいても宜しいでしょうか・・・

食品は身近であるものの、食品業界がどういう業界なのかは想像がつきにくいですよね。

まずは、食品業界についておさらいしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

①:食品業界は世の中に「食」を届ける業界

食品業界は、食品の企画、開発、営業を行い、世の中に「食」を届ける業界です。

人々に欠かせない「食」を届けるという大切な役割を持つ業界ですね。

日本の食品はレベルが高く、海外でも人気があります。

日本だけでなく、世界に「食」を届けるという魅力的な業界ですね。

人の生活と食品は切りはなせないですよね。

世の中に「食」を届ける食品業界は魅力的だと思います。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

②:食品業界は超人気で高倍率

食品業界への入社は超人気で高倍率であり、雪印メグミルクは334倍にも及びます。(就職四季報2021年度版)

食品は身近な存在であり、「なくならない」といった安心感から食品会社を志望する学生が多いのでしょう。

自分が関わった商品を日常で目にするというのも食品会社の魅力ですね、

興味を持ちやすく、安定している食品業界だからこそ超人気で高倍率なのです。

自分が関わった商品がお店に置いてあると考えただけでもワクワクしますね。

食品会社の人気の理由が分かります。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

食品業界の志望動機を魅力的に伝える3つの例文

就活生ちゃん

食品会社の志望理由を書き始めようと思ったのですが、手が止まってしまいます。

わかりやすい例文があったら参考にしたいので教えていただきたいです。

いざ食品会社の志望理由を書こうとすると、何を書けばいいか迷いますよね。

それでは、食品会社の志望動機を伝える例文を3つご紹介します。

「就活の教科書」編集部 たくま

食品業界の志望動機を魅力的に伝える3つの例文
  • 例文①:製造・開発職
  • 例文②:営業職
  • 例文③:事務職
それでは、食品業界に対する志望動機の例文3つをそれぞれ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

例文①:製造・開発職

私が貴社を志望した理由は、新しい価値を持つ食品を作りたいからです。

貴社のインターンシップに参加した際に、貴社が製造するオリジナル食品について学びました。

インターンシップの際に企業理念である「食品にあたらしい価値を」を肌で感じました。

食べることだけでなく、それ以上の価値がある食品を製造するという貴社の姿勢は「挑戦しつづける」が軸である私にとって魅力的でした。

新しい価値を持つ食品を生み出す食品製造業に誇りを持ち、貴社で挑戦しつづけたいと思います。

インターンの経験を踏まえた食品製造業をめざした志望理由は伝わってきますね。

自分の軸と結びつけられているのも評価ポイントです。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

例文②:営業職

私が貴社を志望した理由は、貴社の食品をさらに世に広め「多くの人を笑顔にしたい」と考えたからです。

大学時代に貴社の食品を通じて留学生と仲良くなれたことや、旅行先で貴社の○○を食べながら笑顔になる現地の人を見る機会がありました。

肌で感じたこれらの経験から貴社の食品であれば国内外問わず、多くの人を笑顔にできると確信しました。

人々の笑顔を原動力に、貴社の商品を多くの人に届けるような営業をしていきたいと思います。

実体験を踏まえることで、食品メーカーへの熱い思いが見られますよね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

例文③:事務職

私が貴社を志望した理由は、大学時代にレストランで働いていた際に、お客様と「食」に関する話をする機会が多く、相談に乗ることで喜んでもらい、大きなやりがいを感じたからです。

この経験から、「食」とお客様を結ぶ仕事をしたいと思うようになりました。

貴社の食品である○○は、おいしさと高い栄養素から沢山の人に愛され続けています。

貴社の食品の良さを正しく伝えるために、事務としてお客様の対応を始めとした、あらゆる業務に取り組んでいきます。

事務の仕事は、様々あるので「食」を通じてどう貢献できるかをアピールすべきです。

食品メーカーでは、仕事が丁寧にできるという誠実さも求められます!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

食品業界の志望動機を魅力的に伝える3つのポイント

就活生ちゃん

食品業界の志望動機を魅力的に伝える方法が分かりません・・・

エントリーシートの志望動機欄や面接で、食品業界の志望動機を魅力的に伝えるにはどうしたらいいでしょうか。

食品業界の志望動機を魅力的に伝えるためには、抑えるべきポイントがあります。

魅力的な食品会社の志望動機の伝え方を知り、他の就活生と差がつく志望動機を作りましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

食品業界の志望動機を魅力的に伝えるポイント
  • ポイント①:食品への熱いこだわりを取り入れよう
  • ポイント②:食品の安全性に注目しよう
  • ポイント③:食品とともに将来のビジョンを具体化しよう
それでは、食品業界の志望動機を魅力的に伝える3つのポイントをそれぞれ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

ポイント①:食品への熱いこだわりを取り入れよう

食品業界の志望動機を魅力的に伝える1つ目のポイントは「食品への熱いこだわりを取り入れよう」です。

食品メーカーは、企業ごとに取り扱っている商品の特徴が異なります。

私は貴社の〇〇というお菓子を、より多くの人に届けたいです。

〇〇は、従来のお菓子に新しい価値を加えた素晴らしい商品だと思います。

留学先の中国では、〇〇を囲い笑顔になる現地の方をたくさん見てきました。

〇〇が持つ食品メーカーとしての新しい価値をさらに多くの人に届け、人々の笑顔を増やしたいです。

上の例のようにお菓子メーカー1つにしても、企業によって食品に込めた思いが違ってきますね。

他の食品メーカーでなく、貴社で働きたい志望理由を伝えるために企業への熱いこだわりを取り入れましょう。

貴社の商品でなければいけない熱いこだわりを伝えれば面接官の心も動きそうですよね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

ポイント②:食品の安全性に注目しよう

食品業界の志望動機を魅力的に伝える2つ目のポイントは「食品の安全性に注目しよう」です。

「おいしい食品を提供する」ことだけではなく「安全な食品を提供する」ことも食品業界の重要な役割でしょう。

「食を通して人々の生活を支えるために安全な食品を提供し続けます。」

上記の一文を話すことで、「食」を世に届ける心構えができていることが分かり、アピールになりますね。

生活者のことを深くまで考えている人材だとアピールするためにも「食品の安全性に注目しよう」は大事なポイントです。

食品業界が持つ役割をしっかりと考えられているのは評価されるポイントですね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

ポイント③:食品とともに将来のビジョンを具体化しよう

食品業界の志望動機を魅力的に伝える3つ目のポイントは「食品とともに将来のビジョンを具体化しよう」です。

「食品と関わり続けたい」といったあいまいな答え方では、企業をあまり知らないと思われてしまうでしょう。

具体的に見ていきます。

就活生ちゃん

私は将来、食品と関わり続けたいです。

就活生くん

商品の営業を通じて、貴社が誇る〇〇をさらに世に広めたいです。

就活生くんの方が企業のことを理解しているアピールができており、志望度の高さがあらわれていますね。

志望度の高さを伝えるためにも「食品とともに将来のビジョンを具体化する」ことが重要ですよ。

具体的なビジョンを描いている学生は入社してからも活躍してくれそうですよね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

食品業界の志望動機を伝えるときの注意点3つ

就活生ちゃん

志望動機を作るポイントは分かったのですが、してはいけない注意点はあるのでしょうか。
実は、食品業界ならではの注意点が3つあるのです。

「就活の教科書」編集部 たくま

食品業界の志望動機を伝えるときの注意点3つ
  • 注意点①:ファンであることだけを伝え過ぎない
  • 注意点②:セカンドキャリアについて話さない
  • 注意点③:食品業界の安定性を志望動機にしない
それでは、食品業界の志望動機を伝えるときの注意点3つをそれぞれ見ていきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

注意点①:ファンであることだけを伝え過ぎない

食品業界の志望動機を伝えるときの注意点1つ目は「ファンであることだけを伝え過ぎない」です。

食品業界の企業が求めているのは、自社商品の発展に本気で取り組める人材であり、ファンではないからです。

貴社の〇〇で多くの人を喜ばせたいです。

〇〇を幼少期から食べ、〇〇が持つ圧倒的なおいしさに魅了し続けられています。

〇〇を製造する貴社で働くことができれば、モチベーションが維持され続け活躍できると思います。

上記の例文では企業の製品への熱い思いは伝わりますが、企業で活躍するイメージまでは生まれません。

ファンであることだけを伝えすぎるのではなく、活躍してくれそうだと思われるアピールをしましょう。

好きなことを仕事にするためにも、自分がどう企業に貢献できるかを伝えることが重要です。

下記の記事では、志望動機以外にも自己PRを伝える上での注意点やコツを解説しているので、ぜひ合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

注意点②:セカンドキャリアについて話さない

食品業界の志望動機を伝えるときの注意点2つ目は「セカンドキャリアについて話さない」です。

食品メーカーは採用数が少なく、1人1人に長く働いてもらいたいと思っているでしょう。

セカンドキャリアを話す就活生を見ると、「長く働く気がないのかな」と面接官に思われてしまい別の就活生を採用してしまいますね。

企業で長く活躍することをアピールするために「セカンドキャリアについて話さない」ことが重要です。

食品メーカーは採用人数が少ないため、すぐ転職してしまう可能性がある学生の採用はリスクが高いですよね。

一方で志望動機を伝える上で、印象が薄いと思われてしまってもいけません。

下記の記事で、面接官の印象に残り、高い評価を得られる志望動機の共通点を解説しているので、ぜひ合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

注意点③:食品業界の安定性を志望動機にしない

食品業界の志望動機を伝えるときの注意点3つ目は「食品業界の安定を志望動機にしない」です。

食品業界は食の需要が尽きることはなく安定しますが、安定を理由に入社を決める学生は魅力的ではありません。

就活生くん

私は需要が減ることのない食品業界で、長く活躍し続けたいです。

「食」は人々の生活と切りはなせないものであり、今後も大切な役割を担うと思います。

貴社の魅力的な食品で人々の心を動かしつづけたいです。

具体例を見ると、企業は商品の更なる発展を期待しているにも関わらず、あなたの挑戦する心が見えませんね。

企業で活躍してくれるイメージを面接官に持たせるために、食品業界の安定性を志望動機にしてはいけないのです。

食品業界を選んだ理由に安定はあるかもしれませんが、面接で言うべき志望動機は企業で何がしたいかですよね。

志望動機を伝える上で企業にしっかりと熱意をアピールすることが大切です。

熱意をアピールしやすい志望動機を作る手順を下記の記事で解説しているので、ぜひ合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

食品業界に向いている人の特徴3つ

就活生くん

食品業界は、長く働く人を求めると聞いたのですが、向いている人の特徴などはあるのでしょうか・・・
働いていく上で、こういう人が向いているというのはありますよ。

それでは、食品業界に向いている人の特徴を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 たくま

食品業界に向いている人の特徴3つ
  • 特徴①:時間とやりがいを大切にする人
  • 特徴②:人付き合いが好きな人
  • 特徴③:食への関心が高い人
それでは、食品業界に向いている人の特徴3つをそれぞれ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

特徴①:時間とやりがいを大切にする人

食品業界に向いている人の特徴1つ目は、時間とやりがいを大切にする人です。

食品業界は、残業時間が少なくワークライフバランスが整っている企業が多いです。

しかし、入社難易度が高いのに対し、給与はそこまで高くないので給与重視の学生には向いていません。

時間とやりがいを大切にする人にとって、最高な業界だと言えるでしょう。

食品会社の給料は入社難易度を考えると他の業界に比べて低いですが、一般的に見たら高いです。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

特徴②:人付き合いが好きな人

食品業界に向いている人の特徴2つ目は、人付き合いが好きな人です。

食品業界は、他の食品メーカーとの飲み会や会食が多いことで有名で、人付き合いが日頃からたくさんあるからです。

飲み会や会食での人付き合いが苦手な人にとっては苦痛であり、ストレスをため込んでしまう可能性がありますね。

食品業界の会食が多いという特徴を踏まえると、人付き合いが好きな人が向いているでしょう。

ビールが有名な食品会社は、飲み会が多いと聞いたことがあります。

食品業界を志望する上で見過ごせないポイントですね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

特徴③:食への関心が高い人

食品業界に向いている人の特徴3つ目は「食への関心が高い人」です。

食への関心が高い人にとって、何十年と食品に関わり続けることができるため大きなやりがいを感じることができるでしょう。

自分が関わった食品で世の中の人を笑顔にできることが食品業界の大きな魅力ではないでしょうか。

長期間、企業の食品の発展に貢献するためにも「食への関心が高い人」はとても向いている業界です。

好きなことを仕事にする人はすばらしいと思います。

食品業界の志望動機に食への関心は欠かせませんね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

まとめ:食品業界で活躍する姿を面接官に想像させよう!

「【例文あり】「食品業界」志望動機の魅力的な伝え方 | ポイント,注意点も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「食品業界の志望動機の魅力的な伝え方」を解説しました。

合わせて、食品業界の志望動機を魅力的に伝える例文やポイント、注意点、向いている人の特徴も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆ 食品業界の志望動機を書く前に知っておこう

  • ①:食品業界は世の中に「食」を届ける
  • ②:食品業界は超人気で高倍率

◆ 食品業界の志望動機を魅力的に伝える3つのポイント

  • ポイント①:食品への熱いこだわりを取り入れよう
  • ポイント②:食品の安全性に注目しよう
  • ポイント③:食品とともに将来のビジョンを具体化しよう

◆ 食品業界の志望動機を伝えるときの注意点3つ

  • 注意点①:ファンであることだけを伝え過ぎない
  • 注意点②:セカンドキャリアについて話さない
  • 注意点③:食品業界の安定性を志望動機にしない

◆ 食品業界に向いている人の特徴3つ

  • 特徴①:時間とやりがいを大切にする人
  • 特徴②:人付き合いが好きな人
  • 特徴③:食への関心が高い人

食品業界の志望動機は、面接官に長く活躍することをイメージさせる必要がありますね。

説得力を増すため、インターンシップでの経験や、「食」に関連したエピソードを入れましょう。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 たくま