【おすすめ】化学業界のホワイト企業ランキング | 穴場の隠れ優良企業一覧も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事から分かること
  • 化学業界はホワイト企業が多め
  • 【総合編】化学業界のホワイト/優良企業ランキング一覧
  • 【年収別】化学業界のホワイト/優良企業ランキング一覧
  • 化学業界の中でホワイト企業を見分ける方法は、就職エージェントを利用するのがおすすめ
  • 化学業界がホワイトだと言われる理由
  • 「自分に合うホワイト業界に就職したい!」という就活生は、キャリアチケットスカウトで優良企業を探すのがおすすめ

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の本間です。

今回は、化学業界で働きやすいホワイト企業について紹介していきます。

就活生の皆さんは、「化学業界の中でどんなホワイト企業があるの?」「化学業界の中のホワイト企業に就職するためには?」など悩んだことはありますか?

「就活の教科書」編集部 本間

就活生くん

僕は化学企業への就活を考えていますが、実際どの企業がホワイト企業何だろう?

化学業界で働きやすいホワイト企業があれば教えてほしいです。

就活生ちゃん

私も化学業界を視野に入れて就活をしていますが、実際、化学業界はホワイト企業が多いのでしょうか?

そもそも化学業界がホワイトなのかと疑問に思う方もいますし、実際にどの企業がホワイト企業なのか分からない就活生が多いですよね。

「就活の教科書」編集部 本間

 

そこでこの記事では、化学業界の中の働きやすいホワイト企業ランキングについて解説していきます。

合わせて、そもそも化学業界はホワイトなのか化学業界のホワイト企業5社の解説化学業界のホワイト企業の見分け方についても紹介します。

この記事を読めば、「化学業界ってホワイト企業多いの?」「化学企業で働きやすいホワイト企業はどこ?」なんて悩みや疑問が解決できます。

「化学業界のホワイト企業に就職したい!」という就活生は、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

「自分に合ったホワイト業界を知りたい!」という人には、LINE適職診断の活用がおすすめです

「LINE適職診断」は、簡単な質問であなたの適職を16タイプで診断しますので、あなたに合った仕事や必要な就活対策がわかりますよ。

すでに75,000人以上が利用していますので、ぜひ活用してみてください。

就活アドバイザー 京香

>> 「LINE適職診断」を受けてみる

 

目次

【ホワイト?】化学業界についてざっくり解説

就活生くん

僕は就職先として化学業界を視野に入れていますが、化学業界はそもそもホワイト業界なのでしょうか?

化学業界がホワイトかどうか分からないですよね。

そこでここでは、化学業界について以下の3つの観点から簡単に解説しますね。

「就活の教科書」編集部 本間

化学業界についてざっくり解説
  • 化学業界はホワイト企業が多め
  • 化学業界の労働条件(平均年収・残業時間など)
  • 化学業界の会社に入社した人の声

それでは、化学業界についてざっくり解説していきます。

「就活の教科書」編集部 本間

 

また「化学メーカーの就職偏差値」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!


【就活】化学メーカーの就職偏差値ランキング&年収調査!(信越化学/三菱ケミカル/住友化学/東レ/三井化学/旭化成/富士フィルム/日東電工)

 

化学業界はホワイト企業が多め

就活生くん

化学業界はホワイト業界に含まれるのでしょうか?

結論から言うと、化学業界はホワイト企業が多いです。

理由は業界が安定しているからです。

日本では技術力が高く、新たな企業が簡単に参入することができないので、安定して商品を売ることができます。

また、化学業界のほとんどの企業が通勤手当、住宅手当、家賃補助などの福利厚生が備わっています。

化学業界は企業間取引である「B to B事業」で、ノルマが発生せず、理系出身の人が多いので、穏やかで堅実な人が多い傾向にあります。

化学業界ではホワイトな企業が多そうですね。

「就活の教科書」編集部 本間

 

化学業界の労働条件(平均年収・残業時間など)

次は、化学業界の労働について解説します。

化学業界の平均年収や残業時間などは以下のようになっています。

化学業界の労働条件
  • 平均年収:約643.2万
  • 残業時間:約14.8時間
  • 有給休暇取得率:約50%

化学業界では、他の業界と比べ、平均年収が高く、有給休暇取得率も高いようですね。

「就活の教科書」編集部 本間

 

また「化学メーカーの年収ランキング」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【超ホワイト企業確定!?】ホワイト&高収入な化学メーカー年収ランキングTOP30 | 三菱ケミカルホールディングス,積水化学工業,住友化学,三菱瓦斯化学,コーセー,信越化学工業,三井化学【就活:転職】

 

化学業界の会社に入社した人の声

化学業界に関する声は様々あります。

いくつか紹介するので、参考にしてみて下さい。

「就活の教科書」編集部 本間

https://twitter.com/ryman_saeba1919/status/1072823072535670784?s=20

化学業界はホワイトだという声がたくさん上がっていますね。

そんな化学業界の中でも特にホワイト企業なのは、どの企業なのか見ていきたいと思います!

「就活の教科書」編集部 本間

 


【総合編】化学業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

就活生ちゃん

化学業界のホワイト企業に就職したいのですが、化学業界のホワイト企業ランキングを知りたいです。

分かりました。

化学業界のホワイト/優良企業ランキング一覧を紹介します。

化学業界のホワイト/優良企業ランキングは以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 本間

【総合編】化学業界のホワイト/優良企業ランキング一覧
順位 企業名 ホワイト度(5段階評価)
1 旭化成株式会社(化学) 4.35
2 SHPPジャパン合同会社 4.15
3 栗田工業株式会社 3.99
4 スリーエムジャパンイノベーション株式会社 3.98
5 RSエナジー株式会社 3.92
6 ポリプラスチックス株式会社 3.89
7 デュポン株式会社 3.81
8 蝶理株式会社 3.76
9 帝人株式会社 3.75
10 丸紅ケミックス株式会社 3.74
11 シンジェンタジャパン株式会社 3.74
12 株式会社りゅうせき 3.72
13 日本アゴ合同会社 3.71
14 AGC株式会社 3.70
15 日本山村硝子株式会社 3.69
16 富士フィルム株式会社 3.68
17 三井化学アグロ株式会社 3.68
18 日産化学株式会社 3.64
19 大阪銘板株式会社 3.64
20 JFE商事株式会社 3.64
21 伊藤忠工ネクス株式会社 3.64
22 JSR株式会社 3.62
23 日鉄ケミカル&マテリアル株式会社 3.62
24 デュポン・東レ・スペシャルティ・マテリアル株式会社 3.60
25 長瀬産業株式会社 3.58
26 ヘンケルジャパン株式会社 3.57
27 岩谷産業株式会社 3.57
28 CBC株式会社 3.56
29 東洋インキSCホールディングス株式会社 3.55
30 キグナス石油株式会社 3.51

このランキングは、openworkの総合評価ランキングを参考にしています。

「就活の教科書」編集部 本間

 

 

【年収別】化学業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

就活生ちゃん

私は化学業界の中でも、年収が高い企業に就職したいので、化学業界の年収ランキングが知りたいです。

分かりました。

化学業界の年収ランキング一覧を紹介します。

化学業界の年収ランキングは以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 本間

【年収編】化学業界のホワイト/優良企業ランキング一覧
順位 企業名 平均年収
1 三菱ケミカルホールディングス 1738万円
2 ウルトラファブリックス・ホールディングス 1202万円
3 富士フィルムホールディングス 997万円
4 積水化学工業 912万円
5 住友化学 904万円
6 三菱ガス化学 864万円
7 信越化学工業 856万円
8 コーセー 854万円
9 三井化学 850万円
10 大陽日酸 848万円
11 ユニ・チャーム 843万円
12 マンダム 842万円
13 関西ペイント 827万円
14 日東電工 823万円
15 昭和電工 815万円
16 本州化学工業 814万円
17 JCU 813万円
18 花王 812万円
19 日本高純度化学 807万円
20 日本触媒 797万円
21 住友ベークライト 796万円
22 日産化学 796万円
23 東ソー 794万円
24 旭化成 787万円
25 東京応化工業 787万円

年収が高い企業だと、1000万円越えもありますね。

全体的にみると、800-700万円代が多いようです。

「就活の教科書」編集部 本間

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【詳しく解説!】化学業界のホワイト/優良企業5社

就活生くん

化学業界の企業ランキングで、全体像は分かりました。

その中でも、それぞれの企業についてより詳しく教えてください。

分かりました。

以下の化学業界のホワイト/優良企業5社について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 本間

化学業界のホワイト/優良企業5社
  • 企業①:富士フィルムホールディングス
  • 企業②:積水化学工業
  • 企業③:三菱ガス化学
  • 企業④:日産化学
  • 企業⑤:旭化成

それでは、それぞれの企業について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 本間

 

企業①:富士フィルムホールディングス(平均年収997万円)

化学業界のホワイト/優良企業の1つ目は、富士フィルムホールディングスです。

富士フイルムホールディングス株式会社は、富士フイルムと富士フイルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)を傘下に持つ持株会社です。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

富士フィルムホールディングスについて
  • 従業員数:233人
  • 平均年収:997.5万円
  • 平均勤続年数:17.8年
  • 残業時間:30.8時間

また、富士フィルムホールディングスの事業内容は以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 本間

富士フィルムホールディングスの事業内容
  • ヘルスケアートータルヘルスケアカンパニーとして、「予防」「診断」「治療」の3領域で、医療機器、バイオCDMO(バイオ医薬品のプロセス開発・生産受託)、医薬品、再生医療、ライフサイエンス事業(化粧品・サプリメントなど)などの多種多様な製品・サービスを提供しています。
  • マテリアルズーマテリアルズ領域では、産業の効率化や社会のICT化推進などを通じて、資源循環の促進や気候変動への対応といった環境課題に取り組んでいます。
  • ビジネスイノベーションービジネスイノベーション領域では、オフィスを始めとするさまざまな仕事の現場で課題解決に貢献することで、働きがいにつながる環境づくりなど働き方の変革に取り組んでいるほか、企業のCO2排出量削減にも貢献しています。
  • イメージングーイメージング領域では、さまざまな思い出や出来事を写真や画像・映像というカタチにすることで、心の豊かさや人々のつながりを強めることに貢献しているほか、安全・安心な社会づくりも推進しています。
富士フィルムホールディングスは年収ランキングが3位に入るほど、年収が高いので、年収を重視されたい方はおすすめです!

「就活の教科書」編集部 本間

 

企業②:積水化学工業(平均年収912万円)

化学業界のホワイト/優良企業の2つ目は、積水化学工業です。

積水化学工業は、建材や建材用の化成品などを製造している樹脂メーカーです。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

積水化学工業について
  • 従業員数:27,000人
  • 平均年収:912万円
  • 平均勤続年数:14.3年
  • 残業時間:38時間

また、積水化学工業の事業内容は以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 本間

積水化学工業の事業内容
  • 住宅カンパニーー国内においては、新築戸建て・アパートなどの「住宅」や高齢者サービスなどの「住生活事業」を、海外ではタイにおいて戸建て住宅事業「海外」を展開しています。
  • 環境・ライフカンパニーー国内で有数のシェアを誇る塩ビ管材やインフラ関連材料の生産・販売を基盤事業としています。
  • 高機能プラスチックスカンパニー「エレクトロニクス」「モビリティ」「住インフラ材」の戦略3分野を中心に、グローバルに事業を展開しています。
  • メディカル事業ー血液凝固・生活関連病・感染症領域を中心とした臨床検査薬や真空採血管、「検査事業」、医薬品原薬(API)・中間体、医薬用アミノ酸の受託製造を行う医薬事業、「医療事業」で構成されており、グローバルに展開しています。

若手の内から裁量の大きな仕事を任せてもらえるので、責任感を持って働くことができます。

また、終身雇用制度があり、安心して働くことができるので、おすすめです!

「就活の教科書」編集部 本間

 

企業③:三菱ガス化学(平均年収864万円)

化学業界のホワイト/優良企業の3つ目は、三菱ガス化学です。

三菱ガス化学は、過酸化水素やキシレン誘導品などの化学品を生産している企業です。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

三菱ガス化学について
  • 従業員数:2,427名
  • 平均年収:864万円
  • 平均勤続年数:17.6年
  • 残業時間:20-30時間

また、三菱ガス化学の事業内容は以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 本間

三菱ガス化学の事業内容
  • 基礎化学品事業部門ー天然ガスの資源開発に始まり、メタノール、アンモニア、その誘導体である有機化学品類等、幅広い事業を展開しています。
  • 機能化学品事業部門ー無機化学品事業部、合成樹脂事業部、光学材料事業部では、ユーザーニーズと直結した先端製品の開発に注力しています。

カンパニー制をとっており、カンパニーごとの特色があります。

ワークライフバランスは優れている傾向で、給与水準は高く、既婚者は特に手当が厚くなります。

「就活の教科書」編集部 本間

 

企業④:日産化学(平均年収796万円)

化学業界のホワイト/優良企業の4つ目は、日産化学です。

日産化学は、バイオテクノロジーの父・科学者の高峰譲吉、日本資本主義の父・渋沢栄一らが創業した、日本ではじめて化学肥料を生み出した企業です。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

日産化学について
  • 従業員数:1861人
  • 平均年収:796万円
  • 平均勤続年数:15.8年
  • 残業時間:40時間

また、日産化学の事業内容は以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 本間

日産化学の事業内容
  • 基礎化学品ーメラミン、硫酸・硝酸・アンモニアなどの工業薬品類、半導体洗浄用の高純度薬品を中心に幅広い需要分野へ製品を提供しています。
  • ファインケミカルー封止剤用などの特殊エポキシ「テピック®」、ノンハロゲン系難燃剤「メラミンシアヌレート」、表面改質剤「フェニルホスホン酸」、殺菌・消毒剤「ハイライト®」をはじめとする環境化学品を軸に事業展開しています。
  • 開発品ーお客様のニーズに応えるべく、「テピック®」の新規グレードを中心とした製品ラインアップの充実を図っております。

残業代に関しては、正確に1分単位で支払ってくれるので、無駄な残業をなくす動きにも繋がっています。

また、従業員には独身寮や社宅が用意されており、更には会社直通の通勤専用バスが出るなど働きやすい環境が整っています。

「就活の教科書」編集部 本間

 

企業⑤:旭化成(平均年収787万円)

化学業界のホワイト/優良企業の5つ目は、旭化成です。

旭化成の企業としての大きな特徴は、幅広い分野の事業を有し、さまざまな製品づくりとサービスの提供を通じて社会に対して価値を提供している点です。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

旭化成について
  • 従業員数:7,864人
  • 平均年収:787万円
  • 平均勤続年数:15.8年
  • 残業時間:30時間

また、旭化成の事業内容は以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 本間

旭化成の事業内容
  • マテリアル領域ーケミカル事業、繊維事業、エレクトロニクス事業を中心に高度な技術力と新たな発想で、次世代を切り開く製品を開発します。
  • 住宅領域ー住宅事業、建築事業を中心に人と地球に優しい技術とサービスによって理想の都市・社会づくりに貢献します。
  • ヘルスケア領域ー医薬事業、医療事業を中心に高度な技術を進化、融合させ、社会が求めている医療ニーズを満たすことで、医療の進歩に貢献します。
在宅勤務を取り入れるなど、どの従業員にも働きやすい環境を取り入れていることが特徴です。

「就活の教科書」編集部 本間

 

人気企業から内定をもらいたいならキャリアチケットスカウトを使うのが一番おすすめです。

キャリアチケットスカウトを使えば、プロフィールを入力するだけであなたらしく働ける企業からスカウトが来ます。

運が良ければ、スカウトが来た企業の選考を一部スキップできたりもしますよ。

多くの就活生がアプリで利用しているので、あなたに合う企業を見つけたいなら参加必須です。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウトを見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策がわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>>就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

化学業界のホワイト/優良企業の見分け方

就活生くん

化学業界のホワイト企業ランキングや、ホワイト企業5社の解説はよくわかりました。

ですが、化学業界のホワイト企業の見分け方がよくわからないので教えて欲しいです。

わかりました。

では、化学業界のホワイト企業の見分け方について解説します。

先に結論を伝えておくと、化学業界のホワイト企業の見分け方は以下の5つあります。

「就活の教科書」編集部 本間

化学業界のホワイト/優良企業の見分け方
  • 見分け方①:残業が20時間/月かどうか
  • 見分け方②:完全週休二日制かどうか
  • 見分け方③:研修や教育制度が整っているかどうか
  • 見分け方④:福利厚生が整っているかどうか
  • 見分け方⑤:離職率が低いかどうか

それでは、教育業界のホワイト企業の見分け方について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 本間

見分け方①:残業が20時間/月かどうか

化学業界のホワイト/優良企業の見分け方1つ目は、「残業が20時間/月かどうか」です。

化学業界の平均残業時間は14.8時間なので、残業が20時間を超えていると化学業界では残業時間が多い方になります。

残業を0にすることは難しいですが、残業した分の手当がちゃんと支払われているのか確認することが重要です。

残業時間を確認して、ワークライフバランスをがとれる会社を見極めましょう。

「就活の教科書」編集部 本間

 

見分け方②:完全週休二日制かどうか

化学業界のホワイト/優良企業の見分け方2つ目は、「完全週休二日制かどうか」です。

しっかり休みが取れる環境にあるかどうかを見る指標になります。

ホワイト企業だと、完全週休二日制を取り入れている企業が多いので確認してみて下さい!

しっかり休みを取ることで、仕事の質も向上しますよね。

「就活の教科書」編集部 本間

 

見分け方③:研修や教育制度が整っているかどうか

化学業界のホワイト/優良企業の見分け方3つ目は、「研修や教育制度が整っているかどうか」です。

ホワイトな企業では、様々な研修や教育制度が用意されており、若手にも成長の機会が与えられます。

そのため、化学業界でホワイト企業かどうかを見る時は、研修や教育制度が整っているかどうかを確認しておきましょう。

成長意欲のある方は特に要チェックです。

「就活の教科書」編集部 本間

 

見分け方④:福利厚生が整っているかどうか

化学業界のホワイト/優良企業の見分け方4つ目は、「福利厚生が整っているかどうか」です。

福利厚生が整っていると、しっかり休みが取れるので必然的に質のいい仕事ができます。

育休や産休を初め、結婚休やファミリー休を用意している企業もあるので、ぜひ確認してみて下さい。

制度の使いやすさ・取得率なども合わせて確認すると良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 本間

見分け方⑤:離職率が低いかどうか

化学業界のホワイト/優良企業の見分け方5つ目は、「離職率が低いかどうか」です。

離職率が高いという事は、働く環境に問題がある可能性があります。

年収や残業時間が良かったとしても、離職率が高いと何かしらの問題があるかもしれないので、気を付ける必要があります。

離職率と合わせて平均勤続年数が低いかどうかもチェックしておくといいでしょう。

「就活の教科書」編集部 本間

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

化学業界/メーカーがホワイトだと言われる理由

就活生くん

化学業界の会社はホワイトだとよく聞くのですが、なぜホワイトだと言われるのか気になります!

化学業界がホワイトだと言われる理由を教えてください!

わかりました。

化学業界の会社がホワイトだと言われる理由は大きく以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 本間

化学業界の会社がホワイトだと言われる理由
  • 理由①:年収が高くて福利厚生も充実しているから
  • 理由②:技術力が世界と比べても高いから
  • 理由③:化学業界自体が安定しているから

それでは、それぞれの理由について詳しく説明していきます。

「就活の教科書」編集部 本間

 

理由①:年収が高くて福利厚生も充実しているから

化学業界の会社がホワイトだと言われる理由の1つ目は、年収が高くて福利厚生も充実しているからです。

化学業界の平均年収が約643.2万円なので、ほかの業界の平均年収と比較しても比較的高いという事が出来ます。

また、福利厚生も充実している企業が多く、高い水準を確保することができます。

会社によっては、住宅補助、家族手当、通勤手当、フィットネスジム、家族旅行補助等、考えられる福利厚生はほとんど備わっている企業もあります。

確かに、年収が高いうえに、福利厚生も充実しているので、非常に水準の高い生活が送れそうですね。

「就活の教科書」編集部 本間

 

理由②:技術力が世界と比べても高いから

化学業界の会社がホワイトだと言われる理由の2つ目は、技術力が世界と比べても高いからです。

日本の化学メーカーの特徴として、技術力と生産性が高い事が特徴です。

化学メーカーは危険な物質を使用することもありますが、日本の企業は技術が高く、安定していることから、基本的に落ち着いて工場を運転することができます。

危険な物質を使う時でも、高い技術があるので、基本的に火災や爆発が起こることは滅多にありません。

「就活の教科書」編集部 本間

 

理由③:化学業界自体が安定しているから

化学業界の会社がホワイトだと言われる理由の3つ目は、化学業界自体が安定しているからです。

もともと、日本企業は高い技術を用いて、製品を生み出しているので、新たに企業が参入することは極めて容易ではありません。

そのため、競合他社が変わらないので、安定して製品を生産することが可能となっています。

安定性もあるうえに、IoTやAIで使用する部品の製造に欠かせない樹脂や半導体材料は、化学メーカーが製造を担っているので将来性も高いです。

「就活の教科書」編集部 本間

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

化学業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法

就活生ちゃん

化学業界のホワイト企業に就職するためには、どうやって探したら良いのですか?

探し方がわからないので、教えてください。

わかりました。

化学業界のホワイト/優良企業に就職するための対策を紹介します。

「就活の教科書」編集部 本間

化学業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法
  • 対策法①:就職エージェントで優良企業を紹介してもらう
  • 対策法②:逆求人サイトを利用する
  • 対策法③:企業研究を徹底的に行う

それでは、化学業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法についてそれぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 本間

 

対策法①:就職エージェントで優良企業を紹介してもらう

化学業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法の1つ目は、就職エージェントで優良企業を紹介してもらうことです。

就活エージェントは学生の相談を受けながら、求人を紹介したり、内定承諾まであらゆる面でサポートします。

大型求人サイトで一つ一つ確認するよりも、就職エージェントに相談することで自分に合った職場を見つけることが可能となります。

一番おすすめの就職エージェントは、「キャリアチケット」です。

求人数・質ともに他を圧倒しており、化学系にとっても最も信頼できる選択肢です。

隠れ優良企業や自分に合った企業を一人で探すことは難しいので、ぜひ相談してみて下さい!

「就活の教科書」編集部 本間

 

対策法②:逆求人サイトを利用する

化学業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法の2つ目は、逆求人サイトを利用することです。

逆求人サイトは、登録しておくだけで企業から面接のお誘いや特別面談などのスカウトがくる就活サービスです。

おすすめの逆求人サイトは「TECH OFFER」「ラボベース」です。

双方、理工系学生に特化した逆求人型サイトで、富士フィルムや積水化学工業などが利用しています。

自分からアプローチをかけるのではなく、企業からスカウトしてもらうことで、可能性が広がります。

「就活の教科書」編集部 本間

 

対策法③:企業研究を徹底的に行う

化学業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法の3つ目は、企業研究を徹底的に行うことです。

企業理解を深めることで、面接時でも非常に有利に働きます。

営業職では、なぜ化学メーカーなのか、なぜ他の会社でないのかといった点をしっかり伝えることが大切です。

一方、技術職では、大学や大学院で研究してきたことと企業がこれから開発していきたいと考えている技術が合致しているかどうか、その上で企業に貢献できるだけの専門的な知識があるかどうかという点を特にみられています。

自分の経験と企業の理念を比較して、明確な志望動機や企業が求めている技術が十分に備わっているのか確認する必要があります。

「就活の教科書」編集部 本間

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

化学業界のホワイト/優良度に関するよくある質問

就活生くん

化学業界のホワイト企業に入社するための対策は分かりました。

しかし、化学業界/メーカーはつまらないとうわさで聞いたのですが、本当ですか?

就活生ちゃん

私も化学業界/メーカーはゆるいという話を聞きました。これって本当ですか?

分かりました!

今から化学業界のホワイト/優良度に関するよくある質問について2つ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 本間

化学業界のホワイト/優良度に関するよくある質問
  • 質問①:化学業界/メーカーはつまらないの?
  • 質問②:化学業界/メーカーはゆるいって本当?

 

質問①:化学業界/メーカーはつまらないの?

化学業界のホワイト/優良度に関するよくある質問の1つ目は、「化学業界/メーカーはつまらないの?」です。

正直、化学業界は地味な仕事でイマイチ世の中に貢献しているか感じられないのが辛い仕事です。

世の中に貢献しているものの、成果が可視化されないので、モチベーションに繋がらないことがあるようです。

営業職に関しても、ルーティーンで創造性のない仕事という声が上がっています。

「就活の教科書」編集部 本間

 

質問②:化学業界/メーカーはゆるいって本当?

化学業界のホワイト/優良度に関するよくある質問の2つ目は、「化学業界/メーカーはゆるいって本当?」です。

結論から言うと、非常に緩いです。

先ほど述べた通り、営業では新商品投入が少なすぎて既存ルート営業のみだったり、品質が安定していることからクレームが少なかったりするので、非常に仕事だと言えるでしょう。

激務を行いたくない人にはお勧めの仕事ですね。

「就活の教科書」編集部 本間

 

   

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

キャリアチケットスカウト」は5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考えがわかり、あなたらしく働ける優良企業に出会えるスカウトサイトです。

多くの就活生が利用しているキャリアチケットスカウトを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウトを見てみる

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:化学業界のホワイト/優良企業に就職するならランキングを参考にしよう

本記事「【おすすめ!】化学業界のホワイト企業ランキング一覧 | 優良企業の見分け方,就活対策方法も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、化学業界のホワイト/優良企業ランキングについて紹介しました。

合わせて、化学業界のホワイト/優良企業の見分け方就職するための対策法についても紹介しました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆ 【ホワイト?】化学業界についてざっくり解説

  • 化学業界はホワイト企業が多め
  • 化学業界の労働条件(平均年収・残業時間など)
  • 化学業界の会社に入社した人の声

◆【総合編】化学業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

◆【年収別】化学業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

  • 企業①:富士フィルムホールディングス(平均年収997万円)
  • 企業②:積水化学工業(平均年収912万円)
  • 企業③:三菱ガス化学(平均年収864万円)
  • 企業④:日産化学(平均年収796万円)
  • 企業⑤:旭化成(平均年収787万円)

◆化学業界のホワイト/優良企業の見分け方

  • 見分け方①:残業が20時間/月かどうか
  • 見分け方②:完全週休二日制かどうか
  • 見分け方③:研修や教育制度が整っているかどうか
  • 見分け方④:福利厚生が整っているかどうか
  • 見分け方⑤:離職率が低いかどうか

◆化学業界/メーカーがホワイトだと言われる理由

  • 理由①:年収が高くて福利厚生も充実しているから
  • 理由②:技術力が世界と比べても高いから
  • 理由③:化学業界自体が安定しているから

◆化学業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法

  • 対策法①:就職エージェントで優良企業を紹介してもらう
  • 対策法②:逆求人サイトを利用する
  • 対策法③:企業研究を徹底的に行う

◆化学業界のホワイト/優良度に関するよくある質問

  • 質問①:化学業界/メーカーはつまらないの?
  • 質問②:化学業界/メーカーはゆるいって本当?