>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【どう選ぶ?】滑り止め企業の探し方 | 注意点,内定後の対応方法も

この記事を読めばわかること
  • 就活生は、滑り止めの企業を平均20社程度受ける
  • 滑り止め企業は志望業界の中小企業から選ぼう
  • 滑り止め企業があれば内定をもち自信を持って就活ができる
  • 滑り止めの企業を受けるときの注意点
  • 滑り止め企業に内定後の正しい対応方法

 

こんにちは!「就活の教科書」編集部のユリエです。

この記事では、就活での滑り止め企業を受ける就活生に向けて、滑り止め企業の探し方や注意点を紹介します。

就活生の皆さんは「滑り止めの企業をどうやって選べばいいの・・・?」と困ったことはありますか?

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

就活相談をしている友達から、滑り止めの企業を受けるという話をしていました。

そもそも、就活で滑り止めを受ける必要ってあるんですか?

就活生ちゃん

本命企業だけを受けるのは不安なので、滑り止めの企業を探しています。

だけど、滑り止めの企業ってどう選んだらいいのかな・・・?

就活の中で、滑り止め企業を受けるべきなのか、どうやって選べばいいのか迷いますよね・・・

滑り止めの企業の選ぶポイントを押さえることで、滑り止めの企業を的確に判断できますよ!

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

そこでこの記事では、滑り止め企業を受けるときの探し方や、滑り止め企業を選ぶときの注意点を解説します。

また、滑り止めの企業を受けるときに知っておくべき知識も解説します。

さらに、滑り止めの企業から内定をもらった時の正しい対処法も紹介します。

この記事を読めば、就活で滑り止めの企業をスムーズに選べるようになります。

「滑り止めの企業って受けるべきなの・・・?」「どうやって選べばいいのか分からない・・・」と悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでください。

 

 

就活で滑り止めの企業を受けるときの疑問

就活生くん

最近、滑り止めの企業を受けるかどうかで迷っています。

そもそも一般的に、就活において滑り止めの企業は受けるべきなのでしょうか?

「滑り止めの企業を受けるべきか」という悩みは、多くの就活生が一度は抱く悩みですよね。

就活で滑り止めを受けるときに就活生が抱く疑問を徹底解説していきましょう!

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活で滑り止めの企業を受けるときの疑問
  • 疑問①:就活での滑り止めの企業とは?
  • 疑問②:就活での滑り止めってそもそも必要?
  • 疑問③:就活での滑り止めの企業は何社受けるべき?

 

疑問①:就活での滑り止めの企業って?

就活生ちゃん

就活での滑り止めの企業とは、どんな企業を指しますか?

就活での滑り止めの企業とは、「第一志望が受からなかった時の保険として受ける企業」です。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

「保険として受ける企業」なのであれば、そこまで真剣に考える必要はないのでしょうか。

いいえ、違います!滑り止めの企業は、言い換えると「第一志望に落ちたら入社する企業」です。

なので手を抜かずに真剣に選ばなければなりません。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

なるほど、滑り止めの企業であっても、第一志望の企業と同じ心持ちで選ばないといけないということですね!

 

疑問②:就活での滑り止めってそもそも必要?

就活生くん

第一志望の企業にしか興味が湧きません。

時間を割いてまで、滑り止めの企業を受ける必要はあるのでしょうか?

滑り止めの企業を受ける必要はあります

就職浪人の可能性を減らせる、選考の経験が積めるなど、滑り止めの企業を受けるメリットはたくさんあります!

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

第一志望の企業の選考に集中したいから滑り止めの企業なんて受けている暇がないです…。

いつ頃滑り止め企業を受ければ良いでしょうか。

第一志望の企業の選考と同時に受けましょう。

第一志望の企業の選考に落ちてからでは、選考に参加できる企業も限られてきてしまいます

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

第一志望の企業に落ちてから滑り止めを受け始めると、他に良いなと思っていた企業が選考を終えている可能性もありますもんね。

第一志望の企業と同時並行で進めてみます!

 

疑問③:就活での滑り止めの企業は何社受けるべき?

就活生くん

一般的に滑り止めの企業は、だいたい何社くらい受けますか?

滑り止めの企業の数は、人によって異なります。就活生のエントリー企業数は平均20社と言われているため、本命と滑り止めの合計が20社となるのがちょうど良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

とりあえず滑り止めの企業の選考をたくさん受けると良いのでしょうか。

滑り止めの企業の数は多ければ良いわけではありません

滑り止めの企業であっても、志望動機の作成や企業研究など、それなりに多くの時間を割きます。

そのため、滑り止めをたくさん受けてしまうとどの企業も中途半端になってしまう可能性があります。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

なるほど!では、残された時間でどれだけ滑り止めの企業を受けられるか、的確に判断することが重要なのですね!

 

就活で失敗しない滑り止め企業の探し方3つ

就活生くん

滑り止めの企業を探しているのですが、どうやって選べばいいのかわかりません。

滑り止めの企業の探し方・探し方って難しいですよね…

具体的な滑り止めの企業の探し方・探し方を紹介します!

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活で失敗しない滑り止め企業の探し方
  • 探し方①:志望業界の中小企業から選ぶ
  • 探し方②:自分の興味のある企業から選ぶ
  • 探し方③:選考の早い業界から選ぶ

 

探し方①:志望業界の中小企業から選ぶ

滑り止めの企業の探し方1つ目は「志望業界の中小企業から選ぶ」です。

中小企業は大手に比べると倍率はまだ低いため、選考を突破しやすいです。

なので、志望業界の中小企業をいくつか受けておくことで、自分のやりたい仕事のできる仕事に就ける可能性を高められるのです。

自分の興味のある企業に出会える可能性もあります。

「中小企業をどうやって探したらいいのか分からない・・・」という人は、以下の記事で効率の良い探し方を解説しているので、参考にしてくだいさね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

探し方②:自分の興味のある企業から選ぶ

滑り止めの企業の探し方2つ目は「自分の興味のある企業から選ぶ」です。

志望業界の幅が狭ければ「志望業界の中だけで滑り止めの企業を見つけることは難しい!」と感じる人もいます。

志望業界の中だけでは滑り止めの企業が見つからない場合は、就職活動の軸に合う業界の中から興味のある企業をピックアップしましょう。

滑り止めの企業を選ぶときは業界を変えても良いですが、就職活動の軸からは外れないように注意しましょう。

就活の軸が定まっていない人は、以下の記事を読んで企業選びで困らない就活の軸を完成させましょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

探し方③:選考の早い業界から選ぶ

滑り止めの企業の探し方3つ目は「選考の早い業界から選ぶ」です。

第一志望で手一杯で滑り止めの企業を受ける余裕がないという人は、人材業界やコンサル業界、ベンチャー企業などの早期選考に参加してみましょう。

早期選考で内定をもらえれば、3月以降の第一志望の本選考に集中して臨むことができます。

自分の就職活動のスケジュールを加味して戦略的に選考を受けていくことも、就職活動を成功させる1つの方法ですね。

選考の早い企業を選ぶ場合も、就職活動の軸に合った業界・企業を選びましょう!

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

就活での滑り止めの企業を選ぶときの注意点3つ

就活生ちゃん

滑り止めの企業を選んでいるのですが、選ぶときの注意点があれば教えてもらいたいです。

わかりました。

滑り止めの企業を選ぶときの注意点を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活での滑り止めの企業を選ぶときの注意点3つ
  • 注意点①:滑り止めであっても準備を入念に行う
  • 注意点②:就職活動の軸に沿った企業を選ぶ
  • 注意点③:選考スケジュールを計画する

それでは、就活での滑り止めの企業を選ぶときの注意点を、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

注意点①:滑り止めであっても準備を入念に行う

就活での滑り止めの企業を選ぶときの注意点1つ目は「滑り止めであっても準備を入念に行う」です。

第一志望の企業の選考に忙しいからといって、滑り止めの企業の選考準備を適当に済ますのはもったいないです。

滑り止めの企業であっても企業研究や面接対策などを入念に行い、着実に選考を突破できるようにしましょう。

滑り止めの企業が第一志望と同じ業界であれば、準備は比較的簡単に終えることができます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

注意点②:就職活動の軸に沿った企業を選ぶ

就活での滑り止めの企業を選ぶときの注意点2つ目は「就職活動の軸に沿った企業を選ぶ」です。

滑り止めの企業を適当に選んでしまうと、ESや面接で志望動機を聞かれたときに上手く答えることができません。

ですが、就職活動の軸さえしっかり持っていれば、論理的に志望動機を話すことができます。

例えば「人々の生活に寄り添う企業」という軸であれば、食品メーカー業界、インフラ業界など多く当てはまります。

滑り止めの企業は、就職活動の軸をより意識して選ぶようにしましょう。

「就活の軸ってどう決めればいいの?」という人は、以下の記事を参考にしてください。

就活の軸を徹底的に固める方法や内定者の就活の軸も紹介しているので、参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

注意点③:選考スケジュールを計画する

就活での滑り止めの企業を選ぶときの注意点3つ目は「選考スケジュールを計画する」です。

選考スケジュールを加味せず滑り止めの企業をたくさん受けて、面接対策が間に合わないなんてことは本末転倒ですよね。

第一志望の選考スケジュールを基準にするとスケジュールを立てやすいです。

いかに計画性をもって選考を進められるかは就職活動を成功させる大きなカギになります。

以下の記事では、就活の流れをわかりやすく解説しています。

「準備⇒選考フロー⇒内定後」全ての流れが分かるので、参考にしながら余裕を持って就活を進めていきましょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

就活で滑り止めの企業を受けるメリット3つ

就活生ちゃん

滑り止めの企業を受けるメリットがいまいち想像できません。

具体的なメリットを教えてもらえませんか。

わかりました!それでは滑り止めの企業の選考を受けるメリット3つを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活で滑り止めの企業を受けるメリット3つ
  • メリット①:内定をもち自信をつけることができる
  • メリット②:選考の経験を積むことができる
  • メリット③:無内定になる可能性を減らすことができる

 

メリット①:内定をもち自信をつけることができる

就活で滑り止めの企業を受けるメリット1つ目は「内定をもち自信をつけることができる」です。

滑り止めの企業の内定をもっている安心感自信があることで、第一志望の企業の選考も上手くいく可能性が高くなります。

第一志望の一発勝負だと、「内定をもらえなかったらどうしよう」と不安になり緊張してしまいますよね。

第一志望の選考で良いパフォーマンスをするためにも、滑り止めの企業を受けることは重要です。

私も滑り止めの企業の内定を持っていたので、第一志望の選考も安心して臨むことができました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

メリット②:選考の経験を積むことができる

就活で滑り止めの企業を受けるメリット2つ目は「選考の経験を詰むことができる」です。

就職活動での選考において「慣れ」は非常に重要です。

滑り止めの企業の選考の反省を第一志望に活かすことで、第一志望の選考でより良い受け答えができるようになってきます。

選考に慣れるためにも、滑り止めの企業は受けるべきですね。

滑り止めの企業の面接で聞かれた質問を、第一志望の面接でも聞かれたなんてことは、本当によくあります!

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

メリット③:無内定になる可能性を減らすことができる

就活で滑り止めの企業を受けるメリット3つ目は「無内定になる可能性を減らすことができる」です。

参加した選考の数だけもちろん内定をもらえる可能性は高くなります。

企業を5社受けるのと20社受けるのでは、チャレンジできる回数が全然違いますよね。

6月や7月になって「まだ一つも内定がない・・・」という事態を避けるためにも、滑り止めの企業はいくつか受けておくべきです。

就職活動は大学受験と違って就活浪人すれば成功する可能性が高くなるわけではないので、無内定はなるべく避けましょう。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

滑り止めの企業から内定をもらったときの対応方法

就活生ちゃん

もし滑り止めの企業から内定をもらったら、第一志望の選考が終わるまで待ってもらえますか?
多くの就活生がもつ疑問ですよね。詳しくお話します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

滑り止めの企業から内定をもらったときの対応方法
  • 対応方法①:内定の承諾はしてもOK
  • 対応方法②:内定のキープはなるべく最小限に

 

対応方法①:内定の承諾はしてもOK

滑り止めの企業から内定をもらったときの対応方法1つ目は「内定の承諾はしてもOK」です。

内定承諾書は法的拘束力がありません

なので、滑り止め企業の中で「ここなら入社してもいいかな」と思える企業から内定をもらえたら、内定を承諾しましょう。

もし、第一志望の企業から内定をもらえたときには、早急に内定辞退の旨を伝えましょう

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

対応方法②:内定の承諾をする企業の数はなるべく最小限に

滑り止めの企業から内定をもらったときの対応方法2つ目は「内定の承諾をする企業の数はなるべく最小限に」です。

企業側も〇〇人採用と目標を決めて採用活動を行っています。

入社する気がないのにもかかわらず内定を承諾したままにしてしまうと企業側に迷惑がかかってしまいます。

そのため、複数の滑り止めの企業から内定をもらえたときには、全ての企業の内定を承諾せずに最小限の企業の内定を承諾しましょう。

滑り止めの企業を決めるときにあらかじめ入社したい企業の順位も決めておくといいですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

[matoemue]

 

まとめ:滑り止め企業は就活の軸をベースに選考の早い業界から選ぼう!

この記事の「【どう選ぶ?】滑り止め企業の探し方 | 注意点,内定後の対応方法も」の記事はいかがだったでしょうか。

この記事では滑り止め企業を受けるときの探し方や、滑り止め企業を選ぶときの注意点について紹介しました。

また、滑り止めの企業から内定をもらったときの対応方法も紹介しました。

 

最後にこの記事の特に大切な部分をまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

この記事のまとめ

就活で滑り止めの企業を受けるときの疑問

  • 疑問①:就活での滑り止めの企業って?
  • 疑問②:就活での滑り止めってそもそも必要?
  • 疑問③:就活での滑り止めの企業は何社受けるべき?

 

就活で失敗しない滑り止め企業の探し方3つ

  • 探し方①:志望業界の中小企業から選ぶ
  • 探し方②:自分の興味のある企業から選ぶ
  • 探し方③:選考の早い業界から選ぶ

 

就活での滑り止めの企業を選ぶときの注意点3つ

  • 注意点①:滑り止めであっても準備を入念に行う
  • 注意点②:就職活動の軸に沿った企業を選ぶ
  • 注意点③:選考スケジュールを計画する

 

◆就活で滑り止めの企業を受けるメリット3つ

  • メリット①:内定をもち自信をつけることができる
  • メリット②:選考の経験を積むことができる
  • メリット③:無内定になる可能性を減らすことができる

 

◆滑り止めの企業から内定をもらったときの対応方法

  • 対応方法①:内定の承諾はしてもOK
  • 対応方法②:内定の承諾をする企業の数はなるべく最小限に

 

まとめ:滑り止め企業は、選考の早い業界から選ぶ

 

滑り止めの企業を戦略的に受けることで、より円滑に就職活動を進められます。

この記事を参考にして滑り止めの企業を的確に選択しましょう。

他にも就活の教科書には役立つ記事がたくさんあります。

ぜひ読んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ