>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】また落ちた…一次面接で落ちる理由5選 | 対策方法も紹介

【内定者が教える】また落ちた…就活の一次面接で落ちる理由4選 | 対策方法も紹介

こんにちは。「就活の教科書」編集部の南田です。
今回は就活での一次面接に落ちる理由と、その対策方法についての記事です。
就活生の中には、一次面接についてこんな疑問や悩みを持っているのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 南田

就活生くん

一次面接にまた落ちた…
エントリーシート(ES)は得意なんだけど、面接はなんで受からないのかなあ

就活生ちゃん

もうすぐ一次面接です!受かりたいから、あらかじめ落ちる理由を調べて対策したいです

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部南田が、

就活の一次面接に落ちる理由とその対策方法についてまとめています。

「就活での一次面接に受かりたい!」そんな就活生はぜひ読んでください。

 

就職活動の面接の各段階で落ちる理由はこちらの記事でまとめています。合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 南田

 

目次

一次面接の特徴

面接官からどう見られているのか?一次面接は就活生の何を見ているのか?

就活生くん

ESは受かるのに一次面接でまた落ちた…なんでだろう
面接に落ちると、まるで自分の存在そのものを否定されたような気持ちになりますよね。

「就活の教科書」編集部 南田

まず、面接に落ちたからといって、自分を責めすぎないでください。

その企業に入社できないとしても、あなたの人生が終わるわけではありません。

あなたに合う企業は他にもきっとありますので、開きなおって他をあたりましょう。

 

一次面接がどういうものなのかを先に知ることで、おのずと対策方法は見えてきますよ。

「就活の教科書」編集部 南田

対策方法に入る前に、就活での一次面接の特徴を紹介します。

一次面接の特徴は以下の2つです。

  1. 面接官は若手の現場社員が多いこと
  2. 志望者数が多いため面接時間が短いこと

一次面接の面接官は、普段は採用の業務をしておらず、面接のプロではないことが多いです。

また面接時間も短いことから、一次面接で学生の本質的な部分を見極めるのは困難であるといえます。

そのため、就活の一次面接では基本的なポイントがチェックされていることを心得てください。

 

一次面接で評価されているポイント

次に就活の一次面接で見られているポイントを紹介します。

一次面接で見られている具体的なポイントは以下になります。

  • 適切な身だしなみやマナーを心得ているか
  • エントリーシート(ES)・履歴書の内容に偽りがないかどうか
  • 面接官との会話が成り立っているか
  • 明るくハキハキと話せているか
  • 本当にこの会社を志望しているのか

就活生ちゃん

たしかに、どれも基本的なポイントばかりですね

 

就活の一次面接で落ちる7つの理由

【内定者が教える】また落ちた…一次面接で落ちる理由5選 | 対策方法も紹介

一次面接で落ちないようにするために、まずはなぜ落ちてしまったのか冷静になって考えましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

それでは、就活での一次面接で落ちる主な理由7つを挙げます。

  1. 第一印象が良くない
  2. そもそも会社のことを調べていない
  3. 面接官の質問の意図と異なる回答をしている
  4. 転職理由や志望動機をうまく伝えられない
  5. エントリーシート(ES)の内容と面接で話すことに食い違いが生じている
  6. ビジネスマナーができていない
  7. 態度が悪い
一次面接で落ちる理由を1つずつ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 南田

 

落ちる理由①:第一印象が良くない

就活の一次面接で落ちる4つの理由!第一印象が良くないなど。

就活生ちゃん

緊張して、面接官の目を一回も見れませんでした…

就活での一次面接で落ちる理由の1つ目は、「第一印象が良くない」です。

人の印象の55%は見た目で決まると言われているほど、見た目や第一印象は大切です。

なぜなら、人は第一印象によって相手の印象を決めつけてしまう傾向にあるためです。

つまり、第一印象によって合否が変わってくるといっても過言ではありません。

第一印象は、①言語情報、②聴覚情報、③視覚情報で決まるとされています。

その中で最も重要なのが③視覚情報だと言われており、全体の55%を占めています。

メラビアンの法則

感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。

出典:Wikipedia メラビアンの法則

 

就活の一次面接でいえば、視線や身だしなみ、表情やしぐさといった視覚的な情報が第一印象に大きく影響しています。

就活の面接時は特にいい印象を与えられるよう、基本的に笑顔でいましょう。

そしてまじめな話をするときは、まじめな表情を心がけてみてください。

一度マイナス印象を持たれると、その後の面接で挽回するのはかなり厳しいということを覚えておいてください。

面接でどうしても緊張してしまうという就活生は、【内定者が教える】面接の緊張を抑える方法11選 | 面接でアガってしまう学生へという記事も合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 南田

 

落ちる理由②:そもそも会社のことを調べていない

就活での一次面接で落ちる主な理由の2つ目は、「そもそも会社のことを調べていない」です。

企業のことを知らなさすぎると、一次面接で落ちる確率もかなり高くなります。

というのも、企業の採用担当者は「学生の志望度」を採用基準に入れています。

その中で、会社について全く知らず、調べてもいないような発言をされると、採用担当者はその学生を採用したいという気持ちが弱くなってしまいます。

できる限り、企業については事前に調べておき、面接官に「お、この子はよくウチのことを知ってくれているな」と思われるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

落ちる理由③:面接官の質問の意図と異なる回答をしている

就活生ちゃん

自分の弱みを聞かれたので、時間にルーズなことを話しました!

就活での一次面接で落ちる主な理由の3つ目は、「面接官の質問の意図と異なる回答をしている」です。

面接官の質問意図と異なる回答をすると、「会話のキャッチボールができない」「コミュニケーション能力が低い」と判断されてしまう恐れがあります。

今回の就活生ちゃんの場合、「自分の弱みを認識し、どのように乗り越えようとしているかを知りたい」という面接官の質問意図に気づけていません。

「時間にルーズ」「約束を守れない」といった回答は社会人として致命的なものであり、面接での回答としてはふさわしくありません。

 

就活の面接で聞かれる質問はパターン化されており、ある程度対策が可能です。

一次面接でよく聞かれる質問はこちらの記事にまとめています。面接官からの質問が苦手な就活生はしっかりチェックしてください。

 

落ちる理由④:志望度が感じられない

就活生くん

企業について全然調べてなかった…事業内容もあいまいで、面接官に突っ込まれちゃいました

就活での一次面接で落ちる主な理由の4つ目は、「志望度が感じられない」です。

先程も説明しましたが、企業の採用基準に「学生の志望度」が入っている企業は少なからずあります。

企業側からすると、どんなに優秀な学生でも、入社意欲が全く感じられないのであれば、選考を通しても仕方ありません。

 

「志望度が感じられない」と面接官に思われてしまう原因を2つ挙げます。

  1. 企業の知識がなさすぎる
  2. 面接の最後での逆質問がない

今回の就活生くんのように、さすがに事業内容を知らずに面接にいく方は少ないかと思います。

しかしそれでも企業の知識があまりに乏しいと、「ウチに興味ないんだな」と面接官に思われる可能性が高いです。

 

また2つ目の逆質問は、その企業に対する関心・意欲の高さを示す指標でもありますので、「逆質問はありません」は避けたいところです。

「逆質問で何を聞いたらいいかわからない」という就活生は、こちらの記事を参考にしてください。

【内定者が教える】面接の逆質問おすすめ10選 | 注意点やNG逆質問例も(新卒)

 

落ちる理由⑤:ESの内容と面接で話すことが食い違う

就活生くん

エントリーシートで話を盛りすぎちゃって、面接でボロがでちゃいました。

就活での一次面接で落ちる主な理由の5つ目は、「エントリーシート(ES)の内容と面接で話すことが食い違う」です。

エントリーシートや履歴書で書いたスキルや経験、経歴が実際とは異なると、信頼性がなくなり、間違いなく一次面接で落ちます。

基本的に面接時には、あなたが事前に提出したエントリーシートを元に質問がなされます。

見栄をはってエントリーシートでウソを書いたり内容を盛ったりすると、面接で突っ込まれ、うまく答えられない可能性が高いです。

面接官側は、エントリーシートと面接での発言に食い違いが起こると、不信感を覚えるでしょう。

当たり前ですが、持っていない検定や経歴を詐称してはいけません。

信用のない人と一緒に働きたいとは思わないですよね。

面接で落ちたくなければ、最低限のマナーとして、書類には本当の自分の姿を描きましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

「エントリーシート(ES)の書き方がわからない」という就活生は、こちらの記事を合わせて読んでみてください。

 

ちなみに、就活でどこでもいいと思っている学生も、一次面接で落ちやすいです。

就活で入る企業なんてどこでもいい!と思っている就活生は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

落ちる理由⑥:ビジネスマナーができていない

次に、一次面接で落ちる理由の2つ目は、「ビジネスマナーができていない」です。

就活で使うビジネスマナーには、「入退場の仕方」「言葉遣い」「挨拶」等があります。

当たり前のことですが、緊張すると忘れてしまうマナーもあるので、ぜひこの機会にチェックしておきましょう。

面接におけるビジネスマナーについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 南田

 

落ちる理由⑦:態度が悪い

一次面接で落ちる理由の5つ目は、「態度」です。

態度は、どのくらい志望度があるかという側面で見られています。

態度が悪いと言われたことのある人は、以下のことを注意しましょう。

  • 時間を守る
  • 挨拶をする
  • 背筋を伸ばす
  • 猫背にならない
  • 敬語を使う
  • 返事をする

態度を改めるだけで、人の見え方は大きく変わり、結果的に面接の合否に関わります。
態度が悪いと思う人は、面接をきっかけに態度を良くして、自分の好感度をあげましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

一次面接で落ちないためのケース別対策方法

一次面接で落ちないためのケース別対策方法

本題の前に、一次面接で落ちる原因を4つ紹介しました。

「就活の教科書」編集部 南田

それでは本題の、就活の一次面接で落ちないためのケース別対策方法4つを解説していきます。

  1. 第一印象をよくする
  2. 質問対策をする
  3. 企業の下調べをする
  4. ES・履歴書で話を盛りすぎない
では、見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

対策方法①:第一印象をよくする

対策方法①:第一印象をよくする

一次面接で落ちないための対策方法の1つ目は、「第一印象をよくする」です。

面接官は、一緒に働きたくなるような人や自社の顔として外に出しても恥ずかしくない人を採用したいと思っています。

やはり印象の良い人の方が一緒に働きたいと思えますし、会社の看板を背負わせても大丈夫だと思えますよね。

 

第一印象を良くするポイントをまとめました。参考にしてください。

  • 遅刻しない
  • 正しい入退室の方法を知る
  • 大きな声であいさつ
  • 適切な敬語
  • 清潔感のある服装・髪型
  • 適度な笑顔
  • 視線を合わせる

特に、入退室の方法などは意外と対策を忘れがちです。

最初と最後の印象は、良くも悪くも面接官の記憶に残りやすいですので、ぜひしっかりと準備しておいてください。

 

対策方法②:質問対策をする

対策方法②:質問対策をする

就活生ちゃん

自分の弱みを聞かれたので、時間にルーズなことを話しました!

一次面接で落ちないための対策方法の2つ目は、「質問対策をする」です。

よく聞かれる質問に対しては、あらかじめ回答を準備しておきましょう。

特に就活生ちゃんのように、「面接官の質問意図と違う発言ばかりしてしまう」という方は、事前に質問意図を調べて対策しておけば、とんちんかんな回答がなくなりますよ。

 

一次面接でよく聞かれる代表的な質問を挙げます。

  • 自己紹介
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 学生時代に力を入れたこと

少なくともこの4つは必ず準備しておきましょう。

 

一次面接でよく聞かれる質問内容やポイントについては、以下の記事が参考になります。

対策方法③:企業の下調べをする

対策方法③:企業の下調べをする

就活生くん

企業について全然調べてなかった…事業内容もあいまいで、面接官に突っ込まれちゃいました

一次面接で落ちないための対策方法の3つ目は、「企業の下調べをする」です。

特に志望度の高い企業であれば、必ず企業分析は済ませておきましょう。

面接であまりにもその企業の知識がないことが露呈すれば、「入社意欲が低いなあ」と面接官に思われてしまいます。

 

その企業がどの業界に属しているのか、どのような事業を行っているのかは、採用HPや業界地図を確認してみてください。

経営状況、財務状況、将来の戦略などについては、IR資料を活用しましょう。

口コミサイトには社風などについてのリアルな声がのっています。

「会社四季報」業界地図 2019年版

「会社四季報」業界地図 2019年版

1,320円(11/27 16:00時点)
発売日: 2018/08/24
Amazonの情報を掲載しています

 

また個人的にオススメなのが、OB訪問です。
OB訪問ではネットではわからない生の情報が手に入りますし、その企業への熱意も伝えることができますよ。

「就活の教科書」編集部 南田

「就活の教科書」には、OB訪問に関する記事がたくさんありますので参考にしてみてください。

 

対策方法④:エントリーシート・履歴書で話を盛りすぎない

対策方法④:エントリーシート・履歴書で話を盛りすぎない

就活生くん

エントリーシートで話を盛りすぎちゃって、面接でボロがでちゃいました。

一次面接で落ちないための対策方法の4つ目は、「エントリーシート・履歴書で話を盛りすぎない」です。

私も学生時代に「スゴイこと」をしたわけではなく、自分をよく見せたいがために話を盛ろうとしたことはあります。

 

しかし、就活を終えて感じることは、ウソや誇張することにはあまりメリットがなかったということです。

面接でボロがでてしまうのもありますが、何よりも面接官は、「すごい経験をした人」だけを採用しようとしているわけではないためです。

それよりも、今後の伸びしろや人柄といった面を重視されています。

本当に頑張ったことの中で、自分の伸びしろや人柄が伝わるエピソードを話せばよいと思います。

無理に見栄を張ってボロが出るくらいなら、私は正直に答える方をおすすめします。

 

一次面接で意識すべきポイント5選

ここでは、一次面接で相手の評価を下げてしまわないよう、気をつけるべきポイント5選を紹介します。

繰り返しになりますが、一次面接では、「志望動機」や「学生の優秀さ」というよりは、マナーなど基本的な部分がクリアできているかが重要になります。

この基本的なところもできていないと、一次面接で落ちまくるということもありえますので、ぜひ意識していきましょう。

一次面接で面接官の評価を下げないよう、意識するべきことは以下になります。

  1. 時間を守る
  2. 清潔感のある格好をする
  3. ハキハキと大きな声で話す
  4. 笑顔で話す
  5. 素直さ

もちろん、これらはどのフェーズの面接でも重要です。

しかし、一次面接では第一印象が重視されるため、見られる内容が上記になりやすいです。

なので、特に一次面接では、意識するようにしましょう。

では、見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

注意点①:時間を守る

一次面接で意識すべきポイント1つ目は、「時間を守る」です。

社会人として、時間を守ることは非常に重要です。

時間を守らないと、「約束を守れない、信頼できない人」という印象を相手に与えてしまいます。

また、このようなネガティブな印象はなかなか挽回することが難しいので、早めの行動や準備を心がけて、予定に遅れないようにしましょう。

私が就活生の頃は、余裕を持って予定を組んだり、会場近くのカフェで面接対策をしたりしていました。

面接時間についてもっと知りたい人は、面接時間が合否と関係あるのかが分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 南田

 

注意点②:清潔感のある格好をする

一次面接で意識すべきポイント2つ目は、「清潔感のある格好をする」です。

清潔感は、面接の合否を決める上で重要なポイントです。

清潔感を出すために、スーツ、ネクタイ、靴、髪型、匂い、メイクを整えましょう。

  • スーツ:しわを伸ばす、ボタンをしめる
  • ネクタイ:きっちりしめる
  • 靴:綺麗に磨く
  • 髪の毛:整える。長い場合はピンで留めて、目にかからないようにする
  • 匂い:きつい香水をつけない
  • メイク:派手すぎないようにする

清潔感はその人への印象に大きな影響を与えます。

スーツがダボダボでうまく着こなせていなかったり、髪がボサボサで不潔だと、面接官から、「自分の身なりもきちんとできない、自己管理できない人」というレッテルを貼られてしまいます。

朝の時間を少し使うだけで、清潔感のある格好をすることはできますので、ぜひ清潔感のある格好で面接に臨んでみましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

注意点③:ハキハキと大きな声で話す

一次面接で意識すべきポイント3つ目は、「ハキハキと大きな声で話す」です。

面接では、ハキハキと大きな声で話しましょう。

確かに緊張してしまうと、ボソボソとした話し方になりがちです。

しかし、ボソボソと小さな声で話してしまうと、「元気のない子」と思われかねません。

社員の心理として、「ボソボソと何を言っているのかわからない人」とは働きたくないので、ぜひハキハキと大きな声で話すことを意識しましょう。

私の友達で幼少期から大きな声が出ない友達がいたのですが、彼女は面接でハキハキ話すために、毎朝発声練習をしていると言ってました。笑

「就活の教科書」編集部 南田

 

注意点④:笑顔で話す

一次面接で意識すべきポイント4つ目は、「笑顔で話す」です。

笑顔は相手に良い印象を与える上で非常に重要です。

もちろん無理に笑う必要はないですが、笑顔がないと相手に対して不安にさせてしまいます。

面接官と言えども相手は人間なので、相手が心地良いと感じるようなコミュニケーションを意識しましょう。

 

注意点⑤:素直に振る舞う

一次面接で意識すべきポイント5つ目は、「素直に振る舞う」です。

素直さを見ている企業も多いです。

なぜなら、新入社員は入社後に自分の後輩になる存在です。

そんな後輩が、社員の言うことを全く聞かない人だったらどうでしょうか?

もちろん、自分が「間違っている」と思うものに対して、そのように声を上げること自体は別に構いません。

しかし、どんなことでも一旦受け入れてみるような素直さは、相手に良い印象を与える上で必要です。

自分の体感ですが、ベンチャー企業の面接では、「素直さ」がより重視されている気がします。

「就活の教科書」編集部 南田

 

Web面接で落ちる理由

Web面接で落ちる理由は、熱意や表情が伝わっていないからです。

「就活の教科書」編集部 南田

最近では、選考でWeb面接を導入している企業が多いです。

普通の面接とは違い、Web面接では直接会わないため就活生の熱量が面接官に伝わりにくいです。

そのため、普通の面接より表情やジェスチャーを大きくするなど対策が必要です。

Web面接を通過するためには、今まで以上に面接準備が大切です。
Web面接で気をつけておくべきポイントについては以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 南田

 

もっと面接で落ちまくる原因や対策を知りたい人は、面接で落ちまくっている時の乗り越え方が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 南田

 

番外編:私が面接で落ちてしまった理由2つ

最後に番外編で、私が面接で落ちてしまった事例を紹介します。
実際の体験談なので、みなさんは同じ失敗をしないよう、注意してくださいね。

「就活の教科書」編集部 南田

私が面接で落ちてしまった理由2つ
  • 内容の暗記
  • 声が小さい

 

内容を暗記している

私が面接で失敗した事例の1つ目は「内容の暗記」です。

質問を予想して、返答をあらかじめ暗記して面接に臨み、棒読みになってしまったせいで、面接を落とされました。

内容が棒読みになると、面接官は聞きづらいですし、熱意や感情も伝わりません。

ある程度回答を準備していくのは大切ですが、面接で一言一句単位で覚えるのは避けましょう。

面接は、予想質問それぞれに対して、単語単位でキーワードだけを頭の片隅に覚えていくのがおすすめです。
単語をつなげる作業を本番で行うと、程よく棒読みっぽくならず、感情や思いを言葉にのせられますよ。

「就活の教科書」編集部 南田

 

声が小さい

私が面接で失敗した事例の2つ目は「声が小さい」です。

特に、広い面接会場の場合、周りからも面接の声がして騒がしいため、思っている以上に声を出さないと面接官は聞き取れません。

騒がしい面接会場の場合は、普段の面接の1.5倍くらいの声で話すことをおすすめします。

大前提ですが、「面接官に嫌われない」ということも大切です。
面接で落とされないように、人として好かれるような態度を心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 南田

 

また、面接の選考段階に限らず「面接で志望動機を聞かれないと落ちてしまうのでは?」と面接での悩みを抱えてる人のために、以下の記事を紹介しますね。

志望動機が聞かれない理由などが分かり面接の不安解消にも役に立つので、合わせて読んでみてくださいね。

 

面接に落ちたショックを感じてしまう人は、面接で落ちたショックの立ち直り方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 南田

 

一次面接に落ちないために、面接練習をしよう

一次面接に落ちないために、面接練習をしよう

これまで、ケース別の対策方法を紹介してきました。ここでは、すべてのケースにおいて実践してほしい対策方法を紹介します。

「就活の教科書」編集部 南田

それは、「面接の練習をする」ということです。

どんなにマナーや表情を意識し、質問対策などをしたとしても、やはり練習しないことには上達しません。

また、練習で面接の場数を踏まないと、当日に緊張して自分らしさをうまく伝えられない可能性もあります。

本番を想定した面接の練習を重ねて、一次面接を突破しましょう。

 

面接の練習のポイントは、誰かに評価してもらうことです。

もちろん一人で練習することも大事ですが、面接時の自分の弱点は一人ではなかなか気づけないものです。

そこでオススメなのが、個人練習⇒対人練習の順番で面接練習をすることです。

個人練習である程度自分の言いたいことを話せるようにしてから、対人練習でフィードバックしてもらうことで、スムーズに上達できますよ。

面接の練習は、誰かに評価してもらおう

 

詳しい就活での面接の練習方法については、これらの記事を参考にしてください。

 

面接全体として落ちまくる原因が知りたい人は、面接で落ちまくる人の特徴や落ちた時の立ち直り方が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 南田

 

一次面接の次は、二次面接/最終面接で落ちる理由も確認しよう

就活の一次面接に通過したら、次は二次面接や最終面接です。

別の記事で、二次面接や最終面接で落ちる理由を解説しています。

一次面接とはみられているポイントが違うので、しっかり確認しておいてください。

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:一次面接は対策すれば、落ちない!

面接官から指摘された際にも、素直に受け止め、改善していく姿勢を忘れない

いかがだったでしょうか。

今回は、就活での一次面接に落ちる理由とその対策方法についてまとめました。

一次面接に限らず就活の面接では、素直な姿勢を心がけましょう。

新卒で即戦力を求められることは稀で、それよりも今後の伸びしろを期待されています。

多少厳しいことを面接官から指摘された際にも、素直に受け止め、改善していく姿勢を忘れないようにしてください。

あなたの就職活動が満足のいくものになることを願っています。

「就活の教科書」には他にも、就職活動に関する記事がたくさんありますので、ぜひ合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 南田

 

「一次面接に限らず、就活の面接で落ちてしまう」という就活生には、こちらの記事も参考になります。