【おすすめ】建設業界のホワイト企業ランキング | 穴場の隠れ優良企業一覧も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 建設業界についての解説
  • 【総合編/年収別】建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧
  • 建設業界のホワイト/優良企業5社
  • 建設業界のホワイト/優良企業の見分け方
  • 建設業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法
  • 「自分に合うホワイト業界に就職したい!」という方はOfferBoxで優良企業を探すのがおすすめ

就活生の皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の莉子です。

この記事では、建設業界のホワイト/優良企業についてくわ詳しく解説していきます。

就活生の皆さんは、「建設業界はブラック企業が多いのか」「建設業界は人気が低いのか」など疑問に思っている就活生の方が多いのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 りこ

就活生くん

僕は、建設業界で働きたいです。

しかし、建設業界はブラック企業が多いという噂もあり、どの企業を選べばいいか分かりません。

就活生ちゃん

私は、建設業界でもホワイト企業で働きたいです。

しかし、どの企業がホワイト企業なのか分かりません・・・

なるほど・・

たしかに、入社するなら、断然ホワイト/優良企業がいいですよね。

「就活の教科書」編集部 りこ

そこで、この記事では、「建設業界はどのような業界なのか」「建設業界はホワイトな業界なのか」を詳しく解説していきます。

また、建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧【総合編】【年収別】も紹介します。

さらに、建設業界のホワイト/優良企業の見分け方建設業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法なども紹介していきます。

この記事を読めば、建設業界のホワイト企業を知ることができ、ブラック企業との見分け方も知ることができます

なので、建設業界のホワイト/優良企業について詳しく知りたい方、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください!

「自分に合ったホワイト業界を選びたい!」という方は適性診断AnalyzeU+キミスカ適性検査同時利用して、先に長所を知っておくのが一番おすすめです。

自分の長所を知っていると、自分の強みを活かせるホワイト業界が見つかり、面接でもアピールしやすくなります。

「ブラック企業だけは確実に避けたい!」と思っているなら、ぜひ利用して事前に強みを知っておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>>「キミスカ適性検査」を使ってみる

 

目次

 

【ホワイト?】建設業界についてざっくり解説

就活生くん

そもそも、建設業界はブラック企業が多いのでしょうか。

また、どうしてブラック企業が多いと言われるのか知りたいです。

たしかに、建設業界自体にブラック企業が多いかどうかは気になりますよね。

では、これから建設業界について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

建設業界はブラック企業が多め

建設業界は、ブラック企業が多いです。

ブラック企業が多いというよりも、業界自体がブラックとも言えます。

なぜなら、働き手がいないから現場の手が回らない、そのため、長時間労働になってしまうからです。

このように、Twitterでの意見でも、ブラック企業が多いことがよくツイートされています。

では、どうしてブラックなのか、次で、建設業界の労働形態など詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

建設業界の労働条件(平均年収・残業時間など)

ブラック企業が多いと言われる建設業界の労働形態を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 りこ

建設業界の労働形態
平均年収 503万円
出勤日数 251日(調査された産業の平均が222日※国土交通省)
平均残業時間 51.3時間(多いところは100時間以上)
平均年間休日 104日
平均年次有給休暇取得日数 8日
年次有給休暇取得率 44.9%

建設業は、完全週休二日制を採用している企業が30.4%しかないという調査結果も出ています。

また、残業時間が多いわりに年収がそこまで高くないこともブラックな業界と言われる理由の一つですね。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

建設業界の会社に入社した人の声

建設業界に入社した方たちのTwitterのツイートを紹介していきます。

あくまでも個人の意見でなので、参考程度にみてみてください。

Twitterでの建設業界に関する意見をいくつか紹介しました。

建設業界はブラックだという意見もあれば、だんだん良くなっているという意見もあります。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

【総合編】建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

就活生ちゃん

私は、金銭面だけでなく、多角的にみてホワイトな企業に入社したいです。

なので、年収の面だけでなく総合的な評価での建設業界のホワイト/優良企業を教えてください。

ではこれから、建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧【総合編】を紹介します。

「就活の教科書」編集部 りこ

順位 企業名 平均年収 平均残業時間 平均勤続年数
1 株式会社日建設計 550-700万円 45時間 13.6年
2 株式会社ジェーピーディーエイチ 300-650万円 37.8時間
3 株式会社構造計画研究所 866万円 40時間 14.5年
4 株式会社ハローG 550万円 20時間 9.5年
5 株式会社竹中工務店 1028万円 80時間以下 19.6年
6 株式会社丹青社 597万円 35時間 15.2年
7 鹿島建設株式会社 1139万円 21時間 18.5年
8 株式会社都田建設 364-579万円 20時間
9 住友電設株式会社 782万円 36.9時間 17.4年
10 前田建設工業株式会社 745万円 60時間以下 17.5年
 11  千代田化工建設株式会社 920万円 70時間以下 12.7年
 12  日揮ホールディングス株式会社 911万円 30時間 17.5年
 13  株式会社ヴィス 572万円 50.7時間 5年
 14  株式会社SYSKEN 540万円 17.5時間 14.1年
 15  株式会社アミークス  –  –

ランキングはOpenWorkの建築、土木、設備工事業界の総合評価ランキングを基に作成

以上が、建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧【総合編】です。

気になる企業がある方は、自身でも調べてみることをオススメします。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

建設業界のホワイト企業を簡単に見つけたい!という方には「キャリアマップ」がおすすめです。

「キャリアマップ」は専門学生などの専門職・技術職向けの就活サイトとして日本No.1の掲載数を誇っていて、あなたに合った「ホワイト企業」が簡単に見つかります。

建設業界でも累計5.2万人以上が利用しているので、建設業界への就職を考えている人は、ぜひ使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

【年収別】建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

就活生くん

僕は、安定を就活の軸にしています。

なので、年収が高い建設業界のホワイト企業について教えてください!

では以下で、建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧【年収別】を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 りこ

順位 企業名 平均年収
1 鹿島建設株式会社 1139万円
2 株式会社大林組 1053万円
3 大成建設株式会社 1051万円
4 清水建設株式会社 1010万円
5 東急建設株式会社 936万円
6 戸田建設株式会社 915万円
7 大和ハウス 907万円
8 株式会社きんでん 856万円
9 安藤ハザマ 848万円
10 三井住友建設株式会社3.35 837万円
 11 積水ハウス 819万円
 12 株式会社関電工 741万円
 13 株式会社ユアテック 699万円
 14 株式会社トーエネック 683万円
 15 株式会社九電工 678万円

以上が、建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧【年収別】です。

建設業界で働きたい方で、安定を就活の軸にしている就活生の方は、ぜひこのランキングを参考にしてみてください!

また、以下の記事ではおすすめのホワイト業界について解説しているので、ホワイト業界が知りたい就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【詳しく解説!】建設業界のホワイト/優良企業5社

就活生ちゃん

私は、建設業界のホワイト企業についてもっと詳しく知りたいです。

なので、企業ごとの情報を教えてください。

では、以下で、建設業界のホワイト/優良企業5社について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

企業①:鹿島建設株式会社(平均年収1139万円)

建設業界のホワイト企業/優良企業1つ目は、「鹿島建設株式会社」です。

鹿島建設株式会社は、日本の大手総合建設会社で、ゼネコン大手5社のうちの一つです。

鹿島建設株式会社は、超高層ビル事業を得意とし、蓄積された高度な技術とノウハウ、業界随一の技術研究所を有しています。

では以下で、会社概要をまとめておきます。

鹿島建設株式会社 会社概要
会社設立 1930年2月22日
代表者名 天野 裕正
売上高 1兆9,072億円
従業員数 7,899名
平均年齢 44.1歳
平均年収 1,139万円
平均勤続年数 18.3年

鹿島建設株式会社では、平均勤続年数が18年で、長く働く方が多いです。

長く働ける環境(福利厚生や収入の安定、休暇など)があるという印象を持てます。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

企業②:株式会社大林組(平均年収1053万円)

建設業界のホワイト企業/優良企業2つ目は、「株式会社大林組」です。

株式会社大林組は、日本の総合建設会社で、ゼネコン大手5社のうちの一つでもあります。

大阪城などの歴史的建造物、六本木ヒルズ、東京スカイツリーなどの建物を数多く手掛け、国内外に幅広く事業を展開しています。

では以下で、会社概要をまとめておきます。

株式会社大林組 会社概要
会社設立 1936年12月19日
代表者名 蓮輪 賢治
売上高 2兆730億4,300万円
従業員数 89,18名
平均年齢 42.6歳
平均年収 1,053万円
平均勤続年数 17.2年

株式会社大林組は、2兆円を超える売上を誇っています。

売上が高いだけあって、年収も1053万円と高くなっています。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

企業③:大成建設株式会社(平均年収1051万円)

建設業界のホワイト企業/優良企業3つ目は、「大成建設株式会社」です。

大成建設株式会社は、日本の大手総合建設会社で、ゼネコン大手5社のうちの一つです。

財閥解体の危機に際して社員投票による役員選出や社員株主制度を導入したという背景から、社員の会社であるという雰囲気が強いと言われています。

では以下で、会社概要をまとめておきます。

大成建設株式会社 会社概要
会社設立 1917年12月28日
代表者名 相川 善郎
売上高 1兆4,095億円
従業員数 8,572名
平均年齢 42.9歳
平均年収 1,051万円
平均勤続年数 18.3年

大成建設株式会社は、社員の会社であるという雰囲気が強いというのは素敵ですね。

年収も1000万円を超えており、建設業界でも上位の優良企業です。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

企業④:清水建設株式会社(平均年収1010万円)

建設業界のホワイト企業/優良企業4つ目は、「清水建設株式会社」です。

清水建設株式会社は、東京都中央区京橋に本社を置く、大手総合建設会社で、スーパーゼネコンと言われる5社のうちの一つです。

得意分野は、建築では医療機関、土木ではLNGタンクの施工で、さらに、歴史的な経緯から、伝統的な神社建築寺院建築にも豊富な実績を有しています。

では以下で、会社概要をまとめておきます。

清水建設株式会社 会社概要
会社設立 1937年8月24日
代表者名 井上 和幸
売上高 1兆4,067億3,000万円
従業員数 10,838名
平均年齢 42.8歳
平均年収 1,010万円
平均勤続年数 15.3年

清水建設株式会社は、建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧【年収別】でも4位にランクインしています。

年収も高く、勤続年数も短くはないので、働きやすい環境が整っていそうです。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

企業⑤:東急建設株式会社(平均年収936万円)

建設業界のホワイト企業/優良企業5つ目は、「東急建設株式会社」です。

東急建設株式会社は、東京都渋谷区に本社を置く、日本の総合建設会社です。

建築が主力事業で、土木事業も手がけ、鉄道関連工事においては独自技術を有しています

住宅等中規模木造建設事業も手がけており、東急電鉄の地盤を生かし渋谷、たまプラーザや南町田などで都市開発を行っています

では以下で、会社概要をまとめておきます。

東急建設株式会社 会社概要
会社設立 2003年4月10日
代表者名 寺田 光宏
売上高 2,314億円
従業員数 2,617名
平均年齢 45.6歳
平均年収 936万円
平均勤続年数 20.3年

東急建設株式会社は、平均勤続年数が20年を超えており、働き続けやすい環境があるという印象を持てますね。

平均年齢が高いですが、働きやすいから続ける方が多いのかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

建設業界のホワイト/優良企業の見分け方

就活生くん

僕は、建設業界のホワイト/優良企業とブラックな企業を見分けられるか不安です。

なので、建設業界のホワイト/優良企業の見分け方を教えてください。

では、以下で建設業界のホワイト/優良企業の見分け方について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

見分け方①:残業が少ないかどうか

建設業界のホワイト/優良企業の見分け方1つ目は、「残業が少ないかどうか」です。

建設業界がブラックの印象が強いのは、残業時間が非常に多いことも原因の一つです。

建設業界の平均残業時間は、51.3時間という調査があります。

平均残業時間が約50時間ということは、残業時間が60時間70時間80時間以上ある企業が多く存在しているとも読み取れます。

なので、建設業界でホワイト/優良企業を探すならまず、残業時間が50時間以下の企業を探しましょう。

そもそも建築業界は、残業時間の平均が50時間以上ってすごく多いですよね・・・

企業によっては、残業時間が100時間を超える企業もあるので、気になる企業の残業時間はよく調べておきましょう

以下に、ホワイト企業の残業時間などについて詳しく解説された記事も載せておくので是非参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 りこ

 

見分け方②:平均勤続年数が長いかどうか

建設業界のホワイト/優良企業の見分け方2つ目は、「平均勤続年数が長いかどうか」です。

なぜなら、平均勤続年数が長さは、長く働ける会社であることを示す一つの指標になるからです。

また、平均勤続年数が長い企業は、働きやすい・経営が安定している・長く働くと賃金が上がる・激務ではない・待遇が悪くないといった特徴に当てはまりやすいです。

平均勤続年数の目安は、15年ですが、14年が短いとも言えません

平均勤続年数の短さの目安としては、10年を目安にするのがいいかもしれません。

なので、気になっている建築業界の企業がある方は、企業の平均勤続年数も参考にしてみてください

たしかに、平均勤続年数が長い企業は、働きやすいから長く働けるという印象を持ちやすいですよね。

なので、平均勤続年数が極端に少ない企業は避けましょう。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

見分け方③:離職率が低いかどうか

建設業界のホワイト/優良企業の見分け方3つ目は、「離職率が低いかどうか」です。

なぜなら、離職率の低さから、給与の高さ・福利厚生の充実・産休育休の取りやすさ・景気に左右されにくいなどの特徴を読み取ることができるからです。

さらに、離職率が低い企業で働くことは、労働環境が良い・長く働くことで給与が上がる・ブラック企業が少ないといったメリットもあります。

なので、建設業界で企業を探したいときは、企業の離職率についても確認しておくことをオススメします。

たしかに、離職率が低いと安心ですね。

以下に、離職率が低い業界などについて詳しく解説している記事を載せておきますので、ぜひ参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 りこ

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

建設業界の会社がブラックだと言われる理由

就活生くん

僕は、建設業界で働きたいのですが、ブラック企業が多いと聞き、不安です。

建設業界がブラックだといわれる理由はなんなのでしょうか?

たしかに、自身が働きたい業界がブラックだなんて言われていたらショックだし、不安ですよね。

では、以下で建設業界がブラックだと言われる理由について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

理由①:残業が多いから

建設業界の会社がブラックだと言われる理由1つ目は、「残業が多いから」です。

建設業界の残業時間の平均は、51.3時間と他の業種よりも多くなっています。

また、建設業界は残業時間の上限がないため、ブラック企業だと過度な長時間の残業があることもあります。

なので、建設業界に入る際は、残業時間は特にしっかり確認しましょう。

一般的にも、残業時間が多い会社はブラックと言われますね。

建設業界は残業時間の上限がないことも残業時間が多い原因の一つです。

ですが、2024年からは残業時間の上限ができるようなので、今よりは働きやすい環境になりそうですね。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

理由②:汚い・きつい・危険だから

建設業界の会社がブラックだと言われる理由2つ目は、「汚い・きつい・危険だから」です。

建設業界は3Kとも言われており、「きつい・汚い・危険」の3つの頭文字を取ったものとされています。

建設業に限らずですが、とはいえ、とにかくきついと言われています。

なぜなら、仕事柄、体を動かす仕事なので、年齢を重ねてくると体力的にもきついと感じることが多くなります。

また、作業着に泥や塗料などついてしまうことはほぼ日常なため、汚いとも言われます。s

さらに、足場が悪い場所での作業が多く、重機や危険な道具を扱うことも多いため他業種と比べ、危険度が非常に高いです。

たしかに、建設業界は危険だというイメージがありますね。

現場で働く方を見かけると、ペンキなどで服が汚れていたり、作業で重いものばかり運んでいたりと、汚れたりきつそうという印象です。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

理由③:休日が少ないから

建設業界の会社がブラックだと言われる理由3つ目は、「休日が少ないから」です。

建設業界で休日が少ない理由は、短納期・人手不足・人件費の増加などが挙げられます。

ほとんどの建設業界の企業は、土曜や日曜、祝日も出勤なんてことはザラにあるようです。

納期に合わせるための帳尻合わせで、休日出勤などもあり、建設業界の平均年間休日は104日と少ないです。

この休日の少なさが、ブラック企業が多いと言われる理由です。

休日が少ないと、なんのために働いているのかわからなくなりそうですよね・・

それに、家族や友人との時間を取りにくいにも休日が少ない企業で働くデメリットです。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

建設業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法

就活生ちゃん

私は、建設業界で働きたいです。

なので、建設業界のホワイト/優良企業に就職するにはどうしたらいいか教えてください!

であこれから、建設業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する

建設業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法1つ目は、「就職四季報で残業時間や離職率を確認する」です。

なぜなら、就職四季報には残業時間や離職率、休暇の日数など、労働条件がたくさん掲載されているからです。

また、就職四季報で企業の労働条件を知っていることで、入社前と入社後のギャップをある程度抑えることもできます。

なので、建設業界の企業への就職を考えている就活生の方は、就職四季報を使って必要な情報を取り入れましょう。

就職四季報には、多くの情報が詰まっています。

さらに、就職四季報は4種類に分かれているので、自身にあったものを参考にしてみてくださいね。

以下に、就職四季報の種類や使い方について詳しく書かれている記事を載せておくので、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

対策法②:逆求人サイトを利用する

建設業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法2つ目は、「逆求人サイトを利用する」です。

なぜなら、逆求人サイトを利用することで、自分では気づかなかった優良企業との出会いがあるからです。

自身が見てこなかった企業と出会えることで、その業界に対する視野を広げられることもあります。

なので、建設業界の企業で働きたい方は、優良企業と出会える逆求人サイトを使うことをオススメします!

逆求人サイトは、自身が気になっている業界だけでなく、その他の業界とも出会うことができます。

なので、視野を広げるためにも逆求人サイトを使うことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 りこ

 

対策法③:口コミサイトを参考にする

建設業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法3つ目は、「口コミサイトを参考にする」です。

なぜなら、口コミサイトを利用することで社員や元社員の声を聞けるからです。

建築業界の実際の関係者の声を聞くことで、上下関係や仕事の量、実際の労働環境や労働条件などを知ることができます。

もちろん、関係者の方が行っていることが全て真実とは限りませんが、ある程度は参考になります

実際の関係者の声を聞いていれば、ブラック企業への入社も避けることができるはずです。

口コミサイトは、実際の関係者が書いているため参考になります。

以下に、口コミサイトについての記事をいくつか貼っておくのでぜひ参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 りこ

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:建設業界のホワイト/優良企業に就職するならランキングを参考にしよう

本記事はいかがでしたか?

この記事では、「建設業界はどのような業界なのか」「建設業界はホワイトな業界なのか」を詳しく解説しました。

また、建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧【総合編】【年収別】も紹介しました。

さらに、建設業界のホワイト/優良企業の見分け方建設業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法なども紹介しました。

では以下で、この記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【ホワイト?】建設業界についてざっくり解説

  • 建設業界はブラック企業が多め
  • 建設業界の労働条件(平均年収・残業時間など)
  • 建設業界の会社に入社した人の声

◆【総合編】建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

◆【年収別】建設業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

◆【詳しく解説!】建設業界のホワイト/優良企業5社

  • 企業①:鹿島建設株式会社(平均年収1139万円)
  • 企業②:株式会社大林組(平均年収1053万円)
  • 企業③:大成建設株式会社(平均年収1051万円)
  • 企業④:清水建設株式会社(平均年収1010万円)
  • 企業⑤:東急建設株式会社(平均年収936万円)

◆建設業界のホワイト/優良企業の見分け方

  • 見分け方①:残業が少ないかどうか
  • 見分け方②:平均勤続年数が長いかどうか
  • 見分け方③:離職率が低いかどうか

◆建設業界の会社がブラックだと言われる理由

  • 理由①:残業が多いから
  • 理由②:汚い・きつい・危険だから
  • 理由③:休日が少ないから

◆建設業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法

  • 対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する
  • 対策法②:逆求人サイトを利用する
  • 対策法③:口コミサイトを参考にする

◆まとめ:建設業界のホワイト/優良企業に就職するならランキングを参考にしよう