>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】志望動機「箇条書き」で書く時のポイント3つ | 通過率を上げる裏技も

この記事を読めばわかること
  • エントリーシート(履歴書)の志望動機は、箇条書きでもOK!
  • エントリーシート(履歴書)で箇条書きを使った志望動機の例文
  • エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使う際のポイント3つ

 

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のもときです。
この記事では、エントリーシート(履歴書)で志望動機を箇条書きで書く際のポイントについて解説します。
この記事を読んでいる就活生の皆さんは「ESの志望動機って箇条書きで書いていいの?」「志望動機を箇条書きで書くとき何に注意すればいいの?」などの疑問をお持ちなのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 もとき

就活生くん

エントリーシートの志望動機を箇条書きで書いた方が見やすいから箇条書きを使いたいんだけど、使っていいのかなぁ・・・?

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機で箇条書きを使いたいんだけど、どういうことに気を付ければいいのかなぁ・・・?

エントリーシート(履歴書)の志望動機を箇条書きで書くとマイナス評価になるのかって心配になりますよね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

そこでこの記事では、エントリーシート(履歴書)で箇条書きを使った志望動機の例文について解説します。

加えて、エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使う際のポイント3つについても解説します。

この記事を読めば、エントリーシート(履歴書)の志望動機で上手く箇条書きを使えるようになります。

「エントリーシートの志望動機で箇条書きって使っていいの?」「志望動機で箇条書きを使う時は何に注意すればいいの?」などの疑問を持っている就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

「自己PRで箇条書きしたい」という方は、以下の記事で、詳しく解説しているので合わせて読んでみてくださいね。

 

 

エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使ってもよい

就活生くん

エントリーシートの志望動機は箇条書きで書いていいのでしょうか?

エントリーシート(履歴書)の志望動機は箇条書きを使ってもよいです。
以下は野村総合研究所のエントリーシートを通過した人の志望動機ですが、箇条書きで書かれています。

「就活の教科書」編集部 もとき

私は、企業を大きく成長させ、社会の常識を変えるような施策を提案、実行したい。
この目標を実現する場として貴社を志望する理由は、以下の三つである。
(1)幅広い業界のクライアントを持っている点。社会に変革をもたらすような提案をするためには、一つの業界ではなく、複数の業界の知識を組み合わせることが必要だと考えている。貴社にはT字型成長などの制度があり、様々な業界をグローバルに体験することができると考えている。
(2)トータルソリューションを提供できる点。経営戦略を立てる過程において、技術に精通しているエンジニアを含めてディスカッションを行うことで、より革新的な発想が得られると考えている。また、社会に変革をもたらすためには、提案した内容を実現することが必須なため、トータルソリューションによる実行支援は大きなアドバンテージだと考えている。
(3)シンクタンクをルーツにもつ点。貴社には、シンクタンク業務により培ってきた高度な分析力や調査力等のノウハウがある。そこから得られる正確なデータは、戦略を立案する上で強力なアドバンテージになると考えている。
以上の理由を持って、私は貴社を志望する。

Unistyleより引用

上記のエントリーシートが通過していることからわかるように、志望動機を箇条書きで書いても問題ないことがわかります。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

伝えたいことが複数ある時に箇条書きを使うのがおすすめ

就活生くん

エントリーシートの志望動機で箇条書きを使ってもいい場合ってどんな時なんですか?

エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使っても良い時は、伝えたい内容が複数ある時です。
特に伝えたい内容が3つ以上ある場合は箇条書きにした方が見やすいのでおすすめです。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

エントリーシート(履歴書)で箇条書きを使った志望動機の例文

以下に箇条書きを使った志望動機の例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 もとき

箇条書きを使った志望動機の例文(不動産業界)

私が貴社を志望する理由は以下の2つだ。
1. 豊かな都市を創造していきたいから
学生時代に注力した地域活性化において、地元の人々の意見を伺いながら理想の地域を作るチャレンジをしてきた。この経験から自らの力で土地を作り、より多くの人々の要望に応えられる貴社に魅力を感じている。
2.関係者と信頼関係を作り新たな価値を創造していきたいと考えるから
確固たる信念を持って泥臭く価値を提供している貴社の姿勢に惹かれ、貴社でなら活躍できると確信した。

志望動機を箇条書きにするだけでなく、箇条書きにした志望動機の説明する文を追加しましょう。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使う時のポイント3つ

就活生くん

エントリーシートの志望動機で箇条書きを使うのはありなんですね。
けど、エントリーシートの志望動機で箇条書きを使う際にはどういうポイントに注意して書けばいいんでしょうか?

エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使う時のポイントは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 もとき

志望動機で箇条書きを使う時のポイント3つ
  • ポイント①:箇条書きだけの志望動機は避ける
  • ポイント②:「志望動機」を箇条書きにする
  • ポイント③:箇条書きにする文はできるだけ短くする

エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使う時のポイント3つについてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

ポイント①:箇条書きだけの志望動機は避ける

エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使う時のポイント1つ目は「箇条書きだけの志望動機は避ける」です。

箇条書きだけの志望動機では面接官に入社意欲が伝わらず、エントリーシートで落とされてしまいます。

志望動機で箇条書きを使う際は箇条書きの後になぜそう思うのかについて述べましょう。

箇条書きだけの志望動機はやる気がないと思われてマイナス効果です。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

「志望動機の内容が薄いかも・・・」と不安の方は、以下の記事で、内容を濃くする方法がわかるので合わせて読んでみてくださいね。

 

ポイント②:「志望動機」を箇条書きにする

エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使う時のポイント2つ目は「志望動機を箇条書きにする」です。

志望動機を書く際に、志望動機以外のことを箇条書きにするのは避けましょう。

志望動機で一番伝えたいことはあくまで「志望動機」であり、志望動機の以外のことを箇条書きにしてしまうと志望動機以外のことが目立ってしまいます。

志望動機を強調させるためにも、箇条書きにするのは志望動機だけにしましょう。

一番伝えたいのは志望動機ですもんね。
他の部分が目立ってしまっては困ります。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

ポイント③:箇条書きにする文はできるだけ短くする

エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使う時のポイント3つ目は「箇条書きにする文はできるだけ短くする」です。

箇条書きにするメリットは伝えたいことを強調したり見やすくできる点です。

しかし、箇条書きにした文を長くしてしまうと箇条書きにするメリットがなくなってしまいます。

就活生くん

僕はつい文が長くなってしまいがちなので、短くするように気を付けます。

箇条書きのメリットを活かすためにも、箇条書きにする文はできるだけ短くしましょう。

志望動機の箇条書きは短くすることが大切です。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

また、就活で志望動機は多くの企業で質問されます。

そもそも志望動機の書き方がよくわからないと悩んでいる就活生は、以下に志望動機の正しい書き方や例文が詳しく書かれた記事を紹介するので、参考にしてくださいね。

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機を考えるのが面倒なら、逆求人サイトで企業から直接オファーをもらおう

就活生くん

企業によって毎回内容を変えて志望動機を作るのって正直、面倒です。

企業ごとの志望動機って毎回考え直すのって大変なんだよなー・・・

確かに、志望動機を毎回考え直すのって大変ですよね。

志望動機を考えずに選考を受けるなら、 企業から選考オファーを受け取れる逆求人サイトがおすすめです。

自己PRガクチカを書いておくだけで、企業から選考オファーが来ますので、エントリーで志望動機を書く必要はありません。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

志望動機を書かずとも選考オファーを受けとれるので、どの逆求人サイトを使うか迷っている就活生の方は、まずはOfferBoxを使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

志望動機を企業ごとに考えるのが大変だと感じる就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

まとめ:箇条書きを上手に使って志望動機をアピールしよう

本記事「【アリなの?】ES/履歴書の志望動機を箇条書きで書く時のポイント3つ | 例文も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、エントリーシート(履歴書)で箇条書きを使った志望動機の例文について解説しました。

加えて、エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使う時のポイント3つについても解説しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

この記事のまとめ

◆ エントリシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使ってもよい

 

◆ 伝えたいことが複数ある時に箇条書きを使うのがおすすめ

 

◆ エントリーシート(履歴書)の志望動機で箇条書きを使う時のポイント3つ

  • ポイント①:箇条書きだけの志望動機は避ける
  • ポイント②:「志望動機」を箇条書きにする
  • ポイント③:箇条書きにする文はできるだけ短くする

エントリーシート(履歴書)で箇条書きを上手く使えば志望動機を見やすくできます。
伝えたいことが複数ある時には箇条書きを使うのもありですよ。
本記事で学んだことを活かして上手く志望動機を完成させてみてください。
「就活の教科書」には他にも役に立つ記事がたくさんあるので、他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もとき

 

箇条書きの他に、知っているだけで差がつく志望動機のテクニックをご紹介しています。

合わせて読んでみてくださいね。