>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【例文一覧あり】「自分のキャッチコピー(キャッチフレーズ)」作り方 | ES/面接で使える

この記事でわかること
  • 「キャッチコピー」がない人は用意しておこう
  • ES/面接で使える「キャッチコピー例文」一覧
  • ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方5STEP
  • 「キャッチコピー」で難しい表現や誇張しすぎた表現はNG
  • ES/面接で「キャッチコピー」が質問される理由3つ

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事ではES/面接で答えるキャッチコピー・キャッチフレーズ」について解説していきたいと思います。

就活を進めていくうえで、「ES/面接で自分のキャッチコピー(フレーズ)は何ですか?」と質問されて困った経験はないですか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

この前、面接で「自分のキャッチコピーを教えてください」という質問をされて考えたことがなかったので、固まってしまいました。

ES/面接で自分のキャッチコピーを答えられるように、キャッチコピーを作っておきたいけど、作り方が分からないです・・・

就活生くん

よくESなどで「あなたを表すキャッチフレーズ」という欄を見ますが、あれはなんのために聞かれているのでしょうか?

そもそも、自分のキャッチコピーは用意しておく必要があるのですかね・・・

確かにいきなり「あなたのキャッチコピーは何ですか?」と聞かれても用意をしていないと、答えることは難しいですよ。

そもそも、キャッチコピーが必要がどうかという悩みもありますよね。

でも大丈夫です!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

そこでこの記事では「ES/面接で使えるキャッチコピーの作り方5STEP」解説します。

合わせて、「ES/面接で使えるキャッチコピー例文一覧」「ES/面接でキャッチコピーが質問される理由」についても解説しています。

この記事を読めば、「キャッチコピーを準備しておけばよかった・・・」「もっと上手くキャッチフレーズを伝えればよかった・・・」なんて後悔を避けられます。

「ES/面接で魅力的に自分のキャッチコピー(フレーズ)」を伝えて、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

「キャッチコピー」がない人は用意しておこう

就活生くん

そもそも、キャッチコピー・キャッチフレーズって何ですか?

就活において自分のキャッチコピーて用意しておく必要ってあるんですか?

キャッチコピー、キャッチフレーズとは一言で表すと「人の注意を引く宣伝文句」です。

これでもまだキャッチコピーがどんなものなのかイメージしにくいですよね。

そんな就活に出てくる「キャッチコピー(フレーズ)」について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活でよく質問されるキャッチコピーは、自分の強みや特徴をより具体的かつ印象に残るように伝えるための手段です。

例えば、武井壮さんが「百獣の王」というキャッチコピーを使っていますよね。

このように一言でどんな人間かをイメージさせるための、「自分を何かに例えて言い換えた表現」だと理解してください。

そして、就活のES/面接において、「あなたのキャッチコピーを教えてください」という質問が頻繁にされます。

なので、「自分のキャッチコピー」は答えられるように用意しておく必要があります。

自分という商品を企業に売り込むための、インパクトのある商品名を付けるというイメージですよね。

いかに人事に魅力を伝えて、印象に残すことができるかが勝負の分かれ目になるでしょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

就活生くん

ES/面接に備えて、自分のキャッチコピー・キャッチフレーズを用意しておくべきだということは理解できました。

それでは具体的に、ES/面接でどのようなキャッチコピーが使われているんですか?

まずは就活のES/面接で使われているキャッチコピーがどんなものかを知っておく必要がありますよね。

まずは、ES/面接で使える「キャッチコピー例文」一覧を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

ES/面接で使える「キャッチコピー例文」一覧

ここでは、あなたがES/面接で使える「キャッチコピー」「キャッチフレーズ」を作れるように、まずはES/面接で使える「キャッチコピー例文」一覧を紹介します。

「キャッチコピー」(あなたの強みや特徴)

という風に書いていますので、自分の強みや特徴と一致している部分がありましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

ES/面接で使える「キャッチコピー例文」一覧

「スポンジのような吸収力」(向上心、成長志向)

「マグロのような人間」(挑戦心、成長志向)

「組織の潤滑油」(協調性)

「接着剤のような人間」(まとめる力、チームワーク)

「みんなを導く灯台」(リーダーシップ)

「歩くスピーカー」(発信力、コミュニケーション力)

「人間チャッカマン」(働きかけ力)

「組織の栄養分」(ムードメーカー、盛り上げ役)

「舞台裏が私の舞台」(サポート力)

キャッチコピーは自分の強みを身の回りの具体的なものに言い換えているのですね。

あなたも分かりやすく、インパクトが残るキャッチコピー・キャッチフレーズを考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

就活生くん

自分の強みや特徴に合わせた、たくさんのキャッチコピー・キャッチフレーズがあるのですね!

僕も自分のオリジナルのキャッチコピーを作りたいと思ったので、ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方を教えてほしいです。

それでは次は、あなただけのキャッチコピー・キャッチフレーズを作るために、ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方5STEPについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方5STEP

ここでは、魅力的なオリジナルキャッチコピーを作るために、ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方を解説します。

ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方は5STEPあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

タイトル
  • STEP①:あなたの強み・長所・特徴をたくさん書き出す
  • STEP②:1番伝えたいあなたの強みを1つ決める
  • STEP③:分かりやすく、インパクトのあるものに言い換える
  • STEP④:キャッチコピーに関する背景やエピソードを用意する
  • STEP⑤:企業とマッチしているかを確認する

あなただけの魅力的なキャッチコピー・キャッチフレーズを作るためにも、1つずつ確認して実行していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

STEP①:あなたの強み・長所・特徴をたくさん書き出す

ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方1STEPは、あなたの強み・長所・特徴をたくさん書き出すということです。

自分にとって最も適切で魅力的なキャッチコピーを作るためには、多くの選択肢から選ぶ必要があるからです。

「自分の強み」と聞くと、1番自信があるものを選んでしまいがちですが、他の強みや特徴と共通点があるはずです。

それらを組み合わせたりすることでよりあなたの強みが具体的になっていくでしょう。

なのでまずは、ES/面接で使える「キャッチコピー」の作るために、紙にあなたの強み・長所・特徴をたくさん書き出してみましょう。

自分の強みをいくつも書くことは意外と難しいです。

また私は、面接で自分の強みや特徴を5つ以上教えてくださいと聞かれたことがあるので、そんな対策のためにもあなたの強みや長所、特徴を出来るだけ多く書き出してみましょう。

自分の強みや長所が見つけられないと悩んでいる人は、長所一覧や強みの見つけ方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

STEP②:1番伝えたいあなたの強みを1つ決める

ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方2STEPは、1番伝えたいあなたの強みを1つ決めるということです。

キャッチコピーでは、あなたの1番伝えたい強みだけを伝えることで、誤解なく魅力的に伝えることができるからです。

強みがいくつもあるみなさんにとって多くを伝えたい気持ちは分かります。

しかし、1番武器にしたい強みを選ぶことこそがキャッチコピーを上手く作る秘訣なのです。

あなたの「誰にも負けないという部分」を探し出し、1つ選んでからキャッチコピー・キャッチフレーズを作りましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

STEP③:分かりやすく、インパクトのあるものに言い換える

ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方3STEPは、分かりやすく、インパクトのあるものに言い換えるということです。

自分の強みを誰でもわかる身の回りのものに例えることで、あなたの良さや強みが具体的に伝わるからです。

良い例としては、何からでも刺激を受け、吸収し、成長することができる人が「スポンジ人間」と言い換えるような感じです。

逆に悪い例として、自由に自分の意志を持って行動をすることができるから「鳥人間」のように言い換えるものが考えられます。

これではどのような鳥かも分からないし、何を強みとしているのかも不明確になってしまい、印象にも残りにくいです。

なので、ES/面接で使える「キャッチコピー」では分かりやすく、インパクトがあるものに言い換えることを意識しましょう。

分かりやすいものに言い換えるためにも深く考えすぎないことがコツですね。

どうしても思いつかない人は自分を動物に例えると考えやすいですよ。

自分を動物に例えることについてもっと知りたい人は、動物に例えた回答例が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

STEP④:キャッチコピーに関する背景やエピソードを用意する

ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方4STEPは、キャッチコピーに関する背景やエピソードを用意するということです。

ES/面接でキャッチコピーを伝えると、必ずそのキャッチコピーを選んだ理由と背景やエピソードが問われるからです。

話す内容としては、自己PRと同じような構成で、必ず「あなたが1番伝えたい強み」は強調して伝えるようにしましょう。

また、キャッチコピーであなたがそのキャッチコピーを選んだ理由もしっかりと言語化できるようにしておきましょう。

キャッチコピーに関する背景やエピソード次第でキャッチコピーの説得力が変わってくるので、きちんと用意しておきましょうね。

エピソードが無くて困っている人は、自己PRのエピソードの見つけ方と使いやすい例文が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

STEP⑤:企業とマッチしているかを確認する

ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方5STEPは、企業とマッチしているかを確認するということです。

キャッチコピーはあなたの強みの本質なので、企業と合っていないと感じられると選考に落ちてしまうからです。

ES/面接で使うために企業理念やビジョン、カルチャーを確認して、あなたのキャッチコピーが的外れでないかを確認するようにしてください。

企業とマッチしているかを確認するには企業の本質を知るためのOB訪問が大切です。

OB訪問をもっとやりたい人は、OB訪問のおすすめのマッチングアプリ/サイトが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

就活生ちゃん

これで自分のオリジナルなキャッチコピー、キャッチフレーズを作ることができそうです!

安心するのはまだ早いですよ。

それでは次に、多くの就活生がミスしてしまうES/面接で使う「キャッチコピー」でやってはいけないことを確認しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

ES/面接で使う「キャッチコピー」でやってはいけないこと3つ

ここではあなたが多くの就活生がやってしまうミスをしないように、ES/面接で使う「キャッチコピー」「キャッチフレーズ」でやってはいけないことを解説します。

ES/面接で使う「キャッチコピー」でやってはいけないことは3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

ES/面接で使う「キャッチコピー」でやってはいけないこと
  • NG①:複数のことを伝えようとする
  • NG②:難しい表現を使う
  • NG③:誇張しすぎた表現をする

それでは就活のES/面接でよくあるミスを1つずつ確認して、キャッチコピー・キャッチフレーズに関する不安要素を無くしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG①:複数のことを伝えようとする

ES/面接で使う「キャッチコピー」でやってはいけないこと1つ目は、複数のことを伝えようとするということです。

キャッチコピーにいくつもの意味を込めてしまうと、分かりずらく伝わりにくいからです。

1番伝えたいことはシンプルにキャッチコピーにまとめて、質問やエピソードで具体的にあなたの魅力を伝えれば十分です。

したがって、ES/面接で使う「キャッチコピー」は伝えたいことは必ず1つにするという意識を持っていてください。

就活のES/面接で使うキャッチコピーは「本のタイトル」と似ていると考えてください。

1番分かりやすく内容が要約されているのが「タイトル」で、内容は読めば読むほど理解できるようになりますよね。

逆にタイトルが長く、複数のことが書かれていたら、結局内容が伝わりずらくなってしまうのです。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG②:難しい表現を使う

ES/面接で使う「キャッチコピー」でやってはいけないこと2つ目は、難しい表現を使うということです。

キャッチコピーとは一言で何か分からないと意味がないからです。

しかしここでの注意点は、シンプルすぎるキャッチコピーも印象に残りにくいということです。

良く使われる具体例としては「スポンジのような吸収力」や「太陽のようなポジティブ思考」のようなものです。

難しすぎないの基準としては、キャッチフレーズを伝えた時に伝えたいことがだいたいイメージできるということです。

難しいですが、理想のキャッチコピーはシンプル過ぎず、難しすぎないキャッチコピーを作れると完璧ですね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG③:誇張しすぎた表現をする

ES/面接で使う「キャッチコピー」でやってはいけないこと3つ目は、誇張しすぎた表現をするということです。

キャッチコピーと背景やエピソードがあまりにも合っていないと信頼を失ってしまうからです。

例えば、リーダーシップを伝えたくて「令和の豊臣秀吉」と伝えたしましょう。

それなら、キャッチコピーに見合う背景やエピソードが必要になるので、とても大きな組織でリーダーをしていたり、成績を残している必要があります。

ES/面接で魅力的に「キャッチコピー」を伝えるなら、誇張しすぎずに等身大の自分を伝えるということにも意識しましょう。

キャッチコピーが壮大であればあるほど期待してしまうので、その期待に応えられる自信がない人は、もう1度キャッチコピーを考え直しても良いかもしてませんね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

就活生くん

なんでES/面接で「キャッチコピー」「キャッチフレーズ」が質問されるのかについて確認し、企業の求めていることを把握しておきたいです。

ES/面接でキャッチコピー・キャッチフレーズに答えるにあたって、質問意図を理解しておくことは大切ですよね。

それでは最後に、ES/面接で「キャッチコピー」が質問される理由について解説していきたいと思います。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

ES/面接で「キャッチコピー」が質問される理由3つ

ここでは、あなたがES/面接で問われていることを適切に答えられるように、ES/面接で「キャッチコピー」「キャッチフレーズ」が質問される理由を解説していきたいと思います。

ES/面接で「キャッチコピー」が質問される理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

タイトル
  • 質問意図①:端的かつ具体的にどのような人かを知るため
  • 質問意図②:自身の強みや特徴を的確に理解できているかを確認するため
  • 質問意図③:自社とマッチしている人材なのかを確認するため

それでは、キャッチコピーを伝える際に理解しておきたい質問意図を1つずつ確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

質問意図①:端的かつ具体的にどのような人かを知るため

ES/面接で「キャッチコピー」が質問される理由1つ目は端的かつ具体的にどのような人かを知るためということです。

キャッチコピーとは、あなたの特徴を「一言」で言い表すため、企業側も端的にその人の人柄を知ることができます。

また、あなたを何か分かりやすいものに言い換えて伝えるので具体的なイメージがしやすいというのもキャッチコピーの特徴です。

例えば、「百獣の王」と聞けば、誰にも負けず、パワフルに勝負を勝ち続けられるような人というイメージができますよね。

したがって、ES/面接で「キャッチコピー」の質問意図としては、端的かつ具体的にどのような人かを知りたいという背景があります。

そのため、あなたと強みや特徴をピンポイントに捉えたキャッチコピーを用意しておく必要があるのですよ。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

質問意図②:自身の強みや特徴を的確に理解できているかを確認するため

ES/面接で「キャッチコピー」が質問される理由2つ目は自身の強みや特徴を的確に理解できているかを確認するためということです。

キャッチコピーというものは、しっかりと自分について理解して、強みや特徴を把握していないと作ることはできないからです。

あなたの強みや特徴をもとに具体的な分かりやすいものに言い換えて伝えるのがキャッチコピーですから、自己分析がしっかりできていることが前提です。

ES/面接で「キャッチコピー」が質問されるのは、自身の強みや特徴を的確に理解できているかを確認されているという認識をしておきましょう。

しっかりと自己分析を重ねた集大成を「自分のキャッチコピー」に込めるという気持ちで取り組みましょう。

自己分析に不安があるという人は、自己分析のやり方や自己分析が簡単にできるツールやアプリが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

質問意図③:自社とマッチしている人材なのかを確認するため

ES/面接で「キャッチコピー」が質問される理由3つ目は自社とマッチしている人材なのかを確認するためということです。

あなたの強み、言葉のチョイス、雰囲気などから自社の理念やビジョン、カルチャーと合っているかが分かるからです。

具体例を使って考えてみましょう。

我々は、変化の激しい業界で成果を上げるために、人材の成長を大切にしています。

あなたのキャッチコピーを教えてください。

人事さん

就活生くん

私は、「スポンジ人間」です。

たくさんのことに挑戦して、吸収できるスポンジのような人間なのです。

就活生ちゃん

私は、「舞台裏が私の舞台」です。

裏方をサポートし、組織を支える力が強みです。

人材の成長を大切にしている企業に対して、積極的に成長していこうとしている就活生くんの方がマッチしていると考えられますよね。

このようにキャッチコピーを質問された際は、自社とマッチしているかを確認されているということにも注意してくださいね。

ミスマッチなキャッチコピーを伝えないためにも、しっかりと企業研究をして、どのような人材が求められているかを把握しないといけないですね。

企業研究についてもっと知りたい人は、企業研究のやり方が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

就活生ちゃん

就活のES/面接で自分のキャッチコピー・キャッチフレーズが聞かれる質問意図を理解することができました。

これで自信を持って自分のキャッチコピー・キャッチフレーズをES/面接で伝えることができそうです。

それでは次に、ES/面接で「キャッチコピー」以外の似ている質問一覧を確認して、万全の面接対策をしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

ES/面接で「キャッチコピー」以外の似ている質問一覧

ここでは、ES/面接で「キャッチコピー」以外の似ている質問一覧を紹介します。

面接質問の対策をもっとしたいと思っている就活生は、それぞれのコツや注意点が分かりますので、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

それでは最後にこの記事のまとめをもう1度おさらいしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

まとめ:「キャッチコピー」は1番伝えたいあなたの強みを分かりやすく伝える

「【例文一覧あり】ES/面接で使える「キャッチコピー」作り方 | 質問意図も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「ES/面接で使えるキャッチコピーの作り方5STEP」解説しました。

合わせて、「ES/面接で使えるキャッチコピー例文一覧」「ES/面接でキャッチコピーが質問される理由」についても解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

「キャッチコピー」がない人は用意しておこう

ES/面接で使える「キャッチコピー」の作り方5STEP

  • STEP①:あなたの強み・長所・特徴をたくさん書き出す
  • STEP②:1番伝えたいあなたの強みを1つ決める
  • STEP③:分かりやすく、インパクトのあるものに言い換える
  • STEP④:キャッチコピーに関する背景やエピソードを用意する
  • STEP⑤:企業とマッチしているかを確認する

ES/面接で使う「キャッチコピー」でやってはいけないこと3つ

  • NG①:複数のことを伝えようとする
  • NG②:難しい表現を使う
  • NG③:誇張しすぎた表現をする

ES/面接で「キャッチコピー」が質問される理由3つ

  • 質問意図①:端的かつ具体的にどのような人かを知るため
  • 質問意図②:自身の強みや特徴を的確に理解できているかを確認するため
  • 質問意図③:自社とマッチしている人材なのかを確認するため

まとめ:「キャッチコピー」は1番伝えたいあなたの強みを分かりやすく伝える

ES/面接でのキャッチコピー・キャッチフレーズはあなたの1番伝えたい強みを言い換えて伝えることが大切でした。

またキャッチコピー・キャッチフレーズは分かりやすく、インパクトの残るようなものにすることを意識しましょうね。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村