【資格なしは就活不利?】資格ない時のES/履歴書の書き方 | 資格不要の仕事も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 就活で資格なしでも問題ない
  • 資格よりも「人柄」や「熱意」が就活で評価される
  • 資格のない就活生が内定を取るためにすべきこと3つ
  • 資格なしの履歴書/ESの書き方「資格欄は特になしでいい」
  • 資格があった方が有利になる職種はとても少ない
  • 「自分で書いたESや履歴書を添削してもらいたい!」という方は、スタキャリで人事経験者などの就活のプロに見てもらうのがおすすめ

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の竹井です。

この記事では、「就活で資格がないと不利なのか」「資格がない人の就活の仕方」について解説します。

就活生の皆さんは、資格を持っていないことについて、不安を感じたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生くん

資格を1つも持っていないのでとても不安を感じています。

周りの就活生の多くが、何かの資格を持っていて、資格を持っていない私はどのようにして、企業にアピールするかが分からないです。

就活生ちゃん

私は、これからESを書くのですが、どうしても資格でアピールすることができないので、内容が薄くなってしまいます

資格以外のことでアピールできる方法を教えてほしいです。

就活で、資格がなかったら不利なのか、不安になりますよね。

同じような不安を抱える就活生は、実は多いんです。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

そこでこの記事では、資格がないことは就活で不利なのかについて解説します。

合わせて、資格がない就活生が内定を取るためにすべきこと、資格がない場合の履歴書/ESの書き方についても解説します。

この記事を読めば「資格がないし、どうしよう」「ESで資格以外の部分でどうやってアピールしよう」といった悩みが解決できます。

「資格を持っていないから就活が不安」「資格がないと就活が不利なの?」などと思っている就活生は是非読んでみて下さい!

先に結論を伝えておくと、おすすめのES/履歴書添削サービスはスタキャリです。

スタキャリを使うと、元人事や大企業出身者などの就活のプロがあなたのESや履歴書を無料で添削してくれます。

そのため、志望企業に内定できるレベルのESを作れるようになります。

LINEから利用できるので「ES添削してもらいたいけど、頼む人いない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> スタキャリでES/履歴書添削をお願いしてみる

 

就活で資格なしだと不利になるの?

就活生くん

率直に、就活で資格がないと不利なんでしょうか?

やはり、資格がないと悪い印象なのでしょうか?

資格がないと「不利」「悪印象」になってしまうのか疑問ですよね。

結論としては、不利になりません!

以下で解説するのでご覧ください!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

基本的に就活で資格は必要ない!(資格なしでも不利にならない)

結論として、就活で資格は必要ありません。

資格が必要ないと言える理由は、実は採用に資格を重視した企業は9.5%とごくわずかなんです!

以下の画像は、企業が採用をする際に重視している項目を示しています。

就活 資格なし

(就職白書2017より)

資格を重要視している企業は全体の10%以下であり、採用について重要視されたのは人柄、自社への熱意、将来への可能性です。

就活生に求められていることは、人柄や熱意、将来への可能性であるため、資格を必須条件にする企業はとても少ないです。

また、資格が必要な職業であったとしても、内定を取った後や、実際に企業に入社した後の、新入社員研修期間の間に取得することができれば、何の問題もありません。

それ以上に、就活で有利になるからという浅はかな考えで資格を取得しようと勉強していると、逆効果になってしまいます。

就活のために資格を取ろうとする時間があるならば、その時間を使い、ガクチカを完璧に説明できるようにしたり、企業分析をより精度を上げる取り組みをした方がよいのです。

人柄は、全体の90%以上の企業が選考について重要視しました。

資格よりも、人柄を伝えることに集中することが重要です。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

資格なしで就職した人の声

就活生くん

基本的に就活で資格は必要ないということは理解しました。

でも、それは本当なんですか?

本当に資格なしでも大丈夫なのか、不安ですよね。

以下に資格なしで就職した人2人の声を紹介します。ご覧ください。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

資格がなくても、きっちりと内定を取っています。

資格を意識するよりも、自己分析やES作成に力を入れて取り組むことが重要です。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

資格よりも就活で評価されること

就活生くん

資格がなくても、内定がもらえるんですね。

でも、何が資格よりも評価されてるんですか?

資格以外の評価されている部分は知りたいですよね。

これから、視覚よりも就活で評価されることを説明します。

「就活の教科書」編集部 竹井

資格よりも就活で評価されることは、あなたの「人柄」や「意欲の高さ」です。

その理由は、採用担当者の気持ちになればわかります。

 

企業が新入社員を採用するということは、大きな買い物をすることと同じです。

なぜなら、お給料として多額のお金を払うことになるからです。

企業の採用担当者は、大きな買い物を成功させたいと考えています。

では、採用担当者にとって成功とは何かというと、多くの利益(お金だけではない)をもたらしてくれる将来性のある人を採用することです。

 

つまり、今持っている能力も重要ですが、それ以上に、今後成長する可能性を秘めていることの方が重要であり、その可能性を採用担当者は見ているのです。

そのため、資格のような今現在の能力よりも、「人柄」や「意欲の高さ」のような、成長を期待できる事柄が、就活では評価されるのです。

 

採用担当者の考えを想像すれば、資格よりも将来性が評価されることは理解できますね。

では、将来性をアピールできる人柄や意欲の高さを十分に伝えるためにはどうすればよいでしょうか?

内定を取るためにすべきこととは何でしょうか?

「就活の教科書」編集部 竹井

 

評価されるガクチカ・自己PR・志望動機などの書き方がわからない…」という方はunistyle(ユニスタイル)ES回答集100選(公式LINE)同時に使って内定者のESを参考にするのが一番おすすめです。

同時に使うことで、ES/履歴書や面接で聞かれる質問と評価される回答のほとんどをカバーできるようになります。

例えば「自己PRで協調性をアピールしたいな…」「金融業界の志望動機ってどうやって書くんだろう…」なんて悩みや不安も解決できますよ。

就活アドバイザー 京香

>> unistyle(ユニスタイル)を見てみる

>> ES回答集100選(公式LINE)を見てみる

 

ちなみに、当サイトがおすすめする無料ES添削サービスは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてくださいね。

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

資格がない場合の履歴書/ESの書き方

就活生ちゃん

資格がない就活生が内定を取るためにやるべきことはわかりました!

でも、資格なしだと履歴書や、ESに空白ができてしまって不安です。

資格なしで履歴書や、ESを書くことに不安を感じてしまいますよね。

ここでは、以下の資格がない場合の履歴書/ESの書き方2つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 竹井

資格がない場合の履歴書/ESの書き方2つ
  • ①:履歴書の資格なしの書き方
  • ②:エントリーシートの資格なしの書き方

資格がない場合の履歴書/ESの書き方2つについて、それぞれ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

①:履歴書の資格なしの書き方

資格がない場合の履歴書の書き方を解説します。

資格なしの場合、履歴書の資格の欄は、「特になし」と書きます。

特になしと履歴書の資格の欄に書いたとしても、選考に落ちることはありません。

理由は、選考で重要視されるのは資格ではないからです。

選考で重要視されるのは資格ではないため、見栄を張って噓を書くことだけはいけません。

簡単にばれてしまい、不採用となってしまいます。

資格なしでも、自信をもって履歴書の資格の欄に「特になし」と書きましょう。

選考で重要視されるのは資格ではないから、自信をもって「特になし」と書きましょう。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

②:エントリーシートの資格なしの書き方

エントリーシートの資格なしの書き方を解説します。

資格なしの場合は、エントリーシートの資格の欄は、「特になし」と書きます。

特になしとエントリーシートの資格の欄に書いたとしても、選考に落ちることはありません。

理由は、選考で重要視されるのは資格ではないからです。

資格ではない、他の所であなたの熱意や姿勢をアピールするべきです。

資格なしでも、自信をもってエントリーシートの資格の欄に「特になし」と書きましょう。

資格にとらわれず、あなたの熱意や姿勢をアピールすることに注力しましょう。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

資格がない就活生が内定を取るためにすべきこと

就活生くん

就活に資格は関係ないんですね。

それはは理解しましたが、資格のない僕が内定を取るためにすべきことを教えてほしいです。

ここでは、資格のない人が内定を取るために、すべきこと3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

やるべきこと①:ガクチカを完璧に説明できるようにする

資格がない就活生が内定を取るためにすべきこと1つ目は、「ガクチカを完璧に説明できるようにする」ことです。

学生時代に頑張ったことについてのエピソードは、あなたの性格や価値観に大きく影響されます。

つまり、学生時代に頑張ったエピソードを知ることで、あなたがどのような人間なのかを知ることができるのです。

企業は、あなたの人柄や将来性を見て、採用か不採用かを決めます。

そのため、ガクチカを完璧に説明できるようにすることは、とても重要です。

 

やるべきこと②:志望動機を完璧にする

資格がない就活生が内定を取るためにすべきこと2つ目は、「志望動機を完璧にする」ことです。

志望動機は、確実に企業から聞かれます。

なぜ聞くのか、それはあなたの志望度合い、やる気を見たいからです。

志望動機を完璧にすれば、あなたの志望度合い、やる気は企業に伝わり、採用したくなるのです。

志望動機は、面接時やESの時に必ず聞かれます。

あなたの志望度合いや、やる気を最大限にアピールできるようにあらかじめ完璧に準備しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

やるべきこと③:企業分析を完璧にする

資格がない就活生が内定を取るためにすべきこと3つ目は、「企業分析を完璧にする」ことです。

企業分析は、企業に対する思いを伝える最大の手段です。

自分のことを知ってくれていると、嬉しくないですか?

企業側も、企業のことを知ってくれていることは嬉しく、やる気や熱意が伝わります。

そのため、企業分析を完璧にすることは内定を取るために重要です。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【既卒/フリーター向け】資格なしでも稼ぎやすい仕事

就活生ちゃん

既卒やフリーター向けの資格なしでも稼ぎやすい仕事ってどんなものがありますか??

以下で既卒/フリーターで、資格なしでも稼ぎやすい仕事をピックアップしました。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

【既卒向け】資格なしでも稼ぎやすい仕事
  • ①:Webエンジニア
  • ②:営業
  • ③:接客業

それぞれの仕事について解説しますので、参考にしてください!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

仕事①:Webエンジニア

既卒向け、資格なしでも稼ぎやすい仕事1つ目は、Webエンジニアです。

Webエンジニアとは、Webサイトの設計や開発を行う仕事です。

Webエンジニアは、資格をもっていなくても、仕事に就くことができます。

全くの未経験でも仕事につくことは可能ですが、最低限の知識は必要です。

 

資格なしでも稼ぎやすい理由は、資格があまり評価されない業界であるからです。

Webエンジニアが活躍するインターネットの世界は、変化するスピードがとても速いです。

変化が速いため、資格を取得する際に得た知識が、長い間役に立たないことが多いのです。

そのため、資格よりも実際の経験が評価されます。

 

今では、フリーランスでWebエンジニアをする人が増えてきています。

既卒でも稼ぎやすい仕事だと思います。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

仕事②:営業

既卒向け、資格なしでも稼ぎやすい仕事2つ目は、営業職です。

その理由は、営業職で必要になる資格は特になく、選考で不利にならないからです。

 

営業職では、コミュニケーション能力や行動力が求められます。

コミュニケーション能力や行動力は、仕事をしている中で学ぶものであるため、特に資格がいらないのです。

営業職は、様々な分野の企業で必要とされているため、仕事を手に入れるチャンスは大きいです。

営業職は、分野によっては非常に高い年収であるため、既卒で資格なしでも稼げるチャンスは大きいです。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

仕事③:接客業

既卒向け、資格なしでも稼ぎやすい仕事3つ目は、接客業です。

接客業は、特に資格は必要ありません。

そのため、既卒で資格なしでも稼ぎやすいです。

接客業の例として、飲食店やアパレルショップ、受付などが挙げられます。

接客業で重要視されるのは、コミュニケーション能力であり、専門的で特別な能力は必要ないため、稼ぎやすい職業です。

接客業は、資格は必要ありませんが、言葉遣いや立ち振る舞いなどが重要視されますよね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

資格があった方が有利になる職種はこれだけ!

就活生くん

資格があった方が有利になる職種ってどんなものですか?

資格があった方が有利になる職種3つをピックアップしました。それぞれの職種について、詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 竹井

資格があった方が有利になる職種
  • 職種①:事務職
  • 職種②:不動産職
  • 職種③:エンジニア職

それでは資格があった方が有利になる職種3つについてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

職種①:事務職

様々な業種に事務職が存在します。

事務で有名な資格といえば、簿記の資格が挙げられますね。

「就活の教科書」編集部 竹井

資格があった方が有利になる職種1つ目は、事務職です。

様々な業界の事務職がありますが、資格があった方が有利になる業界が多いです。

資格があった方が有利になる理由は、事務職の現場では、即戦力になる人を求めているからです。

資格を持つことで、即戦力になれるとアピールできるため、有利になります。

また、必ず資格が必要な職場もあるため、予め調べておくことが必要です。

様々な業界に事務職はあるので、資格が有利になるかどうか、予め調べることが重要ですね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

職種②:不動産職

不動産職は、宅地建物取引士という資格が一般的です。

「就活の教科書」編集部 竹井

資格があった方が有利になる職種2つ目は、不動産職です。

不動産職は、不動産の契約を結ぶときに、宅地建物取引士の資格が必要になります。

営業職など、契約を結ばないのであれば資格は必要ありませんが、契約まで結ぶことができる人の方が、需要は高いです。

そのため、不動産職は、資格があれば有利になります。

営業に関しては資格は必要ありませんが、営業を行う際も宅地建物取引士の資格の知識を使うので、資格を持っていた方が有利になります。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

職種③:エンジニア職

エンジニア職は、資格は必要ありません。

10以上エンジニアをされているベテランの人でも、資格を一切持っていない人もいるくらいです。

しかし、資格を持っている方が、有利になります。

「就活の教科書」編集部 竹井

資格があった方が有利になる職種3つ目は、エンジニア職です。

エンジニア職は、資格がなくてもエンジニアになることができます。

しかし、特にIT分野のエンジニアで、サイバーセキュリティに関する職業は、高度な技術を求められるため、資格を取得することがおススメです。

近年人手不足であるため、資格を持っていると、非常に有利になります。

情報処理安全確保支援士という資格は、サイバーセキュリティの資格ですが、近年人手が不足しているため、この資格を持っていると、非常に有利になります。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

また、以下の記事ではおすすめの資格やガクチカでの資格取得のアピールする方法について詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:資格なしでも不利にならないので志望動機などに時間を使おう

本記事、「【資格なしは不利?】就活で資格がない場合のES/履歴書の書き方 | 資格が有利になる職種,やるべきことも」はいかがだったでしょうか?

この記事では、資格なしでも不利にならないこと、資格がない就活生が内定を取るためにすべきことについて説明しました。

また、資格なしの場合の履歴書/ESの書き方も説明しました。

最後にまとめをおさらいしていきましょう。

この記事のまとめ

◆ 資格なしの就活生が内定を取るためにすべきこと

  • ガクチカを完璧にする
  • 企業分析を完璧にする
  • 志望動機を完璧にする

◆ 資格がない場合の履歴書/ESの書き方

  • 資格欄に「なし」と書く

◆ 資格があった方が有利になる職種はこれだけ!

  • 事務職
  • 不動産職
  • エンジニア職

◆ 【既卒向け】資格なしでも稼ぎやすい仕事

  • Webエンジニア
  • 営業
  • 接客業

この記事を参考に、資格なしでも内定を取れるように頑張ってください!

「就活の教科書」には他にも、就活に役立つ記事がたくさんあります。

ぜひ、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 竹井