【超モテる!】20代で年収1000万稼げる仕事一覧| 高年収の業界/企業ランキングも

本ページはプロモーションを含みます

この記事で分かること
  • 20代で年収1000万円を超えている人の割合は0.2%
  • 20代で年収1000万円を稼ぐ仕事は、「外資系企業のコンサルタント」「インセンティブのある営業」など一覧はこちら
  • 20代で年収1000万円を稼ぐ人の特徴は、
    ①難関大学の出身 ②大手企業社員 ③インセンティブがある仕事 ④ 難関資格を保有
  • 年収1000万円以上の高収入を得るため方法は、
    ①平均年収が高い企業に転職する ②副業で稼ぐ ③資格を取得して昇格を目指す
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では20代で年収1000万円を稼ぐ方法について解説します。

あわせて、20代で年収1000万円の仕事、企業、業界を紹介します。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば20代で年収1000万円になるためにはどうすればいいのかがわかるようになります。

「20代で年収1000万円を稼ぐにはどうすればいい?」「20代で年収1000万円って本当に稼げるの?」などの疑問を持っている就活生はぜひ最後まで読んでください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【難しい?】20代で年収1000万円の人の割合はどれくらい?

就活生ちゃん

そもそも20代で年収1000万円って本当に稼げるんですか?

結論から言うと、20代で年収1000万円は可能です。

では、まず20代で年収1000万円の人は全体のどのくらいなのかについて解説していきます

「就活の教科書」編集部

 

20代の平均年収は250万円

まず、20代の平均年収は250万円前後です。

年収1000万円と比べると約4分の1ほどですね。

これだけ見ると確かに年収1000万円は遠い数字に見えます。

次に全体で20代のうちに年収1000万円を超えている人は何割ほどなのでしょうか。

ちなみに「自分に合う仕事を教えて欲しい!」「もっと活き活きと働きたい!」という方は、LINE適職診断を使うのがおすすめです。

LINE適職診断を使えば、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を診断してくれます。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

20代で年収1000万円を超えている人の割合は0.2%

20代で年収1000万円を超えている人は0.2%となっています。

20代の500人に1人と考えるとかなり難しい数字に感じますね。

まだ今の状態だと何の仕事をすれば年収1000万円を稼げるのか想像もできませんね。

「就活の教科書」編集部

 

日本で年収1000万円超えている人の割合は4%

実はビジネスパーソン全体でも年収1000万円を超えている人は4%しかいません。

4%と聞くと難しい数字に見えますが、25人に1人が1000万円を稼いでいると考えると非現実的な数字では無いような気がしますよね。

年収1000万円を稼ぐことは簡単ではないことが理解できます。

年収1000万円を超える人は社会全体でも4%しかいないんですね。

「就活の教科書」編集部

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【職業編】20代で年収1000万円を稼ぐ仕事一覧

就活生ちゃん

20代で年収1000万円を超える仕事って本当にあるんですか?!

実際に20代で年収1000万円を超える仕事を教えてください!

わかりました!

20代で年収1000万円を稼ぐ職業は以下の5つです。

「就活の教科書」編集部

20代で年収1000万円を稼ぐ職業一覧
  • 職業①:商社マン
  • 職業②:パイロット
  • 職業③:外資系企業のコンサルタント
  • 職業④:エンジニア
  • 職業⑤:経営者
  • 職業⑥ : フリーランスエンジニア
  • 職業⑦ : 大手マスコミ勤務
  • 職業⑧ : 金融マン
  • 職業⑨ : インセンティブがある営業
  • 職業⑩ : ベンチャー企業の幹部
  • 職業⑪ : 士業

では以下でそれぞれについて詳しく解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部

 

職業①:商社マン

20代で年収1000万円を稼ぐ職業1つ目は、「商社マン」です。

商社マンとは、食料品から石油や石炭、自動車など世の中のものを取引する会社で働く人のことです。

商社は海外駐在手当などで20代で年収1000万円を超える可能性が高いです。

商社の中でも特に人気の5大総合商社だと、20代で年収1000万円を超える可能性は極めて高いと言えます。

商社は入社できれば好待遇が待っていますが、就活生から人気の職種で一握りの就活生しか内定を得ることはできません。事前の対策が重要になってきます。

また、商社については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

職業②:パイロット

20代で年収1000万円を稼ぐ職業2つ目は、「パイロット」です。

パイロットの年収は高く、20代で1000万円以上、機長になれば2000万円を超えることも多くあります。

パイロットになるには国土交通大臣の技能証明を受けて、指定の資格を取得する必要があります。

資格の取得には、学校を合わせると5年はかかるので、なるのが難しい職業ではありますが、高年収を目指すことができます。

お客様の命を預かる職業なので、その分給与も高いです。

結論を伝えると「自分に合う仕事を教えて欲しい!」という方は、LINE適職診断を使うのがおすすめです。

LINE適職診断を使えば、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を診断してくれます。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

職業③:外資系企業のコンサルタント

20代で年収1000万円を稼ぐ職業3つ目は、「外資系企業のコンサルタント」です。

外資系企業のコンサルタントは、年収1000万円はもちろんのこと、20代で2000万円を目指せる職種です。

商社同様人気が高く、学歴を要する企業が多いです。

採用の難易度では、業界の中でもトップに難易度が高いと言っても過言はないでしょう。

ただ、対策次第では、商社同様内定の可能性があるので、ESや面接の事前準備が大切になってきます。

外資系企業のコンサルタントのなり方や、倍率など詳しい内容は以下の記事で詳しく解説しているので読んでみてください!

「就活の教科書」編集部

 

職業④:エンジニア

20代で年収1000万円を稼ぐ職業4つ目は、「エンジニア」です。

エンジニアの場合は、雇われエンジニアよりもフリーランスのエンジニアの方が稼げます。

もちろん、技術があることが前提ですが、20代で年収1000万円を稼ぐことは可能です。

フリーランスエンジニアは実力さえあれば、20代で年収1000万円はもちろん、それ以上を実現できる職種でもあります。

ITエンジニアになるにはプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

おすすめのプログラミングスクールに関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

ITエンジニアは年収が比較的高く、自由に働けることが多いためおすすめの職種です!

エンジニア就職ではポートフォリオの作成など、一般的な就活とは異なる選考があるため、就活エージェントの利用がおすすめです。

「レバテックルーキー」を利用すれば、プロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

「レバテックキャリア」では専任の担当者からサポート(職務経歴書添削、面接対策など)が受けられ、希望するIT企業への転職成功率がアップします!

就活アドバイザー 京香

職業⑤:経営者

20代で年収1000万円を稼ぐ職業5つ目は、「経営者」です。

経営者は稼ぐ額に天井が無いので、事業が成功すればいくらでも稼げる職業です。

20代前半から、事業を始めれば、数年で年収1000万円を超えることは不可能ではありません

まずは、自分の興味のある分野から何か始めてみることをおすすめします。

経営者になれば稼げる可能性が高くなるのはもちろんですが、リスクが高いのも事実なので、事前調査を入念に行ってくださいね。

また、「この職業の他に自分に向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部

職業⑥ : フリーランスエンジニア

20代で年収1000万円を稼ぐ職業6つ目は、「フリーランスエンジニア」です。

フリーランスのエンジニアは、スキルさえあれば20代でも大金を稼ぐことが可能な仕事です。

フリーランスのため、仕事上の人間関係も企業勤めに比べて、ストレスフリーな部分も魅力の1つです。

これからの時代はエンジニアの仕事の需要がさらに高まることに加え、働き方もよりフレキシブルなものに変化していくでしょう。

フリーランスエンジニアとして活躍することは、将来性もあり、高収入を稼げるので非常に魅力的です。

ITエンジニアは年収が比較的高く、自由に働けることが多いためおすすめの職種です!

エンジニア就職ではポートフォリオの作成など、一般的な就活とは異なる選考があるため、就活エージェントの利用がおすすめです。

「レバテックルーキー」を利用すれば、プロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

「レバテックキャリア」では専任の担当者からサポート(職務経歴書添削、面接対策など)が受けられ、希望するIT企業への転職成功率がアップします!

就活アドバイザー 京香

 

職業⑦ : 大手マスコミ勤務

20代で年収1000万円を稼ぐ職業7つ目は、「大手マスコミ勤務」です。

大手マスコミのテレビ、広告、出版、新聞などは20代でも年収1000万円を超えることが可能です。

しかし、他の職業に比べてかなり激務であることは注意しなければなりません。

大手マスコミは仕事量が多く、拘束時間が長いことで知られています。

その分、貰えるお給料は高いですが、退職する人も多くいます。

マスコミが好きな人や体力に自信がある人にはおすすめです!

結論を伝えると「自分に合う仕事を教えて欲しい!」という方は、LINE適職診断を使うのがおすすめです。

LINE適職診断を使えば、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を診断してくれます。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

職業⑧ : 金融マン

20代で年収1000万円を稼ぐ職業8つ目は、「金融マン」です。

金融業界のうち、メガバンクと呼ばれる大手銀行や証券会社、外資系金融企業は、20代で年収1000万円を稼げる仕事です。

金融業界の多くでは、完全歩合制を採用しています。

ですので、ボーナスや資格手当、インセンティブなどによって大幅に年収を増やすことが可能なのです。

仕事で成果を上げられる人、仕事に身を捧げられる人であれば年収1000万円を20代のうちに達成できるでしょう。

 

職業⑨ : インセンティブのある営業

20代で年収1000万円を稼ぐ職業9つ目は、「インセンティブのある営業」です。

営業における歩合やインセンティブは、通常の給与に対して+αで支払われる給与のことです。

会社ごとにインセンティブ支給の規定は異なりますが、頑張った分だけどんどん収入に反映されるでしょう。

営業のインセンティブの相場は、ノルマを超えた分の10%程度と言われています。

つまり、売り上げや契約数を伸ばすことができれば、1か月で100万円以上のインセンティブを受け取ることも可能です。

営業の能力さえあれば、20代でも年収1000万円を稼ぐことは可能な仕事です。

 

職業⑩ : ベンチャー企業の幹部

20代で年収1000万円を稼ぐ職業10つ目は、「ベンチャー企業の幹部」です。

ベンチャー企業の執行役員の平均年収は、およそ1500万円であるといわれています。

そのため、大企業で数十年かけて昇進するよりも、ベンチャー企業の幹部になるほうが稼げる可能性が高いとも言えます。

その理由として、ベンチャー企業の急激な会社成長とともに、幹部たちに支払われる収入も高くなるからです。

注意しなければならないのは、ベンチャー企業の幹部でも全く給与がもらえないこともあるということです。

なぜなら、ベンチャー企業には成長フェーズがあります。

会社が始まったばかりのシード期やアーリー期など、会社の軌道が乗る前は、資金を会社のために使わなければならないからです。

ミドル期と呼ばれる軌道に乗り始めた時期に入ると、幹部の年収は1000万円を超えるでしょう。

 

職業⑪ : 士業

20代で年収1000万円を稼ぐ職業11つ目は、「士業」です。

士業とは、高度な専門資格を必要とする職業の通称です。

弁護士、弁理士、行政書士、公認会計士などが士業の代表例として挙げられます。

士業によって働き方は大きく変わりますが、どの職業も専門性が必要とされており、非常に需要の高い仕事です。

試験の難易度も高く、合格率も士業は低いことで知られています。

そういった理由から、誰にでもできる仕事であるため、20代でも年収1000万円を達成することは可能です。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【業界別】20代で年収1000万円を稼ぐ企業一覧

就活生くん

20代で年収1000万円を超える職業については分かりました!

今度は、20代で年収1000万円を超える企業を業界別で知りたいです。

わかりました。

20代で年収1000万円を超える企業を業界別で紹介します!

「就活の教科書」編集部

【業界別】20代で年収1000万円を稼ぐ企業一覧
  • 業界① : 外資系
  • 業界② : コンサル
  • 業界③ : マスコミ
  • 業界④ : 金融(銀行、証券、保険)
  • 業界⑤ : 商社
  • 業界⑥ : 不動産
  • その他

業界① : 外資系

【業界別】20代で年収1000万円を稼ぐ企業一覧の1つ目は、「外資系」です。

代表的な企業は以下の通りです。

  • シスコシステムズ
  • グーグル
  • GEジャパン
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン

 

業界② : コンサル

【業界別】20代で年収1000万円を稼ぐ企業一覧の2つ目は、「コンサル」です。

代表的な企業は以下の通りです。

  • アクセンチュア
  • ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン
  • ボストン・コンサルティング・グループ
  • 日本総合研究所

 

業界③ : マスコミ

【業界別】20代で年収1000万円を稼ぐ企業一覧の3つ目は、「マスコミ」です。

代表的な企業は以下の通りです。

  • 電通
  • テレビ朝日
  • 小学館

 

業界④ : 金融(銀行、証券、保険)

【業界別】20代で年収1000万円を稼ぐ企業一覧の4つ目は、「金融(銀行、証券、保険)」です。

代表的な企業は以下の通りです。

  • 大和証券
  • 野村証券
  • プルデンシャル生命保険
  • 日本生命保険相互会社
  • 東京海上日動火災保険
  • 日興アセットマネジメント
  • JPモルガン証券
  • ゴールドマン・サックス証券
  • BofA証券
  • ドイツ証券
  • バークレイズ証券

 

業界⑤ : 商社

【業界別】20代で年収1000万円を稼ぐ企業一覧の5つ目は、「商社」です。

代表的な企業は以下の通りです。

  • 伊藤忠商事
  • 丸紅
  • 三井物産
  • 三菱商事
  • 住友商事
  • 双日

 

業界⑥ : 不動産

【業界別】20代で年収1000万円を稼ぐ企業一覧の6つ目は、「不動産」です。

  • 大和ハウス工業
  • 東急リバブル
  • 大東建託

その他

ここからは、業界別には入らなかった、その他の20代で年収を稼ぐ企業一覧を紹介します。

  • DeNA
  • リクルート
  • キーエンス
  • アンダーソン・毛利・友常法律事務所
  • 西村あさひ法律事務所
  • 有限責任あずさ監査法人
  • 全日本空輸(ANA)
  • 東京女子医科大学病院
  • 学校法人自治医科大学

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

20代で年収1000万円稼げる仕事に簡単に就職する方法

20代で年収1000万円稼げる仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、20代で年収1000万円稼げる仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、20代で年収1000万円稼げる仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

20代で年収1000万円を稼ぐ人の特徴

就活生くん

僕は20代で年収1000万円を稼ぎたいです!

どんな人が年収1000万円を20代で稼いでいるのでしょうか?

就活生ちゃん

私も20代で年収1000万を達成したいです。

年収1000万円を20代で稼ぐ人の特徴を教えてください!

ここからは、20代で年収1000万円を稼ぐ人の特徴を4つを紹介します。

就活アドバイザー 京香

20代で年収1000万円を稼ぐ人の特徴
  • 特徴① : 難関・有名大学の出身者
  • 特徴② : 大手企業で働いている
  • 特徴③ : インセンティブがある仕事をしている
  • 特徴④ :  難関資格を保有している

 

特徴① : 難関・有名大学の出身者

20代で年収1000万円を稼ぐ人の特徴1つ目は、「難関・有名大学の出身者」です。

高学歴と高収入は比例する傾向にあります。

なぜなら、難関・有名大学の出身者の方が、人気企業などに就職できる可能性が高いからです。

また、学生生活においても、起業する人や個々の活動をしている人が多くいます。

上昇志向を持ち、アクティブな友人たちに囲まれることで、刺激を受ける機会が多くあるのも理由の1つでしょう。

難関・有名大学の出身者は、「起業をしたい」「独立して自分でビジネスをしたい」と考えている人が、多くいる印象です。

就活アドバイザー 京香

 

特徴② : 大手企業で働いている

20代で年収1000万円を稼ぐ人の特徴2つ目は、「大手企業で働いている」です。

大手企業は20代の平均年収が400万円以上と言われています。

初任給で500万円を超える企業もたくさんあります。

そのため、仕事で成果を出し、認められれば、20代でも年収1000万円を稼ぐことは可能でしょう。

大手企業はやはり収入が良いようですね

就活アドバイザー 京香

 

特徴③ : インセンティブがある仕事をしている

20代で年収1000万円を稼ぐ人の特徴3つ目は、「インセンティブがある仕事をしている」です。

売り上げや契約数によってインセンティブが貰える営業職は、20代で年収1000万円を超えることも可能です。

しかし、インセンティブの貰える仕事は、成績がすべてです。

成績が芳しくなければ、年収は落ちてしまうでしょう。

インセンティブがある仕事の良い点は、個人の能力次第でいくらでも稼げるということです。

学歴や職歴を問わないことが多いため、やる気さえあれば20代で年収1000万円を達成することも可能でしょう。

能力次第でいくらでも稼ぐことができるというのは、非常に魅力的ですね

就活アドバイザー 京香

 

特徴④ :  難関資格を保有している

20代で年収1000万円を稼ぐ人の特徴4つ目は、「難関資格を保有している」です。

弁護士や医師、公認会計士などの難関資格は簡単に取得できるものではありません。

これらの仕事は、高い専門性と常に需要があります。

そのため、資格を取得することができれば、20代でも年収1000万円を稼ぐことは可能です。

世の中の役に立ちながら、高収入を達成できるのは、すばらしいですね。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【勝ち組?】20代でも年収1000万円を超える高年収企業に就職する対策法

就活生くん

20代で年収1000万円を超える業界については分かりました!

けど、20代で年収1000万円を超える企業に就職するにはどうすればいいですか?

20代年収1000万円を超える企業に就職するための対策法は以下の5つです。

「就活の教科書」編集部

20代でも年収1000万円を超える高収入企業に就職する対策法
  • 対策法①:大学3年生の4月頃から就活を始める
  • 対策法②:自己分析をして自分を理解しておく
  • 対策法③:その企業ならではの志望動機を作成する
  • 対策法④:業界や企業を徹底的に研究しておく
  • 対策法⑤:ES・面接対策を誰よりも行う

では、一つずつ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部

対策法①:大学3年生の4月頃から就活を始める

20代でも年収1000万円を超える高収入企業に就職する対策法1つ目は、「大学3年生の4月頃から就活を始める」です。

一般的な就活のスタートは大学4年の春ですが、20代で年収1000万円を稼げる優良企業に就職するためには、大学3年の4月頃から動き始めておく必要があります。

理由は、日本の就活では「早期選考」という、一般的な本選考よりも早い段階で行われる就活が存在し、早期選考の難易度は本選考よりも低いとされているからです。

大学3年生の4月頃から動き始めることが、20代で年収1000万円を稼ぐための秘訣です。

やはり、年収1000万円レベルの企業に入ろうと思うと、人よりも早くスタートしないといけないんですね!

就活を始めたいけど始め方がわからないという就活生は、以下の記事で就活のやり方について解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

対策法②:OB訪問を徹底的に行う

20代でも年収1000万円を超える高収入企業に就職する対策法2つ目は、「自己分析をして自分を理解しておく」です。

自己分析をしっかりと行うことで「なぜ自分はこの会社を志望しているのか」を明確に言語化することができます。

この自己分析は就職活動において、基礎ともいえる特に重要な部分なので、早期から準備しておく必要があります。

面接を突破して20代で年収1000万円を稼ぐためにも、徹底的に自己分析を行いましょう。

自己分析の重要性は理解できたけど、「どうすれば良いの?」という人がほとんどだと思います。

自己分析を始めたいけど、具体的なやり方がわからない就活生は以下の記事で自己分析のやり方について解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

対策法③:その企業ならではの志望動機を作成する

20代でも年収1000万円を超える高収入企業に就職する対策法3つ目は、「その企業ならではの志望動機を作成する」です。

就職活動が始まると、「なぜこの会社に来たいのか」は常に問われ続けます。

その時に、よくあるテンプレートのような回答をしてしますと、面接官はすぐに見破ってしまいます。

「その企業だからこそ」の志望動機を各企業に作らないと20代で年収1000万円が稼げる企業に入社することは難しいでしょう。

就職活動は、たくさんの企業を受けるので各企業ごとに志望動機を作りこむのは難しいですよね。

なので、効率的な志望動機の書き方と組み立て方を以下の記事で紹介しているので、是非読んでみてください!

「就活の教科書」編集部

 

対策法④:業界や企業を徹底的に研究しておく

20代でも年収1000万円を超える高収入企業に就職する対策法4つ目は、「業界や企業を徹底的に研究しておく」です。

就活の基本ですが、業界・企業研究はとても重要です。

なぜなら、業界・企業研究を怠ると、面接で志望動機を答えられなかったり、面接官の質問に曖昧に回答してしまうことになるからです。

業界・企業研究をしっかり行うことで、20代で年収1000万円を稼げる企業に就職できる可能性が高まるのです。

業界・企業分析も自己分析と同じくらい時間をかけて行いましょう!

業界研究や企業研究のやり方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

対策法⑤:ES・面接対策を誰よりも行う

20代でも年収1000万円を超える高収入企業に就職する対策法5つ目は、「ES・面接対策を誰よりも行う」です。

当然ですが、選考を突破するためにはES・面接対策は必須です。

特に、20代で年収1000万円を超える優良企業に就職するなら、人一倍ES・面接対策に時間をかける必要があります。

ES・面接対策を完璧にこなすことで、面接に自信を持って臨めるようになるのです。

特にESは、書いたら必ず誰かに添削してもらいましょう!

ESの書き方や面接対策については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【20代の就活生必見!】年収1000万円以上の高収入を得るため方法

就活生くん

20代でも年収1000万円を超える高収入企業に就職する方法はわかりました!

けど、もし新卒でそういった企業に就職できなかったら、どうすればいいですか?

新卒入社以外で年収1000万円以上を稼ぐための方法は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部

年収500万円以上の高収入を得るための方法
  • 方法①:平均年収が高い企業に転職する
  • 方法②:副業で稼ぐ
  • 方法③:資格を取得して昇格を目指す

では以下でそれぞれについて詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

方法①:平均年収が高い企業に転職する

年収1000万円以上の収入を得るための方法の1つ目は、「平均年収が高い企業に転職する」です。

会社で稼げる給料の幅は、その会社がいくらの給料を出せるか、つまり平均年収によって大きく異なります。

特に、20代で年収1000万円を目指すのであれば、大企業、もしくは急成長中のベンチャー企業などに転職する必要があります。

年収を上げたいのであれば、平均年収の高い企業に転職するのがシンプルかつ効果的な方法なのです。

転職で優良企業に就職する際は、現在の企業での実績が問われるので、今いる環境で最大の成果を上げることが一番の近道です。

「就活の教科書」編集部

 

方法②:副業で稼ぐ

年収1000万円以上の収入を得るための方法2つ目は、「副業で稼ぐ」です。

スキルや経験不足で転職が難しい場合は、今の会社に留まりながら副業で稼ぐという手段もあります。

アフィリエイトやプログラミングなど、副業の種類は様々ですが、本業に差し障りがない程度に働いて稼ぐことも十分可能です。

特にここ数年は「副業解禁」を宣言している企業も多く、副業自体が追い風になっているため、副業で年収1000万円を目指すのは、かなり現実味があると言えます。

副業での稼ぎには上限が無いので、小さなことからでも良いので何か始めてみるのが良いでしょう。

「就活の教科書」編集部

 

方法③:資格を取得して昇格を目指す

年収1000万円以上の収入を得るための方法3つ目は、「資格を取得して昇格を目指す」です。

職業によっては、資格を取得することで、よりハイレベルな業務に携わることができることがあります。

そういった職業を生業としている企業の場合、資格取得をサポートしてくれたり、資格取得で昇格・昇給が望める場合もあります。

もちろん資格にも良し悪しはありますが、本当に必要な資格なら、取得に挑戦してみてもいいかもしれませんね。

公認会計士などは稼げる資格必須の職業として有名ですね。

「就活の教科書」編集部

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

20代で年収1000万円に関するよくある質問

就活生ちゃん

20代で年収1000万円を超える方法については分かりました!

あとは、他の人たちがどんなことを疑問に思っているのか知りたいです・・・

確かに皆さんがどのような疑問を持っているのか気になりますよね。

20代で年収1000万円に関するよくある質問は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部

20代で年収1000万円に関するよくある質問
  • 20代で年収1000万円はモテる?モテない?
  • 20代で年収1000万円稼ぐために行うべきことは?

では1つずつ詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部

 

20代で年収1000万円はモテる?モテない?

20代で年収1000万円に関するよくある質問1つ目は、「20代で年収1000万円はモテる?モテない?」です。

やはりモテに関して皆さん気になるようですね。

結論、20代で年収1000万円稼いでいるとかなりモテます。

年収が高いというのは分かりやすいステータスであり、お金を稼げる人は人間力があるという思考に繋がります。

もちろん人にもよりますが、年収1000万円を超える20代は貴重なのでモテると言えるでしょう。

モテたいがモチベーションになって年収1000万円を目指すのも個人的には素晴らしいと思います。

「就活の教科書」編集部

 

20代で年収1000万円稼ぐために行うべきことは?

20代で年収1000万円に関するよくある質問2つ目は、「20代で年収1000万円稼ぐために行うべきことは?」です。

結論、この記事やその他から得た年収1000万円を稼ぐ方法を実際に行動してみることです。

情報を得ても行動を起こす人はごく少数です。

この記事を読んで、実際に1歩踏み出してみることが20代で年収1000万円を稼ぐために行うことの1歩目です。

確かに行動力は大切だと良く聞く気がします。

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:20代で年収1000万円を目指すためにも優良企業に就職しよう!

本記事「【超モテる!】20代で年収1000万稼げる仕事一覧| 高年収の業界/企業ランキングも」はいかがだったでしょうか?

皆さんの悩みを少しでも解決できたなら嬉しい限りです!

「就活の教科書」編集部

この記事では20代で年収1000万円稼ぐ方法について解説しました。

あわせて、20代で年収1000万円の仕事、企業、業界を紹介しました。

最後に、高収入企業に就職するための対策方法、高収入になる方法についても解説しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

この記事のまとめ

◆【難しい?】20代で年収1000万円の人の割合はどれくらい?

  • 20代の平均年収は250万円
  • 20代で年収1000万円を超えている人の割合は0.2%
  • 日本で年収1000万円超えている人の割合は4%

◆【職業編】20代で年収1000万円を稼ぐ職業一覧

  • 職業①:商社マン
  • 職業②:パイロット
  • 職業③:外資系企業のコンサルタント
  • 職業④:エンジニア
  • 職業⑤:経営者

◆【企業編】20代で年収1000万円を稼ぐ企業一覧

◆【業界編】20代で年収1000万円を稼ぐ業界一覧

◆【勝ち組?】20代でも年収1000万円を超える高収入企業に就職する対策法

  • 対策法①:大学3年生の4月頃から就活を始める
  • 対策法②:OB訪問を徹底的に行う
  • 対策法③:その企業ならではの志望動機を作成する
  • 対策法④:業界や企業を徹底的に研究しておく
  • 対策法⑤:ES・面接対策を誰よりも行う

◆【20代の就活生必見!】年収1000万円以上の高収入を得るための方法

  • 方法①:平均年収が高い企業に転職する
  • 方法②:副業で稼ぐ
  • 方法③:資格を取得して昇格を目指す

◆20代で年収1000万円に関するよくある質問

  • 20代で年収1000万円はモテる?モテない?
  • 20代で年収1000万円稼ぐために行うべきことは?

◆まとめ:20代で年収1000万円を目指すためにも優良企業に就職しよう!

この記事を紹介してくださったサイト一覧