【平均年収/売上】物流/運送業界のホワイト企業ランキング一覧 | 優良企業の見分け方,就活対策方法も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 物流/運送業界の業界研究
  • 【売上高編】【年収編】物流/運送のホワイト/優良企業ランキング一覧
  • 【詳しく解説!】物流/運送業界のホワイト/優良企業5社
  • 物流/運送業界のホワイト/優良企業の見分け方
  • 物流/運送業界の就活対策法
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の橋本です。

今回は、物流/運送業界のホワイト/優良企業ランキングについて紹介していきます。

就活生のみなさんは、「物流/運送業界って稼げるの?」「物流/運送業界でホワイト企業はどこ」など、さまざまな疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 はっしー

就活生くん

僕は、物流業界に就職したいと考えています。

物流業界のホワイト企業や優良企業はどこでしょうか?

就活生ちゃん

私は物流業界が気になっています。

物流業界の労働条件や不動産業界に就職する対策法を教えてください。

確かに、物流業界は企業数も多いので、どこが良いのか迷いますよね。

「就活の教科書」編集部 はっしー

そこでこの記事では、物流/運送業界のホワイト/優良企業ランキングを紹介していきます。

合わせて、物流/運送業界のホワイト/優良企業の見分け方、物流/運送業界の会社就活対策についても解説していきます。

この記事を読めば、物流/運送業界の企業の様々なランキング物流/運送業界の優良企業がわかります。

「物流業界って稼げるの?」「物流業界の中でどうやったらホワイト企業を見分けられるの?」などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

どの業界を選べば良いのかわからない…自分に合う業界や企業を見つけたい!」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、業界選びでの失敗を避けられます。

「なかなか志望業界が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

 

【ざっくり解説!】物流/運送業界の業界研究

就活生くん

僕は、物流業界にとても興味があります。

物流業界の労働条件や将来性などが気になります・・・

わかりました!

物流業界の労働条件を説明します。

合わせて、物流業界の会社に入社した人の声も紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

物流/運送業界の労働条件(平均年収・残業時間など)

物流業界の職種は法人営業、ドライバー、管理・オペレーションなど様々あります。

ドライバーや管理関係の職種になると、夜勤があることが特徴です。

物流業界は、日本の平均年収430万円と比較すると。約30万円高い水準となっています。

離職率も、日本の平均である12.9%と比べると低い傾向にあることがわかります。

物流/運送業界の労働条件
  • 平均年収:462万円
  • 平均残業時間:50時間
  • 離職率:10.5%

物流業界は残業時間がやや長い傾向にありますが、近年では働き方改革や長時間労働の是正の影響により減少傾向にあります。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

物流/運送業界の会社に入社した人の声

物流業界に関する声は様々あります。

いくつか紹介するので、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 はっしー

物流/運送業界の会社に入社した人の声まとめ
  • 声①:コロナ化でやりがいを感じる
  • 声②:伸びているかつ課題解決するものがありおもしろい
  • 声③:物流業界ブラック気味
  • 声④:物流業界ブラック

近年のコロナ禍で、需要が急増したことからやりがいにつながっているという声が多くありました。

その一方でブラックやしんどいなどの声も見受けられました。

そのため、しっかりとそれぞれの会社の実態を調べてみることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

物流/運送の将来性と今後の動向

物流業界の将来性は非常に成長が期待されており、このコロナ禍で需要がさらに高くなっています。

巣ごもり需要が大きくなり、外出せずに商品が届いたり、届けてくれる物流は今後さらに市場規模は拡大すると予測されています。

ただ、急激な需要の拡大により2030年には14万人の人手不足になる可能性があるとされています。

なので就活生にとってはチャンスともいえる状況なので、是非この記事を最後まで読んで、物流業界について深く知っていってください!

今後、物流/運送業界では自動化などが課題という声もありますが、まだまだ将来性のある業界だと言えますね。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

【平均年収編】物流/運送業界のホワイト優良企業ランキング一覧

就活生ちゃん

私は、物流/運送業界で稼げる会社に就職したいです。

橋本さん、平均年収が高い物流/運送業界の会社を教えてください!

わかりました。

物流/運送業界の【平均年収編】ホワイト/優良企業ランキングで紹介します。

物流/運送業界の【平均年収編】ホワイト/優良企業ランキングは以下のようになっています

「就活の教科書」編集部 はっしー

【平均年収編】物流業界のホワイト/優良企業ランキング
順位 会社名 平均年収
1位 日本郵船 955万円
2位 ヤマトHD 915万円
3位 阪急阪神HD 864万円
4位 日立物流 795万円
5位 日本郵政 788万円
6位 近鉄エクスプレス 761万円
7位 SGホールディングス 704万円
8位 センコーグループHD 692万円
9位 カンダHD 690万円
10位 セイノーHD 687万円
11位 日新 650万円
12位 丸運 650万円
13位 丸全昭和運輸 649万円
14位 ロジネットジャパン 640万円
15位 SBSホールディングス 634万円
16位 日本石油輸送 625万円
17位 山九 605万円
18位 ニッコンHD 576万円
19位 アルプス物流 572万円
20位 日本通運 567万円

1位の日本郵政はもう少しで1000万円ですね。一覧で見てみると稼げる会社が多い印象です。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

【売上高編】物流/運送業界のホワイト優良企業ランキング一覧

就活生くん

僕は、物流/運送業界で安定した会社に就職したいと思っています。

売上高はどれくらいなのか、高い企業はどこか教えて欲しいです。

分かりました。

それでは、物流/運送業界の【売上高編】ホワイト優良企業をランキング形式で見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 はっしー

【売上高編】物流業界のホワイト/優良企業ランキング
順位 会社名 売上高(単位:億円)
1位 日本通運 20,791
2位 日本郵政 20,309
3位 ヤマトHD 16,958
4位 SGホールディングス 13,120
5位 日立物流 6,523
6位 近鉄エクスプレス 6,091
7位 セイノーHD 5,920
8位 センコーグループHD 5,724
9位 山九 5,338
10位 鴻池運輸 2,923
11位 福山通運 2,855
12位 SBSホールディングス 2,571
13位 ニッコンHD 1,825
14位 日新 1,559
15位 トナミHD 1,346
16位 丸全昭和運輸 1,211
17位 ハマキョウレックス 1,188
18位 日本郵船 1,150
19位 丸和運輸機関 1,121
20位 名鉄運輸 1,120

日本通運、日本郵政、ヤマトHDのTOP3が圧倒的な売り上げを誇っていることが分かります。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

物流/運送業界の上場企業一覧

就活生ちゃん

私は、大手で上場している物流/運送会社で働きたいです。

なので、物流/運送会社の上場企業がどれだけあるのか知りたいです。

わかりました!

では以下で、物流/運送業界の上場企業一覧を紹介します。

「就活の教科書」編集部 はっしー

【大手企業】物流/運送業界の上場企業一覧

日本郵便 / 日本郵船 / 日本通運 / 商船三井 / ヤマトホールディングス / 川崎汽船 / SGホールディングス / 日立物流  / セイノーホールディングス / 山九 / 郵船ロジスティクス / センコー / 近鉄エクスプレス / 福山通運 / 上組 / 鴻池運輸 / 三菱倉庫 / 日新 / ニチレイの低温物流事業 / 日本梱包運輸倉庫 / 第一中央汽船 / 住友倉庫 / 三井倉庫 / NSユナイテット海運 / キユーソー流通システム

調べてみただけでもこれだけの企業がありました!

その他にも、物流/運送業界で上場している会社はたくさんあるので、興味がある方は是非ご自身でも調べてみることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【詳しく解説!】物流/運送業界のホワイト優良企業5社

就活生ちゃん

私は、物流業界に就職したいと思っているのですが、どこがホワイト企業なのか分かりません。

なので、物流業界のホワイト企業を詳しく教えてください!

確かに、物流業界は多くの会社があるので、どこが良いのか分かりにくいですよね。

ではこれから、物流業界のホワイト優良企業を分かりやすく5社にまとめて紹介します。

「就活の教科書」編集部 はっしー

物流/運送業界のホワイト優良企業5社
  • 企業①:日本通運(平均年収:567万円)
  • 企業②:日本郵便(平均年収:788万円)
  • 企業③:日本郵船(平均年収:955万円)
  • 企業④:商船三井(平均年収:1026万円)
  • 企業⑤:ヤマトホールディングス(平均年収:915万円)

それでは以下で、それぞれの企業について詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

企業①:日本通運(平均年収:567万円)

物流/運送業界のホワイト優良企業1つ目の企業は、「日本通運」です。

日本通運は自動車輸送、鉄道利用輸送、海上輸送、船舶利用輸送、利用航空輸送、倉庫、旅行、通関、重量品・プラントの輸送・建設、特殊輸送、情報処理・解析などの物流事業全般を行っている物流会社です。

大手企業なので、福利厚生も充実しており、特に「まとまった休みが取れる」「社内での風通しが良い」などが魅力の一つです。

また、ワークライフバランスも重要視しており、育児などについても理解力のある魅力的な会社です。

 会社概要
会社設立 1937年10月1日
代表者 齋藤充
従業員数 34,449人
平均勤続年数 15年以上
離職率 27.8%
平均年齢 43.3歳
平均年収 567万円
ホームページ 日本郵便

業界最大手ということもあり、年収も比較的高く、安定を求める就活生にとっては非常におすすめの会社です。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

企業②:日本郵便(平均年収:788万円)

物流/運送業界のホワイト優良企業2つ目の企業は、「日本郵便」です。

日本郵便は、日本郵政のグループ会社で、ゆうちょ銀行や郵便配達などの物流や金融を主要事業としている会社です。

日本郵便一番の魅力は、働く人がとても温厚な人が多いことです。

具体的な仕事内容は、郵便物の引受・交付、郵便切手類の販売、ゆうパックなど物流サービスの引受、印紙の売りさばきなどを行っています。

仕事をするにあたって人とのかかわりは非常に重要な部分ですので、おすすめの会社です。

 会社概要
会社設立 2007年10月1日
代表者 衣川 和秀
従業員数 100,100名
平均勤続年数 17.3年
離職率 10%未満
平均年齢 43.9歳
平均年収 788万円
ホームページ 日本郵便

2007年(平成19年)10月1日からの郵政民営化関連法により民営化となったので、公務員試験を受けなくても内定を取れる可能性があります!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

企業③:日本郵船(平均年収:955万円)

物流/運送業界のホワイト優良企業3つ目の企業は、「日本郵船」です。

日本郵船はライナー&ロジスティクス事業や不定期専用船事業などの物流事業を行う会社です。

新卒採用では、運送に関する事務作業員や造船の設計などがあります。

平均年収は955万となっており、日本の平均年収が400万前後と考えると倍はあるので、稼ぎたいという就活生にとっては非常におすすめの会社となっております。

 会社概要
会社設立 1885年9月29日
代表者 長澤 仁志
従業員数 35,057名
平均勤続年数 14.1年
離職率 4.0%
平均年齢 39.6歳
平均年収 955万円
ホームページ 日本郵船

事業内容を見てみると、船を使う海上だけではなく、陸上での運送も行っているんですね!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

企業④:商船三井(平均年収:1026万円)

物流/運送業界のホワイト優良企業4つ目の企業は、「商船三井」です。

商船三井は、三井物産などの三井グループ企業で、鉄鋼原料、石炭、木材チップなどを運ぶ各種専用船、原油を運ぶタンカー、液化天然ガスを運ぶLNG船、自動車船、さまざまな製品を運ぶコンテナ船など、多彩な分野で日本の物流を支えている会社です。

その魅力は、三井グループということもあり、年収が高く、福利厚生も充実していることです。

社員寮や持ち家促進補助、リゾートクラブ・フィットネスクラブ法人会員として割引価格で利用することができるなど様々な福利厚生が整っています。

大手企業で安定しながら、日本の運送を様々な場面でさせたい就活生にとってはおすすめの会社です。

 会社概要
会社設立 1884年
代表者 橋本 剛
従業員数 1,119名(陸上794名 海上325名)
平均勤続年数 11.6年
離職率 10.1%
平均年齢 39.8歳
平均年収 1026万円
ホームページ 商船三井

商船三井では、1年目2年目の内から1人で船のオペレーションを任せられる事も多く、人に教わるのではなく自分で考えることを求められる場面が多くあるようです。そのため若手から発言しやすい環境が整っており、自由な社風が特徴です。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

企業⑤:ヤマトホールディングス(平均年収:915万円)

物流/運送業界のホワイト優良企業5つ目の企業は、「ヤマトホールディングス」です。

ヤマトホールディングスはクロネコヤマトなどの「宅急便」など各種輸送に関わる事業をおこなっている会社です。

平均年収は非常に高く、男女関係なく働きやすい会社との評判です。

職種はドライバーや事務、営業など活躍の場が多く用意されています。

 会社概要
会社設立 1919年11月29日
代表者 長尾 裕
従業員数 389名(社員数)
平均勤続年数 14.6年
離職率 3.9%
平均年齢 38歳
平均年収 915万円
ホームページ ヤマトホールディングス

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

物流/運送業界のホワイト優良企業の見分け方

就活生くん

僕は、物流業界を志望しているのですが、ホワイト企業の見分け方とかってあるのでしょうか?

もし、あるのであれば教えてください!

もちろんあります!

それでは、物流/運送業界のホワイト優良企業の見分け方を3つ紹介します。

以下が一覧です!

「就活の教科書」編集部 はっしー

物流/運送業界のホワイト優良企業の見分け方
  • 見分け方①:残業が少ないかどうか
  • 見分け方②:平均勤続年数が長いかどうか
  • 見分け方③:離職率が低いかどうか

それでは、それぞれの特徴について詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

見分け方①:残業が少ないかどうか

物流/運送業界のホワイト優良企業の見分け方1つ目は、「残業時間が少ないかどうか」です。

残業時間はワークライフバランスを重要視するうえで非常に需要な指標になります。

就活生の皆様も、「できれば残業の少ない環境で働きたい」「残業はせずに、趣味に時間を使いたい」という人も多いのではないでしょうか。

そのような人は、是非企業研究の際に残業時間を確認してみてください。

日本の平均残業時間は24.5時間/月、職種にもよりますが、物流業界の平均残業時間は約50時間/月となっているので、これを超える場合は、ホワイト企業ではない可能性があります。

「どれぐらいの残業時間なら許容できるか」をご自身で把握しておく必要があるので、一度多くの企業の情報を調べてみることをおすすめします。

また、残業時間が少ない仕事については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

見分け方②:平均勤続年数が長いかどうか

物流/運送業界のホワイト優良企業の見分け方2つ目は、「平均勤続年数が長いかどうか」です。

平均勤続年数は従業員が、どのくらいの期間で辞めてしまうのかをデータ化したものです。

この数字があからさまに短いと、一般的にはホワイト企業ではない可能性があります。

日本の平均勤続年数は12.1年、物流業界では14.2年となっているので、是非参考にしてみてください。

企業によっては、勤続年数が短くてもホワイト企業という場合がありますが、基本的には業界の平均ぐらいの企業がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

見分け方③:離職率が低いかどうか

物流/運送業界のホワイト優良企業の見分け方3つ目は、「離職率が低いかどうか」です。

離職率とは、 ある時点の在籍人数に対して一定期間後に退職した人の割合のことをいいます。

この数字が以上に高いと、辞職する人が多いということになるのでホワイト企業ではない可能性があります。

日本の3年以内の平均離職率は約30%、物流業界では約40%となっているので、是非参考にしてみてください。

物流業界を志望される人だと、離職率が40%を下回る企業はホワイト企業の可能性が高いということですね!

また、離職率の低い企業や業界に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

物流/運送業界のホワイト優良企業に就職するための対策法

就活生ちゃん

私は、大学3年生で就職活動中なのですが、物流業界の就活対策法があれば教えてください!

わかりました!

では、以下で物流/運送業界のホワイト優良企業に就職するための対策法を3つ紹介します!

物流業界を志望している就活生は是非ご覧になってください!

「就活の教科書」編集部 はっしー

物流/運送業界のホワイト優良企業に就職するための対策法
  • 対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する
  • 対策法②:逆求人サイトを利用する
  • 対策法③:口コミサイトを参考にする

それでは、1つずつ詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する

物流/運送業界のホワイト優良企業に就職するための対策法1つ目は、「就職四季報で残業時間や離職率を確認する」です。

就職活動にとって、志望企業を知ることは非常に大切です。

ただ、志望企業の最新の情報が「ネットにあまり載っていない」や、「探し方が分からない」という人も少なくはないのではないでしょうか。

そのような就活生には「就職四季報」を活用することをおすすめします。

就職四季報は全上場企業を網羅し、各企業のプロフィールや株式にかかわるデータ、そして業績予想が詳細に紹介されています。

気になる企業の情報を手っとり早く入手して、企業研究に役立てたい人は是非活用してみてください。

就職四季報はAmazonなどで2090円~で販売されています。

また、就職四季報の使い方などについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

対策法②:逆求人サイトを利用する

物流/運送業界のホワイト優良企業に就職するための対策法2つ目は、「逆求人サイトを利用する」です。

逆求人とは、ダイレクト・リクルーティングの一種で、学生側がサイト上で自己アピールを行い、企業から声が掛かるのを待つという仕組みになっています。

希望している業界から直接オファーが来る可能性があり、オファーが来ると1次面接免除などの特典が付く場合があります。

また企業側から自己PRなどを見て声をかけてくれるので、ある程度自分の情報を知ったうえで面接を受けられます。

また、逆求人サイトの中でも特に「オファーボックス」がおすすめです。

オファーボックスがおすすめな理由は以下の通りです。

オファーボックスをおすすめする理由
  • 登録企業が多い
  • 企業からの自分へのアクセスをチェックできる
  • 企業から本気のオファーが届く

逆求人サイトではオファーボックスが本当におすすめです!

また、オファーボックスやその他の逆求人サイトについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

対策法③:口コミサイトを参考にする

物流/運送業界のホワイト優良企業に就職するための対策法3つ目は、「口コミサイトを参考にする」です。

口コミサイトとは、実際に働いていた人の口コミや年収などを見ることができるサービスです。

またサービスによっては、内定者の就活体験が書き込みしてあったり、選考フローが記載されていたりと選考のヒントがたくさん書かれているので非常におすすめです。

OpenWorkエンライトハウスなどの口コミサイトや、就活体験談がまとめられているみん就ONECAREERは人気のサービスです。

情報を見るためには会員登録が必要になるものが多いですが、入力内容はメールアドレスや基本情報のみなので、約3分ほどで完了します。

また、就活口コミサイトに関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

業界研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

業界研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に業界選びができるのでしょうか。

業界選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った業界が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った業界を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる業界を見つけてみましょう。

 

また、業界選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:ランキングを参考にして物流/運送業界の企業を知ろう

本記事、「 物流/運送業界のホワイト/優良企業ランキング」はいかがだったでしょうか?

この記事では、物流/運送業界のホワイト/優良企業の見分け方物流/運送業界の会社就活対策について紹介しました。

合わせて、物流/運送業界の企業の様々なランキング物流/運送業界の優良企業についても説明しました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【ざっくり解説!】物流/運送業界の業界研究

  • 物流/運送業界の労働条件(平均年収・残業時間など)
  • 物流/運送業界の会社に入社した人の声
  • 物流/運送の将来性と今後の動向

◆【平均年収編】物流/運送業界のホワイト優良企業ランキング一覧

◆【売上高編】物流/運送業界のホワイト優良企業ランキング一覧

◆物流/運送業界の上場企業一覧

◆【詳しく解説!】物流/運送業界のホワイト優良企業5社

  • 企業①:日本通運(平均年収:567万円)
  • 企業②:日本郵便(平均年収:788万円)
  • 企業③:日本郵船(平均年収:955万円)
  • 企業④:商船三井(平均年収:1026万円)
  • 企業⑤:ヤマトホールディングス(平均年収:915万円)

◆物流/運送業界のホワイト優良企業の見分け方

  • 見分け方①:残業が少ないかどうか
  • 見分け方②:平均勤続年数が長いかどうか
  • 見分け方③:離職率が低いかどうか

◆物流/運送業界のホワイト優良企業に就職するための対策法

  • 対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する
  • 対策法②:逆求人サイトを利用する
  • 対策法③:口コミサイトを参考にする

◆まとめ:ランキングを参考にして物流/運送業界の企業を知ろう