>> 就活生を救うクラウドファンディング準備中!

【みんな一緒?】就活をきついと感じる理由5選 | それぞれの対処法も

【内定者が教える】就活をきついと感じる理由5選 | 対処法も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 就活はみんな実はきついと感じている
  • 就活がきついと感じる理由5つ
  • 就活がきつい具体的な場面と対応策6選
  • 就活がきついと感じたときの対処法
みなさんこんにちは、「就活の教科書」編集部の堀本です。
就職活動をしていると、一度は「きつい」と感じたことありませんか?

「就活の教科書」編集部 堀本

人生の分岐点とも言える就職活動は、精神的にも体力的にもきついと感じる就活生が多いです。

就活に関して悩みすぎるあまり、気を病んでしまう就活生も少なくないでしょう。

そこで今回この記事では、就活をきついと感じる理由と、それに対する対処法についても紹介します。

ぜひ最後まで目を通してみてください。

実はみんな就活がきついと感じている

就活生ちゃん

まわりのみんなは楽しそうに就活をしているのですが、私は面接やES(エントリーシート)の作成で結構きついです・・・

私だけが就活をきついと感じているのでしょうか。

いいえ、実は楽しそうに就活しているようにみえる就活生も、実は就活がきついと感じている場合が多いです。

実際に以下のようなきついという声がありますよ。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活自体がきつかったり、面接で落ちてきつかったりするなど、様々な理由で就活がきついとみんな思っているようです。

そこで次からは、自分が就活がきついと感じる理由ときついと感じたときの対処法を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活をみんながきついと感じる理由5つ

就活をしていると、きついと感じるときが何度も訪れると思います。

しかし、どうしてきついかを把握できている就活生は少ないです。

しっかり理由を把握して、就活がきついと感じたときに対処できるようにしましょう。

就活がきつい理由5つ
  • 理由①:息抜きをしていない
  • 理由②:内定が出ない
  • 理由③:周りの就活生と比べている
  • 理由④:一人で悩んでしまっている
  • 理由⑤:就活に正解を求めている

それでは、就活がきついと感じる理由それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由①:息抜きをしていない

就職活動をしていてきついと感じる理由1つ目は、息抜きをしていないからです。

就職活動は、「自己分析」「エントリーシート」「説明会」「面接」などやることが多くて、きついスケジュールになります。

今までに経験したことが無いほどきついスケジュールで、息抜きを忘れてしまいがちです。

しかし、常に就活のことを考えていると精神的に疲れてしまうため、適度な息抜きは大切です。

就活がきつくてしんどいという人は、就活がしんどい人へのアドバイスが読めますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活中の気持ちの切り替えには「音楽」がとても有効です。

自分が好きな音楽だけでなく、就活生に特に響くような「就活応援ソング」でも気持ちを前向きにできますよ。

「気持ちを切り替えたい」「息抜きをしたい」「前向きになりたい」そんな就活生は、ぜひ自分に合った「就活応援ソング」を見つけてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由②:内定が出ない

就活がきついと感じてしまう理由2つ目は、内定が出ないからです。

しかし、内定が出ない原因を考えたことはありますか?

内定がもらえない就活生は、内定がもらえない原因がわかっていないことが多いです。

もし内定が出ない理由がわからず、内定が出ないのがきついと感じる就活生は、内定が無い理由や原因が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

理由③:周りの就活生と比べている

就活がきついと感じてしまう理由3つ目は、周りの就活生と自分を比べてしまっていることです。

実際に周りと比べてしまってきついと感じている就活生は多いです。

早めに内定が出る友達が身の周りにいて、焦ってきますよね。

でも、友達が内定を獲得したのを気に掛けると、無駄なプレッシャーを感じたり、内定が無い自分を追い込むはめになります。

そのため、周囲のハイスペックな学生と比べたり、張り合おうとするのはやめましょう。

「他の就活生は他の就活生、自分は自分」と割り切って就活に取組みましょう。
早く就活が出る方が良いわけではないし、大手企業に行く人が偉いわけではないです。

内定マウントを取ってくる友達に悩まされている人は、うざい内定友達の対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由④:一人で悩んでしまっている

就活がきついと感じる理由4つ目は、一人で悩んでしまっているからです。

実際に一人でやるのがきついという声もあります。

就活は基本的に一人で取り組みますが、悩みは1人で抱え込んではいけません。

人に相談することで気持ちが楽になったり、新たな価値観を得ることにより悩みが解決する場合もあります。

今では新卒エージェント(就活エージェント)という就活のプロが就活相談に乗ってくれるサービスもあるため、利用してみるのもいいかもしれませんね。

就活がきついけれど、1人で悩んで就活相談をする相手がわからないという人は、就活相談のオススメが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由⑤:就活に正解を求めている

就活がきついと感じる理由5つ目は、就活に正解を求めてしまっていることです。

もしみなさんにとって、就活における正解が「大企業に行くこと」であれば、考え直してみて下さい。

僕も就活を始めるまでは親が大企業を勧めてきたこともあり、大企業へ行こうと思ってました。
しかし、本当に大切なことは「自分が将来なりたい姿へ近づく手段となる企業」を選ぶことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

そのため、企業の規模、ネームバリューは関係なく、就活に正解などありません。

改めて就活の軸から考え直したい人は、就活の軸の見つけ方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

きつい就活をできるだけ早く終わらせる方法4選

ここでは、時間も体力も使わずに就活を終わらせるために、きつい就活を最低限の労力で終わらせる方法4選を解説します。

きつい就活を最低限の労力で終わらせる方法4選は、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 堀本

きつい就活を最低限の労力で終わらせる方法4選
  • 方法①:逆求人サイトからスカウトされて内定をもらう
  • 方法②:インターンや企業訪問でコネクションを作っておく
  • 方法③:身の回りのOBの方に紹介をもらう
  • 方法④:就活エージェントに企業を紹介してもらう

1つずつ確認して、効率よく内定をもらって就活を終わらせてしまいましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

方法①:逆求人サイトからスカウトされて内定をもらう

きつい就活をできるだけ早く終わらせる方法1つ目は、逆求人サイトからスカウトされて内定をもらうということです。

逆求人サイトでは、プロフィールを登録するだけで、企業から内定をもらえる可能性があるからです。

さらに、スカウトをする企業の人事は自社のことを誰よりも理解しているので、自社に適した就活生を選ぶので、ミスマッチが起こる可能性も少なくなります。

逆求人サイトで最もおすすめなのは、OfferBoxです。

逆求人サイトの中で登録企業数が最も多く、大企業も多く紹介してもらえるので就活のきつさは軽減されますよ。

逆求人サイトについてもっと知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

方法②:インターンや企業訪問でコネクションを作っておく

きつい就活をできるだけ早く終わらせる方法2つ目は、インターンや企業訪問でコネクションを作っておくということです。

コネクションがあるだけで選考をパスできたり、選考結果にプラスの影響を与えることができるからです。

実際にインターンで社員の方に気に入ってもらい、そのまま最終選考まで通過できることもあります。

常に選考を受ける企業とのコネクションを多く持っておくことを意識しておきましょう。

コネクションがあるだけで内定がもらえやすくなったりします。

内定がもらいやすいような就活をしたい人は、内定をもらいやすい企業が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

方法③:身の回りのOBの方に紹介をもらう

きつい就活をできるだけ早く終わらせる方法3つ目は、身の回りのOBの方に紹介をもらうということです。

現社員の方の紹介で入社できる新卒社員枠がある企業が存在するからです。

「類は友を呼ぶ」ということわざがあるように、その企業に勤めている人の周りには、その企業にマッチする人材がいると考えられているのです。

そのため企業も、積極的に新卒就活生を紹介させるよう、社員に働きかけているのです。

社員の方から紹介をしてもらい、内定に近づくためには、OB訪問が一番です。

OB訪問について知りたい人は、OB訪問のやり方やおすすめのマッチングアプリ/サイトが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

方法④:就活エージェントに企業を紹介してもらう

きつい就活をできるだけ早く終わらせる方法4つ目は、就活エージェントに企業を紹介してもらうということです。

就活エージェントとは、プロの就活アドバイザーが内定まで個別サポートをしてくれるサービスのことです。

就活エージェントでは、就活生一人ひとりに合った企業紹介や選考対策もしてくれるので、だるい就活を早く終わらせることができます。

就活エージェントの中では、レバレジーズ株式会社が運営する「キャリアチケット」が最もおすすめです。

最短2週間で内定をもらうことができ、就活生の5人に1人が登録していますよ。

就活エージェントに企業を紹介してもらうことできつい就活をかなり早く終えることができますよ。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活力診断をしてみてください! 一気に企業の人事からの評価を上げることができます。

就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

就活がきつい具体的な場面と対応策6選

就活がきつい具体的な場面と対応策について解説します。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活がきつい具体的な場面と対応策はこちらです。

就活がきつい具体的な場面と対応策6選
  • 場面①:一次面接
  • 場面②:二次面接
  • 場面③:最終面接
  • 場面④:集団面接
  • 場面⑤:ES作成
  • 場面⑥:グループディスカッション

それでは、就活がきつい具体的な場面と対応策をそれぞれ解説していきます。

場面①:一次面接

就活がきつい具体的な場面1つ目は、一次面接です。

最初の面接で緊張している場合が多いので、いつもより大きな声と笑顔を意識しましょう。

笑顔にはリラックス効果があり、自分の緊張を和らげられますよ。

最初の面接で印象が悪くなるときついので、大きな声と笑顔は忘れないようにしてくださいね。

一次面接がきついと感じている就活生はこちらの記事も参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

場面②:二次面接

就活がきつい具体的な場面2つ目は、二次面接です。

二次面接では業界や企業について理解しているかが大切なので、事前の準備をしていないときついです。

対応策としては友達や家族を相手に志望動機を伝える練習を何度もしておくのがおすすめです。

自己分析や企業研究のアウトプットができるかを確認しておきましょう。

二次面接でいつも落とされてきついと感じている人はこちらの記事もおすすめです。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

場面③:最終面接

就活がきつい具体的な場面3つ目は、最終面接です。

最終面接では内定できるかできないかが決まるため、かなり緊張します。

対応策としては、会社への志望動機をより明確にしておくのが大切です。

最終面接では適性や志望度がかなり見られるので、準備を万全にしておきましょう。

最終面接で毎回落とされてしまう就活生はこちらの記事もチェックしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

場面④:集団面接

就活がきつい具体的な場面4つ目は、集団面接です。

集団面接が特にきついと感じるのは、他の就活生と一緒に面接を受けるのに慣れていないからです。

集団面接の流れさえ抑えておけば、個人面接と一緒なので、集団面接の流れをしっかり把握しておきましょう

きついと感じていた集団面接も、何度も受ければすぐに慣れますよ。

他にも集団面接の情報を知りたい就活生はこちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

場面⑤:ES作成

就活がきつい具体的な場面5つ目は、ES作成です。

ES作成は企業ごとに作成しなければいけないので、きついですよね。

対応策としては就活エージェントや知り合いにESを添削してもらいましょう

面接対策などやるべきことはたくさんあるので、やることが多くてきつい場合は周りにどんどん頼りましょう。

ES作成で手間取っている就活生はこちらの記事を読むのがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

場面⑥:グループディスカッション

就活がきつい具体的な場面6つ目は、グループディスカッションです。

グループディスカッションは意見を出しづらい状況が多くてきついですよね。

対応策としては、他のメンバーの発言を言い換えて話すのがおすすめです。

グループディスカッションで話すのに慣れるのから始めましょう。

グループディスカッションが本当に苦手な就活生にはこちらの記事がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活がきついと感じたときの対処法3つ

就活がきついと感じる理由について理解できたところで、きついときの対象法について解説します。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活がきついと感じたときの対処法はこちらです。

就活がきついと感じたときの対処法3つ
  • 対処法①:就活をしながら息抜きをする
  • 対処法②:新卒エージェントに相談する
  • 対処法③:大企業ばかりを狙わない

それでは、就活がきついと感じたときの対処法3つをそれぞれ解説していきます。

 

対処法①:就活をしながら息抜きをする

就活はやることが多くタイトなスケジュールになりますが、息抜きを忘れると精神的にきついと感じてしまいます。

就活がきついと感じたときの、おススメの息抜きの仕方を紹介します。

就活中おススメの息抜きの仕方
  • 自分が好きなことをする
  • 友達とご飯へ行く
  • 適度な運動をする

 

自分が好きなことをする

就活がきついと感じたときは、自分が好きなことをして気持ちを紛らわせることも大切です。

自分が好きなことへ時間を割くことを忘れていませんか?

読書、ゲーム、映画鑑賞、音楽鑑賞など、しっかり時間を確保して自分が好きなことをしてリラックスしましょう。

それにより就活がきついという感情が和らぐこと間違いなしです。

 

友達とご飯へ行く

就活がきついと感じるときは、友達と夜ご飯へ行ってみてください。

一緒に就活をしている就活生の友達と行くことをおススメします。

お酒でも飲みながら友達と就活の話も、就活以外の話もして息抜きしましょう。

僕は就活中、全く知らない業界を自分で1から勉強するのはきつかったので、知りたい業界研究のスペシャリストのような友達とご飯へ行き、情報を聞き出して言いました(笑)
友達とご飯へ行くと、情報を共有する場にもなります。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

適度な運動をする

就活がきついと感じる方は、適度な運動を心がけましょう。

適度な運動をして汗をかくと、ストレス解消になります。

運動で疲れてぐっすり眠るだけでも、気分転換になりますので体を動かしてみてください。

 

対処法②:新卒エージェントに相談する

就活がきついと感じるときは、新卒エージェントに相談しましょう。

全て無料で、就活のプロに相談できる画期的なサービスで、就活におけるほとんどの悩みが解決します。

さらに、あなたに合う企業があれば紹介してくれて内定までサポートしてくれます。

就活のプロと二人三脚で就活を行えば、一人ではきつい就活も少しは楽になること間違いなしです。

多くの新卒エージェントがあって、どの新卒エージェントを使ったらいいか悩むかもしれません。
どの新卒エージェント使うか迷ったら、就活エージェントがオススメで分かりやすく紹介されていますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対処法③:大企業ばかりを狙わない

就活がきついと感じたときの対処法3つ目は、大企業ばかりを狙わないことです。

これは「大企業へ行くことが正解」だと考えて、大企業からの内定が出なくて就活がきついと感じている就活生に効果的な対処法です。

大企業は倍率で言えば数百~数千倍以上になるため、受かるのはきついです。

そもそも就活は、「将来なりたい姿」に近づける企業を見つけることが最も大事です。

大企業から内定をもらうことばかり考えている就活生は、自分が将来なりたい姿を見つけることから始めましょう。

就活がきついから受ける企業についても考え直したいけれど、やり方が分からないという人は、企業選びの軸について分かりますので、こちらの記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

「就活がきつい」以外のよくある悩み

「就活がきつい」以外のよくある悩みは、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

 

まとめ:就活がきついと感じたときはうまく対処しよう

いかがでしたでしょうか。

今回は、就活をきついと感じてしまう理由と、その対処方法についてお話しました。

今回の記事の内容についてまとめておきますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活がきついと感じる理由と対処法まとめ

就活がきついと感じる理由5つ

  • 理由①:息抜きをしていない
  • 理由②:内定が出ない
  • 理由③:周りの就活生と比べている
  • 理由④:一人で悩んでしまっている
  • 理由⑤:就活に正解を求めている

就活がきつい具体的な場面と対応策6選

  • 場面①:一次面接
  • 場面②:二次面接
  • 場面③:最終面接
  • 場面④:集団面接
  • 場面⑤:ES作成
  • 場面⑥:グループディスカッション

 

就活がきついと感じたときの対処法

  • 対処法①:就活をしながら息抜きをする
  • 対処法②:新卒エージェントに相談する
  • 対処法③:大企業ばかりを狙わない

 

就職活動を経験した身なのできついと感じてしまうのは仕方がないし、気持ちもとてもわかります。

しかし、きつい状況に対して対処していかなければ精神的にも、体力的にもきつくなり追い込まれてしまいます。

この記事を読んで、きついと感じたときに、きつい理由を明確にして、しっかり対処してより良い就職活動になれば嬉しいです。

「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ記事を公開しています。

ぜひ、参考にしてみてください

「就活の教科書」編集部 堀本

 

最後に、就活がきついと感じている人に、ぜひ読んでほしい他の記事を紹介しておきます。

納得のいく就活を目指している人は、あなたのためになる情報が載っていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。