【就職できる?】政治学科出身者の就職先一覧 | 就活対策方法,おすすめ資格も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 政治学科は就職で不利にならない
  • 政治学科で最も多い就職先は金融・保険業界
  • 政治学科出身者の5つの就職対策
  • 政治学科の就職におすすめの資格一覧
  • 「自分の学部・学科を活かしたい!」という方は「適性診断AnalyzeU+」で自分の強みを知るのがおすすめ

就活生の皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部のゆきです。

この記事では、政治学科の就職事情について解説していきます。

就活生の皆さんは政治学科の就職先について気になった経験ありませんか?

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

経済学部なら金融業界、商学部ならマーケティングなどイメージが付きやすいのですが、政治学科はよくわからないですね・・・

政治家になるわけでもないだろうし、どんな進路に進んでいるのか気になります

就活生ちゃん

私は政治学科に在学しているのですが、先輩達に聞いてみても特にどの業界に強いというわけでもないと思います・・・

政治学科の就職先について、詳しく解説してもらえませんか?

政治学科は就職先のイメージがつきにくいので、なかなか進路がわかりにくいですよね。

政治学科の就職事情がわかれば、進学先や進路を考える上でとても参考になりますよ

「就活の教科書」編集部 ゆき

そこでこの記事では、政治学科の就職について紹介していきます。

合わせて、政治学科の就職先おすすめの資格も解説しています。

この記事を読めば、政治学科の就職先や政治学科の学生におすすめの就職対策がわかるようになります。

「政治学科の強みが活かせる業界がわからない」「政治学科と関連が強い資格を取りたい」と思っている就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「大学で学んだことを活かしたいけど、どの業界・企業が良いかわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、仕事や職業選びでの失敗を避けられます。

「学んだことを活かせる業界や企業が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

 

政治学科の就職は不利?

就活生くん

そもそも、政治学科って就職に不利じゃないんでしょうか?

例えば商学部や経済学部は簿記の知識があるので就職に有利なイメージがあるのですが・・・

結論から言うと、政治学科は就職で不利になりません!

そもそも学部・学科よりも大学のレベルのほうが就職に与える影響は大きいです。

その前提の上で政治学科の就職実績をみても、他学部と比べて劣っているという事実はありません!

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

え、そうなんですか?

よく「文学部は就職できない」「心理学部は就職できない」など、学部によって就職が不利になると聞くのですが・・・

それは「大学の勉強」「志望動機」「将来のビジョン」のつながりを作るのが難しいからです。

例えば、経済学部から銀行を志望する時に志望動機を作りやすいというのはイメージがつきますよね?

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

経済の勉強をしていて銀行の仕事に興味を持つというのは納得感がありますね。

そうなんです、その納得感を作りにくいから就職に不利と言われているんです。

ですが、在学中の自分の行動などでいくらでもつながりは作れるので、政治学科だからといって就職は不利になりません!

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

【業界別】政治学科出身者の就職先

就活生くん

政治学科が就職に不利にならないのはわかったのですが、具体的にどんな業界に就職しているんですか?

政治学科からの就職先がいまいちイメージできません。

政治学科の人に多い就職先業界を見てみないと、進路の具体的なイメージが付きませんよね。

そこで、政治学科出身者の就職先について解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ゆき

【業界別】政治学科出身者の就職先
  • 就職先①:金融・保険業界(企業例:野村證券)
  • 就職先②:情報通信業界(企業例:NTT東日本)
  • 就職先③:国家公務員・地方公務員
  • 就職先④:出版業界(企業例:講談社)
  • 就職先⑤:流通業界(企業例:伊藤忠商事)

以上の5つの業界に分けて、政治学科出身者の就職先について解説していきます!

今回は早稲田大学慶應義塾大学学習院大学の政治学科の就職先を基に解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

就職先①:金融・保険業界(企業例:野村證券)

政治学科出身者の就職先として紹介する業界1つ目は「金融・保険業界」です。

早稲田・慶應・学習院大学それぞれの政治学科を見てみましたが、最も割合が大きいのが金融・保険業界でした。

大学に関係なく就職者が多いので、政治学科の就職先としてまず候補に上がるのが金融・保険業界なんですね。

早稲田大学 慶應義塾大学 学習院大学
就職人数 63人 111人 50人
代表的企業 三井住友銀行
三井住友信託銀行
三菱UFJ銀行
日本生命保険
東京海上日動火災など
不明 第一生命保険
千葉銀行
りそなHD
みずほFG
明治安田生命保険など

金融・保険業界は政治学科があるどの大学でも最多の就職先でした。

就職した人数が多い順に企業名を並べているのですが、どれも一流企業ばかりですよね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 金融・保険業界
市場規模 65.8兆円
成長率 +2.2%
利益率 +7.6%
平均年収 713万円
魅力 ・高い年収
・安定して働き続けられる環境
・扱う金額の規模の大きさ

参考:業界動向サーチ

金融・保険業界は市場規模でいうと170業界の中で3位と、日本の中でも屈指の巨大産業です。

平均年収も高いので、稼ぎたい!という人にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 野村證券
平均年収 1414万円
平均勤続年数 4年1ヶ月

金融・保険業界で有名なのは野村證券でしょう。

とにかく年収が高い割には入りやすいものの、営業職の過酷さが有名です。

年収は高いがハードな金融・保険業界を象徴していますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

就職先②:情報通信業界(企業例:NTT東日本)

政治学科出身者の就職先として紹介する業界2つ目は「情報通信業界」です。

情報通信業というと難しいですが、簡単に言い換えるならIT企業のことですね。

業界の括りが大きいので企業数も多くなり、就職する人数も多くなっている可能性もありますね。

早稲田大学 慶應義塾大学 学習院大学
就職人数 62人 84人 44人
代表的企業 日本IBM
NTT東日本など
不明 KDDI
ソフトバンク
NTT東日本
NTTデータなど

NTT、KDDIなどは誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか?

情報通信業はこれからますます需要が拡大していく業界なので、かなり先行きも明るいですよね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 情報通信業界
市場規模 30.4兆円
成長率 -1.7%
利益率 +5.2%
平均年収 963万円
魅力 ・これからも需要が拡大する業界
・若手から裁量権がある
・変化のスピードが早く飽きない
・最先端の技術に触れられる

参考:業界動向サーチ

情報通信業界はできてまだ日が浅いこともあり、どの企業も比較的フラットで若手に裁量権があります。

若くから時代の最先端で活躍したい人にはとても魅力的な業界ですよね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 NTT東日本
平均年収 911万円
平均勤続年数 16.8年

NTT東日本は誰もが知っている通信業界のボス的存在です。

平均年収も極めて高い上に安定しているので、就活生からの人気も集中している企業ですよ。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

 

就職先③:国家公務員・地方公務員

政治学科出身者の就職先として紹介する業界2つ目は「国家公務員・地方公務員」です。

政治学科から就職する先としてはやはり国家機関や政治家を思い浮かべるでしょうが、実際に公務員になる人は多いです。

特に国家公務員や東京都職員などが多い傾向にあり、さらに言えばどちらかというと地方公務員は少ないですね。

早稲田大学 慶應義塾大学 学習院大学
就職人数 15人 21人 25人
代表的企業 国家公務員総合職
東京都職員Ⅰ類
不明 東京23特別区人事委員会
裁判所事務官
法務省
国税庁(東京国税局)

地方公務員は安定していて比較的薄給の傾向がありますが、国家公務員となると激務に次ぐ激務が待っています。

とは言え、政治学科と関連のある就職先は国家公務員ぐらいしかないので、上位に来るのも当然かも知れません。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 国家公務員・地方公務員
市場規模
成長率
利益率
平均年収 637万円(国家公務員)
魅力 ・安定した給与
・国・地域に直接貢献できる
・大規模な政策に関与できる
・人々の生活を支えられる

参考:業界動向サーチ

国家公務員は平均年収もを見ると民間の平均年収よりも高く、就職先として有望なのは間違いないですね。

また、安定しているという以外にも、国や都道府県の政策に関与できるのも魅力的です。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 東京都
平均年収 658万円
平均勤続年数 N/A

国家公務員以外にも東京都の地方公務員の平均年収を見てみましたが、国家公務員の平均年収とあまり変わりませんでした。

年収という点から見ると、東京都の地方公務員もおすすめですね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

就職先④:出版業界(企業例:講談社)

政治学科出身者の就職先として紹介する業界2つ目は「出版業界」です。

政治学科からは出版業界に就職する人も多いですね。

出版は新聞とはまた違うので政治と縁はなさそうですが、出版はどの学部の就活生からも人気が高いのかもしれません。

早稲田大学 慶應義塾大学 学習院大学
就職人数 25人 不明 44人
代表的企業 講談社
集英社
KADOKAWA
不明 幻冬舎
第一法規

誰もが知っているような出版社が並んでいますよね。

出版社は就活生から人気で倍率が最も高い業界と言われています。

にも関わらず就職実績があるのはすごいですよね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 出版業界
市場規模 7000億円
成長率 +0.7%
利益率 +3.9%
平均年収 651万円
魅力 ・マンガなど日本を代表するサブカルチャーを取り扱える
・雑誌、書籍を完成させ世に出せる
・人の心に残る本を出せる

参考:業界動向サーチ

出版業界と言えば衰退していると思われがちですが、ほぼ横ばいで推移しているのが現状です。

とは言え、長期的に見て紙媒体の衰退はほぼ決定しているので、新しいビジネスモデルに挑戦しています。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 講談社
平均年収 1085万円
平均勤続年数 15年以上

出版社は入れる人が少なく、企業が及ぼす影響の割に社員数が少ないです。

その影響下はわかりませんが、とても高い平均年収を誇っている企業も少なくありません。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

就職先⑤:流通業界(企業例:伊藤忠商事)

政治学科出身者の就職先として紹介する業界5つ目は「流通業界」です。

この記事での流通業界は主に商社など、商品を生産元から龍つさせる役割を担っている企業を指しています。

特に総合商社などは日本のあらゆる製品流通に関わっていると言っても過言ではありません。

早稲田大学 慶應義塾大学 学習院大学
就職人数 36人 35人 不明
代表的企業 住友商事
三井物産
丸紅
伊藤忠商事
双日
豊田通商
不明 不明

慶應義塾大学や学習院大学は就職先の分類になかったので不明ですが、早稲田大学はさすがの実績ですね。

五大商社を中心に総合商社にも数多くの内定者を出しています。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 流通業界(総合商社業界)
市場規模 53.9兆円
成長率 +17.5%
利益率 +2.8%
平均年収 1,330万円
魅力 ・日系企業で最も規模の大きい案件に携われる
・30代で1,000万円が約束された高収入

参考:業界動向サーチ

総合商社は海外には存在しない日本独自の業態で、まさに日本が世界に誇る企業です。

日本トップクラスの高収入を得ることもできるので、全就活生のあこがれの的と言えますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 伊藤忠商事
平均年収 1627万円
平均勤続年数 17年11ヶ月

平均年収1627万円という数値は見たら腰が抜けそうです。

日本の平均年収の3倍近いこの年収が、総合商社の力強さを物語っていますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分の学部や学科を活かせる仕事に就きたい!」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、強みを活かせる業界や企業を見つけやすくなります。

「自分の長所を最大限に活かせる業界・企業を見つけたい!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「自己分析を早く終わらせたい…」「自分の長所を活かせる業界や企業を選びたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

政治学科出身者の就職対策

就活生くん

政治学科の人がどんな業界に就職するのかはわかったのですが、どうやって就活の対策をすればいいのでしょうか?

就職先だけがわかっても、実際の就職対策がわからないと意味がない気がします・・・

就職の対策方法まで知らないと、政治学科からの就職になかなか安心感を持てない人も居ますよね。

そこで、政治学科出身者の就職対策について解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ゆき

政治学科出身者の就職対策
  • 対策①:自己分析をして行きたい業界を明確にする
  • 対策②:アピールできる実績を作る
  • 対策③:インターンシップに積極的に参加する
  • 対策④:業界・企業研究は入念に行う
  • 対策⑤:ES・面接対策を徹底的に行う

以上の5つに分けて、政治学科出身者の就職対策について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対策①:自己分析をして行きたい業界を明確にする

政治学科出身者の就職対策1つ目は「自己分析をして行きたい業界を明確にする」です。

就職活動を始める上でまず大切なのが自己分析です。

自己分析をしないと自分の趣味嗜好や興味関心がわからず、何をしたいのか瞑想し続けることになります。

まずは自己分析をして自分に合った仕事内容・業界・環境を明確にしていきましょう。

自己分析をしていないと、どれだけ就活をしても納得感を得るのは難しいです。

まずは自分の過去を振り返るところから始めましょう。

また、自己分析のやり方がわからないという就活生は、以下の記事で自己分析のやり方について詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対策②:アピールできる実績を作る

政治学科出身者の就職対策2つ目は「アピールできる実績を作る」です。

就活では「学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)」や「自己PR」が求められます。

特にガクチカに関してはアルバイト・長期インターンシップ・サークル・部活などの経験が求められがちです。

エピソードが全く無いと競争相手の就活生に勝つのは難しいので、就活に活かせる実績を作りましょう。

特に、インターンシップ今すぐ始められるかつアピール実績を作りやすいのでおすすめです。
インターンシップの探し方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対策③:インターンシップに積極的に参加する

政治学科出身者の就職対策3つ目は「インターンシップに積極的に参加する」です。

就職活動を語る上で欠かせないのがインターンシップで、3年生の夏~冬にかけて開催されています。

形式によって違いますが、場合によっては本選考優遇のチケットを貰える可能性もあり、参加するメリットが大きいです。

特に選考付きのインターンシップは本選考の練習にもなるので、積極的に応募して参加するようにしましょう。

インターンシップは今やほぼ全ての就活生が参加するイベントです。

参加するのが当たり前なので、むしろ参加しないのがリスクになると考えたほうがいいでしょう。

以下の記事ではインターンシップについて解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対策④:業界・企業研究は入念に行う

政治学科出身者の就職対策4つ目は「業界・企業研究は入念に行う」です。

自己分析をして過去の自分を振り返った後に、自分がしたいことと合う業界・企業を調べることになります。

業界・企業を調べる段階で手間を掛けないと、面接を突破できなかったりミスマッチで離職のリスクが高まります。

まずは選考を突破するためにも、業界・企業研究は入念に行うようにしましょう。

業界・企業研究には就職四季報や業界地図がおすすめです。

まずは本を見てみて、少しでも興味が湧きそうな業界・企業があればチェックしていきましょう。

業界研究・企業研究については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対策⑤:ES・面接対策を徹底的に行う

政治学科出身者の就職対策5つ目は「ES・面接対策を徹底的に行う」です。

上記の4つの対策が終わった段階では自己・業界・企業への理解が深まっていますが、選考の対策ができていません。

就活では結局選考に通過できなければ意味がないため、ES・面接対策は徹底的に行いましょう。

ES・面接どちらも練習をこなすほど上達するので、まずは素直に努力を続けるのが一番大切ですよ。

ES・面接対策は就活の最終盤まで課題になるポイントです。

常に力を入れて対策するようにしておきましょう。

ESや面接対策については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

企業から内定を貰えるES(エントリーシート)を書きたい就活生もいますよね。
そこで政治学科の就活生には、内定者のESが見放題になる「unistyle(ユニスタイル)」がおすすめです。
「unistyle」は、53,305枚のESや面接質問が無料で見れるため、選考対策を効率よく進められますよ。
選考で不利になりたくない就活生は、ぜひ利用してみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

>> ES見放題の「unistyle」を見てみる

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

政治学科の就職におすすめの資格一覧

就活生くん

政治学科出身者の就職対策についてはわかったのですが、なにか就職を有利にする方法はないんでしょうか?

例えば、政治学科出身者が取っておくと就職に有利になる資格はないんですか?

政治学科の就職におすすめの資格はもちろん存在しています。

そこで、政治学科の就職に有利に働くおすすめ資格を解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ゆき

政治学科の就職におすすめの資格一覧
  • 資格①:司法書士
  • 資格②:社会保険労務士
  • 資格③:宅地建物取引士

上記の3つの資格について解説していきます!

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

資格①:司法書士

政治学科の就職におすすめの資格1つ目は「司法書士」です。

司法書士とは法律の知識に基づいて書類の作成や手続きの代行を行う仕事です。

司法書士になるためには国家試験を受けて合格するひつようがありますが、弁護士に比べて比較的取りやすい資格です。

法律で決められた独占業務もあるので、取っておくと手に職がつく安心の資格ですよ。

よく似たもので行政書士がありますが、行政書士には基本的に独占業務がありません。

なので、行政書士のアップグレード版が司法書士だと思ってください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

資格②:社会保険労務士

政治学科の就職におすすめの資格2つ目は「社会保険労務士」です。

社会保険労務士はその名前の通り、社会保険や労働関係の法律の専門家です。

司法書士と同じように国家試験を受けて合格すれば社労士になれ、独占業務があって需要の高い仕事です。

今は雇用・社会保険・労働問題・公的年金などのほぼ全ての分野で国家資格なので、仕事が尽きることはないですね。

社労士も司法書士などと同じく独占業務を持っています。

独占業務とは特定の資格を持った人にだけ行える業務がある資格で、法律で決まっている場合が多いですね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

資格③:宅地建物取引士

政治学科の就職におすすめの資格3つ目は「宅地建物取引士」です。

宅地建物取引士は通称「宅建」とも呼ばれる資格で、不動産取引の専門家であることを示す資格です。

司法書士・社労士と同じ用に独占業務があるため、常に需要の耐えない仕事です。

昔は簡単に取れると言われていましたが、今は合格率15%前後の難関資格なので本腰を入れて勉強することをお勧めします。

宅建は建築・不動産関係以外にも金融業界などでも求められる資格です。

この記事で紹介した資格はそれぞれ業務独占資格なので、ぜひ取得を目指してみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:政治学科の就職では早くから就活対策をすることが大事

この記事では、政治学科の就職先や政治学科の就職対策について解説しました。

一度にたくさんの情報を見て整理がついていないと思うので、ここで一度この記事で学んだことを振り返ってみましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

この記事で学んだこと

◆ 政治学科の就職は不利?

◆ 【業界別】政治学科出身者の就職先

  • 就職先①:金融・保険業界(企業例:野村證券)
  • 就職先②:情報通信業界(企業例:NTT東日本)
  • 就職先③:国家公務員・地方公務員
  • 就職先④:出版業界(企業例:講談社)
  • 就職先⑤:流通業界(企業例:伊藤忠商事)

◆ 政治学科出身者の就職対策

  • 対策①:自己分析をして行きたい業界を明確にする
  • 対策②:アピールできる実績を作る
  • 対策③:インターンシップに積極的に参加する
  • 対策④:業界・企業研究は入念に行う
  • 対策⑤:ES・面接対策を徹底的に行う

◆ 政治学科の就職におすすめの資格一覧

  • 資格①:司法書士
  • 資格②:社会保険労務士
  • 資格③:宅地建物取引士

政治学科はイメージと異なり就職活動で不利になることはありません。

さまざまな業界に就職できる可能性があるので、その可能性を活用できるように準備に力を入れましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき