>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が伝えたい】就活を嫌だと感じる3つのパターンと対処法/考え方

【内定者が伝えたい】就活を嫌だと感じる3つのパターンと対処法/考え方

こんにちは。「就活の教科書」編集部の堀本です。
就活をしていると、「就活が嫌だ」と感じる瞬間が訪れたことはないですか。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

就活をしていると、やることが多くて大変で、もう嫌になってきた。

就活生ちゃん

就活を頑張っているつもりなのに、うまくいかなくてもうやだ。

就活が嫌だという気持ちはとてもわかります。
嫌だと思っても、就活はやらなくてはいけないのが就活なので、前向きに就活ができる対処法をお伝えします。

「就活の教科書」編集部 堀本

今回の記事では、内定者の僕から「就活が嫌」な就活生へ、就活が嫌だと感じる3つのパターンと、その対処法・考え方をお伝えしします。

この記事を読めば、「就活が嫌」だと思ったときに対処法がわかり、前向きに就活ができるようになります。

ぜひ、最後まで読んでみて下さい。

 

就活がそこまで嫌なのはなぜ?

そもそも就活が嫌だと思うのはなぜでしょうか?
嫌な理由がわかれば、もやもやが無くなり、解決策がわかるので理由を把握することは大切です。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活が嫌だと思う主な理由はこちらの3つです。

 

就活が嫌な理由3つ

就活を始める決心がつかない

就活のなにから始めたらいいかわからない

就活を始めているけど内定が出ない

それでは、上記3つの就活が嫌な理由についてそれぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由①:就活を始める決心がつかない

就活が嫌な理由1つ目は、就活を始める決心がつかないからです。

就活を意識し始めると、嫌な想像ばかりが膨らみ、なかなか腰が重くて始められないですよね。

しかし、先輩の話を聞いてみてください。

ほぼ全員の先輩が「就活をもう少し早く始めればよかった」と言います。

就活でうまくていく人の条件はとてもシンプルで、「早く始めているから」なので、できるだけ早く始めましょう。

先輩と会って話すことからでいいので、まずは就活を始めてみましょう。

また、就活の先輩に話を聞きたいけれどどのように会うことができるか分からないという人は、オススメのマッチングアプリやサイトが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由②:就活のなにから始めたらいいかわからない

就活が嫌な理由2つ目は、なにから始めたらいいかわからないからです。

「面接」「自己分析」「エントリーシート(ES)」「説明会」など、就活はやることが多いです。

しかし、何から始めたらいいのかわからないからと言って、行動に移さなければいつまで経っても就活を始めることができません。

本を読んだり、人と会って話を聞いたり、自分が好きなようにまずは行動してみましょう。

僕も、「就活は始めないといけないけど、何から始めたいいかわからない」という状態でした。
就活のはじめ方がわからない就活生は、就活の始め方について分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由③:就活を始めているけど内定が出ない

就活が嫌な理由3つ目は、就活を頑張っていても、内定が出ないからです。

内定が出ないのは辛いですが、焦らずに落ち着いて、自己分析をもう一度してみましょう。

自己分析ができれば、面接で深堀りされても大丈夫です。

逆によくある最悪のパターンが、自己分析ができていないまま、大量のエントリーシートと説明会地獄に悩まされることです。

そして「自己分析ができずに、面接に進み苦戦」というよくある就活苦戦パターンは避けましょう。

自己分析について分からないという人は、自己分析について実例付きで学べますので、こちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活が嫌な人には、「就活を楽しむ考え方」が必要

就活が嫌だと思っている方に覚えておいてほしいのが、就活は嫌なことばかりではないということです。
就活にはいろいろな楽しいことが待っているので、楽しみましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活を楽しめる考え方は、主にこちらの3つです。

就活を楽しむ考え方3つ
  • 新しい出会いがある
  • 会社についてよく知れる
  • 東京へ無料で行けるかも?
これら3つの就活を楽しむ考え方について、詳しく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

考え方①:新しい出会いがある

就活が嫌だと思わないためにも大切な考え方1つ目は、就活には新しい出会いがあるということです。

就活が嫌だとは思いながらも、いざ集団面接や説明会へ行ってみると、新しい出会いがあって楽しいです。

就活中は、普通出会えないような人と出会うことができます。

他の就活生と連絡先を交換して、就活情報を共有したり、お互いに励まし合うのはとてもいいことです。

就活を終えた今でも、僕は就活中に出会った数人と連絡を取っています。
僕の友達の中では、就活中に彼女ができたという人もいますよ(笑)

とにかく就活での人との出会いを増やしたいけど、どうしたら良いかわからないという人は、オススメの就活イベントが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

考え方②:会社についてよく知れる

就活が嫌だと思わないために大切な考え方2つ目は、会社についてよく知れることです。

就活中のインターンなどでは、機密情報などを教えてもらえる機会も何度かあります。

機密情報でなくても、いろんな会社についての情報をたくさん知れるのは、就活生の特権です。

社会人になってしまうと、企業同士の利害関係がありますから、就活中ほど気軽に会社に入り込むことはできません。

就活中にいろんな企業について知り、社会人になるまでにいろんな業界の知識を頭に入れておきましょう。

いろんな業界についての知識は、社会人になってから勉強しようと思うと大変です。
就活中に勉強しておくと、社会人になってから役立つこと間違いなしなので、嫌だと思うのはやめましょう。

企業研究の仕方が分からないという人は、企業研究の方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

考え方③:東京へ無料で行けるかも?

就活が嫌だと思わないために大切な考え方3つ目は、東京へ無料で行けるかもしれないことです。

最終選考ぐらいまで進んでいくと、本社が東京にある会社から交通費が支給されて無料でいけます。

往復約3万円ほどかかるのが無料になるので、とても嬉しい話ですよね。

就活生ちゃん

「面接までどんなおしゃれなカフェに行こう」「東京の友達に会いに行こう」

面接までずっと緊張していても、気持ち的に疲れてしまうので、これぐらいの気持ち選考を受けに行きましょう。

東京へ行くときは就活が嫌だなんて思わず、楽しみに行ってください。

東京に行きたいけど、東京で働くことについてあまり分からないという人は、東京に上京するメリット・デメリットが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

嫌だと感じる就活は、結局は自分自身のため

就活が嫌な人は、「なぜこんなにもしんどい思いをしないといけないのか」なんて深く考えこんでしまうのではないでしょうか。

それは簡単で、就活をするのは将来の自分のためです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活をする時期は人にもよると思いますが、だいだい選考の期間で言うと3ヵ月~9ヵ月ほどだと思います。

人生100年時代とも言われている今、60~70年は働くことが予想されています

1年にも満たない就活でうまくいかなければ、一生後悔することになってしまいます。

そうならないためにも、自分のために今頑張りましょう。

 

就活が嫌だとしても、絶対に一人で悩まないでください

最後に、内定者の僕から、就活中の皆さんにお伝えしたいことがあります。

就活は一人で悩んでも解決するものではありません。迷えばすぐに誰かに相談してください。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活でよく悩む人にありがちなのが、一人で悩みこんでしまうことです。

気持ちが落ち込んだときは、家族、友人、先生、誰でも相談してください。

でも業界研究など専門知識が必要な場合は、誰に聞こうか迷ってしまうと思います。

 

「就活がどうしてもつらい」という人は、就活経験者が自身の経験を踏まえて語りかけてくれますので、こちらの記事を見てみてください。

 

「就活が嫌だ」以外の、よくある悩み

「就活が嫌だ」以外のよくある悩みは、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

 

まとめ:就活は嫌な気持ちはとってもわかります

このページでは、就活を終えた内定者の僕から「就活が嫌」な就活生へ、就活が嫌だと感じる3つのパターンと、その対処法・考え方をお伝えしました。

「就活が嫌だ」「就活なんてしたくない!」と言う気持ちはとってもわかります。

ただみなさんが思っているよりも、就活を真剣に考えるつつ、楽しみながら取り組む必要があります。

この記事を読んで少しでも気持ちが楽になり、納得のいく就活をしてもらえると僕はとても嬉しいです。

就活の教科書では、就活の悩みに関する記事をたくさん投稿しています。
ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本