>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】「広告業界」志望動機の書き方3ステップ | 即落ちる志望動機も

この記事を読めばわかること
  • 広告業界の志望動機を上手に伝える例文3選
  • 広告業界の志望動機は、解決したい課題から出発しよう!
  • 広告業界の志望動機は、企業への憧れから考えてはダメ!

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の古田です。

この記事では、広告業界の志望動機を上手に伝えたいけどどうしたらいいかわからないという就活生の悩みを解決します。

就活生の皆さんは、広告業界の志望動機をどう伝えたらいいか悩んだ経験はありませんか。

「就活の教科書」編集部 古田

就活生ちゃん

私は、志望している広告会社のエントリーシートで志望動機がうまく書けずに悩んだことがあります。

どんなことを書けば、広告業界の志望動機を魅力的に伝えられるでしょうか・・・。

就活生くん

僕は好きなテレビCMがあるので、広告業界を志望しています。

でも、志望動機で好きな広告の話をしてもいいものなのでしょうか・・・。

やはり広告業界を志望する就活生の皆さんは、志望動機の書き方で悩んだことがありますよね。

実は、広告業界は多くの就活生がエントリーする業界なので、特に魅力的に志望動機を伝えるためには押さえておくべきことがたくさんあります。

「就活の教科書」編集部 古田

 

そこでこの記事では、広告業界の志望動機を上手に伝える例文を紹介しています。

合わせて、広告業界の志望動機に入れるべき要素や、広告業界の志望動機を上手に伝える3ステップも解説しています。

この記事を読めば「広告業界の志望動機をどう伝えたらいいかわからない・・・。」という悩みを解決できます。

広告業界で使える志望動機を完成させて就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

 

【好印象】「広告業界」志望動機の例文3選

就活生ちゃん

広告会社に提出するエントリーシートの、志望動機が書けず困っています。

広告業界の志望動機を上手に伝えるために、実際の例文を見て参考にしたいです。

それでは、広告業界の志望動機を上手に伝えている3つの例文を紹介していきます。

自分の志望動機に近い例文や参考になる例文がないか、確かめてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田

広告業界の志望動機例文3選
  • 例文①:大手広告代理店の志望動機
  • 例文②:web広告代理店の志望動機
  • 例文③:ハウスエージェンシーの志望動機

それでは、広告業界の志望動機を上手にアピールしている例文を以下で1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文①:大手広告代理店の志望動機

私は広告を通じて、社会課題に配慮した商品と顧客を結びつける仕事がしたい

現在の商品広告の課題として、商品の質がどの企業のものも高くなり、質をアピールする広告の訴求力が弱まっていることがあると考えている。

こうした状況のなかで、今後顧客は社会課題により配慮している商品を手に取るようになると思う。

私は貴社に入社して、社会課題への配慮度の高さを、よりアピールできる商品広告に携わりたい。

私は大学時代、所属するサークルで、動物倫理に配慮して動物実験をしない商品などを作っている企業の社員を集めたイベントを開催した。

課題について真剣に考え、イベントを開催する意義を熱心に伝えたことで、声をおかけした3つの企業全てにお越しいただくことができた。

この経験で発揮した課題に誠実に向き合う姿勢を活かして、貴社においてはクライアントが関心を寄せる課題に真剣に向き合い、社会課題への配慮をPRする商品広告を実現していきたい。

貴社ではクライアントが向き合う課題に責任あるパートナーとして向き合う「パートナー主義」を掲げている。

社会課題に真剣に向き合って語ることができる私の姿勢と、貴社の「パートナー主義」の哲学の相乗効果で、社会課題に配慮した商品と顧客を結びつける仕事を実現できると考えている。

結論の部分が最初に述べられていて、明瞭な志望動機になっています。

過去の経験で発揮した「課題に誠実に向き合う姿勢」を生かすことができると述べていて、志望動機で述べた仕事の実現性も高く見えますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文②:web広告代理店の志望動機

私は広告を通じて、人々がより適切なタイミングで商品の情報をキャッチできる環境作りに関わっていきたい。

現在web広告には、どちらかといえば広告が見たくないものとして認識されているという課題が存在すると思う。

一方今後、あらゆるものがインターネットデバイスになるIoTの時代になるに従って人々がweb広告に触れる瞬間も増えると考えられる。

私は貴社で、人々が身の回りに溢れたインターネットデバイスを通じて、欲しい時に欲しい商品の情報に触れられるシステムを実現していきたい。

私は大学の寮に住んでいた頃に、寮内でアプリを利用したシェアカーシステムを実現したことがある。

寮に住む人たちを観察し、ニーズをうまく拾い上げたことでこのシステムを実現することができたと考えている。

この経験で発揮した人のニーズを把握して解決する能力を活かして、貴社では人々が広告を求めるタイミングを狙ったweb広告システム実現に携わっていきたい。

貴社では、web広告業界内で最もビッグデータ活用を推進していると認識している。

私の実情的なニーズを把握する能力と、数値的なニーズを可視化するビッグデータ活用の相乗効果によって、より適切なタイミングで商品の情報をキャッチできるシステムを実現できると考える。

この志望動機でも、結論をしっかり先頭に置いていることで志望動機が明瞭になっています。

自身の「実情的なニーズを把握する能力」「ビッグデータ活用」の相乗効果で、入社してからも活躍する姿を思い描くことができますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文③:ハウスエージェンシーの志望動機

私は広告を通じて、地方に住みたい人たちの支援をしたいと考えている。

今日まで、東京への一極集中が進行し、交通渋滞など様々な問題を引き起こしてきている。

一方昨今のコロナ禍を受けて前面リモートワーク化に舵を切る企業も出てきており、地方に住みたいという需要は一定数出てきているのではないだろうか。

私は貴社で、地方自治体と連携し、地方に住みたい人たちの背中を押すことができるような広告の制作に関わっていきたい。

私は大学のサークルで、地方自治体と連携して地方創生事業の手伝いをさせていただいていた。

その自治体に自ら深く関わることで、その地方ならではの「住む場所としての良さ」を発掘し、イベントやフリーペーパー制作を通して宣伝活動を行った。

この活動で培った、自ら深く関わって自治体の良さを見つける姿勢を活かして、貴社では地方に住む人を増やすための広告企画・制作に携わりたい。

特に貴社のグループでは電車やバスなどの交通機関やデパート事業も持っており、自治体との関わりが強い。

私の大学で培った「自ら深く関わって自治体の良さを見つける姿勢」と貴社の自治体との関わりの深さの相乗効果で、地方に住みたい人たちを応援できる広告を実現していきたい。

この志望動機では広告を通じて社会課題を解決したいということが1文目に述べられており、やはり明瞭な志望動機になっています。

述べられている大学時代の経験のおかげで、課題への意識の強さややりたい仕事の実現性の高さが伝わりやすいですね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

広告業界の志望動機に入れるべき3つの要素

就活生くん

同じ広告業界でも色々な種類の広告会社の例文があり、参考になりました。

ところで、広告業界の志望動機に必ず入れるべき要素等はあるのでしょうか・・・。

広告業界の志望動機に入れるべき要素は時に以下の3つがあります。

あなたの志望理由などを当てはめて、魅力的な志望動機を作ってみましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

広告業界の志望動機に入れるべき3つの要素
  • 要素①:なぜ広告業界を志望するのか
  • 要素②:なぜその企業を志望するのか
  • 要素③:入社してどんな仕事をしたいのか

それでは、広告業界の志望動機に入れるべき要素について以下で1つずつ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

要素①:なぜ広告業界を志望するのか

広告業界の志望動機に入れるべき要素の1つ目は「なぜ広告業界を志望するのか」です。

広告業界は人気の業界ですが、キラキラした雰囲気に憧れて志望する学生も多くいます。

そのため、本当に広告業界で働きたいと思っている志望度の高い就活生が求められています。

「広告を通じて、社会課題に配慮した商品と顧客を結びつける仕事がしたい」など、一言で志望動機を言い表せるようにしましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

 

要素②:なぜその企業を志望するのか

広告業界の志望動機に入れるべき要素の2つ目は「なぜその企業を志望するのか」です。

広告業界に分類される企業は多くあり、採用担当者は他の広告会社と比べて内定辞退をされることを恐れています。

そのため、広告業界では特にその企業を志望した理由も説得力のあるものでなくてはいけません。

「私の実情的なニーズを把握する能力と、ビッグデータ活用の相乗効果によって、より適切なタイミングで広告をキャッチできるシステムを実現できる」など、その企業でなければいけない理由を伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

要素③:入社してどんな仕事をしたいのか

広告業界の志望動機に入れるべき要素の3つ目は「入社してどんな仕事をしたいのか」です。

広告業界では様々な職種があり、職種によって実現できる仕事は色々あります。

自分が実現したい仕事がどの職種に分類されるのか、エントリーシートの項目で尋ねられることも多いので、理解しておくようにしましょう。

広告業界の職種の例は以下のようなものがあります。

「就活の教科書」編集部 古田

  • プロデューサー

広告制作の全体を取り仕切る最高責任者で、クライアントとのやりとりや全体の進行確認、制作チームの編成決定などを行う。

  • ディレクター

広告制作の現場責任者で、プロデューサーよりも現場に近いところで働くことができる。

  • コピーライター

広告現場の中で、特に広告コピー(文章)を作成するので、文章におけるクリエイティビティも求められる。

  • データアナリスト

web広告代理店に特有の職種で、web広告において重要な顧客のニーズデータなどを分析して広告制作に貢献できる。

他にも、企業によって細かい職種の分類が存在する場合もあります。

自分のやりたい仕事がどの職種に当てはまるのか、しっかり把握しておくようにしましょうね!

「就活の教科書」編集部 古田

 

広告業界の志望動機を上手に伝える3ステップ

就活生ちゃん

広告業界の志望動機では、企業や職種についての理解が深いことも求められているんですね。

入れるべき要素は分かりましたが、まだ広告業界の志望動機を上手に伝えられる自信がありません・・・。

必ず入れるべき要素のほかに、広告業界の志望動機を上手に伝えるためには押さえておくべき3ステップが存在します。

以下で説明する3ステップに従って志望動機を伝えるようにすれば、エントリーシートや面接で広告業界の志望動機を上手に伝えられますよ!

「就活の教科書」編集部 古田

広告業界の志望動機を上手に伝える3ステップ
  • ステップ①:入社してから解決したい課題から考える
  • ステップ②:その企業で課題を解決できることを伝える
  • ステップ③:過去の経験から自分が課題を解決できることを伝える

それでは、以下で広告業界の志望動機を上手に伝える3ステップについて1ステップずつ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

ステップ①:入社してから解決したい課題から考える

広告業界の志望動機を上手に伝える1ステップ目は「入社してから解決したい課題から考える」ことです。

広告業界は多くの就活生が志望する業界のため、採用担当者は数多くの就活生の中から入社しても活躍してくれそうな学生を選ぶ必要があります。

そのため、広告業界の志望動機では、入社して解決したい広告業界の課題や社会の課題をまず伝える必要があるのです。

広告業界の志望動機に必須な要素の1つである「広告業界を志望する理由」がこれにあたり「広告で社会課題に配慮した商品と顧客を結びつけたい」など明確に伝えましょう。

「広告が好きだから」などではなく、しっかり課題を見つけてそれを解決したいという姿勢を見せるようにしましょうね!

「就活の教科書」編集部 古田

 

ステップ②:その企業で課題を解決できることを伝える

広告業界の志望動機を上手に伝える2ステップ目は「その企業で課題を解決できることを伝える」ことです。

先にお伝えしたように、広告業界の志望動機では、多くの競合他社ではなくその企業を志望した理由を伝える必要があります。

具体的には、その企業の強みを生かすことで、自分が見つけた課題を解決することができるということを伝えるとよいのです。

その企業に入社すれば、企業の強みを利用して成果を上げてくれそうだと思わせることが重要ですよ!

「就活の教科書」編集部 古田

 

ステップ③:過去の経験から自分が課題を解決できることを伝える

広告業界の志望動機を上手に伝える3ステップ目は「過去の経験から自分が課題を解決できることを伝える」ことです。

ステップ②まででその企業で課題が解決できることを伝えたことで、採用担当者は「この子は本当に課題を解決してくれるのかな」と気になっています。

そこで、過去の経験から自分の潜在的な能力をアピールすることで、課題解決の実現性の高さを伝える必要があるのです。

ここまで伝えることで、面接官は「企業の強み」と「あなたの強み」の相乗効果で課題を解決してくれるだろうと思うことができます。

企業にマッチした自分の強みを探すには、自己分析ツールで簡単に自分の強みを把握が把握できます。

僕のおすすめは「適性診断AnalyzeU+」なので、以下の記事を参考にしてサクッと自己分析をしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

広告業界の志望動機を伝える時にやってはいけない3つのこと

就活生くん

広告業界の志望動機では、課題解決の実現可能性が高いと思わせることが大事なんですね!

最後に、広告業界の志望動機を伝える時にやってはいけないことなどがあれば教えて欲しいです。

広告業界の志望動機を伝える時にやってはいけないことはいくつかあります。

以下の3点に気をつけて、志望動機を作るようにしましょうね!

「就活の教科書」編集部 古田

広告業界の志望動機を伝える時にやってはいけない3つのこと
  • NG①:企業への憧れから考え始めてしまう
  • NG②:広告会社ならどこでも解決できる課題を話してしまう
  • NG③:課題を解決できる根拠を「クリエイティブさ」だけにしてしまう

それでは、以下で広告業界の志望動機を伝える時にやってはいけないことについて1つずつ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

NG①:企業への憧れから考え始めてしまう

広告業界の志望動機を伝える時にやってはいけないことの1つ目は、企業への憧れから考え始めてしまうことです。

企業が求めているのはその企業に憧れているファンではなく、その企業のリソースを利用して成果を上げてくれる人材であるからです。

広告業界は特にキラキラしたイメージやクリエイティブでかっこいいイメージを持たれがちです。

他の「ただのファン」になってしまっている就活生と同じだと思われてしまわないように、企業への憧れから志望動機を考えるのはやめましょう。

企業への憧れではなく、企業のリソースを利用して解決したい課題があることをアピールするようにしましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

NG②:広告会社ならどこでも解決できる課題を話してしまう

広告業界の志望動機を伝える時にやってはいけないことの2つ目は、広告会社ならどこでも解決できる課題を話してしまうことです。

広告業界の志望動機を作る上で難しいのが、その企業ならではの志望動機を作ることです。

例えば「クライアントの希望をしっかりと汲み取って、効果を出せる広告を作りたい」という志望動機ではどの広告企業でも実現できてしまうでしょう。

その企業ならではの強みを活かしてこそ、実現できるような課題を提示した志望動機を作るようにしましょうね。

企業研究で企業ごとの強みを把握して、その企業ならではの志望動機を作れるように心がけましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

 

NG③:課題を解決できる根拠を「クリエイティブさ」だけにしてしまう

広告業界の志望動機を伝える時にやってはいけないことの3つ目は、課題を解決できる根拠を「クリエイティブさ」だけにしてしまうことです。

例え大学生レベルではクリエイティブさで飛び抜けていても「広告会社の現場に比べればレベルが低いな」と思われてしまうためです。

それに、実務能力は入社してからでも伸ばせるため、新卒採用ではポテンシャルや人柄が重視される傾向にあります。

必ずしもクリエイティブさなどの実務能力をアピールしてはいけないわけではありませんが、必ず人柄や仕事への姿勢などを合わせてアピールするようにしましょう。

実務能力だけをアピールしてしまうと、現場の社員に比べた場合に見劣りしてうまく評価されないかもしれませんね!

「就活の教科書」編集部 古田

 

また、志望動機が上手く書けない就活生は、なぜ書けないか原因を知ることで悩みが解決する場合が多いです。

以下の記事では、志望動機が書けないときの具体的な対処法について詳しく解説しているので、参考にしてくださいね。

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機を考えるのが面倒なら、逆求人サイトで企業から直接オファーをもらおう

就活生くん

企業によって毎回内容を変えて志望動機を作るのって正直、面倒です。

企業ごとの志望動機って毎回考え直すのって大変なんだよなー・・・

確かに、志望動機を毎回考え直すのって大変ですよね。

志望動機を考えずに選考を受けるなら、 企業から選考オファーを受け取れる逆求人サイトがおすすめです。

自己PRガクチカを書いておくだけで、企業から選考オファーが来ますので、エントリーで志望動機を書く必要はありません。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

志望動機を書かずとも選考オファーを受けとれるので、どの逆求人サイトを使うか迷っている就活生の方は、まずはOfferBoxを使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

志望動機を企業ごとに考えるのが大変だと感じる就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

まとめ:広告業界の志望動機を伝えるときは、課題を提示しそれを解決したいことを伝えよう!

この記事の「【例文あり】「広告業界」志望動機の書き方3ステップ | 即落ちる志望動機も」はいかがだったでしょうか。

このページでは「就活の教科書」編集部の古田が、広告業界の志望動機を上手に伝える例文について解説しました。

合わせて、広告業界の志望動機に入れるべき要素や、広告業界の志望動機を上手に伝える3ステップも紹介しました。

 

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 古田

今回の記事で学んだこと

◆ 広告業界の志望動機を上手に伝える例文3選

  • 例文①:大手広告代理店の志望動機
  • 例文②:web広告代理店の志望動機
  • 例文③:ハウスエージェンシーの志望動機

 

◆ 広告業界の志望動機に入れるべき3つの要素

  • 要素①:なぜ広告業界を志望するのか
  • 要素②:なぜその企業を志望するのか
  • 要素③:入社してどんな仕事をしたいのか

 

◆ 広告業界の志望動機を上手に伝える3ステップ

  • ステップ①:入社してから解決したい課題から考える
  • ステップ②:その企業で課題を解決できることを伝える
  • ステップ③:過去の経験から自分が課題を解決できることを伝える

 

◆ 広告業界の志望動機を伝える時にやってはいけない3つのこと

  • NG①:企業への憧れから考え始めてしまう
  • NG②:広告会社ならどこでも解決できる課題を話してしまう
  • NG③:課題を解決できる根拠を「クリエイティブさ」だけにしてしまう

 

◆まとめ:広告業界の志望動機を伝えるときは、課題を提示しそれを解決したいことを伝えよう!

 

広告業界の志望動機では、企業や職種への理解の深さも求められていました。

また広告業界の志望動機を伝える時には、解決したい課題があり、その企業で解決できる可能性が高いと思わせる必要があります。

課題を解決できる根拠を「クリエイティブさ」だけにしてしまうと広告の現場社員と比ベて見劣りしてしまうため、人柄やポテンシャルも合わせてアピールするようにしましょうね。

あなたが魅力的な志望動機を作って、広告業界で納得のいく内定を獲得することを心から祈っています。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田