【何がある?】美容系の仕事一覧 | 資格なしの仕事,向いている人の特徴も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 美容関係の仕事一覧
  • 美容系の人気の仕事ランキング一覧
  • 【高年収も目指せる!】美容関係の人気職業ランキング
  • 資格なしでもできる美容系の仕事一覧
  • 美容系に向いている人の特徴
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

こんにちは!「就活の教科書」編集部の橋本です。

この記事では、「美容関係の仕事一覧」について詳しく解説します。

この記事を読んでいる方は、「美容関係の仕事ってどんなものがあるの?」「美容関係で高年収を目指せる仕事はあるの?」などの疑問を持っているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 はっしー

就活生ちゃん

私は子どもの頃から、美容業界に興味があるのですが、美容の仕事って何があるのか分からないです。

就活生くん

僕も美容系の仕事に就職したいのですが、美容系のことについて学んだことがありません。

資格なしでもできる美容系の職種はあるのでしょうか?

美容が好きで美容業界に興味があるけれど、実際にどんな仕事があるのか分からない人は多いと思います。

「就活の教科書」編集部 はっしー

そこでこの記事では、「美容系の仕事一覧」について主に解説していきます。

あわせて、美容系の人気な仕事ランキング10選、高年収が狙える美容系の仕事、資格なしでもできる美容系の仕事について解説していきます。

最後に、美容系の仕事に関するよくある質問について解説していきます。

この記事を読めば、「美容関係の仕事にどんな仕事があるのかわからない・・・」といった疑問が解決できます。

「将来美容関係の仕事に就きたい」「美容系にどんな仕事があるのか知りたい」そんな人はぜひ読んでみてください。

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

 

【何がある?】美容系の仕事一覧

就活生ちゃん

私は、美容系の仕事に興味を持っているのですが、美容系の仕事には、どのような仕事があるのかよくわかりません・・・。

美容系でおすすめの仕事を教えてください!

美容系の仕事は、いろいろな方々と出会えたり、お客さんに直接感謝をされるのでやりがいを感じますよね。

以下で、美容系でおすすめの仕事を紹介していきます!

美容系の仕事一覧は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 はっしー

美容に関わる仕事一覧

ネイリスト / 美容師 / ヘアーデザイナー / 美容インストラクター / 理容師 / メイクアップアーティスト / リフレクソロジー / 美容部員 / エステティシャン / 調香師 / パヒューマー / フレーバリストタラソテラピスト / アロマセラピスト / アイリスト / ヘアメイクアーティスト / ビューティーアドバイザー(BA)

ここに挙げられていないものでも、美容に関わる仕事はたくさんありますよね!

それでは美容系の仕事について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

美容系の人気な仕事ランキング一覧

就活生ちゃん

私は、美容系の仕事で、人気の職業が知りたいです。

なので、美容系の仕事、人気おすすめランキングを教えてください

では、以下で美容系の人気な仕事ランキングを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 はっしー

美容系の人気な仕事ランキングTOP10
  • 人気第1位:ネイリスト
  • 人気第2位:エステティシャン
  • 人気第3位:理容師
  • 人気第4位:美容師
  • 人気第5位:ヘアメイクアーティスト
  • 人気第6位:美容部員
  • 人気第7位:アイリスト
  • 人気第8位:アロマセラピスト
  • 人気第9位:リフレクソロジー
  • 人気第10位:調香師

ではこれから、それぞれの職業・仕事について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

仕事①:ネイリスト(平均年収:320万円)

美容系の人気な仕事ランキング1位は、ネイリストです。

ネイリストの主な業務内容は仕事内容は、お客様の爪に対してお手入れをしたりデザインを施したりして、美しく見せることです。

長時間繊細な仕事を行うので、細かな作業が得意な人や集中力の高い人におすすめの仕事です。

会話の中でお客さんの求めているデザインやテイストを聞き出し、提案するので自分のアイデアが形になりやすいことは、やりがいのひとつです。

ネイリストになる際には必須の国家資格はないので比較的目指しやすい仕事です。

 

近年ではエステサロンや美容院でもネイルメニューを扱うお店が増えてきたので活躍の場が多い仕事です!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

仕事②:エステシャン(平均年収:340万円)

美容系の人気な仕事ランキング2位は、エステティシャンです。

エステティシャンはフェイシャル、ボディケア、脱毛などの施術を通して、お客様がキレイになるお手伝いをする仕事です。

施術前のカウンセリングや施術以外にも、化粧品やプランの営業など業務内容は多岐に渡ります。

施術を通してお客様の美をトータルでサポートできるので、やりがいのある仕事です。

人の話を聞くことが好きな人や、美容に関して、幅広い知識がある人には向いている仕事です。

近年では男性の需要も急増しているので、非常に将来性のある仕事です!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

仕事③:美容師(平均年収:310万円)

美容系の人気な仕事ランキング3位は、美容師です。

美容師はシャンプー、カット、カラー、パーマ、縮毛矯正などの髪のケアを通じてお客様の外見を美しくする仕事です。

アシスタント後、指名の多いトップスタイリストやオーナー美容師、ヘアデザイナーになれば年収1,000万円も夢ではありません。

施術の種類が多いことや、専門的な知識や技術を要しますが、その分転職しやすいのが特徴です。

美容師になるためには国家試験に受からなければならないため、美容学校か通信制美容学校を卒業する必要があります。

美容師になるために一定の時間を要するので、なるべく早い段階で美容師を目指す方がいいでしょう。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

仕事④:理容師(平均年収:370万円)

美容系の人気な仕事ランキング4位は、理容師です。

理容師とは、髪のカッティングや顔そり(シャーピング)で、お客様の容姿を整える仕事です。

理容師と似た職種に「美容師」がありますが、業務内容と必須の資格が違います。

例えば、理容師はまつ毛エクステなどの施術が行えない反面、剃刀を使った施術は行えます。

加えて、必須資格は「理容師免許」であるため、「美容師免許」を持っているだけでは理容師になることはできません。

シャービングなどお客さんの髪や肌に直接触れる繊細な仕事が多いので、手先の器用な人には向いている仕事と言えます。

理容師になるためには「理容師免許」という国家資格の取得が必須で、受験資格内容も「美容師免許」とは異なるので、興味なる方は詳しく調べてみることをおすすめします!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

仕事⑤:ヘアメイクアーティスト(平均年収:320万円)

美容系の人気な仕事ランキング5位は、ヘアメイクアーティストです。

ヘアメイクアーティストは、ヘアメイク事務所に所属し、俳優や女優、モデルにメイクやヘアメイクを行う仕事です。

業務内容はメイクとヘアメイク両方を行うことや、個性、TPOに合わせたヘアメイクを行う必要があるため高度な知識と技術が求められます。

事務所に所属する場合は、「美容師免許」が必須になるケースが近年では多くなってきたので、目指される人は資格取得から始めるのをおすすめします。

ヘアメイクは、流行によって求められるもの変化するので、流行に敏感な人や表現することが好きな人には向いている職業です。

就業先は事務所に所属するのが一般的ですが、実力次第では独立もできる仕事ですので、フリーランスで仕事をしたいと思っている人にはおすすめの美容系の仕事です。

自分がヘアメイクした人が映画やショーに出ていたら、やりがいを感じそうですよね!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

仕事⑥:美容部員(平均年収:350万円)

美容系の人気な仕事ランキング6位は、美容部員です。

美容部員とは百貨店やドラッグストアで、お客様のメイクやスキンケアについての悩みを解決するための商品を提案するお仕事です。

コスメやメイクに関しての知識を使い、お客さんが似合う商品を提案するので、コスメやメイクが好きな人には向いている仕事です。

メーカーによっては、インセンティブや賞与があるケースが多いので、年収も比較的高く、化粧品メーカーの「顔」になれるという点で人気の職業です。

美容部員になるために必須資格はありませんが、メーカーに就職する必要があるので、人気の大手メーカーに入るのは難易度が高いと言えます。

メイクに関しての知識は要しますが、美容部員になるための必須資格はないのも人気の理由ですね!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

仕事⑦:アイリスト(平均年収:320万円)

美容系の人気な仕事ランキング7位は、アイリストです。

アイリストはまつ毛に関する施術をする仕事で、美容師免許が必須になります。

給与、年収は同じ美容師免許が必要な美容師よりも、やや高額になるケースが多いです。

アイリストの仕事内容はまつ毛エクステンションやまつ毛パーマがあり、どちらも細かな作業を要するのが特徴で、手先の器用な人には向いている仕事です。

近年アイリスとの需要は急増しているので、美容師免許をもっている方にはおすすめの仕事です。

美容師免許を活かすことができるのはとても良いですね!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

仕事⑧:アロマセラピスト(平均年収:380万円)

美容系の人気な仕事ランキング8位は、アロマセラピストです。

アロマセラピストは香りによるリラクゼーション効果でお客様の心と身体を癒すお仕事です。

癒やしてあげることが好きな人や、香りに敏感な人には向いている仕事です。

アロマセラピストとして働くうえでの必須資格はありませんが、関連資格を取得すると給与に反映されるのと、責任者になると大幅に昇給するサロンが多いことから美容系では稼げる仕事だと言えるでしょう。

癒しを届けるアロマセラピストは近年のストレス社会において需要が高まっている仕事です。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

仕事⑨:リフレクソロジー(平均年収:330万円)

美容系の人気な仕事ランキング9位は、リフレクソロジーです。

リフレクソロジーは足の裏や手の平などを施術しお客様に疲労改善やリラクゼーションを提供する仕事です。

マッサージが好きな人や体の内側から美容に携わりたい人にはおすすめの仕事です。

歩合制のサロンも比較的多いので、集客力を身に着ければ年収も上がります。

リフレクソロジーになるためには、サロンに入る必要があります。

最近ではリフレクソロジー専門のサロンも増えてきているので、目指す際は求人情報を参考にしてみるのもおすすめです。

リフレクソロジーになるための国家資格はありませんが、リフレクソロジー協会が主催する民間の試験があります。

この民間の試験に合格するころで就業効率が上がると言われているので目指す際は、是非取得してみましょう!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

仕事⑩:調香師(平均年収:430万円)

美容系の人気な仕事ランキング10位は、調香師です。

調香師は香料を組み合して新しい「香り」を作り出す、香りのスペシャリストです。

調香師を大きく分けると食品の香料を作る「フレーバーリスト」と、食品以外の香りを作る「パフューマー」に分類されます。

そのどちらも、消費者の多様なニーズに応えるべく、流行を読む力と、職人的感性が要求されます。

調香師として働くうえで必須の資格はありませんが、化学や薬学系の大学、調香を扱う専門学校を卒業後、食品会社や化粧品会社に就職するのが一般的な調香師になるためのルートです。

最近では商品だけでなく、生活空間の香りの演出など新しい需要も増え、今後さらに広がりつつある仕事ですね!

調香師は比較的高年収ですが、未だ求人は多くないので今後の需要拡大に期待ですね!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

【高収入も可能!】美容系の仕事一覧

就活生ちゃん

私は、美容系の仕事の中でも高収入な仕事に就きたいと思っています。

色々な仕事がありすぎて、どんな仕事が高収入なのかいまいちまだわかりません・・・。

美容系で高収入な仕事を教えてください!

せっかく働くなら高年収な仕事がいいですよね。

美容系で高収入な仕事はいくつか存在しているので、紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 はっしー

高年収な美容系の仕事ランキング
順位 職業 選定理由
1 エステティシャン 売り上げや成果に応じてインセンティブがつくサロンが多い
2 ネイリスト 昇給が早い傾向にある
3 美容部員 大手メーカーになると大きな賞与があるケースも
4 アロマピスト 関連資格の取得で大幅に昇給する可能性がある
5 調香師 専門性が高く高年収が狙える
6 美容師 独立開業のチャンスが比較的高い

就活生くん

美容系の仕事でもインセンティブや売り上げによって、高年収の仕事もたくさんあるんですね!

昇給やインセンティブは年収に直結してくるので、興味のある仕事に関しては一度調べてみるのも良いですね!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【資格なし】美容系の仕事一覧

就活生ちゃん

私は、資格を持っていません・・・

ですが、美容に関わる仕事をしたいです!

橋本さん、美容に関われる、資格が必要でない仕事を教えてください!

わかりました!

それでは、美容に関わる資格なしの仕事について紹介します。

「就活の教科書」編集部 はっしー

美容系で資格なしの仕事一覧
  • 資格なしの仕事①:ネイリスト
  • 資格なしの仕事②:エステティシャン
  • 資格なしの仕事③:美容部員
  • 資格なしの仕事④:リフレクソロジー
  • 資格なしの仕事⑤:調香師
  • 資格なしの仕事⑥:アロマセラピスト

参考:美容系で稼げる仕事とは?高収入を目指すには?

就活生ちゃん

資格が無くても働ける仕事ってこんなにあるんですね!

てっきり資格が無いと働けない仕事ばかりだと思っていました。

美容系の仕事にも資格なしでも働ける仕事は案外あります。

ただ、資格の有無が年収や昇給に関わってくるケースもあるので、働く前には確認が必要ですね!

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

美容系の仕事に向いている人の特徴

就活生くん

資格が無くても働くことができるのは分かりました。

ただ、自分が美容系の仕事に向いているのか自身が無くて・・・

橋本さん、美容系の仕事に向いている人って、どんな人なのか教えてください!

わかりました!

それでは、美容系の仕事に向いている人の特徴について紹介します。

美容系の仕事に向いている人の特徴は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 はっしー

美容系の仕事に向いている人の特徴3つ
  • 特徴①:美意識が高い人
  • 特徴②:美容のトレンドに敏感な人
  • 特徴③:ポジティブに考えられる人

それでは美容系の仕事に向いている人の特徴についてそれぞれ詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

特徴①:美意識が高い人

美容系の仕事に向いている人の特徴1つ目は、「美意識が高い人」です。

美容系の仕事はお客様に「美」を提供するので、美意識が高いことは必須です。

例えば外見だけでなく、店頭に出ているメイク道具(テスター)をキレイな状態に保ったり、こまめにお掃除したりすることも大切です。

こういったことも楽しめる美意識の高い人は、美容業界では歓迎されるでしょう。

外見だけでなく「美」に対してのこだわりが重要なんですね。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

特徴②:美容のトレンドに敏感な人

美容系の仕事に向いている人の特徴2つ目は、「美容トレンドに敏感な人」です。

美容系の仕事は次々と新製品やプランが登場するので、業界のトレンドは時代ともにめまぐるしく移り変わっています。

最新の施術からコスメなど、もともと美容の流行に敏感な人は強みになります。

また、美容感度の高いお客様は流行もいち早くキャッチしているため、売り場で会話が弾むきっかけにも繋がります。

やっぱり最新の情報を知っているほうがお客さんも安心ですよね。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

特徴③:ポジティブに考えられる人

美容系の仕事に向いている人の特徴3つ目は、「ポジティブに考えられる人」です。

お客様の悩みを引き出し、それを解決することが美容系の仕事には求められます。

お客様のお悩みを解決するためには、自分がポジティブで前向きな発想や提案をすることが大切です。

普段から、どうしたらお客様に喜んでいただけるか?といった発想ができる人は向いていると言えます。

ネガティブな人は、日常生活からポジティブになる練習をしてみるのも良いですね。

「就活の教科書」編集部 はっしー

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

美容系の仕事に関するよくある質問

最後に、美容に関わる仕事についてのよくある質問にお答えします。

美容に関わる仕事でよくある質問は以下の2つです。

「就活の教科書」編集部 はっしー

美容に関わる仕事についてのよくある質問
  • 質問①:美容系の仕事はきついの?
  • 質問②:美容系の仕事の平均年収は?

 

質問①:美容系の仕事はきついの?

美容に関わる仕事についてのよくある質問の1つ目は、「美容系の仕事はきついの?」です。

結論から言うと、美容系の仕事はきつい部分もあります。

立ち仕事の場合が多く、常に外見に気を付けないといけないので体力的にも精神的にもきついと思う可能性があります。

ただ、お客様が美しくなるお手伝いができ、自分磨きにも繋がるので、それ以上にやりがいのある仕事です。

 

質問②:美容系の仕事の平均年収は?

美容に関わる仕事についてのよくある質問の2つ目は、「美容系の仕事の平均年収は?」です。

美容にかかわる仕事の年収・給料は職業によって変わります。

ですが、資格が必要なものだと、大体380万円資格が必要ないものだと、大体340万円ほどです。

日本の平均年収は、461万円といわれているので、日本の平均年収よりも低いことがわかります。

ただ美容系の仕事は独立しやすい職種も多いので、一概に年収が低いとは言い切れないのが業界の特徴です。

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:美容系の仕事がしたい人はランキングを参考しよう

本記事「   」はいかがだったでしょうか?

皆さんの悩みを少しでも解決できたなら嬉しい限りです!

「就活の教科書」編集部 はっしー

この記事では、美容に関わる仕事ついて徹底解説しました

合わせて、資格が必要になる美容に関わる仕事と、資格が必要ない美容に関わる仕事についても詳しく解説しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【何がある?】美容系の仕事一覧

◆美容系の人気な仕事ランキング一覧

  • 仕事①:ネイリスト(平均年収:320万円)
  • 仕事②:エステシャン(平均年収:340万円)
  • 仕事③:美容師(平均年収:310万円)
  • 仕事④:理容師(平均年収:370万円)
  • 仕事⑤:ヘアメイクアーティスト(平均年収:320万円)
  • 仕事⑥:美容部員(平均年収:350万円)
  • 仕事⑦:アイリスト(平均年収:320万円)
  • 仕事⑧:アロマセラピスト(平均年収:380万円)
  • 仕事⑨:リフレクソロジー(平均年収:350万円)
  • 仕事⑩:調香師(平均年収:430万円)

◆【高収入も可能!】美容系の仕事一覧

◆【資格なし】美容系の仕事一覧

◆美容系の仕事に向いている人の特徴

  • 特徴①:美意識が高い人
  • 特徴②:美容のトレンドに敏感な人
  • 特徴③:ポジティブに考えられる人

◆美容系の仕事に関するよくある質問

  • 質問①:美容系の仕事はきついの?
  • 質問②:美容系の仕事の平均年収は?

◆まとめ:美容系の仕事がしたい人はランキングを参考しよう