>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【ESに穴埋めするだけ!】エントリーシートで使えるテンプレートを紹介 | フォーマット,注意点も

この記事を読めばわかること
  • エントリーシートが早くかける文章のフォーマット
  • 実際にエントリーシートで使えるテンプレート
  • テンプレートを使ってエントリーシートを書くときの注意点3つ

皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部のヤスです。

この記事では、エントリーシートで使える「テンプレート」について解説します。

就活生のみなさんは、エントリーシートを書くのに時間がかかって苦労した経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 ヤス

就活生くん

僕は、この前エントリーシートを書こうと思ったら、何から書いていいか分からずにとても時間がかかりました。

今後は、複数の企業にエントリーシートを提出するので、効率よく使えるテンプレートがほしいです・・・

就活生ちゃん

私は、エントリーシートを書くのは慣れたものの、自分の書いているエントリーシートが正しいのか不安です。

エントリーシートを書くときのフォーマットのようなものがあれば、とても便利なのに、と思っています・・・

エントリーシートって1から書き始めると時間がかかりますよね。

複数枚のエントリーシートを効率よく提出できる方法はないか悩む模索している就活生は多いようです。

「就活の教科書」編集部 ヤス

そこでこの記事では、エントリーシートで使える「テンプレート」について解説します。

合わせて、文章が早く書けるフォーマット、テンプレートを使うときの注意点も紹介していきます。

この記事を読めば、「エントリーシートが早く書けなくて困っている・・・」と悩むこともなくなります。

「エントリーシートを効率よく書いて、他のことに時間を使いたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

エントリーシートはテンプレートを使って効率よく完成させよう

就活生くん

エントリーシートを早く書くためにテンプレートを使いたいと思っているのですが、そもそもテンプレートを使っても良いのでしょうか。

結論からいうと、使ってもいいです。

エントリーシートを書くときは、むしろテンプレートを使った方が良いです。

理由としては、読みやすくて、選考に通りやすいエントリーシートが完成するからです。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

エントリーシートは、採用担当者が1人1人目を通して確認しているため、内容ももちろん読むやすいかどうかも非常に重要な要素です。

これから紹介するフォーマットを使用することによって、読みやすくて論理的な文章が完成します。

そのため、テンプレートを利用することは、効率よく提出できるだけでなく、読みやすくて選考に通りやすいエントリーシートを書けるようになるためぜひ利用することをオススメします。

それでは、次に文章を論理的に書くためのフォーマットを紹介します。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

【今すぐ使える】エントリーシートが早く書くためのフォーマットを紹介

就活生ちゃん

読みやすくて論理的な文章を書くことが大切ということはわかりました。

実際に使えるフォーマットを紹介してほしいです。

それでは、文章を論理的に素早く書くためのフォーマットを2つ紹介します。

内容は以下の2つです。

「就活の教科書」編集部 ヤス

ESで使える2つのフォーマット
  • フォーマット①:PREP法
  • フォーマット②:STAR法
それでは、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

フォーマット①:PREP法

エントリーシートで使えるフォーマット1つ目は、「PREP法」です。

「PREP法」とは、

  • Point(要点)
  • Reason(理由)
  • Example(例文)
  • Point(結論)

の4つの順番で構成されるものです。

PREP法に沿って文章を書くと、端的で且つ論理的な文章を書けるようになります。

実際にPREP法を使った簡単な例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 ヤス

【PREP法を使った自己PR例文】

  • 私の強みは「体力です」Point(要点)
  • なぜなら部活動で常に誰よりも練習をしていたからです。Reason(理由)
  • 例えば、毎朝誰よりも一番に練習に来て、夕方は誰よりも最後まで残って練習していました。Example(例文)
  • そのため、私の強みは部活動で培った体力です。Point(結論)
PREP法を使って、端的で論理的な自己PRをどんどん作成しましょう。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

フォーマット②:STAR法

エントリーシートで使えるフォーマット1つ目は、「STAR法」です。

STAR法とは、

  • Situation(状況)
  • Target & Task(課題・目標)
  • Action(行動)
  • Result(結果)

の4つの順番で構成されるものです。

STAR法に沿って文章を書くと、具体的で且つ論理的な文章を書けるようになります。

実際にSTAR法を使った簡単な例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 ヤス

Situation(状況)

高校時代に所属していたサッカー部では、練習メニューを自分達で考え、チームで黙々と練習をこなす文化がありました。

Target & Task(課題・目標)

しかし、県大会では思った結果が出ずに、練習メニューやチームの雰囲気を変える必要があると課題として感じるようになりました。

Action(行動)

解決策としては、大きな挨拶やチームを鼓舞するような声かけを徹底してチームの雰囲気を変えるように努力しました。

Result(結果)

最初は、違和感を覚える部員もいましたが、少しずつチームの雰囲気が変わり始めました。

最終的に、試合後半で辛い時に粘り強く勝てるチームとなって県大会の予選では、前年度よりも優秀な成果を出すことができました。

STAR法を使って、具体的で論理的なガクチカをどんどん作成しましょう。ようになります。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

実際にエントリーシートで使えるテンプレートを3つ紹介

就活生くん

文章を論理的に書くためのフォーマットがあることを知って非常に参考になりました。

次は、エントリーシートを書くときのテンプレートを紹介してほしいです。

それでは、今から穴埋めをするだけでエントリーシートが完成するテンプレートを紹介します。

そして今回は、「自己PR」「ガクチカ「志望動機」それぞれ種類別で使えるテンプレートを紹介します。

【種類別】ESで使えるテンプレート
  • テンプレート①:自己PR
  • テンプレート②:ガクチカ
  • テンプレート③:志望動機
それでは、それぞれについて解説します。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

テンプレート①:自己PR

エントリーシートで使えるテンプレート1つ目は「自己PR編」です。

テンプレートを利用するときは、「〇〇」の部分に埋めて記入していきましょう。

私の強みは〇〇です。

なぜなら、〇〇(場所)で、〇〇を目標に掲げ、〇〇という成果を上げたからです。

途中で〇〇という課題が出てきましたが、私は課題の原因を〇〇ではないかと仮説を立てて、〇〇の施策を実行しました。

なぜなら、〇〇という背景があったからです。

最終的にそこでは、、〇〇という成果をと〇〇という学びを得ました。

以上の背景から、私の強みは〇〇と言えます。

テンプレートを利用するときは、文章として違和感がないか確認しながら埋めましょう。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

テンプレート②:ガクチカ

エントリーシートで使えるテンプレート2つ目は「ガクチカ編」です。

私が学生時代に頑張ったことは〇〇です。

そこでは、〇〇という課題がありました。

〇〇に原因があると考えた私は、〇〇の立場として〇〇を目標に掲げました。

そこで、目標達成のために、〇〇という背景を考慮した結果、〇〇という施策を実行しました。

そして、結果として〇〇を学びました。

この経験から〇〇の重要性を学び生かしたいと考えるようになりました。

ガクチカは、もっとも深掘りの質問が飛んでくる項目なので、面接前に深掘りの質問を想定して準備しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

テンプレート③:志望動機

エントリーシートで使えるテンプレート3つ目は「志望動機編」です。

私は〇〇という貴社の姿勢に共感したため志望しました。

私は〇〇として、〇〇という課題解決に取り組んだ経験があります。

そこでは、〇〇した結果、〇〇という成果を出しました。

この経験から、〇〇の重要性を学びました。

このことは、〇〇においても同様だと考えており、〇〇が必要不可欠と考えています。

特に〇〇している貴社であれば、私の〇〇を最大限実現できると思い志望しました。

ここまで「自己PR」「ガクチカ」「志望動機」の3つのテンプレートを紹介しました。

テンプレートは把握したものの、ガクチカや志望動機に自信がないという方は、下記の記事で詳しく紹介しているので読むことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

テンプレートを使ってエントリーシートを書くときの注意点3つ

文章を論理的に書くためのフォーマットとESを素早く書くためのテンプレートを知れたので、効率よく提出できそうです。

良かったです!便利で効率化できる部分はどんどん効率化していきましょう。

ただし、テンプレートを使ってエントリーシートを書くときの注意点が3つあるので紹介します。

「就活の教科書」編集部 ヤス

タイトル
  • 注意点①:文章として違和感がないかチェックする
  • 注意点②:企業名を確認する
  • 注意点③:志望動機を確認する
それでは、それぞれについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

注意点①:文章として違和感がないかチェックする

エントリーシートを書くときの注意点1つ目は「文章として違和感がないかチェックする」です。

なぜなら、自分が既に考えていた内容をそのままテンプレートに埋めると、表現方法や文章の繋がりがおかしくなるときがあるからです。

例えば、「私の強みは「体力です」です。」のように既に書いている文字と重複しないか確認してくことが必要です。

そのため、エントリーシートを記入し終わったら記入ミスがないか確認するようにしましょう。

一番良い対策としては、他人に読んでもらい修正点がないか確認してもらうことです。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

注意点②:企業名を確認する

エントリーシートを書くときの注意点2つ目は「企業名を確認する」です。

エントリーシートの記入欄の中で企業名は絶対に間違ってはいけません。

どれだけ内容が良くても企業名を間違えると選考に通らなくなります。

最後に提出先と企業名が一致している確認しましょう。

記入ミスが不安の場合は、下記の記事で対処法を紹介しているので読むことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

注意点③:志望動機を確認する

エントリーシートを書くときの注意点3つ目は「志望動機を確認する」です。

なぜなら、志望動機だけは企業によって変更した方が良いからです。

「ガクチカ」と「自己PR」は自分で完結している項目のため、どの企業に対しても同じ内容で構いません。

しかし、志望動機に関しては、汎用的なものではなく使い回しが難しいため、志望動機が同じではないか確認するようにしましょう。

志望動機を考えるのが苦手だと感じる人は、下記の記事で詳しく紹介しているので読むことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシートを書いてみた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このエントリーシートで本当に選考通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事にエントリーシートを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

まとめ:エントリーシートは複数のテンプレートを利用して効率よく書こう

この記事の、「【ES穴埋め形式】エントリーシートで使えるテンプレートを紹介 | フォーマット,注意点も」はいかがだったでしょうか?

今回は、「就活の教科書」編集部のヤスが、エントリーシートの「テンプレート」について解説しました。

合わせて、文章が早く書けるフォーマット、テンプレートを使うときの注意点も紹介しました。

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

この記事のまとめ

◆エントリーシートはテンプレートを使って効率よく完成させよう

◆【今すぐ使える】エントリーシートが早く書くためのフォーマットを紹介

  • フォーマット①:PREP法
  • フォーマット②:STAR法

◆実際にエントリーシートで使えるテンプレートを3つ紹介

テンプレート①:自己PR
テンプレート②:ガクチカ
テンプレート③:志望動機

◆テンプレートを使ってエントリーシートを書くときの注意点3つ

  • 注意点①:文章として違和感がないかチェックする
  • 注意点②:企業名を確認する
  • 注意点③:志望動機を確認する

◆エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

◆エントリーシートを書いてみた後は、ES添削に出してみよう

◆まとめ:エントリーシートは複数のテンプレートを利用して効率よく書こう

エントリーシートのテンプレートを利用するかしないかで作業量には大きな差が出ますよね。

今回にも通ずるところですが、就活は情報戦です。

優良な情報をどんどん知って、他の就活生と差をつけましょう。

「就活の教科書」では他にもたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ヤス