>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】「鉄道業界」志望動機の魅力的な伝え方 | 内定をもらいやすい人の特徴も

この記事を読めばわかること
  • 鉄道業界を志望するうえでの前提知識
  • 鉄道業界の志望動機の例文
  • 鉄道業界の志望動機は、志望企業でなければならない理由を述べよう
  • 鉄道業界で好印象な人材3つのパターン

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部のユリエです。

この記事では、鉄道業界の志望動機困っている就活生に向けて、鉄道業界の志望動機のポイントや例文を紹介します。

就活生の皆さんは、鉄道業界の志望動機の作成で悩んだことはありますか?

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

鉄道会社の面接で志望動機が上手く言えませんでした…。

魅力的に伝わる鉄道業界の志望動機を書くときのポイントや例文を知りたいです。

就活生ちゃん

鉄道業界の志望動機を考えているのですが、どうアプローチしたらいいのかがわかりません。

鉄道業界ではどんな人材が求められているのでしょうか?

鉄道業界は実際の業務内容がイメージしづらく、志望動機を考えるのが難しいですよね…

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

そこで、この記事では鉄道業界の志望動機を作成するうえでのポイントを紹介します。

合わせて、志望動機の例文、鉄道業界を志望する就活生で好印象に残る人材の特徴も紹介します。

この記事を読めば、魅力的に伝わる鉄道業界の志望動機を作成することができます。

鉄道業界の志望動機の作成で悩む就活生の方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

鉄道業界を志望する人に知ってほしい知識3つ

就活生ちゃん

最近、説明会に参加して鉄道業界に興味が湧いてきました。

そもそも、鉄道業界についてあまりよく知らないので、教えてもらえませんか?

そうなんですね、任せてください。

鉄道業界の志望動機を書く前に、鉄道業界の概要をお伝えしていきますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

鉄道業界を志望する人に知ってほしい知識
  • 知識①:鉄道業界の事業内容
  • 知識②:鉄道業界の職種
  • 知識③:JRと私鉄の違い

それでは、鉄道業界を志望する人に知ってほしい知識をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

知識①:鉄道業界の事業内容

鉄道業界を志望する人に知ってほしい知識の1つ目は、鉄道業界の事業内容です。

鉄道業界は、鉄道事業だけではなく「不動産事業・流通事業・サービス事業」などの関連事業にも力を入れていることが特徴にあります。

代表的な事業を紹介していきますね。

鉄道業界の代表的な事業
  • 運輸業:人やモノを運ぶ列車を運行し、運賃収入を目的とする事業
  • 不動産業:まちの魅力を高め、列車の乗客数増加を目的とする事業
  • 流通業:駅ナカ施設を充実させ、駅の利用者数増加を目的とする事業

各企業によって、扱う関連事業は多種多様です。

各企業のサイトを見てどんな事業に取り組んでいるかを知ることが大切ですよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

知識②:鉄道業界の職種

鉄道業界を志望する際に知っておきたい知識の2つ目は、鉄道業界の職種です。

職種によって大きく業務内容が変わるのも、鉄道業界の特徴の一つです。

鉄道業界の職種は、大きく分けて三つあります。

鉄道業界の職種
  • 事務系総合職:最終的に鉄道会社の経営を担う職種
  • 技術系総合職:理系の専門知識を活かし鉄道会社を支える職種
  • 現業職:現場の最前線で鉄道の運営を担う職種

それぞれの職種を理解し、自分に合った職種を選ぶことが大切です。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

知識③:JRと私鉄の違い

鉄道業界を志望する際に知っておきたい知識の三つ目は、JRと私鉄の違いです。

JRと私鉄の違いは、「営業距離の長さ」と「力を入れている事業」です。

順番に紹介していきます。

営業距離の長さ

JR各社は、広範囲に路線を保有し全国各地を網羅しているため、営業距離は長くなります

対して私鉄各社は、ある一定の地域に限定して路線を保有しているため、営業距離は短くなります

力を入れている事業

JR各社は営業距離の長さから、私鉄各社に比べて運賃収入が大きいため、運輸業に力を入れています。

対して私鉄各社は営業距離の短さから、JR各社に比べて運賃収入が小さいため、運輸業以上にその他の関連事業に力を入れることで利益向上を目指しています。

同じ鉄道会社でも、JRと私鉄では力を入れている事業が大きく違います

自分の携わりたい事業を明確にし、JRと私鉄どちらが自分にふさわしいのかを考えることが大切です。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

【真似してOK】「鉄道業界」志望動機の例文

就活生ちゃん

来週に鉄道業界の選考を控えています。

鉄道業界の志望動機を考える上で参考になる例文を教えてほしいです!

志望動機の例文があれば、志望動機の構成など非常に参考になりますよね。

この記事では鉄道業界の志望動機の例文を2つ紹介しようと思います。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

例文①:地域のインフラを支えたい

私は「地域の鉄道インフラを支え生活の利便性を向上させたい」という思いから、貴社を志望します。

地方に住んでいる私にとって、貴社の鉄道はどこに行く際も必ず利用する、生活に必要不可欠な存在でした。

この経験から、地方の鉄道インフラを支え人々に便利な生活を提供したいと考えるようになりました。

貴社は、都市から地方まで広範囲に営業地域を持ち、多くの人々の生活を根底から支えていると考えます。

大学のサークルで培った「企画力」を活かし、貴社の運輸部門で、人々の生活の利便性を高められるような運輸企画に貢献したいです。

実体験を含むことで、志望動機に説得力が高まり良いですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

例文②:沿線のまちづくりに貢献したい

私が貴社を志望する理由は、沿線のまちづくりに貢献し人々の生活の質を向上させたいからです。

私は大学で都市計画学の授業を受けた際、まちづくりが人々の流れやまちの様子に与える影響力の大きさに感銘を受けました。

この経験から、街の潜在的な魅力を引き出すことで、まちと人との新たな出会いを生み出したいと思うようになりました。

貴社は、運輸事業だけでなく関連事業にも力を入れており、沿線の魅力向上に尽力されていると感じます。

塾のアルバイトで培った「折衝力」を活かし、貴社の不動産事業の開発部門で社内外の関係者をまとめて沿線の都市開発に貢献したいです。

大学での学習内容をきっかけにすると具体性が増して良いですね。

大学での学習内容と業務内容が重複している場合はオススメです。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

鉄道業界の志望動機を魅力的に伝えるコツ3つ

就活生くん

鉄道業界を目指しているのに志望動機を上手く伝えられません…。

どうすれば志望動機を魅力的に伝えられますか?

鉄道業界の志望動機を伝えるには、伝えるべき内容を押さえることが大切です。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

鉄道業界の志望動機を魅力的に伝える際に含むべき内容3つ
  • コツ①:なぜ鉄道業界を志望するのか
  • コツ②:他社ではなくなぜその企業を志望するのか
  • コツ③:その企業で自分がどう貢献できるのか

それでは、鉄道業界の志望動機を魅力的に伝えるコツ3つを順番に解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

コツ①:なぜ鉄道業界を志望するのか

鉄道業界の志望動機を魅力的に伝えるコツの1つ目は、「なぜ鉄道業界を志望するのか」です。

なぜなら、鉄道業界は志望する就活生が非常に多いことから、鉄道業界への志望理由がより明確な就活生が選考に突破するためです。

例えば、「駅ナカ施設を充実させ、人々の生活をより充実させたい」という志望理由は、鉄道業界でしか達成できないことであり、納得感が強いですよね。

鉄道業界への志望理由をより明確にするために、「なぜ鉄道業界を志望するのか」は必ず志望動機に含むようにしましょう。

鉄道業界を志望するきっかけとなった原体験を含むことで、志望動機にオリジナリティ説得力を出すことができます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

コツ②:他社ではなくなぜその企業を志望するのか

鉄道業界の志望動機を魅力的に伝えるコツの2つ目は、「他社ではなくなぜその企業を志望するのか」です。

なぜなら、どの鉄道会社でも当てはまる志望動機を伝えると「うちの会社じゃなくてもいいのでは?」という印象を与えてしまうからです。

例えば、「安全に列車を走行させることで、人々の交通インフラを支えたい」という志望動機のみだと、どの鉄道会社でもできますよね?

その企業に特化した志望理由を考え、より説得力の高い志望動機を作成しましょう。

各企業の扱う事業の具体例を含むことで、その企業に特化した志望動機を作成できます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

コツ③:その企業で自分がどう貢献できるのか

鉄道業界の志望動機を魅力的に伝えるコツの3つ目は、「その企業で自分がどう貢献できるのか」です。

自社にメリットのある学生を取ることが各企業が選考を行う最大の目的であるため、「その企業で自分がどう活躍できるか」を伝えることが大切になります。

例えば、「信頼関係構築力をいかして、営業でお客様との信頼を築き貴社の売り上げ向上に貢献します。」という内容が含まれていると、印象が良いですよね。

自分が今まで培った能力を鉄道会社の業務にどう生かせるかを考えましょう。

私は「折衝力を活かし不動産開発の仕事で社内外の関係者をまとめられる」というメリットをアピールしていました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

また、志望動機が完成したら、必ず誰かに確認してもらいましょう。

志望動機が完成したら満足してそのまま提出して、改善点や自分では気づけないミスがあるのに提出してしまう就活生が毎年多くいるからです。

僕は、無料で志望動機を添削してもらえるサービスを利用するのをオススメしています。

以下の記事で大手企業の内定者がオススメの志望動機の添削サービスを紹介しているので、読んでいくつか登録して志望動機を完成させましょう。

 

鉄道業界を志望する就活生で好印象に残る人材3選

就活生くん

鉄道業界の選考になかなか通過できません。

鉄道業界の選考に通るために、鉄道業界で求められるスキルを知りたいです。

鉄道業界の選考の通過率をあげるためには、鉄道業界がどんな人を求めているかを知ることは重要です。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

鉄道業界を志望する就活生で好印象に残る人材3選
  • 人材①:チームワークを重視する人材
  • 人材②:変化に対応できる人材
  • 人材③:責任感の高い人材

それでは、鉄道業界を志望する就活生で好印象に残る人材3選を順番に解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

人材①:チームワークを重視する人材

鉄道業界を志望する就活生で好印象に残る人材の特徴の1つ目は、「チームワークを重視する人材」です。

鉄道業界は、基本的にチームで仕事を進めていく形で仕事をします。

チームワークの意識の高さ協調性の高さを持つ人は、「入社後も周囲と上手く連携して仕事を進めてくれそうだ」という印象を与えることができます。

私は、よさこいサークルで培った協調性をアピールしていました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

人材②:変化に対応できる人材

鉄道業界を志望する就活生で好印象に残る人材の特徴の2つ目は、「変化に対応できる人材」です。

鉄道業界ではジョブローテーション制度を導入している企業が多く、職場環境や業務内容が短期間で変化します。

職場環境や業務内容の変化の多様さから、変化への対応力の速さも鉄道業界で求められるスキルの一つになってきます。

様々なことにチャレンジすることが好き!」と感じる人は、変化への対応力をアピールできそうですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

人材③:責任感の高い人材

鉄道業界を志望する就活生で好印象に残る人材の特徴の3つ目は、「責任感の高い人材」です。

鉄道業界は、安全かつ正確に列車を運行させることが何よりも大切なので、当たり前のものを当たり前に提供する「責任感」を高くもつ必要があります。

普段から責任もって仕事を全うできる人は、鉄道業界において好印象を残せる人材だと言えます。

私は、塾のアルバイトの学年担当リーダーでの経験から「責任感の高さ」をアピールしていました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

ちなみに「自分に適した業界/職種が知りたい!」という就活生は、以下の記事で紹介している「適性診断AnalyzeU+」で5分で自分の適性を把握できます。

具体的な使い方・評判なども解説しているので、ぜひ診断してみて就活の参考にしてくださいね。

 

[mmatomeue]

 

まとめ:鉄道の志望動機で必要なアピールポイントを押さえて、志望動機を作成しよう!

この記事の「【例文あり】「鉄道業界」志望動機の魅力的な伝え方 | 内定をもらいやすい人の特徴も」はいかがだったでしょうか?

このページでは、鉄道業界の志望動機のポイントや例文を解説しました。

合わせて、鉄道業界で好印象に残る人材の特徴も解説しました。

 

最後にこの記事の特に大切な部分をまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

この記事のまとめ

◆鉄道業界を志望する際に知っておきたい知識3つ

  • 知識①:鉄道業界の事業内容
  • 知識②:鉄道業界の職種
  • 知識③:JRと私鉄の違い

 

◆鉄道業界の志望動機の例文

  • 例文①:地域のインフラを支えたい
  • 例文②:沿線のまちづくりに貢献したい

 

◆鉄道業界の志望動機を魅力的に伝える際に含むべき内容3つ

  • コツ①:なぜ鉄道業界を志望するのか
  • コツ②:他社ではなくなぜその企業を志望するのか
  • コツ③:その企業で自分がどう貢献できるのか

 

◆鉄道業界を志望する就活生で好印象に残る人材3選

  • 人材①:チームワークを重視する人材
  • 人材②:変化に対応できる人材
  • 人材③:責任感の高い人材

 

志望動機を考えるのは難しいですが、エントリーシート・面接において最も重要な部分です。

時間をかけてしっかり練っていきましょう。

就活の教科書には、他にも就活で役立つ知識がたくさんあるので、ぜひ読んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ