>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PR「誠実さ」を好印象に伝える答え方 | 言い換え一覧も

【例文あり】自己PR「誠実さ」を好印象に伝える答え方 | 言い換え一覧も

この記事を読めばわかること
  • 自己PRで「誠実さ」を好印象に伝えるなら、言い換えや具体的なエピソードを使ってオリジナルの長所にする!
  • 「誠実さ」を魅力的に伝える自己PR例文3選
  • 自己PRでは「誠実さ」を仕事で活かせることを伝えて、活躍する姿を想像させよう!
皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部の古田です。

この記事では、自己PRで「誠実さ」について伝えたい就活生の悩みを解決します。

就活生の皆さんは、面接やESの自己PRで「誠実さ」についてアピールするときに、どう伝えたらいいか悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 古田

就活生ちゃん

私は、自分の長所は「誠実さ」だとこの前の面接でアピールしたのですが、面接官に微妙な顔をされてしまいました。

面接で、「誠実さ」を長所として上手くアピールできるようになりたいです・・・。

就活生くん

今度の一次面接で自己PRをするときに、僕の長所である「誠実さ」をアピールしようと思っています。

だけど、「誠実さ」ってそもそも魅力的な自己PRなのでしょうか・・・?

「誠実さ」は、多くの就活生が面接やESの自己PRでアピールする内容なのですが、実は伝え方で注意すべき場合がたくさんあります。

自己PRで「誠実さ」を伝える方法をしっかりマスターして、あなたの長所を企業に伝えられるようにしましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

この記事では、自己PRで「誠実さ」を上手に伝える方法について紹介します。

合わせて、自己PRで「誠実さ」をアピールする例文や、採用担当者にいい印象を与える「誠実さ」の言い換え表現も紹介していきます。

この記事を読めば、「自己PRで誠実さを伝えるにはどうしたらいいの…?」という悩みが解決できます。

「誠実さ」を武器に就職活動を成功させたい就活生は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてくださいね。

 

「誠実さ」を自己PRに使うのはアリ?

就活生ちゃん

私の長所は人と接するときの「誠実さ」なので、「誠実さ」を自己PRで伝えたいです。

面接やESの自己PRで、「誠実さ」をアピールするのはアリなのでしょうか・・・?

「誠実さ」という長所を、自己PRにおいて使うことはアリです。

誰でも、一緒に働くなら誠実な人がいいと思うものです。

「就活の教科書」編集部 古田

「誠実さ」を面接やESでアピールすれば、採用担当者にも良い印象を与えやすいでしょう。

一方で、自己PRで「誠実さ」を伝える上で注意した方がいい場合もあります。

単に「誠実さ」と言っても、色々なイメージができてしまうからです。

例えば、嘘をつかないことから人と真剣に向き合うなど、色々な「誠実さ」が想定されます。

そのため、言い換え表現や具体例を使って「誠実さ」について伝える必要があります。

それでは、実際にどんな言い換えや例文があるのか紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PR「誠実さ」の言い換え表現一覧

自己PRで「誠実さ」を具体的に伝えるために、「誠実さ」の言い換え表現を紹介します。

「就活の教科書」編集部 古田

「誠実さ」の言い換え表現
  • 当たり前のことを当たり前に行う
  • 嘘やごまかしをしない
  • 心を尽くして人と向き合う
  • 堅実に仕事をこなす
  • 一つのことにひたむき

 

上の言い換え表現のように、「誠実さ」とは具体的にどのような性格を指すのかを明確に伝えましょう。

採用担当者は、あなたの独自の長所は何なのか聞きたいと思っています。

他にも、あなたの「誠実さ」エピソードに合っている表現を見つけて言い換えてみてくださいね。

「誠実さ」という長所をより具体的にすることで、印象に残りやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PR「誠実さ」を上手にアピールする3つの例文

就活生くん

自己PRで「誠実さ」をアピールしたいので、実際の例文を見てどんな伝え方でアピールすればいいのか知りたいです。

エントリーシートの自己PR欄で参考にしてみます。

では、次に自己PRで「誠実さ」をアピールした例文を紹介しますね。

以下の例文を読んで、実際にエントリーシートや面接で自己PRをするときの参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 古田

自己PRで「誠実さ」をアピールしている例文
  • 例文①:アルバイトでのお客様への対応
  • 例文②:部活動での後輩の指導
  • 例文③:長期インターンでの取り組み
これから紹介する例文を参考に、自分の経験を当てはめてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文①:アルバイトでの取り組み

私の長所は、「物事にひたむきに取り組むことができること」です。

私は飲食店のホールスタッフアルバイトをしています。

初めの頃は最低限の仕事で精一杯で、よく小さなミスで叱られました。

特に「受け身でしか動けていない」という指摘をされることが多かったため、バイトだからと割り切るのではなく、主体的に働くように意識するようになりました。

マニュアルを読み込み、半年ほどでホールだけでなくキッチンの仕事も進んで覚えました。

1人の社員さんが退職するとき、「お前ほど熱心に仕事を覚えてくれたアルバイトはいなかった」という嬉しい言葉をいただきました。

今ではアルバイトのみならず、あらゆることにひたむきに取り組むことができるようになり、このひたむきさが私の長所です。

この例文では、「あらゆることに手を抜かないひたむきさ」が長所であることが分かりますね。

キッチンの仕事を自主的に覚えたことなど、具体的なエピソードも入っていて情景を思い浮かべやすいようになっています。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文②:ゼミでの後輩の指導

私の長所は、心を尽くして人と向き合うことができることです。

私は2年生から院生まで所属する自主ゼミに所属しています。

1つ下の後輩が自分と近い研究テーマを扱っており、アドバイスや指導に力を入れてきました。

題材にする本を決めて、毎週月曜日に勉強会をする他、後輩のゼミ発表の前日には深夜3時までレジュメの作成に付き合いました。

このように人のことであっても一切手を抜くことなく、心から向き合うことができるのが私の長所です。

この例文では、「心から人と向き合うことができる」「自分のことではなくても手を抜かない」ことが長所だと分かりますね。

深夜3時まで後輩の手助けをしたエピソードが、長所をアピールする補強になっています。

「就活の教科書」編集部 古田

 

例文③:長期インターンでの取り組み

私の長所は、「嘘やごまかしがないこと」です。

私は長期インターン先でプロジェクトリーダーを務めていました。

チームで仕事を進める中で情報をしっかり共有することが大事だと考え、プロジェクトの各班の仕事の進みを確認して全体で共有しました。

また悪い報告ほど先延ばしにせず、皆に伝えるようにしていました。

プロジェクトが終わった時に、メンバーから「君は嘘をつかなくて誠実だから信頼できる」と言ってもらえたことは、今でも自信につながっています。

このように、自分の「嘘やごまかしをしない」長所を貴社でも生かし、活躍していきたいです。

この例文では、「嘘やごまかしをしない」ことが長所だと分かりますね。

エピソードの中にはチームメンバーからのコメントも書かれており、長所が成功につながったことがよく伝わってきます。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PRで企業が求める「誠実さ」とは

 

就活生くん

誠実さが色々な表現でアピールできることは分かりましたが、人と接する時の誠実性は人間として当たり前なことのような気もします。

企業は「誠実さ」を魅力的に感じてくれるのでしょうか・・・。

自己PRで企業が求めていて、魅力的に感じる「誠実さ」とは、会社の利益につながる「誠実さ」のことを指します。

企業は成長のための先行投資として採用をしますから、採用担当者が気にしているのはあなたの「誠実さ」が会社の利益になるかどうかです。

「就活の教科書」編集部 古田

同僚とうまくやっていく「誠実さ」を持っている人は仕事を円滑に進め、会社の生産性を上げてくれます。

また外部とうまくやっていく「誠実さ」を持っている人は会社のイメージアップに貢献してくれるため、やはり会社の利益となります。

このように、会社の利益につながるような「誠実さ」は、自己PRで企業が求めている「誠実さ」ですから、魅力的に感じてもらえますよ!

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PR「誠実さ」をアピールするための3つのコツ

就活生ちゃん

私は、自分の長所は「誠実さ」だと思っているのですが、自己PRで「誠実さ」をうまくアピールする方法がわかりません・・・。

エントリーシートの自己PR欄や面接で「誠実さ」をうまく伝えるには、どうしたらいいですか。

自己PRで「誠実さ」をアピールするためには、抑えるべきポイントがいくつかあります。

上手な「誠実さ」の伝え方を知り、他の就活生と差をつける自己PRを考えてみましょう!

「就活の教科書」編集部 古田

自己PR「誠実さ」をアピールするための3つのコツ
  • コツ①:「誠実さ」が伝わる具体的なエピソードを伝える
  • コツ②:「誠実さ」が企業でどう役に立つか伝える
  • コツ③:面接で「誠実さ」が疑われないように振る舞う

それでは自己PRで「誠実さ」をアピールするコツを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ①:「誠実さ」が伝わる具体的なエピソードを伝える

自己PRで「誠実さ」をアピールするための1つ目のコツは、「誠実さ」が伝わる具体的なエピソードを伝えることです。

エピソードによって抽象的な「誠実さ」という長所がうまく伝わるようになり、あなたの良さが分かりやすくなるからです。

例えば、「誠実さ」を発揮して物事に取り組む前と、取り組んだ後の話をするエピソードを選べば分かりやすいです。

「誠実さ」を発揮して具体的な成果を残したエピソードを伝えられれば、印象に残りやすくなります!

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ②:「誠実さ」が企業でどう役に立つか伝える

自己PRで「誠実さ」をアピールするための2つ目のコツは、「誠実さ」が企業でどう役に立つか伝えることです。

採用担当者は、あなたが自社に入ったときに役に立つ人材かどうか注目しています。

「誠実さを生かしてこのような仕事に携わり、御社の役に立つことができます」のように具体的なビジョンがあると好印象です。

あなたが入社して活躍する姿を想像しやすくなるからです。

自己PRでは単に「誠実さ」をアピールするだけでなく、「誠実さ」をどう仕事に生かせるのか意識して伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 古田

 

コツ③:面接で「誠実さ」が疑われないように振る舞う

自己PRで「誠実さ」をアピールするための3つ目のコツは、面接で「誠実さ」が疑われないように振る舞うことです。

採用担当者は、「誠実さ」をアピールする自己PRのエントリーシートを見て、どんな人が面接を受けに来るのか想像しています。

なので、面接では姿勢よく、ハキハキと受け答えをすることで「誠実さ」を感じ取ってもらえるよう意識するのが良いでしょう。

採用担当者に、あなたの「誠実さ」が疑われないように気をつけましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PR「誠実さ」を伝えるときに注意すべき3つのこと

就活生くん

自己PRで「誠実さ」をアピールするために、どう伝えたらいいのかは理解できました。

最後に、「誠実さ」を伝えるときに気をつけた方がいいことはありますか。

自己PRで「誠実さ」を伝えるときに、注意すべきポイントはいくつかあります。

以下の3点に気をつけながら自己PRを考えるようにしてみてください。

「就活の教科書」編集部 古田

自己PR「誠実さ」を伝えるときに注意すべき3つのこと
  • 注意①:「誠実さ」ばかりをアピールしない
  • 注意②:「誠実さ」がマイナス要素として伝わらないようにする
  • 注意③:当たり前のことを「誠実さ」として捉えない
それでは、自己PR「誠実さ」を伝えるときに注意すべきことをそれぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意①:「誠実さ」ばかりをアピールしない

自己PR「誠実さ」を伝えるときに注意すべきことの1つ目は、「誠実さ」ばかりをアピールしないことです。

自己PRで「誠実さ」ばかりをアピールしていると、誠実なだけだと思われてしまう可能性があるからです。

誠実なだけでは、残念ながら「いい人」で終わってしまいます。

エピソードや今後のビジョンを合わせて伝えることで、自分は「誠実さ」をどう活かすことができるかアピールしましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意②:「誠実さ」がマイナス要素として伝わらないようにする

自己PR「誠実さ」を伝えるときに注意すべきことの2つ目は、「誠実さ」がマイナス要素として伝わらないようにすることです。

「誠実さ」の伝え方を間違えると、真面目で硬い、暗い、融通が利かないなどの印象を与えてしまうかもしれません。

なので、面接の喋り方や趣味、特技などの欄で明るい印象を与えられるようにすると良いでしょう。

自己PR以外の部分で柔らかい印象を与えることができれば、長所の「誠実さ」も正しく伝わって印象に残りやすくなります。

「就活の教科書」編集部 古田

 

注意③:当たり前のことを「誠実さ」と捉えない

自己PR「誠実さ」を伝えるときに注意すべきことの3つ目は、当たり前のことを「誠実さ」と捉えないことです。

ある程度の「誠実さ」は誰にでもあるべき能力であり、あなたにオリジナルの「誠実さ」としてアピールすることはできません。

例えば「人に嘘をつかない」「時間を守る」といった答え方をしてしまうと、当たり前のような印象を与えてしまいます。

「嘘やごまかしに逃げず、悪い報告も迅速にしたことが逆に信頼につながった」というように、伝え方を変え、差別化を図る必要があります。

自己PRで「誠実さ」をアピールするときは、伝え方で差別化が図れているかに注意しましょうね。

「就活の教科書」編集部 古田

 

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

 

まとめ:自己PRで「誠実さ」をアピールするときは、具体的に言い換えてアピールしよう!

「【例文あり】自己PR「誠実さ」が好印象に伝わる答え方 | 言い換えも」の記事はいかがでしたか。

この記事では自己PRで「誠実さ」を好印象に伝えるため例文やコツを解説しました。

合わせて、「誠実さ」の言い換え表現や、自己PR「誠実さ」を伝えるときに注意すべきことについても解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事で学んだこと

◆ 「誠実さ」を自己PRに使うのはアリ

◆ 自己PR「誠実さ」を上手にアピールする3つの例文

  • 例文①:アルバイトでの取り組み
  • 例文②:ゼミでの後輩の指導
  • 例文③:長期インターンでの取り組み

◆ 自己PRで企業が求める「誠実さ」は、会社の利益につながる誠実性

◆ 自己PR「誠実さ」をアピールするための3つのコツ

  • コツ①:「誠実さ」が伝わる具体的なエピソードを伝える
  • コツ②:「誠実さ」が企業でどう役に立つか伝える
  • コツ③:面接で「誠実さ」が疑われないように振る舞う

◆ 自己PR「誠実さ」を伝えるときに注意すべき3つのこと

  • 注意①:「誠実さ」ばかりをアピールしない
  • 注意②:「誠実さ」がマイナス要素として伝わらないようにする
  • 注意③:当たり前のことを「誠実さ」と捉えない

◆ まとめ:自己PRで「誠実さ」をアピールするときは、具体的に言い換えてアピールしよう!

自己PRで「誠実さ」をアピールする時は、あなたのオリジナルの長所であることを伝えるために言い換え表現や具体例を使ってみると良いです。

具体的なエピソードを使う時は、「誠実さ」を活かしてもたらした効果や結果について伝えると魅力的でした。

また企業に入社したときに、「誠実さ」を活かしてどんな仕事ができるか伝えられれば、あなたと働くイメージが湧きやすいでしょう。

あなたが自己PRで「誠実さ」を好印象に伝え、納得のいく内定を勝ち取ることを心から祈っています。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 古田