>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり!】「自慢できること」面接/ESでの答え方 | 質問意図,注意点も

この記事を読めば分かること
  • 「自慢できること」の質問意図は人間性を見られている
  • 「自慢できること」を聞かれた際の回答例
  • 「自慢できること」は珍しい経験でなくても大丈夫
  • 「自慢できること」はただ自慢話をするのではない

こんにちは!「就活の教科書」編集部のコウキです!

今回は面接/ESで聞かれることのある「自慢できること」について解説していこうと思います。

皆さんは面接で「自慢できることを教えてください」という質問を面接やESでされたことがありますか?

「就活の教科書」編集部 コウキ

就活生くん

面接で自慢できることを聞かれたのですが、本当にただの自慢話をしても良いのでしょうか・・・・

自慢できることの答え方を教えてください

就活生ちゃん

ESで自慢できることを書く欄があるのですが、どのように書いてよいか分かりません。

ほかの就活生はどのように書いているか回答例文を見たいです。

なるほど。皆さん「自慢できること」について様々な悩みがあるようですね。

確かに本当に自慢話をしてもいいのかだったり、面接官の質問意図が気になりますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

そこで今回の記事では「自慢できること」を面接やESで聞かれた際の回答例について解説していきます。

合わせて、面接/ESでの「自慢できること」の答える時のポイント、注意点についても解説していきます。

また、「自慢できること」が聞かれる質問意図も解説していきます。

この記事を読めば、ESで苦労することなく「自慢できること」について書けるだけでなく、面接で聞かれた際にも慌てることなく答えることができます。

「自慢できること」と自己PRの違いについても書いているので、ぜひ最後まで読んでください!

 

「自慢できること」について面接官やESで質問される意図

就活生くん

自慢できることを聞いて、面接官はどのような部分を見ているのでしょうか?

面接官の意図を知って、印象に残る自慢できるエピソードを書きたいです!

自慢できることを「なぜ面接官は聞くのか?」質問意図について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「自慢できること」の質問意図
  • 質問意図①:どのようなことに興味を持つのかを知るため
  • 質問意図②:どれほど本気で取り組んでいたのかを知るため
  • 質問意図③:自社で活躍できるかを見るため

質問意図を理解して、アピールしていきましょう!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

質問意図①:どのようなことに興味を持つのかを知るため

「自慢できること」の質問意図1つ目は「どのようなことに興味を持つのか知るためです」

学生の好きなことを知ることにより、面接官は学生の人間性を知ることができるからです。

例えば、アイドルオタクの人は一つの物事に対して熱中できるイメージがありますよね。

このように「自慢できること」を聞くことにより、その学生がどのような性格なのかをある程度想像することができるのです。

自慢できることを話す際は、興味のある分野を意識して伝えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

質問意図②:どれほど本気で取り組んでいたのか知るため

「自慢できること」の質問意図2つ目は「どれほど本気で取り組んでいたのか知るため」です。

面接官は自慢できることの過程を聞くことにより、学生が「どれぐらいの熱量で物事に取り組むことができるか」を知ることができます。

実際に僕の友人で千葉ロッテマリーンズの熱狂的なファンがいるのですが、関西在住にもかかわらず北海道から福岡まで年間100試合を観戦しに行っています。

このような「自慢できること」についてを話せば、非常に高い熱量で物事に取り組むことができる学生だと印象付けることができますよね。

ただ自慢話をするだけでなく、「〇〇をしました。これが自慢できることです」と過程も伝えるようにしましょう。

ちなみにロッテファンの友達は全ての日常生活を犠牲にして、日本全国観戦に行っています。(単位とかやばいです笑)

ただし、ここまで本気のエピソードを伝えることができれば、面接官も興味を持ちますよね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

質問意図③:自社で活躍できるかを見るため

「自慢できること」の質問意図3つ目は「自社で活躍できるか見るため」です。

当然、就職活動の面接やESなので、面接官は「自慢できること」を仕事でも活かせることができるかを見ています。

例えば、日本全国に野球観戦に行っている人は、行動力や積極性があり、新規開拓など営業に強いイメージがわきませんか。

この「自慢できること」が新規開拓に力を入れたいと思っている企業からすれば、魅力的な人物のように映りますよね。

このように、ただ「自慢できること」を話すだけでなく、ビジネスに直結した話し方をすることで、面接官に良い印象を与えることができるのです。

普段何気なくしていることが、社会に出る上で活きてくる可能性があるので、今やっていることに全力で取り組むことをおススメします!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「自慢できること」の面接/ES回答例

就活生くん

「自慢できること」の質問意図は理解できましたが、実際にどのように言えばいいでしょうか?

はい。次は人事の方に来てもらって、実際の回答例を紹介していきますね

「就活の教科書」編集部 コウキ

コウキさん。お手伝いさせていただきます。

人事さん

 

回答例①:授業を一度も休まなかった経験から継続力をアピール

あなたの自慢できることを教えてください

人事さん

就活生くん

はい。私の自慢できることは大学の授業に一度も休まなかったことです。

大学の授業はほとんどの人が休んだり、途中退出をする学生が多い中、私は一度も休まずに受けていました。

理由は高い学費を払って大学に通わせてくれている両親に対し感謝の気持ちが強いからです。

大学の4年間で学んだことを社会に出てしっかりと活かしていける様な仕事をしていきたいと思いました。

この例文は当たり前なことですが、できていない学生が多くいる中で素晴らしい「自慢できること」だと思います。

遊びの誘惑や周りの友人達に流されず、継続できるところが非常に良い強みで、社会に出てからの方向性を話しているのも良い点だと思います。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

回答例②:塾講師の経験から責任感をアピール

あなたの自慢できることを教えてください

人事さん

就活生ちゃん

はい。私の自慢できることは塾の教師をという立場で、塾の廃校を阻止したことです。

私が所属していた塾は人数の減少が原因で廃校予定でした。

しかしながら、今在籍している生徒は責任感をもって面倒を見ると決め、一人一人にきちんと向き合い授業を行った結果、私の授業の評判が良く、教えている学生の口コミから多くの生徒が入塾してもらえるようになり、廃校を免れることができました。

これが私の自慢できることです。

廃校が決まっても責任感を持ち、生徒に向き合ったことは素晴らしく、大事な仕事を任せてみたいと思いますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

回答例③:筋トレの経験から目標達成力をアピール

あなたの自慢できることを教えてください

人事さん

就活生くん

私が自慢できることは筋肉です。

私は大学入学当初までかなり太っており、大学ではモテたいと思い、筋トレをし始めました。

目標は体脂肪率を一桁台にすることで、その目標を達成するために週5でトレーニングジムに通い続けました。

変わりたいと筋トレを続けた結果、大学2年生になるころには体脂肪率9%になっており、私の代名詞も筋肉となっていました。

目標を達成するうえで意識したことは、大きな目標を設定しつつ、大きな目標を達成するための小さな目標をいくつか立てて、こつこつと継続することです。

この経験から、どんなに大きな目標でも達成できると実感できたと共に、モテたいという思いは人を変えてしまうということを学びました。

少しコメディーチックな文章ですが、人間味が伝わってきて非常に良い自慢できる回答例です。

面接官が筋トレ好きであれば、盛り上がるりアイスブレークにもなると思います。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「自慢できること」を面接/ESで答えるポイント

就活生ちゃん

「自慢できること」の回答例もわかりましたが、具体的に注意することってありますか?

はい。次は「自慢できること」を面接/ESで答える時のポイントについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「自慢できること」を答える時のポイント
  • ポイント①:「自慢できること」は珍しい経験でなくても良い
  • ポイント②:自己PRよりもラフに話して良い
  • ポイント③:結果を簡潔に、わかりやすく

答えるポイントの詳細を見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ポイント①:「自慢できること」は珍しい経験でなくても良い

「自慢できること」を面接/ESで答えるポイント1目は「自慢できることは珍しい経験でなくても良い」です。

学生が珍しいと思ってることだとしても、社会でバリバリ働いている人からすれば全く「自慢できること」になりません。

例えば、「一年生から長期インターンで営業をしていました」と社会で営業をしている人に言っても、珍しくも何ともありませんよね。

つまり、何をしたかではなく、「なぜそれをしようと思ったのか」を伝えることを意識しましょう。

面接官からすれば学生の人間性が知りたいので、結果よりも過程の方が知りたいのです。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ポイント②:自己PRよりもラフに話して良い

「自慢できること」を面接/ESで答えるポイント2目は「自己PRよりもラフに話して良い」です。

自己PRではどうしても自分をアピールしなければいけないですが、自慢話では「どのような人なのか」を重視して見ているからです。

例えば、自慢できることでは「ガンプラを8年以上買い続けています。」でも大丈夫なのです。

しかし、自己PRでは自分の強みと経験談を合わせて言わなければならないので、ガンプラの話はできませんよね。

そのため、「自慢できること」について聞かれた際は気楽に答える意識でも大丈夫なのです。(ビジネスに結び付けて話しても大丈夫です。)

僕は「自慢できること」を聞かれたときはアイスブレイクだと捉えていました。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

ポイント③:結果を簡潔に、わかりやすく

「自慢できること」を面接/ESで答えるポイント3目は「結果を簡潔に、わかりやすく」です。

皆さんも、人の自慢話をだらだら聞きたくないですよね。(僕は嫌です笑)

例えば、「私の自慢できることは、アルバイトリーダーの経験からリーダーシップがあって、部活動をやっていた経験から忍耐力もあって、小学校から高校まで一度も休んだことがない経験から継続力と体調管理力があります」と言われても、素晴らしい経験ですが、何がいいたいのか分かりませんよね。

そのため、「自慢できること」は結論からわかりやすく話すことを心がけていきましょう。

面接でアピールしたいのはわかりますが、自慢できることは1に絞って話しましょう。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

「自慢できること」を面接やESで答える時の注意点

就活生ちゃん

やったー!「自慢できること」の答えるポイントもわかったし、これで面接に臨めますね!

まだ安心してはいけませんよ。「自慢できること」を答える際の注意点もいくつかあるので解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コウキ

「自慢できること」を答える時の注意点
  • 注意点①:ひたすら「自慢できること」だけを話すのはNG
  • 注意点②:仕事に直結しにくいことは話さない

ここから注意点です。

慎重に見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

注意点①:ひたすら「自慢できること」だけを話すのはNG

「自慢できること」を答える時の注意点1つ目は「ひたすら自慢できることだけを話すのはNG」です。

面接官は「どのような人間か」が分かればいいので、自慢話を聞きたいわけではありません。

その中で「自慢できること」から学生の人間性が分かりやすいので聞くのであって、自慢話だけを話しても質問意図とズレが生じてしまいます。

自慢話から「私は〇〇な人間です」ということを意識して話しましょう。

面接官の表情なども観察しながら話すことを心がけましょう。

口角が下がり始めたら、自慢話はやめたほうがいいです。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

注意点②:仕事に直結しにくいことは話さない

「自慢できること」を答える時の注意点2つ目は「仕事に直結しにくいことは話さない」です。

あくまで就職するための面接なのでビジネスに結びつくエピソードを話しましょう。

例えば、先ほど例に出したガンプラ集めでも「物事に継続して熱中し続けることができる」と捉えることができます。

それに比べて「私の自慢できることは、俳優の〇〇と飲みに行くほどの友達です」というようなビジネスにも自身の能力にも直結しないエピソードは全くアピールにつながりません。

つまり、ガンプラ集めなどの趣味でも言い方を工夫すれば仕事に直結することができ、面接官にアピールすることができるのです。

趣味でも自分の好きなことでも本気でやっていることを話せば、面接官に良い印象を与えることができます。

「就活の教科書」編集部 コウキ

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「自己PR」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「自己PR」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:「自慢できること」を話して人間性を伝えよう!

さていかがだったでしょうか。

今回は面接で「自慢できること」を聞かれたときの質問意図から回答例、答える時のポイント、注意点までを解説してきました!

今回の記事をおさらいしておきます。

今回のまとめ

「自慢できること」の質問意図

  • 質問意図①:どのようなことに興味を持つのかを知るため
  • 質問意図②:どのように突き詰めていけるのかを知るため
  • 質問意図③:自社で活躍できるかを見るため

「自慢できること」を答える時のポイント

  • ポイント①:「自慢できること」は珍しい経験でなくても良い
  • ポイント②:自己PRよりもラフに話して良い
  • ポイント③:結果を簡潔に、わかりやすく

「自慢できること」を答える時の注意点

  • 注意点①:ひたすら「自慢できること」だけを話すのはNG
  • 注意点②:仕事に直結しにくいことは話さない

 

「自慢できること」を答える際は、ただ自慢話をするのではなく、自身が「どのようなことが好きで」「どのようなことをしてきたのか」などの人間性が伝わるように結論から話すことを心がけましょう。

この記事を読んだあなたは「自慢できること」を面接やESで聞かれたとしてもばっちりですね!

「就活の教科書」編集部 コウキ

就活生くん

「自慢できること」と自己PRの違いが分かり、面接でもリラックスして答えることができそうです。

 

就活生ちゃん

今まではただ自慢できることだけを話していましたが、これからは私自身の人間性も意識して話していきたいと思います。

「就活の教科書」では内定者ライターや現役の就活ライターがリアルな就職活動の情報を解説しています。

ぜひほかの記事も読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 コウキ