>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】「ストレスを感じるとき」面接での答え方 | 質問意図や回答例も

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部の森山です。
この記事では、面接で「ストレスを感じるとき」を聞かれた時の答え方を解説します。
就活生の皆さんは、「あなたはどんなときにストレスを感じますか?」と面接で質問された場合、どのように答えますか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

改めて考えてみると、ストレスを感じるときって意識したことないかも・・・
面接で「ストレスを感じるとき」って聞かれることがあるんですか?

就活生ちゃん

この前、面接で「ストレスを感じるとき」を聞かれたんだけど、うまく答えられなかった…
「ストレスを感じるとき」の答え方を知りたいな。

「ストレスを感じるとき」を急に面接で聞かれても、答え方に困りますよね。
しかし「ストレスを感じるとき」は、面接やエントリーシート(ES)でも聞かれることの多い質問なので、対策が必要です。

「就活の教科書」編集部 森山

 

この記事では、「ストレスを感じるとき」面接での答え方を解説します。

合わせて、「ストレスを感じるとき」を面接官が聞く理由や、回答例注意点も紹介します。

この記事を読めば、「ストレスを感じるときを面接で聞かれたけど、思う様に答えられなかった・・・」なんてことを避けられます。

「ストレスを感じるときを面接でうまく答えられるようになりたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

「ストレスを感じるとき」と関連する質問は、以下の記事で答え方や例文を解説しているので、合わせて読んでみてください。

「ストレスを感じるとき」面接官が質問する意図

就活生ちゃん

そもそも、面接官が「ストレスを感じるとき」を聞く理由は何ですか?

面接官が「ストレスを感じるとき」を聞いてくるのは、3つの意図があります。

「就活の教科書」編集部 森山

「ストレスを感じるとき」面接官が質問する意図
  • 質問意図①:ストレスを感じるタイミングを知りたいから
  • 質問意図②:ストレス耐性を知りたいから
  • 質問意図③:ストレス解消法を知りたいから

面接官が「ストレスを感じるとき」を聞く3つの意図を、それぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

質問意図①:自社に合う人材か知るため

面接官が「ストレスを感じるとき」を聞く意図の1つ目は、「自社に合う人材か知るため」です。

業務上でストレスのかかる状況は多いため、ストレスを感じるときを確認する事で、自社に合う人材かどうかを面接官は確認しています。

また、ストレスを感じる状況は人によって異なるので、ストレスを感じるタイミングを通して、学生の人柄もわかります。

そのため面接官は、「ストレスを感じるとき」を就活生に質問します。

「ストレスを感じるとき」を知るだけで、学生の人柄までわかるなんて驚きですよね・・・
当たり前のことですが、「ストレスを感じるとき」が、志望企業に対して不利になるような回答は、絶対に避けましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

質問意図②:ストレス耐性を知るため

面接官が「ストレスを感じるとき」を聞く意図の2つ目は、「ストレス耐性を知りたいから」です。

ストレス耐性を知ることで、新卒で入社した人材が数年で離職してしまわないかを面接官は判断しています。

ストレスが原因で仕事を辞める人は多いため、企業側にとって、「ストレス耐性」は内定を出すための重要な判断材料になります。

そのため面接官は、ストレス耐性があるかを見極めるために、「ストレスを感じるとき」を質問をします。

ストレス耐性がないと思わせるような回答をしてしまうと、すぐに仕事を辞めてしまう人材だと判断されるので気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

質問意図③:ストレス解消法を知るため

面接官が「ストレスを感じるとき」を聞く意図の3つ目は、「ストレス解消法を知りたいから」です。

ストレス解消法を知ることで、仕事とプライベートのオン/オフを切り替えて、リフレッシュできるかを面接官を判断しています。

働くうえで、自分の好きな仕事だけでなく、気が乗らない仕事もあり、誰でも多少はストレスを感じるときがあります。

就活生のうちから独自のストレス解消法をもっていないと、入社後の離職につながり、企業にとっては損失になります。

そのため、面接官は、ストレス解消法を知るために「ストレスを感じるとき」を質問します。

就活生の皆さんは、嫌なことがあった時はどうしていますか?
学生のうちから、「私はこれでストレスを解消してます!」と言ったストレス発散法があれば、面接官をうまく納得させられるはずです。

面接官が「ストレスを感じるとき」を質問する理由がわかりましたね。
では次に、面接での「ストレスを感じるとき」の答え方を解説しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「ストレスを感じるとき」面接での答え方

就活生くん

面接官が「ストレスを感じるとき」を聞いてきた時は、どうやって答えれば良いですか?

「ストレスを感じるとき」の答え方は、以下の3つを意識して答えましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

「ストレスを感じるとき」の答え方
  • 答え方①:あくまでストレスを感じすぎないことを主張する
  • 答え方②:具体的なエピソードを述べる
  • 答え方③:ストレスの解消法を答える

それでは、面接での「ストレスを感じるとき」の3つの答え方を、それぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

答え方①:ストレスはあまり感じないことを主張する

面接での「ストレスを感じるとき」を答える時のポイント1つ目は、ストレスはあまり感じないことを主張するです。

ストレスはあまり感じないと主張することで、仕事でのストレスもうまく対処できる人材だと面接官に判断してもらえます。

例えば、「私はあまりストレスを感じることがなく、何においても楽しみを見つけられます。」のように答えましょう。

反対に、ストレスを普段から感じていることを主張すると、あなたの印象が悪くなり、面接を落とされてしまいます。

したがって、ストレスはあまり感じないことを主張しましょう。

ストレスを感じるときはあっても、ストレスに柔軟に対処できる性格であることをアピールできると最高ですね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

答え方②:具体的なエピソードを述べる

面接での「ストレスを感じるとき」を答える時のポイント2つ目は、具体的なエピソードを述べるです。

具体的なエピソードを話すことで、誰が聞いてもあなたのことをイメージしやすくなります。

例えば、「予定を詰め込みすぎてしまい、休む暇もなく動き続けてストレスを感じた」といった、具体的なエピソードを盛り込んで話しましょう。

反対に、具体的なエピソードがないと、面接官が知りたいことを伝えられず、あなたの魅力を理解してもらえない可能性があります。

そのため、「ストレスを感じるとき」を答える時は、実際のシーンが思い浮かぶぐらい具体的な表現をしましょう。

「ストレスを感じるとき」は、例え話を使って、誰が聞いても理解できるように答えましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

答え方③:ストレス解消法を答える

面接での「ストレスを感じるとき」を答える時のポイント3つ目は、ストレスの解消法を答えるです。

ストレス解消法を答えることで、仕事においてもストレスを感じたときに、自分でストレス解消ができる人物かどうか判断しています。

例えば、「私はストレスを解消するために、休日に美味しいものを食べます」といった、自分なりのストレス解消法を答えましょう。

ただし、パチンコなどのギャンブルや、公共の場で迷惑をかけるような行為は、印象が悪くなるので避けましょう。

「ストレスを感じるとき」を聞かれたら、ストレス解消法まで一緒に伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

面接で「ストレスを感じるとき」と面接官の質問意図が近い質問を以下の記事で紹介します。

同じことを質問された場合に、答え方を知っていると面接で上手に話せますよ。

合わせて、参考にしてくださいね。

 

「ストレスを感じるとき」面接での回答例

就活生ちゃん

「ストレスを感じるとき」の面接での答え方は分かったけど、実際の回答例があれば、イメージが湧きやすいです。
回答例があれば、いくつか教えてください。

それでは、「ストレスを感じるとき」を面接で答える時の回答例を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

回答例①:大事な試験前なのに、思ったように勉強が捗らないとき

 

私がストレスを感じるときは、大学の定期試験で思うように勉強が捗らないときです。

なぜなら、このまま試験当日を迎えてしまうと、テストで合格点を取れずに、単位を落としてしまうのではないかと不安になってしまうからです。

しかし不安になっていては、勉強に集中できず、本末転倒になってしまいます。

なので、勉強が捗らないときは、私は気分転換をするようにしています。

適度に休憩を取り、好きな音楽を聞きます。

そうすることで、気分がリフレッシュできて、勉強にも力が入ります。

このように私は、試験勉強で勉強が進まなくストレスを感じるときは、音楽を聞くことでストレスを解消しています。

 

この回答例は、具体的なストレス解消法が書かれていて良いですね。
また自分なりのエピソードが書かれているため、人柄がしっかりと伝わってきて、面接官を納得されられます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

回答例②:急に予定をキャンセルされて、予定がなくなってしまったとき

私がストレスを感じるときは、相手に予定をキャンセルされ、予定がなくなってしまったときです。

せっかく楽しみにしていた友達との予定がなくなってしまうと、私はストレスを感じます。

しかし私は、空いた時間に何もしないのは時間がもったいないと思う性格です。

なので、予定がなくなってしまったときは、趣味のカラオケに1人で行きます。

カラオケは1人で行っても楽しく熱唱できるので、スカッとストレスを解消できます。

このように私は、予定をキャンセルされてストレスを感じるときは、カラオケに行ってストレスを解消しています。

この回答例も、「ストレスをあまり感じないこと」「具体的なエピソードを述べる」「ストレス解消法を答える」の3つを踏まえて回答しています。
「ストレスを感じるとき」の内容がわかりやすく、納得がいきますよね。
就活生のみなさんも、「ストレスを感じるとき」の回答例を自分に置き換えて、答え方に意識しながら、回答を作ってみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「ストレスを感じるとき」面接で答える時の注意点

就活生ちゃん

面接での「ストレスを感じるとき」の答え方もバッチリです!
でも、「ストレスを感じるとき」を答える時の注意点があれば知りたいな。

では最後に、「ストレスを感じるとき」面接で答える時の注意点を紹介します。

「就活の教科書」編集部 森山

「ストレスを感じるとき」面接で答える時の注意点
  • 注意点①:「ストレスを感じるときがよくある」と言わない
  • 注意点②:嘘をつかない
  • 注意点③:仕事で感じやすそうなストレスを選ばない
  • 注意点④:社会人として問題のある事を言わない
  • 注意点⑤:ストレスの原因を他人をせいにしない

それでは、面接での「ストレスを感じるとき」の注意点を、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点①:「ストレスを感じるときがよくある」と言わない

「ストレスを感じるとき」を面接で答える時の注意点1つ目は、「ストレスを感じるときが良くあると言わない」です。

「ストレスを感じるときがよくある」と答えてしまうと、「仕事でもストレスを溜め込んで、仕事をすぐに辞めてしまう」と面接官に思わせてしまいます。

面接で落とされないためにも、「ストレスを感じるときがよくある」と答えることは避けましょう。

ストレスを感じるときはあっても、仕事に支障が出ない範囲の、軽度なストレスしか感じないこと伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点②:嘘はつかない

「ストレスを感じるとき」を面接で答える時の注意点2つ目は、嘘はつかない」です。

「ストレスを感じない」と嘘をついても、嘘をついていることは面接官に見破られるので避けましょう。

私生活において、人間関係などでストレスを感じるのは当たり前のことです。

面接官は、ストレスの経験から仕事の適性を判断していることが多いので、自分のストレス体験を正直に話しましょう。

嘘をついても、面接官はすぐに見破れます。
万が一、ストレスを感じるときが思いつかないのであれば、それを裏付けるようなエピソードを伝えておきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点③:仕事でも感じやすそうなストレスは言わない

「ストレスを感じるとき」を面接で答える時の注意点3つ目は、仕事でも感じやすそうなストレスは言わない」です。

ストレスを感じる内容が仕事にも当てはまる場合、仕事や周囲に影響を及ぼしてしまう人間だと面接官に判断されてしまいます。

例えば、「人に怒られる時にストレスを感じる」「自分の行動を注意される時にストレスを感じる」のような回答は避けましょう。

そのため、仕事にも当てはまりそうなストレスを答えるのは控えましょう。

応募職種で考えられるようなストレスを事前に分析しておけば、「ストレスを感じるとき」は上手く答えられます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点④:社会人として問題のある事を言わない

「ストレスを感じるとき」を面接で答える時の注意点4つ目は、社会人として問題のある事を言わない」です。

社会人として問題のある事を答えてしまうと、「社会人として最低限のマナーも身についてない」と面接官に判断されてしまいます。

例えば、「飲食店でタバコが吸えない時」「パチンコ等のギャンブルで負けた時」と答えるのはタブーです。

当たり前のことですが、面接には社会人としての自覚を持って臨みましょう。

 

注意点⑤:ストレスの原因を他人をせいにしない

「ストレスを感じるとき」を面接で答える時の注意点5つ目は、ストレスの原因を他人をせいにしない」です。

他人が原因でストレスを感じる人は、仕事でも同僚の行動でストレスを感じて、問題を起こす可能性がある」と面接官に判断されてしまいます。

例えば、「自分の指示通りに周囲が動かなくて、ストレスを感じた」という答えは、面接官に悪い印象を与えてしまいます。

したがって、責任を周りのせいにするような回答は避けましょう。

「ストレスを感じるとき」以外にも、面接では以下のような質問をされることがあります。
面接対策をしたい就活生は、以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

メモ

就活の教科書がおすすめする面接の練習方法は、就活エージェント「キャリアチケット」の活用です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、面接練習に加えて、就活相談やES添削などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:「ストレスを感じるとき」は面接官に人間性をアピールしよう

今回の、「【内定者が教える】「ストレスを感じるとき」面接での答え方 | 質問意図や回答例も」はいかがだったでしょうか。

 

この記事では、「ストレスを感じるとき」面接での答え方を解説しました。
合わせて、「ストレスを感じるとき」を面接官が聞く理由や、回答例注意点も紹介しました。
これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 森山

「ストレスを感じるとき」面接での答え方まとめ

「ストレスを感じるとき」面接官が質問する意図

  • 質問意図①:自社に合う人材か知るため
  • 質問意図②:ストレス耐性を知るため
  • 質問意図③:ストレス解消法を知るため

「ストレスを感じるとき」面接での答え方

  • 答え方①:ストレスはあまり感じないことを主張する
  • 答え方②:具体的なエピソードを述べる
  • 答え方③:ストレス解消法を答える

「ストレスを感じるとき」面接で答える時の注意点

  • 注意点①:「ストレスを感じるときがよくある」と言わない
  • 注意点②:嘘はつかない
  • 注意点③:仕事でも感じやすそうなストレスは言わない
  • 注意点④:社会人として問題のある事を言わない
  • 注意点⑤:ストレスの原因を他人をせいにしない

面接で「ストレスを感じるとき」を聞かれたら、戸惑ってしまうと思います。
そのため、「ストレスを感じるとき」と「ストレスの解消法」はセットにして答える事を忘れないでください。
そうすれば、他の就活生とも差をつけられるはずです。
ぜひ、この記事を参考にして、「ストレスを感じるとき」を考えてみてください。

「就活の教科書」編集部 森山