>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【怖くて苦手…】面接恐怖症になる原因 | 克服して面接を突破する方法も

この記事を読んでわかること
  • 面接恐怖症の人でも就職活動は上手くいく
  • 【面接あるある】面接恐怖症の就活生が面接を怖いと感じる理由
  • 面接が怖くならない克服方法5選

こんにちは!「就活の教科書」編集部のユリエです。

この記事では、面接恐怖症の就活生が面接が怖くなくなる方法を紹介します。

就活生の皆さんは、面接が上手くいかずに悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

面接の選考に連続で落ちて自信を喪失し、面接に行くのが怖いです。

どうすれば面接を克服できますか?

就活生くん

人前で話すことが苦手なので面接を受けるのが怖いのですが、どの企業も面接選考が必ずあり不安です。

面接が苦手な僕が就活を成功させられるのでしょうか…。

就活生のほとんどが面接を怖いと感じています。

ですが、事前準備や意識の持ち方次第で「面接が怖い」という気持ちを減らすことができますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

そこでこの記事では、面接恐怖症の人が面接が怖いと感じる理由について紹介します。

合わせて、面接が怖くならない方法5選も紹介します。

この記事を読めば、面接恐怖症を克服し面接で成功することができますよ。

面接が怖い」と感じる面接恐怖症の就活生は、ぜひ最後まで読んでください。

 

 

多くの就活生が面接恐怖症に悩んでいる

就活生ちゃん

私も就職活動の面接で何度も落ちてしまい、面接に行くのが怖くなってしまいました。

こんなにも面接が怖いと感じている就活生は、私だけなのでしょうか。

いいえ、違いますよ。

どの就活生もみんな、面接に対して怖いイメージを抱いています。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

就活生ちゃん

私以外にも面接恐怖症の就活生はいるのですね。

面接恐怖症になってしまったら、やはり就職活動は上手くいかないですか?

同じ選考パターンで何度も落ちてしまうと苦手意識が生まれて怖くなりますよね。

ですが、「面接恐怖症の就活生は就職活動に失敗する」という考え方は大きな間違いです。

面接恐怖症の就活生でも努力次第で面接恐怖症を克服することができますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

面接恐怖症を克服するには具体的にどう努力すればいいのでしょうか。

面接が怖く感じる原因を分析し、その原因に対して対策を行いましょう

入念に対策を行うことで自信に繋がり、面接恐怖症を克服できます。

具体的に面接が怖く感じる理由と面接が怖くならない方法を教えますね!

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

面接恐怖症の就活生が面接を怖いと感じる理由

就活生くん

僕は面接を怖いと感じている原因を具体的に分析できません。

面接恐怖症になった原因は何なのでしょうか。

面接が怖いと漠然と感じているだけでは、どう克服していいかわからないですよね。

ここで面接恐怖症の就活生が面接を怖く感じる理由を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

面接恐怖症の就活生が面接を怖いと感じる理由
  • 理由①:緊張しすぎて面接中に頭が真っ白になるから
  • 理由②:過去の面接での失敗がトラウマになっているから
  • 理由③:人と話すのが苦手だから
  • 理由④:集団面接で他の就活生の出来具合と比べてしまうから
  • 理由⑤:面接対策を万全にできていないから

それでは面接恐怖症の就活生が面接を怖いと感じる理由を1つずつ紹介しますね。

面接を怖く感じる理由を知ることで、面接恐怖症の克服方法が具体的に見えてきますよ

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

理由①:緊張しすぎて面接中に頭が真っ白になるから

面接恐怖症の就活生が面接を怖いと感じる理由の1つ目は、緊張しすぎて面接中に頭が真っ白になるからです。

面接は初対面の面接官を相手に話さなければならないので、就活生は誰でも緊張すると思います。

ですが、過度に緊張してしまうと話す内容すべてを忘れてしまい、全く言葉が出てこなくなるのです。

普段から緊張しがちな就活生は、面接で頭が真っ白になってしまい面接を怖く感じるパターンの人が多いですね。

面接に慣れていない段階の就活生もこのパターンは非常に多いですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

理由②:過去の面接での失敗がトラウマになっているから

面接恐怖症の就活生が面接を怖いと感じる理由の2つ目は、過去の面接での失敗がトラウマになっているからです。

例えば、言葉が出てこず面接官の前で黙ってしまったなどの過去に面接で失敗した経験があると、「今回も同じ失敗したらどうしよう」と不安になりますよね。

また、過去の面接で上手く答えられなかった質問をされたときに、内心ギクッとすることもよくあります。

過去の面接の失敗がトラウマになって面接恐怖症になるケースは、多くの就活生が抱える悩みです。

私も志望動機を上手く答えられなかった経験をして以降、志望動機を答える際にとても緊張するようになりました…

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

理由③:人と話すのが苦手だから

面接恐怖症の就活生が面接を怖いと感じる理由の3つ目は、人と話すのが苦手だからです。

人見知りの就活生は、初対面の人と話すことに苦手意識がありますよね。

面接官も初対面の相手になるので、「上手く話せなかったらどうしよう」と不安が生じてしまいます。

このような話すことへの苦手意識に対する不安が、面接を怖く感じさせる原因の1つです。

私も人見知りだったので、初対面の人と話す機会を日常的に設けることで克服にチャレンジしました!

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

理由④:集団面接で他の就活生の出来具合と比べてしまうから

面接恐怖症の就活生が面接を怖いと感じる理由の4つ目は、集団面接で他の就活生の出来具合と比べてしまうからです。

集団面接では、面接が得意な就活生や話すのが上手な就活生と被ることがあります。

自分より話すのが上手な就活生と被った時に、「自分はあの就活生よりも劣っている」「自分がこの面接で落とされそうだな」と思ってしまった経験はありませんか?

このように、集団面接で他の就活生と比較して自分に自信がなくなり、面接恐怖症になるパターンもあります。

集団面接は、他の就活生の良い部分を盗むことができる場であると同時に、自分の実力を感じるつらい場でもありますよね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

理由⑤:面接対策を万全にできていないから

面接恐怖症の就活生が面接を怖いと感じる理由の5つ目は、面接対策を万全にできていないからです。

面接対策を十分にしていないと、「対策していない質問をされた際に上手く答えられないかもしれない」という不安が生じます。

対策不足によって生まれた不安が、結果的に面接への自信を減らしてしまいます

このように、面接対策不足で面接恐怖症になってしまう就活生は多く存在します。

面接恐怖症が原因で面接への抵抗感がさらに増し、対策のやる気がなくなることで対策が不十分になっている就活生も多いです。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

【必見!】面接が怖い人が克服する方法5選

就活生ちゃん

面接恐怖症の私でも、面接を得意にすることはできますか。

面接恐怖症の人でも、対策を行えば面接が怖くなくなり得意にすることができますよ。

面接恐怖症の就活生でも簡単にできる、面接が怖くならない方法5選を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

面接が怖くならない方法5選
  • 方法①:定番の質問の回答は、事前に考えて話す練習を何度も行う
  • 方法②:先輩や大学のキャリアセンターの人に面接練習をしてもらう
  • 方法③:自己分析、業界/企業研究など、事前準備を入念に行う
  • 方法④:面接官と「会話する気持ちで」面接に臨む
  • 方法⑤:明るく笑顔でハキハキと話すことを意識する

 

方法①:定番の質問の回答は、事前に考えて話す練習を何度も行う

面接が怖くならない方法の1つ目は、定番の質問の回答は、事前に考えて話す練習を何度も行うです。

定番の質問は何度も話す練習を行っておけば、相手に伝わりやすくスムーズに話すことができます。

学生時代頑張った事は?」「30秒程度で自己PRをしてください。」などは、どの企業でもある程度似た回答になりますよね。

何度も練習し、ある程度話の流れを頭に入れておきましょう。

話す練習をする際に動画を撮ると、自分の表情や話の内容を客観的に見ることが出来ますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法②:先輩や大学のキャリアセンターの人に面接練習をしてもらう

面接が怖くならない方法の2つ目は、先輩や大学のキャリアセンターの人に面接練習をしてもらうです。

面接練習では、自分の持っていない視点から自分の話を聞いてもらうことができますよね。

自分ではわかりやすく話しているつもりでも、初めて聞く相手からするとわかりにくい部分がある場合があります。

面接練習を行いフィードバックをもらうことで、相手により伝わりやすい内容・話し方に変化させることができますよ。

また、人前で話すことや本番の空気感にも慣れることができるので、おすすめです。

面接練習を行う就活イベントに参加したり、就活エージェントに依頼するのも1つの方法ですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法③:自己分析、業界/企業研究など、事前準備を入念に行う

面接が怖くならない方法の3つ目は、自己分析、業界/企業研究など、事前準備を入念に行うです。

面接で聞かれる質問の答えの土台になっているのは、自己分析と業界/企業研究です。

自己分析や業界/企業研究を十分にできていないと、面接での受け答えで自信のなさそうな印象を与えたりスムーズな受け答えができなくなります

面接に自信の持てない面接恐怖症の就活生は、事前準備を念入りに行うことで面接への自信に繋げることができますよ。

自己分析、業界/企業研究は手間がかかりますが、面接恐怖症を根本的に克服できる方法ですよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法④:面接官と「会話する気持ちで」面接に臨む

面接が怖くならない方法の4つ目は、面接官と「会話する気持ちで」面接に臨むです。

面接恐怖症の就活生の多くは、「自分のことを伝えないと!」と必死になりすぎるあまり、質問の意図にそぐわない回答をしていることが多いです。

例えば、話すことがまとまらず面接官の質問に対してずれた回答をしてしまい、頭が真っ白になった経験はありませんか。

面接で質問に答える際には、まずいったん深呼吸をして「面接官の知りたいことは何だろう」と面接官の質問の意図を冷静に考えた上で、「会話をする」ことを心掛けましょう。

面接を「自分のことをアピールする場」でなく「自分と企業の相性を確かめ合う場」と捉えると、面接恐怖症を克服できますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法⑤:明るく笑顔でハキハキと話すことを意識する

面接が怖くならない方法の5つ目は、明るく笑顔でハキハキと話すことを意識するです。

「面接が怖い」と考えながら面接に臨むと、面接への恐怖心や自信のなさをすぐに面接官に見抜かれてしまいます。

ですが、面接で自信のなさげな就活生より、笑顔で明るい自信のある就活生の方が魅力的に映りますよね。

「明るく、笑顔で、ハキハキと」を少しでも意識することで、面接官に緊張や自信の無さが伝わりにくい、堂々とした印象を与えることができます

私は①面接前に笑顔の練習をすること②面接中は大きな声で話すことを意識していました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

面接官は就活生を落とそうと見ているわけではない

就活生くん

自分の答えられない質問を面接官の人にされると、面接官の人が怖く見えてきます。

たしかに面接されている側から見ると、面接官は怖く見えますよね…。

ですが、面接官も皆さんを落とそうとして見ているわけではありませんよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

ではどのようなところをみているのでしょうか。
面接官は自社の求めている人物像や自社の雰囲気に合うかを見るために、面接の中で就活生の性格やパーソナリティ、考え方を引き出そうとしています。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生くん

面接で落ちてしまった時に、自分のすべてを否定されたような気持になってしまうのですが…

面接で落ちたとしても、「単にその企業と自分の相性が合わなかっただけ」です。

何個かの面接に落ちただけで、自分の人格を否定されたような気持ちになる必要はありませんよ。

落ちた際はショックですが、徐々に気持ちを切り替えて次の選考にチャレンジしましょうね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:面接恐怖症でも面接を克服できる

この【怖くて行けない】面接恐怖症になる原因 | 克服する方法もの記事はいかがだったでしょうか。

この記事では面接恐怖症の人が面接を怖く感じる原因を紹介しました。

また、面接が怖くならない方法5選も紹介しました。

最後にこの記事の特に大切な部分をまとめておきます。

まとめ

◆多くの就活生が面接恐怖症に悩んでいる

 

◆面接恐怖症の就活生が面接を怖いと感じる理由

  • 理由①:面接対策を万全にできていないから
  • 理由②:過去の面接での失敗がトラウマになっているから
  • 理由③:人と話すのが苦手だから
  • 理由④:緊張しすぎて面接中に頭が真っ白になるから
  • 理由⑤:集団面接で他の就活生の出来具合と比べてしまうから

 

◆【面接恐怖症の就活生でも簡単にできる】面接が怖くならない方法5選

  • 方法①:定番の質問の回答は、事前に考えて話す練習を何度も行う
  • 方法②:先輩や大学のキャリアセンターの人に面接練習をしてもらう
  • 方法③:自己分析、業界/企業研究など、事前準備を入念に行う
  • 方法④:面接官と「会話する気持ちで」面接に臨む
  • 方法⑤:明るく笑顔でハキハキと話すことを意識する

 

◆面接官は就活生を落とそうとして見ているわけではない

 

◆まとめ:面接恐怖症でも面接を克服できる

面接恐怖症の就活生でも、事前準備を入念に行うなどの対策をすれば、面接恐怖症を徐々に克服することができます。

この記事を参考にして、一緒に面接恐怖症を克服していきましょう。

他にも就活の教科書には役立つ記事がたくさんあります。

ぜひ読んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

「就活の教科書」編集部 ユリエ