【頭脳労働】頭を使う仕事・職種9選 | 年収ランキング,向いてる人も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では頭を使う仕事についてご紹介します。

あわせて、頭を使う仕事の特徴を説明します。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば頭を使う仕事に関する理解が深まります。

頭を使う仕事に就きたいと考えている就活生の皆さんはぜひ最後まで読んでください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

そもそも頭を使う仕事ってどんな仕事?

頭を使い仕事とは

就活生ちゃん

そもそも頭を使う仕事ってどんな仕事なのでしょうか?

まずは頭を使う仕事とはどのような仕事なのか、確認することから始めましょう。

頭を使う仕事は大きく分けて以下の二つに分けることができます。

それぞれについて順番にご紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

種類①:「知識やスキルが必要な仕事」

頭を使う仕事の中には、「知識やスキルが必要な仕事」が含まれます。

知識や技能が必要な仕事とは、ある分野についての専門的な知識やスキルを活かして、依頼者の課題解決を手助けしたり、システムを運用したりする仕事です。

このような仕事の中には、仕事につくために国家資格の取得が必要なものや、技術革新などで新しい知識や方法が次々に登場するために勉強し続けることが必要な仕事も多くあります。

種類②:「創造性が求められるクリエイティブな仕事」

創造性が求められるクリエイティブな仕事」も頭を使う仕事です。

様々なもののデザインを行ったり、新しい製品や作品を創り出したりすることが主な仕事内容となります。

自分が作りたいものだけでなく、環境に配慮した素材を考えたり、クライアントや消費者が望んでいるようなデザイン・製品を考える必要があります。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

頭を使う職種一覧

頭を使う職種一覧

就活生くん

頭を使う仕事とは、専門的な知識やスキルが必要な仕事、クリエイティブさが求められる仕事を指すことはわかりましたが…具体的な職種が気になります!

では具体的な職種をいくつかまとめてご紹介します。

気になる職種がないか、チェックしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

◆頭を使う職種一覧

  • 頭を使う職種①:IT系エンジニア
  • 頭を使う職種②:コンサルティング
  • 頭を使う職種③:法務従事者
  • 頭を使う職種④:デザイナー/クリエーター
  • 頭を使う職種⑤:研究者・教育関係者
  • 頭を使う職種⑥:医療従事者
  • 頭を使う職種⑦:経理・財務
  • 頭を使う職種⑧:政治家
  • 頭を使う職種⑨:経営者
  • 頭を使う職種⑩:企画職
  • 頭を使う職種⑪:マーケター
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

頭を使う職種①:IT系エンジニア

頭を使う職種1つ目は、IT系エンジニアです。

IT系エンジニアとは、情報技術(Information Technology)を駆使してアプリケーションやシステムを設計・開発する技術者の総称です。

IT系技術は次から次へと技術革新が行われて急速に発展しているので、IT系技術に関わる職種についている人々は新しい知識やスキルを習得し続ける必要があります。

そのため、システムを構築したり運用したりする普段の仕事に加え、新しい技術や知識を身に着けるためにも頭を使うことが多いでしょう。

IT系エンジニアは業務や役割によって様々な職種に分かれていて、以下の様な職種が含まれます。

◆IT系エンジニア職種一覧

  • プログラマー
  • システムエンジニア(SE)
  • インターネットエンジニア
  • WEBエンジニア
  • テクニカルサポート
  • 制御・組込みエンジニア
  • IoTエンジニア
  • システム運用

ITエンジニアは年収が比較的高く、自由に働けることが多いためおすすめの職種です!

エンジニア就職ではポートフォリオの作成など、一般的な就活とは異なる選考があるため、就活エージェントの利用がおすすめです。

「レバテックルーキー」を利用すれば、プロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

「レバテックキャリア」では専任の担当者からサポート(職務経歴書添削、面接対策など)が受けられ、希望するIT企業への転職成功率がアップします!

就活アドバイザー 京香

頭を使う職種②:コンサルティング

頭を使う職種2つ目は、コンサルティングです。

クライアントの課題を解決するために、ある分野についての豊富な経験と深い知識をもとに解決策を示し、企画の立案や実行などを手伝う業務をまとめてコンサルティングと言います。

まずはクライアントから話を聞いて課題を分析し、解決方法及び戦略を見つけます。

その後、解決方法や戦略を実行するための具体的な計画を練り、マネジメントしながらクライアントを課題解決に導くことが仕事です。

コンサルティングには専門分野での深い知識や、課題を把握するための分析力が求められます。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

頭を使う職種③:法務従事者

頭を使う職種3つ目は、法務従業者です。

法務従事者について辞書を見ると以下のように示されています。

法務従事者:裁判官、検察官、弁護士及びその他司法に関連する専門的な仕事に従事するものをいう。

引用:Weblio国語辞典

法務従事者の仕事内容は、法律の知識を活かして裁判に関わったり、依頼人の課題の解決を手助けすることです。

代表的な法務従事者の三つの職業の仕事は以下のようになっています。

◆代表的な法務従事者(裁判官・検察官・弁護士)の仕事内容

  • 裁判官…裁判を起こしてきた人(原告や検察官)と裁判を起こされた相手の人(被告や被告人)の話をよく聞いて,法律に従って中立な立場から判断する
  • 検察官…刑事事件(刑法に違反する事件)や告訴のあった事件の捜査を行い、犯罪や違法行為をした人・法人(被告人)を裁判所に訴える(起訴する)
  • 弁護士…依頼人の裁判手続きや交渉を代理で行ったり、依頼人の法律相談にのってアドバイスしたりする

法務従事者になるためには、国家資格を取得するために司法試験や司法書士試験などを受ける必要があります。

また、法務従事者として仕事に就いた後も、担当する裁判の参考になるような判例を学んだり、新たな法律についての知識を習得したりするために頭を使う必要があります。

また、「この職業の他に自分が向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

頭を使う職種④:デザイナー/クリエーター

頭を使う職種4つ目は、デザイナー/クリエーターです。

デザイナーとは雑誌やポスター、ファッションアイテム、電化製品、WEBサイトなど様々なもののデザインを担当する仕事の総称です。

クリエーターとは「創造する人」と言う意味で、ものづくりに関わる様々な仕事の総称です。

デザイナーやクリエーターには創造性が求められますが、自分の作りたいものだけでなく、市場や消費者・クライアントの意向を踏まえた製品やデザインを考える必要があります。

頭を使う職種⑤:研究者・教育関係者

頭を使う職種5つ目は、研究者・教育関係者です。

様々な学術分野で新たな知識や法則などを発見したり、科学的な知識・法則の新しい活用方法を見つけたりするために探求する人を研究者と呼びます。

研究者は大学や国立研究所などの研究機関だけでなく、医薬品メーカーのような民間企業まで幅広い場所で活躍しています。

研究者になるためには、大学から大学院に進学して自分の専門分野に対する学びを深めてから、大学や国立の研究所などの研究機関に所属したり、民間の企業の研究部門に就職したりすることが一般的です。

研究者として働くようになってからも、日々新たな知識を身に着け、それを踏まえて新たな知識や法則を見つけ出すために頭を使って考え続ける必要があります。

教育関係者とは学校教諭や教育機関の講師の他、教材開発・作成者、学校で子どもや保護者などにカウンセリングをする仕事、図書館司書などの教育に関わる職種の総称です。

教育に関わるためには、人に教えることの出来る知識を習得するために事前に勉強することが欠かせません。

児童や生徒に対してどのように教えたらよいのかを考えたり、どのような問題が適しているのかを考えるのにも頭を使う必要があるでしょう。

教育関係者になるためには、教員免許を取って教員採用試験を受けて教師として採用されたり、教育関係の企業に就職したりするなど、色々な方法があります。

自分に合った教育への関わり方を見つけるとよいでしょう。

就活アドバイザー 京香

頭を使う職種⑥:医療従事者

頭を使う職種6つ目は、医療従事者です。

医療従事者とは、国家資格を有し、医療機関に従事して専門の医療行為をする人を指します。

医療技術者には以下の様な職業が含まれます。

◆医療従事者

  • 医師
  • 看護師
  • 助産師
  • 救急救命士
  • 歯科医師
  • 歯科衛生士
  • 薬剤師
  • 保健師
  • 理学療法士
  • 診療放射線技師
  • 臨床検査技師

医療従事者になるためには国家資格を取得するために医師国家試験や看護師国家試験を受ける必要があります。

また、新しい医学知識や医学療法が次から次へと出てくるので、それらを取り入れるために継続して勉強することが必要な職種と言えそうです。

頭を使う職種⑦:経理・財務

頭を使う職種7つ目は、経理・財務です。

経理とは、日常で会社が使うお金(経費)の流れや行われた取引について記録する役割を担っている事務職を指します。

財務は企業の資金繰り、予算管理、資金調達など、事業活動に必要なお金を集めて管理する業務を担当しています。

経理や財務になるために必ず取得しなければならない資格はありませんが、公認会計士資格や日商簿記検定の資格を取得しておくと、就職する際のアピール材料として役立ちます。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

頭を使う職種⑧:政治家

頭を使う職種8つ目は、政治家です。

政治家とは、国に関する立法・行政を担う国会議員、都道府県・市区町村のことを担う地方議会議員、地方自治体の長である首長の総称です。

人々の暮らしを守るための法律を考えたり、予算を審議したり、条例を作るために討論したりすることが政治家の仕事です。

人々の暮らしを分析し、どのように改善すべきかを日々考えて政策に反映していくことが求められます。

頭を使う職種⑨:経営者

頭を使う職種9つ目は、経営者です。

経営者とは、会社法では「代表取締役」、組織では「社長」、自営業では「個人事業主」と呼ばれ、会社や経営に関する最終決断を下し、全ての責任を持つ人を指します。

経営者の主な役割としては、「事業の内容の最終的な決定」「人材の配置の最終決定」「資金の配分の最終決定」です。

経営者は会社の利益や資金を増やし、会社を安定して成長させていくために頭を使って考えることが求められる仕事だと考えることができます。

頭を使う職種⑩:企画職

頭を使う職種10つ目は、企画職です。

企画職とは、新たな商品・プランを考案する仕事です。

企画職は、消費者のニーズを基に新たなものをつくりあげる仕事のため、頭を使うことがメインの仕事になります。

頭を使う職⑪:マーケター

頭を使う職種11つ目は、マーケターです。

マーケターとは、消費者の動向を分析し、経営方針を考案する仕事です。

どのような分析をすると傾向が見えやすいかを考えたり、データをもとに経営方針を考えたりと、”考える”ことがメインになります。

自分に合った仕事や適職はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、適性診断AnalyzeU+で自分の性格を診断するのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「手っ取り早く自分の適職を知りたい」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【年収でみる】頭を使う職業ランキング

就活生ちゃん

頭を使う職業って年収が高かったり、就くのが大変そうなイメージがあるのですが…。

実際にはどんな職業があるんでしょうか?

確かに頭を使う職業には資格や技能が必要である分、給与が高いイメージがありますね。

では頭を使う仕事には具体的にどんなものがあるのか、ランキング形式で見ていきましょう。

以下のランキングは、政府が公表する 令和3年賃金構造基本統計調査のもとに作成いたしました。

就活アドバイザー 京香

職業 年収
1 医師 1248万
2 大学教授 1069万円
3 航空機操縦士 1056万円
4 その他の経営・金融・保険専門職業従事者 1005万円
5 法務従事者 938万円
6 大学准教授 852万円
7 管理職業従事者 830万円
8 機械技術者 816万円
9 歯科医師 773万円

参照:令和3年賃金構造基本統計調査

※年収は(所定内給与額)×12か月+(年間賞与とその他特別給与額)とし、千円単位で四捨五入しています。

 

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

就活生くん

僕に向いている仕事って本当に存在するのかなぁ・・・?

世の中にあるいろいろな仕事についてもっと知りたいです!

わかりました。

いろいろな職業/仕事について以下にまとめました。

自分に適した仕事を見つけるのに役立ちますので、ぜひ読んでください!

就活アドバイザー 京香

いろいろな仕事一覧

◆ 稼げる系の仕事

20代で年収1000万稼げる / 20代で年収600万稼げる / 20代で年収500万稼げる / 20代で年収400万稼げる / 初任給が30万円以上 / 男性が稼げる / 女性が稼げる / これから儲かる変わってるけど高収入 / やればやるだけ稼げる

◆ 業界/分野ごとの仕事/職種

スポーツ / 動物 / テレビ / 美容 / 自然 / 音楽 / デザイン / 映画 / ファッション / ゲーム / 宇宙 /  / 教育 / 文系の営業以外 / 文系 / 歴史 / ものづくり

◆ 性格別の適職

プレッシャーを感じたくない / 大雑把な / 目立ちたがり / 優しい / 人付き合いが苦手 / 責任感が強い / 人と接したくない / 動作性・言語性IQが高い / マルチタスクが苦手 / 心配性 / 洞察力がある / 感受性が強い / 完璧主義 / 内向型 / 癒し系 / 天然 / 自信がない / 器用貧乏 / 自己肯定感が低い / 一点集中型 / おとなしい

◆ 好きなこと/得意なこと別の適職

話す / 話を聞く / 数学 / ゲーム / 考える /  / 海外に行く / 文章を書く / 体を動かす / 頭を使う / 芸能人に会える / パソコンを使う / 聴覚優位 / 手先が器用 / 英語を使う / 職人気質 / オタ活 / スポーツ  /  / 空想 / パズル  / 絵を描く

◆ ホワイト系の仕事

休みが多くて給料が良い / ノルマの少ない / スローライフに適した / 時間に縛られない / ストレスが少ない / 残業が少ない / 体力がなくてもできる / デスクワークができる / 平日休み / ノマドワーカーに適した / 土日祝休み / 働く場所を選ばない / 働きたくない / 朝起きなくていい / プライベートを優先できる / のんびりできる / 子育てしながらできる

◆ 人との関り方別の適職

人を喜ばせる人前に立つ / 人をサポート / 人のためになる / 人に寄り添う / 人と関わる / 人を笑顔にする / 人の役に立つ / 黙々と作業 / 一人が好き人助けができる  / 個人プレー  / 一人で開業

◆ その他の仕事

おしゃれ / かっこいい / 女性がかっこいいと思う  / あまり知られていない / 20代女性に人気 / 人気 / 女性が就いてよかった将来なくなる / これから需要が増える / 資金なしで始められる / 学歴関係ない / 食いっぱぐれない / 手に職をつけたい / ますかけ線がある / 左脳派右脳派 / 夜型人間 / 左利き / 女性起業 / 現場仕事 / ネイルOK / 髪色自由 / 私服・服装自由

◆ 向いている/向いていない人の特徴

事務職向き / 専門職向き / 不動産営業向き / メーカー営業向き / インサイドセールス向き / 技術営業向き / 金融業界向き / 新卒フリーランス向き / 外資系向き / シンクタンク向き / 公務員向き / 接客業不向き / 総合職不向き

                                                   

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

頭を使う仕事に簡単に就職する方法

頭を使う仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、頭を使う仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、頭を使う仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

自分に合った仕事や適職はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、適性診断AnalyzeU+で自分の性格を診断するのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「手っ取り早く自分の適職を知りたい」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

頭を使う職業に向いている人の特徴

頭を使う職業に向いている人の特徴

就活生くん

どんな仕事が「頭を使う仕事」と呼ばれているのかがわかりました!

僕は「頭を使う仕事」、特にコンサルティング業に就きたいなと考えているのですが…。

自分が頭を使う仕事に向いているか自信がないです…。

頭を使う仕事に向いている人の特徴をいくつかご紹介するので、確認していきましょう!

就活アドバイザー 京香

◇頭を使う職業に向いている人の特徴

  • 特徴①:「学ぶ」ことで成長することに楽しみを見出す
  • 特徴②:洞察力・分析力がある
  • 特徴③:想像力・発想力が豊か
  • +α:考えることが好きな人

特徴①:「学ぶ」ことで成長することに楽しみを見出す

頭を使う職業に向いている人の特徴1つ目は、「学ぶ」ことで成長することに楽しみを見出すことです。

頭を使う仕事には、技術の発展や新たな知識や法則の発見により、働くうえで新たな知識やスキルを習得し続ける必要がある職種が多く含まれています。

そのため、日々新たな知識やスキルを学び成長しようとする意欲がある人、新しい知識やスキルを身に着けることに対して喜びを覚える人は頭を使う仕事に向いていると考えられます。

特徴②:洞察力・分析力がある

頭を使う職業に向いている人の特徴2つ目は、洞察力・分析力があることです。

頭を使う仕事には、クライアントの相談に乗って適切な解決方法やアドバイスを考えたり、患者を治療したり、生徒一人一人に合った勉強方法を提供して成績向上のお手伝いしたりする仕事が含まれます。

以上のような仕事では、問題点や課題点を正確に把握するために鋭い洞察力・分析力が求められます

また、人々のニーズを上手に捉える必要がある経営者や政治家のような職種でも洞察力・分析力は役立ちます。

そのため、洞察力・分析力がある人は頭を使う仕事に向いていると言えるでしょう。

特徴③:想像力・発想力が豊か

頭を使う職業に向いている人の特徴3つ目は、創造力・発想力が豊かであることです。

頭を使う仕事のうち創造性が求められるクリエイティブな仕事には、豊かな創造力・発想力が欠かせません。

クリエーターやデザイナーが手掛ける芸術品の創作や発明の他、新たなビジネスアイデア、商品企画、クライアントの課題への対処を考える時など、創造力・発想力は様々な場面で役立ちます。

+α:考えることが好きな人

そのほか「頭を使うこと=考えること」と考えると、考えることが好きな人も頭を使う仕事に向いていると言うことができるでしょう。

以下の記事では考えることが好きな人の特徴や見ている仕事について詳しくご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【頭を使う職業は苦手に感じるかも】頭を使う仕事に向いていない人の特徴

就活生ちゃん

私は、もしかしたら頭を使う仕事に向いていないかもしれません…。

頭を使う仕事が向いていない人の特徴を教えてもらえませんか?

分かりました。

頭を使う仕事は向いていないかもしれない人の特徴をいくつかご紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

◇頭を使う仕事に向いていない人の特徴

  • 特徴①:頭より体を動かした方が気分は楽
  • 特徴②:臨機応変に対応するのが苦手

特徴①:頭より体を動かした方が気分は楽

頭を使う仕事に向いていない人の特徴1つ目は、頭より体を動かした方が気分は楽なことです。

座って経営戦略を考えたり新しいデザインを考えたりするよりも、体を動かして物を運んだり誰かの身体的なサポートをしたりする方が好きな人もいらっしゃると思います。

また、例えば建設業であれば施工が完了した建物を見ることで達成感を感じると言う方がいるように、体を動かして進める仕事は成果が目に見えてわかるため、充実感や達成感が味わえる場合も多いでしょう。

以上のように、頭を動かす仕事よりも体を動かす仕事の方が好きだったり達成感を感じると言う方は、頭を使う仕事はあまり向いていないと考えられます。

以下の記事では、体を動かすのが好きだと言う就活生の皆さん向けに、体を動かす様々な仕事をご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

特徴②:臨機応変に対応するのが苦手

頭を使う仕事に向いていない人の特徴2つ目は、臨機応変に対応するのが苦手なことです。

頭を使う仕事の中には、クライアントの要望に合わせて経営戦略や製品のデザインを考えたり、患者一人一人に合った治療方法を考えたりと、事例ごとに適切な対応を考える必要がある仕事が多く含まれます

また、政治家や経営者であれば、不測の事態に対処することが求められることも少なくありません。

そのため、臨機応変に対応するのが苦手だった場合、頭を使う仕事は向いていない可能性があると言えるでしょう。

自分に合った仕事や適職はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、適性診断AnalyzeU+で自分の性格を診断するのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「手っ取り早く自分の適職を知りたい」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

頭を使う仕事が向いていないと感じたら

就活生ちゃん

私、もしかしたら頭を使う仕事が苦手で向いていないのかもしれません!

頭を使うより体を動かしている方が気が楽かもしれないです…。

頭を使う仕事が苦手で向いていないと感じたら無理をせずに、向いている仕事を探しましょう。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

どうやって探したらいいんでしょうか…?

先程、「体を動かしている方が気が楽」と言っていましたよね?

求人サイトで「体を動かす仕事」等の検索キーワードで調べてみましょう。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

自分に向いている仕事が全然わからない場合はどうすればいいのでしょうか…?

就活エージェントに相談する方法もお勧めです。

就活エージェントとは就活に関するあらゆることをサポートしてくれるサービスで、貴方の強みや適性に合わせた求人を紹介してくれます。

以下の記事では就活エージェントについて詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

なるほど!

自分に向いている仕事が分からない私は、就活エージェントを利用してみようかなと思います!

◆頭を使う仕事が向いていないと感じたら…

  • 求人サイトで「体を動かす仕事」などのキーワードを入力して探す
  • 就活エージェントに相談してみる

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

頭を使う仕事の特徴とは?

頭を使う仕事の特徴

就活生くん

少しずつ頭を使う仕事についてわかってきたような気がします。

では、頭を使う仕事を特徴を改めてまとめてご紹介しますね!

就活アドバイザー 京香

◆頭を使う仕事の特徴

  • 特徴①:専門的な知識やスキルが必要である
  • 特徴②:資格や免許が必要な場合もある
  • 特徴③:経験やスキルによって収入が変化する傾向にある
  • 特徴④:変化や状況に柔軟に対応していくことが求められる
  • 特徴⑤:比較的高収入である

特徴①:専門的な知識やスキルが必要である

頭を使う仕事の特徴1つ目は、専門的な知識やスキルが必要であることです。

頭を使う仕事の多くは、自分の持っている専門的な知識やスキルを活かしてクライアントの課題の解決方法を探したり、患者の治療を行ったり、システムを構築・運用したりする仕事になります。

そのため、IT関連の知識やマーケティングの知識、医療知識、法律の知識など、何らかの分野において専門的な知識や技術を有していることが求められます

特徴②:資格や免許が必要な場合もある

頭を使う仕事の特徴2つ目は、資格や免許が必要な場合もあることです。

頭を使う仕事の中には弁護士や裁判官、医者、学校教諭のように、仕事に就くうえで国家資格や免許が必要な場合も多いです。

前述したように専門的な知識やスキルを求められることが多い頭を使う仕事の中でも、業務を行うにあたって初めからある一定程度の知識やスキルが必要である場合は資格や免許が必要となります。

資格取得のために多くの時間をかけて勉強する必要があり、尚且つ仕事に就いてから働いていく中で知識の更新が必要となる場合も多いです。

特徴③:経験やスキルによって収入が変化する傾向にある

頭を使う仕事の特徴3つ目は、経験やスキルによって収入が変化する傾向にあることです。

例えばデザイナーであれば、経験を積んでいくうちに名前が知られていくと受ける依頼の規模が大きくなって収入が変化することが考えられます。

特にIT系エンジニアは、経験やスキルによって収入が異なる場合が多い職業と言えるでしょう。

特徴④:変化や状況に柔軟に対応していくことが求められる

頭を使う仕事の特徴4つ目は、変化や状況に柔軟に対応していくことが求められることです。

頭を使う仕事の多くは、新しいことを始めることになったり(企画業)、クライアントの相談ごとに乗ったり(コンサルタント業)、担当事例ごとに適した対応をとることが求められる仕事が多いと考えられます。

また、経営者や政治家であれば、不測の事態に対処するために素早く状況を把握し判断を下すことが求められることも少なくありません。

そのため、頭を使う仕事はルーティンワーク/マニュアル通りに行う仕事ではなく、変化や状況に柔軟に対応することが求められる仕事だと言うことができるでしょう。

特徴⑤:比較的高収入である

頭を使う仕事の特徴5つ目は、比較的高収入であることです。

専門的な知識やスキルを必要とする職種は、その職種を担うことの出来る人材が限られているため高収入になりやすい傾向にあると一般的に考えられています。

そのため、その仕事に就くために専門的な知識やスキル、資格や免許が必要な場合が多い頭を使う仕事は高収入になりやすい傾向にあると言えるでしょう。

自分に合った仕事や適職はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、適性診断AnalyzeU+で自分の性格を診断するのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「手っ取り早く自分の適職を知りたい」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「頭を使う仕事」についている人の声

就活生ちゃん

実際に頭を使う仕事に就いている方々は、頭を使う仕事に対してどのように考えていらっしゃるんでしょうか?

気になります…!

仕事して、たくさんのお金を得ることと、それから、たくさん頭を使っていたいから、続けてる。
頭を使うの超楽しい。続けたい。技術楽しい。

引用:@mzs_eai

プログラマーは頭脳を使う仕事。そこに少し誇りを感じている自分がいる。ただ、頭は使うけど体はほとんど使わないデスクワーク。おかげで筋力と体力が減っていく。そこが大きな弱点。そのせいか最近、筋力不足による不調を感じることが増えた。良いパフォーマンスで仕事をするためにも体を鍛えよう

引用:@maata_pc

最近は頭を使う仕事の後に扇雀飴を食べる事にしている。

引用:@ayanamisyoten

「頭を使うことに楽しさを感じている」「誇りを感じている」という声は多く挙げられていました。

ただ、「頭を使う仕事はデスクワークで運動不足になりやすい」といった声や、「頭を使う仕事をして帰宅すると疲れてふらふらになってしまう」と言うような声も見受けられました。

また、「頭を使うときには糖分が大事」「午前中に仕事をするとはかどる」といった実体験に基づいた頭を使う仕事をするためのポイントを話している方もいらっしゃいました。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

「頭を使う仕事」に関するよくある質問

就活生ちゃん

頭を使う仕事について、その特徴や具体的な職種が分かってきたような気がします。

他に頭を使う仕事について知っておくべきことはありますか?

それでは最後に「頭を使う仕事」に関するよくある質問をいくつかご紹介させていただきますね。

就活アドバイザー 京香

「頭を使う仕事」に関するよくある質問
  • 質問①:頭を使う仕事と体を動かす仕事はどちらの方が大変?
  • 質問②:右脳派と左脳派の違いは?

質問①:頭を使う仕事と体を動かす仕事はどちらの方が大変?

「頭を使う仕事」に関するよくある質問1つ目は、「頭を使う仕事と体を動かす仕事はどちらの方が大変?」です。

結論から申し上げますと、どちらも大変ですので比べることは大変難しいです。

そのため、どちらが難しいと感じるかは得意不得意や趣好によると考えられます。

どちらの仕事でよりやりがいを感じることができるか、どちらの仕事でよりストレスなくはたらくことができるかなどの観点から考えてみるとよいと思いますよ。

就活アドバイザー 京香

質問②:右脳派と左脳派の違いは?

「頭を使う仕事」に関するよくある質問2つ目は、「右脳派と左脳派の違いは?」です。

左脳言語や計算力、論理的思考に優れた機能を有していて、情報を知識として認識し整理する役割を果たしています。

一方で、右脳イメージ力や記憶力、想像力やひらめきに優れた機能を有していて、空間認識・図形認識・音楽的能力を発揮するための役割を果たしています。

そのため、左脳派であれば科学的なデータに基づき論理的に考えて行動するタイプ、右脳派は感情表現が非常に豊かで直観的に物事を考えがちなタイプと考えられるでしょう。

以下の記事では右脳派と左脳派についてより詳しくそれぞれの特徴や適職についてご紹介しています。

自分が右脳派なのか左脳派なのかを調べる方法もご紹介していますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

質問③:頭のいい人しかできない仕事はある?

「頭を使う仕事」に関するよくある質問3つ目は、「頭のいい人しかできない仕事はある?」です。

代表的なのは、3大難関資格と言われる「医師・弁護士・公認会計士」でしょう。

これらの仕事は勉強ができる人達の中でもさらに頭のいい人しかなれない仕事のため、頭のいい人しかできない仕事と言えます。

また、就職するのが難しい仕事=頭のいい人しかできない仕事と考えれば、外銀や戦略コンサル、総合商社での仕事も頭のいい人しかできない仕事と言えます。

以下で、企業の就職偏差値ランキングを紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

自分に合った仕事や適職はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、適性診断AnalyzeU+で自分の性格を診断するのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「手っ取り早く自分の適職を知りたい」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:頭を使う仕事の中で自分の適性に当てはまるものを探してみよう

いかがでしたか。

今回は頭を使う仕事についてご紹介させていただきました。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

最後に今回の記事の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆そもそも頭を使う仕事ってどんな仕事?

  • 頭を使う仕事とは「知識やスキルが必要な仕事」
  • 頭を使う仕事とは「創造性が求められるクリエイティブな仕事」
  • 結論:頭脳職とは専門領域の知識やスキルを用いて仕事をする人々を指す

◆頭を使う職種一覧

  • 頭を使う職種①:IT系エンジニア
  • 頭を使う職種②:コンサルティング
  • 頭を使う職種③:法務従事者
  • 頭を使う職種④:デザイナー/クリエーター
  • 頭を使う職種⑤:研究者・教育関係者
  • 頭を使う職種⑥:医療従事者
  • 頭を使う職種⑦:経理・財務
  • 頭を使う職種⑧:政治家
  • 頭を使う職種⑨:経営者

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆頭を使う仕事を担う職業ランキング

◆頭を使う職業に向いている人の特徴

  • 特徴①:「学ぶ」ことで成長することに楽しみを見出す
  • 特徴②:洞察力・分析力がある
  • 特徴③:想像力・発想力が豊か

◆【頭を使う職業は苦手に感じるかも】頭を使う仕事に向いていない人の特徴

  • 特徴①:頭より体を動かした方が気分は楽
  • 特徴②:臨機応変に対応するのが苦手

◆頭を使う仕事が向いていないと感じたら

◆頭を使う仕事の特徴とは?

  • 特徴①:専門的な知識やスキルが必要である
  • 特徴②:資格や免許が必要な場合もある
  • 特徴③:経験やスキルによって収入が変化する傾向にある
  • 特徴④:変化や状況に柔軟に対応していくことが求められる
  • 特徴⑤:比較的高収入である

◆「頭を使う仕事」に関するよくある質問

  • 質問①:頭を使う仕事と体を動かす仕事はどちらの方が大変?
  • 質問②:右脳派と左脳派の違いは?

◆まとめ:頭を使う仕事の中で自分の適性に当てはまるものを探してみよう