>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【なぜ当社なのか】よくある質問への答え方を徹底解説|面接官の意図もお伝えします

みなさんこんにちは、「就活の教科書」編集部の堀本です。
就職活動は順調でしょうか?最終選考あたりまで進むと、このような質問をしてくる企業が多くあります。

「就活の教科書」編集部 堀本

○○業界で他社がある中で、なぜ当社なのか教えてください。

人事さん

「なぜ○○業界を見ているのか」という質問には答えられても、「なぜ当社なのか」という質問には、時間をかけて準備をておかないと、答えられません。

就活生ちゃん

○○業界を見ている理由を答えられたら十分だと思っていたから、企業研究はそこまで真剣に取り組んでこなかったな…
どうやって答えたらいいのかわからない。

このように、初めて「なぜ当社なのか」という質問を聞かれて、準備足らずで撃沈してしまう就活生も少なくありません。

そこで今回の記事では、なぜ当社なのかという質問に答えられるようにするために、面接官の質問意図や、この質問へ対する答え方について解説していきます。

具体例も紹介しますので、是非最後まで目をとおしてみてください。

「なぜ当社なのか」と聞かれるタイミング

「なぜ当社なのか」という質問を聞かれるタイミングは、最終面接だけではなく、エントリーシート(ES)にも質問として記載されている場合も少なくありません。

そのため、受けると決めた企業に感じる、独自の魅力をある程度は考えておきましょう。

適当にエントリーシートを書いてしまうと、最終面接で「なぜ他社ではなく当社なのですか?」という質問に対して、エントリーシートとは異なる内容を答えてしまうかもしれません。

「なぜ当社なのか」という同じ質問をしているのに、エントリーシートとは違う内容を話しているな。
この就活生には一貫性が無いのか。

人事さん

というマイナスイメージの印象を面接官に与えてしまいます。

一貫性が無い就活生だと思われないためにも、エントリーシートと面接で答える内容は揃えておきましょう。

エントリーシートを書いてから、最終面接まで1~3ヵ月ほどの期間が空くこともあるので「なぜ当社なのか」へ対する答えは、変わる場合もあるでしょう。
その時は「エントリーシートでは○○と書きましたが、○○にも魅力を感じていて…」という風に、追加で答える風にしましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

エントリーシートでよく聞かれる質問について、知りたい方は是非こちらの記事を参考にしてみてください。

100個の質問について紹介してあるので、参考になると思います。

【就活でよく聞かれた】エントリーシート(ES)の質問項目100選

面接官の質問意図

そもそも、面接官の質問意図について考えたことはありますか。

「なぜ当社なのか」という質問をする面接官の質問意図を理解できると、効果的な回答を考えられるようになります。

面接官の意図は大きく分けて3つです。

面接官の質問意図3つ
  • 当社へ入社する本気度を見たい
  • 内定承諾してくれそうかを見たい
  • 企業についてどれだけ調べているのか見たい
上記3つの質問意図を十分に理解した上で、企業研究に取り組み、最終面接までに回答を用意しておいてください。
それでは、それぞれについて細かく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

当社への入社の本気度を見たい

「なぜ当社なのか」という面接官の質問意図の1つ目は、当社への入社の本気度を見たいからです。

「なぜ当社なのか」という質問に答えるためには、細かいところまで企業研究をしなければいけません。

そのため、この質問に答えられれば、入社するために企業研究を真剣にした、本気で入社したい就活生だという風に面接官には評価してもらえます。

最終面接前には、ホームページを隅から隅まで読んでいることは当たり前です。
プラスαで、OB訪問をして、社員の方からホームページには載っていないような内部の情報まで聞き出して、それを志望動機に織り交ぜながら話せるとベストです。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

内定承諾してくれそうかを見たい

「なぜ当社なのか」という質問をする面接官の意図の2つ目は、内定承諾してくれそうか見たいからです。

採用する側が就活生に内定を出すときの一番の懸念点は、内定辞退されることです。

そのため、「なぜ当社なのか」と質問することにより、どれだけ就活生が企業に魅力を感じ、企業にこだわりを持って選考を進んでくれているかを知ろうとしています。

この子、うちの企業じゃなくて、他の企業でもよさそうだな。
言っていることがこの業界では当たり前で、どの企業でもいいじゃないか。

人事さん

こう面接官に思われてしまうと、内定を獲得することは難しくなります。

 

企業についてどれだけ調べているのか見たい

「なぜ当社なのか」という質問をする面接官の意図3つ目は、企業についてどれだけ調べているのか見たいからです。

企業について調べるべきポイントはたくさんあり、「職種」「事業内容」「社員数」などがあげられます。

企業研究、業界研究をしっかり行っていなければ、他社との違いを述べることは難しいです。

そのため、いかに綿密に企業・業界研究し、他社との違いを理解できているかを見るために「なぜ他社なのか」と質問されます。

「なぜその業界なのか」については考えやすいけど、「なぜ当社なのか」について答えるには、企業研究が欠かせません。
また、OB訪問を行い、社員さんの生の声も参考にして企業研究をすると、入社の本気度が面接官にも伝わるでしょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

OB訪問に役立つアプリやサイトをまとめた記事と、OB訪問をする際の持ち物、事前準備などについてまとめた記事も是非読んでみて下さい。

【就活内定者が教える】OB訪問に役立つおすすめサイト/アプリ15選

【就活内定者が教える】OB訪問の持ち物、事前準備6つまとめ

 

他社ではなく、なぜ当社かと聞かれた時の答え方のポイント

では、「他社ではなく、なぜ当社なのか」と聞かれたときの答え方のポイントについてお話していきます。

就活生くん

他社ではなく、当社がいいということうまく伝えられるか不安。
「なぜ当社なのか」という質問に答えるときの答え方とかあるのかな。

初めてこの質問を聞かれると、戸惑ってしまう就活生も多いと思います。

そこで、「なぜ当社なのか」という質問にうまく答える方法を大きく分けて3つお伝えします。

 

答え方3つのポイント
  • 他社には無い、当社独自の魅力をまず伝える
  • なぜそこに魅力を感じるのか、原体験を踏まえて話す
  • 他社との比較を用いる

上記3つの答え方のポイントについてもう少し細かく見ていきましょう。

 

他社には無い、当社独自の魅力をまず伝える

「なぜ当社なのか」と聞かれたときの答え方1つ目は、他社には無い、当社独自の魅力をまず伝えましょう。

これは面接の答え方で基本中の基本、「結論ファースト」です。

会社によって特に差が出やすいのは、「商品・サービス」100人以下ほどの小規模の会社であれば「社員数」、「社風」「今後の事業展開」などです。

これらに関して、自分が魅力を感じる当社にしかない魅力を探し、それを簡潔にこのように伝えましょう。

就活生ちゃん

私が他社ではなく、御社に入社したい理由は、御社の○○に魅力を感じるからです。
○○は他社には無く、御社にしかない魅力だと考えております。
「結論ファースト」は口で言うのは簡単だけど、意識しなければ最初のうちは難しいかもしれません。
面接だけでなく、ビジネスの世界でも当たり前ですので、早く慣れましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

なぜそこに魅力を感じるのか理由を説明する

「なぜ当社なのか」と聞かれたときの答え方のポイント2つ目は、なぜ魅力を感じるのか、理由を説明することです。

結論として、何に魅力を感じたか言った後は、それを説明するための具体的な理由が必要です。

具体的な理由は、実際にサービスを利用して人の役に立っていると体験した話や、自分の体験から今後の事業展開に大きく貢献できそうという話など、実体験を踏まえて話しましょう。

魅力を感じる理由が実体験を元にしたものだと、面接官に「会社ごとに志望動機を用意してるのでは?」と疑われるような、薄い理由にはなりません。

 

他社との比較を用いる

「なぜ当社なのか」という質問に対する答え方のポイント3つ目は、他社との比較を用いることです。

選考先の企業の魅力を感じる特徴を述べ、その理由も話した後は、更に説得力をもたせるために他社との比較を話しましょう。

行きたい企業の独自の魅力を述べた後に、その強みは他社には無いということを伝えましょう。

 

 

まとめ:その企業に行きたい気持ちをアピールする絶好のチャンス

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、最終面接や、エントリーシートでも聞かれる「なぜ当社なのか」という質問に対しての答え方についてお話しました。

質問への答え方だけではなく、面接官の質問の意図についても解説したので、頭に入れておいて、意図を捉えた上で答えられるようにしておきましょう。

なぜその企業に行きたいのかを明確に自分の中で確認し、整理した上でエントリーシートや、面接に挑み、内定を勝ち取ってください。

 

就活の面接対策については、以下の記事で網羅的に解説しています。合わせて参考にしてください。