【悩みに寄り添う】人の話を聞く仕事一覧18選 | 向いている人の特徴,やりがい,メリットも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 人の話を聞く仕事とは、クライアントの話を聞いたり相談に乗ったりして課題の解決まで導く仕事
  • 人の話を聞く職種は、「バーテンダー」「コンサルタント業」など一覧はこちら
  • 人の話を聞く仕事のメリットは、「誰かに認めてもらえる安心感がある」など
  • 人の話を聞く仕事のデメリットは、「受動ストレスを感じてしまう場合もある」など
  • 人の話を聞く仕事に向いている人の特徴は、「相手に共感しながら話を聞き出すことができる」など
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では「人の話を聞く仕事」についてご紹介していきます。

あわせて、「人の話を聞く仕事」についてご紹介していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば人の話を聞く仕事に関する理解が深まります。

人の話を聞く仕事にはどんな仕事があるのか気になっている就活生はぜひ最後まで読んでください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人の話を聞く仕事とは?

人の話を聞く仕事とは

就活生ちゃん

そもそも、人の話を聞く仕事ってどんな仕事なのでしょうか?

まずは人の話を聞く仕事について、どのような仕事なのかを確認することから始めましょう!

「就活の教科書」編集部 はるな

クライアントの悩みを聞いたり相談に乗ったりすることが仕事

人の話を聞く仕事に就くと、クライアントの悩みを聞いたり相談に乗ったりすることが仕事となります。

ただ話を聞くだけではなく、話の中でクライアントは何を一番に伝えたいのかを把握し、クライアントの気持ちに寄り添ってあげることが求められます。

 

話を聞くだけでなく解決まで導くことが求められる

人の話を聞く仕事の多くは、クライアントの話を聞くだけでなく、クライアントの悩みや課題を解決まで導くことが求められます

実際に助言したり解決方法を提示したりすることが求められる場合もありますが、クライアントの話を聞いて寄り添ってあげることが解決方法として求められる場合もあります。

また、クライアントが気づいていない潜在的な悩みを聞き出したり、新たな気づきを与えることが求められる仕事もあります。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人の話を聞く職種一覧18選

人の話を聞く仕事一覧

就活生くん

人の話を聞く仕事に就いて人を元気づけるような仕事がしたいと思うのですが、どのような仕事があるのでしょうか?

それでは「話を聞く仕事」を担っている職種を一挙にご紹介します。

「就活の教科書」編集部 はるな

人の話を聞く仕事18選
  • 職種①:コンサルタント業
  • 職種②:営業職
  • 職種③:記者
  • 職種④:心理カウンセラー
  • 職種⑤:産業カウンセラー
  • 職種⑥:シニアピアカウンセラー
  • 職種⑦:システムエンジニア/WEBプランナー
  • 職種⑧:ソーシャルワーカー
  • 職種⑨:教師
  • 職種⑩:フィナンシャルプランナー(FP)
  • 職種⑪:メンタルトレーナー
  • 職種⑫:キャリアアドバイザー
  • 職種⑬:児童指導員
  • 職種⑭:リサーチャー
  • 職種⑮:占い師
  • 職種⑯:カスタマーサポート/窓口対応業務
  • 職種⑰:販売員
  • 職種⑱:バーテンダー

それでは、一つずつ見ていきましょう!

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

職種①:コンサルタント業

人の話を聞く仕事を担う職種1つ目は、コンサルタント業です。

コンサルト業の仕事は、クライアントの課題を解決するために、ある分野についての豊富な経験と深い知識をもとに解決策を示し、企画の立案や実行などを手伝うことです。

クライアントの課題解決のアドバイスを行うためには、クライアントから詳しく話を聞いて課題点・問題点についてしっかりと把握する必要があります。

専門知識がクライアントの課題解決に役立つと大きなやりがいを感じる仕事です。

職種②:営業職

人の話を聞く仕事を担う職種2つ目は、営業職です。

営業職の仕事は、クライアントに対して自社の商品やサービスを売り込み、販売することです。

自社の商品・サービスを上手に売り込むためには、クライアントから話を聞いてクライアントが抱えている課題や求めているサービスを把握することが重要です。

そのため、クライアントから話を聞き出すコミュニケーション能力や、クライアントの悩みに寄り添う傾聴力が求められる仕事であると考えることができるでしょう。

自社商品を売ることができたとき、自社商品がクライアントの役に立った時大きなやりがいを感じるでしょう。

職種③:記者

人の話を聞く仕事を担う職種3つ目は、記者です。

記者は、一般的には出版社やWebメディアの運営会社などに所属して、取材をしたり新聞や雑誌の記事を書いたりしている人を指します。

政治・経済・国際情勢などの世の中のあらゆる出来事を読者に正しく、わかりやすく提供するために、取材先の人々からしっかり話を聞くことが求められます

あらゆる方面から事実を確認して慎重に裏をとるために、取材をする際には現場に足を運んだり、書面で質疑応答を行うなどの方法があります。

誤報を防ぐためにも、記者には取材先からしっかりと話を聞き出すコミュニケーション能力や、共感力・傾聴力が求められます。

取材内容が読者の心に響いたり読者から高評価を得たりすると大きなやりがいを感じるでしょう。

また、「この職業の他に自分が向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

職種④:心理カウンセラー

人の話を聞く仕事を担う職種4つ目は、心理カウンセラーです。

心理カウンセラーは、さまざまな悩みをもつ相談者の話を聞き、悩みに寄り添って相談者自身が解決していけるよう支援する仕事を担っています。

心理カウンセラーの仕事場所は、児童相談所、心身障害者施設、病院、裁判所など幅広く、児童や精神科の患者など様々な人々の悩みに寄り添う重要な職業と言えるでしょう。

心理カウンセラーにとして活躍するためには、しっかりとした専門知識とスキルを備えている必要があり、資格を取得しておくことが望ましいと考えられます。

相談者が悩みを乗り越えられたとき、大きなやりがいを感じるでしょう。

◆カウンセラーとして働くうえで役立つ資格

  • 臨床心理士
  • 公認心理師
  • メンタル心理カウンセラー
  • メンタルケアカウンセラー
  • チャイルドケアカウンセラー
  • キャリアカウンセラー

相談者の悩みにしっかりと寄り添ったり、より良い悩み解決のアドバイスを行うためにも、相談者からしっかりと悩みを聞き出す傾聴の姿勢や理解力が求められる仕事と言えそうですね。

「就活の教科書」編集部 はるな

職種⑤:産業カウンセラー

人の話を聞く仕事を担う職種5つ目は、産業カウンセラーです。

産業カウンセラーは、仕事や職場の人間関係などから生じるストレスや心の問題に対するカウンセリングやキャリア形成に関わる支援、職場における人間関係・職場環境改善への支援を行う職業です。

主に民間企業で働き、従業員からメンタルヘルスやキャリアに関する相談を受けたり、従業員が働きやすいよう人間関係や職場環境の改善をサポートします。

近年業務上の心理的負担で精神障害になったり、命にかかわる事態に陥ったりする事例が増え、企業において従業員のメンタルヘルスが重要視されるようになってきており、産業カウンセラーのニーズが高まってきているようです。

産業カウンセラーには傾聴力をもって問題の背景や相談者の感情を理解し、寄り添うことが求められています。

担当する企業の社員が心身ともに健康に働くことをサポートすることはやりがいのあることだといえます。

職種⑥:シニアピアカウンセラー

人の話を聞く仕事を担う職種6つ目は、シニアピアカウンセラーです。

シニアピアカウンセラーの仕事は、高齢者との関わり方や正しい会話スキルを持って、悩みを持つ高齢者の話し相手として相談にのることです。

シニアピアカウンセリングはアメリカに起源をもち、高齢者の心の支えとなる力が認められ、今では多くの地域に広まっています。

様々な高齢者の方々の話し相手となるため、高い傾聴力と、臨機応変に対応できるコミュニケーション力が求められると考えられます。

高齢者にエネルギーを与えることができる非常にやりがいのある仕事です。

職種⑦:システムエンジニア/WEBプランナー

人の話を聞く仕事を担う職種7つ目は、システムエンジニア/WEBプランナーです。

システムエンジニアは、クライアントからヒアリングした要望をもとにコンピュータで作動するシステムを設計する技術者を指します。

WEBプランナーの仕事は、クライアントと打ち合わせをしながら、webサイト・サービスのコンテンツを企画することです。

どちらの職種にも、クライアントの要望やイメージを十分に聞きとるためのコミュニケーション能力が求められます。

また、どちらもプログラミングやWEBに対する専門的な知識が求められる職種です。

専門知識をもとにクライアント要望実現を手助けできるやりがいのある仕事です。

以下の様な資格を取得しておくと、仕事に就く際に役立つと考えられます。

◆システムエンジニアにおすすめの資格

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • 情報処理技術者

など

◆WEBプランナーにおすすめの資格

  • Webデザイナー検定
  • マーケティング・ビジネス実務検定

など

ITエンジニアは年収が比較的高く、自由に働けることが多いためおすすめの職種です!

エンジニア就職ではポートフォリオの作成など、一般的な就活とは異なる選考があるため、就活エージェントの利用がおすすめです。

「レバテックルーキー」を利用すれば、プロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

「レバテックキャリア」では専任の担当者からサポート(職務経歴書添削、面接対策など)が受けられ、希望するIT企業への転職成功率がアップします!

就活アドバイザー 京香

職種⑧:ソーシャルワーカー

人の話を聞く仕事を担う職種8つ目は、ソーシャルワーカーです。

ソーシャルワーカーとは、福祉等に関する専門知識を活かし、社会生活に困難を抱える人々の相談に乗ったり、社会的支援を行う職種の総称です。

適切な行政サービス等を紹介したり、相談者が自立した生活を送れるように支援したりするためにも、相談者の話をじっくりと聞いて、ニーズを聞き出すことが求められます。

相談者が自立した生活を送れるようになったとき大きなやりがいを感じるでしょう。

◆ソーシャルワーカーに含まれる職種

  • 生活相談員・支援相談員
  • 家庭相談員
  • 児童福祉司
  • 障害者福祉司
  • 相談員(社会福祉協議会、地域包括支援センター、児童相談所、婦人相談所)
  • 母子福祉支援員
  • スクールソーシャルワーカー(SSW)
  • 医療ソーシャルワーカー(MSW)
  • 精神医療ソーシャルワーカー(PSW)
  • 精神保健福祉士
  • ケースワーカー(CW)

職種⑨:教師

人の話を聞く仕事を担う職種9つ目は、教師です。

小学校・中学校・高校の教師は、学問だけでなく生活や社会のマナー、道徳なども教えて子供たちを社会人として自立できるような指導・サポートが求められる職業です。

児童/生徒たちの受験に関する相談や、人間関係のトラブル、家庭での悩みなどの相談にも真摯に乗って子供たちの学生生活がより良いものとなるように手助けする必要があります。

そのため、子供たちの話をきちんと聞いて理解する力が重要な職業だと考えられます。

子ども達の成長していく姿を間近で見ることができるやりがいのある仕事です。

教師になるためには、大学などで教職課程を履修して教職免許を取得し、教員採用試験に合格する必要があります。

職種⑩:フィナンシャルプランナー(FP)

人の話を聞く仕事を担う職種10個目は、フィナンシャルプランナー(FP)です。

フィナンシャルプランナー(FP)とは、「家計のドクター」と呼ばれることもあるように、個々人の生活設計、貯蓄計画、保険、投資など総合的な資産設計(ファイナンシャル・プランニング)を企画立案し、その実行を支援する職業です。

資産設計をするうえでは、顧客のライフスタイルや要望、年齢や家族構成、収入・支出の内容、資産・負債、保険などを顧客からできるだけ詳細に聞き出すことが欠かせません。

そのため、「顧客の経済状況が今はどのようなもので、今後どのようにしたいのか」をきちんと聞いて、顧客の要望に沿った提案を行うことが求められます。

また、資産設計をするうえでは最新の経済・金融情報、税制や不動産に関する情報を収集・調査したり、年金、税制、相続、各種保険、金融商品、住宅ローン等関連の幅広い専門知識を持っていることが必要です。

顧客の人生において非常に重要な資産のやりくりを手助けできるやりがいのある仕事です。

資格がなくてもファイナンシャル・プランニングの仕事を行うことは可能ですが、以下の様な資格を取っておくと更なるキャリアアップにつながると考えることができます。

◆フィナンシャル・プランニングに役立つ資格

  • FP技能士
  • AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャルプランナー)
  • CFP(サーティファイド ファイナンシャルプランナー)

職種⑪:メンタルトレーナー

人の話を聞く仕事を担う職種11個目は、メンタルトレーナーです。

メンタルトレーナーはクライアントの精神面の問題に対してケアを行う職業です。

メンタルトレーニングは以下のように定義されています。

◇メンタルトレーニングの定義(1997年、国際メンタルトレーニング学会)

  • 身体的な部分にかかわらないすべてのトレーニングであり、ピークパフォーマンスとウェルネスを導くための準備。
  • スポーツのパフォーマンスや人生の向上をさせるための、ポジティブ(プラス方向の)な態度、考え(プラス思考)、集中力、メンタル、感情などを育成/教育することが中心である。

参照:一般社団法人 日本メンタルトレーナー協会

メンタルトレーナーの仕事は、クライアントの話をよく聴いて相手の望む目標や課題・悩みを知り信頼関係を築いて様々なトレーニングを促したり、励ましたりしながら、目標達成・課題解決まで寄り添うことです。

相手の持っている可能性や思いを尊重しながらクライアントが満足するまで話を聞いたり、時には上手に聞き出したりすることが求められます。

メンタルトレーナーとして仕事をするには心理学や脳科学、行動科学などの専門的な知識が必要です。

メンタルトレーニングによりクライアントが目標を達成できた時、大きなやりがいを感じるでしょう。

資格がなくてもメンタルトレーニングの仕事をすることはできますが、「スポーツメンタルトレーニング指導士」や「メンタルトレーナー2級」といった資格を取得しておくとよいでしょう。

職種⑫:キャリアアドバイザー

人の話を聞く仕事を担う職種12個目は、キャリアアドバイザーです。

キャリアアドバイザーとは、転職希望者や就職希望者のサポートやアドバイスをおこなう職種です。

就活エージェントや転職エージェントに在籍し、そこに登録した求職者に対してベストなキャリアを選択できるようアドバイスをしたり求人の紹介を行ったりするのが主な仕事です。

クライアントに合った進路選択を実現できた時大きなやりがいを感じるでしょう。

提案するキャリアプランが求職者の希望に沿ったものとなるように、話をしっかりと聞きだしてその人の価値観や思い、強みなどを把握することが求められます。

職種⑬:児童指導員

人の話を聞く仕事を担う職種13個目は、児童指導員です。

児童指導員の仕事は、主に児童福祉施設などで保護者の代わりに子供たちの生活指導を行ったり、その自立を支援したりすることです。

子どもにとって身近な存在となるため、子供たち一人一人の気持ちに寄り添いながらも平等・公平な対応が求められます。

子供たちの進路相談に乗ることもあり、常日頃からより良いコミュニケーションを図り、子供たちがこれからどうしたいのかをしっかりと聞き出し、サポートできる体制を整えておくことが求められます。

また保護者から相談を受ける場合もあり、心情を受け止めながら専門的な助言を行う姿勢を持つことが、悩みの抱え込みを防ぐだけでなく、子どもとの関係性を改善するためにも重要です。

大きな可能性を秘める子供たちのサポートに携わることができるやりがいのある仕事です。

児童指導員になるためには指導員任用資格が必要で、以下の条件のいずれかを満たすことで取得できます。

  1. 4年制大学や通信制大学で社会福祉学、心理学、教育学、社会学を専修する学部、学科を卒業すること
  2. 社会福祉士、精神保健福祉士のいずれかの資格を取得していること
  3. 高校もしくは中等教育学校を卒業し、2年以上児童福祉事業に従事すること、
  4. 3年以上児童福祉事業に従事し、厚生労働大臣又は都道府県知事から認定されること、
  5. 幼稚園教諭、小中学校、高等学校の教員免許を所有しており、厚生労働大臣又は都道府県知事から認定されること

参照:jobtag「児童指導員」

職種⑭:リサーチャー

人の話を聞く仕事を担う職種14個目は、リサーチャーです。

リサーチャーは「マーケティング・リサーチャー」とも呼ばれ、消費者の好みや関心、他社や業界全体の動き、広告の効果や販売戦略など、クライアントが必要としている様々な市場のデータや情報を収集、分析し、報告する仕事を担う職種です。

クライアントが必要としている情報はどのような情報なのかをしっかりと聞き出して、クライアントの要望に的確に応えることが求められます。

リサーチした内容がクライアントの役に立った時、大きなやりがいを感じるでしょう。

リサーチャーとして働くためには、ヒアリング力の他マーケティングや統計学などの知識が求められます。

職種⑮:占い師

人の話を聞く仕事を担う職種15個目は、占い師です。

占い師の仕事は、相談者や依頼人の悩みに対して、占術を用いて解決方法を提示したりアドバイスを行ったりすることです。

占い師は、はじめに相談者の悩みや気になる点を聞き出してから占っていくため、相談者の悩みを正確に聞き出したり、アドバイスを分かりやすく伝えるためのコミュニケーション力が求められます。

占いがクライアントが前を向くきっかけになったときやりがいを感じるでしょう。

占いのスキルを身につけるには、既に活躍している占い師に弟子入りしたり、占いのスクールやセミナーに通って学んだり、あるいは書籍を参考に独学したりするといった方法があるようです。

ここから紹介する3つの仕事は、アルバイトとしても比較的働きやすい仕事です!

「就活の教科書」編集部 はるな

職種⑯:カスタマーサポート/窓口対応業務

人の話を聞く仕事を担う職種16個目は、カスタマーサポート/窓口対応業務です。

カスタマーサポートとは、自社のサービスや商品について顧客の電話の問い合わせに対応する仕事です。

顧客からの自社のサービスや商品についての不満や疑問の解消や、顧客が抱えている悩みを解決に導くことが求められます。

窓口対応業務の仕事は、金融、銀行、役所の窓口でお客様の対応をすることです。

お客様からの質問へ対応したり、書類作成、電話対応などの事務処理を行います。

どちらの仕事も、お客様とのコミュニケーションを通して、お客様が抱える課題や不満を聞き出すことが重要です。

お客様の悩みを解決できるという点でやりがいのある仕事です。

職種⑰:販売員

人の話を聞く仕事を担う職種17個目は、販売員です。

販売員は店舗に来店したお客様に対して洋服や雑貨などの様々な商品をおすすめしたり、商品説明、レジ打ち、在庫確認などの仕事を担います。

お客様から商品についての相談を受けたり、常連客との何気ない会話を行ったりと人の話を聞く機会も多い仕事だと言えるでしょう。

人々の生活を支えているやりがいのある仕事です。

職種⑱:バーテンダー

人の話を聞く仕事を担う職種18個目は、バーテンダーです。

バーテンダーの仕事は、バーやホテルのラウンジなどでお客様にお酒を提供することです。

バーテンダーはお客様と会話することも多いため、バーテンダーの仕事には「人の話を聞く仕事」の側面が含まれていると言えると考えられます。

お酒が入っているため、悩みを聞いたり相談されることも多いのではないでしょうか。

そのため、お客様の悩み解決、心の健康に寄与できるやりがいのある仕事だといえます。

お客さまとの会話の内容は、バーやホテルのラウンジに来店する客層や立地によって変わると考えられるので、様々なお客様に対応するためには豊富な知識を持っていると良いでしょう。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【聞き上手な人ってどんな人?】人の話を聞く仕事が向いている人の特徴

人の話を聞く仕事が向いている人

就活生ちゃん

教師や販売員などにも「人の話を聞く仕事」の側面があるんですね。

「人の話を聞く仕事」に向いている人ってどんな人なんでしょうか?

教師や心理カウンセラーといった仕事が気になっているので、自分が「人の話を聞く仕事」に向いているのか気になります…。

では、人の話を聞く仕事が向いている人の特徴をいくつかご紹介しますね。

どんな人が話を聞く仕事に向いているのかをチェックしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆人の話を聞く仕事が向いている人の特徴

  • 特徴①:相手に共感しながら話を聞き出すことができる
  • 特徴②: 相手が何を言いたいのか理解する力に長けている
  • 特徴③:傾聴力・質問力をもって相手と信頼関係を築くことができる

特徴①:相手に共感しながら話を聞き出すことができる

人の話を聞く仕事が向いている人の特徴1つ目は、相手に共感しながら話を聞き出すことができることです。

自分が何かを話している時に、相手から「その気持ち、わかるよ」と共感を示してもらえたり、最後までじっくりと話を聞いてもらえると、嬉しくなったりもっと聞いてもらいたいと思ったりすることはありませんか?

人の話を聞く仕事をするうえで重要になってくるポイント1つ目は共感力です。

「就活の教科書」編集部 はるな

共感力を示しながら話を聞くことで、クライアントが話しやすい雰囲気を作ったりさらに聞いてもらいたいと思ってもらえたりすることができます。

そのため、共感しながら話を聞き出すことができることは、人の話を聞く仕事において重要だと言うことができるでしょう。

特徴②: 相手が何を言いたいのか理解する力に長けている

人の話を聞く仕事が向いている人の特徴2つ目は、相手が何を言いたいのか理解する力に長けていることです。

自分の抱えている課題や悩んでいることを人に話す時に、どう話せばよいのかわからず困ってしまうことがありませんか?

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生ちゃん

友だちに悩み相談をすることがあるのですが、心の中のもやもやを上手に言語化できない時が確かにあります。

そのような時でも、頑張って伝えようとした結果きちんと理解しようとしてくれる人であれば話を聞いてもらいたいと思いますよね。

人の話を聞く仕事をするうえで重要になってくるポイント2つ目は理解力です。

「就活の教科書」編集部 はるな

理解力のある人には、「相手の話をきちんと聞いて理解しよう」とする姿勢が備わっています。

そのため、相手も気分よく話をすることができ、結果的に必要な情報を共有することができることが多いと考えられます。

相手が何を言いたいのか理解する力に長けている人は、相手の話を引き出したりすることにも長けていると考えられるので、人の話を聞く仕事に向いていると言えるでしょう。

特徴③:傾聴力・質問力をもって相手と信頼関係を築くことができる

人の話を聞く仕事が向いている人の特徴3つ目は、傾聴力・質問力をもって相手と信頼関係を築くことができることです。

傾聴力とは相手の話をじっと聞く力に加えて、相手のことを理解するために言葉の真意を考えながら聞いたり、相手に信頼感を持ってもらえるように熱心に聞く姿勢を指します。

質問力とは、相手の話を理解し、話を広げるために適切な質問を投げかける力を指します。

傾聴力や質問力を備えていることで、話を聞きながら相手に対して「きちんと話を聞いている」ことを示し、相手の話を聞き出し、気持ちよく話してもらうことができます。

例えば最近見たミュージカルの話をしている際に、相手から「そのミュージカルのどんなところが素敵だったの?」「お気に入りの出演者はいるの?」とちょっと深堀りするような質問をされると、自分の話に興味を持ってくれているんだと思えて、とてもうれしいと感じますよね。

「就活の教科書」編集部 はるな

ここまでの話をまとめると、人の話を聞く仕事に求められるのは

  • 傾聴力
  • 理解力
  • 質問力
  • 共感力

の3つだと言えます。

傾聴力は「人の話を聞く仕事」以外でも、就活の際に評価される強みになりますよ!

以下の記事では、傾聴力をどのようにアピールすればよいかについて解説しています。

傾聴力が気になるという就活生の皆さんはぜひご覧になってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人の話を聞く仕事のメリット・やりがい

人の話を聞く仕事のメリット

就活生くん

人の話を聞く仕事には、共感力・理解力・傾聴力・質問力が大切なんですね。

人の話を聞く仕事のメリットややりがいも気になります。

それでは、人の話を聞く仕事のメリットややりがいをご紹介させていただきますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆人の話を聞く仕事のメリットややりがい

  • メリット①:コミュニケーション力が向上する
  • メリット②:誰かに認めてもらえる安心感がある
  • メリット③:多くの経験知を得ることができる

メリット①:コミュニケーション力が向上する

人の話を聞く仕事のメリットややりがい1つ目は、コミュニケーション力が向上することです。

例えば商品の説明をする際には、どのように説明すればわかりやすいかを考え実践し、物事を分かりやすく説明するスキルが向上するといったことが考えられます。

人の話を聞く仕事に就くと、仕事を通して年齢や価値観、性別が異なる様々な人々の話を聞くことになります。

そのため、どのように相槌を打ったらよいのか、どのような姿勢で人の話を聞いてあげれば良いのかなど、人とコミュニケーションをするうえで重要な「聴く力」が向上すると考えられます。

メリット②:誰かに認めてもらえる安心感がある

人の話を聞く仕事のメリットややりがい2つ目は、誰かに認めてもらえる安心感があることです。

人の話を聞く仕事では、お客様と直接関わることが多く、お客様の相談に乗って課題を解決した後に、「ありがとう」と言われたり「相談に来てよかった」と言われることがあります。

自分の仕事ぶりや頑張りを直接ほめてもらえたり、認めてもらえたりするので、成果を直に感じることができます

メリット③:多くの経験知を得ることができる

人の話を聞く仕事のメリットややりがい3つ目は、多くの経験知を得ることができることです。

人の話を聞く仕事に就くと、様々な人が様々な状況で抱える様々な問題に触れる機会が多くあります。

そのため仕事を通して、様々な状況における課題を知り、それにどのように対処すべきかを考えることができるため、多くの経験知を得る機会が多いと考えられます。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人の話を聞く仕事のデメリット

人の話を聞く仕事のデメリット

就活生ちゃん

実際に自分が頑張ったことがお客様から認められたり、コミュニケーション力が向上したりするんですね。

人の話を聞く仕事ってなんだか私にぴったりな気がします。

ちょっとお待ちください!

人の話を聞く仕事に就くうえで考慮に入れておく必要があることもあります。

一緒に確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆人の話を聞く仕事のデメリット

  • デメリット①:人の話を聞くことは実は疲れること
  • デメリット②:受動ストレスを感じてしまう場合もある

デメリット①:人の話を聞くことは実は疲れること

人の話を聞く仕事のデメリット1つ目は、人の話を聞くことは実は疲れることです。

人の話を聞く際に、

  • これは愚痴だろうか?それとも相談だろうか?
  • このように言ったら嫌がられるかな?
  • 何か相手の役に立つアドバイスをするためにはどんなことを言えばよいのだろう?

と考えてしまうことがあると思います。

話を聞きながら相手を気遣ったり、相手の役に立とうと頭を使ってしまうことで疲れてしまうと考えられます。

また、相手の話を自分事のように捉えてしまい、感情が大きく揺れ動くことで疲れてしまうこともあります

デメリット②:受動ストレスを感じてしまう場合もある

人の話を聞く仕事のデメリット2つ目は、受動ストレスを感じてしまう場合もあることです。

相手の悩み相談に親身になるあまり、入れ込みすぎてしまう可能性があります。

人の話を聞いている時に、自分も相手と同じ気持ちになってしまい、「わたしもつらい」と自分の気持ちも揺れ動いてしまうことはありませんか?

自分でも相手の気持ちと同じように感じること、これを「同感」と言います。

「就活の教科書」編集部 はるな

同感してしまうと、相手が抱えるストレスを自分も同じように抱えることになってしまい、聞くほうのメンタルも不安定になってしまいます。

人の話を聞く仕事では、特にお客様が抱える不満や不安といったネガティブな感情に触れる機会が多いため、受動ストレスを感じやすい傾向にあると考えられます。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

「人の話を聞く仕事」に関するよくある質問

就活生くん

「人の話を聞く仕事」についてだんだんわかってきたような気がします。

「人の話を聞く仕事」について他に知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、「人の話を聞く仕事」に関するよくある質問をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◇「人の話を聞く仕事」に関するよくある質問

  • 質問①:話を聞く仕事に就くのに役立つ資格はある?
  • 質問②:副業としてできるような話を聞く仕事はある?

質問①:話を聞く仕事に就くのに役立つ資格はある?

「人の話を聞く仕事」に関するよくある質問1つ目は、「話を聞く仕事に就くのに役立つ資格はある?」です。

人の話を聞く仕事には、クライアントから相談を受けて課題解決のサポートをするために、専門的な知識が必要な職種も多く含まれます。

そのため、その職種に関わる専門知識を備えていることを証明する資格が、就職の際に役立つと考えられます。

以下では、話を聞く仕事に就く際に役立つと考えられる資格の例をいくつかご紹介しています。

◇心理カウンセラーやメンタルトレーナーなど心理学的な知識が必要な職種の場合

  • 臨床心理士資格
  • 公認心理士資格

など

◇コンサルタント業界

  • MBA(Master of Business Administration)
  • 公認会計士
  • フィナンシャルプランナー(FP)資格
  • キャリアコンサルタント資格
  • 社会保険労務士資格

など

◇システムエンジニアやWEBプランナーなどIT関連の職種の場合

  • 基本情報技術者資格
  • 応用情報技術者資格
  • WEBデザイナー検定
  • マーケティング・ビジネス実務検定

など

質問②:副業としてできるような話を聞く仕事はある?

「人の話を聞く仕事」に関するよくある質問2つ目は、「副業としてできるような話を聞く仕事はある?」です。

就活生くん

人の話を聞く仕事は顧客の都合に合わせる必要があったり、直接会って会話することが望ましかったりするため、あまり気軽に副業としてできるイメージはありませんが…。

そうですよね。

でも、実は「話を聞く仕事」を副業にしている方がいらっしゃるんです。

もやもやとした悩みを抱えていた時に、人に話を聞いてもらって気持ちがスーッとしたと言う経験はありませんか?

身近な友人には気を使ってなかなか相談できないけれど、お金を払ってでも誰かに自分の話を聞いてほしいと言う人もいらっしゃいます。

そのため、以下の様な職種の需要が高まっているようです。

就活アドバイザー 京香

  • 悩み相談
  • 愚痴聞き屋

またIT技術の進歩により、オンライン接客ツールなども登場するようになりました。

今後、副業としてできる「人の話を聞く仕事」も増えていくかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 はるな

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:人の話を聞く仕事ではクライアントの相談に乗って、解決まで導くことが大事!

いかがでしたか。

今回は人の話を聞く仕事について様々な職種や向いている人の特徴をご紹介させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また、次の記事でお会いしましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

最後に今回の記事の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆人の話を聞く仕事とは?

  • クライアントの話を聞いたり相談に乗ったりすることが仕事
  • 話を聞くだけでなく解決まで導くことが求められる

◆人の話を聞く職種一覧

  • 職種①:コンサルタント業
  • 職種②:営業職
  • 職種③:記者
  • 職種④:心理カウンセラー
  • 職種⑤:産業カウンセラー
  • 職種⑥:シニアピアカウンセラー
  • 職種⑦:システムエンジニア/WEBプランナー
  • 職種⑧:ソーシャルワーカー
  • 職種⑨:教師
  • 職種⑩:フィナンシャルプランナー(FP)
  • 職種⑪:メンタルトレーナー
  • 職種⑫:キャリアアドバイザー
  • 職種⑬:児童指導員
  • 職種⑭:リサーチャー
  • 職種⑮:占い師
  • バイト①:カスタマーサポート/窓口対応業務
  • バイト②:販売員
  • バイト③:バーテンダー

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆【聞き上手な人ってどんな人?】人の話を聞く仕事が向いている人の特徴

  • 特徴①:相手に共感しながら話を聞き出すことができる
  • 特徴②: 相手が何を言いたいのか理解する力に長けている
  • 特徴③:傾聴力・質問力をもって相手と信頼関係を築くことができる

◆人の話を聞く仕事のメリットややりがい

  • メリット①:コミュニケーション力が向上する
  • メリット②:誰かに認めてもらえる安心感がある
  • メリット③:多くの経験知を得ることができる

◆人の話を聞く仕事のデメリット

  • デメリット①:人の話を聞くことは実は疲れること
  • デメリット②:受動ストレスを感じてしまう場合もある

◆「人の話を聞く仕事」に関するよくある質問

  • 質問①:話を聞く仕事に就くのに役立つ資格はある?
  • 質問②:副業としてできるような話を聞く仕事はある?

◆まとめ:人の話を聞く仕事ではクライアントの相談に乗って、解決まで導くことが大事!