>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【あなたのこだわりは何ですか?】「自分のこだわり」面接/ESでの魅力的な答え方 | 回答例も

この記事で分かること
  • 「自分のこだわり」を見つける3つの方法
  • 「自分のこだわり」を伝える時のコツ3つ
  • 「自分のこだわり」を聞いてくる面接官の意図は採用のミスマッチを防ぎたいから
  • 「自分のこだわり」を上手に伝えるときの例文

皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部の坂田です。

今回は面接の「自分のこだわり」の質問について悩んでいる就活生に、コツや注意点を解説していきます。

皆さんは「自分のこだわり」を伝える時に何か困った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 坂田

就活生くん

この前の面接で、「自分のこだわり」について質問されて上手く答えられませんでした。

「自分のこだわり」を上手く伝える方法が分かりません・・・。

就活生ちゃん

私は「自分のこだわり」の質問について考えています。

ですが、いざ自分のこだわりを考えてみてもよくわかりません・・・。

「あなたのこだわりはなんですか?」の質問に答えるのって難しいですよね。

「自分のこだわり」は多くの就活生の頭を悩ませている質問です。

しっかりと「自分のこだわり」の伝え方を把握して、面接官に伝えアピールできるようにしましょう!

「就活の教科書」編集部 坂田

この記事では、面接の質問で「自分のこだわり」を伝える時のコツや、回答例を解説します。

合わせて、「自分のこだわり」を伝える時のコツ、注意点も解説します。

この記事を読めば、「自分のこだわり」の質問についての悩みが解決しますよ。

「自分のこだわり」を伝えて面接に通過したい!安心して就活の面接を乗り切るためにも、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

就活で「自分のこだわり」は“就活の軸”のこと

就活生ちゃん

そもそも、「自分のこだわり」とは何のことでしょうか?

“こだわり”の定義が広すぎてよく分かりません・・・。

確かに、“こだわり”は意味が広すぎて分かりにくいですよね。

ここでは、就活で質問される「自分のこだわり」が何かをお伝えします。

「就活の教科書」編集部 坂田

面接で「あなたのこだわりは何ですか?」の質問は、「就活の軸」「企業選びで重視していること」を聞かれていると考えてみてください。

“こだわり”は広い意味を持つため何を選択するか迷いがちですが、「就活におけるあなたのこだわり」を答えればもう迷うことはありません。

「就活の軸」・「自分のこだわり」の具体例としては以下のようなものがあります。

就活の教科書内定者Yくんの就活の軸
  • IT業界
  • 早い段階でチャンスを掴める会社
  • 職種にとらわれない会社

Yくんは「色んな事ができる人は強い」という理念を持ち、職種にとらわれない会社を探したそうです。

このように、あなたにとっての「就活におけるこだわり」を答えることが求められています。

「就活の軸(企業選びの軸)」について、さらに詳しく知りたい時は以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 坂田

就活生ちゃん

「自分のこだわり」の質問では就活の軸を答えればいいというのは分かりました。

ですが、そもそも自分のこだわりなんて考えたことがなかったので、どうすればいいか分かりません。

それでは次に、「自分のこだわり」を見つける方法を解説します。

方法を確認して、あなたのこだわりを見つけましょう!

「就活の教科書」編集部 坂田

 

「自分のこだわり」を見つける方法

ここでは、「自分のこだわり」を見つける方法を紹介します。

「自分のこだわり」なんて分からない!という時に、是非参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂田

「自分のこだわり」を見つける方法
  • 方法①:自己分析をする
  • 方法②:第三者の意見を聞く
  • 方法③:自己分析ツールを使う

それでは、1つずつ確認していきましょう!

「就活の教科書」編集部 坂田

 

方法①:自己分析をする

「自分のこだわり」を見つける方法の1つ目は、自己分析をすることです。

「自分のこだわり」を見つけるには、まず徹底的に自分と向き合うことが必要だからです。

「自分のこだわり」を意識せずに企業選びをしている就活生もいます。

  • どんな基準で企業を選んでいるのか?
  • 絶対に譲れない条件は何か?
  • 将来はどのようになりたいか?

など、自己分析をして「自分のこだわり」を見つけてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

方法②:第三者の意見を聞く

「自分のこだわり」を見つける方法の2つ目は、第三者の意見を聞くことです。

これは、自己分析だけをするよりも第三者の意見も参考にすることでより説得力が増すためです。

あなた自身が気がつかなかった「自分のこだわり」が見つかるかもしれません。

友達同士で他己分析し合うこともおすすめです。

友達を分析することで、あなた自身にも新たな発見があるかもしれません。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

方法③:自己分析ツールを使う

「自分のこだわり」を見つける方法の3つ目は、自己分析ツールを使うことです。

自分自身で自己分析しようとしても上手くいかず悩む就活生は多くいます。

悩んだ末に「自分のこだわり」が見つからなければ、時間が無駄になってしまいます。

自分で自己分析できる自信がない時は、自己分析ツールに頼ってみてくださいね。

自分自身で自己分析するのって難しいですよね。

「就活の教科書」では、おすすめの自己分析ツールを紹介しています。

「自分のこだわり」を探す時にぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂田

就活生ちゃん

「自分のこだわり」を見つける方法はなんとなく分かりました。

ですが、まだ「自分こだわり」を伝える時の全体像が掴めません・・・。

それでは次に、「自分のこだわり」を伝える時に使える例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

「自分のこだわり」を伝えるための例文

ここでは、「自分のこだわり」を伝える時に使える例文を紹介します。

あなたのアピールを考える上でぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂田

「自分のこだわり」を伝えるための例文①

私のこだわりは、「スピード感をもつこと」です。

日々変化する世の中の流行を取り入れてプロジェクトを進めることに魅力を感じています。

貴社では、大きい組織では中々難しいスピード感を持ったプロジェクトを成功させたいと考えています。

「自分のこだわり」を伝えるための例文②

私のこだわりは「ホスピタリティを忘れないこと」です。

テーマパークでアルバイトしていた時に学んだ、「全てのお客様にできないことはしない、全てのお客様にできることの中で特別感を感じて頂くようにする」という考え方がとても印象に残ってます。

貴社はこのホスピタリティを体現しており、とても共感できました。

「自分のこだわり」を伝える時の全体像がなんとなく見えてきました。

でも実際どのようにすればいいかまだ分かりません・・・。

「就活の教科書」編集部 坂田

それでは次に、面接で「自分のこだわり」を伝える時のコツを解説します。

コツを知っておくことで、あなた自身のアピールに磨きがかかりますよ。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

「自分のこだわり」を伝える時のコツ3つ

ここでは、面接で「自分のこだわり」を伝える時のコツを解説します。

「自分のこだわり」を伝える時のコツは3つあります。

「就活の教科書」編集部 坂田

「自分のこだわり」を伝える時のコツ3つ
  • コツ①:志望動機と合うこだわりを伝える
  • コツ②:理由を具体的に説明する
  • コツ③:熱意と志望度を伝える

それでは、1つずつ確認しましょう!

「就活の教科書」編集部 坂田

 

コツ①:志望動機と合うこだわりを伝える

面接で「自分のこだわり」を伝える時のコツ1つ目は、志望動機と合うこだわりを伝えることです。

稀に、志望理由と就活の軸がズレている就活生がいます。

面接官は質問を通してあなたの価値観や姿勢を見ています。

就活生くん

私のこだわりは、少人数チームでプロジェクトを動かしていくことです。

・・・

志望動機は大人数で大きなプロジェクトを動かしていくところに魅力を感じたからです。

さっきと言ってることが違う・・・?!

結局あなたのこだわりって何?

人事さん

「自分のこだわり」が適当だと、志望動機と「自分のこだわり」がちぐはぐになってしまう場合があります。

今回の例はかなり大げさですが、「自分のこだわり」をはっきりさせることは回答の一貫性を保つためにも重要ですよ。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

コツ②:理由を具体的に説明する

面接で「自分のこだわり」を伝える時のコツ2つ目は、理由を具体的に説明することです。

「自分のこだわり」をしっかりと面接官に説明するには、こだわりを裏付ける具体的な説明が必要です。

「自分のこだわり」がなぜあなたにとって大切なのかを説明することであなたの価値観を面接官に伝えられますよ。

「自分のこだわり」を伝えて、あなたの価値観が志望企業とマッチしていることをアピールしましょう!

「就活の教科書」編集部 坂田

 

コツ③:熱意と志望度を伝える

面接で「自分のこだわり」を伝える時のコツ3つ目は、熱意と志望度を伝えることです。

「自分のこだわり」志望企業に対する熱意を伝えるチャンスになるからです。

あなたのこだわりが志望企業にマッチしていれば、あなたの熱意と志望度を伝えられます。

逆に、あなたの企業選びなどのこだわりが志望企業にマッチしていなければ、せっかくの熱意も伝わりません。

「自分のこだわり」がその企業とマッチしているか確認することが大切です。

自分の強みやこだわりをさらにアピールしたいと考えている方は、下記の記事を読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

「自分のこだわり」を質問してくる面接官の意図

就活生くん

そういえば、どうして面接で「自分のこだわり」が聞かれるのでしょうか?

実は、面接官が「自分のこだわり」を聞いてくるのには理由があります。

ここでは、その理由を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 坂田

「自分のこだわり」を質問してくる面接官の意図
  • 理由①:採用のミスマッチを防ぎたいから
  • 理由②:自己分析ができているのか知りたいから
  • 理由③:価値観を言語化できているのか知りたいから

それでは、1つずつ確認していきましょう!

「就活の教科書」編集部 坂田

 

理由①:採用のミスマッチを防ぎたいから

面接官が「自分のこだわり」を質問する理由の1つ目は、採用のミスマッチを防ぎたいからです。

どの企業も、採用後の早期離職を極力減らしたいと考えています。

そのため、面接で「自分のこだわり」を質問することで、あなたの価値観を推し量ろうとしています。

当たり前ですが、面接官は企業に合った人材を採用したいと考えています。

企業がどのような人材を求めているのか把握することが重要です。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

理由②:自己分析ができているのか知りたいから

面接官が「自分のこだわり」を質問する理由の2つ目は、自己分析ができているのか知りたいからです。

自己分析の完成度は、就活の本気度につながっています。

面接官に自己分析が甘いと判断されると、面接に本気でないと評価される可能性があります。

自己分析は就活ではとても重要です。

自己分析についてもっと知りたい!という時は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

理由③:価値観を言語化できているのか知りたいから

面接官が「自分のこだわり」を質問する理由の3つ目は、価値観を言語化できているのか知りたいからです。

理由②の自己分析の完成度と繋がりますが、あなた自身が自分の価値観を言語化できているのかを見ています。

自分自身の価値観を言語化できているということは、自分を客観視できていると評価されます。

「自分のこだわり」、いわゆる価値観を言語化するのは難しいですよね。

あなたが何を大切にしているのか、徹底的に考えてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂田

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:自己分析をして「自分のこだわり」を見つけよう

この記事では、「自分のこだわり」を伝える時のコツや回答例を解説しました。

合わせて、「自分のこだわり」を見つける方法も紹介しました。

この記事のまとめ

就活で「自分のこだわり」は“就活の軸”のこと

「自分のこだわり」を見つける方法

  • 方法①:自己分析をする
  • 方法②:第三者の意見を聞く
  • 方法③:自己分析ツールを使う

「自分のこだわり」を伝える時のコツ3つ

  • コツ①:志望動機と合うこだわりを伝える
  • コツ②:理由を具体的に説明する
  • コツ③:熱意と志望度を伝える

「自分のこだわり」を質問してくる面接官の意図

  • 理由①:採用のミスマッチを防ぎたいから
  • 理由②:自己分析ができているのか知りたいから
  • 理由③:価値観を言語化できているのか知りたいから

就活における「自分のこだわり」を見つけるには自己分析が欠かせません。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂田