>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【練習しないとどうなる?】面接を練習してなくても乗り切る方法 | 練習方法も

【練習しないとどうなる?】面接を練習してなくても乗り切る方法 _ 練習方法も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本恵典です。
この記事では、面接の練習方法おすすめ3選を紹介します。
あなたは、練習しないで面接を受けた経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

僕は明日面接があるのですが、練習なんて何もしてないです。
ぶっつけ本番で面接を受けようと思っているのですが、やはり練習しないと受かりませんか?

就活生ちゃん

私は面接が苦手で、練習をしたくないです。
どんな面接練習をすれば良いかもわかりません。

面接を練習しない就活生も多いですよね。
しかし、面接は練習しないと準備不足になってしまい、選考を落ちやすくなるため、しっかりと練習することが大切です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

そこでこの記事では、面接を練習する簡単な方法3選を紹介します。

合わせて、どうしても面接練習をしたくない場合の対処法も解説します。

この記事を読めば、「練習しないまま面接を受けて、選考を落ちてしまった…」なんて失敗を避けられます。

「面接は練習したくないけど、どうやって練習すれば良いのか知りたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

面接を練習しない就活生は選考を落ちやすい

初めに、そもそも面接を練習しないとどうなるのかについて、簡単に解説しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

面接を練習しない就活生は、選考を落ちやすくなります。

なぜなら、面接を練習しないと、予想外の質問にうまく答えられず、面接官に好印象を与えにくいからです。

例えば、「最近の気になるニュースは?」「あなたにとって仕事とは?」のような変わった質問には、面接練習をしていないと、なかなか答えられません。

したがって、面接を練習しない就活生は、選考を落ちやすくなります。

面接練習をすることの大切さがわかりましたね。
しかしそうは言っても、なかなか面接練習をする時間を確保できない就活生もいると思います。

そこで次は、面接を練習してなくても乗り切る方法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

 

面接を練習してなくても乗り切る方法

就活生くん

僕は明日面接ですが、練習や対策など何もしてないです。
どうすれば面接を乗り切れるか、教えてほしいです!

面接を練習してないと、直前になって焦ってしまいますよね。
そんな時には、以下の3つを実践して面接を乗り切りましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

面接を練習してなくても乗り切る方法
  • 方法①:定番の質問に対する回答を簡単に作る
  • 方法②:企業の新卒採用ページを読む
  • 方法③:ESに書いた内容を読む

それでは、面接を練習してなくても乗り切る方法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法①:定番の質問に対する回答を簡単に作る

面接を練習してなくても乗り切る方法1つ目は、「定番の質問に対する回答を簡単に作る」です。

基本的に、面接では聞かれる内容がある程度決まっているため、定番の質問に対する回答を作っておけば、練習してなくても案外何とかなります。

例えば、「学生時代に頑張ったことは何ですか」「弊社を志望する理由を教えてください」などは、面接でよく聞かれる質問なので、対策しておく必要があります。

面接でよく聞かれる質問は、そのフェーズによって異なります。

一次面接や二次面接でよく聞かれる質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

面接で答えられない質問が怖い人は、面接で答えられない場合の対処法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

方法②:企業の新卒採用ページを読む

面接を練習してなくても乗り切る方法2つ目は、「企業の新卒採用ページを読む」です。

企業の新卒採用ページには、その企業が求める人物像や、企業理念など、企業研究に必要な情報が書かれています。

したがって、面接直前に企業の新卒採用ページを読んでおけば、簡単な面接練習になります。

新卒採用ページを読めば、「企業理念に共感したから」「求める人物像が自分に合っている思ったから」など、面接の質問にも答えられるようになります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法③:ESに書いた内容を読む

面接を練習してなくても乗り切る方法3つ目は、「ESに書いた内容を読む」です。

エントリーシート(ES)に書いた内容を読み返すことで、面接で質問された際に、うまく答えられるようになります。

「学生時代に頑張ったこと」「志望動機」「自己PR」などは面接で必ず聞かれるので、少なくともESに書いた内容は覚えておきましょう。

面接にとにかく受かりたい人は、面接に受かるコツや受かりやすい人の特徴が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

ちなみに、面接で人事の印象に残るアピールをしたいなら、就活のプロに面接対策をしてもらいましょう。

たとえば「キャリアチケット」は面接対策に強いエージェントが多数存在していて、就活生の4人に1人が利用しています。

面接対策後の通過率は39%UPした実績もあるので、面接突破率がグンッと上がりますよ。

人事さん

キャリアチケットを見てみる

 

あなたの現在の就活戦闘力で面接は突破できるのか?

自分の現状の就活戦闘力が知りたい学生は、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

就活力診断では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで、内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断をしてみる

 

さて、ここまで面接を練習してなくても乗り切る方法を紹介しました。

しかし中には、「少しだけでも面接練習をしておこうかな…」と感じた就活生もいると思います。

そこで次は、面接を練習する簡単な方法3選を紹介します。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

面接の練習方法おすすめ3選

就活生くん

面接を練習しないといけないことはわかりましたが、どうやって練習をすれば良いのかわかりません。
面接の練習方法を教えてください!

面接の練習方法おすすめは、次の3つです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

面接の練習方法おすすめ3選
  • 練習方法①:友達と練習する
  • 練習方法②:1人で練習する
  • 練習方法③:大学のキャリアセンターで練習する

それでは、面接の練習方法おすすめ3選をそれぞれ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

練習方法①:友達と練習する

面接の練習方法おすすめ1つ目は、「友達と練習する」です。

友達と練習することで、気さくな雰囲気で面接練習ができます。

例えば、「カフェでお茶を飲みながら」「ビデオ通話しながら」のように、気楽に話せる雰囲気で面接練習するのがおすすめです。

友達が話す内容を聞くことで、面接官の視点に立って話を聞けるので、この方法は非常におすすめです。

面接は数多く練習を積んでいけば、本番に対する緊張も小さくなっていきますよ。

緊張で悩んでいる人は、面接で緊張しない方法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

練習方法②:1人で練習する

面接の練習方法おすすめ2つ目は、「1人で練習する」です。

1人で練習することで、周りの視線を気にすることなく面接練習ができます。

例えば、「リビングで練習する」「お風呂に入りながら練習する」のように、1人の環境で練習するのもおすすめです。

間違ったことを言ってしまっても、何度でも言い直せるのも、1人で面接練習するメリットです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

練習方法③:大学のキャリアセンターで練習する

面接の練習方法おすすめ3つ目は、「大学のキャリアセンターで練習する」です。

大学のキャリアセンターで練習することで、集団面接や個人面接など、様々な形態の面接を練習できます。

また大学のキャリアセンターでは、面接に慣れた教員が練習をしてくれるため、

面接の練習方法をさらに知りたい場合は、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

どうしても面接練習をしたくない場合の対処法

就活生ちゃん

面接は練習しないといけないとは思いますが、就活はやるべきことが多すぎて、なかなか時間が確保できません。
面接練習をしたくない場合は、どうすれば良いですか?

どうしても面接練習をしたくない場合は、次の3つの対処法を試してみましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

どうしても面接練習をしたくない場合の対処法
  • 対処法①:ESを声に出して読んでみる
  • 対処法②:就活イベントに参加してみる
  • 対処法③:就活エージェントを利用してみる

それでは、どうしても面接練習をしたくない場合の対処法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法①:ESを声に出して読んでみる

どうしても面接練習をしたくない場合の対処法1つ目は、「ESを声に出して読んでみる」です。

ES(エントリーシート)の内容を声に出して読んでみることで、面接練習につながります。

例えば、「志望理由」「学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)」などの項目などを、声に出して読んでみましょう。

ES(エントリーシート)については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法②:就活イベントに参加してみる

どうしても面接練習をしたくない場合の対処法2つ目は、「就活イベントに参加してみる」です。

就活イベントに参加してみることで、気軽に面接練習ができることもあります。

また就活イベントは、面接練習だけでなく、ES(エントリーシート)対策や、早期内定を獲得できるものなど、様々な種類があるので、自分に合ったものに参加してみましょう。

ちなみに、「就活の教科書」が最もおすすめする就活イベントはMeets Company(ミーツカンパニー)です。
Meets Company(ミーツカンパニー)は、履歴書1枚で最大8社の選考に進めるのが特徴の就活イベントです。

その他の就活イベントおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法③:就活エージェントを利用してみる

どうしても面接練習をしたくない場合の対処法3つ目は、「就活エージェントを利用してみる」です。

就活エージェントとは、就職活動のプロが内定までサポートしてくれる無料のサービスのことです。

キャリア相談から求人紹介、履歴書の書き方、面接練習まで非常に手厚いサポートを受けることができます。

「面接が苦手だけど練習したくない」、「面接練習後にも就活をサポートしてほしい」そんな方にはおすすめの就活サービスです。

有名な就活エージェントには、レバレジーズ株式会社が運営するキャリアチケットなどがあります。

内定者が選んだおすすめの就活エージェントについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

面接では、早く終わるパターンや圧迫面接をされるパターンがあります。

面接に関する心配事を減らしておきたい人は、面接官の意図や対処法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接を突破するためには、自分の強みを知っておくことが必須です。

自己分析診断の「キミスカ適性検査」を利用すると、職務適性やビジネス戦闘力といった9つの観点から自分の強みがわかります。

5分で診断できるので、自分の強みを知りたい人は試してみてくださいね。

人事さん

>> キミスカ適性検査で診断してみる

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

 

まとめ:面接は練習しないと上達しづらい

この記事では、面接を練習する簡単な方法3選を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、どうしても面接練習をしたくない場合の対処法も解説しました。

この記事で学んだ内容は、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

面接は練習しないとどうなる?まとめ

面接を練習しない就活生は選考を落ちやすい

面接を練習してなくても乗り切る方法

  • 方法①:定番の質問に対する回答を簡単に作る
  • 方法②:企業の新卒採用ページを読む
  • 方法③:ESに書いた内容を読む

面接の練習方法おすすめ3選

  • 練習方法①:友達と練習する
  • 練習方法②:1人で練習する
  • 練習方法③:大学のキャリアセンターで練習する

どうしても面接練習をしたくない場合の対処法

  • 対処法①:ESを声に出して読んでみる
  • 対処法②:就活イベントに参加してみる
  • 対処法③:就活エージェントを利用してみる

面接は練習しないと、予想外の質問に答えられず、面接官に好印象を与えにくいです。
内定獲得につなげるためにも、友達や親と一緒に面接練習をしてみましょう。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典