>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【バレる?】コネ入社が嫌われる理由 | 縁故採用される方法も

この記事を読めばわかること
  • コネ入社とは
  • コネ入社のデメリットは内定取り消しの連絡が出来ない
  • コネ入社のメリットは企業から内定をもらいやすい
  • コネ入社が実現するパターン3つ
  • コネ入社(縁故採用)を実現させる具体的な方法4選

 

就活生のみなさんこんにちは!「就活の教科書」編集部の谷川です。

この記事では、コネ入社の実態について紹介していきます。

就活生のみなさんは、コネ入社についての疑問を感じた経験はありませんか。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活生くん

周りの友人がコネ入社で大手企業から内定をもらっていました。

僕には社会人からコネをつくる方法なんてわかりません。

就活生ちゃん

がんばって就活している人も多いのに、コネ入社が実在すると不公平に感じます。

コネ入社で内定をもらうってどうなのかな。

コネ入社は周りの人からは良い印象を与えませんよね。

僕もみなさんと同じ厳しい就活を経験しているのでよくわかります。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

この記事では、「コネ入社とは」について解説していきます。

合わせて、コネ入社が嫌われる理由や、コネ入社する方法を紹介します。

この記事を読むことで、コネ入社の実態を知ることができます。

「コネ入社って嫌われるの?」「コネ入社したいな」と関心がある就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

目次

 

コネ入社とは

就活生ちゃん

コネ入社っていう言葉を時々聞きますけど、コネ入社ってどのような意味なのですか。

コネ入社という言葉を聞く機会はありますよね。

コネ入社とは、就活生間で行われる厳しい面接や筆記試験を受けずに、社会人との個人的な繋がりにより企業に入社することをいいます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

コネ入社が嫌われる理由3つ

就活生くん

コネ入社について理解することはできました。

コネ入社って、世間から良い印象を受けていないと感じるのですがどうしてなんだろう。

コネ入社は世間から良い印象を受けていない場合がほとんどです。

ここでは、コネ入社が嫌われる理由3つを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

コネ入社が嫌われる理由3つ
  • 理由①:企業の器に伴ってない
  • 理由②:他に優秀な人材がいたかもしれない
  • 理由③:就活において辛い経験をしてきてない

それでは、コネ入社が嫌われる理由3つを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

理由①:企業の器に伴ってない

コネ入社が嫌われる理由1つ目は、「企業の器に伴ってない」です。

コネ入社の就活生は、厳しい就活を乗り越えてきていないため、企業の器に伴ってないからです。

通常の就活生は、企業に入社するまでに面接・グループディスカッションなど様々な課題があるのに対し、コネ入社の就活生は面接・グループディスカッションがありません。

周りの就活生からは自分より格下だと判断される場合があります。

就活生ちゃん

どのようにしたらコネ入社でも周りの社員の人から認めてもらえるのかな。

コネ入社でも周りの社員の方から認められたいですよね。

企業で誰もが認める大きな成果を出すと、周りの社員からの冷たい視線も徐々に無くなっていきますよ。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

理由②:他に優秀な就活生がいたかもしれない

コネ入社が嫌われる理由2つ目は、「他に優秀な就活生がいたかもしれない」です。

コネ入社する就活生によって、新卒採用の貴重な一枠が失われてしまい、他の優秀な就活生が落ちてしまうかもしれないからです。

企業も新卒採用枠の上限人数を定めているため、コネ入社で入社する就活生に対して貴重な一枠が奪われてしまうのに対して、通常の就活生は納得することができません。

通常の就活生は、コネ入社を不公平な制度と考え嫌っています

コネ入社によって、他の優秀な就活生を落とすことは企業にとっても大きな痛手ですよね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

理由③:就活において辛い経験をしてきてない

コネ入社が嫌われる理由3つ目は、「就活において辛い経験をしてきてない」です。

コネ入社の場合、就活に対しての対策をしなくても内定をもらうことができるからです。

通常の就活生は納得できる就活の結果を出すために、いくつもの企業を受けてきては落とされる経験の中で挫折を味わってきています

そのため、「就活において辛い経験をしてきてない」コネ入社の就活生は嫌われてしまいます。

自分は就活で辛い経験をしてきたのに、コネ入社で簡単に入社してきた就活生がいるといい気はしませんよね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

コネ入社の知っておきたいデメリット3つ

就活生くん

コネ入社が嫌われる理由は、「就活において辛い経験をしてきてない」ところなんですね。

コネ入社のデメリットについてもあれば知っておきたいです。

もちろんコネ入社のデメリットもあります。

ここでは、コネ入社の知っておきたいデメリット3つを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

コネ入社の知っておきたいデメリット3つ
  • デメリット①:内定取り消しの連絡が出来ない
  • デメリット②:周りの社員から冷たい視線を感じる
  • デメリット③:周り社員から成果の期待が大きすぎる

それでは、コネ入社の知っておきたいデメリット3つを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

デメリット①:内定取り消しの連絡が出来ない

コネ入社の知っておきたいデメリット1つ目は、「内定取り消しの連絡が出来ない」です。

企業を紹介してくれた社員の方に、膨大な迷惑をかけてしまうことになるからです。

自分のしたい仕事とやっぱり違うからといって、内定の取り消しをする行為は紹介してくれた社員の方の立場がなくなってしまいます。

どうしても内定を取り消したい場合は、紹介してくれた社員の方に対して事前の気遣いをしっかりしておきましょう。

企業とあなた両方に悪影響を与えるだけでなく、紹介してくれた社員の方にも企業への信頼関係が失われてしまいます

「就活の教科書」編集部 谷川

 

デメリット②:周りの就活生から冷たい視線を感じる

コネ入社の知っておきたいデメリット2つ目は、「周りの就活生から冷たい視線を感じる」です。

コネ入社の就活生は他の就活生と比べて簡単に内定を決めることができます

厳しい就活を経験してきた他の就活生からすると、コネ入社してきた就活生はどうしても冷たい目で見てしまいます。

コネ入社の場合、自分が冷たい視線の中でも耐えられるメンタルも重要となってきます。

就活生ちゃん

コネ入社で周りの就活生から冷たい視線を集めるのは辛いです。

コネ入社で周りの就活生から冷たい視線を集めてしまうのは辛いですよね。

周りの就活生から冷たい視線を無くす方法は、誰もが認める仕事での成果を達成するのが必須です。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

デメリット③:周り社員から成果への期待が大きすぎる

コネ入社の知っておきたいデメリット3つ目は、「周り社員から成果への期待が大きすぎる」です。

コネ入社で入ってきたくらいの就活生だから、周りの社員はどんなすごい成果を出してくれるのか、ついつい期待してしまいます。

周りの社員は、コネ入社で入ってきた就活生に対して学生時代に「自分でビジネスを作ってきた」など勝手なすごい想像をしてしまうことがあります。

周りの社員からの期待が大きすぎるあまり、企業での居心地が悪く感じられるようになるかもしれません。

コネ入社の場合、周りの社員に対して素の自分を見せられる機会は少ないです。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

コネ入社の魅力的なメリット

就活生ちゃん

コネ入社のデメリットは、「周り社員から成果への期待が大きすぎる」ところなんですね。

コネ入社ってずるいけど、コネ入社するメリットってあるのかな。

コネ入社するメリットがあるのか気になりますよね。

ここでは、コネ入社の魅力的なメリット3つを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

コネ入社の魅力的なメリット3つ
  • メリット①:企業から内定をもらいやすい
  • メリット②:就活に対する心理的不安が少ない
  • メリット③:入社した後も出世しやすい

それでは、コネ入社の魅力的なメリット3つを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

メリット①:企業から内定をもらいやすい

コネ入社の魅力的なメリット1つ目は、「企業から内定をもらいやすい」です。

コネ入社の場合、通常の就活生とは違う選考過程を進みます

筆記試験やグループディスカッションはせず面接だけで内定をもらえる企業も存在します。

コネ採用でも選考に落とされてしまう可能性もあるため、自己分析・企業研究は綿密にして選考対策をしておきましょう。

就活生くん

コネ入社だと、学生時代の経験も参考にされる場合がありますか。

学生時代に何をしてきたかも重要視しているので、積極的に学校行事や課外活動に参加していきましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

メリット②:就活に対する心理的不安が少ない

コネ入社の魅力的なメリット2つ目は、「就活に対する心理的不安が少ない」です。

コネ採用の場合、通常の就活生よりも選考に落ちる確率が極端に低いからです。

また、就活の選考においてわからないことや疑問に思うことがあれば直接質問して解決することができます。

入社した後もすでに知っている社員の方が働いているので、人間関係に困る場合も無く、仕事に集中できる環境が用意されています。

コネ採用だと、内定までの筆記試験、グループディスカッション、間の面接など省略されますので、選考に対する不安をなくすこともできます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

メリット③:入社した後も出世しやすい

コネ入社の魅力的なメリット3つ目は、「入社した後も出世しやすい」です。

コネの使える権限を持っているのは、社長・役員クラスの社員の方がほとんどで、コネ入社をする就活生は企業の上層部と関わりが強く気に入られています

上層部の人に気に入られていると様々な仕事を任せてもらえて、他の社員よりも出世するためのチャンスを多くもらえる機会があります。

コネ入社は入社した後もキャリアを形成しやすいといった特徴があります。

入社した後にも出世しやすいといったメリットは大きいですよね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

バレることなくコネ入社が実現するパターン

就活生くん

コネ入社のメリットは、入社した後も出世しやすいというところなんですね。

実際にコネ入社が実現するにはどんなパターンがあるんだろう。

コネ入社が実在するパターンにどのようなケースがあるのか気になりますよね。

ここでは、コネ入社が実現するパターン3つを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

コネ入社が実在するパターン3つ
  • パターン①:同族経営をしている企業に入社する
  • パターン②:大学のOB経由で入社する
  • パターン③:アルバイトから社員に昇格する

それでは、コネ入社が実在するパターン3つを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

パターン①:同族経営している企業に入社する

バレることなくコネ入社が実在するパターン1つ目は、「同族経営している企業に入社する」です。

同族経営している企業では、経営方針に一貫性があり安定的に企業を経営していくことができます。

人材の確保や、人材を採用するまでの金銭的・時間的コストも抑えられるので同族経営を取り入れている企業もあります。

これはみなさんには当てはまらないかもしれませんが、同族経営では事業への意思決定が早いという特徴もあります。

同族経営をしている企業では、コネ入社で入ってきた人を後に重要な役職に就かせる場合がほとんどです。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

パターン②:大学のOB経由で入社する

バレることなくコネ入社が実在するパターン2つ目は、「大学のOB経由で入社する」です。

OB訪問サイトや大学のキャリアセンターを通じて大学のOB経由で入社します。

「企業との理念が一致している」「大学の後輩だから気に入られるといった場合」から内定をもらえることが出来ます。

コネ入社を実現させるためには、大学のOBの方と関わる機会を増やしていきましょう。

以下のリストにOB訪問オススメサイトを紹介しておきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

OB訪問オススメサイト3選
  • Matcher(マッチャー):連絡のやりとりはチャット機能なので、容易にアポを取り付けることができる
  • レクミー:OB訪問だけでなくインターンや企業のイベントなどの情報が載っている
  • ビズリーチ・キャンパス:同じ大学などのあなたと共通点がある社会人とつながりやすい特徴がある

上記のOB訪問サイトに興味のある方は、以下の記事で、評判や使い方がわかるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

パターン③:アルバイトから社員に昇格する

バレることなくコネ入社が実在するパターン3つ目は、「アルバイトから社員に昇格する」です。

企業はアルバイトの人を社員に昇格させることで即戦力として働いてもらうことが出来るからです。

例えば、アルバイトといえばスタバなどイメージする人が多いと思いますが、ベンチャー企業での長期インターンから社員に昇格するケースもあります。

アルバイトから社員に昇格する人の特徴として次のリストのように考えられます。

アルバイトから社員に昇格する人の特徴
  • 自分で考えて仕事に取り組んでいる
  • 周りの人たちからの信頼を得ている
  • 長い間貢献し続けたいという意思を感じられる

アルバイトから社員に昇格する人の特徴について上げておいたので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

コネ入社(縁故採用)を実現させる具体的な方法4選

就活生ちゃん

コネ入社を実現するパターンは、アルバイトから社員に昇格することなんですね。

就活生くん

僕は早く就活を終わらせたいです。

コネ入社でもいいので、コネ入社する方法を教えてください。

コネ入社に対する考え方は人それぞれですよね。

ここでは、コネ入社を実現させる具体的な方法4選を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

コネ入社(縁故採用)を実現させる具体的な方法4選
  • 方法①:内定直結イベントに参加して人事や経営者との関わりを増やす
  • 方法②:就活イベントに参加して志望する企業との関わりを増やす
  • 方法③:OB訪問でコネの権限のある社会人にあなたの入社意欲を伝える
  • 方法④:インターンを通じてあなたの能力・結果を人事・経営者にアピールする

それでは、コネ入社を実現させる具体的な方法4選を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法①:内定直結イベントに参加して人事・経営者との関わりを増やす

コネ入社(縁故採用)を実現させる具体的な方法1つ目は、「内定直結イベントに参加して人事・経営者との関わりを増やす」です。

内定直結イベントとは、多くの企業が参加し、就活生に対して会社説明と選考会を同時に行う就活イベントです。

内定直結イベントに参加して、人事・経営者と繋がりを作っておくことで、コネ入社の話が出てきます。

コネ入社を実現させるためには、人事・経営者との関わりを増やす必要があります。

就活生ちゃん

内定直結イベントってたくさん開催されているけど、どこの企業が主催している内定直結イベントに参加してみるといいのかな。

どこの企業が主催している内定直結イベントに参加したらいいのか知っておきたいですよね。

オススメの内定直結イベントをいくつか紹介しておきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

オススメ内定直結イベント
  • Meets Company(ミーツカンパニー):大手企業やベンチャー企業など、1000社以上が参加しています。
  • キミスカLIVE:参加する企業数が少なく、募集人数が数十人の内定直結イベントが多いです。
  • 逆求人フェスティバル:経営者・人事と面接し、印象に残れば内定をもらえるイベントです。

内定直結イベントに参加したい方は、以下の記事で、イベントの評判がわかるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法②:就活イベントに参加して志望する企業との関わりを増やす

コネ入社(縁故採用)を実現させる具体的な方法2つ目は、「就活イベントに参加して志望する企業との関わりを増やす」です。

就活イベントは、新卒の就活生に対して企業の事業内容についての企業説明を実施するイベントのことです。

就活イベントに参加することで、志望する企業の社員との関わりを増やせて繋がりを作っておくことができます。

コネ入社を実現させるためには、志望する企業の社員との繋がりは欠かせません。

コネ入社を実現させるためには、就活イベントに参加して志望する企業との関わりを増やしていくことが必須です。

就活イベントに興味のある就活生は、以下の記事で、おすすめの就活イベントがわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法③:OB訪問でコネの権限がある社会人にあなたの入社意欲を伝える

コネ入社(縁故採用)を実現させる具体的な方法3つ目は、「OB訪問でコネの権限がある社会人にあなたの入社意欲を伝える」です。

OB訪問でコネの権限がある社会人に、あなたの入社意欲を直接伝えることが出来るからです。

人はダイレクトに他人の「意見」「考え」を伝えられると、普段よりも印象に残りやすくなります

OB訪問でコネの権限がある社会人に直接入社意欲を伝えて、あなたの強い入社意欲を伝えましょう。

OB訪問では社会人の方もあなたのために時間を作ってくれているので、お互いに有意義な時間にするように意識しましょう。

以下の記事で、OB訪問のやり方がわかるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法④:長期インターンシップを通じてあなたの能力・結果を人事・経営者にアピールする

コネ入社(縁故採用)を実現させる具体的な方法4つ目は、「長期インターンシップを通じてあなたの能力・結果を人事・経営者にアピールする」です。

長期インターンシップ活動を通じて、あなたが企業に入社後どのように貢献するのか明確にアピールすることが出来るからです。

人事・経営者は長期インターンシップを通じて、就活生を自社に貢献してくれる人材かどうかを見極めています。

長期インターンは、人事・経営者に対して、あなたの能力を示すことのできる最適な場所です。

就活生くん

長期インターンシップでどうやって自分の能力をアピールをすれば、人事・経営者の目に止まりますかね。

人事・経営者にどうやってあなたの能力をアピールすればいいか難しいですよね。

長期インターンシップで求められている能力は以下の3つにです。

「就活の教科書」編集部 谷川

長期インターンシップで求められている能力3つ
  • チームで一つの目標に取り組んでいける能力
  • 計画性を持って取り組んでいける能力
  • 課題に対しての論理的思考能力

上記で紹介した能力を長期インターンシップを通じて、人事・経営者にアピールしていきましょう。

インターンシップはコネを作るのに最適な機会です。

インターンシップに興味のある方は、以下の記事で、自分に合ったインターンシップを探せるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

 

まとめ:コネ入社は周りの社員から無能だと思われる可能性があるので、入社するまでに実力をつけよう

この記事の、「【バレる?】コネ入社が嫌われる理由 | 縁故採用される方法もはいかがでしたか。

この記事では、コネ入社が嫌われる理由を紹介しました。

合わせて、コネ入社のデメリットメリットについても紹介しました。

この記事で学んだことをまとめると、次の通りです。

「就活の教科書」編集部 谷川

この記事のまとめ

◆ コネ入社とは

 

◆ コネ入社が嫌われる理由3つ

  • 理由①:企業の器に伴ってない
  • 理由②:他に優秀な就活生がいたかもしれない
  • 理由③:就活において辛い経験をしてきてない

◆ コネ入社の知っておきたいデメリット3つ

  • デメリット①:内定取り消しの連絡が出来ない
  • デメリット②:周りの就活生から冷たい視線を感じる
  • デメリット③:周り社員から成果への期待が大きすぎる

◆ コネ入社の魅力的なメリット

  • メリット①:企業から内定をもらいやすい
  • メリット②:就活に対する心理的不安が少ない
  • メリット③:入社した後も出世しやすい

◆ バレることなくコネ入社が実現するパターン

  • パターン①:同族経営している企業に入社する
  • パターン②:大学のOB経由で入社する
  • パターン③:アルバイトから社員に昇格する

◆ コネ入社(縁故採用)を実現させる具体的な方法4選

  • 方法①:内定直結イベントに参加して人事・経営者との関わりを増やす
  • 方法②:就活イベントに参加して志望する企業との関わりを増やす
  • 方法③:OB訪問でコネの権限がある社会人にあなたの入社意欲を伝える
  • 方法④:長期インターンシップを通じてあなたの能力・結果を人事・経営者にアピールする

コネ入社を実現させる方法はありますが、コネ入社した際は、周りの就活生や社員からの冷たい視線や期待などは様々です

世間一般的に、コネ入社は決して気持ちよく認められたことではないですが、コネ入社する人が納得できるのならコネ入社も立派な方法です。

他にも「就活の教科書」では、就活に役立つ記事がたくさん用意されています。

ぜひ、一度読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川