>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【内定者直伝】企業のイメージを聞かれた時の答え方 | 質問意図も

こんにちは!「就活の教科書」編集部の中島です。
就活の面接で、企業のイメージについて聞かれたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 中島

就活生くん

あります。けど企業のイメージについて聞かれると思ってなかったので、その場で必死に考えました!

就活生ちゃん

どう答えたら良いのかよくわかりませんでした。
この気持ち、僕もすごくよくわかります。
いきなりイ、イメージ?ってなりますよね(笑)

「就活の教科書」編集部 中島

この記事では「就活の教科書」編集部の中島が企業が自社のイメージを聞く意図や、その適切な答え方などをご紹介します。

この記事を読み終えれば、面接で企業のイメージを聞かれても全く動揺することなく答えることができるようになりますよ!

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

面接ので自社のイメージを聞いてくる意図は?

まず企業のイメージを聞いてくる意図について考えてみましょう。

人事の方がこんな風に考えていると思っていませんか。

就活生の人たち、ウチの企業にどんなイメージ持ってるんだろう!(ワクワク)

人事さん

残念ながら、こんな好奇心だけで聞いてきている質問ではないのです!

「就活の教科書」編集部 中島

一旦、冷静になって考えてみましょう。

企業の未来を担う重要な採用の面接の場で中身の無い無駄な質問をするでしょうか?

ここで、僕が実際の面接で、よく面接官の方から言われていた言葉をご紹介します。

面接では、相手の思考を見抜いて話をする事が非常に大事です。

人事さん

「相手の頭の中を想像して言葉を作る」ここまで、できていれば完璧です。

いきなり実践するのは難しいと思うので、少しずつ慣れていきましょう。

 

企業のイメージを尋ねる質問に隠されている意図は2つあります。

質問の意図
  • 「志望度の高さ」を確認
  • 「企業と就活生の相性」を確認
それでは一つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 中島

 

意図①:「志望度の高さ」を確認

企業のイメージを尋ねる質問では1つ目に「志望度の高さ」を確認しています。

面接官は、就活生が企業研究(業界研究)をきちんとして、根拠を述べながら話が出来ているかどうか、という点を主に見ています。

少なくとも自社を褒めてくれるような答えを期待している訳ではありません。

企業研究をきちんとしておけば、自然と根拠や理由を述べながら話ができます。

そしてここできちんと根拠や理由を述べて話す事によって、「この学生はしっかりとウチの企業を調べている事もわかるし、志望度も高いはずだ!」となりますよ。

後でこの企業分析のツールについてもご紹介していきますので必見ですよ。

「就活の教科書」編集部 中島

 

意図②:「企業と就活生の相性」を確認

企業のイメージを尋ねる質問では2つ目に「企業と就活生の相性」を確認しています。

企業は業務内容の理解からの就活生との相性も見ています。

企業研究によって「その企業がやっていること」や「入社後に自分がどんな働き方をしていくのか」を根拠づけて話すことが大事です。

いくら優秀な人材でもその企業とミスマッチだと面接官が感じたら企業は採用しません。

また、就活生一人を採用するのに、企業は平均72.6万 (2019/5 就職白書2019)のコストをかけています。

それだけお金も動く事なので、企業としても慎重に就活生を選んでいます。

そのため就活生がきちんと話を出来ていないと、そもそも、面接官の方も判断する事が出来ずに、結局は不合格という結果になってしまいます。

どうすれば高い評価を得られるような答えができるのかを次に解説しますね。

「就活の教科書」編集部 中島

 

面接で高い評価を狙うためのイメージの答え方とは!?

企業のイメージを聞かれたとき、高い評価を狙うための答え方2点を今からご紹介していきます。

高い評価を狙う答え方
  • 企業分析をきちんとする
  • 志望動機と近い内容になるように話す
それでは一つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 中島

 

高評価な答え方①:企業分析をきちんとする

高い評価を狙う答え方1つ目は「企業分析をきちんとする」です。

企業説明会やOB・OG訪問などを通じて企業分析をきちんとしていきましょう。

単なるイメージではなく、そのイメージを抱くようになった理由を面接官は聞きたいです。

イメージを抱くようになった理由を考えるには企業分析が不可欠です。

ただホームページを見るだけではなく、企業説明会やOB・OG訪問を行い、現場の実情もしっかり取り入れていきましょう。

 

高評価な答え方②:志望動機と近い内容になるように話す

高い評価を狙う答え方2つ目は「志望動機と近い内容になるように話すこと」です。

①の段階できちんと企業分析ができたら、「自分がどのように働いていきたいか」と、「その企業の魅力」を考えましょう。

この2つが揃うと、強い志望動機になります。

面接官は、学生が「企業研究や業界研究をきちんとしているか」の確認の意味でもこの質問をしています。

そのため、志望動機と近い内容になるように話すようにしましょう。

ただ、質問としては「自社の企業イメージ」であるので、自分の事ばかり話してしまわないようにコンパクトにまとめた回答を心がけるようにするといいです。

企業分析はとっても大事なんです!

「就活の教科書」編集部 中島

 

反対に、面接で低い評価につながるイメージの答え方は?

企業のイメージを聞かれたときに低い評価につながる可能性がある4つの答え方をご紹介します。

低評価につながる答え方
  • 漠然と答える
  • 明からさまに企業を褒める
  • マイナスイメージを述べる
  • 企業研究のレベルが浅い
ではそれぞれ見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 中島

 

低評価な答え方①:漠然と答える

企業のイメージを聞かれたときに低評価な答え方の1つ目は「漠然と答える」です。

準備が出来ていない就活生がよくやってしまいがちな失敗です。

相手にも準備不足が伝わってしまいますし、自分としても答えが上手くまとまらず結果的にマイナス評価に繋がってしまいます。

その場でとっさに考えたような話の場合、何人もの就活生をみてきている面接官にはすぐにバレます。

面接はきちんと準備をして臨みましょう。

事前にきちんと業界研究・企業研究をして準備しておけば大丈夫です。

「就活の教科書」編集部 中島

 

低評価な答え方②:あからさまに企業を褒める

企業のイメージを聞かれたときに低評価な答え方の2つ目は「あからさまに企業を褒める」です。

先ほども述べましたが、企業の人は自分の企業を褒めてもらおうと思って、わざわざこの質問をしている訳ではありません。

ご機嫌とりのような真似は辞めましょう。

もちろんプラスな事を話した方がいいですが適度な現実感も必要です。

 

低評価な答え方③:マイナスイメージを述べる

企業のイメージを聞かれたときに低評価な答え方の3つ目は「マイナスイメージを述べる」です。

企業の採用担当者も人間です。

やはりマイナスイメージを言われたらその人に対するイメージも悪くなってしまうのは当然で、もちろん評価にも影響が出てきます。

相手の気分を害するような発言は控えるのが賢明です。
自ら合格の可能性を下げることに繋がってしまいます。

「就活の教科書」編集部 中島

 

低評価な答え方④:企業研究のレベルが浅い

企業のイメージを聞かれたときに低評価な答え方の4つ目は「企業研究のレベルが浅い」です。

企業としては面接に臨んできているという段階できちんと企業分析はしてきている、という前提の上で話をしてきます。

少し調べただけでわかるような浅い内容で話をしてしまうと、逆にこの子、全然準備できていないな…となってマイナス評価に繋がってしまいます。

こんな風に思われてしまったら高い評価を狙うのは難しくなりますね。

「就活の教科書」編集部 中島

 

面接で低評価につながる理由はこの記事でより詳しく解説しています。

 

企業分析に役立つツール

就活生くん

企業分析を始めようと思うんだけど、どうやってしたらいいのかわかりません…
そんな人のためにいくつか使えるツールの紹介をしますね!

「就活の教科書」編集部 中島

企業分析に役立つツール
  • 企業の公式ホームページ
  • 企業説明会
  • OB・OG訪問
  • インターンシップ
  • 書籍・雑誌
それでは順にみていきましょう!

「就活の教科書」編集部 中島

 

ツール①:企業の公式ホームページ

企業分析に役立つツールの1つ目が「企業の公式ホームページ」です。

企業分析を行う上で絶対に外せないのが企業のホームページです。

公式ホームページはその企業の色がよく出ています。

さらにその企業の伝えたいことがよくまとめられているので、必ず見るようにしましょう。

 

ツール②:企業説明会

企業分析に役立つツールの2つ目が「企業説明会(合同説明会)」です。

企業説明会では実際に働く社員の方がお話をしてくださるため、その企業の社員さんのイメージを持てます。

さらに言えば、もしかしたら未来の同期になる人たちの雰囲気も知る事が出来ます。

企業の人から直接話を聞けるようなイベントは志望理由を考えるのにも、とても役立ちます。

合同説明会についてはこの記事で詳しく解説しています。参考にしてみてくださいね。

 

ツール③:OB・OG訪問

企業分析に役立つツールの3つ目が「OB・OG訪問」です。

様々なアプリ(Matcherやビズリーチキャンパス)などのアプリを使う、または知り合いの社員さんにお会いする、など方法はいくつもあります。

1対1なので話をするのが苦手という方でも気楽にお話をする事が出来るので非常にオススメです!

ただ社会人の方は、忙しい中わざわざ時間を作ってくださっているという事は決して忘れないようにしましょう。
日程調整の時は自分からきちんと日程の候補を送る、レスポンスは早くするなどの意識はとても大事です。
常に学生の側からも何か価値提供できないか考えましょう!

「就活の教科書」編集部 中島

 

ツール④:インターンシップ

企業分析に役立つツールの4つ目が「インターンシップ」です。

話を聞いたり自分で調べているだけではわからない事も多くあります。

そこで実際にインターンシップを通して企業の中に入ってみる事で、そこで働く社員さんの雰囲気から実際の業務まで多くのものを経験する事が出来ます。

インターンシップに参加して、良い印象を残すことができれば内定へ近づける事もあるので積極的に参加しておくのは大事なことです。

 

ツール⑤:書籍・雑誌

企業分析に役立つツールの5つ目が「書籍・雑誌」です。

「企業四季報」や「業界地図」といった類の本は就活の時期になると本屋の入り口にタワーが出来るほどの人気です。

こういった本は今まで自分が興味の無かった業界や職種を知るきっかけにもなったりするので読んでおいて損は無いと思います。

僕が就活をしていて、この中でも特に行っていたのがOB・OG訪問です。
これは具体的にはMatcherなどのアプリを活用していました。
本やホームページを見ていてもそこに書いていない疑問点などをその場で聞くようにしていました。
皆さんもぜひ活用してみてくださいね!

「就活の教科書」編集部 中島

 

OB訪問に役立つおすすめサイト/アプリはこの記事を参考にしてみてください。

まとめ:企業のイメージは志望動機と近い内容になるように話せばOK!

いかがでしたか?

この記事では「就活の教科書」編集部の中島が、企業のイメージを聞かれた際の答え方の答え方をご紹介しました。

企業のイメージを聞かれたときに高い評価を狙うための答え方は以下の2つです。

高い評価を狙う答え方
  • 企業分析をきちんとする
  • 志望動機と近い内容になるように話す

 

企業のイメージを聞かれたときに低い評価につながる答え方は以下の4つです。

低い評価に繋がる答え方
  • 漠然と答える
  • 明からさまに企業を褒める
  • マイナスイメージを述べる
  • 企業研究のレベルが浅い

以上の点を意識しておけば、企業のイメージを聞かれた時の対策は大丈夫です。

こういった1つ1つの質問にしっかりと答えていくことが大事です!

そんな面接の質問は【就活でよく聞かれた】面接の質問項目100選」で詳しく解説しています。

きちんと準備さえしたら面接は何も怖くありません、頑張ってくださいね!

「就活の教科書」では他にもたくさんの記事を掲載しています。
ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中島

 

就活の面接対策については、以下の記事で網羅的に解説しています。合わせて参考にしてください。