>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【なぜ落ちた?】中小企業に落ちないための対処法 | 落ちる原因も

この記事を読めばわかること
  • 中小企業の選考に落ちてしまう就活生はいる
  • 中小企業の面接に落ちる原因は「受けている中小企業の倍率が高い」(他2つ)
  • 中小企業の面接で「第一志望ではない」と答えると落ちてしまうかも
  • 中小企業の面接に落ちにくい対策3つ

 

就活生の皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のよこです。
多くの企業の選考にエントリーしたはいいけど、落とされ続けたら不安になりますよね。

「就活の教科書」編集部 よこ

就活生ちゃん

私は、大企業と中小企業どちらも受けていますが、今のところ全落ちしています・・・
大企業は倍率も高いし、落ちるのはわかります。
なぜ中小企業もこんなに落ちてしまうのでしょうか。

就活生くん

僕も中小企業に落ちてしまいます。
中小企業だったら受かると思っていたのに・・・
どうすれば中小企業に合格することができますか。

僕も初めの10社くらいは落とされ続けて、メンタルを維持するのに必死でした。
ひどい時なんか、就活をやめて自分で事業をして生きて行こうかと悩んだくらいです。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

そこでこの記事では、中小企業の選考に落ちてしまう就活生について紹介しています。

合わせて、中小企業の面接に落ちる原因と落ちてしまった時にすることも解説しています。

最後に、中小企業の面接を合格するためのポイントと中小企業の面接で「第一志望ではない」と答えると落ちてしまうかももお伝えします。

この記事を読めば、あなたがなぜ中小企業の面接に落ち続けるのかがわかるようになります。

中小企業に落ち続けて悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

画像タップでページ内に飛びます

落ちる >> 面接に落ちる原因 合格>> 合格するポイント

 

中小企業の選考に落ちてしまう就活生はいる

就活生ちゃん

中小企業の選考すら全落ちしています・・・
私を採用してくれる企業があるのかわからない中、これからも就活を続けていくのはとても不安です。

中小企業の選考にも落ち続けると、不安になりますよね。
就活が本当に辛かったら、一度1週間ほど休んでみるのもありですよ。

実は、中小企業でも落ちる就活生は多くいます。
これは高学歴の就活生にも言えることです。

「就活の教科書」編集部 よこ

就活生ちゃん

高学歴の就活生でも落ちているんですか?

実際に、MARCH、関関同立以上の就活生でも、中小企業へいきたいという就活生は多くいます。
高学歴の就活生でも「落ちる原因」をしっかり理解していなければ、これからも良い結果を得ることは難しいです。

まずはなぜ落ちるのか、を理解するために、中小企業の面接に落ちる原因についてお伝えしていきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

中小企業の面接に落ちる原因3つ

落ちる

就活生ちゃん

中小企業の選考に落ち続けています。
なぜ落ちてしまうのでしょうか。

それでは次に、中小企業の面接に落ちる原因についてお伝えしますね。
合格するためには、まず落ちた原因を明らかにする必要があります。
中小企業の面接に落ちる原因は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

中小企業の面接に落ちる原因3つ
  • 原因①:受けている中小企業の倍率が高い
  • 原因②:中小企業に求めすぎている
  • 原因③:志望動機が曖昧になっている

それでは、なぜ中小企業に落ちてしまうのかの原因を明確にするために、中小企業の面接に落ちる原因についてそれぞれ詳しく解説していきすね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

原因①:受けている中小企業の倍率が高い

中小企業の面接に落ちる原因1つ目は、受けている中小企業の倍率が高いことです。

中小企業の中には、地域の人から根強い人気があり、就活生の応募が殺到している中小企業もあります。

倍率の高い企業ばかり受けていると、その分落ちやすくなってしまいます。

中小企業の面接に落ち続けている就活生は、応募が殺到している倍率の高い中小企業を受けていることが原因かもしれません。

中小企業を受ければ倍率が低いから受かるだろう、と鷹をくくっていた就活生にとっては驚きかもしれません。
創業したてのベンチャー企業や中小企業の中には、就活生からとても人気な企業もあります。
人気な企業は、面接にくる就活生が多すぎて、企業側の人手が足りていないそうです。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

原因②:中小企業に求めすぎている

中小企業の面接に落ちる原因2つ目は、中小企業に求めすぎていることです。

中小企業だと、人数が少なく、社内制度が整っていない場合があります

社内制度が整っていないにも関わらず、「家賃補助はいくらですか」「福利厚生はどんなものがありますか」「研修は充実していますか」などと企業に求めすぎてしまう就活生がいます。

中小企業の場合、社内制度が整っていない企業もあるので、求めすぎている就活生は落とされる可能性があります。

社内制度が整っていない中小企業に求めすぎてはだめということですね。
確かに、「求めすぎている就活生」を採用すると後々めんどくさいと考えるの中小企業は多いかもしれません。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

原因③:志望動機が曖昧になっている

中小企業の面接に落ちる原因3つ目は、志望動機が曖昧になっている ことです。

志望動機が曖昧になっていると「この就活生は滑り止めのために受けているのではないか」と疑われることになってしまいます。

「御社の社会貢献事業に共感し、御社を志望します」という当たり障りのない志望動機は落とされる可能性が高いです。

志望動機が曖昧になっているのは、高学歴の優秀な就活生ほどやってしまうミスなので注意しましょう。

志望動機を明確にすることで、受かる可能性がグッと上がるんですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

中小企業の面接に落ちないポイント3つ

合格

就活生くん

次こそは中小企業の面接を合格したいです。
どうすれば中小企業に合格することができますか。

それでは次に、中小企業の面接を合格するためのポイントをお伝えしますね。
中小企業の面接を合格するためのポイントは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

中小企業の面接に落ちないポイント3つ
  • ポイント①:倍率の低い中小企業を選ぶ
  • ポイント②:人柄をアピールする
  • ポイント③:志望動機を明確にする

中小企業の面接に合格するために、中小企業の面接を合格するためのポイントについてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント①:倍率の低い中小企業を選ぶ

中小企業の面接を合格するためのポイント1つ目は、倍率の低い中小企業を選ぶことです。

倍率が低い中小企業の面接であれば、これまで落ち続けていた就活生も受かる可能性が高いです。

10人面接しなければならないところを、2人しか就活生がこなければ、面接に受かる可能性が必然的に高くなります。

中小企業の面接に合格するためには、倍率の低い中小企業を選びましょう。

倍率の低い中小企業を受けることで、面接に受かりやすくなるんですね。
合説や会社説明会に参加し、人数が少なそうな企業を選ぶと、倍率が低い可能性が高いです。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント②:人柄をアピールする

中小企業の面接を合格するためのポイント2つ目は、人柄をアピールすることです。

中小企業は、就活生のスキルよりも人柄や人間性をみています。

TOEIC800点あるよりも、これまでの自分の人柄をアピールできるエピソードを考え、面接でうまく伝えましょう。

中小企業の面接を合格するには、就活生の人柄や人間性をアピールすることが大事です。

就活生のスキルを重視している中小企業は少ないんですね。
あなたの人間性がアピールできる過去の経験、エピソードをしっかりと作りましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

ポイント③:志望動機を明確にする

中小企業の面接に落ちないポイント3つ目は、志望動機を明確にすることです。

志望動機を明確にすることで「この就活生はただの滑り止めで受けているんじゃないな」と判断してもらえます。

「御社の事業を一緒に大きくしていき、事業責任者になりたい」というような明確な志望動機を考えましょう。

志望動機を明確にすることで、就活生の入社意欲が伝わり、面接に合格しやすくなります。

志望動機は面接においてかなり大事になってきます。
優秀な就活生でも、志望動機が曖昧だと落とされる可能性が高いです。
「自分なら大丈夫」だと気を抜かず、志望動機を明確にしましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

中小企業の面接に落ちにくい対策3つ

就活生ちゃん

中小企業の面接に落ち続けています・・・
しっかりと原因を明らかにして、次の面接では頑張りたいと思います。
面接に落ちてしまったときに、次から受かるようになるためにはどんなことをすればいいですか。

それでは次に、中小企業の面接に落ちてしまった時にすることについてお伝えしますね。
中小企業の面接に落ちてしまった時にすることは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

中小企業の面接に落ちにくい対策3つ
  • すること①:落ちた原因を分析する
  • すること②:就活の軸を見直す
  • すること③:社会人に相談する

それでは、次の面接から受かるようになるために、中小企業の面接に落ちてしまった時にすることについてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

すること①:落ちた原因を分析する

中小企業の面接に落ちてしまった時にすること1つ目は、落ちた原因を分析することです。

落ちた原因を分析し、次の面接に活かすことができなければまた落ちてしまいます

落ちた原因を振り返って分析することはしんどいです。

しかし、分析して次の面接に活かすことができれば、良い結果が待ってると思い、頑張りましょう。

落ちた原因は、先ほど紹介した以下の3つです。

  • 原因①:受けている中小企業の倍率が高い
  • 原因②:中小企業に求めすぎている
  • 原因③:志望動機が曖昧になっている

落ちた原因を振り返ることってしんどいですよね。
僕もできれば思い出したくありません。
しかし、原因がわかり、改善することができれば必ず良い結果が待っています。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

すること②:就活の軸を見直す

中小企業の面接に落ちてしまった時にすること2つ目は、就活の軸を見直すことです。

そもそも、就活の軸があなたの話す内容とあっていない可能性があります。

または、就活の軸に当てはまっていない企業を受けているか。

就活の軸を見直すことで、あなたにあった企業を受けることができます。

受ける企業を選ぶときは、就活の軸にあってそうな企業を受けていきましょう。
そうすることで、落ちる確率もグッと下がります

「就活の教科書」編集部 よこ

 

すること③:社会人に相談する

中小企業の面接に落ちにくい対策3つ目は、社会人に相談することです。

実際に社会人経験がある人からアドバイスをもらうことで、企業側の気持ちが理解できるようになります。

企業はどんな人を求めていて、自分の面接ではどこが良くなかったのかを振り返りましょう。

社会人の中でも、採用経験のある人だとなお良いですね。

社会人の知り合いがおらず、相談できないよという就活生もいるのではないでしょうか。
そんな就活生は、就活エージェントを使いましょう。
就活エージェントとは、無料で就活相談ができるサービスのことです。
下記の記事に、就活エージェントについて詳しく書いていますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

中小企業の面接で「第一志望ではない」と答えると落ちてしまうかも

就活生くん

いくつかの中小企業の面接を受けようと思います。
その中には、第一志望ではない中小企業も含まれています。
面接官から「弊社は第一希望ですか?」と聞かれた場合、正直に答えるべきでしょうか。

個人的な考えですが、第一希望の企業ではなくても入社意欲があるなら「第一希望です」と答えるべきです。
面接の場は、あなた自身を売り込む場です。
そこで、第一希望ではないけど内定をくださいといっても、内定を出す企業は少なくなります。
自分を売り込むためなら、本当に第一希望だということを思い込み、回答した方が、内定をもらいやすくなります。
しかし、第一希望の企業でないところに、「第一希望です」なんて言えないという就活生は正直に答えましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

 

まとめ:面接練習をして中小企業の面接に挑もう!

この記事の【内定者が教える】中小企業に落ちる原因 | 合格に近づくためのポイントはいかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部のよこが、中小企業の選考に落ちてしまう就活生はいるについて解説しました。

合わせて、中小企業の面接に落ちる原因と落ちてしまった時にすることも紹介しました。

最後に、中小企業の面接を合格するためのポイントと中小企業の面接で「第一志望ではない」と答えると落ちてしまうかももお伝えしました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 よこ

今回の記事で学んだこと

◆中小企業の選考に落ちてしまう就活生はいる

◆中小企業の面接に落ちる原因3つ

  • 原因①:受けている中小企業の倍率が高い
  • 原因②:中小企業に求めすぎている
  • 原因③:志望動機が曖昧になっている

◆中小企業の面接に落ちにくい対策3つ

  • すること①:落ちた原因を分析する
  • すること②:就活の軸を見直す
  • すること③:社会人に相談する

◆中小企業の面接に落ちないポイント3つ

  • ポイント①:倍率の低い中小企業を選ぶ
  • ポイント②:人柄をアピールする
  • ポイント③:志望動機を明確にする

◆中小企業の面接で「第一志望ではない」と答えると落ちてしまうかも

中小企業に落ち続けてしまっている就活生は、原因をしっかりと分析して、改善してから次の面接に挑みましょう。
改善して挑むことで、必ず良い結果が待っています。
最後まで諦めずに、頑張りましょう!

「就活の教科書」編集部 よこ