>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【就職強い?】化学系出身者の就職先一覧 | おすすめ業界/おすすめ職種も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 化学系の就職は強い
  • 化学系の年収別就職先ランキング・就職先一覧
  • 化学系出身者におすすめの業界と職種
  • 化学系に就職するときは研究開発費をチェックしよう

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のなつこです。

今回は、化学系の就職先ランキングについて紹介していきます。

就活生のみなさんは、「化学系の学生はどんな企業に就職するの?」「化学系の企業にはどんな企業があるの?」など、様々な疑問や不安があるのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 なつこ

就活生くん

僕は化学系の企業に就職したいです。

化学系企業にはどんな企業があるのか知りたいです。

就活生ちゃん

私は大学で化学系科目を専攻しています。

化学系出身の人がどのような業界に就職しているのか知りたいです。

確かに、化学系にはどんな企業があるのかどんな業種があるのか気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 なつこ

この記事では、化学系の就職先ランキングについて解説していきます。

年収で比較した就職先ランキングと、化学系出身者の主な就職先についても一覧で説明します。

合わせて、化学系出身者におすすめの業界や職種、就職するときの企業の選び方や疑問についても詳しく解説します。

この記事を読めば、化学系企業の平均年収化学系の人がどういう企業に就職するのかがわかります。

「化学系の人はどんな企業に就職するの?」「化学系の業界の仕事内容は?」などの疑問を持っている就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

目次

 

化学系の就職はどうなの?

就活生ちゃん

私は化学系科目を専攻しています。

化学系の就職は強いと聞いたことがあるのですが、本当ですか?

また、化学業界の仕事内容についても知りたいです。

確かに、なぜ化学系の就職は強いと言われるのか気になりますよね。

化学系が就職に強い理由と、化学業界の仕事内容について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

化学科出身の学生は幅広い業界に就職できる

化学系の就職が強いと言われている理由は、化学系出身の学生は幅広い業界に就職できるからです。

その理由は、化学工学で学ぶ生産プロセスの知識は「モノづくり」をするほとんど全ての製造業で適用できるからです。

化学工学を学んだ人は化学メーカーやプラントエンジニアリング会社に就職することが一般的ですが、実際には他業種へ就職する人も多くいます。

石油、食品、機械など対象が何であっても、環境に良い「モノ」を効率よく安価に提供することを目的とすることに変わりはありません。

そのため、化学科で学んだことを多様な方面に活かして就職することができます

理系的思考ができる人材として重宝されるため、銀行や商社、コンサルなどへの就職にも有利です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

化学業界の仕事内容

化学業界は「素材産業」の代表的なもので、化学反応を用いて原材料を加工する製造業が主な仕事です。

必要に応じた原材料を仕入れ、それに対して合成・分解・重合反応といった「化学変化」を発生させたり「分離・精製」といった操作を行なっていきます。

このように高度な技術やノウハウを用いて複数の工程を作ることで、実用性に優れた付加価値の高い製品を製造・販売します。

また、学部卒、修士卒、博士卒のよって就職後の仕事内容が大きく以下のように異なります。

化学系出身者の仕事内容
  • 学部卒:技術営業・品質管理・製造工程
  • 修士卒:研究開発・既存製品の性能上げ・製造工程の見直し
  • 博士卒:基礎的な要素研究〜製品までの実用化研究

学部卒の場合、研究開発能力は未熟だと考えられるため、大手企業での研究開発職に就くことは厳しいです。

研究開発部門に配属されたとしても、サポートに徹することがほとんどです。

修士卒の場合、有名大学卒であればすぐに、中程度の大学卒でも数年間の部署経験を積めば、研究開発職に就くことができます。

学歴の重要度は非常に大きいですが、年齢が若いため研究開発職としての需要が高いことが特徴です。

博士卒の場合、企業では研究に徹するほか、博士号を利用して海外で働く人も多いです。

本人の能力が重要視されるため学歴の重要度が低くなる一方で、年齢が高くなってしまうため研究職以外に就くことが厳しくなります。

 

【年収別】化学系の就職先ランキング

就活生ちゃん

私は、化学系の企業に就職したいと考えています。

化学系の企業の年収について知りたいので、教えてください。

わかりました。

化学系企業の年収を、ランキング形式にして一覧で紹介していきます。

合わせて、年収ランキング上位の5社の化学系企業について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

化学系の年収別就職先ランキング一覧

化学系の年収別の就職先ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

順位 企業名 平均年収
1位 三菱ケミカルホールディングス 1738万円
2位 ウルトラファブリックス・ホールディングス 1202万円
3位 富士フイルムホールディングス 997万円
4位 積水化学工業 912万円
5位 住友化学 904万円
6位 三菱ガス化学 864万円
7位 信越化学工業 856万円
8位 コーセー 854万円
9位 三井化学 850万円
10位 大陽日酸 848万円
11位 ユニ・チャーム 843万円
12位 マンダム 842万円
13位 関西ペイント 827万円
14位 日東電工 823万円
15位 昭和電工 815万円

化学系企業の年収は他業界と比較して高い傾向にあります。

景気の影響を受けにくく、高い年収で安定性が見込めることが魅力的です。

それでは、化学系企業の年収ランキング上位5社について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

1位:三菱ケミカルホールディングス(平均年収:1738万円)

化学系の年収別就職先ランキング1位は三菱ケミカルホールディングスです。

三菱ケミカルホールディングスは、環境・社会課題への取組み気候変動課題への取組みプラスチックごみ問題への取組みを通して、社会の課題解決と「KAITEKI実現」に挑戦している化学系企業です。

サステナビリティに貢献する製品開発を続々と展開しており、有機EL証明、有機薄膜太陽光電池、完全人口光型植物工場など次世代の暮らしを支える製品の開発に積極的に取り組んでいます。

また、自動車部材の軽量化によるエネルギー消費の削減、フードロスの削減、非枯渇資源を原料としたプラスチックの開発などを行なっています。

三菱ケミカルホールディングスについて
  • 本社所在地:東京都
  • 従業員数:42,660名
  • 平均年収:1738万円
  • 月平均残業時間:24.9時間
  • 求める人材:「仕事にも人にも地球にも誠実に向き合える人」

三菱ケミカルホールディングスは、高機能性ポリマーや高機能フィルムなどの機能商品分野、石化原料やMMAといった素材分野などあらゆる分野で欠かせない製品づくりを担い、産業の基盤を支えています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

2位:ウルトラファブリックス・ホールディングス(平均年収:1202万円)

化学系の年収別就職先ランキング2位はウルトラファブリックス・ホールディングスです。

ウルトラファブリックス・ホールディングスは、「合成皮革」であるポリウレタンレザーの製造・販売を行う化学系企業です。

第一化成株式会社Ultrafabrics Inc.の統括・管理を行なっています。

オフィス家具から自動車・航空機まで幅広い業界にまたがる様々なニーズを米国を拠点とするUltrafabricsが顧客から収集し、日本の第一化成が日本の技術によって製品化、生産しています。

特に、成長戦略の柱と位置付ける自動車や航空機分野において積極的に取引を行い、グローバルブランドの確立を目指していることが特徴です。

ウルトラファブリックス・ホールディングスについて
  • 本社所在地:東京都
  • 従業員数:285名
  • 平均年収:1202万円
  • 月平均残業時間:30時間
  • 求める人材:持続的な地域社会の発展に貢献する精神を持ち、グローバルに活躍できる人材

デザインの中心であるロンドン・クラーケンウェルにグループ初のショールームを開設するなど、海外での事業展開に興味がある人におすすめです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

3位:富士フイルムホールディングス(平均年収:997万円)

化学系の年収別就職先ランキング3位は富士フイルムホールディングスです。

富士フイルムホールディングスは「ヘルスケア」「高機能材料」「グラフィックシステム」「光学デバイス」「デジタルイメージング」の5つを重点事業とし、幅広く展開している化学系企業です。

中でも「ヘルスケア」「高機能材料」を成長戦略の柱と位置付け経営資源を集中的に投資し、海外市場での競争力を高めることにも力を入れています。

高機能材料事業では、天然エネルギー資源に関する分野において地球規模の環境・エネルギー問題解決と社会の持続可能な発展に貢献していることが特徴です。

富士フイルムホールディングスについて
  • 本社所在地:東京都
  • 従業員数:37,151名
  • 平均年収:997万円
  • 月平均残業時間:30.8時間
  • 求める人材:成長意欲が高く、多様な価値観を持つ周囲を巻き込み最後までやり抜くことができる人材

化学分野では、化学の力で価値を創造する機能性化合物の分子設計、合成、分析などの「材料開発技術」の研究・開発を主に行なっています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

4位:積水化学工業(平均年収:912万円)

化学系の年収別就職先ランキング4位は積水化学工業です。

積水化学工業は、「住・社会のインフラ創造」「ケミカルソリューション」の領域において事業展開している化学系企業です。

住宅カンパニーでは、設計性能通りの住まいを工場生産で実現する「ユニット工法」を駆使した住宅の提供、大容量ソーラー、蓄電システムなどの創エネ性・省エネ性に優れた独自のスマートエナジーライフの提供をしています。

環境・ライフラインカンパニーでは、様々な配管材を提供し、安全・快適なライフラインと水環境に貢献しています。

高機能プラスチックカンパニーでは、微粒子技術粘接着技術精密成形技術などの独自技術を活かして、産業向けに製品やサービスをさらに進化させる先進の高機能材料をグローバルに提供しています。

積水化学工業について
  • 本社所在地:東京都・大阪府
  • 従業員数:26,577名
  • 平均年収:912万円
  • 月平均残業時間:27時間
  • 求める人材:諦めることなく前向きにものごとに取り組み、自ら仕事を生み出すことができる人材

積水化学工業は、日本初の技術や世界でトップシェアを確立する製品などを強みに、暮らしを豊かにするための技術発展に力を入れています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

5位:住友化学(平均年収:904万円)

化学系の年収別就職先ランキング5位は住友化学です。

住友化学は、「石油化学」「エネルギー・機能材料」「情報電子科学」「健康・農業関連事業」といった事業を通して幅広い産業や人々の暮らしの根幹を支える付加価値の高い製品を供給する化学系企業です。

異なる技術の融合によって新たな価値を生み出す「創造的ハイブリッド・ケミストリー」をスローガンとして、身の回りの衣食住から地球規模の環境問題まで、広い分野で問題解決に挑戦しています。

積極的な海外での事業展開を行い、世界各地に営業・販売・研究開発の拠点を開設しています。

グローバルな情報ネットワークを構築することで、現地社会と一体となって新規事業の育成に取り組んでいることが特徴です。

住友化学について
  • 本社所在地:東京都・大阪府
  • 従業員数:33,586名
  • 平均年収:904万円
  • 月平均残業時間:27.6時間
  • 求める人材:チームで仕事に取組み、その中で自分を高め自身の役割と責任を果たすことができる人材

住友化学では、今後成長が見込まれる「ヘルスケア」「環境負荷軽減」「食糧」「ICT」の分野に注力していくことで化学産業におけるリーディングカンパニーになることを目指しています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

化学系出身者の就職先一覧

就活生くん

僕は化学系科目を専攻している大学3年生です。

就職するか大学院に進むか迷っています・・・

化学系出身の人がどのような企業に就職しているのか知りたいです。

化学系出身者の就職先は、学部卒なのか修士卒なのかによって異なります。

それぞれの化学系出身者の就職先を一覧で紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

学部卒の化学系出身者の就職先一覧
  • 日立システムズ
  • 三菱自動車工業
  • NTT東日本
  • 住友理工
  • 三井住友銀行
  • オービック
  • 森永エンジニアリング
  • 千葉銀行
  • 日立化成
  • YKKAP
  • みずほファイナンシャル
  • 中学・高校教員
  • 地方公務員

学部卒では年齢が若く色々な企業へ挑戦できるため、メーカー以外の就職先も目立ちます。

学部卒でメーカー企業に就職した場合は、技術営業か品質管理が一般的です。

修士卒の化学系出身者の就職先一覧
  • 朝日インテック
  • シャープ
  • ダイキン工業
  • 積水化学工業
  • 三菱ガス化学
  • 関西ペイント
  • ユニ・チャーム
  • アサヒ飲料
  • 花王
  • 京セラ
  • 東芝
  • リコー
  • 中学・高校教員

修士卒の就職先には、先ほどのランキングで上位に入っていた化学系企業が多数あります。

修士卒でメーカー企業に就職すると、7割くらいが研究開発職に配属されます。

就職後も研究開発に携わりたいと考えている化学科専攻の学生のみなさんは、修士卒で就職することをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

人事さん

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

化学系出身者におすすめする就職先の業界

就活生ちゃん

私は化学系科目を専攻しています。

就職を考えているのですが、どの業界がいいかわかりません。

化学系出身の人におすすめな業界がどこなのか教えてください。

わかりました。

化学系出身者におすすめする就職先には、大きく以下の5つの業界があります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

化学系出身者におすすめする就職先の業界
  • 業界①:化学業界(企業例:住友化学)
  • 業界②:自動車・部品業界(企業例:トヨタ自動車)
  • 業界③:電機業界(企業例:三菱電機)
  • 業界④:食品業界(企業例:サントリー)
  • 業界⑤:化粧品業界(企業例:資生堂)

それでは、それぞれの業界について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

業界①:化学業界(企業例:住友化学)

化学系出身者におすすめする就職先の業界1つ目は、化学業界です。

化学業界では、川上、川中、川下の3つの役割に分けられ、一般的な総合化学メーカー(住友化学、三菱ケミカルホールディングスなど)はこの3つの役割を一貫して行います。

川上では原油や天然ガスを精製し、川中ではそれらを原料としてプラスチック、合成ゴム、合成繊維などの中間製品を生産します。

そして川下では中間製品から最終製品を生み出し、消費者に届けられます。

一般的に石油化学とも呼ばれ、原料となる石油の値段が業績に大きく影響することが特徴です。

化学業界の中でも、機能性化学品の分野(液晶ディスプレイやリチウムイオン電池などの電子材料)において日本の企業は高いシェアを獲得しています。

近年では乱高下する原油価格の影響を少なくすることやプラスチック廃棄量削減の観点から、石油化学への依存度を下げる取り組みが国内外で見られ、さらなる経営体質の改善が予想されます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

業界②:自動車・部品業界(企業例:トヨタ自動車)

化学系出身者におすすめする就職先の業界2つ目は、自動車・部品業界です。

自動車は1台あたりに2〜3万点の部品が使用されており、エンジン、変速機、ブレーキ、シート、電子制御システム、熱交換器などその種類は多岐に渡ります。

自動車の製造原価の半分を占めるとされている部品は、自動車メーカーの系列系メーカーが多いため、1つの業界として考えられます。

現在自動車業界は「接続性」「自動運転」「共同利用」「電動化」の4つの変革が進んでおり、「電動化」においてはすでにハイブリッド車、電気自動車などの登場によって進展しています。

そのため、自動車部品においてもますます自動化に対応したものが求められるほか、今後本格化していくことが見込まれる他の3つの変革のために、IT企業などの異業種との連携も進んでいます。

資金力に優れている自動車・部品業界では、優れた実験設備が導入されています。

化学的な知識を持った化学系出身者は物性の評価や化学メーカーとのやり取りでも重宝されるため、おすすめです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

業界③:電機業界(企業例:三菱電機)

化学系出身者におすすめする就職先の業界3つ目は、電機業界です。

電機業界は、主に家電業界、OA業界、重電業界、半導体業界に分けられます。

家電業界では生活必需品による堅調な推移を保ちつつ、先端技術を利用した新製品の投入など機能の高度化が進んでいます。

OA業界では、ペーパーレス化によって出荷は頭打ち状態となっていますが、得意とする画像処理技術などを活かした新分野や新規事業への取り組みが期待されています。

重電業界では、工業用の大型機器のほか配電用の開閉制御装置や各種発電用原動機などを取り扱っていることから、安定した生産見込みが特徴です。

半導体業界では、在宅勤務やデータセンター用機器の増加によって需要が高まっています。

また、日本の電子部品メーカーは国際競争力が高く、今後の5GやIoTの市場拡大にも期待できます。

サスティナビリティや環境に対する関心の高まりから、環境負荷の低い素材の採用省エネ化が進んでおり、化学系知識を持った社員の需要が高まっています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

業界④:食品業界(企業例:サントリー)

化学系出身者におすすめする就職先の業界4つ目は、食品業界です。

食品業界では、調味料・油。小麦粉などの食品原料やパン・菓子・冷凍食品などの加工食品、ビール・清涼飲料・水などの飲料を開発・製造し、消費者に提供しています。

人間にとって必要不可欠な「食」に直結するため強い産業とされていますが、近年の少子高齢化の影響を大きく受けています。

また、コロナウイルスの影響によって、エコを意識した食品市場、健康食品市場、介護職市場、食品の宅配など各市場で大きく変動した消費者行動への対応が求められています。

また、「食の安全」のための徹底した品質管理においても高い知識と対応力が必要です。

原料の組成や製品の開発を担う研究開発部、安全・衛生を考慮しながら現場を管理する生産技術部など会社の構造が化学メーカーと似ていることから、化学系出身者は積極的に採用されています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

業界⑤:化粧品業界(企業例:資生堂)

化学系出身者におすすめする就職先の業界5つ目は、化粧品業界です。

化粧品業界では、乳液や化粧水などの「基礎化粧品」、ファンデーションやルージュ、香水などの「メーキャップ化粧品」などを開発・製造・販売しています。

化学原料や生物から取り出した原料を用いて化粧品を作り、国内だけでなく海外への輸出も行なっているほか、ネット市場も非常に盛んになっています。

中堅・中小企業にもブランド力と存在感を持つ企業が多い化粧品業界ですが、近年では他業界企業もスキンケアブランドを生み出したりナノテクノロジーを応用した美容液を発売したりと、競争が激化しています。

高級化粧品から中・低価格帯化粧品へと需要が変化している中で、国内市場の人口減少の影響を受けて成長力の維持が厳しくなったため、新分野の強化新興国での市場開拓が進められています。

化粧品に配合する高分子の設計乳化状態の研究界面化学に関する基礎的研究など化学系の分野は非常に大きいです。

また、研究職には修士卒で入社する人がほとんどで、さらに博士号を持っている化学系出身者は非常に需要があります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

化学系出身者におすすめの職種

就活生くん

僕は化学系の科目を専攻しているので、化学系企業に就職したいと考えています。

化学系企業にはどんな職種があるのか教えてください。

わかりました。

化学系企業にはどんな職種があるのか解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

化学系出身者におすすめの職種は大きく以下の5つです。

化学系出身者におすすめの職種
  • 職種①:研究職
  • 職種②:開発職
  • 職種③:生産技術・製造技術職
  • 職種④:品質管理職
  • 職種⑤:営業職

それでは、それぞれの職種について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種①:研究職

化学系出身者におすすめの業種の1つ目は、研究職です。

研究職は、大きく基礎研究応用研究に分けられます。

基礎研究とは、新しいものや未知なものを探索し理論的に理解していく研究のことで、物事の本質を深く追求・探求していく側面が強いことが特徴です。

応用研究とは、既に存在する研究結果を用いて、どのようにしたら他のことに応用していけるかを考えていく研究のことで、より実用的な研究を行うため、基礎研究の成果を理解することができる知識が必要です。

会社の得意分野の研究だけでなく、新素材の研究新機能製品の開発基盤技術の構築なども担当します。

常に最先端の化学技術に触れられる職種のため、手に職をつけたいと考えている化学系出身者におすすめです。

研究職に関しては以下の記事群で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種②:開発職

化学系出身者におすすめの業種の2つ目は、開発職です。

開発職は、研究によって得られた成果を生産に繋げるために技術やプロセスの構築世の中のニーズにあった製品の作成を担っています。

新たな商品や技術の開発以外にも、他社の商品を分解・解析し、性能や使用部品を自社製品と比較したり、消費者にヒアリング調査を行ったりするなど、業務は多岐に渡ります。

商品開発において担当者と連携を取ったりアンケートによって世の中のニーズを探ったりするなど、機敏な行動力コミュニケーション能力が求められます。

製品開発において最も大切な役割を担い、自分の作ったものが世の中に出回るため成果が目に見えてわかりやすいため、やりがいを感じながら仕事をしたい化学系出身者におすすめです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種③:生産技術・製造技術職

化学系出身者におすすめの業種の3つ目は、生産技術・製造技術職です。

生産技術・製造技術職は、調達した原料を加工して製品にする役割を担当しています。

生産技術とは「安定生産」するための技術のことを指し、いかに効率よく行なっていくかという計画の立案や実績の管理などを担って生産体制を築いていきます。

製造技術とは「つくり方を考える」技術のことを指し、どのようにしたらより良い製品を作ることができるのかをより深い要素に入り込んで考えていきます。

高品質な製品を作るだけでなく、製造コストの管理やコストの削減も行なっており、数億円単位で会社に貢献できる可能性があるところが魅力的です。

生産技術と製造技術は企業によっては同じように扱われている場合もあるため、詳しい仕事内容をしっかり確認して企業を選ぶことが重要です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種④:品質管理職

化学系出身者におすすめの業種の4つ目は、品質管理職です。

品質管理職は、製品の製造管理や品質管理社内における関係部門との連携国内外の取引先の対応などの多岐にわたる業務を担当します。

各製造工程での製品を調査・分析し、不良品はないか、計画通りに生産されているかの確認と、不良品が出た際の原因調査を行なっています。

また、同じ品質の製品を作り出していくために、工場などの製造現場において工程の立案や製造スタッフの教育、環境整備なども行なっています。

企業によっては規制当局や監査へ対応を任されている場合もあります。

品質の精度を高めるための新たな手法を見出すなど、創意工夫が求められます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

職種⑤:営業職

化学系出身者におすすめの業種の5つ目は、営業職です。

化学系企業の営業職は、他業界の営業職と比較して既存顧客を対象とした営業が多いことが特徴です。

一般的に化学メーカーは新規商品を次々に売り出すのではなく、既存商品を安定的に販売しながら新規商品を開発していくことが多いため、既存顧客に対するケアを中心とした守りの営業活動となります。

顧客とコミュニケーションをとりながらニーズをくみとり、自社製品の提案を行なって契約を継続させます。

また、製品を販売した企業に対して定期的なアフターフォローを実施し、改善点などのヒアリングによって既存製品の改良に役立てます。

取引先企業との技術的なミーティングが日常業務の中で行われていくので、化学知識があったほうが仕事を進めやすく、化学系出身者におすすめです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

化学系出身者が就職する時の企業の選び方

就活生ちゃん

私は就職活動を始めたばかりの化学系出身者です。

化学系企業に就職したいのですが、どのように企業を選んだらいいかわかりません・・・

わかりました。

化学系企業に就職するときに抑えておきたいポイントを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

化学系出身者が就職する時の企業の選び方は、大きく以下の3つあります。

化学系出身者が就職する時の企業の選び方
  • 選び方①:自分のやりたい仕事を探す
  • 選び方②:研究開発費をチェックする
  • 選び方③:業績を確認する

それでは、それぞれの内容について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

選び方①:自分のやりたい仕事を探す

化学系出身者が就職する時の企業の選び方の1つ目は自分のやりたい仕事を探すことです。

興味のある製品・事業を展開する企業でも、実際に働いてみると仕事内容が思っていたのと違うという場合があるため、きちんとその企業にやりたい仕事があるのかを探しておきましょう。

化学系企業の場合特に、自分に興味のありそうな分野の社名でも異なる事業内容を取り扱っていることも少なくありません。

業種や分野での企業選別も重要ですが、職種や仕事内容を考慮して企業を選ぶことで、興味のない事業でも実験内容自体は自分の専門性を活かせる職種が見つかる可能性があります。

待遇や福利厚生が良いように見える大手化学メーカーでも、事業多角化によって様々な事業を展開しているため、入社後に自分の専門性が活かせるのかをきちんと確認して企業を選びましょう。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

選び方②:研究開発費をチェックする

化学系出身者が就職する時の企業の選び方の2つ目は研究開発費をチェックすることです。

大学での研究と民間企業での研究の最大の違いは、実用化・ビジネス化の視点が強く、ニーズやコスト、納期を強く意識しなければならないことです。

そのため、研究開発費を削減して研究テーマを絞り込んだり、短期間で成果を上げることを求められたりする傾向にあります。

そのような状況下でも研究開発に力を入れているかを見極めるために、売上に占める研究開発費の割合(売上高研究開発費率)をチェックしておくことが重要です。

研究開発にコストをかけている企業は、社員の論文発表や学会への参加などアカデミックな活動を推進していたり、事業戦略上において研究開発を重視している可能性が高いです。

まれに、研究開発を外注していたり、開発部という名称でも仕事内容は生産管理をしていたりするなどの企業もあるため、研究開発に携わりたい化学系出身者は必ず研究開発費をチェックしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

選び方③:業績を確認する

化学系出身者が就職する時の企業の選び方の3つ目は業績を確認することです。

化学系企業は基本的にその安定した既存の顧客を相手にしており、工場もフル稼働していることが前提で成り立っています。

大きな設備増設や大恐慌がない限り、年次による売り上げの変動幅は小さいはずであることが特徴です。

業績が安定しているメーカーは、知名度は低くても日本や世界で高いシェアを占める製品を製造していることが多く、今後も安定した業績が見込めるため、企業の業績推移を見ておくことがおすすめです。

上場会社であれば投資家向けのIR情報ページがあるので、最新の業績情報を確認しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

化学系の就職に関するよくある質問

就活生ちゃん

私は、化学系業界に就職するために業界研究をしています。

化学系の就職は厳しいって聞いたのですが、本当ですか??

就活生くん

僕は、化学系はホワイト企業が多いと聞きました。

なぜそう言われているのか知りたいです。

わかりました。

化学系の就職に関するよくある以下の2つの質問について答えていきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

化学系の就職に関するよくある質問
  • 質問①:化学系の就職は厳しいって本当なの?
  • 質問②:化学系はホワイト企業が多いの?

それでは、これらの質問をひとつずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

質問①:化学科の就職は厳しいって本当なの?

化学系の就職に関するよくある質問の1つ目は、化学系の就職は厳しいのかについてです。

化学系の就職は厳しいと言われがちですが、就職が難しいのは知名度が高い大手BtoCメーカーです。

テレビCMや広告を頻繁に行なっている知名度の高いBtoCメーカーは、誰でも知っているため選考の応募が殺到する傾向にあります。

しかし、就活生への知名度が低い一般消費者を相手にしていないBtoBメーカーは、競争率が低く学歴フィルターも少ないです。

ここで注意して欲しいのが、知名度が低いからといって劣っているわけではないということです。

素材を扱うことの多い化学系企業は一般消費者を相手にしていないため知名度が低いだけであって、世界でトップシェアを誇る、ビジネスでは有名なBtoBメーカーは多数あります。

特に、インターンシップを通じて会社と早期に接触していれば有利に内定をもらえる可能性が高く、知っている人ほど得をするのが化学系就職の特徴です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

質問②:化学系はホワイト企業が多いの?

化学系の就職に関するよくある質問の2つ目は、化学系はホワイト企業が多いのかについてです。

化学系企業は、業界全体がホワイトだと言っても過言ではないほど、ほぼ全ての企業ががホワイト企業だと言われています。

その理由は、残業時間の少なさ高い有給取得率にあります。

化学系企業の平均残業時間は10時間を切っている会社も多く、有給取得率も50%を超える企業が多いです。

化学系企業は素材や部品などの上流工程を担っており、技術力の高さから代替が効かないため、必要な技術水準を満たしていることが第一です。

そのため、製品が売れるか売れないかは最終製品を販売する企業に任されており、売上を伸ばすための仕事は担っていないこともホワイト企業である理由です。

日本の技術は世界でもトップクラスなため、日本の化学系企業はよりホワイト化しています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

人事さん

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

まとめ:化学系の就職は強いので企業選びに力を入れよう

本記事、「【就職強い?】化学系出身者の就職先一覧 | おすすめ業界/おすすめ職種も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、化学系の就職先ランキングについて紹介しました。

また、化学系出身者におすすめの業界や職種、就職するときの企業の選び方についても詳しく解説しました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆化学系の就職はどうなの?

  • 化学系出身の学生は幅広い業界に就職できる
  • 化学業界の仕事内容

◆【年収別】化学系の就職先ランキング

  • 化学系の年収別就職先ランキング一覧
  • 1位〜5位の化学系企業

◆化学系出身者の就職先一覧

◆化学系出身者におすすめする就職先の業界

◆化学系出身者におすすめの職種

◆化学系出身者が就職する時の企業の選び方

◆化学系の就職に関するよくある質問

◆まとめ:化学系の就職は強いので企業選びに力を入れよう