【例文あり】インフラエンジニアの志望動機について解説|書く際のポイントも

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 【文系・未経験者】インフラエンジニアの志望動機の例文
  • 理系・経験者】インフラエンジニアの志望動機の例文
  • インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイント
  • インフラエンジニアの志望動機に関するよくある質問

みなさん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の北尾です。

この記事では、インフラエンジニアの志望動機の例文・書き方について詳しく解説していきます。

みなさんは今まで「インフラエンジニアになりたいけど、志望動機の書き方がわからない」と悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 北尾

就活生くん

元々IT業界に興味があって、インフラエンジニアを目指しているのですが、志望動機に何を書けばいいのかわかりません。

就活生ちゃん

私は未経験からインフラエンジニアになりたいと思ってるのですが、未経験でも参考にできる志望動機の例文があったら教えて欲しいです!

そうですよね。確かに、インフラエンジニアは業務がさまざまなので、志望動機を書くのが難しいかもしれません。

未経験だと尚更ですよね。

ですが、志望動機のコツを掴めれば、インフラエンジニアの志望動機もスムーズに書くことができるようになりますよ。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

そこで、この記事では、インフラエンジニアの志望動機の例文・志望動機を書くときのポイントについて詳しく解説していきます。

合わせて、インフラエンジニアの職業研究や、よくある質問もまとめて紹介します。

この記事を読めば、インフラエンジニアの志望動機のコツを掴み、印象に残りやすい志望動機を書けるようになります。

インフラエンジニアを目指している就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【職業研究】そもそもインフラエンジニアとは?

就活生くん

インフラエンジニアという言葉を最近よく聞くのですが、具体的にはどんな仕事なんでしょうか?

実は、インフラエンジニアは他の職業と混同されやすいんです。

簡単にインフラエンジニアという職種について説明しますね。

「就活の教科書」編集部 北尾

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事内容は、簡単にいうと、ITの基盤となるサーバーやネットワークを扱う仕事です。

具体的にいうと、私たちが普段使っているインターネットなどのITサービスの基礎を作ったり、管理している仕事です。

今ではなくてはならない必要不可欠の職種とも言えます。

ITの基盤のことをインフラと呼ぶのですが、インフラエンジニアはそのインフラの設計・構築・運用・保守を行います。

インフラエンジニアには、「ネットワークエンジニア・データベースエンジニア」などの細かい役割分担があります。

現在、インフラエンジニアは人手不足の傾向が続いています。

そのため、未経験者や文系出身者でも採用募集があり、企業によっては業務を通して手厚く研修してくれるところもあります。

 

インフラエンジニアの労働条件(平均年収・平均残業時間)

インフラエンジニアの平均年収は約700万円だと言われています。

もちろん実務経験や技術、業務内容によっても変わってきますが、他の職種と比べると比較的高い年収をもらうことができます。

具体的には、運用の業務だと年収300~400万円構築・設計の業務だと400~500万円、さらにネットワークスペシャリストやセキュリティエンジニアになると500~700万円と変わっていきます。

勤務形態ですが、インフラの運用・監視業務では24時間対応が求められるので、シフト勤務が多くなっています。

ですが、インフラエンジニアの多くは、一般的な企業と同じ9時から18時に勤務します。

納期やトラブル時には、緊急対応などで休日出勤しなければならなかったり、残業が発生することもあります。

また案件によっては、システムへの影響がないように早朝や深夜の勤務になることもあります。

インフラエンジニアは、IT業界があるかぎり今後も需要が高い状態が続きます。

ですから、仕事がなくなる心配や、業界の将来の心配をする必要はありません

インフラエンジニアに就いている人の声

ここでは、実際にインフラエンジニアとして働いている人たちの声をまとめました。

「就活の教科書」編集部 北尾

https://twitter.com/maarim2011/status/1389154496438099970?s=20&t=7LnVNl4vKJS2u-GqWBUA5g

インフラエンジニアと言っても、リモートワークや派遣社員としての働き方もあります。

担当する業務によって、勤務形態にも少しずつ違いが出てくることがわかりますね。

それぞれの業務の違いを理解して、どの分野に進みたいか考えてみると良いですよ。

また、「インフラエンジニアについてもっと知りたい」「具体的にそれぞれの役割分担を知りたい」という方はこちらの記事も参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 北尾

 

 

【新卒/未経験者編】インフラエンジニアの志望動機の例文

就活生ちゃん

インフラエンジニアの業務はよくわかるようになりました。

私は未経験からインフラエンジニアを目指しているのですが、どうやって志望動機を書けば良いでしょうか?

実は、新卒・未経験でも経験者でも、志望動機の書き方はあまり変わりません

ここでは、例文を紹介しながら、新卒・未経験者、また経験者のインフラエンジニアの志望動機について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 北尾

まず、新卒や既卒、経験の有無に関わらず言えることですが、「なぜインフラエンジニアになりたいのか」を詳しく、自分の言葉で書くことが大切です。

また、企業の特徴や魅力に感じたことを伝えるようにしましょう。

企業研究を通して見つかる企業の特徴・強みを志望動機に絡めて書くと意欲を汲み取ってもらえます。

インフラエンジニアになりたい理由や、なぜその企業を選んだのかを経験や自らの思いを含めて志望動機に書くと、伝わりやすくなります。

また合わせて、自分の能力や長所をどうインフラエンジニアの業務に活かせるかを伝えると好印象です。

では、新卒・未経験のインフラエンジニアの志望動機の例文を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 北尾

私は、大学で経営学部に所属し、マネジメント学科で勉強してきました。

コロナ禍での大学生活を通して、私はITの技術なしでは社会が成り立たない、と感じるようになりました。

社会を支えるIT業界について調べる中で、インフラエンジニアという職種があることを知り、自分の強みであるマネジメントの知識が活かせるのでは、と考えるようになりました。

貴社はマネジメントとITインフラの専門知識を用いたコンサルティング事業に力を入れており、元々理系ではない自分もITインフラに貢献できる、と思い志望しました。

現在は、基本情報技術者試験の取得に向けて勉強しており、さらに他のIT関連の資格も取得する予定です。

私は、大学で得たマネジメントの知識を存分に活かせる貴社で、コンサルタント業務も行えるインフラエンジニアとして貢献したいです。

「なぜインフラエンジニアになりたいのか」「なぜその企業を目指すのか」がしっかり書かれています。

また「自分の強み・長所を業務に活かせる」ということをアピールすると効果的です。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

【文系編】インフラエンジニアの志望動機の例文

私は、この情報化社会においてインフラエンジニアとして第一線で活躍したく、貴社のインフラエンジニア職を強く志望します。

貴社を強く志望した理由は、IT業界が注目される前からITインフラを重要視し、常にパイオニア精神を持って研究してきた貴社に惹かれたからです。

私は、サーバーに障害が起きた際、迅速に対応するインフラエンジニアの方々の働きを見て、専門知識を用いて社会に貢献する姿に感動しました。

大学では、英文学科で常に英語に触れられる環境の中勉学に励んできました。ITインフラの分野で充分に英語のスキルを活かせると思います。

また、現在は基本情報者資格試験の取得に向けて勉強しています。

未経験ではありますが、自分が持つ長所を最大限に活かし、インフラエンジニアという社会の縁の下の力持ちとして貴社に貢献したいです。

インフラエンジニアになりたい理由と、その企業を志望する理由が明確に書かれています。

加えて、未経験・文系の人でも活かせる長所やスキルをアピールすると好印象です。

また、資格取得のために勉強中ということもプラスのイメージになります。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【経験者編】インフラエンジニアの志望動機の例文

新卒者の場合

私は、大学で工学部に所属し、情報系の授業でITについて積極的に学んできました。その学びの中で、ITの基盤であるインフラとインフラエンジニアの重要性に気づき、インフラエンジニアを目指すようになりました。

教育の現場でのITインフラに興味があった私は、貴社の教育分野のITインフラへの取り組みを知り、教育分野のITインフラに貢献したいと思い貴社を志望しました。

また私は、大学在学時にシスコ技術者認定試験を取得しており、現在はクラウドについて勉強しています。

インフラエンジニアはどの分野でも必要な存在になってきています。

その中でも、私は工学部で学んだ知識と経験を用いて、教育分野のITに携わっていきたいと思っています。将来的には、インフラの監視・保守だけではなく、設計・構築にも貢献できるような人物になりたいです。

理系出身などの経験者の人であれば、今まで学んできたことを存分にアピールしましょう。

また、自分の想いとインフラエンジニアになりたいと思ったきっかけに触れることも大切です。

取得済み、あるいは勉強中の資格、また将来のキャリアプランについても触れると良いですね。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

インフラエンジニアの志望動機について、例文を用いて説明しました。

いかがだったでしょうか?

例文を見ながら、自分の言葉で志望動機を書いてみてください!

インフラエンジニアの他にも、エンジニアを目指したいと思っている人はこちらの記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

また、IT系の他の職種の志望動機については以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある職種を選んで、読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイント5つ

就活生くん

インフラエンジニアの志望動機の例文をみて、なんとなくイメージが掴めました。

他にも、インフラエンジニアの志望動機を書く時に考えるべきポイントはありますか?

そうですね、志望動機を書く際のポイントはできるだけ多く押さえておいた方が良いですよね。

ここではインフラエンジニアの志望動機を書く際のポイントを5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 北尾

インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイント
  • ポイント①:インフラエンジニアになりたい理由を考える
  • ポイント②:なぜその企業を選んだのか考える
  • ポイント③:入社後のキャリアプランを考える
  • ポイント④:入社に向けての情熱・意欲を考える
  • ポイント⑤:インフラエンジニアで活かせるスキルや資格をアピールする

 

ポイント①:インフラエンジニアになりたい理由を考える

インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイントの1つ目は、インフラエンジニアになりたい理由を考えることです。

インフラエンジニアという職業を研究し、自分がなぜインフラエンジニアになりたいのかしっかり考えるようにしましょう。

インフラという分野は、注意深い人や、手を抜かず丁寧に仕事ができる人が活躍できる分野です。

また、クライアントとのやりとりや、チームワークにおいてコミュニケーションスキルが活かせる職種でもあります。

このような自分の長所や経験と紐付けて、インフラエンジニアになりたい理由を志望動機として書くと、印象に残りやすくなります。

 

ポイント②:なぜその企業を選んだのか考える

インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイントの2つ目は、なぜその企業を選んだのかを考えることです。

IT企業と言っても、さまざまな分野の企業があります。

志望する前に企業研究をし、その企業の経営スタイル・社風やインフラエンジニアの業務内容を研究しておくのが大切です。

企業研究をすればするほど、それぞれの企業がどのような位置付けなのか、強みや弱みがわかるようになります。

それぞれの企業の強みと特徴を知った上で、「なぜその企業に応募するのか」をしっかりと伝えると企業側の印象に残る志望動機を書くことができます。

 

ポイント③:入社後のキャリアプランを考える

インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイントの3つ目は、入社後のキャリアプランを考えることです。

インフラエンジニアとしての設計・構築・運用などの基礎的な業務だけではなく、その先を見てキャリアプランを考えることが大切です。

一般的に、インフラエンジニアは経験を積むと、プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダーなどのマネジメントを任されるようになります。

また将来的にはITスペシャリストやITコンサルトという道に進む可能性もあります。

そのような専門的な分野での業務も視野に入れつつ、「キャリアプランを実現するために今何をしているか」を書くと伝わりやすい志望動機になります。

 

ポイント④:入社に向けての情熱・意欲を考える

インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイントの4つ目は、入社に向けての情熱・意欲を考えることです。

どの職場でも言えることですが、特にインフラエンジニアは自発的に動くことが重要視される職種です。

与えられた仕事だけではなくて、自ら考え行動する人はインフラエンジニアとして活躍できます。

特にIT業界は日々変化していく業界なので、自分から最新の情報を集め、技術を学び続ける姿勢が大切です。

そのような高いモチベーションを持ちつつ働く情熱・意欲を志望動機でアピールすると効果的です。

 

ポイント⑤:インフラエンジニアで活かせるスキルや資格をアピールする

インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイントの5つ目は、インフラエンジニアに活かせるスキルや資格をアピールすることです。

未経験・経験者ともに資格やスキルを志望動機の中でアピールするのは効果的です。

特に未経験の人は、資格を取得したり、インフラエンジニアの業務に活用できるコミュニケーションスキルなどを磨いておくと、志望動機でもアピールできます。

最近では、インフラをクラウドで設計・構築することが増えてきているため、クラウド関連の資格を取得するとインフラエンジニアとしての強みになります。

インフラエンジニアで活かせるスキルを伸ばし、資格を取得しておくと、志望動機を書く際にアピール材料として役立ちます。

 

ここまで、インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイント5つを紹介しました。

これらのことに気をつけながら志望動機を書くと、スムーズに良い志望動機が書けるようになります。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

インフラエンジニアの志望動機に関するよくある質問

志望動機の例文や志望動機を書く際のポイントの他に、よく聞かれる質問もまとめました。

疑問を解消するためにぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 北尾

インフラエンジニアの志望動機についてよくある質問
  • 質問①:インフラエンジニアとネットワークエンジニアの志望動機の書き分け方は?
  • 質問②:インフラエンジニアの志望動機に使える経験は?
  • 質問③:インフラエンジニアにおすすめの資格は?

 

質問①:インフラエンジニアとネットワークエンジニアの志望動機の書き分け方は?

実は、インフラエンジニアとネットワークエンジニアの志望動機の書き方はあまり変わりません

というのも、企業によっては、ネットワークエンジニアとインフラエンジニアを同一視しているところ、また業務が入り混じっているところもあるからです。

ネットワークエンジニアはインフラエンジニアの中の職種の一つなので、混同されることが多いです。

そのため、事前に業務内容を確認することが大切です。

ちなみに、インフラエンジニアとネットワークエンジニアの違いは以下の通りです。

インフラエンジニア=サーバー・ネットワークどちらもの業務

ネットワークエンジニア=ネットワーク専門の業務

インフラエンジニアもネットワークエンジニアも、以下の3点に気をつけながら志望動機を書くようにしましょう。

志望動機で気を付けるべきこと
  • ①なぜこの仕事なのか
  • ②なぜこの会社なのか
  • ③今までのどのような経験を活かせるのか

インフラエンジニアもネットワークエンジニアも志望動機のポイントさえしっかり押さえていれば心配ありません

ただし、志望動機を書く前に業務内容に目を通し、自分がやりたい分野の仕事かどうかしっかり確認するようにしましょう。

また、ネットワークエンジニアの志望動機については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

質問②:インフラエンジニアの志望動機に使える経験は?

インフラエンジニアの志望動機に使える経験はさまざまですが、代表的なもので以下の3つがあります。

インフラエンジニアの志望動機に使える経験
  • 経験①:ヒアリングの経験(ヒアリングスキル)
  • 経験②:マネジメントの経験(マネジメントスキル)
  • 経験③:人と協力して働く経験(コミュニケーションスキル)

経験①:ヒアリングの経験(ヒアリングスキル)

インフラエンジニアは、クライアントからの要望に基づきインフラを構築します。

よって、クライアントから要望を聞き出すためのヒアリングスキルが大切です。

今まで、心理学やその他の活動を通してヒアリングを行った経験がある人は、志望動機を書く際にもその経験をアピールできます。

経験②:マネジメントの経験(マネジメントスキル)

インフラエンジニアは、納期までにプロジェクト・案件を進行させなければなりません

予定通りにプロジェクトを行うためには、マネジメントスキルが必要です。

今までに、マネジメントを学んだ・マネジメントを行った経験があるという人は、インフラエンジニアの志望動機を書く際にもその経験について書けます。

経験③:人と協力して働く経験(コミュニケーションスキル)

インフラエンジニアは、基本的にチームで業務を行います

もちろんクライアントとのコミュニケーションも大切ですが、一緒に働くチームのエンジニアたちとスムーズにコミュニケーションを行う必要があります

そのため、今までチームで協力してプロジェクトを進めた経験があると、志望動機の作成時にも役立ちます。

 

質問③:インフラエンジニアにおすすめの資格は?

インフラエンジニアにおすすめの資格は多くありますが、ここではインフラエンジニアにおすすめの資格5選を紹介します。

インフラエンジニアにおすすめの資格
  • 資格①:基本情報技術者試験
  • 資格②:応用情報技術者試験
  • 資格③:【ネットワーク】シスコ技術者認定試験(CCNA, CCNP)
  • 資格④:【サーバー】Linux技術者認定試験(LPIC, LinuC)
  • 資格⑤:【クラウド】AWS認定試験

資格①:基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、情報処理に関する国家資格です。

エンジニアとしての基礎となる知識を取得できます。

問題は、システムの設計・開発・運用やネットワークなどの技術に関するものだけでなく、経営戦略やプロジェクトマネジメントなどの発展的なものもあります。

>> 基本情報技術者試験ページはこちら

資格②:応用情報技術者試験

基本情報技術者試験に合格したら、次の目標となるのが応用情報技術者試験です。

この試験も技術やプロジェクトマネジメント、経営戦略などの幅広い問題が出題されます。

論述式の問題もあり、難易度は比較的高めです。

>> 応用情報技術者試験ページはこちら

資格③:【ネットワーク】シスコ技術者認定試験(CCNA, CCNP)

シスコ技術者認定試験は、ネットワーク機器メーカーのシスコシステムズが提供する試験です。

難易度別でエントリー・アソシエイト(CCNA)・プロフェッショナル(CCNP)・エキスパート・アーキテクトの5段階に区分されます。

CCNAとCCNPを取得するのがおすすめですが、CCNPはCCNAより難易度が高いです。

どちらも世界共通の資格で、取得すればネットワークエンジニアとしての基本スキルの証明となります。

>> シスコ技術者認定試験ページはこちら

資格④:【サーバー】Linux技術者認定試験(LPIC, LinuC)

Linux技術者認定試験は、Linux技術者としての技術力を認定する資格です。

LinuCは世界共通の認定試験LPICとは違い、日本市場に基づいた試験となっています。

サーバーのOSとしてLinuxがよく使われているので、まずはLinuxの基礎知識を学べるLinuCレベル1を取得するのがおすすめです。

Linuxの試験問題には、ネットワークやサーバの内容も含まれるので幅広く学べますよ。

>> Linux技術者認定試験ページはこちら

資格⑤:【クラウド】AWS認定試験

AWS認定試験は、Amazonが提供する認定資格で、レベルや専門知識によって複数の試験が用意されています。

その中でも、AWS 認定ソリューションアーキテクトアソシエイト(SAA)は、クラウドの知識を証明する中級レベルの資格です。

AWSの中でもSAAが最も知名度が高く、取得しているとクラウドの知識があるという証明になります。

ただ、未経験の人は基礎コースのAWS クラウドプラクティショナー(CPF)から始めることをおすすめします。

>> AWS認定試験ページはこちら

インフラエンジニアにおすすめの資格5つを紹介しました。

順番としては、インフラの知識をつけてから、クラウドの勉強をする方が理解しやすく効果的です。

インフラエンジニアにも多くの分野があるので、ネットワーク分野に関わりたいのであればシスコ技術者認定試験を選ぶ、など自分が専門したい分野の資格を取るのもおすすめです。

インフラエンジニアの志望動機に関するよくある質問をまとめました。

文系の知識や資格もインフラエンジニアの志望動機に活用できますね。

文系だから、未経験だからといって諦めないことが大切です。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:インフラエンジニアの志望動機を例文を使って完成させよう

今記事「【例文あり】インフラエンジニアの志望動機について解説|書く際のポイントも」はいかがだったでしょうか。

この記事では、インフラエンジニアの志望動機の例文・志望動機を書くときのポイントについて解説しました。

合わせて、インフラエンジニアの職業研究や、よくある質問も紹介しました。

インフラエンジニアを目指している就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

気になるところはぜひもう一度読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 北尾

まとめ

◆【職業研究】そもそもインフラエンジニアとは?

  • インフラエンジニアの仕事内容
  • インフラエンジニアの労働条件(平均年収・平均残業時間)
  • インフラエンジニアに就いている人の声

◆【新卒/未経験者編】インフラエンジニアの志望動機の例文

◆【文系編】インフラエンジニアの志望動機の例文

◆【経験者編】インフラエンジニアの志望動機の例文

◆インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイント5つ

  • ポイント①:インフラエンジニアになりたい理由を考える
  • ポイント②:なぜその企業を選んだのか考える
  • ポイント③:入社後のキャリアプランを考える
  • ポイント④:入社に向けての情熱・意欲を考える
  • ポイント⑤:インフラエンジニアで活かせるスキルや資格をアピールする

◆インフラエンジニアの志望動機に関するよくある質問

  • 質問①:インフラエンジニアとネットワークエンジニアの志望動機の書き分け方は?
  • 質問②:インフラエンジニアの志望動機に使える経験は?
  • 質問③:インフラエンジニアにおすすめの資格は?

◆まとめ:インフラエンジニアの志望動機を例文を使って完成させよう