>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【例文あり】自己PRを30秒で魅力的に伝える方法 | ポイントや注意点も

【例文あり】自己PRを30秒で魅力的に伝える方法 | ポイントや注意点も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 30秒で自己PRをする例文3選
  • 30秒で自己PRをするなら伝えたいことを1つに絞る
  • 30秒自己PRを作るための4STEP
  • 30秒で自己PRするときにやってはいけないこと3つ
  • 30秒で自己PRするときは話し方にも気をつける

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の田畑です。

この記事では、30秒で面接官の印象に残る自己PRができる方法について解説していきます。

就活生の皆さんは、自己PRをするときにうまくまとめられず、伝え方に困ったことや悩んだことはありませんか?

また、自己PRの話す長さや時間の目安について困った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

僕は、この前面接の30秒自己PRをした時に話がまとまらなくて、20秒くらいオーバーしちゃった・・・

面接官の反応も微妙だし、長めに話すとやっぱりよくないのかなぁ・・・

30秒で自己PRをまとめるのってどうすればできるのかなぁ・・・

就活生ちゃん

私は、面接で自己PRをすることがとても苦手です。

自己PRを30秒で済ませようと思っているのですが、なかなか短時間でわかりやい自己PRができないです。

うまく自己PRするための準備をしてから面接に挑みたいな・・・

自己PRを30秒以内にわかりやすく伝えるコツはありますか。

自己PRを30秒で伝えるのは難しいですよね。

中には、長く話せばそれだけ有利になると思い込んでいる就活生もいるようです。

挨拶をして自己紹介するだけで30秒経ってしまうこともありますよね・・・

伝えたいことを整理しないと、内容が多すぎたり少なすぎたりしてしまうこともあるので、自己PRの作り方を一緒にみていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

この記事では、30秒で自己PRを魅力的にする方法を解説していきます。

合わせて、30秒で自己PRできる回答例や、注意点についても解説します。

最後に、なぜ自己PRで時間指定がされている場合があるのかもお伝えします。

この記事を読むことで、わかりやすく、魅力的に伝わる30秒自己PRにすることができ、自己PR時間についての悩みも解決できます。

「自己PR考えたけど30秒に収まらないよ・・・」「自己紹介動画を30秒じゃ作れない」と悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

 

自己PRで最適な時間の長さは30秒

就活生ちゃん

自己PRで話す時間って、長ければ長いほど有利になるんですよね?

実際にはどれくらいの時間を目安に話せばいいのでしょうか?

「自己PRで長い時間話せば有利になる」というのはよくある勘違いです。

むしろ面接では不利になるので、時間オーバーになるほど話すのはやめましょう!

自己PRで最適な時間の長さは約30秒です。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

自己PRで最適な時間の長さは約30秒です。

大前提として、自己PRの時間は短時間すぎるのも長すぎるのもNGです。

長すぎると面接官は飽きてしまうし、短すぎるとアピールしたい情報が伝わりません。

特に、集団面接だと周りと比べられやすいので、気をつけてください。

自己PRでは面接官が飽きず、就活生側も話すのに負担がない秒数が30秒なのです。

互いに不快にならない秒数は大体30秒です。

どんなに長くても1分以内に収めることを心掛けてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

自己PRを30秒で伝えるためのポイント3つ

就活生くん

自己PRを30秒にまとめるのって難しいな・・・

面接でうまく自己PRを伝えるためのポイントを教えてください。

それでは、30秒で自己PRするときのポイントについて解説します。

ポイントを知っておくだけで安心材料が増えるので、最後まで確認してくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

30秒で自己PRするときのポイント
  • ポイント①:伝えたいことを必ず1つに絞る
  • ポイント②:結論から話し始める
  • ポイント③:企業に合った人物像を伝える

上記のポイントを抑えることで、30秒でも面接官の印象に残る自己PRをすることができます。

それでは、上記3つのポイントを順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント①:伝えたいことを必ず1つに絞る

30秒で自己PRするときのポイント1つ目は、伝えたいことを必ず1つに絞ることです。

あれもこれも盛り込むと、結局言いたいことが何も伝わらないことが多いです。

自己PRと聞くと、強みや人柄、価値観、経歴などを全てを話してしまうことがあります。

特に、集団面接では他の人とアピールが被らないか心配になりますよね。

しかし、30秒という時間の中で自分の全てを伝えることはできません。

様々な強みを盛り込んで優秀さをアピールしたい気持ちは分かりますが、短い時間で最大限のアピールをするためには、何を伝えたいのかテーマを1つに絞って一点集中でアピールに臨んでくださいね。

就活生くん

テーマはなんでもいいのでしょうか・・・?

特にこれという正解はありません。

自分の中の信念や、強みなどを話すと面接官も「あなたの人物像をもっと知りたい」と興味を持ってくれるでしょう。

また、あなたの一番の強みを知るには、「自己分析」が欠かせません。

あなたの強みを知るために自己分析をしたい!という時は、以下の記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント②:結論から話し始める

30秒で自己PRするときのポイント2つ目は、結論から話し始めることです。

理由として、結論から話すことで、話の要点をわかりやすく伝えられるからです。

たとえば、「私の長所は○○です」というように、話の核となる事柄を最初に伝えるようにしましょう。

結論から伝えると、その後に話す理由や具体例も、理解しやすくなりますよ。

結論から話すことで、「結局何をアピールしたかったの?」と面接官が混乱することがなくなりますね。

スピーチの最初に「話のまとめ」を話し始めましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント③:企業に合った人物像を伝える

30秒で自己PRするときのポイント3つ目は、企業に合った人物像を伝えることです。

自由に自分をアピールできるチャンスなので、企業文化や理念に合っている人材であることをアピールしましょう。

たとえば、「スピード感を意識した行動力がある」「仮説を大事にしている」のように、企業文化にマッチしている点を伝えると効果的ですよ。

就活生くん

企業に合っていることを露骨にアピールすると、「面接だからそう言ってるんだろう」と面接官に思われないですか・・・?

もちろん、「企業理念とマッチしています」とだけ主張しても信頼のある自己PRになりません。

なぜそうなのかという根拠や具体例を示すことで、不信感を与えずに好印象な主張をすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

30秒で自己PRするときの回答例

就活生ちゃん

伝えたいことを1つに絞ることが自己紹介のポイントなのですね。

30秒で自己PRする例文があれば、参考にしたいので教えてください。

それでは、30秒で自己PRする例文を長所別にご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

30秒で自己PRしている回答例
  • 例文①:継続力
  • 例文②:明るさ
  • 例文③:好奇心旺盛

自己PRでは自分の1つの強みを軸に構成することで、簡潔になりますよ。

それでは、長所別の3つの例文をそれぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文①:継続力

30秒で自己PRするための例文1つ目は、「継続力」を伝える例文です。
「継続力」を伝える例文を2つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

私の強みは「何事もやり抜く力」があることです。

その強みが活きた経験は、TOEICの勉強にありました。

私は将来、グローバル企業で活躍したいという思いから、850点を目標に、自主的にTOEICの勉強を始めました。

大学の試験勉強やゼミで、忙しい時期もありましたが、毎日最低1時間はTOEICの勉強をしました。

結果として、大学2年次に500点にも満たなかった点数は、3年生で880点に到達することができました。

何度も辞めようと思いましたが、「自分で決めたことはなんとしてでもやり切ろう」という思いから、力を発揮することができました。

上の例文では、心が折れそうな状況でも続けることができたことを伝えていますね。

「やり切る力」はどの企業にも求められる強みなので、簡潔にアピールできると好印象です。

次に2つ目の「継続力」の例文です。

「就活の教科書」編集部 田畑

私の強みは、継続力です。
チームを鼓舞しながら目標に向かって諦めずにやり抜くことができます。

学生時代は、サッカー部の部員としてレギュラーを目指して、毎朝自主的にランニングを継続してしていました。

そして日々のランニングの結果、試合でスタミナが切れずに最後まで走りきれる体力を評価され、3年生の頃にはレギュラーとして試合に出場できるようになりました。

この経験を通して、努力を継続することの大切さを理解できたので、強みである継続力を御社でも活かしていきたいと思います。

30秒程度の自己PRを考える時のポイントは、冗長な表現を削ることです。

だらだら伝えるとあっという間に30秒が経ってしまいます。

不要な表現を削って端的な自己PRにするように意識してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文②:明るさ

30秒で自己PRするための例文2つ目は、「明るさ」を伝える例文です。

「就活の教科書」編集部 田畑

私の長所は「ムードメーカー」であるところです。

強みが最も活きた瞬間は、大学野球部での決勝戦でした。

決勝戦ということもあって、メンバー一同がとても緊張している様子でした。

緊張がメンバー間で伝染した結果、ミスが多発し、0-3で試合の後半をむかえたのです。

精神的に一番ピンチの時にこそ、私は持ち前の明るさでチームをリラックスさせました。

緊張がほぐれたメンバーは、集中力を高め、結果的に逆転をして優勝することができたのです。

雰囲気を変えることができる明るさは、仕事でも大いに役立てていきたいです。

上記の例文は、自身の明るさからピンチをチャンスに変えたことがわかりますね。

基本的に仕事はチームで行うので、ムードメーカーが結果を出したことは企業にとって良いアピールになります。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文③:好奇心旺盛

30秒で自己PRするための例文3つ目は、「好奇心旺盛」を伝える例文です。

「就活の教科書」編集部 田畑

私は、「興味のあることはなんでもやってみる」性格です。

私は、PCでゲームをすることが好きなのですが、ある時「PCの性能をあげたい」と思い、PCを自作してみました。

初めはPCというハードについて、何の知識もなく0から勉強をしました。

基礎知識をつけたうえで、「自分に合う性能にするためにはどうすればいいのか」と試行錯誤することはとても楽しかったです。

仕事においても臆することなく、自分の中で仮説をたてながら挑戦していくし姿勢を持遅滞と思います。

上記の自己紹介は、自分で行動し、結果を出したことを示していますね。

わからないことでも自分で調べて、結果を出せるのは仕事においても重宝する人材なので印象に残るアピールをすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

ちなみに自己PRで人事の評価をあげたい方は、「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」で、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、魅力的な自己PRを作ってみましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

「そもそも自己PRって30秒でいいの?」という方は、以下の記事で詳しく解説しているので合わせて読んでみてくださいね。

 

30秒自己PRを作成するための5STEP

就活生くん

30秒で自己PRしている例文はとても参考になりました。

選考で30秒動画を撮りたいのですが、30秒で自己PRをするための手順などはありますか?

それでは、30秒自己PRを作成するための手順を解説します。

STEPを1つずつクリアすることで、30秒でも魅力的に伝わる自己PRをすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

30秒自己PRを作成する手順
  • STEP①:自分の強みを書き出す
  • STEP②:企業の求めている強みと自分の強みをマッチさせる
  • STEP③:自分の強みを活かした具体的な活動を整理する
  • STEP④:文字数を200〜250字程度にまとめる
  • STEP⑤:実際に口に出して練習する

上記の1つ1つのSTEPを実践しながら記事を読み進めることで、自己PRを作ることができます。

それでは、上記5つのSTEPを順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

STEP①:自分の強みを書き出す

30秒自己PRを作るためのSTEP1は、自分の強みを書き出すことです。

まず、自分がどんな性格でどんな長所があるかを、できるだけ多く書き出してみましょう。

たとえば、「明るい」「負けず嫌い」のような単語ではなく、「人に任された仕事は責任を持って期日までにやる」のように、体験ベースでも構いません。

少しでも当てはまる特徴があれば、どんどん書いてみましょう。

後ほど、書き出したキーワードをまとめる作業をしていくので、安心してくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

STEP②:企業の求めている強みと自分の強みをマッチさせる

30秒自己PRを作るためのSTEP2は、企業の求めている強みと自分の強みをマッチさせることです。

なぜなら、自分の強みが企業の求めている人物像と合わない場合、選考が不利になるからです。

たとえば、スピード感あるベンチャー企業に「慎重さが強みです」とアピールしても、あまりウケはよくないでしょう。

企業の求めている人物像を把握することが重要になってきます。

企業に合わせると言っても、嘘の強みを作ってはいけません。

嘘をついてもメリットがないので、自分の強みの中から選択して、マッチさせましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

STEP③:自分の強みを活かした具体的な活動を整理する

30秒自己PRを作るためのSTEP3は、自分の強みを活かした具体的な活動を整理することです。

つぎに、先ほど書き出した強みや長所が、どんな瞬間で活かされたかを思い返してみましょう。

具体例をみていきます。

  • 几帳面な性格を活かして、バスケサークルの会計係を担当していた
  • 面倒見の良さから、アルバイトでは新人教育を任されていた
  • 計画性があるという長所から、試験の勉強日程を1ヶ月前から組んでいた

上記の例のように、「自分の強み」と「具体的な経験」をリンクさせて整理するとわかりやすいですよ。

今までにどんな活動をしていて、その中であなたの強みが活きた経験を意識して書いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

STEP④:文字数を200〜250字程度にまとめる

30秒自己PRを作るためのSTEP4は、文字数を200〜250字程度にまとめることです。

なぜなら、30秒間で話せる文字数は約200〜250字ほどだからです。

30秒という秒数で言われてもピンと来ない時は、200~250文字程度で自己PRを組み立てることを意識してみてください。

もし、これ以上文字数が多くなってしまうと、かなり早口で話さなければなりません。

早口で自己PRすると、「言いたいことがまとまってないのかな」「早口で内容があまり入ってこない」と面接官に不信感を持たれてしまいますよ。

200~250文字であれば、ゆっくり話しても1分以内に収まります。

逆に、250文字を超えると時間をオーバーするかもしれないので、気をつけてください。

就活生くん

文字数をまとめようと思っても250文字に収まらないのですが、どうすればいいでしょうか・・・?

文字数を250字に抑えるのはなかなか難しいですよね。

そんなときは、PREP法を意識してまとめるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

PREP法ってなんですか・・・?

P:結論
R:理由
E:具体例
P:結論

の順番に話す内容を構成する方法をPREP法といいます。

上記の順番で話すことで、30秒でも少ない文字数で自己PRすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

自己PRを30秒でアピールする時は、200~250文字で組み立てて時間内にアピールできるように練習してみてください。

時間をオーバーしないか確認しておくと安心ですよ。

人が多い集団面接では緊張して早口になりがちなので、落ち着いて話すことを心掛けましょう。

自己PRを短くまとめるのが苦手な就活生は、以下の記事で短い自己PRを作ることができるので読んでみてくださいね。

 

STEP⑤:実際に口に出して練習する

30秒自己PRを作るためのSTEP5は、実際に口に出して練習することです。

理由として、実際に口に出して練習することで自分のスピーチ時間が肌感覚でわかってくるからです。

自己紹介をする中で、細かな修正をして、文章を足したり削ったりしましょう。

わかりやすく、好印象な自己PRができる人のほとんどが、練習に一番力を入れていますね。

初めはメモを見ながらで構いませんが、メモを見ないでも自己紹介できるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

30秒の自己紹介動画を撮るため、練習してみたけど全然うまくできません・・・

やっぱり僕は話す才能がないのかな・・・

誰でも初めはうまくいかないので大丈夫ですよ。

何度も何度も練習を繰り返し行いましょう。

自分の話している動画を見返すと、自己PRを客観的にブラッシュアップできるのでおすすめです。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

30秒で自己PRするときにやってはいけないこと3つ

就活生ちゃん

上記の方法で自己PRを作れば30秒でもわかりやすく伝えることができるのですね。

自己PRするときにやってはいけないことはありますか?

それでは、自己PRするときにやってはいけないことをご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

30秒で自己PRするときにやってはいけないこと
  • 注意点①:丸暗記しない
  • 注意点②:内容を詰め込みすぎない
  • 注意点③:時間をオーバーしても気にしすぎない

上記3つの注意点に気をつけることで、悪印象を与えずに自己PRをすることができます。

それでは、上記3つの注意点について順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

注意点①:丸暗記しない

30秒で自己PRするときに気をつけることの1つ目は、丸暗記しないことです。

理由として、丸暗記に頼ると、1つでも文章を忘れるだけで、面接中にパニックになってしまう可能性があるからです。

もし、丸暗記をして本番で文章を忘れると、言葉に詰まってしまい面接官の印象を下げてしまいますね。

就活生ちゃん

私は、むしろ丸暗記しないと不安になってしまうのですがどうすればいいですか・・・?

丸暗記ではなく、話の要点を暗記するといいですよ。

自己紹介の中で「何を主張したくて、どんな経験をしたからその主張をしているのか」という大枠を抑えることで、一言一句暗記しなくても言葉に詰まらずに自己PRできます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

「自己PRするのが苦手」という方は、以下の記事で自己PRの克服法が分かるので読んでみてくださいね。

 

注意点②:内容を詰め込みすぎない

30秒で自己PRするときに気をつけることの2つ目は、内容を詰め込みすぎないことです。

なぜなら、内容を詰め込みすぎてしまうと、30秒に収まらないことが往々にしてあるからです。

200~250文字だと文字数が多いように感じるかもしれませんが、盛り込める情報は限られてきます。

たとえば、「強み」「性格」「長所」「短所」など、すべてを詰め込むと30秒では収まりません。

よって、自己PRでアピールする強みを1つ決めたら、アピールに必要なエピソードを簡潔にまとめる必要があります。

30秒という時間の中での、自己PRは1つの主張だけを伝えるようにしましょう。

言いたいことがありすぎて、アピール内容を詰め込みすぎてしまいますよね。

しかし30秒の時間をオーバーして話すと、せっかく1つに絞った自己PRが水の泡になってしまいます。

自己PRをしたあとは、面接官から質問されることもあるので、質問を見越して「敢えて説明しない」という選択肢も有効ですよ。

効果的に自己PRをするために、重要なポイントを簡潔にまとめて話すことはまとめておきましょうね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

30秒の自己PR同様に、長い時間の自己PRも準備しておくと、とっさの対応ができます。

「長い時間の自己PRができない!」という方は、以下の記事で詳しく解説しているので合わせて読んでみてくださいね。

 

注意点③:時間をオーバーしても気にしすぎない

30秒で自己PRするときに気をつけることの3つ目は、時間をオーバーしても気にしすぎないことです。

自己PRの時間が30秒と指定されると、時間にばかり気を取られて焦ってしまう就活生が多いようです。

集団面接で他の就活生が短く自己PRを終わっていると、焦ってしまいますよね。

しかし、あくまで30秒という制約は目安であり、「絶対に30秒を超えてはいけない」ということではありません。

したがって、5秒程度であれば許容範囲なので、気にすることなく面接を進めましょう。

また、200~250文字で自己PRを組み立ててある程度練習すれば、時間を大幅にオーバーすることは少ないですよ。

就活生ちゃん

そもそも自己PRって30秒じゃなきゃいけないのですか?

企業によっては、「1分で自己PRしてください」と言われる場合もあります。

時間指定された場合は、指定時間で自己PRをし、何もしてされない場合は30秒で自己PRするのが妥当ですね。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生ちゃん

もし本番で、時間を大きくオーバーしてしまったらどうすればいいですか?

本番は緊張もあって時間をオーバーしてしまうこともありますよね。

その時は、自己PRの最後に「長くなってしまいすみません」と一言添えるだけで、面接官の印象を下げずに澄みますよ。

事前にしっかりと準備をしたら、あとはリラックスして面接に挑むだけです。

個人面接でも集団面接でも、あまり時間オーバーに気を取られすぎず、肩の力を抜いて自己PRをしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

30秒の自己PRと合わせて、3分程度の長い自己PRも準備しておくといいですよ。

「長い自己PRなんてできない・・・」という方は、以下の記事で、3分間の自己PRの作り方がわかるので合わせて読んでみてくださいね。

 

自己PRの30秒の時間で面接官が注目するポイント

ここでは、面接官が自己PRの時間で注目するポイントを解説していきます。

短い時間で自己PRをする意味を知っておくと、アピールを考える時に役立ちますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

自己PRの30秒の時間で面接官が注目するポイント
  • ポイント①:就活生に対応力があるかどうか
  • ポイント②:相手を思いやる力があるかどうか

それでは、1つずつ確認していきましょう!

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント①:就活生に対応力があるかどうか

自己PRの30秒の時間で面接官が注目するポイントの1つ目は、就活生に対応力があるかという点です。

面接官は、就活生が限られた時間の中で最大限のアピールができるかどうかをチェックしたいと考えているためです。

限られた時間の中で情報を正しく伝える力は、社会に出た後の必須スキルになります。

時間オーバーせずに限られた時間の中で自己PRを成功させて、あなたの対応力を面接官にアピールしましょう!

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント②:相手を思いやる力があるかどうか

自己PRの30秒の時間で面接官が注目するポイントの2つ目は、相手を思いやる力があるかという点です。

面接官は、就活生が利己的にならずに相手の事をきちんと考えているかを見ようとしているからです。

自己PRで時間をオーバーしてだらだらと話すと、相手のことが見えていない・独りよがりだと判断されてしまいます。

面接官が彼ら自身の時間を使ってあなたの自己PRに耳を傾けようとしているのを就活生は意識してみてください。

面接は就活生にとっては一世一代の大勝負ですが、面接官にとっては何十回と繰り返して慣れたものなのです。

就活の面接はお喋りする機会ではなく、あなたを売り込むチャンスの場です。

簡潔にまとめて面接官にアピールしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生ちゃん

限られた時間で志望動機の自己PRをすることの意味がなんとなく分かったような気がします。

 

30秒で自己PRするときは話し方にも気をつけよう

面接官は自己PRで、話す内容を評価していますが、話し方にも注目しています。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

内容だけでなく、話す態度もみられているのですね。

具体的にどのような点を見ているのですか?

話し方で見ているポイントは下記の通りです。

「就活の教科書」編集部 田畑

話し方で見ているポイント
  • 姿勢
  • 声のトーン
  • 声の大きさ
  • 話す速さ
  • 目を見ているかどうか

つまり、面接官は自己PRするときの話し方で「コミュニケーション力」があるかどうかを評価しています。

特に声が小さいだけで、面接官にはあまり良い印象を与えないので、声は大きくハキハキと話しましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

話す内容ばかりに気を取られていましたが、話し方も大事なのですね。

少しでも良い印象を与えるため、繰り返し練習したいと思います。

 

企業によって時間指定が異なるので時間を確認しておこう

自己PRで最適な時間の長さについては企業によります。

企業によっては30秒以外にも「1分程度で自己PRをしてください」という指示が出る場合があります。

時間を指定された場合はその時間をオーバーしないように自己PRをしてくださいね。

時間指定をされたら焦るかもしれませんが、200~250文字くらいで自己PRを組み立てていれば大方外すことはないので安心してください。

基本を30秒で考えておくと、1分と指定された時でも対応しやすくなります。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生ちゃん

自己PRの時間は、長ければいいと思っていたので驚きました。

ちなみに、自己PRの時間は30秒が程よい時間なのですね。

 

自己PRを逆求人サイトに登録すると、企業から選考オファーが来る

就活生くん

自己PRが完成したので、どんどん選考を受けていきたいです。

でも正直、企業探しは面倒なんだよなー・・・。

せっかく自己PRが完成したなら、逆求人サイトの利用をオススメします。

自己PRやプロフィールを一度記入しておくだけで、企業から選考オファーが来るので、企業を探しの手間が省けて効率的ですよ。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

自己PRを登録すれば選考オファーを受け取ることが出来るので、まずOfferBoxから使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

自己PRを記入して自分に合った企業とマッチングしたい就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

自己PRの通過率をさらに上げる2つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。

就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>適性検査AnalyzeU+で長所や強みを調べてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

まとめ:30秒で自己PRするときは要点を1つに絞ろう

この記事の「【例文あり】30秒で魅力的な自己PRをする方法 | ポイントや注意点も」はいかがでしたか?

このページでは、30秒で印象に残る自己PRをする方法について解説しました。

合わせて、30秒で自己PRする回答例や、注意点についても解説しました。

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 田畑

この記事のまとめ

◆ 面接で自己PRを30秒に伝えるためのポイント3つ

  • ポイント①:伝えたいことを必ず1つに絞る
  • ポイント②:結論から話し始める
  • ポイント③:企業に合った人物像を伝える

◆ 30秒自己PRを作成するための5STEP

  • STEP①:自分の強みを書き出す
  • STEP②:企業の求めている強みと自分強みをマッチさせる
  • STEP②:自分の強みを活かした具体的な活動を整理する
  • STEP③:文字数を200〜250字程度にまとめる
  • STEP④:実際に口に出して練習する

◆ 30秒で自己PRするときにやってはいけないこと3つ

  • 注意点①:丸暗記しない
  • 注意点②:内容を詰め込みすぎない
  • 注意点③:時間をオーバーしても気にしすぎない

◆ 30秒で自己PRするときは話し方にも気をつけよう

自己PRの最適な時間の長さは約30秒、文字数だと200~250文字です。

伝えたいことを簡潔にまとめて面接の自己PRに臨んでくださいね。

30秒で自己PRをすると、意外に時間が足りないことがほとんどです。

自己紹介では伝えたいことを1つに絞り、結論から話すと伝わりやすくなりますよ。

初めは、30秒にまとめることが難しいと思いますが、何度も反復して練習を繰り返しましょう。

練習を重ねるほど、魅力的かつわかりやすい自己PRをすることができるようになります。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑