>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PRを30秒で魅力的に伝える方法 | ポイントや注意点も

この記事を読めばわかること
  • 30秒で自己PRをする例文3選
  • 30秒で自己PRをするなら伝えたいことを1つに絞る
  • 30秒自己PRを作るための4STEP
  • 30秒で自己PRするときにやってはいけないこと3つ
  • 30秒で自己PRするときは話し方にも気をつける

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の田畑です。

この記事では、30秒で面接官の印象に残る自己PRができる方法について解説していきます。

就活生の皆さんは、自己PRをするときにうまくまとめられず、伝え方に困ったことや悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

僕は、この前面接の自己PRをした時に話がまとまらなくて、20秒くらいオーバーしちゃった・・・

就活生ちゃん

私は、面接で自己PRをすることがとても苦手です。

うまく自己PRするための準備をしてから面接に挑みたいな・・・

自己PRを30秒で伝えるのは難しいですよね。

挨拶をして自己紹介するだけで30秒経ってしまうことも・・・

伝えたいことを整理しないと、内容が多すぎたり少なすぎたりしてしまうこともあるので、自己PRの作り方を一緒にみていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

この記事では、30秒で自己PRを魅力的にする方法を解説していきます。

合わせて、30秒で自己PRできる回答例や、注意点についても解説します。

この記事を読むことで、わかりやすく、魅力的に伝わる30秒自己PRにすることができます。

「自己PRの作り方がわからない・・・」「自己PR考えたけど30秒に収まらないよ・・・」と悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

自己PRを30秒で伝えるためのポイント3つ

就活生くん

自己PRを30秒にまとめるのって難しいな・・・

面接でうまく自己PRを伝えるためのポイントを教えてください。

それでは、30秒で自己PRするときのポイントについて解説します。

「就活の教科書」編集部 田畑

30秒で自己PRするときのポイント
  • ポイント①:伝えたいことを必ず1つに絞る
  • ポイント②:結論から話し始める
  • ポイント③:企業に合った人物像を伝える

上記のポイントを抑えることで、30秒でも面接官の印象に残る自己PRをすることができます。

それでは、上記3つのポイントを順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント①:伝えたいことを必ず1つに絞る

30秒で自己PRするときのポイント1つ目は、伝えたいことを必ず1つに絞ることです。

自己PRと聞くと、強みや人柄、価値観、経歴などを全てを話してしまうことがあります。

しかし、30秒という時間の中で自分の全てを伝えることはできません。

まずは、何を伝えたいのかテーマを1つに絞って自己PRを考えましょう。

就活生くん

テーマはなんでもいいのでしょうか・・・?

特にこれという正解はありません。

自分の中の信念や、強みなどを話すと面接官も「あなたの人物像をもっと知りたい」と興味を持ってくれるでしょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント②:結論から話し始める

30秒で自己PRするときのポイント2つ目は、結論から話し始めることです。

理由として、結論から話すことで、話の要点をわかりやすく伝えられるからです。

たとえば、「私の長所は○○です」というように、話の核となる事柄を最初に伝えるようにしましょう。

結論から伝えると、その後に話す理由や具体例も、理解しやすくなりますよ。

結論から話すことで、「結局何をアピールしたかったの?」と面接官が混乱することがなくなりますね。

スピーチの最初に「話のまとめ」を話し始めましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント③:企業に合った人物像を伝える

30秒で自己PRするときのポイント3つ目は、企業に合った人物像を伝えることです。

自由に自分をアピールできるチャンスなので、企業文化や理念に合っている人材であることをアピールしましょう。

たとえば、「スピード感を意識した行動力がある」「仮説を大事にしている」のように、企業文化にマッチしている点を伝えると効果的ですよ。

就活生くん

企業に合っていることを露骨にアピールすると、「面接だからそう言ってるんだろう」と面接官に思われないですか・・・?

もちろん、「企業理念とマッチしています」とだけ主張しても信頼のある自己PRになりません。

なぜそうなのかという根拠や具体例を示すことで、不信感を与えずに好印象な主張をすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

30秒で自己PRするときの回答例

就活生ちゃん

伝えたいことを1つに絞ることがポイントなのですね。

30秒で自己PRする例文があれば、参考にしたいので教えてください。

それでは、30秒で自己PRする例文を長所別にご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

30秒で自己PRしている回答例
  • 例文①:継続力
  • 例文②:明るさ
  • 例文③:好奇心旺盛

自己PRでは自分の1つの強みを軸に構成することで、簡潔になりますよ。

それでは、長所別の3つの例文をそれぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文①:継続力

30秒で自己PRするための例文1つ目は、「継続力」を伝える例文です。

「就活の教科書」編集部 田畑

私の強みは、「何事もやり抜く力」があることです。

その強みが活きた経験は、TOEICの勉強にありました。

私は将来、グローバル企業で活躍したいという思いから、850点を目標に、自主的にTOEICの勉強を始めました。

大学の試験勉強やゼミで、忙しい時期もありましたが、毎日最低1時間はTOEICの勉強をしました。

結果として、大学2年次に500点にも満たなかった点数は、3年生で880点に到達することができました。

何度も辞めようと思いましたが、「自分で決めたことはなんとしてでもやり切ろう」という思いから、力を発揮することができました。

上の例文では、心が折れそうな状況でも続けることができたことを伝えていますね。

「やり切る力」はどの企業にも求められる強みなので、簡潔にアピールできると好印象です。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文②:明るさ

30秒で自己PRするための例文2つ目は、「明るさ」を伝える例文です。

「就活の教科書」編集部 田畑

私の長所は「ムードメーカー」であるところです。

強みが最も活きた瞬間は、大学野球部での決勝戦でした。

決勝戦ということもあって、メンバー一同がとても緊張している様子でした。

緊張がメンバー間で伝染した結果、ミスが多発し、0-3で試合の後半をむかえたのです。

精神的に一番ピンチの時にこそ、私は持ち前の明るさでチームをリラックスさせました。

緊張がほぐれたメンバーは、集中力を高め、結果的に逆転をして優勝することができたのです。

雰囲気を変えることができる明るさは、仕事でも大いに役立てていきたいです。

上記の例文は、自身の明るさからピンチをチャンスに変えたことがわかりますね。

基本的に仕事はチームで行うので、ムードメーカーが結果を出したことは企業にとって良いアピールになります。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文③:好奇心旺盛

30秒で自己PRするための例文3つ目は、「好奇心旺盛」を伝える例文です。

「就活の教科書」編集部 田畑

私は、「興味のあることはなんでもやってみる」性格です。

私は、PCでゲームをすることが好きなのですが、ある時「PCの性能をあげたい」と思い、PCを自作してみました。

初めはPCというハードについて、何の知識もなく0から勉強をしました。

基礎知識をつけたうえで、「自分に合う性能にするためにはどうすればいいのか」と試行錯誤することはとても楽しかったです。

仕事においても臆することなく、自分の中で仮説をたてながら挑戦していくし姿勢を持遅滞と思います。

上記の例文は、自分で行動し、結果を出したことを示していますね。

わからないことでも自分で調べて、結果を出せるのは仕事においても重宝する人材なので印象に残るアピールをすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

30秒自己PRを作成するための5STEP

就活生くん

30秒で自己PRしている例文はとても参考になりました。

30秒で自己PRをするための手順などはありますか?

それでは、30秒自己PRを作成するための手順を解説します。

STEPを1つずつクリアすることで、30秒でも魅力的に伝わる自己PRをすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

30秒自己PRを作成する手順
  • STEP①:自分の強みを書き出す
  • STEP②:企業の求めている強みと自分の強みをマッチさせる
  • STEP③:自分の強みを活かした具体的な活動を整理する
  • STEP④:文字数を200〜250字程度にまとめる
  • STEP⑤:実際に口に出して練習する

上記の1つ1つのSTEPを実践しながら記事を読み進めることで、自己PRを作ることができます。

それでは、上記5つのSTEPを順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

STEP①:自分の強みを書き出す

30秒自己PRを作るためのSTEP1は、自分の強みを書き出すことです。

まず、自分がどんな性格でどんな長所があるかを、できるだけ多く書き出してみましょう。

たとえば、「明るい」「負けず嫌い」のような単語ではなく、「人に任された仕事は責任を持って期日までにやる」のように、体験ベースでも構いません。

少しでも当てはまる特徴があれば、どんどん書いてみましょう。

後ほど、書き出したキーワードをまとめる作業をしていくので、安心してくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

STEP②:企業の求めている強みと自分の強みをマッチさせる

30秒自己PRを作るためのSTEP2は、企業の求めている強みと自分の強みをマッチさせることです。

なぜなら、自分の強みが企業の求めている人物像と合わない場合、選考が不利になるからです。

たとえば、スピード感あるベンチャー企業に「慎重さが強みです」とアピールしても、あまりウケはよくないでしょう。

企業の求めている人物像を把握することが重要になってきます。

企業に合わせると言っても、嘘の強みを作ってはいけません。

嘘をついてもメリットがないので、自分の強みの中から選択して、マッチさせましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

STEP③:自分の強みを活かした具体的な活動を整理する

30秒自己PRを作るためのSTEP3は、自分の強みを活かした具体的な活動を整理することです。

つぎに、先ほど書き出した強みや長所が、どんな瞬間で活かされたかを思い返してみましょう。

具体例をみていきます。

  • 几帳面な性格を活かして、バスケサークルの会計係を担当していた
  • 面倒見の良さから、アルバイトでは新人教育を任されていた
  • 計画性があるという長所から、試験の勉強日程を1ヶ月前から組んでいた

上記の例のように、「自分の強み」と「具体的な経験」をリンクさせて整理するとわかりやすいですよ。

今までにどんな活動をしていて、その中であなたの強みが活きた経験を意識して書いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

STEP④:文字数を200〜250字程度にまとめる

30秒自己PRを作るためのSTEP4は、文字数を200〜250字程度にまとめることです。

なぜなら、30秒間で話せる文字内容は約200〜250字ほどだからです。

もし、これ以上文字数が多くなってしまうと、かなり早口で話さなければなりません。

早口で自己PRすると、「言いたいことがまとまってないのかな」「早口で内容があまり入ってこない」と面接官に不信感を持たれてしまいますよ。

就活生くん

まとめようと思っても250文字に収まらないのですが、どうすればいいでしょうか・・・?

文字数を250字に抑えるのはなかなか難しいですよね。

そんなときは、PREP法を意識してまとめるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

PREP法ってなんですか・・・?

P:結論
R:理由
E:具体例
P:結論

の順番に話す内容を構成する方法をPREP法といいます。

上記の順番で話すことで、論理的でわかりやすい自己PRをすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

自己PRが苦手だと感じる就活生は、こちらの記事も合わせて読むと、他の就活生と圧倒的に差をつけることができます。

ぜひ、読んでみてください。

 

STEP⑤:実際に口に出して練習する

30秒自己PRを作るためのSTEP5は、実際に口に出して練習することです。

理由として、実際に口に出して練習することで自分のスピーチ時間が肌感覚でわかってくるからです。

その中で、細かな修正をして、文章を足したり削ったりしましょう。

わかりやすく、好印象な自己PRができる人のほとんどが、練習に一番力を入れていますね。

初めはメモを見ながらで構いませんが、メモを見ないでもスピーチできるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

練習してみたけど全然うまくできません・・・

やっぱり僕は話す才能がないのかな・・・

誰でも初めはうまくいかないので大丈夫ですよ。

何度も何度も練習を繰り返し行いましょう。

自分の話している姿を動画にすると、自己PRを客観的にブラッシュアップできるのでおすすめです。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

30秒で自己PRするときにやってはいけないこと3つ

就活生ちゃん

上記の方法で自己PRを作れば30秒でもわかりやすく伝えることができるのですね。

自己PRするときにやってはいけないことはありますか?

それでは、自己PRするときにやってはいけないことをご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

30秒で自己PRするときにやってはいけないこと
  • 注意点①:丸暗記しない
  • 注意点②:内容を詰め込みすぎない
  • 注意点③:時間をオーバーしても気にしすぎない

上記3つの注意点に気をつけることで、悪印象を与えずに自己PRをすることができます。

それでは、上記3つの注意点について順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

注意点①:丸暗記しない

30秒で自己PRするときに気をつけることの1つ目は、丸暗記しないことです。

理由として、丸暗記に頼ると、1つでも文章を忘れるだけで、面接中にパニックになってしまう可能性があるからです。

もし、丸暗記をして本番で文章を忘れると、言葉に詰まってしまい面接官の印象を下げてしまいますね。

就活生ちゃん

私は、むしろ丸暗記しないと不安になってしまうのですがどうすればいいですか・・・?

丸暗記ではなく、話の要点を暗記するといいですよ。

「何を主張したくて、どんな経験をしたからその主張をしているのか」という大枠を抑えることで、一言一句暗記しなくても言葉に詰まらずに自己PRできます。

「就活の教科書」編集部 田畑

自己PRやエントリーシートについてもっと知りたい!と感じる就活生は、こちらの記事も合わせて読むと、他の就活生と圧倒的に差をつけることができます。

ぜひ、読んでみてください。

注意点②:内容を詰め込みすぎない

30秒で自己PRするときに気をつけることの2つ目は、内容を詰め込みすぎないことです。

なぜなら、内容を詰め込みすぎてしまうと、30秒に収まらないことが往々にしてあるからです。

たとえば、「強み」「性格」「長所」「短所」など、すべてを詰め込むと30秒では収まりません。

30秒という時間の中での、自己PRは1つの主張だけを伝えるようにしましょう。

言いたいことがありすぎて、アピール内容を詰め込みすぎてしまいますよね。

自己PRをしたあとは、面接官から質問されることもあるので、質問を見越して「敢えて説明しない」という選択肢も有効ですよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

注意点③:時間をオーバーしても気にしすぎない

30秒で自己PRするときに気をつけることの3つ目は、時間をオーバーしても気にしすぎないことです。

あくまで、30秒という制約は目安であり、「絶対に30秒を超えてはいけない」ということではありません。

したがって、5秒程度であれば許容範囲なので、気にすることなく面接を進めましょう。

就活生ちゃん

そもそも自己PRって30秒じゃなきゃいけないのですか?

企業によっては、「1分で自己PRしてください」と言われる場合もあります。

時間指定された場合は、指定時間で自己PRをし、何もしてされない場合は30秒で自己PRするのが妥当ですね。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生ちゃん

もし本番で、時間を大きくオーバーしてしまったらどうすればいいですか?

本番は緊張もあって時間をオーバーしてしまうこともありますよね。

その時は、自己PRの最後に「長くなってしまいすみません」と一言添えるだけで、面接官の印象を下げずに澄みますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

30秒で自己PRするときは話し方にも気をつけよう

面接官は自己PRで、話す内容を評価していますが、話し方にも注目しています。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

内容だけでなく、話す態度もみられているのですね。

具体的にどのような点を見ているのですか?

話し方で見ているポイントは下記の通りです。

「就活の教科書」編集部 田畑

話し方で見ているポイント
  • 姿勢
  • 声のトーン
  • 声の大きさ
  • 話す速さ
  • 目を見ているかどうか

つまり、面接官は自己PRするときの話し方で「コミュニケーション力」があるかどうかを評価しています。

特に声が小さいだけで、面接官にはあまり良い印象を与えないので、声は大きくハキハキと話しましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

話す内容ばかりに気を取られていましたが、話し方も大事なのですね。

少しでも良い印象を与えるため、繰り返し練習したいと思います。

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「自己PR」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「自己PR」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:30秒で自己PRするときは要点を1つに絞ろう

この記事の「【例文あり】30秒で魅力的な自己PRをする方法 | ポイントや注意点も」はいかがでしたか?

このページでは、30秒で印象に残る自己PRをする方法について解説しました。

合わせて、30秒で自己PRする回答例や、注意点についても解説しました。

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 田畑

この記事のまとめ

◆ 面接で自己PRを30秒に伝えるためのポイント3つ

  • ポイント①:伝えたいことを必ず1つに絞る
  • ポイント②:結論から話し始める
  • ポイント③:企業に合った人物像を伝える

◆ 30秒自己PRを作成するための5STEP

  • STEP①:自分の強みを書き出す
  • STEP②:企業の求めている強みと自分強みをマッチさせる
  • STEP②:自分の強みを活かした具体的な活動を整理する
  • STEP③:文字数を200〜250字程度にまとめる
  • STEP④:実際に口に出して練習する

◆ 30秒で自己PRするときにやってはいけないこと3つ

  • 注意点①:丸暗記しない
  • 注意点②:内容を詰め込みすぎない
  • 注意点③:時間をオーバーしても気にしすぎない

◆ 30秒で自己PRするときは話し方にも気をつけよう

30秒で自己PRをすると、意外に時間が足りないことがほとんどです。

伝えたいことを1つに絞り、結論から話すと伝わりやすくなりますよ。

初めは、30秒にまとめることが難しいと思いますが、何度も反復して練習を繰り返しましょう。

練習を重ねるほど、魅力的かつわかりやすい自己PRをすることができるようになります。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑