就活生を救うクラファン目標金額203%達成!

【面接で受かるには?】面接で受かる方法やコツ | 受かる人の特徴や共通点,合格サインも

【面接で受かるには?】面接で受かる方法やコツ _ 受かる人の特徴や共通点も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 面接で受かる人はあらゆる準備をしている
  • 面接で受かるポイント7選
  • 面接段階ごとに意識するべき点
  • 面接で受かるために今すぐにするべきこと3つ
  • 面接で受かる人は振り返りをしている
  • 面接で受かる人に対する合格/不合格サイン一覧

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事では、「面接に受かる方法」について解説します。

あなたは「面接が全然上手くできなくて落ちてしまう・・・」や「面接で受かる人の特徴ってなんだろう・・・」と考えたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

私は面接がとても苦手で、いつも面接で落ちてしまいます・・・

次こそは受かりたいので、面接で受かる方法を教えてください!

就活生くん

僕は来週に高校受験以来の面接があるのですが、緊張して眠れません。

面接で受かるための準備で今すぐできることはありますか?

就活において、面接とは避けることができない道のりですよね。

まさに、面接を制するものが就活を制すると言っても過言ではないでしょう。

そんな就活の面接において、これを実践すれば合格に近づく方法があります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこで、この記事では「面接で受かる方法」を解説します。

合わせて、「面接で受かる人の特徴」や「面接で受かるために今すぐすべきこと」「受かる人に対する合格・不合格サイン一覧も解説しています。

この記事を読めば、「もっと早く面接で受かる方法を実践していれば良かった・・・」なんて後悔を避けられます。

面接で受かる方法を習得して、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

目次

 

面接で受かる人はあらゆる準備を怠らない

就活生ちゃん

私は就活の面接がとても苦手で、インターンシップも本選考も受からないことが多いです。

その一方で、面接にはほとんど受かっている友達もいるのですが、面接で受かる人には共通点などはあるのでしょうか?

就活の面接において、受かる人の共通点はあります

それは面接の準備を徹底的に行っていることです。

あなたも面接の準備を徹底的に行うことで、面接の通過率はグンと上がりますよ。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接の準備と言っても、ただ単に自己分析や業界研究・企業研究をするだけではありません。

面接で受かる人は、以下のようなあらゆる準備を行っています。

  • 自己分析の深掘り対策
  • 業界研究の深掘り対策
  • 企業研究の深掘り対策
  • 笑顔で明るく面接に臨む練習
  • 面接で想定される質問対策
  • 一貫性/論理性の確認
  • 伝え方の確認
  • 端的に言う練習

など

 

これらの準備を徹底的に行うことで、結果的に面接に受かっています。

面接で受かるために、質問の回答、印象、笑顔、明るさ、伝え方などの準備を徹底的に行うことが重要です。

 

就活生ちゃん

やはり面接で受かる人には共通点があるのですね。

私にも面接で受かる必勝法を教えていただきたいです。

それではまず、面接で受かるポイントについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で受かるポイント7つ

ここではあなたの面接の通過率を上げるために、面接で受かる方法を解説していきます。

面接で受かる方法は7つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で受かるポイント7つ
  • ポイント①:結論から話す
  • ポイント②:端的に伝える
  • ポイント③:自分の回答に一貫性を持たせる
  • ポイント④:身だしなみやマナーを完璧にして明るく笑顔で話す
  • ポイント⑤:回答の内容の抽象と具体を意識しながら伝える
  • ポイント⑥:ブレることない確固たる軸を伝える
  • ポイント⑦:企業との適性度と志望度を伝え、一緒に働きたいと思わせる

特に、重要度が極めて高いポイント①~③をできている人は少ないので、1つずつ確認して、面接で受かるための極意を身につけていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

ポイント①:結論から話す

面接で受かるポイント1つ目は、結論から話すということです。

結論から話すことで、伝えたい内容が明確になるからです。

自己PRをしてください。

人事さん

就活生くん

私は、大学時代にテニス部に所属していました。
私は、大学からテニスを始めたので、周りよりもレベルがかなり低かったです。
そこで、毎日、学校から帰ってきて1時間のランニングと素振りを100回欠かさず行いました。
その結果、大学2年生にレギュラーになることができました。
この経験から、私の強みは「諦めずに頑張れる粘り強さ」だと考えています。

就活生ちゃん

私の強みは、「諦めずに頑張れる粘り強さ」です。
なぜなら、私は大学時代にテニス部に所属しており、そこで、努力することの重要性を学んだからです。
私は、大学からテニスを始めたので、周りよりもレベルがかなり低いと感じていました。
そこで、毎日、学校から帰ってきて1時間のランニングと素振り100回を欠かさず行いました。
その結果、大学2年生にレギュラーになることができました。

 

就活生ちゃんのように、結論から言うことでかなり伝わりやすくなります。

面接で受かる人や、社会人はほぼ全員、結論から話しています。

そのため、面接で自分が発言する時は、一番最初に結論から話すようにしましょう。

実際に、結論から話せる就活生は多くありません。
そのため、結論から伝えるように練習・準備しておくことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 木村

 

ポイント②:端的に伝える

面接で受かるポイント2つ目は、端的に伝えるということです。

面接で就活生側が長く話してしまうと、「話をうまくまとめられていないな」と判断されてしまうからです。

例えば、人と話す時に話が長くなりすぎて「自分でも何を言っているのかわからない」ような経験をしたことがありますよね。

そのため、面接では自分が1分以上話さないようにすると良いです。

面接で受かる人はほぼ全員、結論から話し、端的に伝えているので1分以内で回答しています。

「就活の教科書」編集部 木村

 

ポイント③:自分の回答に一貫性を持たせる

面接で受かるポイント3つ目は、自分の回答に一貫性を持たせることです。

面接での回答に一貫性がないと、「この就活生は採用されるために嘘をついているな」と判断されてしまうからです。

一貫性とは、自分の発言や行動に矛盾がないことを意味します。

ガクチカと自己PRをもとに、極端な例を紹介します。

就活生くん

  • ガクチカ⇒「ボランティアとして海外に行き、現地の方たちと円滑にコミュニケーションを取ったことです!」
  • 自己PR⇒「集中力があることです!」

 

このようなガクチカと自己PRになっている就活生はかなり多いです。

自己PRは自分の強みなので、その強みをアピールするために、過去の経験とマッチしていないといけません。

しかし、紹介した例のガクチカと自己PRでは、全くつながりが見えず、面接官には「一貫性がない」と判断されてしまいます。

この場合、自己PRでは「積極性・社交性・計画性・継続性・論理力」などをアピールすると良いです。

このように面接で受かる人は、自分の発言や行動に一貫性を持っているので、一貫性がある回答を準備しておきましょう。

ガクチカ⇒「過去」、自己PR⇒「現在」、志望動機⇒「未来」と置き換えて考えると、一貫性を持たせやすいです。

「就活の教科書」編集部 木村

 

ポイント④:身だしなみやマナーを完璧にして明るく笑顔で話す

面接で受かるポイント4つ目は、身だしなみやマナーを完璧にして明るく笑顔で話すということです。

面接では、社会人として通用するかどうかを第一印象で判断することが多いからです。

大切な面接の日に身だしなみが整っていなかったり、礼儀やマナーがきちんとできない人を企業が雇いたいと思いますか?

新卒の就活生では能力の差別化がほとんどできないため、このような当たり前の点をとても重視します。

そのため、面接で受かるためには、身だしなみやマナーだけでなく、明るく笑顔で話しましょう。

面接では第一印象で合否が大きく左右するので、良い第一印象を与えられるように意識しましょう。

面接に関するマナーについて詳しく知りたい人は、オフライン・オンライン面接に関する正しいマナーが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

ポイント⑤:回答の内容の抽象と具体を意識しながら伝える

面接で受かるポイント5つ目は、回答の内容の抽象と具体を意識しながら伝えるということです。

話が分かりやすい人は、面接官にも自身の魅力を伝えやすいからです。

話が抽象的すぎるとイメージできないし、具体的すぎると他のエピソードに繋がりにくいからです。

2人の具体例を見てみましょう。

就活生くん

私の強みはリーダーシップがあることです。

人の先頭に立ち、人を引っ張っていくことが得意で、仕事においても様々な点で役立ちます。

リーダーとして会社を引っ張っていける存在になりたいと考えています。

就活生ちゃん

私の強みは、周囲の人を巻き込みながら目標を達成するリーダーシップがあることです。

大学時代にバスケットボールのキャプテンとして、仲間と共に切磋琢磨しながら、チームの総力を上げ、関東大会出場という目標を達成することができました。

この経験を活かして、先輩方や同期の仲間を巻き込みながら、組織としての目標達成に貢献したいと考えています。

これらの2人の話はどちらが理解しやすいでしょうか。

就活生くんは、話が抽象的すぎて会社でどのようにリーダーシップを発揮するのかということがイメージできません。

対称的に就活生ちゃんは、話の抽象と具体がバランスよく伝えられているので、会社で働いて活躍している姿をイメージすることができます。

面接で受かるためには、自分が伝えたいことを抽象的に、分かりやすくするために具体的なエピソ―ドも交えて伝えていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

ポイント⑥:ブレることない確固たる軸を伝える

面接で受かるポイント6つ目は、ブレることない確固たる軸を伝えるということです。

明確な目標や指針がある人は、今後どのような努力をし、どこを目指して成長していくかが分かりやすいからです。

それが「夢」や「人生のビジョン」でなくても、就活としての軸、普段の生活から大切にしている考え方や軸を言語化できるようにしておきましょう。

そして、社会に出たとしてもブレないあなたの芯の強さを面接で伝えましょう。

面接で受かるには、自分が大切にしているマインドを言語化できる必要があります。

まだ就活としての軸が定まっていない人は、就活の軸の見つけ方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

ポイント⑦:企業との適性度と志望度を伝え、一緒に働きたいと思わせる

面接で受かるポイント7つ目は、企業との適性度と志望度を伝え、一緒に働きたいと思わせるということです。

面接で受かる人は本気でその企業で働きたいと伝えられた人だけだからです。

企業も面接をするのに多額の費用と時間を費やし、今後の会社の未来をかけて面接をしています、

なので、一緒に働くことになるであろう人と長く時間を過ごし、面接でも受からせたいと考えています。

その点で、あなたの企業との適性度と志望度によって、面接官が一緒に働きたいと思うかが決まり、面接で受かるかどうかが決まるのです。

面接で受かるために1番必要なことは、面接を目の前でしている面接官に「あなたと一緒に働きたい」と思わせることができるかどうかです。

まずは、あなたが会社の一員になって働きたいと思われるような面接をすることを心がけていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

ちなみに面接で人事の印象をあげたいなら、面接練習の他に「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」で、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、面接を突破しましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

最終面接の合格率を上げるなら「面接力診断」で面接突破力を測ってみよう!

「面接力診断」では、あなたの現状や足りていないところが見つかり、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、ぜひ気軽にこちらから診断してみてください。

>> 面接力診断をしてみる

さらに就活の教科書公式LINEでは、今すぐやるべき就活対策が分かる「就活力診断をすることができます!

今のあなたの就活戦闘力も測れるので、ぜひこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

就活生くん

面接全体として、受かるために工夫すべき点は分かりました。

私はもうすぐ最終面接をすることになっているのですが、同じことだけを意識していればいいですか?

面接で受かる方法5つはどの面接にも当てはまりますが、面接の段階ごとに意識すべき点は少し違ってきます。

それでは次に、面接段階ごとの面接で受かる方法を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接段階ごとの面接で受かる方法

ここでは、面接の段階ごとに明確に意識すべきことを理解し、面接で受かるために、面接段階ごとの面接で受かる方法を解説します。

面接段階ごとの面接で受かる方法は、主に3つです。

「就活の教科書」編集部 木村

面接段階ごとの面接で受かる方法
  • 一次面接:面接マナーなどの基本を徹底する
  • 二次面接:自分の特徴や強みと企業との適性度を伝える
  • 最終面接:誰にも負けない入社への志望度を伝える

それでは面接段階ごとに見ていき、自分が意識すべき点を理解してきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

一次面接:面接マナーなどの基本を徹底する

一次面接で受かる方法は、面接マナーなどの基本を徹底するということです。

一次面接は、人としての大きな問題がないか、大きく企業とずれていないかを判断される場だからです。

特に、大企業の一次面接などでは、受ける就活生が多いため、細かく深掘りはせずに、基本に忠実に対応して面接をしている人を受からせている企業が多いです。

なので、身だしなみ、マナー、基本的な面接質問の回答を徹底して準備することで一次面接に受かる可能性を上げることができます。

基本的な面接質問においては、ガクチカ・自己PR・志望動機くらいはしっかりと固めていると楽に一次面接を終えられることが多いですよ。

一次面接についてもっと対策したい人は、良く聞かれる質問や答え方のコツ、一次面接に落ちる理由が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

二次面接:自分の特徴や強みと企業との適性度を伝える

二次面接で受かる方法は、自分の特徴や強みと企業との適性度を伝えるということです。

二次面接はあなた自身の深掘りと企業との適性度や志望度を確認されるからです。

一次面接に比べて、二次面接は企業があなたに合っているかを確認することが重視されており、合格率も一次面接よりもさらに低くなります。

なので、一次面接で話したガクチカや自己PRをさらに具体的に説明ができ、あなたの強みが企業とマッチしている人が二次面接で受かることができるのです。

必然的に面接で受かる人も少なくなっていくので、面接で受かる方法を同時に実践することを意識しましょうね。

二次面接についてもっと対策したい人は、良く聞かれる質問や答え方のコツが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

 

最終面接:誰にも負けない入社への志望度を伝える

最終面接で受かる方法は、誰にも負けない入社への志望度を伝えるということです。

最終面接の多くが、最後の入社への意思確認だからです。

特に最終面接では、役員レベルの採用人事の方や、社長が自ら行うこともあります。

そんな普段よりも緊迫した環境でも、自分の入社への志望度を熱意を持って語ることができた人こそが、面接で受かることができるのです。

これらのように、面接段階ごとに意識すべき点が異なってくるので、あなたがどのようなことを求められているかを考えた上で、面接に取り組むようにしましょう。

また、最終面接についてもっと対策したい人は、良く聞かれる質問や答え方のコツが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生ちゃん

面接の段階ごとに、求められているものが変わるからこそ、面接で受かる方法を実践する必要があるのですね。

面接で受かる人になりたいと考えているのですが、今から何をすればいいですかね・・・

アドバイスをいただきたいです!

面接はきちんと適切な対策をすることで、面接で受かる人に近づくことができますよ。

それでは最後に、面接で受かるために今すぐにするべきことを解説いきます。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で受かるために今すぐにするべきこと3つ

最後にあなたが面接で受かる人に近づくために、面接で受かるために今すぐにするべきことを解説していきます、

面接で受かるために今すぐにするべきことは3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で受かるために今すぐにするべきこと3つ
  • すべきこと①:模擬面接をする
  • すべきこと②:面接質問100選を通した自己分析を行う
  • すべきこと③:多くの企業にエントリーする

それではできることから今すぐ始めていき、面接で受かる人になっていきましょうね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

すべきこと①:模擬面接をする

面接で受かるために今すぐにするべきこと1つ目は、模擬面接をするということです。

面接は練習をすればするほど、自信もつき、伝える力も身についていくからです。

やはり普段の会話や友達との話だけでは、自分の想いを伝える練習にはならないです。

そのため、OB訪問や先輩や就活セミナーに参加して、きちんとフィードバックをもらえる模擬面接をすることが面接で受かるために必要になるのです。

模擬面接をもっとしたいと考えている人は、模擬面接のやり方やOB訪問のやり方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

すべきこと②:面接質問100選を通した自己分析を行う

面接で受かるために今すぐにするべきこと2つ目は、面接質問100選を通した自己分析を行うということです。

面接質問から自己分析をすることで、自分が気づかなかった視点から自分を知ることができると同時に、面接対策をすることができるからです。

面接質問の中でも、どこの企業にも聞かれる質問から、特定の企業でしか聞かれない特殊な質問まであります。

いろいろな面接質問を通して、さらに自己分析を深めることを意識していきましょう。

面接質問100選を知りたい人は、答え方やNG回答まで分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

面接練習をしたくないと感じた人は、面接練習をせずに乗り切る方法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

すべきこと③:多くの企業にエントリーする

面接で受かるために今すぐにするべきこと3つ目は、多くの企業にエントリーするということです。

面接で受かるためには、物理的に多くの企業にエントリーをする方が可能性が上がるからです。

みなさんの周りで、数多くの面接に合格している人はいませんか?

恐らくその方は、多くの面接で受かると同時に、多くの面接に失敗もし、落ちているでしょう。

面接を受ける数が多ければ多いほど、経験も積め、物理的にも面接で受かる可能性が高まるのです。

多くの失敗をしている人こそが、多くの成功も掴むことができるということですね。

多くの面接を受けていく中で、面接の受かるサインなどが分かるようにもなってきますよ!

面接の緊張に関して対策をしたいと考えている人は、面接で緊張しない方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生ちゃん

今からできることを始めて、面接で受かる人に近づけるようにします。

これらの点を踏まえて、面接で受かる人ってなにか共通点はあったりするんですか?

就活では、数多くの内定をもらう人となかなか内定が手に入らない人に分かれるのですが、それは面接で受かるための共通点が深く関係してます。

それでは次に、面接で受かる人の特徴を解説します。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で受かる人の特徴3つ

ここでは、あなたが面接で受かる人になるために面接で受かる人の特徴を解説していきます。

面接で受かる人の特徴は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で受かる人の特徴3つ
  • 特徴①:面接の振り返りをしっかりと行う
  • 特徴②:自分に自信がある
  • 特徴③:明るくハキハキと話すことができる

それでは1つずつ確認して、面接で受かる人に近づいていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴①:面接の振り返りをしっかりと行う

面接で受かる人の特徴1つ目は、面接の振り返りをしっかりと行うということです。

面接の振り返りをすることによって、毎回の面接や自己分析のレベルが上がり続けるからです。

例えば、質問されたことを覚えているうちにメモして、自分の回答を振り返り、次に同じ質問をされた時により良い回答を出来るようにするのです。

そうすれば自己分析も深まり、話の伝え方も上手くなります。

このように就活や面接を通して、自分を大きく成長できる人は、面接で受かるという特徴があるのです。

特に自分が自己分析できていない質問などがきた場合は、面接が終わった後に考える時間を取ることで、次の面接までにさらに良い回答ができるようになり、面接の合格率もグンと上がりますよ。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴②:自分に自信がある

面接で受かる人の特徴2つ目は、自分に自信があるということです。

自分に自信がある人は、堂々としていて、社会に出て活躍する姿がイメージができるからです。

しかし、初めての就活なので、自信を持てというのは無理があります。

なので、根拠のない自信でも大丈夫です。

まずはあなたの過去の成功体験を思い出し、自分に自信があるということを面接官に感じさせていきましょう。

実際に人事の方が「就活生が自分に自信を持っているか」をすごく確認していると仰っていました。

もし自信を持てなくて悩んでいる人は、自信が持てない対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴③:明るくハキハキと話すことができる

面接で受かる人の特徴3つ目は、明るくハキハキと話すことができるということです。

社会人として絶対に必要なコミュニケーション力が備わっていると感じられるからです。

人とコミュニケーションを取ることが多い、社会人にとって明るくハキハキと話すことができるということは必要不可欠です。

自分の話している表情や話し方を確認するには、携帯で録画をして振り返ったり、鏡の前で話してみてください。

自分の自信が表情や話し方に現れることもありますので、自信を持って明るくハキハキ話すという面接で受かる人の特徴をあなたも身に着けていきましょう。

録画面接などでは自分の面接の表情や話し方が振り返れますので、明るくハキハキと話せているかを確認してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生ちゃん

面接で受かる人の特徴として、当たり前のことを当たり前以上のレベルでできるという特徴があるのですね。

逆に面接で落ちる人の特徴もあるなら、反面教師にするためにも教えて頂きたいです。

面接で落ちる人の特徴もありますよ。

それでは次に、面接で落ちる人の特徴を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で落ちる人の特徴3つ

ここでは、あなたが面接で落ちる人の特徴を反面教師にし、面接で受かる人になるために、面接で落ちる人の特徴を解説していきます。

面接で落ちる人の特徴は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で落ちる人の特徴3つ
  • 特徴①:面接を受けたら受けっぱなし
  • 特徴②:面接において心配事がある
  • 特徴③:熱意を上手く伝えることができない

それでは1つずつ確認して、面接で受かる人に近づいていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴①:面接を受けたら受けっぱなしで終わる

面接で落ちる人の特徴1つ目は、面接を受けたら受けっぱなしということです。

面接での失敗や反省をそのままにしていても、成長することはないからです。

例えば、答えられない質問や回答に時間がかかってしまう質問があったとします。

そこで、面接後に自己分析をやり直して次の面接に備えるか、切り替えてすぐに遊びに行くかでは雲泥の差です。

よって、面接を受けたら受けっぱなしの人は、面接で落ちる人の特徴になるのです。

面接中ももちろん大切ですが、面接後の30分でいかに振り返り、次の面接に備えるかが面接で受かるかどうかのキーポイントになるでしょう。

また、面接でフィードバックを求めるということも大きく成長するきっかけになるでしょう。

面接でフィードバックを求めることに心配を感じる人は、フィードバックに関することが分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴②:面接において心配事がある

面接で落ちる人の特徴2つ目は、面接において心配事があるということです。

何か不安や心配があることが面接官にも伝わり、自信がないように感じられてしまうからです。

始めての就活や面接において、不安や心配があるのは分かりますが、自己分析をして質問に対する心配事をできるだけ少なくしてくことが大切です。

面接において心配事があったとして、その点は割り切って根拠ない自信を持って面接に取り組める就活生の方が面接に受かる可能性は高いでしょう。

面接に関しては、準備:本番=8:2くらいの割合で準備の方が大切になってきます。

そのために継続的に自己分析を繰り返し、不安や心配事を減らしていきましょう。

これ以上自己分析ができないと悩んでいる人は、自己分析が簡単にできる方法が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

また、面接本番で答えられない質問が来た時の対処法も合わせて読んで見てくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴③:熱意を上手く伝えることができない

面接で落ちる人の特徴3つ目は、熱意を上手く伝えることができないということです。

あなたの企業への熱意を上手く言語化したり、表現できないと、面接官には伝わりきらないからです。

企業の魅力や志望動機や熱意を上手く伝えられるかが、面接官の就活生の印象を大きく変えるのです。

なので、面接前に自分の熱意をビジュアル的にも言語的にも伝える練習をすることが必要ですね。

たくさんの人に自分の想いを話すことが、最終的に面接で自分の全て熱意を伝えられる練習にもなるので、普段からあなたの想いを言語化することを意識してみましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接では、早く終わるパターンや圧迫面接をされるパターンがあります。

面接に関する心配事を減らしておきたい人は、面接官の意図や対処法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

【面接でわかる】受かる人に対する面接官のサイン一覧

就活生くん

この前、面接を受けました。
その時に、面接官の雰囲気がすごくよかったので、受かると思っていましたが、実際は落ちていました。
面接官は、面接で受かる人にどのようなサインやフラグを送っているのかを知りたいです。
「受かると思っていたけど、落ちた」というのは面接ではよくありますよね。
では、面接で受かる人に対する面接官のサインを一覧で紹介します。
合わせて不合格サインもまとめておきますね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

【合格サイン】

  • 次の選考や入社後の具体的な話が出る
  • 企業とマッチしていると言われる
  • 次の選考へのアドバイスをくれる
  • 企業のPRや魅力を具体的に話してくれる
  • 面接の時間が長くなる
  • 頻繁にメモを取っている
  • 握手を求められる
  • 個人的な話をしてくれる
  • 自分の話に強く共感してくれる
  • 質問の回数が多い
  • 会話に違和感がない
  • 最後まで目を見て聞いてくれる
  • 他の選考状況を聞かれる

 

【不合格サイン】

  • 面接中に話がかみ合わないと感じる
  • 面接が短い
  • 面接官がそっけない
  • 定型文の質問のみ
  • 回答に対しての深掘りがない
  • 逆質問の回答が雑
面接で受かる人に対するサインや、落ちる人に対するサインはあります。
しかし、絶対ではないので、参考程度に頭に入れておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接を突破するためには、自分の強みを知っておくことが必須です。

自己分析診断の「キミスカ適性検査」を利用すると、職務適性やビジネス戦闘力といった9つの観点から自分の強みがわかります。

5分で診断できるので、自分の強みを知りたい人は試してみてくださいね。

人事さん

>> キミスカ適性検査で診断してみる

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

 

まとめ:面接はきちんと受かる方法を実践すると合格できる

「【面接で受かるには?】面接で受かる方法やコツ | 受かる人の特徴や共通点も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「面接で受かる方法」を解説しました。

合わせて、「面接で受かる人の特徴」「面接で受かるために今すぐすべきこと」も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

面接で受かる人には共通点がある

面接で受かるポイント7つ

  • ポイント①:結論から話す
  • ポイント②:端的に伝える
  • ポイント③:自分の回答に一貫性を持たせる
  • ポイント④:身だしなみやマナーを完璧にして明るく笑顔で話す
  • ポイント⑤:回答の内容の抽象と具体を意識しながら伝える
  • ポイント⑥:ブレることない確固たる軸を伝える
  • ポイント⑦:企業との適性度と志望度を伝え、一緒に働きたいと思わせる

面接段階ごとの面接で受かる方法

  • 一次面接:面接マナーなどの基本を徹底する
  • 二次面接:自分の特徴や強みと企業との適性度を伝える
  • 最終面接:誰にも負けない入社への志望度を伝える

面接で受かるために今すぐにするべきこと3つ

  • すべきこと①:模擬面接をする
  • すべきこと②:面接質問100選を通した自己分析を行う
  • すべきこと③:多くの企業にエントリーする

面接で受かる人の特徴3つ

  • 特徴①:面接の振り返りをしっかりと行う
  • 特徴②:自分に自信がある
  • 特徴③:明るくハキハキと話すことができる

面接で落ちる人の特徴3つ

  • 特徴①:面接を受けたら受けっぱなしで終わる
  • 特徴②:面接において心配事がある
  • 特徴③:熱意を上手く伝えることができない

まとめ:面接はきちんと受かる方法を実践すると合格できる

面接では受かる方法をきちんと実践すれば、合格できるということが分かりました。

あなたが面接で受かる人の特徴により多く当てはまり、無事に就活を終えられることを祈っております。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村