>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PR「向上心」の魅力的な伝え方 | 言い換え一覧も

この記事を読めば分かること
  • 「向上心」を自己PRでアピールしても人柄はあまり伝わらない
  • 「向上心」を自己PRでアピールする3つの例文
  • 「向上心」という言葉は別の言葉で言い換えてアピールする
  • 「向上心」を自己PRで伝えるときの3つの注意点

 

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部の森山です。

この記事では、自己PRで「向上心」があることについて伝えたい就活生の様々な悩みを解決するために解説していきますね。

就活生の皆さんは、面接やエントリーシートの自己PRで「向上心」を伝えたいときに、どうやってアピールすればいいのか悩んだ経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

僕は、今度の面接で自己PRを求められたら「向上心」をアピールしたいと思っています。

だけど、面接で採用担当者に「向上心」があることをアピールしてもいいのかな・・・?

就活生ちゃん

私は、自分の長所は「向上心」があることだと思っているのですが、「向上心」を自己PRで上手にアピールする方法が思いつかなくて悩んでいます・・・。

やはり就活生の皆さんは、どうしたら「向上心」を自己PRで上手にアピールできるのか悩みますよね。

僕も、エントリーシートの自己PRで「向上心」で上手く言い換えてアピールできないかなと悩んだことがありました。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこで、この記事では、「向上心」を自己PRでアピールするときの伝え方について紹介します。

合わせて、自己PRで「向上心」を伝えている例文「向上心」を自己PRで伝えるときの注意点についても紹介していきます。

この記事を読んだら、「向上心」を使った自己PRの伝え方が習得できるので、上手くアピールできれば採用担当者に強い印象を残すことができますよ。

「自己PRで「向上心」をアピールしたい場合どう伝えたらいいの・・・?」と悩んでいる就活生は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

画像タップでページ内に飛びます

自己PR 向上心 例文>> 「向上心」の例文

自己PR 向上心 注意点>> 「向上心」の注意点

自己PRで「向上心」は使えるが、思いつきやすい言葉なため言い換えて表現しよう

就活生くん

僕の強みは、現状に満足することなくチャレンジし続けることだと思うので、「向上心」を自己PRにしてアピールしたいです。

エントリーシートや面接では、「向上心」があることを自己PRとしてアピールもいいのでしょうか・・・?

「向上心」があるのは自己PRとして十分アピールすることが可能です。

「就活の教科書」編集部 森山

 

エントリーシートや面接の自己PRで、「向上心」をアピールする就活生は多いです。

確かに、現状に満足することなく、常に高みを目指してチャレンジし続けれるのは、素晴らしい強み・スキルですよね。

自分の強みを「向上心」だとアピールするのは、自己PRとしては悪くはないでしょう。

しかし、ただ単に自己PRで「向上心」があることをアピールしても採用担当者には「また向上心か・・・」と、興味を持ってもらえない可能性が高いです。

いきなりですが質問です。

「向上心」という言葉を聞いて、あなたはどんなイメージを待ちますか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

んー・・・。そうだなあー。

なんとなく、とにかく上のステージや目標に向かって頑張っているのかなと思います。

 

実は、就活生くんが言ってくれたように、「向上心」とだけ伝えてしまうと、採用担当者は「なんとなく」しかあなたの強みを理解できません

「向上心」は、かなり思いつきやすく便利な言葉なので多くの人が自己PRにしてしまいます。

そのため、「向上心」という言葉だけでは、あなたの印象が埋もれてしまいやすい表現になってしまうのです。

では、一体どうすれば「向上心」という強みを採用担当者の印象に残るようにアピールできるのでしょうか?

それでは次にいくつか「向上心」の言い換えを紹介するので、自分に合った言い換え表現を見つけてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ちなみに、「そもそも、自己PRってガクチカと一緒なのでは?」「自己PRと自己紹介って何が違うの?」という就活生は、以下の記事で解説しています。

ガクチカの特徴自己紹介の書き方なども分かるので、合わせて読んでみてください。

 

 

自己PRの「向上心」言い換え一覧表

自己PRで「向上心」を具体的に伝えるために、「向上心」の言い換え表現を紹介します。

「就活の教科書」編集部 森山

【向上心の言い換え表現】

  • 目標を達成するまでやり遂げる
  • 1つの目標がクリアできたら、次の目標を設定して行動する
  • 興味を持ったことやチャレンジしたいことにはどんどん取り組む
  • 他の人のよい部分はどんどん取り入れる
  • 現状に満足しないで常に上を目指す姿勢がある
  • やると決めたら諦めない

 

上の言い換え表現のようにどのように向上心があるのかを明確に伝えることを意識しましょう。

そこに具体的なエピソードや、向上心がもたらした成果や結果を客観的な数値で表せるとさらに説得力が増します。

「向上心」は自分なりに言い換えて、採用担当者にアピールすれば印象に残りやすくなりますよ。

それでは、次に例文をもとに、「向上心」を自己PRとしてアピールする仕方を解説しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「向上心」を自己PRで伝える例文

就活生くん

「向上心」を自己PRでアピールしたいので、例文などがあればイメージが湧いて分かりやすいです。

自己PRで「向上心」をアピールしている例文があればいくつか教えてください。

では、次に自己PRで「向上心」があることをアピールしている例文を紹介しますね。

以下の例文を読んで、実際にエントリーシートや面接の自己PRで参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

「向上心」を自己PRでアピールした例文
  • 例文①:アルバイト
  • 例文②:部活動
  • 例文③:学生時代の総括

それでは、「向上心」を自己PRでアピールしている例文をそれぞれ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文①:アルバイト

私の強みは、試行錯誤を繰り返しながら業務を効率的に遂行できることです。

そう感じたきっかけは、カフェのアルバイトをしているときでした。

アルバイトに入った当初は、アルバイト経験がなく初めてのアルバイトだったということもあり、先輩や社員さんに言われたことをこなすのに精一杯で、やるべき仕事を全くできない状態でした。

それを見かねた先輩から「指示されたことをこなすだけじゃなくて、周りの人の動きを見ながら自発的に行動するように意識してみたらいいよ。」とアドバイスを受けました。

先輩からのアドバイスがきっかけで、その日にすべき仕事をリストアップし、効率的な行動を意識しました。

その結果、先輩たちからの指示がなくても自発的に仕事をするかとができ、アルバイトの終了の30分前には全て終わらせることで、先輩たちから求められている以上の仕事ができるようになりました。

このように、試行錯誤しながら業務効率を改善できることが私の強みです。

御社に入ったら、この強みを活かして周りをよく観察して他の方の行動から自分に求められている役割を果たし、御社に貢献できるよう努めていきます。

この例文では、自分に足りないことを分析して改善していこうという一種の「向上心」を持っているという人柄が伝わりますね。

「向上心」が具体的に伝わるエピソードを取り上げつつ、課題に対してどう考え取り組んだかをしっかり述べていて採用担当者にも「向上心」を発揮していることがが伝わりやすく良い自己PRになっています。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文②:部活動

私の強みは、目標を達成するために自分の達成しなければならない課題を炙り出して、目標を達成するために徹底的に行動できることです。

‌学生時代に所属していたバレーボール部のマネージャーをしていた経験でこの強みを培いました。

当時は、チームで一生懸命練習をしているにも関わらず、試合では全く勝てないという課題がありました。

他の部員たちは、「とにかく必死に練習するのみ」というスタンスで練習に取り組んでいましたが、私は自分のチームの弱みの分析と対戦するチームの強みや弱みの分析が足りていな事が原因だと仮定して、他チームの試合映像を自ら録画しに行き、各選手の特徴やチームの分析しました。

その結果、敵チームの特徴や強み弱みの共通点を見つけることに成功しました。

この分析データをベースにして試合での戦略を監督たちと推敲し、チーム全体でデータを基にした練習を重ねた結果、リーグ優勝を果たすことができました。

御社に入社したら、私の目標を達成するために愚直に行動できるという強みを活かして貢献したいと考えています。

この例文では、目標のために貪欲に行動できることが分かる素晴らしい例文になっていますね。

会社に入ってからも、ノルマを達成するための課題を徹底的にこなしてくれそうで頼もしい人材として働いてくれそうですね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文③:学生時代の総括

私の強みは「自己評価の向上にひたすら貪欲なところ」です。

私は、自分のことを優れた人間だと思えません。

しかし、とてつもなく優秀な父親に幼少期から「お前も優れた人間になれ」と叩き込まれている影響で、自分を少しでも成長させたい、成長したいという強い意志と欲求があります。

そのため学生時代には常に現状に満足せず、主に新しい3つの事柄に挑戦し、少しでも理想の自分に近づけるように自分を高めて参りました。

新しい3つの事柄とは、サークル設立運営・ミスコンの企画開催・モデル活動です。

サークル立ち上げ、3か月で300人のメンバーを集めて運営した経験からは、成果を出すのに必要な努力量や向上心を学び、ミスターコンテストの企画運営ではアドビを用いた動画編集を学び、モデル事務所での活動では、人のニーズを理解するリスニング能力、そして「自分が仕事を通じて本当にしたいこと」を理解しました。

これらの経験から私は、自らの強みを「自己評価の向上にひたすら貪欲なところ」だと、理解しています。

参考:【ガクチカと自己PRの違い】エピソード同じでも良い? 内定者の例文も

この例文は、「就活の教科書」編集部の内定者が実際に企業に提出した例文です。

どこを読んでも、興味が湧くようなエピソードの自己PRで「向上心」を満遍なくアピールできていますね。

自己PRで「向上心」をアピールしたい就活生は、ぜひこれらの例文を参考にしてエントリーシートや面接に臨んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「向上心」を自己PRで上手く伝える5つのテクニック

就活生ちゃん

私は、自分の長所は「向上心」があることだと思っているのですが、「向上心」を自己PRで上手くアピールする方法が思いつかなくて悩んでいます・・・。

エントリーシートや面接の自己PRで「向上心」があることを上手く伝えるには、どうしたらいいですか?

自己PRで「向上心」があることをアピールするときにどう伝えたら採用担当者の印象に残るのか分かりませんよね・・・。

では、次に「向上心」を自己PRでアピールするときのテクニックを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

「向上心」を自己PRで伝えるときのテクニック
  • テクニック①:「向上心」という言葉を別の言葉で表現する
  • テクニック②:なぜ「向上心」を保てるのか理由を伝える
  • テクニック③:具体的なエピソードを盛り込む
  • テクニック④:他の事例も一緒に示す
  • テクニック⑤:仕事での活かし方を伝える

それでは、「向上心」を自己PRで上手く伝える5つのテクニックをそれぞれ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

テクニック①:「向上心」という言葉を別の言葉で表現する

「向上心」を自己PRで上手く伝えるテクニックの1つ目は、「向上心という言葉を別の言葉で表現する」です。

自己PRで「向上心」をアピールしたいときは、「向上心」という言葉を言い換えて表現しましょう。

「向上心」という言葉は一見すると響きはよくても、自己PRとしてはありきたりな表現でかなり主張が弱いです。

いったい何を向上したいのか、どのくらいの能力がある人物なのか、その一言では採用担当者になにも伝えることができません。

そのため、自己PRで「向上心」をアピールするときは具体的な表現を使って自己PRをしましょう。

以下のリストに「向上心」を言い換えた表現を書き連ねたので参考にしてみてくださいね。

【向上心の言い換え】

「現状に満足せずに新しいことに挑戦する」・「1つの目標がクリアできたら、次の目標を設定して行動する」・「興味を持ったことやチャレンジしたいことにはどんどん取り組む」・「他の人のよい部分はどんどん取り入れる」・「前に進みたい欲求が強い」・「現状に満足しないで常に上を目指す姿勢がある」・「目標を達成するまでやり遂げる」・「やると決めたらあきらめない」・「現状に満足しないところ」

「向上心」という言葉をよりわかりやすく、自分ができることや目指したいことを意識して表現することがポイントです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

テクニック②:なぜ「向上心」を保てるのか理由を伝える

「向上心」を自己PRで上手く伝えるテクニックの2つ目は、「なぜ向上心を保てるのか理由を伝える」です。

自己PRで「向上心」を面接やエントリーシートでアピールするのなら、「なぜ努力できるのか」という理由を述べましょう。

「向上心」の理由を明確にすると、あなたの人間性や人柄が現れます。

なぜ、ある程度結果が出ていても満足できないのかを一度考えて言語化してみると良いでしょう。

そして、言語化できたら「向上心」が大切だと感じた理由を採用担当者にぶつけてみましょう。

あなただけにしかない、オリジナルの理由を話して採用担当者の興味を引きつけましょう!

「就活の教科書」編集部 森山

 

テクニック③:具体的なエピソードを盛り込む

「向上心」を自己PRで上手く伝えるテクニックの3つ目は、「具体的なエピソードを盛り込む」です。

自己PRで「向上心」があることをアピールするには、具体的なエピソードを挙げることが効果的です。

「向上心」をより効果的にアピールするためには、「向上心」が発揮されたエピソードや取り組みを合わせて伝えると説得力が増します。

採用担当者に分かりやすいよう、「アルバイトの社内大会に出場した」など客観的に評価できる材料があるとよいでしょう。

自己PRでは、具体的に何をしてきたのかを明らかにすることも大切ですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

テクニック④:他の事例も一緒に示す

「向上心」を自己PRで上手く伝えるテクニックの4つ目は、「他の事例も一緒に示す」です。

自己PRで「向上心」をアピールする時には、メインでアピールする事柄以外にもアピールすると、より効果的に「向上心」をアピールできます。

例えば、以下の2つの文章はどちらが「向上心」を感じる文章でしょうか?

「就活の教科書」編集部 森山

    1. 一年間の勉強を積み重ねた結果、公認会計士の資格を取得することができました。
    2. 一年間の勉強を積み重ねた結果、公認会計士の資格を取得することができました。また、海外留学を志望していたので、TOEICで800点を取得しました。

2番の方が複数のことにチャレンジしているので、より「向上心」がありそうですよね。

上の例文のように、説得力が上がるので他の事例も同時に示してみましょう。

1つだけの事例のアピールで終わらず、他の向上心を発揮した事例に触れてると説得力が倍増しますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

テクニック⑤:仕事での活かし方を伝える

「向上心」を自己PRで上手く伝えるテクニックの5つ目は、「仕事での活かし方を伝える」です。

自己PRで「向上心」を発揮した結果を踏まえたら、企業の今後の意気込みを伝えましょう。

採用担当者は、スポーツに取り組んだことやゼミで頑張ったことといった、あなたの頑張った経験を知りたいのではなありません

「向上心」をどのように仕事に活かしてくれるのかをイメージしたいのです。

そのため、あなたが取り組んだことから、企業の一員としてどのように活躍できるのかをアピールしましょう。

仕事で何をしたいか、どんな立場になりたいかなど具体的に伝えることで、採用担当者に熱意を伝えることができますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「向上心」を自己PRで伝えるときの3つの注意点

就活生ちゃん

「向上心」を自己PRでどう伝えたらいいのかは、分かりました。

自己PRの「向上心」をアピールするときに注意することがあれば教えてほしいです。

「向上心」を自己PRでアピールするときは、以下のことに注意が必要ですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

「向上心」を自己PRで伝える注意点
  • 注意点①:「向上心」があることをそのまま伝えない
  • 注意点②:「向上心」を強調しすぎない
  • 注意点③:エピソードは当たり前すぎることを話さない

それでは、「向上心」を自己PRで伝えるときの3つの注意点をそれぞれ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点①:「向上心」があることをそのまま伝えない

「向上心」を自己PRで伝えるときの注意点1つ目は、「向上心があることをそのまま伝えない」です。

「向上心」をアピールするときに「向上心」という言葉は避けましょう。

自己PRでは、「向上心」をアピールする就活生が多すぎるので、あなたの印象が薄れてしまうからです。

また、「向上心」という言葉は少し抽象的なので、採用担当者があなたの人柄をイメージがしにくいというデメリットもあります。

抽象的な表現では採用担当者に充分にアピールができないので、具体性を持ったアピールで他の就活生と差別化を図る必要があるのです。

あなたが伝えたい強みをしっかりと伝えられるように、自分の言葉で「向上心」を表現しましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点②:「向上心」を強調しすぎない

「向上心」を自己PRで伝えるときの注意点2つ目は、「向上心を強調しすぎない」です。

自己PRで「向上心」をアピールするときは、抽象的な表現にならないように具体的にアピールする必要がありますが、「向上心」を強調しすぎる自己PRも避けましょう。

「向上心」を強調しすぎて、採用担当者に企業の仲間たちとうまく関係を築けれるのか不安を抱かれる可能性があります。

あなたの貪欲な向上心をアピールするのは大切なことですが、企業で働くとなると周囲の人と助け合いながら働かなければなりません。

「向上心」が強すぎるあまりに周囲と協力して働けれずに、チームワークを乱すようなことがあれば元も子もありません。

自己PRで「向上心」をアピールするときはバランスを考えて、「向上心」を強調しすぎないように注意しましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点③:エピソードは当たり前すぎることを話さない

「向上心」を自己PRで伝えるときの注意点3つ目は、「エピソードは当たり前すぎることを話さない」です。

自己PRで「向上心」をアピールするエピソードが、当たり前すぎることでないかということに気をつけましょう。

採用担当者があなたの自己PRを聞いて「当たり前」だと思われてしまうエピソードだと、印象が悪くなってしまうからです。

自己PRで述べるエピソードは、もちろん特別なものである必要はありませんが、「単位を全て取得すること」「一度も授業に遅刻しないこと」などの当たり前すぎることだと、「誰でもできることだよな・・・」と感じられてしまうでしょう。

そのため、だらでもやっているような当たり前すぎるエピソードで「向上心」アピールする場合は、もっとエピソードを工夫してみましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ちなみに、自己PRの「書き方」「見つけ方」など、以下の記事で自己PRに関連した内容が役に立つかもしれないので、合わせて参考にしてみてください。

 

自己PR「向上心」以外にも就活で使えるおすすめの強み一覧

就活生くん

ここまでの話を聞いて、自己PRで「向上心」を伝えるのは自分に合わないと感じてきました・・・

「向上心」以外で就活でアピールしやすいおすすめの強みはありますか?

やっぱり自己PRは他のことをアピールしたいと感じた就活生は以下の記事で、自己PRの強み別に解説した記事を紹介します。

「忍耐力」「笑顔」などの上手な伝え方が分かるので、ぜひ参考にしてあなたの自己PRにしてみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「自己PR」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「自己PR」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:「向上心」は自分なりの表現に言い換えてアピールしよう!

 

この記事の、「【向上心をアピールしてもいい?】自己PRでの「向上心」の伝え方 | 例文や注意点も」はいかがだったでしょうか?

今回は、「就活の教科書」編集部の森山が、「向上心」自己PRでアピールするときの伝え方について解説しました。

合わせて、自己PRで「向上心」を伝えている例文「向上心」を自己PRでアピールするときの注意点についても解説しました。

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 森山

この記事のまとめ

「向上心」は自己PRとしてアピールになるのか?

「向上心」を自己PRで伝える例文

  • 例文①:アルバイト
  • 例文②:部活動
  • 例文③:学生時代の総括

「向上心」を自己PRで上手く伝える5つのテクニック

  • テクニック①:「向上心」という言葉を別の言葉で表現する
  • テクニック②:なぜ「向上心」を保てるのか理由を伝える
  • テクニック③:具体的なエピソードを盛り込む
  • テクニック④:仕事での活かし方を伝える
  • テクニック⑤:他の事例も一緒に示す

「向上心」を自己PRで伝えるときの3つの注意点

  • 注意点①:「向上心」があることをそのまま伝えない
  • 注意点②:「向上心」を強調しすぎない
  • 注意点③:エピソードは当たり前すぎることを話さない

自己PR「向上心」以外にも就活で使えるおすすめの強み一覧

まとめ:「向上心」は自分なりの表現に言い換えてアピールしよう!

自己PRで「向上心」を強みにして採用担当者にアピールしたいと思っても、思うように上手くアピールする方法が分かりませんよね。

あなたの現状に満足せずに新しいことに挑戦するという長所を上手くアピールするには、あなたの「向上心」が採用担当者に伝わるように具体的に言い換えてアピールしてみましょう。

また、「向上心」があることをアピールするだけではなく、入社後に企業に貢献することまでアピールしましょう!

そして、自己PRであなたの「向上心」を魅力的にアピールして選考を突破していきましょう!

「向上心」を自己PRで伝えたいときには、ぜひこの記事で向上心の伝え方を復習してくださいね。

他にも「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山